スイスはなぜ中立国なのですか?

スイスはなぜ中立国なのですか?



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

何世紀にもわたって、スイスの小さなアルプスの国は、世界情勢における武装中立の政策を固守してきました。スイスは世界で唯一の中立国ではありません。アイルランド、オーストリア、コスタリカなどはすべて同様の非介入的立場を取っていますが、依然として最も古く、最も尊敬されています。それはどのようにして世界政治において独自の地位を獲得したのでしょうか?

スイスの中立性に向けた最も早い動きは、マリニャーノの戦いでスイス連邦がフランスに壊滅的な損失を被った1515年までです。敗北後、南軍はその拡張主義的政策を放棄し、自己保存のために将来の紛争を回避しようとした。しかし、中立国としてのスイスの地位を真に封印したのはナポレオン戦争でした。スイスは1798年にフランスに侵略され、後にナポレオンボナパルト帝国の衛星を作り、中立性を損なうことを余儀なくされました。しかし、ナポレオンがウォータールーで敗北した後、ヨーロッパの主要国は、中立のスイスがフランスとオーストリアの間の貴重な緩衝地帯として機能し、地域の安定に貢献すると結論付けました。 1815年のウィーン会議で、彼らは国際社会におけるスイスの「永続的な中立性」を確認する宣言に署名しました。

スイスは第一次世界大戦中、軍隊を動員して難民を受け入れたが、軍事的に側に立つことを拒否したとき、公平な立場を維持した。一方、1920年には、新たに結成された国際連盟がスイスの中立性を公式に認め、ジュネーブに本部を設立しました。スイスの中立性へのより重要な挑戦は、第二次世界大戦中に、国が枢軸国に囲まれていることに気づいたときに起こりました。スイスは侵略の際の報復を約束することで独立を維持しましたが、ナチスドイツとの貿易を続けました。この決定は後に戦争が終わった後に物議を醸したことが証明されました。

第二次世界大戦以来、スイスは人道的イニシアチブを支援することにより国際問題においてより積極的な役割を果たしてきましたが、軍事問題に関しては依然として非常に中立的です。北大西洋条約機構(NATO)や欧州連合に加盟したことはなく、2002年に国連に加盟しただけです。長年の中立性にもかかわらず、国は依然として防衛目的で軍隊を維持しており、すべての男性からのパートタイムの兵役を必要としています。 18歳から34歳の間。


___スイスの歴史

もともとヘルヴェティイ族、またはヘルヴェティイ族のケルト人が住んでいた現代のスイスを構成する領土は、紀元前1世紀のガリア戦争中にローマの支配下に置かれ、紀元前4世紀まで属州のままでした。ローマの影響下で、人口は高いレベルの文明に達し、繁栄した商業を楽しんだ。ジュネーブ、バーゼル、チューリッヒなどの重要な都市は、ローマと北部の部族の間の交易動脈としても機能する軍用道路で結ばれていました。

ローマ帝国の衰退後、スイスは北と西からゲルマン族に侵略されました。スイス中部と北東部のアレマン人や、スイス西部​​を統治したブルグント人など、一部の部族がそこに定住しました。 800年に、国はシャルルマーニュ帝国の一部になりました。それは後に、神聖ローマ皇帝の支配下で、帝国の主権の対象となる小さな教会論的かつ一時的な所有物の形で通過しました。

13世紀初頭にアルプスを横断する新しい重要な南北交易路が開通したことで、帝国の統治者は、直接の帝国支配の下である程度の自治権を与えられた、遠く離れたスイスの山間の谷をより重要視し始めました。 1291年に神聖ローマ皇帝が亡くなった後、大衆の混乱が勃発することを恐れて、ウリ、シュヴィーツ、ウンターヴァルデンの支配家族は、公共の平和を維持し、自律的な行政および司法の支配を支持する相互支援を誓約する憲章に署名しました。憲章の署名の記念日(1291年8月1日)は、今日、スイスの建国記念日として祝われます。

1315年から1388年の間に、スイス連邦はハプスブルク家に3回の破滅的な敗北をもたらしました。ハプスブルク家は、地域支配への願望がスイスの民族自決と衝突しました。その期間中に、他の5つの地域(現代の用語ではカントン)がスイス連邦の元の3つの地域に加わりました。スイス連邦はその偉業に後押しされ、軍事的手段によって国境を拡大し続け、1499年に神聖ローマ帝国から正式に独立しました。1515年にミラノ近郊のフランス人とヴェネツィア人によってルーティングされ、拡張主義政策を放棄しました。その時までに、スイス連邦は、対象地域を管理する定期的に召集された食事療法を伴う13の地域の連合になりました。スイス傭兵は何世紀にもわたって他の軍隊で奉仕し続けました。教皇のスイス警備隊はこの伝統の名残です。

改革は、国のドイツとフランスの地域でそれぞれツヴィングリとカルバンのプロテスタント信者とカトリック教徒の間の分裂につながりました。 2世紀にわたる内戦にもかかわらず、共同主題地域への共通の関心により、スイス連邦は崩壊しませんでした。傭兵の往来と、主にプロテスタントのスイス人とそのカトリックの隣人との間の疎外により、スイス連邦は1648年にヴェストファーレン条約でスイスの中立性を正式に認めたヨーロッパ勢力の戦争から遠ざけられました。革命的なフランスに対する最初の連合の戦争、しかしそれにもかかわらず、ナポレオンは1797-98年に国の大部分に侵入し、併合し、緩い連合を中央統治された統一国家に置き換えました。

1815年のウィーン会議は、主権国家の古い連合を再建し、国際法における恒久的な武装中立のスイスの地位を祀った。 1848年、中央集権化された国民国家を求めるプロテスタントの自由主義者と古い秩序に固執するカトリックの保守派との間の短い内戦の後、スイスの州の大多数は、一部は米国憲法をモデルにした連邦州を選択しました。スイス憲法は、さまざまな市民の自由を確立し、敗北したカトリックの少数派をなだめるために州の自治を維持するために広範囲にわたる規定を設けました。スイス人は1874年に憲法を大幅に改正し、防衛、貿易、法的な問題に対する連邦政府の責任を確立し、国民投票による直接民主主義を導入しました。今日まで、州の自治と国民投票の民主主義はスイスの政体の商標であり続けています。

スイスは19世紀に急速に工業化し、1850年までにイギリスに次ぐヨーロッパで2番目に工業化された国になりました。第一次世界大戦中、ドイツ語、フランス語、イタリア語を話す地域の間で深刻な緊張が高まり、スイスは中立性を侵害するところまで近づきましたが、敵対行為から逃れることができました。 1918年のゼネストで最高潮に達した労働争議は戦間期を迎えましたが、1937年に雇用主と最大の労働組合は紛争を平和的に解決するための正式な合意を締結しました。第二次世界大戦中、スイスはファシスト勢力から大きな圧力を受けました。ファシスト勢力は、1940年にフランスが崩壊した後、国を完全に取り囲みました。一部の政治的および経済的指導者は宥和政策のムードを示したが、戦術的な適応と国を守るための実証的な準備の組み合わせは、スイスが無傷で生き残るのを助けた。

冷戦は中立スイスの役割を強化し、第二次世界大戦後の外交的孤立から抜け出す方法を国に提供しました。経済的には、スイスはアメリカ主導の西側の戦後秩序に統合されましたが、超国家的な組織に入るのは依然として消極的でした。スイスは、ジュネーブが国連のヨーロッパ本部のホストとなり、国が国連の専門機関の多くで積極的な役割を果たしたにもかかわらず、何十年もの間国連に参加しませんでした。スイスはまた、ヨーロッパ統合の努力に直面して、1963年まで欧州評議会に参加するのを待っていました。それはまだ欧州連合の外に残っています。代わりに、1960年にスイスは、政治連合を目指して努力しなかった欧州自由貿易連合の形成を支援しました。冷戦後、スイスは1992年にブレトンウッズ機関に加盟し、2002年についに国連加盟国になりました。


出典:パブリック・ディプロマシー・パブリック・アフェアーズ次官:背景注:スイス


第二次世界大戦中、スイスはどのようにして中立を維持しましたか?

アルプスに位置する小さくて美しい国であるスイスは、ナポレオン戦争を終結させた1815年のウィーン会議でヨーロッパの主要国が決定して以来、永続的な中立の状態にあります。スイスは中立の状態を利用して、長い間戦争から撤退し続けてきました。

しかし、第二次世界大戦が勃発したにもかかわらず、スイスはどのようにして中立を維持することができたのでしょうか。

連合国と枢軸国から国を安全に保つために、スイスは「武装中立」と呼ばれる戦略を使用しました。これは、国のフロンティア内で孤立するためにかなりの軍隊を維持し、外国の侵入から防衛できるようにすることを要求しました。

それでも、第二次世界大戦中、国は完全に軍事活動がなかったわけではありませんでした。戦争が始まって間もなく、スイス政府はわずか3日で全軍を動員しました。 12,000人の女性を含む43万人以上の戦闘部隊と21万人の支援部隊が動員された。

第二次世界大戦中のアルプスでのスイス国境警備隊。

ドイツ人とイタリア人はスイスを侵略するための詳細な計画を持っていましたが、計画は決して制定されず、タネンバウム作戦はキャンセルされました。

スイスはその戦略を、すべての国境を守ることから、アルプスの間に軍隊を集中させることへと変えました。これは国家要塞と呼ばれる計画です。この計画は、スイス軍が人口密集地域の管理を放棄し、主要な交通機関に焦点を当てることに基づいて機能しました。

国家要塞の防衛線の計画写真:Senna CC BY-SA 3.0

その軍隊の高い動員にもかかわらず、スイスは双方のためのスパイキャンプとして機能しました。 1942年、米国はベルン市に戦略情報局を設立しました。事務局は、イタリアおよびコルシカ島とサルデーニャ島における連合国のサレルノ侵攻のための戦術計画の策定を支援しました。

国は中立状態にあり、中立交渉を拒否したが、連合国と枢軸国の両方が戦争中にスイスの領土保全に違反した。

スイスBf109 E-3a

たとえば、ドイツのフランス侵攻中に、スイスの領空は190回以上侵略されました。 1940年5月10日から6月17日までの間にスイスが少なくとも12機のドイツ空軍の航空機を撃墜しようとしたときにいくつかの事件が発生しました。

スイスは、空域違反の可能性がある後、ドイツの航空機をスイスの飛行場に着陸させるという賢明な戦略を採用しました。これは、ヒトラーが彼の軍隊に干渉しないように彼らに警告した後も続いた。

ゴッタルド地域のルチェンドロダムにあるカモフラージュされた大砲。口径は105mmで、最大射程は17 km(11マイル)です。写真:ClémentDominikCCBY-SA 3.0

一方、ドイツ空軍の司令官ヘルマン・ゲーリングは、スイスの飛行場を破壊するために妨害工作員を派遣しましたが、彼らは損害を与える前に捕らえられました。

連合軍がスイスの空域を破壊したときにも同様の事件が発生し、スイスの領土上空を飛行中に合計36人のアメリカ人とイギリス人の空軍兵が殺害されました。

ズファースのカモフラージュされた歩兵要塞(左に機関銃の要塞、右に対戦車砲、住宅、地下の接続トンネル)写真:Kreteglobi CC BY-SA 4.0

1942年10月1日、最初のアメリカ爆撃機がスイス軍に撃墜されました。乗組員のうち3人だけが生き残った。さらに、スイスに捕らえられた多くの連合軍が収容され、100機以上の連合国の航空機が終戦までスイス国内に収容されました。 940人のアメリカ人だけがフランスに逃げようとしました。

1944年、米国の代表は、空域の侵害はベルリンへの爆撃中の航行エラーが原因である可能性が高いと主張しました。

スイスの町の爆撃に関するOSSディレクターのウィリアムJ.ドノバンからの手紙。

さらに、スイスはドイツとの貿易関係を積極的に維持し、ドイツが小国に侵入するのを防いでいます。 1944年4月1日、これにより連合軍がシャフハウゼンの町を爆撃し、40人が死亡し、ドイツに輸出される部品を製造するいくつかの工場を含む50以上の建物が破壊されました。

連合国は攻撃は間違いであると主張し、176マイル(284 km)離れたルートヴィヒスハーフェンアムラインの町を攻撃するつもりであったことを明らかにした。それにもかかわらず、この攻撃により、スイスは領空違反とアメリカの航空機に対する許可された攻撃に対してゼロトレランスポリシーに切り替えるようになりました。

第二次世界大戦MGバンカーA5841ザンクトマルグレーテン。スイスとオーストリアの間の鉄道橋のエリアにあり、国境の要塞の一部でした。写真:Kecko CC BY 2.0

枢軸国と連合国の両方がスイスに反対側との貿易を行わないよう圧力をかけたにもかかわらず、スイスはドイツとの貿易を続け、彼らの侵略を思いとどまらせた。その間に、スイスはより裕福になり、スイスフランと引き換えにドイツ帝国銀行から13億フラン相当の金がスイスに売却されました。

スイスは軍隊を動員し、厳格な中立政策を維持し、外国の不法侵入に対して積極的に防御し、ドイツと取引することで、第二次世界大戦がヨーロッパ大陸の多くにもたらした荒廃から逃れることができました。


…そして2007年に再び

2007年3月1日。スイス軍の新兵のグループがスイスとリヒテンシュタインの国境を巡視しています。彼らにとって残念なことに、いくつかの悪天候が始まり、彼らは真夜中に道に迷い、誤って国境を越えて隣の公国につまずきました。ちなみに、リヒテンシュタインには独自の軍隊がないので、170人の武装した男たちが望むなら小さな国を倒したかもしれません。この小さな「侵略」は国境の両側で大騒ぎをほとんどまたはまったく引き起こさず、実際、リヒテンシュタイン人は事件に気づいていませんでした(「これらのことが起こる」は、スイス人が偶然に所有したときの政府のさりげない対応でした翌日の侵入)。しかし、それでも、その有名なスイスの中立性に対する黒い汚れとして数えられます。


スイスは本当にどれほど中立ですか?

最近中立になるのは簡単ではありません。世界的な政治の高まりで一国主義が高まっているため、スイスは中立性を解釈することがより困難になっています。ますます二極化する世界では、スイスの政治的決定は、どちらかのパートナーを混乱させるリスクがあります。

このコンテンツは、2021年1月28日-13:52に公開されました。2021年1月28日-13:52 Kathrin Ammann

  • Deutsch(de)Wie neutral ist die Schweiz wirklich? (オリジナル)
  • スペイン語(es)¿Enquémedidaesneutral Suiza?
  • ポルトガル語(pt)Suíçaérealmenteneutra?
  • 中文(zh)瑞士到底有多中立?
  • عربي(ar)إلىأيمدىتبدوسويسرامُحايدةفعلاً?
  • Français(fr)Àquelpointla Suisse est-elle vraiment neutre?
  • Pусский(ru)НасколькоШвейцариянейтральнанасамомделе?
  • 日本語(ja)スイスはの国立なのか?
  • イタリア語(it)Quantoèneutraledavverola Svizzera?

外交政策の手段としての中立性は、国民の意識にしっかりと根付いているので、議論の余地がないように思われます。それは外交官に彼らの目標を追求するために操縦するのに十分な余地を与えます。

スイスが中立になった日

このコンテンツは2015年3月20日に公開されました。2015年3月20日現代のスイスと非常に強く関連する中立性は、200年前の大国がウィーンで会合したときに始まった会議です。

ベルンのスイス平和研究所の所長であるローラン・ゲッチェル氏は、2018年のスイスの公共テレビSRFとのインタビューで、これまでスイスは中立の立場から恩恵を受けてきました。 。

しかし、問題は、スイス人が操縦するためにこの部屋をどれだけ長く保持できるかということです。スイスは、ワシントンまたは北京、ブリュッセルまたはモスクワ、テヘランまたはリヤドと取引を行う必要がありますか?これらの決定は、技術の輸入や貿易協定などの問題でより頻繁に発生しますが、貿易相手国を選択する際の普遍的な価値と国際法の重要性に関しても発生します。

中国訪問はスイスの中立性の亀裂を明らかにする

このコンテンツは2019年4月30日に公開されました。2019年4月30日スイスのウエリマウラー大統領が最近中国を訪問したことは、現在の地政学的現実に直面したスイスの中立性の複雑さを示しています。

一例は、米国と中国の間の長年の貿易紛争です。スイスは、米国との自由貿易協定に署名すると同時に、北京との既存の貿易協定の更新も目指しています。

欧州連合との関係を明確にするためのスイスの取り組みもその一例です。 EUは、スイスがロシアに対するEU制裁を採用することを躊躇することに対して寛容ではない可能性があります。

サウジアラビアのジャーナリスト、ジャマル・カショギに関しても、この国は困難な決定に直面しました。スイスは、彼の殺人事件の調査を要求し、サウジアラビアにそれを支持するよう求めるEU共同声明をオプトアウトしました。

報道の自由はスイスの外交政策のテストケースになる

このコンテンツは2019年9月11日に公開されました。2019年9月11日スイスや他の国々がフリープレスを強化するための多国間努力を後押ししているため、NGOは具体的な行動が続くかどうかを見守っています。

スイスの政治指導者はこれらのジレンマをどのように乗り越えていますか? 「このますます二極化する世界では、スイスはそれが何を望んでいるのかを正確に知る必要があります」と外相イニャツィオ・カシスは最近ツイートしました。

中立の定義は国内の政界で論争されています。外交政策のビジョンに応じて、政治家はこの用語を異なる方法で解釈します。左翼の政治家は、スイスが問題に立ち向かうことを可能にする中立の積極的な政策を推進する傾向があります。対照的に、右翼政党はしばしば中立を非干渉と抑制と同一視します。

スイスの国連安全保障理事会への入札はどうなりますか?

このコンテンツは2019年6月20日に公開されました2019年6月20日スイスは2023-24年に国連安全保障理事会の議席を望んでいますが、現在、中立を理由に反対する国会議員が増えています。

調査によると、中立性はスイス国民にとって非常に重要です。 2018年の調査では、スイスの95%が中立性の維持に賛成していることがわかりました。また、過去20年間で、スイスは中立性のより厳密な解釈をますます求めてきたことも示しています。

武装中立

このコンテンツは2016年11月29日に公開されました2016年11月29日スイスと中立は同義語ですが、それはスイスに軍事力がないことを意味するものではありません。

公式には、スイスの中立性は依然として誰とでも交渉する能力であると考えられています。しかし、連邦評議員のウエリ・マウラーは、「これは、必ずしもすべての点で常に同意することを意味するわけではない」と明言した。

スイス大統領は「独裁的な世界ツアー2019」を続けています

このコンテンツは、2019年11月21日に公開されました。2019年11月21日、ウエリ・マウラーはモスクワでロシアのウラジーミル・プーチンと出会います。眉をひそめたのは今年で4回目の海外訪問。

スイスは国連安全保障理事会の常任理事国入りを望んでおり、スイスの中立性に関する議論は再び勢いを増しています。

小さすぎて成功しませんか?スイスの国連安全保障理事会への立候補

このコンテンツは2020年9月27日に公開されました。2020年9月27日国連に加盟してから20年後、スイスは安全保障理事会の議席に目を向けています。

本の中で、元スイス外務大臣のミシュリン・カルミー・レイは、立候補が中立性と両立すると彼女が信じている理由を説明しています。

中立性は「巨大な課題」に直面している、と元スイス外相は警告している

このコンテンツは2021年1月28日に公開されました。2021年1月28日ミシュリンカルミーレイは現代の中立のビジョンを擁護しています。


スイスはなぜ中立国なのですか? - 歴史

テイラーモリソン
寄稿者

小さくて中立的なスイスは、歴史的に多言語の国です。 「3つの州間の防衛同盟」として1291年に設立されたこの国は、現在26の小さな行政州で構成されており、そのすべてに独自のアイデンティティと文化があります。州は互いに異なるため、現在のスイスが非常に多様であり、すべてがさまざまな言語を話す多数の民族グループで構成されていることは当然のことです。この大きな多様性にもかかわらず、スイスは公用語であるドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語を通じて国民のアイデンティティを定義し、維持することができました。これらの4つの言語は、国内で最大の4つの民族グループを直接反映しています。ただし、スイスの多言語主義はさらに拡大しており、スイスの居住人口の20%近くが外国人であり、スイス政府が正式に指定した4つの言語以外の多くの言語を話します。このような広範な多様性と世界中での英語の着実な増加を考えると、スイスはどのように多言語主義を維持してきましたか、そしてその中での英語の役割は何ですか?

スイスの多言語主義は、人口間の文化的相互作用と、地域が言語や教育などの政策を管理できるガバナンスの発展したシステムによって維持されていると私は主張します。これにより、異なる文化やアイデンティティを維持することができますが、英語は、世界中で人気が高まるにつれて、スイスの既存の多言語構造を脅かしています。

スイスは、カントンと呼ばれるさまざまな地域で構成される連邦です。連邦主義の結果として、特定の権限は連邦政府に割り当てられ、他の権限は地方に割り当てられます。ほとんどの場合、政策決定権はカントンに委譲されています。これは言語と教育政策の場合です。これらの権限は地方自治体に委任されているため、連邦法に準拠している限り、慣行は地域ごとに異なる可能性があります。[1]この権限委譲から生じるのは、「縄張り意識」の原則です。

スイス憲法第70条によると:

「カントンは公用語を指定するものとします。言語コミュニティ間の調和を維持するために、彼らは言語の伝統的な領土分布を尊重し、先住民の言語的マイノリティを考慮に入れるものとします。」[2]

さらに、「連邦とカントンは言語コミュニティ間の理解と交換を促進する」と述べています。[3]したがって、地方レベルへの政策決定権の委譲は、国の文化的多様性を維持するためだけでなく、使用されます。また、スイスの人々の間の相互作用を統治し、促進すること。

スイスの多言語主義をユニークなものにしているのは、ほとんどの多言語社会に見られる共通の特徴、つまり言語の混合やコードスイッチングが欠けていることです。 Jesse Levittは、これは各言語に「定義された境界」があるためだと指摘しています。各公用語には独自の役割があります。たとえば、「すべての連邦法はドイツ語、フランス語、イタリア語で公開されています」、連邦議会はフランス語を使用し、「ロマンシュ語は通常ドイツ語を使用します」と正式な状況で使用されます。[4]この領土の原則では、カントンごとに1つの公用語しか使用できません。ほとんどのカントンの公用語は言語の境界に沿っているため、多くの場合、現地の言語ですが、バイリンガルまたはトリリンガルのカントンもいくつかあります。[5]

教育政策も同様に、指導言語がカントンによって決定されるという点で、言語的領域の原則によって導かれています。カントンは学校で1つの言語を使用することを決定しましたが、スイスの他の公用語でコースを提供することにより、この地域で多言語主義を維持しています。[6]ダニエル・ストッツは、スイスでは「公教育は優れた多言語市民権を目的として委託されている」ことを明確にしています。[7]多言語主義を維持するための追加のサポートとして、スイスは市民の母国語での学校教育に重点を置いています。この段階的な没頭により、慣れ親しんだ言語で情報を処理しやすくなり、他の言語を学習するための強力な基盤が提供されます。[8]言語の知識を赤字ではなく資産と見なすというスイスのアプローチは、「明確な境界」と言語の領域性にもかかわらず、多言語主義を維持してきました。

異文化間の相互作用もスイスの多言語主義を維持しています。すべてのカントンが公式に単一言語であるわけではなく、そうであるカントンでさえ、移行を通じて他の言語にさらされています。人々は自由に移動でき、言語による制限はありません。これは、場合によっては、人が公用語を話す必要がないカントンに移動することを意味します。ジェシー・レビットはこれを説明し、スイス市民がドイツ語圏からフランス語圏に移動する傾向を引用し、ドイツ人移民がフランス語を第二言語または第三言語として学ぶ必要があると述べています。[9]多言語主義は、カントンからカントンへの移動だけでなく、他の国からの移住によっても維持されています。外国人はスイスの居住者人口の約20%を占めており、統計によると、これらの居住者のうち9%がスイスの4つの公式言語のうちの1つ以外の言語を使用しています。[10]これは、一部の生徒が母国語で教育を受けていないことを意味しますが(特に、母国語が4つの公用語のいずれでもない場合)、一部の生徒は、スイスが学校の主要言語への同じアクセスを提供していると信じています。共通の教育が社会的結束を促進すること。[11]

英語は、スイスの長年の多言語主義に新たな脅威をもたらします。それは国の歴史的な保持を欠いているが、徐々に普遍的なコミュニケーションのための「共通語」になりつつある。[12]今日、世界には「ネイティブの3倍の非ネイティブ英語ユーザーがいる」と推定されています。英語を母国語としない人が多いにもかかわらず、英国評議会の調査によると、「2015年までに世界で20億人が英語を勉強するようになるでしょう。」[13]スイスでは、「英語は学界で広く使用されています。行政と大企業」であり、国が英語を第5公用語として採用することへの支持が高まっている。[14]スイス国立科学財団はこのアイデアの主要な支持者であり、「英語を知ることは行政がすべての市民、海外および国内に住む人々とコミュニケーションするのに役立つだろう」と述べています。[15]より多くのスイス市民が州間を移動し、より多くの外国人がスイスに移動するにつれて、4つの公用語のいずれかでのコミュニケーションが困難になる可能性があり、英語が国の統一力になる可能性があることは明らかです。ただし、使用の長い歴史はなく、スイスの伝統を表すものでもありません。それは、何百年もの間国に存在していた多言語主義を支持するのではなく、単一言語主義を支持してバランスを変えることを脅かしています。

英語の存在感の高まりは、教育の中で明らかです。前に述べたように、カントンは学校の指導言語を選択し、他の国語を第二言語の科目として確立します。英語はスイスの4つの公用語の1つではありませんが、ドイツ語とフランス語(2つの最も一般的に使用される公用語)のように、学習のオプションとして提供されています。[16]実際、英語の方が人気があります。チューリッヒでの学生調査によると、「フランス語を第2外国語として、英語を第3外国語として学んだ、ドイツ語を話す7年生と8年生の3,966人のうち、大多数はフランス語よりも英語の学習に興味を持っています。どちらかを選択できる場合は、フランス語よりも英語を好む。」[17]

スイス放送協会などの主要な放送メディアはドイツ語、フランス語、イタリア語でのみ放送を続けているため、現在のところ、英語の影響は主に学校に含まれています。しかし、世論も英語へのシフトを示しているようです。 GrinとKorthは、スイスの世論は、「教育システムのすべての子供たちが英語へのアクセスを開発することに圧倒的に賛成している一方で、カリキュラムにおいて各国語が持つべき立場をめぐって引き裂かれていることを発見しました。 [18]これらの調査結果は、英語の使用がスイスの公用語の使用を超える可能性がある未来を予見し、英語に傾倒している社会を示しています。

スイスは歴史的に多言語を話す国であり、ほとんどの場合、文化の多様性を維持している政府の形態を持っています。しかし、グローバリゼーションは英語の台頭につながり、それは現在、国の言語と教育政策に影響を与えています。スイスの今後の課題は、長年の多言語主義を損なうことなく、英語を強化する方法で英語を統合することです。


  • 正式名称:スイス連邦
  • 人口:8,292,809人
  • 首都:ベルン
  • 面積:15,940平方マイル(41,284平方キロメートル)
  • 公用語:ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語
  • お金:スイスフラン
  • 主要な山脈:ジュラ、アルプス
  • 主要な川:ローヌ、ライン

地理

スイスは中央ヨーロッパにある小さな山岳国です。この内陸国はニュージャージーとほぼ同じ大きさで、フランスとイタリアの間にあります。また、オーストリア、ドイツ、リヒテンシュタインと国境を接しています。

人口のほとんどは、南の高アルプスと北のジュラ山脈の間にある高原に住んでいます。南の山岳地帯は人口がまばらです。

ナショナルジオグラフィックマップによって作成された地図

人々と文化

スイスは世界で最も裕福な国の1つです。スイス人は時計と時計でよく知られています。

スイスには単一の公用語はありません。人々はスイスドイツ語、フランス語、イタリア語を含むいくつかの言語の1つを話します。

自然

スイスアルプスは雪に覆われた高い山で、そのほとんどは13,000フィート(4,000メートル)を超えています。最も有名なピークは高さ14,692フィート(4,478メートル)のマッターホルンですが、最高ピークは15,203フィート(4,634メートル)のDufourspitzeです。

科学者たちは、スイスアルプスの氷河が過去40年間で多くの氷の被覆を失ったことを懸念しています。 This may be related to global climate change. Rapid melting of the glaciers could cause flooding to the villages below.

Most animals in Switzerland live in the mountains. The ibex, a species of mountain goat, was hunted to near extinction in the early 1800s. The species has since been reintroduced and more than 15,000 ibex now live in the Swiss Alps. Hikers may also encounter chamois, another goatlike animal, and marmots. The forests of Switzerland are also home to deer, rabbits, foxes, badgers, squirrels, and many bird species.


Switzerland History

Switzerland history is about as interesting as history gets. Like all of the countries in Europe, Switzerland has been home to human activity for more than 100,000 years. Many of the people who inhabited modern-day Switzerland in the early years didn't establish permanent settlements. As far as the first farming settlements are concerned, the earliest known examples date back to around 5300 BC. The first group to identifiably inhabit what is now Switzerland, however, were the Celts, who were moving east at the time. This occurred around 15 BC, which is also when the Roman ruler, Tiberius I, conquered the Alps. The Celts occupied the western part of Switzerland, while the eastern half became part of a Roman province that was named Raetia.

In terms of interesting facts about Switzerland, it is worth noting that the Romans conquered the various tribes that had taken up residence in the country in and around 15 BC. The Roman colonization of Swiss lands would last up until 455 AD, which is when the Barbarians decided to invade. Not long after the Barbarians conquered the Romans, the Christians would move in. During the sixth, seventh, and eighth centuries, the Swiss territory became part of the Frankish Empire. It was none other than Charlemagne who eventually conquered the various cantons in Switzerland, and he did so in 843. The Swiss lands would be divided until 1,000 AD, which is the year that they joined the Holy Roman Empire and became unified.

There aren't a lot of historical attractions that date back to the Roman days in Switzerland, though visitors can visit some interesting ruins that offer insight into early Swiss history. Near the city of Basel, some of the most interesting Roman ruins can be found. This site, which is known as Augusta Raurica, is only about seven miles from the city, and among its highlights are some fascinating ruins and an excellent museum. Two other attractions that offer insight into the storied history of Switzerland are the Grossmunster Cathedral and the Fraumunster Church, both of which can be found in Zurich. These cathedrals have been renovated and partially rebuilt since their creation, though they originally date back to the days when Switzerland was little more than a chess piece in the strategic game of European domination.

Switzerland Map

Looking at the historical facts about Switzerland, how often this country changed hands starts to stand out. The lands that we know as Switzerland today fell into the hands of the Houses of Savoy and the Hapsburgs, among other ruling factions. By the end of the thirteenth century, however, the seed of independence was sewn. In the year 1291, some of the cantons in Switzerland formed an alliance, which was the impetus for the push towards sovereignty. After breaking from the Holy Roman Empire in 1439, the Perpetual Alliance, as this alliance of cantons was known, signed a treaty with France that proved to cause some significant turmoil within the Swiss borders. In the early sixteenth century, what amounts to a civil war of sorts broke out in Switzerland due to some of the agreements between the alliance and France. One of the more interesting dates in Swiss history is 1516. This was the year that the alliance decided to declare their neutrality. To this day, Switzerland maintains a neutral stance in terms of world affairs. The country has not gone to war since 1815, and interestingly enough, it was one of the last countries to join the United Nations.

Before Switzerland joined the United Nations, it became a center for the Protestant Reformation, which led to numerous wars, such as the Battles of Villmergen, which took place in 1656 and 1712. In 1798, Switzerland was conquered by the French Revolution. The Swiss refused to fight alongside the French troops of Napolean once the Russian and Austrian forces arrived, however, and Swiss autonomy was reestablished shortly thereafter. The Congress of Vienna set the borders of Switzerland as they are known today in the year of 1814. This is one of the more interesting facts about Switzerland. One of the other more interesting years in Swiss history is 1848. This was the year that the country adopted its federal constitution, naming Bern as the capital in the process. The development of the country would begin not long afterward. In the late 1800s, tourism really started to take off in Switzerland, and the rest of the world started taking notice of how beautiful the country is. The Swiss Alps cover most of the country, and they are among the most picturesque mountains in the world.

Switzerland history is full of interesting facts, and one could study it for years if they were so inclined. For travelers, visiting some of the country's historical attractions is one of the best ways to embrace Swiss history. In Bern, two of the more interesting historical attractions include the Zytglogge and the Munster. The former is a medieval clock tower that features moving puppets and a fifteenth-century astronomical clock. As for the Munster, it is a fifteenth-century Gothic cathedral that is noted for its complete main portal, its soaring tower, and its valuable stained-glass windows. Another good way to gain insight into the history of Switzerland is to visit some museums while in the country. The Bern Historical Museum is a good place to learn about the capital, and most of the other cities and towns in the country offers their own history museums. Learning as much as possible about Swiss history before visiting the country is a good idea. It helps travelers better appreciate the attractions, the culture, and the people.


Switzerland Is A Great Economic Success. Why Don't More Countries Follow Its Example?

WHY ISN'T SWITZERLAND held up as an impressive economic model for other countries? Why does the IMF ignore its lessons of long-term success when recommending prescriptions to nations that get into trouble? Swiss growth rates, very dependent on exports, have been good despite the country's low-growth neighbors.

Bern, Switzerland, capital city of an economic powerhouse. (Getty)

--Taxes. Understanding investment's basic importance to progress, this Alpine nation imposes no capital gains tax. That's right: zero. Its value-added tax (VAT)--7.7%--is paltry by European standards, where punishing double-digit levies are the norm. The corporate tax rate averages 17.7%, better than the rates of most of its peers (the rate varies depending on which canton--the equivalent of a state or province--the company is located in the lowest is a mere 11.5%). The highest personal income tax rate (federal and local) ranges from 22% to 45%. The comparative range in the U.S. is 37% to over 50%.

Naturally, the IMF and all too many economists recommend burdening taxpayers even more.

--Currency. During the past 100 years, no other nation in the world has matched Switzerland for sound money.程遠い。 This utterly underappreciated virtue has been crucial to the country's superb economic performance. Capital creation and investment flourish best when a currency's value is fixed. Yet the IMF routinely tells troubled clients, such as Argentina, to let theirs "float," a euphemism for devaluation, to ostensibly spur exports. Left unexplained is how Switzerland has become an export powerhouse despite its supposedly overvalued franc.

The Swiss federal system--in which its 26 cantons have considerable autonomy--has enabled its German-, French- and Italian-speaking citizens to live peaceably and productively together for more than 800 years.

Steve Forbes is Chairman and Editor-in-Chief of Forbes Media. Steve’s newest project is the podcast “What’s Ahead,” where he engages the world’s top newsmakers,


Why did Switzerland and Austria choose to stay neutral during the cold war?

Switzerland has a history of neutrality going back to the 1500's after the Napoleonic Wars in 1815 Neutrality became the official and permanent official foreign policy, it has adhered to this ever since so taking sides in the 'Cold War' was effectively prohibited by its own constitution.

Austria's post war position was different, like Germany she was treated as a prime belligerent nation as she participated/cooperated on the side of Nazi Germany, and as such was jointly occupied, divided up and ruled by the four victorious nations like Germany was.

However when occupied Germany was returned back into a two state status, (West Germany formed May 1949, and East Germany formed 7 October 1949), Austria's position became an issue in the 'Cold War' due to it having been apart of Germany before the war, after it was annexed in 1938, but it was during the Moscow Conference in 1943, it was decided the annexation would be ignored, and would be treated as a separate country after the war.

The issue of its status however was quickly resolved mainly due to the warming of relations between the East and West during the Early 1950s and 60s, when the Soviet Union's 'Stalinist Foreign Policy' was dropped, and led to the Four Powers agreeing to create the modern state of Austria, but it would be a non-participant in the 'Cold War'. The Austrians were given full independence on the 15 May 1955, and its new government made a promise of "Perpetual Neutrality", much like that of the Swiss.

As a note, we can also see that these two countries have persisted with this neutrality, by not joining NATO -as did Sweden, Southern Ireland and Finland (despite Finland playing on Hitlers side a little bit, they in 1944 were able to establish peace with the USSR, and have kept neutrality in most conflicts today).