ドイツの飛行船がロンドン中心部を襲う

ドイツの飛行船がロンドン中心部を襲う

1915年9月8日、第一次世界大戦の偉大な飛行船司令官の1人であるハインリッヒマティが指揮するドイツのツェッペリンがロンドン中心部のアルダーズゲートを襲い、22人が死亡し、50万ポンド相当の損害が発生しました。

モーター駆動の硬式飛行船であるツェッペリンは、1900年にドイツの発明者フェルディナントグラフフォンツェッペリンによって開発されました。フランスの発明者は数十年前に動力駆動の飛行船を建造しましたが、フォンツェッペリンが設計した硬式飛行船は鋼製のフレームワークを備えています。これまでに建造された飛行船としては群を抜いて最大でした。しかし、ツェッペリンの場合、重い鉄骨の飛行船は不燃性のヘリウムガスではなく可燃性の高い水素ガスで持ち上げなければならなかったため、爆発に対して脆弱であったため、サイズは安全性と交換されました。

ドイツ人は1915年から1916年にかけてツェッペリンで大成功を収め、イギリス諸島の空を恐怖に陥れました。ロンドンへの最初のツェッペリン攻撃は1915年5月31日に起こりました。それは28人を殺し、さらに60人を負傷させた。 1916年5月までに、ドイツ人は空爆で合計550人のイギリス人を殺しました。

最も有名なツェッペリンパイロットの1人は、1883年にドイツのマンハイムで生まれたハインリッヒマティでした。彼の有名な飛行船を飛ばす L13 1915年9月8日、マシーはロンドン中心部のアルダースゲート地区に爆弾を投下し、火事で大きな被害をもたらし、22人が死亡しました。

次の夏、マシーは新しいツェッペリンを操縦しました。 L31 1916年8月24日から25日の夜にロンドンへのさらなる攻撃で。彼の船は着陸時に損傷を受けた。修理が行われるのを待っている間、マシーはイギリス軍が焼夷弾を使ってツェッペリンを撃墜するのに初めて成功したという知らせを受けました。その後まもなく、マシーは悲観的に次のように書いています。誰もがそれを感じていることを認めています。私たちの神経は虐待によって台無しにされています。飛行船を燃やすというビジョンに悩まされていなかったと誰かが言うべきなら、彼は自慢するでしょう。」彼の予測に忠実に、Mathy’s L31 1916年10月1日から2日の夜、ロンドンへの襲撃中に撃墜されました。彼はスタッフォードシャーの、両方の第二次世界大戦中にイギリスの地で殺されたドイツ人の埋葬のために建設された墓地に埋葬されました。


7.ハロートレインの墜落(1952)

ロンドンで最悪の鉄道事故(および英国で最悪の平時事故)は、1952年10月8日にハロー駅とウィールドストーン駅で発生しました。高速列車がプラットホームで待機している停車中の旅客列車の後ろに突っ込みました。残骸はそれから反対方向に来る3番目の列車によって打たれました。急行列車の運転手が殺されたため、クラッシュの最終的な原因が完全に解明されることはありませんでした。詳細はこちら。


コンテンツ

最近のいくつかの発見は、ロンドン地域のテムズ川の近くにおそらく非常に初期の入植地があることを示しています。 1993年、青銅器時代の橋の残骸がテムズ川の南前浜、ヴォクソール橋の上流で発見されました。 [1]この橋はテムズ川を渡るか、川の中で失われた島に行きました。樹木学は、材木を紀元前1750年から紀元前1285年の間に年代付けしました。 [2] 2001年にさらに掘り下げたところ、木材はヴォクソール橋の西にあるテムズ川の南岸の地面に垂直に打ち込まれていることがわかりました。 [3] 2010年、紀元前4800年から紀元前4500年までの大きな木造建築物の基礎。 [4]は、再びヴォクソール橋の南の前浜で発見されました。 [5]中石器時代の構造の機能は知られていない。これらの建造物はすべて、エフラ川がテムズ川に流れ込む自然の交差点の南岸にあります。 [6]

考古学者のレスリー・ウォレスは、「大規模な発掘調査にもかかわらず、ロンドンではLPRIA [ローマ時代以前の鉄器時代]の集落や重大な国内廃棄物が見つからなかったため、ロンドンの純粋なローマの基盤に関する議論は今や一般的で議論の余地がありません」と述べています。 [7]

ローマのロンドン(AD 47–410)編集

ロンディニウム 紀元43年の侵略から約4年後にローマ人によって民間の町として設立されました[8]。ロンドンはローマと同様に、橋を架けるのに十分狭い川の地点に設立され、都市の戦略的な場所が提供されました。ヨーロッパの多くに簡単にアクセスできます。初期のローマ時代のロンドンは、ハイドパークとほぼ同じ大きさの比較的小さなエリアを占めていました。西暦60年頃、女王ブーディカが率いるイケニ族によって破壊されました。この都市は計画されたローマの町としてすぐに再建され、おそらく10年後に回復し、その後数十年で急速に成長しました。

2世紀の間に ロンディニウム 最高潮に達し、ローマ英国(ブリタンニア)の首都としてコルチェスターに取って代わった。その人口は約60,000人でした。アルプスの北にある最大の大聖堂、寺院、浴場、円形劇場、市の駐屯地のための大きな砦など、主要な公共の建物が自慢でした。 3世紀以降の政情不安と景気後退は、ゆっくりとした衰退につながりました。

西暦180年から西暦225年の間のある時期に、ローマ人は都市の陸側の周りに防御的なロンドンウォールを建設しました。壁の長さは約3km(1.9マイル)、高さは6メートル(20フィート)、厚さは2.5メートル(8.2フィート)でした。壁はさらに1600年間存続し、今後何世紀にもわたってロンドン市の境界線を定義します。現在の都市の周囲は、古代の壁の線によって大まかに定義されています。

ロンディニウムは、ブリタニア、大陸ヨーロッパ、中東、北アフリカの原住民を含むローマ帝国全体からの住民がいる民族的に多様な都市でした。 [9]

3世紀後半、ロンディニウムはサクソンの海賊によって何度か襲撃されました。 [10]これは、約255年以降、追加の川沿いの壁の建設につながりました。ロンドンの伝統的な7つの城門のうち、6つはローマ起源です。つまり、Ludgate、Newgate、Aldersgate、Cripplegate、Bishopsgate、Aldgateです(Moorgateは例外で、中世の起源です)。

5世紀までに、ローマ帝国は急速に衰退し、西暦410年に、ローマによるブリタンニアの占領は終わりを告げました。これに続いて、ローマの都市も急速に衰退し、5世紀の終わりまでに事実上放棄されました。

アングロサクソンロンドン(5世紀– 1066)編集

最近まで、アングロサクソン人の入植地は当初ロンディニウム周辺の地域を避けていたと信じられていました。しかし、2008年にコベントガーデンでアングロサクソン人の墓地が発見されたことは、収入者が少なくとも6世紀には、おそらく5世紀にはそこに定住し始めたことを示しています。この集落の主な焦点はローマ時代の城壁の外にあり、オールドウィッチとトラファルガー広場の間の現在のストランドに沿って西に短い距離で集まっていました。それはとして知られていました Lundenwic、 NS -ウィック ここでの接尾辞は、取引決済を示します。最近の発掘調査では、この初期のアングロサクソンロンドンの人口密度と比較的洗練された都市組織も浮き彫りになりました。このロンドンは格子状に配置され、10〜12,000人の人口を収容するように成長しました。

初期のアングロサクソンロンドンはミドルサクソンとして知られる人々に属していました。ミドルセックス郡の名前の由来ですが、おそらく現代のハートフォードシャーとサリーのおおよその地域も占領していました。しかし、7世紀初頭までに、ロンドン地域は東サクソン王国に組み込まれていました。 604年にエセックス王のサベルト王がキリスト教に改宗し、ロンドンは最初のローマ教皇後の司教であるメリタスを受け入れました。

この時、エセックスはケントのエゼルベルト王の支配下にあり、メリタスが最初のセントポール大聖堂を設立したのはエゼルベルトの後援の下でした。これの証拠)。それは最初は控えめな教会でしかなく、彼がサベルトの異教の後継者によって都市から追放された後に破壊された可能性があります。

東サクソン王国におけるキリスト教の恒久的施設は、650年代のシゲベルト2世の治世に起こりました。 8世紀、マーシア王国はイングランド南東部での支配を拡大しました。当初は大君主制でしたが、時には完全な併合に発展しました。ロンドンは730年代に直接メルシャンの支配下に置かれたようです。

バイキング攻撃は9世紀のほとんどを支配し、830年頃からますます一般的になりました。ロンドンは842年と851年に解任されました。865年以来イギリス全土で暴れ回っていたデンマークの「大異教軍」は871年にロンドンで越冬しました。都市は886年までデンマークの手に残り、王の軍隊に捕らえられました。アルフレッド大王はマーシアに再編され、その後、義理の息子であるエゼルレッドによってアルフレッドの主権の下で統治されました。

この頃、入植地の焦点は防衛のために古いローマの城壁内に移動し、街は次のように知られるようになりました ランデンバー。ローマ時代の壁は修復され、防御側の溝は再切断されましたが、橋はおそらくこの時点で再建されました。 2番目の要塞化された自治区がサザークの南岸に設立されました。 Suthringa Geworc (サリーの男性の防御的な仕事)。の古い集落 Lundenwic として知られるようになりました オールドウィッチ または「古い集落」、今日アルドウィッチとして生き残っている名前。

この時点から、ロンドン市は独自の地方自治体を開発し始めました。 911年のエゼルレッドの死後、918年にマーシアの他の地域が吸収される前に、ウェセックスに移されました。イギリスのイギリスでは、ロンドンの規模と商業規模であるウィンチェスターの伝統的な西サクソン中心部との政治的卓越性をめぐる競争に直面しました。富はそれを政府活動の焦点として着実に重要性を増してきました。アゼルスタン王は多くの会議を開催しました ワイタン ロンドンで法律を発行し、そこから法律を発行しました。一方、エゼルレッド2世は、978年にロンドンの法律を発行しました。

エゼルレッドの治世にバイキングの攻撃が再開された後、ロンドンは994年にデンマークのスヴェン1世王の下の軍隊による攻撃に失敗しました。持続的で拡大するデンマークの猛攻撃に対する英国の抵抗が1013年にようやく崩壊したとき、ロンドンはデンマーク人による攻撃を撃退し、国の残りの部分がスウェンに服従している間、最後に持ちこたえた場所でしたが、年末までに降伏しすぎましたそしてエゼルレッドは海外に逃げた。スウェンは王と宣言されてからわずか5週間後に亡くなり、エゼルレッドは王位に復帰しましたが、スウェンの息子クヌートは1015年に攻撃に戻りました。

1016年にロンドンでエゼルレッドが亡くなった後、息子のエドマンド2世はロンドンで王と宣言されました。 witangemot そしてウェセックスで軍隊を集めるために去りました。その後、ロンドンはクヌートによる組織的な包囲にさらされたが、エドマンドがウェセックスで援軍を募集するために再び去ったとき、エドマンド王の軍隊によって解放された。デンマーク人は包囲を再開したが、再び失敗した。しかし、アサンドゥンの戦いで敗北した後、エドマンドはロンドンを含むテムズ川北部のイングランド全土でクヌートに割譲し、数週間後の彼の死によりクヌートは国全体を支配した。

北欧の物語は、エゼルレッド王がデンマーク占領下のロンドンを攻撃するために戻ったときの戦いについて語っています。佐賀によれば、デンマーク人はロンドン橋に立ち並び、攻撃者に槍を浴びせた。攻撃者は臆することなく、近くの家から屋根を引き離し、ボートで頭上にかざしました。このように保護された彼らは、橋脚にロープを取り付けて橋を引き下げるのに十分なほど橋に近づくことができ、ロンドンのバイキングの占領を終わらせました。この話はおそらく、1014年のスウェンの死後のエゼルレッドの権力への復帰に関連していると思われますが、その際のロンドンの支配をめぐるそのような闘争の強力な証拠はありません。

1042年にクヌート王朝が絶滅した後、エドワード懺悔王の下でイギリスの支配が回復しました。彼はウェストミンスター寺院の設立を担当し、ウェストミンスターで多くの時間を過ごしました。ウェストミンスターはこの時から着実に市自体を政府の中心地として取って代わっていました。明確な相続人なしで1066年にウェストミンスターでエドワードが死んだことは、継承論争とノルマンによるイングランドの征服につながりました。ハロルド2世伯爵は、 witangemot ウェストミンスター寺院で戴冠しましたが、ヘイスティングズの戦いでノルマンディー公ウィリアム・ザ・バスタードに敗れ、殺されました。の生き残ったメンバー ワイタン ロンドンで会い、エドガー王の若い甥であるエドガー・アシリングを王に選出した。

ノルマン人はロンドンの反対側にあるテムズ川の南岸に進み、そこでイギリス軍の攻撃を打ち負かしてサザークを燃やしたが、橋を襲撃することはできなかった。彼らは上流に移動し、ウォリングフォードで川を渡った後、北西からロンドンに進んだ。崩壊に抵抗するイギリスの指導者の決意は崩壊し、ロンドンの首長は教会と貴族の指導的メンバーと一緒にバーカムステッドでウィリアムに服従するために出かけましたが、いくつかの報告によれば、ノルマン人が市。ロンドンを占領したウィリアムは、ウェストミンスター寺院で王位に就きました。

ノーマンと中世のロンドン(1066 – 15世紀後半)編集

新しいノーマン政権は、先住民を支配するために市内に新しい要塞を設立しました。これらの中で最も重要なものは、都市の東端にあるロンドン塔でした。そこでは、最初の木材の要塞が、イギリスで最初の石造りの城の建設に急速に置き換えられました。ベイナーズ城とモンフィシェ城の小さな砦もウォーターフロントに沿って設立されました。ウィリアム王はまた、1067年に市の既存の権利、特権、法律を確認する憲章を付与しました。ロンドンはイングランドの初期のユダヤ人人口の中心であり、最初のユダヤ人は1070年頃に到着しました。[11]その成長する自治は、1199年と1215年にジョン王によって与えられた選挙権によって強化されました。

1097年、ウィリアム征服王の息子であるウィリアムルーファスは、ウェストミンスター宮殿の中心となった「ウェストミンスターホール」の建設を開始しました。

1176年に、ロンドン橋の最も有名な化身(1209年に完成)の建設が始まりました。この橋は、いくつかの初期の木橋の敷地に建設されました。この橋は600年間続き、1739年までテムズ川を渡る唯一の橋でした。

ユダヤ人に対する暴力は、新しい王が戴冠式に出席した後に虐殺を命じたと噂された後、1190年に起こりました。 [12]

1216年、第一次バロン戦争中、ロンドンは、ジョン王に対する男爵の反逆者によって呼ばれ、セントポール大聖堂でイングランド王として称賛されたフランスのルイ王子によって占領されました。しかし、1217年にジョンが亡くなった後、ルイの支持者たちはプランタジネット朝の忠誠心に戻り、ジョンの息子ヘンリー3世の周りに集結し、ルイはイギリスから撤退することを余儀なくされました。

1224年、儀式的殺人の告発の後、ユダヤ人コミュニティは厳しい懲罰的損害賠償の対象となりました。それから1232年に、ヘンリー3世は、ロンドンのユダヤ人コミュニティの主要なシナゴーグを没収しました。彼は、彼らの詠唱が近隣の教会で聞こえると主張したからです。 [13] 1264年、第二次バロン戦争中、シモン・ド・モンフォールの反乱軍はロンドンを占領し、債務の記録を押収しようとして500人のユダヤ人を殺害した。 [14]

ロンドンのユダヤ人コミュニティは、1290年にエドワード1世によって追放されたため、イギリスを離れることを余儀なくされました。彼らはフランス、オランダに向けて出発し、さらに遠く離れた場所で彼らの財産が押収され、多くのユダヤ人が出国時に強盗と殺人に苦しみました。 [12]

その後の数世紀にわたって、ロンドンは、ノルマン征服の時代からそこにあったフランスの文化的および言語的影響力を振り払うでしょう。市は初期近代英語の発展に大きく貢献するでしょう。

1381年の農民の反乱の間、ロンドンはワットタイラーが率いる反政府勢力に侵略されました。農民のグループがロンドン塔を襲撃し、大法官、サイモン・サドベリー大司教、および大法官を処刑しました。農民は街を略奪し、多くの建物に火を放った。タイラーはスミスフィールドでの対決でウィリアム・ウォルワース市長に刺されて死に、反乱は崩壊した。

中世には貿易が着実に増加し、その結果ロンドンは急速に成長しました。 1100年、ロンドンの人口は15,000人をやや上回りました。 1300年までに、それはおよそ80,000に成長しました。ロンドンは、14世紀半ばのペストの際に人口の少なくとも半分を失いましたが、その経済的および政治的重要性は、さらなる流行にもかかわらず、急速な回復を刺激しました。ロンドンでの貿易は、都市を効果的に管理するさまざまなギルドに組織され、ロンドン市長に選出されました。

中世のロンドンは狭く曲がりくねった通りで構成され、建物のほとんどは木材やわらなどの可燃性材料でできていたため、火災は絶えず脅威になりましたが、都市の衛生状態は質が低かったです。

チューダーロンドン(1485–1603)編集

1475年、ハンザ同盟は主要な英国の貿易拠点を設立しました(kontor)ロンドンでは、 スタルホフ また 天秤。ハンザ同盟の都市リューベック、ブレーメン、ハンブルクがこの物件をサウスイースタンレイルウェイに売却した1853年まで存在していました。 [15]羊毛の布は、14世紀/ 15世紀のロンドンからネーデルラントの近くの海岸に、染色も脱衣もされていない状態で出荷され、そこでは不可欠であると考えられていました。 [16]

改革の間、ロンドンはイギリスのプロテスタントの主要な初期の中心地でした。北大陸ヨーロッパのプロテスタントの中心地、大規模な外国の商人コミュニティ、不釣り合いに多くの識字者、そして英国の印刷物貿易の中心地としての役割との密接な商業的つながりはすべて、宗教改革の新しいアイデアの普及に貢献しました。改革以前は、ロンドンの面積の半分以上が修道院、尼僧院、その他の宗教家の所有物でした。 [17]

ヘンリー8世の「修道院解散令」は、この物件のほぼすべてが手に渡ったため、街に大きな影響を与えました。このプロセスは1530年代半ばに始まり、1538年までに大規模な修道院の家のほとんどが廃止されました。ホーリートリニティアルドゲートはオードリー卿のところに行き、ウィンチェスター侯爵はその境内の一部に家を建てました。チャーターハウスはノース卿に、ブラックフライアーズはコバム卿に、セントジャイルズのハンセン病病院はダドリー卿に、王はセントジェームズ宮殿として再建されたセントジェームズのハンセン病病院に行きました。 [17]

この時期、ヨーロッパの商業の中心地でロンドンの重要性が急速に高まっていました。貿易は西ヨーロッパを越えてロシア、レバント、そして南北アメリカに拡大しました。これは重商主義の時代であり、モスクワ会社(1555)やイギリス東インド会社(1600)などの独占貿易会社が勅許状によってロンドンに設立されました。最終的にインドを支配するようになった後者は、2世紀半の間、ロンドン、そして英国全体の主要な機関の1つでした。移民はイングランドとウェールズ中だけでなく海外からもロンドンに到着しました。たとえば、フランスのユグノーの人口は1530年の推定50,000人から1605年には約225,000人に増加しました。[17]人口の増加とロンドンは、沿岸海運の利用が大幅に拡大したことで活気づきました。

16世紀後半から17世紀初頭にかけて、ロンドンでドラマが大盛況のうちに幕を開けました。その傑出した人物はウィリアムシェイクスピアでした。エリザベスの治世のほとんど穏やかな晩年の間に、彼女の廷臣の何人かとロンドンの裕福な市民の何人かは、ミドルセックス、エセックス、サリーに田舎の住居を建てました。これは別荘運動の初期の動揺であり、都市でも農地でもない住居の好みでしたが、1603年にエリザベスが亡くなったとき、ロンドンはまだ非常にコンパクトでした。

外国人排斥はロンドンで蔓延し、1580年代以降増加しました。多くの移民は、暴力や性的虐待の日常的な脅威、外国人の追放の試み、そして英国市民権を取得することの大きな困難に幻滅しました。オランダの都市はより親切であることが証明され、多くの都市がロンドンを永久に去りました。 [18]外国人は、1600年までにロンドンの10万人の居住者のうち4,000人を占めたと推定されており、その多くはオランダ人とドイツ人の労働者および貿易業者である。 [19]

スチュアートロンドン(1603–1714)編集

市の境界を越えたロンドンの拡大は、17世紀に決定的に確立されました。その世紀の最初の数年間、ウェストミンスターの方向にある貴族の住居を除いて、市のすぐ近くの環境はまだ健康に貢献しないと考えられていました。すぐ北にはムーアフィールズがあり、最近排水されて散歩道に配置されていましたが、ロンドンに入るためにそれを渡った物乞いや旅行者が頻繁に訪れました。隣接するムーアフィールズは、射手たちのお気に入りの練習場であるフィンズベリーフィールズ、当時はグレートイースタンロードのコモンであり、軍隊のランデブーとして有名でした。

ジェームズ1世が王になるための準備は、3万人以上が死亡した可能性のある深刻な疫病の流行によって中断されました。数年間中止されていたロードメイヤーズショーは、1609年に国王の命令により復活しました。廷臣によって何度か売買されたチャーターハウスの解散した修道院は、トーマスサットンによって13,000ポンドで購入されました。 。新しい病院、礼拝堂、校舎は1611年に始まりました。チャーターハウススクールは、ビクトリア時代にサリーに移転するまで、ロンドンの主要な公立学校の1つであり、現在も医学部として使用されています。 [20]

昼間のロンドン市民の一般的な待ち合わせ場所は、オールドセントポール大聖堂の身廊でした。商人は通路で商売をし、支払いを行うためのカウンターとしてフォントを使用しました。弁護士は特定の柱で顧客を受け取り、失業者は仕事を探しました。セントポール教会は本の貿易の中心地であり、フリートストリートは公共の娯楽の中心地でした。ジェームズ1世の下で、エリザベスの晩年に非常に確固たる地位を確立した劇場は、さらに人気が高まりました。公立劇場での公演は、宮廷と法曹院での精巧な仮面劇によって補完されました。 [21]

チャールズ1世は1625年に王位に就きました。彼の治世中、貴族はウエストエンドに多数住み始めました。法廷で特定の商売をしていた人々に加えて、ますます多くの国の地主とその家族が、単に社会生活のために一年の一部の間ロンドンに住んでいました。これが「ロンドンシーズン」の始まりでした。リンカーンズインフィールズは1629年頃に建てられました。[22]イギリスで最初の古典的な訓練を受けた建築家イニゴージョーンズによって設計されたコベントガーデンの広場は、1632年頃に続きました。ヨークストリートは王室のメンバーの後に与えられました。 [23]

1642年1月、国王が逮捕を希望した5人の国会議員が市に避難することを許可されました。同じ年の8月、国王はノッティンガムで旗を掲げ、イングランド内戦中、ロンドンは議会の側に立った。当初、国王は軍事面で優位に立っていましたが、11月には、ロンドンの西数マイルにあるブレントフォードの戦いで勝利しました。市は新しい仮設軍を組織し、チャールズは躊躇して撤退した。その後、王族による新たな攻撃からロンドンを守るために、大規模な要塞システムが構築されました。これは、要塞と堡塁で強化された強力な土製の城壁で構成されていました。それは市壁をはるかに超えており、ウェストミンスターとサザークを含む都市部全体を網羅していました。ロンドンは再び王族によって深刻な脅威にさらされることはなく、市の財源は国会議員の戦争での勝利に重要な貢献をしました。

不衛生で過密なロンドン市は、何世紀にもわたって何度もペストの発生に苦しんでいますが、英国では「大疫病」として記憶されている最後の大発生です。1665年と1666年に発生し、約60,000人が死亡しました。人口の5分の1だった人々。サミュエル・ピープスは彼の日記で流行を記録しました。 1665年9月4日、彼は「私は1週間で7400人以上が亡くなるまで市内に滞在し、そのうち約6000人の疫病が発生し、昼夜を問わずほとんど騒音は聞こえなかったが、鐘が鳴った」と書いた。 [24] [25]

ロンドン大火(1666)編集

大疫病の直後に別の大惨事が起こりましたが、それは疫病を終わらせるのに役立ちました。 1666年9月2日日曜日、ロンドン大火は、市南部のプディングレーンにあるパン屋で午前1時に発生しました。東風に煽られて火が広がり、そもそも家を倒して防火帯を作ることで火を止める努力はまとまりがなかった。火曜日の夜は風がやや弱まり、水曜日は火が弱まりました。木曜日にそれは消えました、しかしその日の夕方に炎は再び寺院で爆発しました。火薬で一気に爆破された家もあり、ようやく火が消えました。記念碑は火事を記念して建てられました。1世紀半以上の間、大火の原因となる碑文がありました。 「ポピッシュフレンジー」. [26]

火災により、オールドセントポール大聖堂、87の教区教会、44のリバリーカンパニーホール、王立取引所を含む市の約60%が破壊されました。しかし、失われた命の数は驚くほど少なく、せいぜい16人だったと考えられています。火事から数日以内に、クリストファー・レン、ジョン・イヴリン、ロバート・フックによって、都市の再建のための3つの計画が国王に提示されました。 [27]

レンは、北と南、東と西に主要な道を建設し、すべての教会を目立つ位置に隔離し、最も公共の場所を大きな広場に形成し、12の主要なリバリーカンパニーのホールを1つの規則的な広場に統合することを提案しました。ギルドホール、そしてブラックフライアーズからロンドン塔までの川のほとりに素晴らしい岸壁を作るために。ミソサザイは、新しい通りをまっすぐに、30、60、90フィートの3つの標準的な幅で建設したいと考えていました。エブリンの計画は、主に東の聖ダンスタン教会から聖パウロ教会までの道を提案し、川沿いに埠頭やテラスがないという点でレンの計画とは異なりました。これらの計画は実行されず、再建された都市は一般的に古い都市の街路計画に従い、そのほとんどは21世紀まで生き残っています。

それにもかかわらず、新しい都市は古い都市とは異なっていました。多くの貴族の住人は二度と戻ってこなかった。ウェストエンドに新しい家を建てることを好み、セントジェームズなどのファッショナブルな新しい地区が、1690年代に火事で破壊されるまでホワイトホール宮殿であった王宮の近くに建てられた。セントジェームズ宮殿。ピカデリーの田舎道は、バーリントンハウスなどの廷臣の邸宅を発芽させました。このようにして、ロンドンの中流階級の商人都市とウェストミンスターの貴族の法廷の世界との間の分離が完了しました。 [28]

市自体では、火災のリスクを減らすために、木造の建物から石とレンガの建設に移行しました。 1666年のロンドン再建法は次のように述べています 「レンガを使った建物は、より美しく耐久性があるだけでなく、将来の火災の危険に対してより安全です」。それ以降、ドアケース、窓枠、店頭のみが木で作られるようになりました。 [29]

クリストファー・レンの新しいモデルのロンドンの計画は無意味でしたが、彼は廃墟となった教区教会を再建し、セントポール大聖堂を置き換えるように任命されました。彼のドーム型のバロック様式の大聖堂は、少なくとも1世紀半の間ロンドンの主要なシンボルでした。市の測量士として、ロバートフックは市の家の再建を監督しました。市壁のすぐ東にあるイーストエンドも、大火の後の数十年で人口が多くなりました。ロンドンの埠頭は下流に広がり始め、埠頭自体や加工および流通業で働いていた多くの労働者を引き付けました。これらの人々は、ホワイトチャペル、ワッピング、ステップニー、ライムハウスに、一般的にスラム街の状態で住んでいました。 [30]

1683年から1684年の冬、テムズ川で氷上フェアが開催されました。クリスマスの約7週間前に始まり、その後6週間続いた霜は、記録上最大でした。 1685年のナントの勅令の取り消しは、ユグノーのロンドンへの大規模な移住につながりました。彼らはスピタルフィールズに養蚕業を設立しました。 [31]

この時、イングランド銀行が設立され、イギリス東インド会社はその影響力を拡大していました。ロイズ・オブ・ロンドンも17世紀後半に営業を開始しました。 1700年、ロンドンはイギリスの輸入の80%、輸出の69%、再輸出の86%を処理しました。商品の多くは、シルク、砂糖、お茶、タバコなど、南北アメリカとアジアからの贅沢品でした。最後の図は、ロンドンの集散地としての役割を強調しています。17世紀には多くの職人がいて、後にいくつかの大規模な工場を買収する予定でしたが、その経済的卓越性は主に産業に基づくものではありませんでした。代わりに、それは素晴らしい貿易と再配布の中心でした。商品は、国内需要を満たすためだけでなく、ヨーロッパ内外への再輸出のために、ますます支配的なイギリスの商人海軍によってロンドンに運ばれました。 [32]

オランダ人のウィリアム3世はロンドンをほとんど気にかけず、その煙が彼に喘息を引き起こし、ホワイトホール宮殿(1691)での最初の火災の後、彼はノッティンガムハウスを購入し、ケンジントン宮殿に変えました。ケンジントンは当時は取るに足らない村でしたが、裁判所の到着によりすぐにその重要性が増しました。宮殿は将来の君主に支持されることはめったにありませんでしたが、その建設はロンドンの境界の拡大における別のステップでした。同じ治世の間に、当時はロンドンの境界のかなり外側でしたが、今では快適にその中にあるグリニッジ病院が始まりました。これは、1681年に設立された元兵士のためのチェルシー病院を補完する海軍でした。アン女王の治世中ロンドン市の境界の外に住む非常に増加した人口に奉仕するために50の新しい教会の建設を承認する法律が可決されました。 [33]


関連記事

'可能な場合は、さらにコンテキスト情報を取得するために、それが当たった通りの名前を示すラベルを追加します。マーカーをクリックすると、爆弾とその場所からどれだけ離れているかについて、もう少し詳しい情報が表示されます。」

ロンドンのブリッツ-百万の家がヒットし、40,000人の民間人が殺害された

セントポール大聖堂は、第二次世界大戦の空襲を奇跡的に逃れました。

ブリッツ(ドイツ語の「稲妻」から)は、英国がこれまでに見た中で最も激しい爆撃キャンペーンでした。

1940年9月7日から1941年5月21日までの間に、100トンを超える高爆薬がイギリスの16の都市に投下された大規模な襲撃がありました。

London, was attacked 71 times and bombed by the Luftwaffe for 57 consecutive nights.

More than one million London houses were destroyed or damaged, and more than 40,000 civilians were killed, almost half of them in London

Birmingham, Liverpool and Plymouth were also hit eight times, Bristol six, Glasgow five, Southampton four, Portsmouth three, and there was also at least one large raid on another eight cities.

Deeply-buried shelters provided the most protection against a direct hit, although the government in 1939 refused to allow tube stations to be used as shelters so as not to interfere with commuter and troop travel.

However, by the second week of heavy bombing the government relented and ordered the stations to be opened.

Each day orderly lines of people queued until 4 pm, when they were allowed to enter the stations, and by mid-September 1939 about 150,000 a night slept in the Underground.

Despite the blanket bombing of the capital, some landmarks remained intact - such as St Pauls Cathedral (right), which was virtually unharmed, despite many buildings around it being reduced to rubble during the 57 nights of raid.

The site give an astonishing view of every bomb records during the Second World War, and allows users to zoom in

Viewers can zoom in to see the areas worst hit, with each red dot representing a bomb

The astonishing sight reveals the blanketing of bombs German forces dropped on Britain's capital during the Second World War

Once an individual bomb has been located, the site shows details of it, and pictures and other information from the surrounding area


Bomb-Damage Maps Reveal London’s World War II Devastation

The German Luftwaffe dropped thousands of bombs on London from 1939 to 1945, killing almost 30,000 people. More than 70,000 buildings were completely demolished, and another 1.7 million were damaged. The extent of the damage to each and every one of these buildings was logged and mapped in near real-time by surveyors, architects, engineers, and construction workers.

The result is an incredible collection of maps, color-coded by hand, that reveal the extent of the destruction in painstaking detail. Today, the maps remain an invaluable resource for academics, family historians, and even builders trying to avoid touching off unexploded bombs.

Now these bomb census maps are available in a beautiful oversized book released earlier this year to commemorate the 75th anniversary of the end of the Blitz, a nine-month period during which London and other British cities were relentlessly attacked by the German air force. “The London County Council Bomb Damage Maps, 1939-1945” contains large, high-quality reproductions of all 110 maps of the London region along with commentary from Laurence Ward, principal archivist at London Metropolitan Archives, which holds the original maps.

“There are just so many stories which these maps provide the starting point for,” Ward says. “They’re a great source in the sense that they make you want to go on and find out more.”

As soon as the bombs fell, data collection for the maps began. The London County Council, the central administrative authority of what was known as the County of London (roughly the area known today as Inner London), tasked its Architect’s Department with responding to bomb damage as it occurred. Surveyors, who before the war mostly worked on building sites to make sure regulations were followed and buildings were up to code, suddenly found themselves in charge of rescue operations. They worked with local rescue services made up of people from the construction fields, like engineers and bricklayers.

“Their primary aim was to pull people out of rubble and destroyed buildings and try to save lives,” Ward says. “They were set up as the rescue service because they had an understanding of how buildings worked, so if a building was about to collapse, making a judgment on how much time you had to get into the building and try and save people.” In all, the rescue services responded to 16,396 incidents and saved 22,238 people. Fifty-four of them died during these efforts.

Once a rescue operation was finished, the surveyors and rescue workers would work together to classify the damage, building by building, into six categories ranging from “blast damage—minor in nature” to “total destruction.” Their reports were sent to the London County Council, where they were recorded onto 1916 Ordnance Survey maps. Each damage category was given a color (shown in the key, above right), and the status of every affected building was colored by hand on the maps.

A diary entry included in the book, from architect Andrew Butler on April 20, 1941, gives an idea of what the work was like:

For the block I have started on—eight floors high with two flats on each floor—has had its whole face ripped off … I found it possible to stand on part of the roof. So, clutching a broken chimney, I surveyed the damage there. My notebook became very messy. What with the dust and soot, wet filth and the perspiration of fluster on my hands, it was difficult to read what I wrote. The notes served their purpose however when, after drying the book, I had to transcribe them into a report.

Visually, the maps are quite striking. The apparent randomness of the colors stands in contrast to the more orderly pattern of streets and buildings. In some places, whole swaths containing several blocks and dozens of buildings are colored black (total destruction) and purple (damaged beyond repair). In other places, the severity of damage varies widely, with areas colored yellow (minor blast damage) peppered with black, purple and red (seriously damaged).

Circles on the map denote strikes from V-1 and V-2 rockets, late additions to the German arsenal that caused tremendous damage. Beginning in June of 1944, Germany added the V-1 flying bomb to its attacks, which up to that point had mostly consisted of aircraft dropping incendiary bombs. The V-1 was a pilotless aircraft carrying a 1,870-pound warhead that could navigate by autopilot and crash into a target. More than 2,000 landed in the London region, killing 2,329 people. In September, a V-2 rocket, the world’s first ballistic missile, hit London. By the end of the war, 517 had detonated in London, killing 2,511 people.

The damage from World War II transformed London into the architecturally diverse city it is today. The maps help explain how rows of grand old flats can be interspersed with more modern buildings.

“Looking at a very, very small area, you can have buildings dating from maybe five different centuries sitting in quite close proximity to each other,” Ward says. “As you go further out you might be walking along a very fine Victorian street full of these beautiful terraced houses with lots of Victorian detailing on them, and then suddenly right in the middle of this road, there’ll be this kind of 1960’s low-rise housing block, very functional, very square. But it’s often that was the result of bomb damage.”

The book also contains a remarkable collection of photos of damage in the City of London, a square-mile section at the center of greater London, taken by two police officers who would photograph damaged areas in the wake of attacks. The combination of the maps showing how widespread the destruction was, and the photos, such as the one above, showing what the damage looked like up close, really brings home the scale of the devastation.

“I just find it staggering that they managed to just carry on. London just carried on working,” Ward says. “It must have been an extraordinary time.”


London Blitz 1940: the first day's bomb attacks listed in full

The London Blitz started quietly. Less than 100 incidents reported by the London Fire Brigade up to 5pm on September 7, 1940. Only a few weeks after the British victory in the Battle of Britain, what came then must have been a terrible shock for Londoners. You can read the original Guardian archive report of the night here.

At 5.30pm, some 348 German bombers escorted by 617 fighters pounded London until 6.00pm. Guided by the flames, a second group attacked with more incendiary bombs two hours later, lasting into the next day.

September 7, 1940 - first night of the London Blitz September 7, 1940 shown by Guardian graphic artist Jenny Ridley

The London Metropolitan Archives holds the definitive account of the Blitz in meticulously hand typed records kept by the London Fire Brigade at the time. September 7 was just the start - by November, Coventry had been destroyed and attacks hit cities across the UK, including Plymouth and Liverpool. It lasted 79 days.

At the end of the war, the city's civil engineers undertook a full study of bomb damage from 1939 to 1945, identifying every property in London hit by bombs and rockets - and the severity of the attack. These London bomb maps were published a number of years ago as a book, now out of print. But you can see the maps in person at the archive, where there is talk of making them properly available online.

We wanted to see how that first day and night unfolded and the Archives have allowed us to enter the records for September 7, 1940 in full detail - thanks to Alicia Weekes and Naomi Burley-Baker for their work on this. What you see here in this spreadsheet is the first time those records have been available online.

If you live in London you might even find your street.

September 7, 1940 using Google Fusion tables - click on the map to zoom in. Get fullscreen version

But the capital has changed a lot since 1940 and some of the streets listed here no longer exist. Even so, it's possible to use Google Fusion tables to produce a quick and dirty interactive.


German airship hits central London - HISTORY

The Blitz refers to the strategic bombing campaign conducted by the Germans against London and other cities in England from September of 1940 through May of 1941, targeting populated areas, factories and dock yards.

The first German attack on London actually occurred by accident. On the night of August 24, 1940, Luftwaffe bombers aiming for military targets on the outskirts of London drifted off course and instead dropped their bombs on the center of London destroying several homes and killing civilians. Amid the public outrage that followed, Prime Minister Winston Churchill, believing it was a deliberate attack, ordered Berlin to be bombed the next evening.

About 40 British bombers managed to reach Berlin and inflicted minimal property damage. However, the Germans were utterly stunned by the British air-attack on Hitler's capital. It was the first time bombs had ever fallen on Berlin. Making matters worse, they had been repeatedly assured by Luftwaffe Chief, Hermann G ö ring, that it could never happen. A second British bombing raid on the night of August 28/29 resulted in Germans killed on the ground. Two nights later, a third attack occurred.

German nerves were frayed. The Nazis were outraged. In a speech delivered on September 4, Hitler threatened, ". When the British Air Force drops two or three or four thousand kilograms of bombs, then we will in one night drop 150-, 230-, 300- or 400,000 kilograms. When they declare that they will increase their attacks on our cities, then we will raze their cities to the ground. We will stop the handiwork of those night air pirates, so help us God!"

Beginning on September 7, 1940, and for a total of 57 consecutive nights, London was bombed. The decision to wage a massive bombing campaign against London and other English cities would prove to be one of the most fateful of the war. Up to that point, the Luftwaffe had targeted Royal Air Force airfields and support installations and had nearly destroyed the entire British air defense system. Switching to an all-out attack on British cities gave RAF Fighter Command a desperately needed break and the opportunity to rebuild damaged airfields, train new pilots and repair aircraft. "It was," Churchill later wrote, "therefore with a sense of relief that Fighter Command felt the German attack turn on to London. &quot

During the nightly bombing raids on London, people took shelter in warehouse basements and underground (subway) stations where they slept on makeshift beds amid primitive conditions with no privacy and poor sanitation facilities.

Other British cities targeted during the Blitz included Portsmouth, Southampton, Plymouth, Exeter, Bristol, Bath, Cardiff, Birmingham, Coventry, Nottingham, Norwich, Ipswich, Sheffield, Manchester, Liverpool, Hull, Middlesbrough, Sunderland, Newcastle and also Glasgow, Scotland and Belfast, Northern Ireland.

Hitler's intention was to break the morale of the British people so that they would pressure Churchill into negotiating. However, the bombing had the opposite effect, bringing the English people together to face a common enemy. Encouraged by Churchill's frequent public appearances and radio speeches, the people became determined to hold out indefinitely against the Nazi onslaught. "Business as usual," could be seen everywhere written in chalk on boarded-up shop windows.

By the end of 1940, German air raids had killed 15,000 British civilians. One of the worst attacks had occurred on the night of November 14/15 against Coventry, an industrial city east of Birmingham in central England. In that raid, 449 German bombers dropped 1,400 high explosive bombs and 100,000 incendiaries which destroyed 50,000 buildings, killing 568 persons, leaving over 1,000 badly injured. The incendiary devices created fire storms with super-heated gale force winds drawing in torrents of air to fan enormous walls of flames.

In London, on the night of December 29/30, the Germans dropped incendiaries resulting in a fire storm that devastated the area between St. Paul's Cathedral and the Guildhall, destroying several historic churches. Other famous landmarks damaged during the Blitz included Buckingham Palace, Westminster Abbey, and the Chamber of the House of Commons. The Blitz climaxed in May of 1941, leaving 375,000 Londoners homeless.

However, the RAF, utilizing newly developed radar, inflicted increasingly heavy losses on Luftwaffe bombers. British Fighter Command was able to track and plot the course of German bombers from the moment they took off from bases in Europe. RAF fighter planes were then dispatched to attack the incoming bombers at the best possible position. As a result, the Luftwaffe never gained air supremacy over England, a vital prerequisite to a land invasion. Failure to achieve air supremacy eventually led Hitler to indefinitely postpone Operation Sealion, the Nazi invasion of England, in favor of an attack on the USSR. The Blitz came to an end as Hitler ordered the Luftwaffe transferred to eastern Europe in preparation for Operation Barbarossa, the invasion of the USSR.

In all, 18,000 tons of high explosives had been dropped on England during eight months of the Blitz. A total of 18,629 men, 16,201 women, and 5,028 children were killed along with 695 unidentified charred bodies.

Copyright © 1998 The History Place™ All Rights Reserved

Terms of use: Private home/school non-commercial, non-Internet re-usage only is allowed of any text, graphics, photos, audio clips, other electronic files or materials from The History Place.


Stories of the Blitz

Londoners taking shelter in the Tube © Billy and John took shelter in the Blackstock Road shelter in Liverpool ,which was hit by a bomb. Billy lost his mother, and six brothers and sisters. Billy feels that the government didn't provide the necessary deep shelters in time to give him, his family and his neighbours protection against the bombing.

Peter Prichard took shelter in the London underground tube system. He remembers that it was really dirty down there. Toilet facilities consisted of an iron bucket, with a seat on it. People would make love there, as though they were still at home. 'They weren't the wonderful times that people talk about today.'

Stan Watkinson remembers running for the safety of the shelter with his mother. They made it, but the daughter of a family friend was killed. Stan remembers seeing the corpses of children from his school after the raid. His experiences of the bombing had such a traumatic effect on him that he became very ill. It was so serious that his father was allowed to come home on compassionate leave.


ビデオを見る: Non-stop emergency landing scene with C-BooL music