USSギャンブル(DD-123)、1920年頃

USSギャンブル(DD-123)、1920年頃

アメリカ駆逐艦:イラスト付きデザインの歴史、ノーマン・フリードマン。初期の魚雷艦駆逐艦から戦後の艦隊まで、両方の世界大戦のために建造された大規模なクラスの駆逐艦をカバーする、アメリカの駆逐艦の開発の標準的な歴史。駆逐艦の各クラスを取り巻く議論を読者によく理解させ、それぞれの特徴に導きました。


ギャンブルDM15

このセクションでは、船がその寿命の間に持っていた名前と呼称をリストします。リストは時系列になっています。


    ウィックス級駆逐艦
    キールレイド1917年11月12日-1918年5月11日発売

海軍カバー

このセクションには、船に関連するカバーを表示するページへのアクティブなリンクが一覧表示されます。船の化身ごとに(つまり、「船の名前と指定の履歴」セクションのエントリごとに)個別のページのセットが必要です。表紙は時系列で(または決定できる限り最良に)提示する必要があります。

船には多くの表紙がある場合があるため、それらは多くのページに分割される可能性があり、ページが読み込まれるのに永遠にかかることはありません。各ページのリンクには、そのページの表紙の日付範囲を付ける必要があります。

消印

このセクションでは、船が使用する消印の例を示します。船の化身ごとに(つまり、「船名と指定履歴」セクションのエントリごとに)個別のポストマークのセットが必要です。各セット内で、ポストマークは分類タイプの順にリストする必要があります。複数の消印が同じ分類である場合は、最も古い既知の使用日でさらに並べ替える必要があります。

クローズアップ画像および/またはその消印を示す表紙の画像を伴わない限り、消印を含めるべきではありません。日付範囲は美術館の表紙のみに基づいている必要があり、表紙が追加されると変更されることが予想されます。
 
&gt&gt&gtいずれかのポストマークのより良い例がある場合は、既存の例を自由に置き換えてください。


ギャンブルの歴史、家紋、紋章

ギャンブルは古代ノルマン人の起源の名前です。それは1066年のノルマン征服でイギリスに到着しました。ギャンブルは与えられた名前に由来する名前です ゲーメル、 これは、デンマーク人とノルマン人の間で一般的でした。ギャンブルという名前は、最終的には古ノルマン語に由来しています ガマル、 つまり、 年。

別のソースノート:&quotthissurnameは祖先の名前から派生しています。 「ゲーメルの息子」、かつては人気があったが、今では忘れられている北英語の個人名。それは多くの地元の名前と複合されています。現代で受け入れられている名前の形式は、ギャンブルとギャンブルです。」[1]

コーヒーマグとキーホルダー4個セット

$69.95 $48.95

ギャンブルファミリーの初期の起源

ギャンブルという名前は、Gamelがリストされている1086年のDomesday Bookと、1273年のHundredorumRollsで最初に見つかりました。「後者では「FitzGamell」も見つかります。アングロサクソン人のgamolまたはgamelから、古い、老人。ヨークシャーでは、Gamel-bar、「old bear」、Gamel-carle、「old male」など、いくつかのDomesdayの名前が付けられています。」[2]

紋章と名前の履歴パッケージ

$24.95 $21.20

ギャンブル家の初期の歴史

このウェブページは、私たちのギャンブル研究のほんの一部を示しています。 1158、1297、1450、1687、1666、1865、1618、1629、1640、1659、1663、1670年をカバーする別の61語(4行のテキスト)は、すべてのPDF拡張履歴のトピック「早期ギャンブル履歴」に含まれています。可能な限り製品および印刷物。

ユニセックスの紋章付きフード付きスウェットシャツ

ギャンブルのスペルのバリエーション

アングロノルマンの名前は、膨大な数のスペルのバリエーションでマークされる傾向があります。これは主に、11世紀にノルマン語フランス語が導入されたときに、旧英語と中英語にスペル規則がなかったという事実によるものです。当時の英国の裁判所の言語はフランス語とラテン語でした。これらのさまざまな言語は、進化する社会環境の中で非常に自由に混ざり合っていました。このミックスの最後の要素は、中世の筆記者が明確な規則ではなく音に従って綴られた単語を書くことです。そのため、名前は、登場する文書の数と同じくらい多くの異なる方法で綴られることがよくありました。名前の綴りはGamble、Gambel、ガンボル他。

ギャンブルファミリーの初期の注目すべき人物(1700年以前)

当時の家族の中で傑出したのは、イギリスのチャールズ1世とチャールズ2世の宮廷で作曲家兼音楽家を務めたジョンギャンブル(1687年に亡くなりました)でした。
さらに29語(2行のテキスト)が、可能な限りすべてのPDF拡張履歴製品および印刷製品のEarly GambleNotablesトピックに含まれています。

ギャンブル家のアイルランドへの移住

ギャンブルファミリーの一部はアイルランドに移住しましたが、このトピックはこの抜粋ではカバーされていません。
アイルランドでの生活についての別の243語(17行のテキスト)は、可能な限り、すべてのPDF拡張履歴製品および印刷製品に含まれています。

ギャンブルの移行+

この家族名の最初の入植者のいくつかは次のとおりでした:

17世紀の米国のギャンブル入植者
  • 1681年にデラウェアに定住したギデオンギャンブル
  • 1681年にペンシルベニアに上陸したギデオンギャンブル[3]
  • 1685年にニュージャージー州パースアンボイに到着したグリセルギャンブル[3]
  • 1685年にニュージャージーに上陸したグリストギャンブル[3]
  • 1685年にニュージャージーに到着したグリゼルギャンブル[3]
  • 。 (可能な限り、すべてのPDF拡張履歴製品および印刷製品でさらに多くの情報を入手できます。)
18世紀の米国のギャンブル入植者
  • 1740年にニューイングランドに上陸したアーチボルドギャンブル[3]
  • 1767年にサウスカロライナ州チャールストン[チャールストン]に定住したジェームズ・ギャンブル
19世紀の米国のギャンブル入植者
  • 1802年にペンシルベニア州アレゲニー(アレゲニー)郡に上陸したウィリアム・ギャンブル[3]
  • 1805年にアメリカに上陸したエドワードギャンブル[3]
  • 1807年にペンシルベニア州アレゲニー(アレゲニー)郡に上陸したジェームズ・ギャンブル[3]
  • 1811年にニュージャージーに上陸したジョセフギャンブル[3]
  • 1811年にニューヨーク州ニューヨークに到着したサミュエル・ギャンブル[3]
  • 。 (可能な限り、すべてのPDF拡張履歴製品および印刷製品でさらに多くの情報を入手できます。)

カナダへのギャンブルの移行+

この家族名の最初の入植者のいくつかは次のとおりでした:

18世紀のカナダのギャンブル入植者
19世紀のカナダのギャンブル入植者
  • 1825年にノバスコシアに上陸したキャサリンギャンブル
  • 1833年にノバスコシアに到着したジョンギャンブル
  • 1834年にアイルランドのベルファストから「ベッツィーヘロン」に乗ってニューブランズウィック州セントジョンに到着した労働者、38歳のアレクサンダーギャンブル
  • 1834年にアイルランドのベルファストから「ベッツィーヘロン」に乗ってニューブランズウィック州セントジョンに到着した35歳のジェーンギャンブル
  • 1834年にアイルランドのベルファストから「ベッツィーヘロン」という小川に乗ってニューブランズウィック州セントジョンに到着した10歳のサラギャンブル。
  • 。 (可能な限り、すべてのPDF拡張履歴製品および印刷製品でさらに多くの情報を入手できます。)

オーストラリアへのギャンブルの移行+

オーストラリアへの移住は、囚人、商人、初期の入植者の最初の艦隊に続きました。初期の移民は次のとおりです。

19世紀のオーストラリアのギャンブル入植者
  • イギリスのダラム州ダラムで14年間有罪判決を受けた英国の囚人ジョン・ギャンブル氏は、1819年6月5日に「アジアティック」に乗ってオーストラリアのニューサウスウェールズに到着した[5]。
  • イギリスのレスターで15年間有罪判決を受けたイギリス人囚人のウィリアム・ギャンブル氏は、1840年4月25日に「アジア」に乗船し、タスマニア(ヴァンディーメンズランド)に到着した[6]。
  • 1847年に「トラファルガー」という船に乗ってオーストラリアのアデレードに到着したエリザギャンブル[7]
  • 1847年に「トラファルガー」という船に乗ってオーストラリアのアデレードに到着したメアリーギャンブル[7]
  • エレン・ギャンブルさん(1831年生まれ)、18歳、アイルランドのロングフォード州で7年間窃盗罪で有罪判決を受けたアイルランドの保育園のメイドは、1849年6月26日に「オーストラリア」に乗船し、タスマニア(ヴァンディーメンズランド)に到着しました[8 ]
  • 。 (可能な限り、すべてのPDF拡張履歴製品および印刷製品でさらに多くの情報を入手できます。)

ニュージーランドへのギャンブルの移行+

ニュージーランドへの移住は、キャプテンクック(1769-70)などのヨーロッパの探検家の足跡をたどりました。最初にシーラー、捕鯨者、宣教師、商人がやって来ました。 1838年までに、英国のニュージーランド会社はマオリ族から土地を購入し、入植者に売却し始めました。1840年のワイタンギ条約の後、多くの英国の家族が英国からアオテアロアへの困難な6か月の旅に出発しました。新生活。初期の移民は次のとおりです。


ノート[編集|ソースを編集]

  1. ↑「アメリカ海軍史における7月」。&#32U.S。 Fleet Forces、United States Navy。&#32http://www.cffc.navy.mil/naval_history/july.htm。&#322009年 5月10日閲覧。&#32 "1813年7月14日– LT John M. Gamble、戦闘で船を指揮した最初の海兵隊員(イギリスの捕鯨船セリンガパタムを捕らえたグリニッジ賞)」&#160&#91デッドリンク]
  2. ↑Gibowicz、&#32Charles J。&#32(2007)。&#32伝統:海兵隊の混乱の夜の伝統。&#32AuthorHouse。&#32p。&#16018。&#32ISBN&#160978-1-4259-8446-5。&#32http://books.google.com/books?id = 0Vo62GFJlpoC&amppg = RA1-PA18&amplpg = RA1 -PA18&ampdq = John + M. + Gamble + Marine&ampsource = bl&ampots = z24FPXqChs&ampsig = 7qR3h4vYHZPCTYgu_Oc1lL33ISY&amphl = en&ampei = mRcISr_WPMektwfkw62LBw&ampsa = X&ampoi = 1813年3月30日、USMCのジョンM.ギャンブル中尉がUSSの指揮官に就任しました。 グリニッジ、これまでに米海軍の船を指揮した唯一の海兵隊員。」&#160
  3. ↑「米英戦争の海兵隊将校」。&#32アメリカ海軍の戦争と紛争。&#32海軍歴史&海軍歴史センター、海軍省。&#32http://www.history.navy.mil/wars/war1812/list14.htm。&#322009年 5月10日閲覧。 &#160

「米国海軍および海兵隊の任命および准尉の登録」は、1815年から少なくとも1970年代まで毎年発行され、ランク、コマンドまたはステーションを提供し、コマンド/ステーションが第二次世界大戦が始まるまで時折ビレットを提供していました。含まれなくなりました。スキャンされたコピーがレビューされ、より頻繁な海軍ディレクトリが利用可能になった1840年代半ばから1922年までデータが入力されました。

海軍名簿は、すべての現役および引退した海軍士官の指揮、ビレット、および階数に関する情報を提供する出版物でした。単一版は1915年1月と1918年3月からオンラインで発見され、その後、1923年から1940年まで年間3から6版があり、最終版は1941年4月からです。

両方の一連のドキュメントのエントリは、不可解で紛らわしい場合があります。コマンドの名前は、エディション内であっても一貫性がないことがよくあります。これは、1920年代と1930年代初頭の航空飛行隊に特に当てはまります。

同じコマンドにリストされている卒業生は、ステートルームやワークスペースを共有したり、何時間も一緒に監視したり、特に大規模なコマンドでは、お互いをまったく知らなかった可能性があります。この情報は、他の方法では見えないつながりを描く機会を提供し、メモリアルホールでのこれらの卒業生の専門的な経験の全体像を提供します。


HistoryLink.org

誤った名前の「スペイン風邪」のパンデミックは1918年後半にピークに達し、記録された歴史の中で世界中で人類を苦しめる最も広範囲で致命的な病気の発生であり続けています。インフルエンザウイルスの小さな突然変異は、より脆弱な年齢層を容易に殺したのと同じように、健康な若い成人を殺す非常に致命的な変異を生み出しました。病原体の起源はまだ議論されていますが、その急速な拡大における第一次世界大戦の役割は議論の余地がありません。それでも、ワシントンは、軍事的存在感が強いにもかかわらず、オレゴンを除く組合の他のどの州よりもうまくいった。死者数は州で最も人口の多い都市で最も高かったが、パンデミックはほぼすべてのコミュニティに影響を及ぼした。発生を制御する試みはほとんど無駄であり、1918年9月下旬からその年の終わりまで、5,000人近くのワシントン市民を殺害した。犠牲者の半数以上は20歳から49歳の間でした。

古代の惨劇

インフルエンザウイルスは、おそらく6、000〜7、000年前に最初に人間を病気にしました。これは、豚や牛の初期の家畜化に対応しています。人間の移動性の増加は、広大な地域に影響を与える可能性のあるエピデミックとパンデミックを促進しました。 1930年代初頭まで、インフルエンザはほとんどの科学者によってウイルス性疾患ではなく細菌性疾患であると考えられていました。実際、両方ともインフルエンザウイルスによって弱体化したものがしばしば関与し、細菌性肺炎に対してより脆弱なままにされました。それでも、インフルエンザの毎年の訪問の間、それは通常中程度の病気しか引き起こしませんでした。しかし、時折、別の、はるかに致命的な何かが起こりました。

インフルエンザウイルスによって引き起こされた可能性が高い最初の記録されたパンデミックは1580年に発生し、小アジアから今日のオランダまで北に広がる地域を荒廃させました。その後、大規模な発生が頻繁に発生しましたが、死亡者は比較的少なかった。より致命的なウイルスが1781年から1782年にヨーロッパとロシア帝国を襲い、1889年と1890年に、致命的な亜種が中国から爆発し、ロシアとヨーロッパ全体に広がり、北米とラテンに伝わったときに100万人以上が死亡しました。日本に飛び出す前のアメリカ。次に、1918年のパンデミックが発生しました。これは、これまでで最も広範で致命的な、現在に至るまでの悲惨な区別です。

アメリカ領サモアは、初期の厳格で長期にわたる検疫のおかげで、1918年のパンデミックから完全に逃れた地球上で唯一の組織化された社会でした。わずか50マイル離れた西サモアでは、人口の20パーセントが数か月のうちに亡くなりました。インフルエンザは地球を東から西へ、そして北極圏の北からチリの南端へと覆い隠し、その結果として破壊された社会と数千万人の死者を残しました。

まったく別の病気

1918年以前は、ほとんどのインフルエンザの平均死亡率は1%の約10分の1であり、1,000回の感染ごとに約1人が死亡していました。 1918年のインフルエンザは、苦しんでいる人々の2.5%以上を殺しました。ほとんどの場合、最初の症状から数日以内、多くの場合数時間以内に死亡しました。急性呼吸窮迫(インフルエンザウイルスの直接的な影響)で死亡した人もいれば、日和見細菌性肺炎の餌食になった人もいます。そして、これまでに知られているほとんどの感染症とは異なり、このウイルスは20歳から40歳までの成人を特に激しく攻撃します。

第一次世界大戦は、パンデミックの最悪の打撃を受けた最後の数ヶ月でした。約53,500人のアメリカ人が戦闘で命を落とし、ほぼ同数のアメリカ人がヨーロッパでの勤務中にインフルエンザで亡くなりました。故郷でウイルスによって殺されたアメリカ人の数は、軍人も民間人も同様に、65万人を超えると推定されました。世界で最も控えめな(そしておそらく最も正確でない)死者数の推定値は2000万人を超え、1億人もの死者が出た可能性があります(多くの政府は正確な記録をほとんどまたはまったく保持しておらず、大まかな推定でさえ非常に問題があります)。

アメリカのインフルエンザ?

パンデミックがどこで発生したかは不明です。第一次世界大戦に参加しなかったスペインが、戦闘国によって検閲された情報である病気による病気と死を自由に報告したためか、一般に「スペイン風邪」と呼ばれていました。致命的な感染症がアジアの田舎の豚舎やサハラ以南のアフリカの蒸し暑いジャングルから発生しているという偏見の疑いは、おそらく1918年には真実ではありませんでした。 1918年、地元の医師は、長年の診療で見たものとは異なり、特に有毒で致命的な病気の多くの症例に圧倒されました。発生中、地元の男性が軍隊からの休暇で帰宅し、300マイル離れた広大なフォートライリー複合施設のキャンプファンストンに戻った。 3週間以内に、収容所の1,100人以上の兵士がインフルエンザで入院し、28人が生存せず、異常に高い死亡率でした。

4月初旬までに、フォードの自動車工場で2,000人もの労働者が襲われたデトロイトを含め、軽度のインフルエンザの重大な発生が報告されました。致命的な亜種は5月下旬にスペインを襲った。謎は今日も残っています。「通常の」インフルエンザウイルスがどこで効果的なキラーに変異したのかは不明です。競合する理論は、カンザスからノルウェー、イギリス海峡の港、そして通常の容疑者である中国にまで及びます。この質問が決定的に解決される可能性は低く、それはほとんど問題ではありません。

一つの事実は議論の余地がありません:戦争と病気は密接に関係していました。 1918年の春、護送船団は第一次世界大戦で戦うためにアメリカ軍を運び、負傷した、病気の、そして動員解除された兵士と共に戻ってきました。紛争は明らかにウイルスの起源とは直接関係がありませんでしたが、それはその広がりと関係がありました。

来る大変動のヒント

1918年の半ばに報告された症例の多くは比較的軽度で局所的でしたが、8月下旬に致命的な亜種が崩壊したとき、事件は悲惨な変化を遂げました。

「それは北大西洋の3つの主要な地域でほぼ同時に発生しました。シエラレオネのフリータウンでは、地元の西アフリカ人がイギリス、南アフリカ、東アフリカ、オーストラリアの兵士と船員であるフランスのブレストと一緒になりました。連合軍と、アメリカで最も忙しい乗船港の1つであり、連合国の戦争活動に関与するすべての国の軍人と民間人の主要な交差点であるマサチューセッツ州ボストン。病気の伝染における重要な役割」(「インフルエンザ」、医療生態学のウェブサイト)。

ワシントンでは、1918年の最初の8か月はほとんどの年と同じように見え、州の新聞はデトロイトや他のいくつかのアメリカの都市での春のインフルエンザの発生に気づかなかったようです。しかし、4月15日、タコマの南にある軍のキャンプルイスで、「肺炎は1週間でわずかに増加し、ほとんどの症例は2週間前に最大であったインフルエンザに続いている」と報告された(「民間労働者の断食」削除されました。 ")。 5月下旬に シアトルタイムズ 「不思議な流行」がスペインの人口の少なくとも40%を病気にしたこと、そして症状は「インフルエンザに似ているが、それに苦しむ多くの人々が体調を崩して通りに落ちた」(「不明疾患 。 ")。 1週間後、この紙はスペインでの発生について、「その広がりの速さは1889年の大ペストにのみ匹敵する」と述べ、30年近く前のインフルエンザの流行について言及しています(「奇妙な病気が訪れた王」)。 6月には、敵のドイツ兵の間でインフルエンザが流行したという喜ばしい報告がありましたが、その月の初めに、キャンプルイスはわずか39件の症例を報告しました。

物事は7月上旬までにもっと不吉に見えた。 7月9日 シアトルタイムズ スペインのインフルエンザは「ヨーロッパの他の地域に広がった」(「不可解な流行」)と報告した。 7月28日、新聞は、キャンプルイスでインフルエンザが327例発生したが、1週間後には100例を下回ったと報じました。8月中旬までに、軍基地でのインフルエンザの症例数は減少し続けているという安心できる報告がありました。 、および特別な懸念の兆候はありません。 9月に入っても、全体的なムードは自信の1つでした。楽観的なコメンテーターは、「スペイン風邪や他の同盟国の熱が呼ばれるように、この夏、「インフルエンザ」よりも深刻な性格の流行が広まったことは、私たちの医学の完璧さのために驚異的です」と熱狂しました。 (「大雨と泥。」)。

月が経つにつれて、控えめな警告のトーンがいくつかのアカウントに忍び寄り始めました。 NS タイムズ 9月22日の記事は、キャンプルイスでの「軽度の流行」に言及し、173件の新しい症例が報告されました(「キャンプルイスレポート」)。同じページで、ベリンガムで報告されたインフルエンザの2つの深刻な症例について言及されました。それでも、2日後、軍の医療関係者は、「キャンプルイスにインフルエンザのスペイン人がいた可能性がありますが、ここにはスペイン風邪はありません」(「キャンプルイスと言う」)と言ったと新聞に引用されました。 。

これは墓地を通り過ぎて口笛を吹いていた可能性がありますが、実際には、誰も津波が発生していることを理解していませんでした。何が起こっていたのかは、その時代の最も優秀な科学者や医師の知識の範囲内ではありませんでした。インフルエンザの原因となったウイルスは変異しており、人類を苦しめる最も致命的な病原体の1つになっています。それがアメリカを完全に襲ったとき、それは戦争で動員された軍隊によってあらゆるターンで助けられて、国全体を息を呑むようなスピードで動きました。

山火事のように広がる

1918年9月から11月の終戦までの間に、アメリカの陸軍と海軍の職員の最大40パーセントがインフルエンザに感染しました。軍隊とパンデミックの急速な拡大との関係は非常に明確でした。州の保健当局は危険を認識していた。 1918年9月28日にスポケーンで開催された州保健委員会の議事録は、「州でのインフルエンザの発生の可能性が広く議論され、その予防を試みる方法と手段が検討された」と述べた(第12回ビエンナーレレポート, 6).

それは予防不可能であり、本質的に治療不可能であることが証明されるでしょう。ちょうど2日後の9月30日、シアトルのポーテージベイにあるワシントン大学海軍訓練所(大学の健康科学複合施設の現在の場所)で、650件を超える「軽度のインフルエンザ」の症例が報告されました(「海軍キャンプ」 U '。 ")。 10月の第1週に、100件を超える「重症インフルエンザ」の症例がキャンプルイスで記録されました。事件はブレマートンのピュージェットサウンド海軍造船所でも発見され、10月4日、14人の海軍新兵がそこで死亡し、海軍造船所の「200人から400人」の民間人労働者が病気になったと報告された(「ブレマートンヒット」)。 。これらの報告は、致命的なウイルスが驚くべき速さで拡散したため、さらに悪い兆候でした。

データの不足

いくつかの理由から、州内のパンデミックの進行を正確に追跡することは不可能です。第一に、インフルエンザは、少なくとも1918年の秋に最も毒性の強い時期には、州の保健当局に報告しなければならない病気ではありませんでした。自発的な報告は、後でわかるように、非常に散発的でした。死亡は診断を必要とせず、忠実に記録されましたが、感染者の全体的な集計は、印象的に具体的であっても、大まかな見積もりと見なす必要があります。

第二に、1918年と1919年初頭のインフルエンザは、3つの異なる波で発生しました。1918年の春と夏に通常は穏やかな形で、その後、その年の終わりの月に致命的な緊張が続き、通常の回復で終わります(しかし常にではありません)1919年の初めに軽度の病気で、1920年まで完全に減少しませんでした。病気になったすべての人が毒性のある「スペイン語」インフルエンザに感染したわけではありません。高齢者。

公衆衛生当局をさらに苛立たせるために、スペイン風邪は直接、そして犠牲者を細菌性肺炎による二次感染に対して脆弱なままにすることによって殺害しました。これは因果関係の絵を混乱させました。しかし、スペイン風邪は非常に驚くほど伝染性であることが証明されており、インフルエンザの犠牲者の剖検中に肺炎が頻繁に発見されたため、連邦国勢調査局は、1918年の死亡統計で「インフルエンザと肺炎による死亡(すべての形態)」という単一のカテゴリを使用することを決定しました。 ((死亡率統計、1918年)。疫学者や生命保険のアクチュアリーにとっては苛立たしいことですが、1918年のパンデミックの影響に関するすべての統計的研究は不確実性と近似に満ちています。

レコードが示すもの

ワシントンは、1918年に米国国勢調査局によって合理的に信頼できる記録保持があると見なされた30の「登録州」の1つでしたが、州の疫学者は、1919年1月のアーネストリスター知事への隔年報告書(1870-1919)で、前例のないことを強調しました。パンデミックの性質と正確な情報を収集することの難しさ:

「このパンデミックは10月の第1週にワシントンで発生しました。州衛生委員会の歴史の中で、そのような災害は州を苦しめたり、これほど深刻な緊急事態が発生したことはありません。最も一般的な5つの伝染病。1768人が死亡しました。インフルエンザだけで2000人をはるかに超える死者が出ましたが、まだ終わりはありません。犠牲者はおそらく1768年の2倍または3倍になるでしょう。

「シアトル、タコマ、スポケーン、ヤキマを除いて、市の保健官はパートタイムの男性です。彼らの給料は月に何も5ドルもかからないことがよくあります。彼らは市長によって任命され、頻繁に変わります。彼らは私たちの作ったものではありません。彼らが私たちに多くの責任を負っているように感じないでください。彼らの仕事はほとんど支払わず、彼らの方針は賃金が正当化するのと同じくらい多くのことをすることです」(第12回ビエンナーレレポート, 34-35).

この報告書は、大惨事の全容が不明だった1918年12月に作成されました。保健委員会の次の隔年報告書は1921年1月まで発行されず、1918年のパンデミックについてはほとんど沈黙していました。ワシントンの2つの最大の都市、シアトルとスポケーン、およびヤキマの経験に関する国勢調査データは存在しますが、郡ごとの感染率または死亡の利用可能な編集物は、州または連邦ではないようです。比較的よく文書化されています。

その中で 死亡率統計1918 米国国勢調査局は、州の1918年のインフルエンザによる死亡総数を1915年のインフルエンザによる死亡と比較し、毎年最初の8か月と最後の4か月を比較しました。 1915年1月から8月の間に、1918年の最初の8か月間に605人のワシントン州の住民がインフルエンザと肺炎で亡くなり、838人のワシントン州民が亡くなりました。

1915年の最後の4か月で、ワシントンで381人だけがインフルエンザにかかりましたが、1918年の最後の4か月で、パンデミックは州で4,041人を殺しました。これは、同時期の1915年の10.6倍です。最終的な通行料に関する国家疫学者の悲観論はかなり正確であることが証明されました。

死亡率の表からの他の事実は、スペイン風邪の前例のない性質を示しています。おそらく最も驚くべきことは、1918年のワシントンでの4,879人のインフルエンザによる死亡者の半分強または2,461人が、通常最も高い疾病生存率を享受した人口統計学的グループである20歳から39歳までの男性と女性でした。同じ大まかな比率は、州の2つの最大の都市にも当てはまりました。シアトルでは、1918年10月12日から1919年3月15日までの間に記録された1,441人のインフルエンザによる死亡のうち708人がその年齢範囲に分類され、スポケーンでは428人のインフルエンザによる死亡のうち252人でした。これらの数字だけでも、記録が存在する他の病気の発生と比較して、このパンデミックがどれほどユニークであったかを示しています。この謎は完全には解決されていませんが、主要な理論は、1918年のウイルスが強力な免疫システムを持つ若年成人に壊滅的な免疫反応を引き起こしたというものです。

ヤキマの比較数は計算されていませんが、人口の約3分の1、つまり約6,000人がヤキマに感染していました。これらのうち、120人が死亡しました-すべての原因による市の1918年の総死亡者数の32パーセント。伝染性が非常に高かったため、シスターズ・オブ・プロビデンスが運営するヤキマの唯一の病院であるセントエリザベスは、インフルエンザ患者の入院を一時的に拒否しました。

1918年の死亡率表には、ある程度の安心感が得られる統計が1つだけあります。国勢調査局が依拠した30の登録州のうち、オレゴンを除いて、ワシントンは住民1,000人あたりのインフルエンザ/肺炎による死亡者数が最も少なかった。それにもかかわらず、1918年に1,000人に1人のワシントン人がインフルエンザ/肺炎で死亡し(通常の5倍以上)、1919年に1,000人に1人が1.9人(通常の2倍以上)に死亡しました。対照的に、過去3年間のそれぞれにおけるこれらの原因による州の死亡率は1,000人に1人未満でした。

最善を尽くします

健康委員会の 第12回ビエンナーレレポート スペイン風邪がもたらした危険性の現実的な懸念と、それを防ぐための努力の無益さの認識の両方を文書化した。州の保健委員であり、報告書の筆頭著者であるトーマスD.タトル博士が、連邦政府から助言を得るための努力について語った。

「この流行は9月の間に東部の州で非常に蔓延し、人類の確率で急速に全国に広がることを認識し、あなたの保健委員は米国公衆衛生局に問題を取り上げました。個々の症例を検疫することの妥当性」(第12回ビエンナーレレポート, 22-23).

具体的には、理事会は、タトルが米国陸軍医務総監ルパート・ブルーに「検討中のスペイン風邪の州内検疫。もしあれば、どの期間の検疫をお勧めしますか」と尋ねる電文を送ったと報告した。ブルーは「サービスはインフルエンザに対する検疫を推奨していない」と信頼しました(第12回ビエンナーレレポート, 22-23).

レポートの中で、タトルはスペイン風邪がどのようにしてワシントンに来たのかについての保健委員会の意見を提供しました。これはいくつかの理論の1つにすぎませんが、他の理論と同じくらい信頼できます。

「流行は10月の初めに私たちの州を襲った。この病気の即時の導入は、ペンシルベニアからブレマートンの米国海軍訓練所への約1500人の男性の輸送によるものであり、その大部分はインフルエンザに苦しんでいた。この場所から病気は広く広がりました[しかし]多くの発生はシアトルまたはその近くでの感染に直接追跡することはできませんでした」(第12回ビエンナーレレポート, 23).

シカゴの州保健当局の会議に関するタトルの説明は、絶望のトーンを隠すことができませんでした。

「この会議での主題の議論の際立った特徴は、どんな努力がなされても病気の蔓延が遅れるだけで予防されなかったという証拠でした。ある保健官が状況を非常に適切に表現したので: '病気にかかるのを避けることができますもし彼が穴に入ってそこにとどまるなら、問題は彼がそこにどれくらい滞在しなければならないかということですか?兆候はそれが少なくとも1年以上続くだろうということです」(第12回ビエンナーレレポート, 23).

絶望的な対策、ほとんど無駄

初期の懸念にもかかわらず、ワシントン州保健委員会は、パンデミックが十分に進行するまで、州全体の対策を課しませんでした。おそらく、リソースが非常に限られており、地方の保健当局をほとんどまたはまったく管理していないためです。理事会が発行した州全体の申請の唯一の予防規制は、1918年11月3日、人々が接近したほぼすべての公共の場所で「鼻と口を完全に覆う」指定されたサイズと厚さのサージカルマスクを着用することを要求したときでした。また、店舗、レストラン、カフェの経営者は、「ドアを開けて換気をよくする」ことと、一般の人が使用するときに路面電車の窓の3分の1を開けることを要求しました(「特別」秩序と規制。 ")。

クラーク郡のバンクーバーは、パンデミックに積極的に取り組んだ州で最初の都市の1つでした。 1918年10月7日、市議会は、最高保健責任者からの報告に基づいて、「学校、教会、踊りなど、集会のすべての場所」を命じました。閉鎖される(バンクーバー市議会議事録)。 2日後、スノホミッシュ郡のモンローの町議会が同様の措置を承認し、ヤキマも同様の措置を承認しました。ヤキマは後にヤキマ郡と合流して、聖ミカエル教区が所有する建物を「隔離病院と同じように設立する目的で」リースしました(ヤキマ市委員会議事録、10月21日)。 10月31日、ヤキマでの集会の禁止はさらに拡大され、「ドラッグストア、肉市場、レストラン、飲食店、ホテル、果物倉庫を除く、あらゆる種類の商取引が行われるすべての場所」が含まれるようになりました。最後に、町の主要産業への明らかな譲歩があります(ヤキマ市委員会議事録、10月31日)。

州全体の郡、市、町でも同様の公の集会の禁止が課された。小さなサンプルには、シアトル(10月6日)スポケーン(10月8日)プルマン(10月10日)スカジット郡のアナコルテス(10月15日)ワシントン州北東部のフェリー郡(11月17日)グラント郡の小さなウィルソンクリークが含まれます。学校は免除されたが(12月10日)、彼らの家(12月7日)とチェランに限定するよう命じられた。州の隅々を免れることも、新年で試練を終わらせることもできませんでした。カウリッツ郡議会は1919年1月16日まで同様の制限を課すことさえしませんでした、そして東のホワイトサーモンはその時まだ包囲されていました。

These and similar measures probably helped to limit the spread to some extent, but perhaps the most telling reason for the eventual ebbing of the pandemic was that it simply ran out of vulnerable victims. In this regard it is important to remember that most people did いいえ become infected, despite nearly universal exposure, nor did it kill but a fraction of those it did infect.

What Was It? Where Did It Go?

In the 1990s researchers, using archived autopsy samples from 1918, mapped the virus's genome and determined it to be Type A, the most common, which can infect both humans and some animals. More specifically, the investigation revealed that the virus was a strain of Type A known as H1N1. The "H" represents a protein molecule on the surface of a virus that is the usual target for the immune system. When random mutations alter that molecule, the virus can become virtually invisible to the body's defenses. As researchers explained in 2006, "Recently published . analyses suggest that the genes encoding surface proteins of the 1918 virus were derived from an avianlike influenza virus shortly before the start of the pandemic and that the precursor virus had not circulated widely in humans or swine in the few decades before" (Taubenberger and Morens, 16). Because it had not circulated widely, humanity had developed no "herd immunity" to it. This explains its rapid spread but not its lethality, which remains a mystery.

As to where it went, the answer is that it went nowhere. Almost all cases of type A influenza since 1918 have been caused by less-dangerous descendants of that lethal virus. Viruses do not have intentions, only random mutations. Some mutations will enable them to sicken birds, pigs, people, or other animals. Some will make them unusually lethal, others will render them totally harmless to humans. But inevitably a strain will emerge that is as infectious and deadly as the 1918 variety. Viral mutation is ongoing, endless, and unpredictable. In any new flu pandemic the toll will likely be lower due to advances in immunology and other countermeasures, but as with death itself, the question is not whether it will come, but rather when.

Announcement closing public places during flu pandemic, The Pullman Herald, October 11, 1918

Policemen wearing gauze masks during influenza epidemic, Seattle, December 1918

Courtesy National Archives (Record No. 165-WW-269B-25)

Stewart and Holmes employees wearing masks, 3rd Avenue, Seattle, 1918

Photo by Max Loudon, Courtesy UW Special Collections (UW1538)

Front page, シアトルタイムズ, October 5, 1918

Streetcar conductor blocking entry of unmasked man during flu pandemic, Seattle, 1918

Courtesy National Archives (Record No. 165-WW-269B-11)

Masked elevator attendant during flu pandemic, Seattle, 1918


Update for December 2017 at HistoryofWar.org: Kwajalein and Majuro Jugurthine War Salamanca campaign Sixth French War of Religion Douglas and Bell aircraft German artillery Wickes class destroyers

Update for December 2017 at HistoryofWar.org: Kwajalein and Majuro Jugurthine War Salamanca campaign Sixth French War of Religion Douglas and Bell aircraft German artillery Wickes class destroyers

This month we look at the invasions of Majuro and Kwajalein in the Marshall Islands, including the first US invasion of pre-war Japanese territory. Our Napoleonic series looks at the Salamanca campaign, including a number of the diversionary attacks carried out by the Allies. We return to the French Wars of Religion, looking at the short Sixth War, effectively an extension of the Fifth and ended by a lack of funds on the part of Henry III. In ancient history we begin a series on the Jugurthine War, a prolonged conflict between the Romans and the Numidians, which saw the rise of Marius.

In the air we look at Bell experimental aircraft, focusing on VTOL designs, and start a short series on Douglas transport aircraft. At sea we continue with the massive Wickes class of destroyers, this time looking at six that served with the US Navy during the Second World War. Our series on artillery finishes the German very heavy artillery of the First World War and moves onto their 7.5cm and 10cm guns.

The occupation of Burton Island (3-4 February 1944) was one of a series of operations that saw the Americans capture the defended islands in Kwajalein Atoll, and saw them occupy the next major island to the north of Kwajalein island.

The occupation of Bennett Island saw the Americans occupy one of the smaller islands in Kwajalein Atoll after overcoming unexpected Japanese resistance

The occupation of Jacob Island (Ennuebing), 31 January 1944, was one of two simultaneous landings that began the attack on Roi and Namur in Kwajelein Atoll (Operation Flintlock).

The occupation of Majuro (31 January 1944) was the first American invasion of pre-war Japanese territory, but was almost entirely unopposed (Operation Flintlock).

The occupation of Ivan Island (Mellu), 31 January 1944, was one of two simultaneous landings that began the attack on Roi and Namur in Kwajelein Atoll.

The occupation of Albert Island (Ennumennet), 31 January 1944, was one of two simultaneous landings that formed the second stage in the invasion of Roi and Namur in Kwajelein Atoll.

The Jugurthine War (111-104 BC) was a prolonged struggle between Rome and her former ally of Numidia that played a part in the rise of Marius and eventually ended with a Roman victory.

The battle of Suthul (late 110 BC or early 109 BC) was a Roman defeat early in the Jugurthine War and saw Aulus Postumious Albinus forced to surrender on harsh terms after his army was forced out of its camp in a night attack.

The battle of the Muthul River (109 BC) was the first significant Roman victory during the Jugurthine War, but had little long term impact on the course of the war.

French Wars of Religion

The Sixth War of Religion (December 1576-September 1577) was a short conflict triggered by the terms that had ended the Fifth War, but it ended with stalemate and a similar peace settlement.

The siege of La Charité (25 April-2 May 1577) saw Henry III’s army seize one of the eight security towns granted to the Huguenots at the end of the Fifth War of Religion.

The siege of Issoire (to 12 June 1577) was the last significant military action during the Sixth War of Religion, and saw Henry III’s army capture a second one of the security towns offered to the Huguenots after the Fifth War of Religion.

The peace of Bergerac (14 September 1577) ended the Sixth War of Religion, and was a slightly modified version of the unpopular Edict of Beaulieu, which had helped trigger the war in the first place.

Salamanca 運動

The combat of Guarda (14 April 1812) was Marmont's only significant success during his belated attempt to help the defenders of Badajoz, and came eight days after the city had fallen to Wellington's men.

The combat of Almaraz (18 May 1812) saw a detached British army under General Rowland Hill destroy a key French bridge over the River Tagus, making it much harder for Marmont and Soult to help each other.

The battle of Bornos (1 June 1812) was a French victory over the Spanish army of General Ballasteros, who had been asked to carry out a diversion to prevent Soult from sending troops north to interfere with Wellington's advance on Salamanca.

The combat of Maguilla (11 June 1812) was a minor French victory in a cavalry clash, fought during of one of Wellington's diversionary attacks during the Salamanca campaign.

The siege of the Salamanca Forts (17-26 June 1812) saw Wellington detach a division from his army to eliminate the last French strong points in Salamanca, while the rest of his army continued to face Marmont.

The combat of San Cristobal (20-22 June 1812) was a standoff between Wellington and Marmont that developed while the British were besieging the Salamanca forts, and that almost produced the major battle that Wellington was searching for.

The Bell Model 65 ATV was an experimental jet powered VTOL aircraft that successfully hovered and flew level, but never converted between the two.

The Bell X-22 was an experimental aircraft designed to test out the potential of a ducted-fan powered VTOL aircraft.

The Bell XV-3 (Model 200) was a convertiplane powered by rotors mounted at the end of the wings, which could switch between vertical and horizontal positions. Although it was produced in the 1950s, it was also an early step in the development of the Bell Boeing V-22 Osprey, which entered development in the 1980s and service in the 2000s.

The Bell XV-15 was a successful experiment into tilt-rotor technology and played a major role in the development of the Bell Boeing V-22 Osprey.

The Douglas C-1 was the first in the long family of Douglas transport aircraft and was a biplane transport capable of carrying eight passengers or 2,500lb of cargo.

The Douglas C-74 Globemaster I was developed during the Second World War to serve as a very long range transport, but didn't enter production until just after VJ Day, and only a handful were ever completed.

The Heavy 30.5cm Kartaune L/30/ 30.5cm Beta-M-Gerät howitzer was produced in an attempt to get more use out of the M-Gerät carriage by fitting a longer barrelled but smaller calibre barrel.

The 7.5cm Feldkanone 16 nA was an inter-war redesign of the First World War 7.7cm FK 16, modifying it to use the new standard 75mm ammunition.

The 7.5cm leichte Feldkanone 18 was designed after the German Army decided to switch from 77mm to 75mm field guns, but it was more complex and had shorter range than the weapon it was designed to replace and was only produced in small numbers.

The 7.5cm Feldkanone 38 was a light field gun built by Krupp for Brazil and later adopted by the Wehrmacht.

The 10cm Kanone 04 was the standard German 10cm gun at the start of the First World War, and only the second gun with a modern recoil system to enter service with the German army.

The 10cm Kanone 14 was a more complex version of the 10cm Kanone 04, designed to be useable as an anti-aircraft gun as well as a normal field cannon.

Wickes Class Destroyers

USS Roper (DD-147/ APD-20) was a Wickes class destroyer that sank U-85, before becoming a fast transport that served in the Mediterranean and Pacific theatres.

USS Breckinridge (DD-148/ AG-112) was a Wickes class destroyer that spent most of the Second World War on convoy escort and anti-submarine duties in the Atlantic.

USS Barney (DD-149) was a Wickes class destroyer that served on convoy escort duties in the Caribbean, as well as escorting two trans-Atlantic convoys.

USS Blakeley (DD-150) was a Wickes class destroyer that survived having her bows blown off by a U-boat, and spent most of the Second World War serving in the Caribbean.

USS Biddle (DD-151/ AG-114) was a Wickes class destroyer that spent most of the Second World War on convoy duty in the Caribbean.

USS Du Pont (DD-152/ AG-80) was a Wickes class destroyer that spent most of the Second World War on convoy escort duty in the Atlantic theatre and that played a part in the sinking of U-172.

The First Afghan War 1839-42 - Invasion, catastrophe and retreat, Richard MacRory.
A deeply relevant look at the first, and most disastrous, British intervention in Afghanistan, which saw the complete destruction of a British army, in what was one of the worst setbacks ever suffered by the British army in India. Covers the reasons for the invasion, the initial campaign, the wasted year at Kabul, the build-up to disaster, the failed retreat and the army of retribution, which allowed the British to put a gloss on the war
[read full review]

Dutch Armies of the 90 Years' War 1578-1648 (1) Infantry, Bouko de Groot.
Traces the dramatic evolution of the Dutch armies during the long war of independence, which saw the Dutch Republic emerge as one of Europe's military superpowers. Part one focuses on the infantry, which began as unwieldy blocks of poorly trained men, and developed into a powerful, flexible force, using new tactics and centrally produced weapons
(Read Full Review)

Dutch Armies of the 80 Years' War 1568-1658 (2) Cavalry, Artillery and Engineers, Bouko de Groot.
Traces the impressive development of the Dutch cavalry, artillery and engineering forces during the long wars of independence from Spain, a period in which they went from being improvised forces created at great speed to highly professional specialists, with advanced artillery and increasingly proficient and well equipped engineers, allowing the Dutch to carry out ever more ambitious campaigns
(Read Full Review)

Friends of the Wigwam - A Civil War Story, John William Huelskamp.
An entertaining historical novel before and during the first half of the American Civil War, mainly tracing the lives of a small group of young friends, linked originally by their discovery of a hidden riverside cave, and following the group as it was split up by the war. Largely based on genuine historical events, with a mix of fictional and real characters
(Read Full Review)

The Boat that Won the War - An Illustrated History of the Higgins LCVP, Charles C. Roberts, Jr.
A detailed examination of the history, design and construction of the LCVP, the most famous landing craft of the Second World War and an iconic vessel that played a key part in amphibious operations from Normandy to the Pacific. Supported by a huge array of detailed plans, contemporary photographs and wartime documents, and written by someone who has restored one of these boats, this is a very valuable look at this key weapon
(Read Full Review)

Wartime Standard Ships, Nick Robins.
Looks at the surprisingly wide variety of ‘standard’ ships produced by the Allied and Axis nations during the two World Wars, covering their design, construction, civil service and military usage. Could have done with more basic info for those without a background in maritime matters, but is otherwise an interesting look at the massive industrial effort that defeated both German U-boat campaigns and produced many of the ships used in the inter-war and post-war periods
(Read Full Review)

Hannibal's Oath - The Life and Wars of Rome's Greatest Enemy, John Prevas.
A good biography of Hannibal, covering his entire life from childhood to his death in exile, as well as the famous period of dramatic victories over the Romans in Italy. Pitched at the interested non-historian, and covers his entire life story, from childhood, through the long years of war in Italy to exile in the east. Paints a picture of an obsessed figure whose career in Italy peaked early, and who spent most of his time in Italy unable to find a way to come to grips with the Romans, before continuing to campaign against them even when in exile
(Read Full Review)

Chattanooga 1863 - Grant and Bragg in Central Tennessee, Mark Lardas.
Good account of the entire Chattanooga campaign, from the moment the Confederates arrived outside the city, through the siege and on to the series of battles which saw Grant break the siege and force the Confederates back onto the defensive. Gives a clear picture of the contrast between the lethargy and dysfunctional command structure on the Confederate side and the energy levels injected into the battle by Grant and his trusted subordinates
(Read Full Review)

Camden 1780 - The annihilation of Gates' Grand Army, David Smith.
An account of the last successful British campaign of the American of Independence, which saw them capture Charleston and then destroy Gates' Grand Army at the battle of Camden, but which failed to have any long term success, as the Americans were soon able to regain control of everywhere outside the reach of a large British garrison, marking the failure of the 'Southern Strategy', and the beginning of the end for the British
(Read Full Review)

Pyrrhus of Epirus, Jeff Champion.
A useful biography of one of the more adventurous leaders of the generation that followed Alexander the Great, twice king of Macedon, twice king of Epirus, once king of Sicily and one of Rome's most dangerous early opponents, even if his victories did come at such a cost that his name has become associated with costly self defeating victories. Does a good job of tracing his career through the often fragmentary sources, and of placing him in the context of his times
Read Full Review

Fixer & Fighter - The Life of Hubert de Burgh, Earl of Kent, 1170-1243, Brian Harwood.
Follows the turbulent career of one of the key figures during the reign of King John and Henry III, and one of the victors in the war that established the infant Henry on the throne after the death of his father. A self made man, Hubert suffered several periods of out favour, and even had to go on the run for a period late in his career, despite his constant support for John and Henry
Read Full Review

Hell on Wheels: The Men of the US Armored Forces, 1918 to the end of the 20th century, Christopher J. Anderson.
A photographic study of the US armoured forces, covering the period from the armoured cars of 1917 to the end of the twentieth century. Focuses largely on the crews and their equipment, showing how that has evolved over the years. Includes coverage of both World Wars, Korea and the first Gulf War, as well as peace time operations
Read Full Review

The Forgotten War Against Napoleon - Conflict in the Mediterranean 1793-1815, Gareth Glover.
Covers the full range of British commitments in the Mediterranean theatre, from the early siege of Toulon through to the brief campaigns that accompanied Napoleon's return from exile in 1815. A well researched and readable account of more than twenty years of warfare that covered the full length of the Mediterranean, making it clear just how significant the British commitment was in this theatre
[read full review]

Tiger Tank, Marcus Cowper.
A fairly short, well balanced account of the Tiger I and Tiger II, looking at their development, technical descriptions and examples from their combat record, as well as looking at some of their main opponents - the Firefly and IS-2. Focuses on a selected series of individual tank battles to examine the combat performance of the Tiger - Tiger I vs Sherman Firefly in the west and Tiger II vs IS-2 in the east
[read full review]

Railway Guns – British and German Guns at War, John Goodwin.
After a rather rushed introduction, really gets into its stride when discussing British railway guns in the south-east during the Second World War, looking at the demands they made on the rail network, how the individual guns were operated, where they were located, what their targets were, and many of the occasions on which they fired. Supported throughout by an impressive collection of photographs covering the full range of the topic
[read full review]


USS Gamble (DD-123), c.1920 - History

A Massively Collaborative Open U.S. History Textbook

  • Indigenous America 1
  • Colliding Cultures 2
  • British North America 3
  • Colonial Society 4
  • The American Revolution 5
  • A New Nation 6
  • The Early Republic 7
  • The Market Revolution 8
  • Democracy in America 9
  • Religion and Reform 10
  • The Cotton Revolution 11
  • Manifest Destiny 12
  • The Sectional Crisis 13
  • The Civil War 14
  • Reconstruction 15
  • Capital and Labor 16
  • The West 17
  • Life in Industrial America 18
  • American Empire 19
  • The Progressive Era 20
  • World War I & Its Aftermath 21
  • The New Era 22
  • The Great Depression 23
  • World War II 24
  • The Cold War 25
  • The Affluent Society 26
  • The Sixties 27
  • The Unraveling 28
  • The Triumph of the Right 29
  • The Recent Past 30

Yawp yôp n: 1: a raucous noise 2: rough vigorous language
"I sound my barbaric yawp over the roofs of the world." Walt Whitman, 1855.


Partitions of Poland

私たちの編集者はあなたが提出したものをレビューし、記事を改訂するかどうかを決定します。

Partitions of Poland, (1772, 1793, 1795), three territorial divisions of Poland, perpetrated by Russia, Prussia, and Austria, by which Poland’s size was progressively reduced until, after the final partition, the state of Poland ceased to exist.

The First Partition occurred after Russia became involved in a war against the Ottoman Turks (1768) and won such impressive victories, particularly in the Danubian principalities, that Austria became alarmed and threatened to enter the war against Russia. Frederick II (the Great) of Prussia, however, in order to avoid an escalation of the Russo-Turkish War, determined to calm Austro-Russian relations by shifting the direction of Russia’s expansion from the Turkish provinces to Poland, which not only had a structurally weak government but also, since 1768, had been devastated by a civil war and by Russian intervention and was, therefore, incapable of resisting territorial seizures.

On August 5, 1772, Russia, Prussia, and Austria signed a treaty that partitioned Poland. Ratified by the Polish Sejm (legislature) on September 30, 1773, the agreement deprived Poland of approximately half of its population and almost one-third (about 81,500 square miles [211,000 square km]) of its land area. Russia received all the Polish territory east of the line formed roughly by the Dvina and Dnieper rivers. Prussia gained the economically valuable province of Royal Prussia, excluding the cities of Gdańsk (Danzig) and Toruń, and also gained the northern portion of the region of Great Poland (Wielkopolska). Austria acquired the regions of Little Poland (Małopolska) south of the Vistula River, western Podolia, and the area that subsequently became known as Galicia.

Almost 20 years later Poland, which had made efforts to strengthen itself through internal reforms, adopted a new, liberal constitution (May 3, 1791). That action, however, resulted in the formation of the conservative Confederation of Targowica (May 14, 1792), which asked Russia to intervene to restore the former Polish constitution. Not only did Russia accept the confederates’ invitation, but Prussia also sent troops into Poland, and on January 23, 1793, the two powers agreed upon the Second Partition of Poland. Confirmed in August and September 1793 by the Polish Sejm—surrounded by Russian troops—the Second Partition transferred to Russia the major remnant of Lithuanian Belorussia and the western Ukraine, including Podolia and part of Volhynia, and allowed Prussia to absorb the cities of Gdańsk and Toruń as well as Great Poland and part of Mazovia. The Second Partition accounted for an area of about 115,000 square miles (300,000 square km).

In response to the Second Partition, the Polish officer Tadeusz Kościuszko led a national uprising (March–November 1794). Russia and Prussia intervened to suppress the insurgents, and on October 24, 1795, they concluded an agreement with Austria that divided the remnants of Poland (about 83,000 square miles [215,000 square km]) between themselves. By the Third Partition of Poland, which was not finally settled until January 26, 1797, Russia incorporated Courland, all Lithuanian territory east of the Neman (Nieman) River, and the rest of the Volhynian Ukraine Prussia acquired the remainder of Mazovia, including Warsaw, and a section of Lithuania west of the Neman and Austria took the remaining section of Little Poland, from Kraków northeastward to the arc of the Northern Bug River.

Those territorial divisions were altered in 1807, when the emperor Napoleon of France created the duchy of Warsaw out of the central provinces of Prussian Poland, and in 1815, when the Congress of Vienna created the Congress Kingdom of Poland. However, the main result of the partitions—i.e., the elimination of the sovereign state of Poland—was in effect until after World War I, when the Polish republic was finally restored (November 11, 1918).

この記事は、リファレンスコンテンツの編集長であるAdamAugustynによって最近改訂および更新されました。


Vaudeville

In the early 20th century, vaudeville variety shows moved to the entertainment forefront, and tap dancers such as Greenlee and Drayton, Pat Rooney, Sr., and George White traveled the country. A number of family acts formed, including that of the future Broadway actor, producer, and songwriter George M. Cohan, who with his sister, mother, and father formed the Four Cohans. The Covan brothers together with their wives formed the Four Covans, one of the most sensational fast tap acts ever. The comedian and dancer Eddie Foy, Sr., appeared with his seven tap-dancing children, the Seven Little Foys. By the late 1910s, more than 300 theatres around the country hosted vaudeville acts.

According to the producer Leonard Reed, throughout the 1920s “there wasn’t a show that didn’t feature tap dancing. If you couldn’t dance, you couldn’t get a job!” Nightclubs, vaudeville, and musicals all featured tap dancers, whose names often appeared on the many marquees that illuminated New York’s Broadway. Stars of the day, including Fred Astaire and his sister, Adele, brought yet more light to the “Great White Way” with their elegant dancing. Bill Robinson, known for dancing on the balls of his feet (the toe taps) and for his exquisite “stair dance,” was the first Black tap dancer to break through the Broadway colour line, becoming one the best-loved and highest-paid performers of his day.

Because this was an era when tap dancing was a common skill among performers, a tap dancer had to create something unique to be noticed. The Berry Brothers’ act, for example, included rhythmic, synchronized cane twirling and dazzling acrobatics. Cook and Brown had one of the finest knockabout acts. King, King, and King danced in convict outfits, chained together doing close-to-the-floor fast tap work. Buster West tap-danced in “slap shoes”—oversized clown-style shoes that, because of their extended length, slapped audibly on the floor during a routine—and did break dancing decades before it had a name. Will Mahoney tap-danced on a giant xylophone.

The “challenge”—in which tap dancers challenged one another to a dancing “duel”—had been a major part of the tap dancer’s education from the beginning. It filtered into many theatrical acts. Possibly the finest exponents of the challenge were the Four Step Brothers, whose act consisted of furious, flying steps, then a moment when each attempted to top the others.

From the outset, tap dancers have stretched the art form, dancing to a wide variety of music and improvising new styles. Among these innovative styles were flash (dance movements that incorporated acrobatics and were often used to finish a dance) novelty (the incorporation into a routine of specialty props, such as jump ropes, suitcases, and stairs) eccentric, legomania, and comedy (each of which used the body in eccentric and comic ways to fool the eye and characteristically involved wild and wiggly leg movements) swing tap, also known as classical tap (combining the upper body movement found in 20th-century ballet and jazz with percussive, syncopated footwork, a style used extensively in the movies) class (precision dancing performed by impeccably dressed dancers) military (the use of military marching and drum rhythms) and rhythm, close floor, and paddle and roll (each of which emphasized footwork using heel and toe taps, typically of a rapid and rhythmic nature).

For each one of these styles there were hundreds of dancers creating a unique version. John Bubbles, for instance, went down in history as the “Father of Rhythm Tap.” Though he may not have been the very first tap dancer to use the heel tap to push rhythm from the 1920s jazz beat to the 1930s swing beat, he certainly was the most influential generations of dancers learned his style. Three young dancers from Philadelphia—the Condos Brothers (Frank, Nick, and Steve)—became legendary among dancers for their exceptionally fast, rhythmic footwork few tap dancers ever achieved Nick’s mastery of a difficult move he is credited with inventing known as the five-tap wing. Of the eccentric and legomania dancers, Buddy Ebsen, Henry (“Rubber Legs”) Williams, and Hal Leroy stand out. A unique style was invented by one of tap’s greatest dancers, Clayton (“Peg Leg”) Bates. After losing his leg at age 12, he reinvented tap to fit his own specifications—a peg and a shoe with two taps.


ビデオを見る: WW 2 German Colorized Newsreel, Die Deutsche Wochenchau: Battle for Caen, July 1944 1080p