FDRがモンゴメリーワードの支配権を握る

FDRがモンゴメリーワードの支配権を握る



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1944年12月27日、第二次世界大戦が長引くと、フランクリンD.ルーズベルト大統領は陸軍長官にモンゴメリーワードの会社が労働協約の遵守を拒否したために所有する財産を押収するよう命じました。

重要な戦争支援産業でのストライキを回避するために、ルーズベルトは1942年に全国戦時労働委員会を設立しました。委員会は、戦争努力を損なう可能性のある生産の停止を回避するために、経営陣と労働者の間で和解を交渉しました。戦争中、有名な小売業者および製造業者であるモンゴメリーワードは、トラクターから自動車部品、労働者の衣類まで、すべてを連合国に供給しました。これらのアイテムは、弾丸や船と同様に戦争努力にとって重要であると見なされていました。しかし、モンゴメリーワードのシーウェルアベリー会長は、1943年から1944年の間に打ち出されたユナイテッドリテール、ホールセール、デパートユニオンとの3つの異なる団体交渉協定の条件に従うことを拒否しました。

1944年4月、シーウェルが2回目の取締役会の命令を拒否した後、ルーズベルトは陸軍州兵にシカゴの会社の主要工場を占拠するよう呼びかけました。シーウェル自身は州兵によって彼の事務所から追い出されなければならなかった。その年の12月までに、ルーズベルトはシーウェルの執拗さと政府の権威に対する軽蔑にうんざりしていました。 (超資本家のシーウェルのお気に入りの侮辱は、誰かを「新しいディーラー」と呼ぶことでした。ルーズベルトの大恐慌時代の政策への直接の言及です。)12月27日、ルーズベルトは戦争長官にニューヨークのモンゴメリーワードの工場と施設を押収するよう命じました。ミシガン、カリフォルニア、イリノイ、コロラド、オレゴン。

その日の発表の中で、ルーズベルトは、政府は「この重要な時間に戦争の生産への干渉を容認しない」と強調した。彼は労働組合と業界経営者に同様に厳しい警告を発した。「戦時中のストライキは、労働者による雇用主に対するストライキであろうと、雇用主による政府に対するストライキであろうと、容認できない」。 Sewellは連邦裁判所に戦いを挑んだが、敗北した。

20世紀のほとんどの間、1872年に設立されたモンゴメリーワードは、国内最大のデパートおよび通信販売の小売チェーンの1つとして君臨していました。ウォルマート、ターゲット、および同様のディスカウントストアとの激しい競争により、同社はカタログとインターネットでの存在感を維持しているものの、2000年にすべてのストアを閉鎖することを余儀なくされました。


FDRが1944年12月27日にモンゴメリーワードの支配権を握る

1944年のこの日、国が戦争の4年目に入ると、フランクリンルーズベルト大統領は、会社が労働協約の遵守を繰り返し拒否した後、陸軍長官ヘンリースティムソンにモンゴメリーワードのすべての財産を差し押さえるように命じました。

1942年、戦争努力を後押しする重要な産業でのストライキを回避するために、ルーズベルトは全国戦時労働委員会を設立し、経営者と労働者の間の和解を交渉しました。

1872年に設立され、その後国内で3番目に大きなデパートチェーンになる途中のモンゴメリーワードは、トラクター、自動車部品、作業服などの商品を連合国に供給しました。

計画立案者は、そのようなありふれたアイテムを戦車や飛行機として戦争を起訴するために不可欠であると見なしました。

しかし、モンゴメリーワードの会長であるシーウェルアベリー(1874-1955)は、ユナイテッドリテール、ホールセール、デパートユニオンとの3つの団体交渉協定の条件に従うことを拒否しました。

「政府と地獄へ!」エイブリーは1944年4月にフランシスビドル司法長官に怒鳴りました。彼は彼をなだめることを期待してシカゴに飛んでいました。 「私はあなたの忌まわしいアドバイスを望んでいません。」

ビドルは2人の国家警備隊員にエイブリーを彼のオフィスチェアから持ち上げて建物から運び出すように命じた。 "君は 。新しいディーラー!」エイブリーは怒鳴った。

ルーズベルトはエイブリーの頑固さにうんざりして、スティムソンにニューヨーク、ミシガン、カリフォルニア、イリノイ、コロラド、オレゴンにある同社の工場と施設を押収するよう命じました。

大統領は、「戦時中のストライキは、労働者による雇用主に対するストライキであろうと、雇用主による政府に対するストライキであろうと、容認することはできない」と述べた。

Sewellは連邦裁判所で訴訟を起こしましたが、敗訴しました。彼の死の少し前に、彼は3億2700万ドルの財産で引退しました。

2001年、売り上げの減少により、モンゴメリーワードは小売店を閉鎖し、かつて自慢していたカタログ業務を閉鎖しました。

現在、アイオワ州シーダーラピッズでオンラインおよびカタログベースの小売業者として運営されています。

最新のスクープを見逃していませんか? POLITICO Playbookにサインアップして、毎朝、受信トレイで最新ニュースを入手してください。


これがその日のあなたの歴史のレッスンです、そしてそれはぼんやりしています。デパートチェーンのモンゴメリーワードを覚えていますか?それはJCペニーとシアーズと同じクラスであり、ペニーとシアーズのように、20世紀には堅調なカタログビジネスを持っていました。カタログは1985年に終了し、店舗は2000年に閉店しました。これからお話しする事件は、1944年の第二次世界大戦中に発生しました。瞬間、私はそれがマルクス主義の戦術と動機に関するすべての要素をまとめていることに気づきました。

1943年初頭、モンゴメリーワードの従業員は、ジャマイカ、ニューヨーク、デトロイト、シカゴ、セントポールデンバー、サンラファエル、カリフォルニア、ポートランド、オレゴンの7つの都市でストライキを行いました。 (簡潔にするために、以降、モンゴメリーワードを&#8220Wards&#8221と呼びます。これは、人々が当時彼らを何気なく呼んでいたものです。)ワードは彼らの立場に立ち、組合の凶悪犯を認識したり降伏したりすることを拒否しました。これらの7つの場所で。

今これを入手してください。 1944年4月26日、フランクリンD.ルーズベルト大統領は米陸軍にシカゴのワードの本社を襲撃して押収するよう命じました。はい、あなたはそれを正しく読んでいます。 FDRはアメリカ人に対して軍隊をアメリカの地に配備し、物理的に捕らえられて彼らの財産を占領し、ウォーズの議長であるシーウェル・アベリーさえもアメリカ陸軍によって彼の事務所から強制的に追い出されました。その後、FDRは、商務長官のジェシー・ホルマン・ジョーンズを、ウォーズのシカゴ施設のマネージャーとして任命しました。 FDRは、最高司令官としての彼の権力とスミス-コナリー法に基づく彼の権威を引用することにより、この行動を正当化した。

戦争労働争議法とも呼ばれるスミス-コナリー法は1943年6月に可決されました。40万人の採炭者が続いた後、「緊急措置」(おなじみのように聞こえますか?)として宣伝され、議会で急いで突入しました。攻撃。なぜ鉱山労働者はストライキをしたのですか?当時経験していた高インフレのため、彼らはストライキを行った。 (おなじみのように聞こえますか?)彼らはインフレのペースを上げるために1日あたり2ドルの賃金引き上げを望んでいました。興味深いことに、FDRはスミス-コナリー法に拒否権を行使しましたが、議会は過半数を占め、FDRの拒否権を覆しました。これは私が最初にそれを読んだときに少し私を投げました、しかし私に説明させてください。スミス-コナリー法はFDRに大規模な独裁権を与えました。それで、なぜ彼はそれを拒否したのですか?光学。 FDRは彼が議会で過半数を占めていることを知っていたので、彼がそうであったマルクス主義の独裁的なオオカミではなく、無実の赤面した乙女のように見えるために、彼は拒否しました。議会は即座に拒否権を覆し、FDRは議会から彼に渡され、彼が誤って抗議したと主張した権力を自由に行使することができた。言い換えれば、&#8220ねえ、あなたは私にこの力を与えることを主張しました。今、私がそれを使うとき、あなたは文句を言うことができません。&#8221

ワードに戻る。 1944年の夏、全国労働関係委員会(よく知られている?ボーイング?サウスカロライナ?2011?)は再びワード組合を組織しようとしましたが、ワードはまだその地位を確立していました。その結果、FDRは、陸軍長官(現在は国防長官と呼ばれている)に、ウォードに組合への降伏を強制するために、全国のすべてのウォードの資産を押収するよう命じる大統領命令(おなじみのように聞こえますか?)を発行しました。この押収は控訴裁判所によって支持されました。冗談抜き。ストーリーがどのように終わったかを1分で説明します。

FDRによるスミス-コナリー法の専制的な使用についてもう1つの逸話があります。これは、双方に間違いがあったため複雑であり、実際にはFDRが組合に反対することを含んでいましたが、私たちはそれを乗り越える方法を考えます。 1944年、フィラデルフィア運輸会社が、黒人のポーターやその他の既存の従業員を昇進させて訓練することにより、列車やトロリーの熟練した職位、つまり運転士や指揮者を統合することを決定したため、フィラデルフィア運輸労働組合がストライキを行いました。トロリーの列車。この統合は、利他主義とキリスト教の兄弟愛の精神によってではなく、戦争のために労働力が不足したために促進されました。このため、白人のみの組合がストライキを行った。はい、みんなの動機は卑劣でした。しかし、問題の問題は国家の無法な専制政治であるため、FDRが何をしたかに焦点を当ててほしい。組合の真の人種差別は与えられています。そのホイールを再発明する必要はありません。

FDRは、当時の戦争長官であるハリーL.スティムソンにフィラデルフィア交通会社を押収するよう命じ、米陸軍少将のフィリップヘイズをCEOとして任命しました。そうです。 FDRは、不換紙幣によって民間企業を強制的に押収し、米軍に手渡した。組合がヘイズ将軍の条件に同意しなかったとき、ヘイズは5000人の軍隊を配備してPTC列車を占領し、走らせました。武装した兵士が列車に「セキュリティ」として乗っていました。ああ、でもそれはさらに悪化します! 1944年8月5日、ヘイズ将軍は、組合が8月7日の午前12:01までに職場に復帰しない限り、解雇され、18歳から37歳までのすべての兵役逃れを失うという命令を出しました。うん。彼はそれらをドラフトすると脅しましたが、それは第二次世界大戦中に殺されるリスクが非常に高かったのです。

FDRは、オバマまでのアメリカの歴史の中で最も危険な男性の1人でした。もしFDRが彼より10歳若くて生きていたら、彼は本格的な独裁者になったかもしれないと正直に思います。 FDRは、大統領としての4期目に就任したばかりで、1945年4月に亡くなりました。その後、ハリー・トルーマンが大統領になり、戦争の終結後、フーバー委員会を任命しました。フーバー委員会は、大統領を2期に制限する憲法修正第22条を直ちに勧告しました。トルーマンは、私たちがルーズベルトで弾丸をかわしたことを知っており、FDRのような暴君の王朝が二度と起こらないことを確認しました。モンゴメリーワードに関しては、トルーマンは1945年に大統領に就任した直後に、政府によるワードの押収を終了しました。トルーマンは、FDRが副大統領に選んだ民主党員であり、おそらく4期目を生き残ることはできないだろうと考えていました。ジョー・バイデンが大統領に昇格し(どのような状況でも)、すぐにオバマケアを廃止し、憲法改正につながる資格要件に関する委員会を呼び出すことを想像できますか?もちろん違います。どうして?ジョー・バイデンには個人的な誠実さがないからです。今日それらのどれもしません。そのなかで何も。彼らは、それらすべて、娼婦と精神病質者です。しかし、トルーマンは誠実さの断片を持っていて、ルーズベルトの傲慢な専制政治を逆転させました。それは別の時代、別の文化、そして文字通り別の国でした。米国は、ルーズベルトのマルクス主義のブランドを振り払って軌道に戻ることができました。なぜなら、政府のホールは、誠実さと道徳のバックストップを持った男性によってまだ歩いていたからです。そのバックストップはもはや存在しません、それが私たちがねじ込まれている理由です。

最後に、マルクス主義者が組合とどのように関係しているかについて簡単に説明します。組合は、マルクス主義の支配階級は「彼らの側にいる」と考えている。 。 。弾丸が実際に頭蓋骨に入るまで。マルクス主義は中産階級を軽蔑している。マルクス主義はすべて中産階級を破壊することです&#8211が、中産階級は実際には2つの別々の部分に分かれています。最初の部分は、私たちが「アッパーミドルクラス」と呼んでいるものです。フランス語の「&#8220bourgeois」(buzh-wah)という言葉を聞いたことがあるかもしれません。 &#8220bourgeois&#8221の名詞形は&#8220bourgeoisie&#8221(buzh-wah-ZEE)です。それはアッパーミドルクラスです。マルクス主義者は罪悪感を利用して、上位中産階級の間で自己嫌悪を誘発します。彼らの多く、特に神への強い信仰を持っていない人々は、神に惚れ込み、したがって本質的にマルクス主義のエリートに身を任せます。おなじみですか?

自己嫌悪のマルクス主義の情宣活動に陥らない上位中産階級の人々にとって、迫害と死はマルクス主義革命プロセスの早い段階で起こります。自己嫌悪は排除される2番目のグループです。エリート幹部の外の学者、聖職者、芸術家、事業主、政治家は、マルクス主義のエリートを支持したとしても、浄化プロセスの早い段階で殺されます。どうして?マルクス主義のエリートは、これらの人々が彼らの&#8220社会的正義&#8221の話のすべてが完全な蜂の巣であると理解すると、これらの人々は彼らをオンにして、彼らの詐欺を下位中産階級、または&#8220proletariat&#にさらすことができることを知っているので8221。したがって、マルクス主義のエリートはそのリスクを排除します。神の愛のために、ソビエト連邦の歴史を読んでください。レーニンとスターリンは結局、共産党を通って上昇したすべての人の近くでくそーを殺しました。彼らは、真実を知っていればマルクス主義のエリートに反抗するであろう苦しんでいるプロレタリアートに怒られることなく、退廃的なライフスタイルと詐欺を維持するために、絶えず上昇し、その後人々を殺害し続けなければなりませんでした。

プロレタリアート、または中流階級は少し異なります。革命プロセスの初めに、マルクス主義のエリートは、下位中産階級のブルーカラー労働者に大きく依存しています。彼らは労働者を動揺させて組織し、組合を結成します。ヨシフ・スターリンは組合の主催者でした。彼らは、下位中産階級と上位中産階級の間の階級の羨望をかき立てることによってこれを行います。 (おなじみのように聞こえますか?)すべての事業主は「貪欲な太った猫」としてキャストされます。 &#8220Equality&#8221と&#8220fairness&#8221は、雇用主に対して労働者を扇動するために使用される話題です。マルクス主義のエリートは、彼らが彼らに権力と忠誠を与え、マルクス主義革命を支持するだけであるならば、プロレタリアに「平等と公正」を約束します。しかし、それはすべて嘘です。マルクス主義のエリートたちは、プロレタリアートについてのがらくたを与えません。実際、彼らは彼らを軽蔑しています。彼らは彼らを、マルクス主義のエリートを権力に届けることを唯一の目的とする消耗品の動物と見なしている。革命が完了すると、プロレタリアートは貧しい下層階級に完全に統合され、もはや目的を果たしません。それらは目的を果たさないだけでなく、マルクス主義の寡頭制政府の大規模な流出である。彼らは食べて病気になり、資源を使います。彼らはまた、エリートたちがそれらを使用し、月を約束し、そして貧困、飢餓、そして病気をもたらしたことに気づいたときに不満を抱きます。権力を維持するために、マルクス主義者は暴力とテロに駆り立てられた警察国家の軍隊の下でプロレタリアートを押しつぶさなければなりません。

したがって、1943年から1945年までのFDRの暴君的行動には、組合とエリート主義の関係の動揺と抑制のサイクルの縮図が見られます。マルクス主義者は組合とのすべてのキッシーキッシーを開始しますが、力が蓄積されるとすぐに脅威と残虐行為に移行します。これが、マルクス主義者が50年前に学校で私たちの文化に浸透し始めた理由です。今日の下位中産階級と上位中産階級の両方が歴史の知識を持たず、したがって何が起こっているのか、そしてさらに重要なことにそれがどのように終わるのかを認識できないことが非常に重要です。これらの哀れな組合員は、ほぼ毎月数百万ドルの休暇を取るバラクとミシェル・オバマが、彼らが彼らを軽蔑し、彼らの騙されやすさを笑うという真実があるとき、実際に彼らを気にかけていると正直に信じています。そして、ウラジーミル・レーニン、ヨシフ・スターリン、毛沢東、ポル・ポトが誰であるかについて最も霧深い考えを持っている人は誰もいません。

これに加えて、ユニオンのオリガルヒが賃金を盗み、「退職金と年金」の口座を略奪したという事実を、数兆ドルの口座に入れました。 70年前には存在しなかったダイナミックであり、太陽の下で新しいものは何もありませんが、これは確かにまったく別のレベルの悪であることがわかります。


寄稿者

ピープルズワールド は、米国における進歩的な変化と社会主義の声です。それは、全国および世界中の私たちの読者に、労働運動と民主主義運動のニュースと分析を提供します。 ピープルズワールド その系統を デイリーワーカー 1924年にシカゴで共産主義者、社会主義者、組合員、その他の活動家によって設立された新聞。


ミシガンの歴史と文化の問題

バラク・オバマ大統領がゼネラルモーターズのリック・ワグナーを解任したことについては、これまでになかったかのように多くのことが議論されてきました。ワーグナーの削除を聞いて最初に思ったのは、著者のブライアン・ボーネットが彼の本の背景を調査するのを手伝っているときに見つけた有名な写真でした。 それらは日々でした. Officeから削除されました 1944年の写真では、モンゴメリーワードのシーウェルアベリー会長がシカゴのダウンタウンの通りにある木の幹部の椅子に座っており、制服とヘルメットを備えたイリノイ州警備隊の2人のメンバーに拘束されていました。エイブリーは、FDRのニューディールプログラムに反対したために削除されました。 1944年のジレンマは、タイム誌の記事「てんかん発作」で最もよく表現されていました。 &#8220しかし、危機に瀕している圧倒的な問題は、大統領が米国の公的特許民間人に見える産業を引き継ぐ権限を持っているかどうかでした。連邦の権力はどこまで広がっていますか?ビドル司法長官は、その子会社の1つが飛行機の部品を製造していることを指摘し、モンゴメリーワードを戦争産業として巧みに分類しようとしました。しかし、彼は憲法の大統領への広範な任務の下で、法律が忠実に実行されるように注意するために急いで避難を求めた。&#8217 "発作、タイム誌、1944年5月8日月曜日。 ミシガンミリタリーアカデミー エイブリーへの私の興味は地元の性質のものです。エイブリーはミシガン州サギノーで生まれ、オーチャードレイクのミシガンミリタリーアカデミー(MMA)に通いました。 MMAにいる間、エイブリーの略歴は次のようになっています。 、&​​#8220Ben Hur&#8221から)ポンティアックオペラハウスでのMMAミンストレルパフォーマンス1892年5月7日第2軍曹、「クラック」カンパニー、1891年および1892年卒業クラスのメンバー。元のMMAの建物のうち9つは、オーチャードレイクスクールで現在も使用されています。 MMA アカデミービル オーチャードレイクセントメリーズ予備校の管理事務所といくつかの教室があります。 FDRがエイブリーのヨットを没収 物語はシカゴの街で始まりません。 2年前、FDRは、ニューディール法の遵守を拒否したエイブリーに激怒し、エイブリーのヨットを没収しました。 レノア (写真とソース資料を表示)。船は94トンの変位、長さ92フィート、ビーム16フィート、喫水5フィートでした。ボートは、ミシガン州ベイシティのデフォーボートワークスによって、当時モンゴメリーワードの会長だったシーウェルアベリーのために1931年に建造されました。ボートはもともと洗礼を受けました レノア 4歳で亡くなったシーウェルの次女、レノア・エイブリーの後。ヨット レノア もともとは、アイアンマウンテンにあるエイブリーの私有地近くのミシガン湖の水域をクルーズするために使用されていました。モンゴメリーワードとルーズベルトのNRAの賃金と価格の規定に関する政府との間の深刻な不一致により、1942年に政府によるボートの押収が行われました。 レノアII、彼女はニューハンプシャー州ポーツマスの潜水艦乗組員の練習船として使用され、後に大統領専用ヨットの護衛として使用されました。 ウィリアムズバーグ。 NS レノア 大統領が255フィートに乗っている間、大統領に同行したシークレットサービスエージェントを頻繁に運んだ ウィリアムズバーグ。 1953年、アイゼンハワー大統領は素晴らしいが費用のかかる引退を果たしました。 ウィリアムズバーグ 現役から、 レノラII 200,000ドルの費用で、名前が変更されました バーバラ・アン 彼の孫娘に敬意を表して。 NS バーバラ・アン 時折のクルーズに使用され、1957年と1958年の夏に、彼女はロードアイランド州ニューポートに航海し、そこで大統領をゴルフツアーに出入りさせました。ジョン・F・ケネディ大統領の就任に伴い、ヨットは改造され、1961年3月7日に名前が変更されました。 ハニーフィッツ、JFKの母方の祖父(元ボストン市長、衆議院議員、ジョン・フランシス・フィッツジェラルドを称える。ジョンソン大統領は名前を変更しなかった ハニーフィッツ 大きい方よりもそれを好んだ セコイア それはまだワシントン海軍造船所にありました。ニクシオン大統領は名前を変更しました ハニーフィッツトリシア 彼の娘の後、入院したベトナム退役軍人にクルーズを提供する任務の短いツアーの後、1971年12月に船を競売にかけました。ボートはジョーキーティングによって購入されました。 大統領。ヨットは、ケネディの任期中と同じように完全に復元され、再装備され、ニューヨーク市に拠点を置くチャーターに使用されました。彼女は1998年のケネディ記念品オークションで未知のバイヤーに5,942,500ドルで売却されました。ボートがオーバーホールを離れたとき、塗装されたトランサムは再び装飾されました ハニーフィッツ 金箔で。 関して GWBHS Greater West Bloomfield Historical Society(GWBHS)は、非営利の免税団体です。キーゴハーバー、オーチャードレイク、シルバンレイク、ウェストブルームフィールドのミシガンコミュニティにサービスを提供しています。協会の目標は、住民に私たちの地域の歴史を知ってもらうための重要な博物館を提供することです。詳細については、www.gwbhs.comをご覧ください。
  • リンクを取得
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • Pinterest
  • Eメール
  • 他のアプリ

コメント

良い情報バズ、私も以前にその記事を見たのを覚えています。現在、オボマとリックワグナーの除去により、歴史が繰り返されています。あまり頻繁ではないことを願っています。

コンテキスト:&quotMontgomeryWard会長のSewellAveryは、1943年から1944年の間に打ち出されたUnited Retail、Wholesale、Department StoreUnionとの3つの異なる団体交渉協定の条件に従うことを拒否しました。陸軍州兵を出して、シカゴにある同社の主要工場を占拠しました。」

シーウェルは強力な組合に屈することはなく、モンゴメリーワードは戦争資料を扱っておらず、戦争労働争議法に拘束されておらず、この包囲は完全に違憲であったため、転覆した。したがって、1年以内に、イリノイ州最高裁判所はFDRの組合が引き継ぐことを覆した。

戦争が勃発したとき、北軍が最初にしたことはストライキを行うことでした。彼ら自身のポケット以外は何も気にしませんでした。おそらく、FDRが戦争労働争議法を可決するのを支援し、国全体の統一において連合を支援する力を自分自身に与えるために設立されたのだろう。彼は、戦争中は言うまでもなく、いつでもそのような議題を推し進めるために絞首刑にされるべきでした。左翼には、自分の個人的な議題を進めるという目標が常に1つしかありません。これも例外ではなく、シーウェル・アベリーは違憲のクーデターに立ち向かい、傲慢なFDRの下で連邦政府に違憲に押収されました。モンゴメリーワードの在庫は完全にNON_WARの記事でした。

真の企業資本家のように話されています。自分の財源を浪費して奪った後の金持ちと強力な人のための納税者の救済。家族を養おうとしている労働者をねじ込みます。新しいことは何もありません。

真の大量殺戮社会主義者のように話されています。公共政策としての盗難と不当。組合の賃金で仕事を得ようとしている労働者をねじ込み、それらの労働者を供給しようとしている財産所有者をねじ込み、市民社会をねじ込み、そして平和をねじ込みます。


FDRがモンゴメリーワードの支配権を握る-歴史

1944年12月27日、米国政府は、1872年以来営業を続けてきたデパートの小売業者として成功を収めているモンゴメリーワードの所有物の支配権を掌握しました。

なぜ聞くの?ご質問いただければ幸いです…

第二次世界大戦中、フランクリン・ルーズベルト大統領は、戦争努力のための材料の生産を妨げる進行中の労働ストライキに直面しました。彼はこの問題に対処するために1942年に全国戦時労働委員会を設立しました。理事会はストライキを回避するために労働問題について交渉した。

モンゴメリーワードの議長であるシーウェルアベリーは、組合の要求と戦争労働委員会の妥協命令に従うことを拒否した。 「政府と地獄へ!」エイブリーは1944年4月にフランシスビドル司法長官に怒鳴りました。彼は彼をなだめることを期待してシカゴに飛んでいました。 「私はあなたの忌まわしいアドバイスを望んでいません。」

ビドルは2人の国家警備隊員にエイブリーを彼のオフィスチェアから持ち上げて建物から運び出すように命じた。 「あなた&#8230新しいディーラー!」 FDRの大恐慌時代の経済救済プログラムに言及して、エイブリーは怒鳴りました。象徴的な写真では、2人の兵士がエイブリーを座った状態で保持し、腕を組んで敷地から彼を連れ出します。

ストライキを回避するために、ルーズベルト大統領は陸軍長官ヘンリースティムソンに、ニューヨーク、ミシガン、カリフォルニア、イリノイ、コロラド、オレゴンにあるモンゴメリーワードの工場と施設を押収するよう命じました。

モンゴメリーワードの支持者たちは、彼らの製品は自動車部品から衣類まですべてを供給したが、武器は供給しなかったため、戦争努力に不可欠ではないと主張した。

「政府命令バルト。ワード契約」ユニオンポスター、1944年頃、モンゴメリーワードレコードボックス26、UWアメリカンヘリテージセンター。

連邦裁判官が押収の合法性について審議したとき、米国商務省は名目上会社を経営しました。しかし、判決が下される前に、組合は選挙を完了し、従業員は職場に復帰した。 1944年5月9日、商務長官のジェシー・ジョーンズは会社を民間経営に戻しました。

エイブリーは第二次世界大戦後の景気後退を恐れ、従業員に年金や保険を与えることを拒否し、会社の拡大をやめました。競合企業のシアーズはすぐにモンゴメリーワードを追い抜いた。同社は以前の成功に戻ることはなく、2001年にようやく廃業しました。

この象徴的な小売業者の歴史は、UWアメリカンヘリテージセンターで入手できるモンゴメリーワードレコードにあります。


モンゴメリーワード発作を偲んで:FDRと戦争生産力

国家安全保障法のすべての学生は知っています Youngstown Sheet&amp TubeCo.v。Sawyer (鉄鋼押収事件)、最高裁判所は朝鮮戦争中の全国的なストライキを未然に防ぐためにトルーマン大統領の製鉄所の押収を無効にした。あまり評価されていないのは、1952年にアメリカ人にとって産業没収がよく知られた慣行であったことです。ルーズベルト政権はその政策手段を嫌っていましたが、米国政府は第二次世界大戦中の労働争議中に企業を押収しました。 Montgomery Ward&ampCompanyが関与するものほど多くの論争を引き起こした発作はありませんでした。

1944年のこの日、フランクリンルーズベルト大統領は商務長官にモンゴメリーワードのシカゴに本拠を置く本社を占拠するよう命じました。 2日後、兵士たちは会社の嘲笑するCEOを建物から運び出し、政治的抗議を引き起こしました。

おそらくそれが判例をもたらさなかったので、事件は今日ほとんど覚えられていません。しかし、その物語は、ルーズベルトが主張した戦時中の緊急権力の広大さと、トルーマン政権が首尾よく発動しなかった最近の行政機関の慣行を明らかにしています。

第二次世界大戦におけるモンゴメリーワードと発作の法令

モンゴメリーワードはかつてアメリカのビジネスの巨人でした。 20世紀の最初の数十年間、通信販売の純売上高では、シアーズ、ローバック、カンパニーに次ぐものでした。その横暴な会長兼最高経営責任者であるシーウェル・L・エイブリーは、組織化された労働を嫌悪し、定期的に従業員の組合化に抵抗した。 (労働者は、エイブリーのイニシャルの後のピリオドを削除すると、彼の名前が「奴隷制」になるのが適切だと考えました。)大資本家のエイブリーもルーズベルトとニューディールを罵倒しました。

1943年までに、モンゴメリーワードは、通信販売だけでなく、47の州で600の店舗と78,000人の従業員を介して3,000万人の顧客にサービスを提供しました。米国の通信販売事業の5分の2はモンゴメリーワードを経由し、米国の農家が購入したすべての製品の5分の1も同様でした。特に、同社は戦争努力に不可欠であると繰り返し宣伝しました。それは、数万の「優先度」と「優先度」の評価を求めて軍需生産委員会から受け取りました。これにより、希少な資源への特別なアクセスが可能になりました。

2つの発作

トラブルの最初の兆候は1942年に発生し、エイブリーはモンゴメリーワードのシカゴ中央倉庫(全国戦時労働委員会、または労働争議を仲介する連邦機関であるNWLBによって考案された)の労働者を代表する組合との契約に同意しないと主張しました。 )大統領から個人的に遵守を命じられた場合を除きます。ルーズベルトがそうしたとき、エイブリーは抗議しているにもかかわらず、屈服した。しかし、1年後、労働交渉は再び停滞した。今回、エイブリーは契約の更新、NWLBの命令に従うこと、またはシカゴの倉庫組合を承認することを拒否しました。

第7条1943年の戦争労働紛争法(スミス-コナリー法)の下で、NWLBは、「戦争努力への実質的な干渉につながる」可能性のある紛争についてのみ管轄権を有していた。モンゴメリーワードの弁護士は、その主要な事業分野は戦争努力とは関係がなく、そのためNWLBはそれに対する管轄権を欠いているという立場を取りました。同様に、同社の弁護士は、モンゴメリーワードは、スミス-コナリーのセクション3の範囲を超えていると主張しました。スミス-コナリーは、特定の事実認定を受けて、大統領に「。戦争努力に必要となる可能性のある、またはそれに関連して役立つ可能性のある物品または材料の製造、生産、または採掘のために装備された植物、鉱山、または施設。」

何ヶ月も行ったり来たりした後、1944年4月12日に組合が攻撃した。和解するために双方を甘やかすことができなかったため、ルーズベルトには良い選択肢がなかった。 4月25日、ルーズベルトは大統領令9438を発行し、商務長官にモンゴメリーワードのシカゴに本拠を置く工場と施設を押収し、「戦争の起訴を成功させるために必要と思われる方法で」運営することを許可および指示しました。そうすることで、ルーズベルトは「合衆国大統領および合衆国陸海軍長官として、合衆国の憲法と法律によって私に与えられた権力と権威のおかげで」彼の行動を正当化した[。 ]」

ルーズベルトは確かに、モンゴメリーワードを押収した法的当局の概要を説明した3日前のフランシスビドル司法長官の意見に依存していました。ビドルは、戦時経済に対する会社の中心性を説明することから始めました。 Not only did one of its divisions produce military aircraft components, but more generally, Montgomery Ward was “engaged in making or distributing other goods that are essential to the maintenance of the war economy.” Indeed, the nation’s entire agricultural system depended on the company’s distribution of supplies. Biddle noted that the federal government had “recognized the importance of [Montgomery Ward] to our war economy” by granting its requests for priority and preference ratings the clear implication was that Avery could not insist that his company was essential to the war when he thought it profitable but deny it when inconvenient. Biddle also described the risk of spillover should the Chicago strike continue for any length of time, with the potential for cascading disruptions nationwide. Accordingly, Biddle—without parsing the language of the statute—concluded that Roosevelt could use Section 3 of Smith-Connally to seize Montgomery Ward.

Yet Biddle—perhaps sensing an opportunity to forge new ground for presidential power—did not confine himself to the statutory basis alone. He proceeded to express a sweeping view of executive power based on the amalgam of authorities conferred by the Executive Vesting, Commander-in-Chief and Take Care Clauses in Article II: “In time of war when the existence of the nation is at stake, this aggregate of powers includes authority to take reasonable steps to prevent nation-wide labor disturbances that threaten to interfere seriously with the conduct of the war.” He continued: “In modern war the maintenance of a healthy, orderly, and stable civilian economy is essential to sucessful [sic] military effort.” Biddle thus concluded that the statutory and constitutional bases, “considered either separately or together, authorize[d]” the seizure.

Early on April 26, Under Secretary of Commerce Wayne Chatfield Taylor accompanied a Justice Department attorney to visit Avery at Montgomery Ward’s Chicago offices. A U.S. marshal, eight deputies and almost four dozen soldiers later joined them. The use of the military to seize Montgomery Ward was a source of friction within the administration. According to Biddle’s 1962 memoir, Secretary of War Henry Stimson had pleaded unsuccessfully: “[E]very man was needed in the war effort it is a great army, Mr. President, it must not be sent to act as clerks to sell women’s panties over the counter of a store.”

Avery refused to compromise. When Biddle met with Taylor in Avery’s office during the morning of April 27, Avery came in and would not budge from his chair. So, Biddle ordered soldiers to eject Avery from the premises. While being removed from his office, Avery declared “to hell with government” and then turned to Biddle and snarled: “You New Dealer!” An AP photographer captured the fairly ridiculous image of the nearly 70-year-old man, arms crossed and haughty as ever, being carried out of the building by a pair of soldiers. The instantly iconic photograph was soon published on the front pages of newspapers across the country. (See the famous image here).

Less than two weeks later, the government relinquished control of the company. Why so soon? To begin with, the seizure proved unpopular. A Gallup poll released on May 6 found that about 60 percent of Americans thought that it was a mistake. To most people, Avery was not the parsimonious enemy of the common worker rather, he was the sympathetic victim of government overreach during a time of massive federal expansion and power. The House formed a select committee to conduct hearings and draft a formal report on the seizure (a special Senate judiciary subcommittee later released a scathing report of its own). Although congressional reaction was predictably mixed, some members singled out and attacked Biddle’s written opinion—publicized on the same day as the seizure—for its breathtaking view of executive authority in wartime. Speaking on the Senate floor on April 28, one Democratic senator asked rhetorically: “Does Francis Biddle cherish the ambition to be an American Himmler?” In an election year, these tremors of dissatisfaction could not easily be ignored. Meanwhile, the seizure’s efficacy was limited since Avery could still manage most corporate affairs by telephone.

Once back in control, Avery proved himself to be an unchanged man. So, when a strike broke out at Montgomery Ward’s Detroit facilities in late December 1944, the government seized the company’s operations in nine cities (including, again, the Chicago headquarters).

The Roosevelt administration also initiated high-stakes litigation seeking declaratory and injunctive relief to support its seizure. The district court ruled against the government on both statutory and constitutional grounds (effectively rebuking Biddle’s entire opinion). A divided U.S. Court of Appeals for the Seventh Circuit reversed. The majority ruled in favor of the government on statutory grounds, holding that the word “production” in Smith-Connally included the handling and transporting of goods in which Montgomery Ward was engaged. Without needing to reach the issue, the majority also nodded at Biddle’s constitutional argument with references to prior Supreme Court cases favoring the use of emergency powers.

The government likely would have won on statutory grounds at the Supreme Court, too, but the war’s end precluded a high court resolution. At 11:59 p.m. on Oct. 18, 1945—the day before the government filed its response in the Supreme Court—federal authorities returned Montgomery Ward’s properties. On Nov. 5, the court granted the company’s petition for a writ of certiorari, only to immediately vacate the Seventh Circuit’s judgment and remand the case with directions to dismiss the case as moot.

Montgomery Ward’s Shadow in Youngstown

Fast forward seven years to the height of the Korean War. When the Truman administration seized the nation’s steel mills amid an intractable labor dispute, it lacked the statutory basis that Roosevelt had claimed. After World War II, Congress allowed Smith-Connally to expire and replaced it with the Labor Management Relations Act of 1947 (the Taft-Hartley Act). Taft-Hartley did not allow for immediate government seizure of industry at most, the president could seek a judicial injunction of a strike for up to 80 days while an independent committee prepared a report. Accordingly, Truman had to justify the seizure by invoking his inherent presidential powers.

As the Truman administration rushed to defend its steel company seizure, the Montgomery Ward affair provided a partial road map. Indeed, the government copied almost verbatim most of the discussion of Article II presidential seizure powers from its Montgomery Ward briefs for reuse in front of the district court. Truman faced different statutory terrain than his predecessor, and this was a different type of war, but the constitutional arguments were much the same.

The Supreme Court majority in Youngstown interpreted Taft-Hartley to preclude seizure as a remedy, so we don’t know how it would have treated the constitutional argument inherited from Montgomery Ward if Congress had been silent (that is, in Justice Robert Jackson’s typology, a Category 2 case). However, two justices expressed very different takes on the Montgomery Ward affair and Biddle’s opinion.

In a footnote to his concurrence against the Truman administration, Justice Felix Frankfurter characterized Biddle’s opinion as “rest[ing] the power to seize Montgomery Ward on the statutory authority of the War Labor Disputes Act,” and he noted that the Seventh Circuit had upheld the seizure on that basis alone. That’s technically true, but it breezes past Biddle’s alternative, boldly expansive constitutional argument and the Seventh Circuit’s approving nod in dicta.

By contrast, Chief Justice Fred Vinson—writing for three dissenters—quoted favorably from the Biddle opinion and noted acidly that Biddle’s immediate predecessor and successor—both of whom were now members of the Youngstown majority—had expressed similar views on presidential power while serving as attorneys general. (During the Montgomery Ward affair, Vinson had served as director of the wartime Office of Economic Stabilization and had advised Biddle on the seizures.) Vinson also quoted from the House select committee majority report as supporting inherent presidential power for seizures even in the absence of statutory authorization, before noting that the Seventh Circuit also seemed to support this view. In doing so, however, Vinson read too much into the House report, which actually punted on that constitutional issue.

A decade after Youngstown, Biddle reflected on the case and compared it to the Montgomery Ward episode. He continued to defend his constitutional argument and was skeptical that the court in Youngstown had discredited it downplaying the Korean conflict situation, he distinguished the steel emergency as “born of the cooler issues of peace” rather than, as he had faced in 1944, “the persuasive heat of war.” After praising Vinson, “who from his experiences as a war administrator knew the necessity of concentrating in the hands of the Commander in Chief all power reasonably calculated to carry on war,” he ominously concluded: “To what extent [Youngstown] will control or curb the actions of Presidents in future wars remains to be seen—if there is a survivor to review his action.”

Today, President Trump calls himself a “wartime president” in combating COVID-19. He claims to have “unleash[ed] the full power of the federal government,” but he has dithered even in using statutory authorities to control industrial production of critical medical supplies.

The Montgomery Ward episode is a stark reminder of what unleashing wartime government power over industry—including assertions of immense Article II powers—has actually looked like.

Authors' note: Those interested in reading more about this episode, including how it fits in the context of other WWII seizures, should read Chapter 5 of Mark Wilson's Destructive Creation. That chapter also includes references to other detailed histories of these events.


Remembering the Montgomery Ward Seizure: FDR and War Production Powers

Every student of national security law knows about Youngstown Sheet&amp TubeCo.v。Sawyer (the Steel Seizure Case), in which the Supreme Court invalidated President Truman’s seizure of steel mills to forestall a nationwide strike during the Korean War. Less well appreciated is that industrial confiscation was a familiar practice for Americans in 1952. Although the Roosevelt administration disfavored that policy tool, the U.S. government seized companies during labor disputes more than four dozen times during World War II—usually firms producing war materials. No seizure generated as much controversy as those involving Montgomery Ward & Company.

On this date in 1944, President Franklin Roosevelt ordered his secretary of commerce to seize Montgomery Ward’s Chicago-based corporate headquarters. Two days later, soldiers carried the company’s scowling CEO from the building, sparking political outcry.

The affair is little remembered today, probably because it resulted in no judicial precedent. But its story illuminates the enormous breadth of Roosevelt’s asserted wartime emergency powers and the recent executive branch practice that the Truman administration unsuccessfully invoked.

Montgomery Ward and Seizure Statutes in World War II

Montgomery Ward once was a behemoth of American business. During the opening decades of the 20th century, it was second only to Sears, Roebuck and Company in net mail-order retail sales. Its domineering chairman and CEO, Sewell L. Avery, detested organized labor and regularly resisted employee unionization. (Workers found it appropriate that deleting the periods after Avery’s initials made his name spell “slavery.”) Arch-capitalist Avery also reviled Roosevelt and the New Deal.

By 1943, Montgomery Ward served 30 million customers not only through mail-order deliveries but also via 600 stores and 78,000 employees in 47 states. Two-fifths of U.S. mail-order business went through Montgomery Ward, as did one-fifth of all manufactured products purchased by American farmers. Notably, the company repeatedly promoted itself as essential to the war effort. It sought and received from the War Production Board tens of thousands of “priority” and “preference” ratings, which gave it special access to scarce resources.

The Two Seizures

The first signs of trouble came in 1942, when Avery insisted that he would not accede to a deal with the union representing workers at Montgomery Ward’s central Chicago warehouse (devised by the National War Labor Board, or NWLB, a federal agency for mediating labor disputes) unless personally ordered to comply by the president. When Roosevelt did so, Avery yielded, albeit under protest. One year later, however, labor negotiations faltered again. This time, Avery refused to renew the contract, obey NWLB orders or recognize the Chicago warehouse union.

Under Section 7 the War Labor Disputes Act of 1943 (the Smith-Connally Act), the NWLB had jurisdiction only over disputes that might “lead to substantial interference with the war effort.” Montgomery Ward’s lawyers took the position that its primary areas of business were not related to the war effort and, as such, the NWLB lacked jurisdiction over it. Likewise, the company’s attorneys contended that Montgomery Ward was beyond the scope of Section 3 of Smith-Connally, which—upon certain fact-finding—authorized the president “to take immediate possession of … any plant, mine, or facility equipped for the manufacture, production, or mining of any articles or materials which may be required for the war effort or which may be useful in connection therewith.”

After months of back-and-forth, the union struck on April 12, 1944. Unable to cajole both sides to reconcile, Roosevelt had no good options. On April 25, Roosevelt issued Executive Order 9438, which authorized and directed the secretary of commerce to seize Montgomery Ward’s Chicago-based plants and facilities and operate them “in any manner that he deems necessary for the successful prosecution of the war[.]” In so doing, Roosevelt justified his actions “by virtue of the power and authority vested in me by the Constitution and laws of the United States, as President of the United States and Commander in Chief of the Army and Navy of the United States[.]”

Roosevelt surely relied on an opinion by Attorney General Francis Biddle dated three days earlier outlining the legal authorities for seizing Montgomery Ward. Biddle began by describing the company’s centrality to the wartime economy. Not only did one of its divisions produce military aircraft components, but more generally, Montgomery Ward was “engaged in making or distributing other goods that are essential to the maintenance of the war economy.” Indeed, the nation’s entire agricultural system depended on the company’s distribution of supplies. Biddle noted that the federal government had “recognized the importance of [Montgomery Ward] to our war economy” by granting its requests for priority and preference ratings the clear implication was that Avery could not insist that his company was essential to the war when he thought it profitable but deny it when inconvenient. Biddle also described the risk of spillover should the Chicago strike continue for any length of time, with the potential for cascading disruptions nationwide. Accordingly, Biddle—without parsing the language of the statute—concluded that Roosevelt could use Section 3 of Smith-Connally to seize Montgomery Ward.

Yet Biddle—perhaps sensing an opportunity to forge new ground for presidential power—did not confine himself to the statutory basis alone. He proceeded to express a sweeping view of executive power based on the amalgam of authorities conferred by the Executive Vesting, Commander-in-Chief and Take Care Clauses in Article II: “In time of war when the existence of the nation is at stake, this aggregate of powers includes authority to take reasonable steps to prevent nation-wide labor disturbances that threaten to interfere seriously with the conduct of the war.” He continued: “In modern war the maintenance of a healthy, orderly, and stable civilian economy is essential to sucessful [sic] military effort.” Biddle thus concluded that the statutory and constitutional bases, “considered either separately or together, authorize[d]” the seizure.

Early on April 26, Under Secretary of Commerce Wayne Chatfield Taylor accompanied a Justice Department attorney to visit Avery at Montgomery Ward’s Chicago offices. A U.S. marshal, eight deputies and almost four dozen soldiers later joined them. The use of the military to seize Montgomery Ward was a source of friction within the administration. According to Biddle’s 1962 memoir, Secretary of War Henry Stimson had pleaded unsuccessfully: “[E]very man was needed in the war effort it is a great army, Mr. President, it must not be sent to act as clerks to sell women’s panties over the counter of a store.”

Avery refused to compromise. When Biddle met with Taylor in Avery’s office during the morning of April 27, Avery came in and would not budge from his chair. So, Biddle ordered soldiers to eject Avery from the premises. While being removed from his office, Avery declared “to hell with government” and then turned to Biddle and snarled: “You New Dealer!” An AP photographer captured the fairly ridiculous image of the nearly 70-year-old man, arms crossed and haughty as ever, being carried out of the building by a pair of soldiers. The instantly iconic photograph was soon published on the front pages of newspapers across the country. (See the famous image here).

Less than two weeks later, the government relinquished control of the company. Why so soon? To begin with, the seizure proved unpopular. A Gallup poll released on May 6 found that about 60 percent of Americans thought that it was a mistake. To most people, Avery was not the parsimonious enemy of the common worker rather, he was the sympathetic victim of government overreach during a time of massive federal expansion and power. The House formed a select committee to conduct hearings and draft a formal report on the seizure (a special Senate judiciary subcommittee later released a scathing report of its own). Although congressional reaction was predictably mixed, some members singled out and attacked Biddle’s written opinion—publicized on the same day as the seizure—for its breathtaking view of executive authority in wartime. Speaking on the Senate floor on April 28, one Democratic senator asked rhetorically: “Does Francis Biddle cherish the ambition to be an American Himmler?” In an election year, these tremors of dissatisfaction could not easily be ignored. Meanwhile, the seizure’s efficacy was limited since Avery could still manage most corporate affairs by telephone.

Once back in control, Avery proved himself to be an unchanged man. So, when a strike broke out at Montgomery Ward’s Detroit facilities in late December 1944, the government seized the company’s operations in nine cities (including, again, the Chicago headquarters).

The Roosevelt administration also initiated high-stakes litigation seeking declaratory and injunctive relief to support its seizure. The district court ruled against the government on both statutory and constitutional grounds (effectively rebuking Biddle’s entire opinion). A divided U.S. Court of Appeals for the Seventh Circuit reversed. The majority ruled in favor of the government on statutory grounds, holding that the word “production” in Smith-Connally included the handling and transporting of goods in which Montgomery Ward was engaged. Without needing to reach the issue, the majority also nodded at Biddle’s constitutional argument with references to prior Supreme Court cases favoring the use of emergency powers.

The government likely would have won on statutory grounds at the Supreme Court, too, but the war’s end precluded a high court resolution. At 11:59 p.m. on Oct. 18, 1945—the day before the government filed its response in the Supreme Court—federal authorities returned Montgomery Ward’s properties. On Nov. 5, the court granted the company’s petition for a writ of certiorari, only to immediately vacate the Seventh Circuit’s judgment and remand the case with directions to dismiss the case as moot.

Montgomery Ward’s Shadow in Youngstown

Fast forward seven years to the height of the Korean War. When the Truman administration seized the nation’s steel mills amid an intractable labor dispute, it lacked the statutory basis that Roosevelt had claimed. After World War II, Congress allowed Smith-Connally to expire and replaced it with the Labor Management Relations Act of 1947 (the Taft-Hartley Act). Taft-Hartley did not allow for immediate government seizure of industry at most, the president could seek a judicial injunction of a strike for up to 80 days while an independent committee prepared a report. Accordingly, Truman had to justify the seizure by invoking his inherent presidential powers.

As the Truman administration rushed to defend its steel company seizure, the Montgomery Ward affair provided a partial road map. Indeed, the government copied almost verbatim most of the discussion of Article II presidential seizure powers from its Montgomery Ward briefs for reuse in front of the district court. Truman faced different statutory terrain than his predecessor, and this was a different type of war, but the constitutional arguments were much the same.

The Supreme Court majority in Youngstown interpreted Taft-Hartley to preclude seizure as a remedy, so we don’t know how it would have treated the constitutional argument inherited from Montgomery Ward if Congress had been silent (that is, in Justice Robert Jackson’s typology, a Category 2 case). However, two justices expressed very different takes on the Montgomery Ward affair and Biddle’s opinion.

In a footnote to his concurrence against the Truman administration, Justice Felix Frankfurter characterized Biddle’s opinion as “rest[ing] the power to seize Montgomery Ward on the statutory authority of the War Labor Disputes Act,” and he noted that the Seventh Circuit had upheld the seizure on that basis alone. That’s technically true, but it breezes past Biddle’s alternative, boldly expansive constitutional argument and the Seventh Circuit’s approving nod in dicta.

By contrast, Chief Justice Fred Vinson—writing for three dissenters—quoted favorably from the Biddle opinion and noted acidly that Biddle’s immediate predecessor and successor—both of whom were now members of the Youngstown majority—had expressed similar views on presidential power while serving as attorneys general. (During the Montgomery Ward affair,


FDR seizes control of Montgomery Ward - HISTORY

In 1942, in an effort to avoid strikes in war-related industries, Franklin Roosevelt reinstated the War Labor Board and directed it to oversee and arbitrate negotiations between unions and employers. Most unions had also agreed not to strike during the war in exchange for the government’s support of the closed shop — the requirement that a company hire only union members.

The retail giant Montgomery Ward operated a mail-order business and department stores across the country it also supplied Allied forces with tractors, auto parts, clothes, and other items, therefore falling under the board’s jurisdiction. Workers there had organized with the United Mail Order, Warehouse and Retail Store Employees Union, CIO — but Sewell Avery, the company’s anti-union, anti-government, and anti-New Deal chairman, was determined to fight them in spite of the wartime provisions for labor peace. He refused to recognize or negotiate with the union and ignored the board’s orders to compromise.

Conflict between Avery and the union dragged on for almost two years — until April, 1944, when the union contract expired and workers were no longer bound by a no-strike provision. A strike was called in April, 1944 to protest Avery’s refusal to recognize the union and abide by the terms of a contract developed by the board. Almost 12,000 workers went on strike in Detroit, Chicago, St. Paul, Denver, San Rafael, Portland, and Jamaica, New York. The company responded by cutting wages and firing union activists.

The strike lasted about two weeks before FDR ordered the army to take over the company. Troops entered the company building in Chicago and had to physically remove Avery, carrying him from his office out to the street. Jesse Holman Jones, the United States Secretary of Commerce, was appointed manager of the Chicago plant and Montgomery Ward was virtually run by the US government.

The company, of course, challenged the action in court. As the legal process proceeded, workers again certified the union through a National Labor Relations Board election and eventually Jones turned the company back over to private management.

Montgomery Ward, however, again refused to recognize the union, so on December 27, 1944, FDR issued an executive order that authorized the Secretary of War to seize the company a second time and take over its operations in compliance with the board’s orders:

This company, under Mr. Avery’s leadership, has waged a bitter fight against the bona fide unions of its employees throughout the war, in reckless disregard of the Government’s efforts to maintain harmony between management and labor. Its record of labor relations has been a record of continuous trouble. Twice the Government has had to seize properties of Montgomery Ward as a result of Mr. Avery’s defiant attitude, once in Chicago and once in Springfield, Illinois, where the Hummer Manufacturing Company, a Montgomery Ward division, has been operated by the War Department since last May. For more than a year the company has refused to accept decisions involving workers in ten of its retail stores. Four of these stores are in the Detroit area, the very heart of war production from the viewpoint of urgency. A strike is in progress in these four stores, and strikes are threatened in other cities where the company’s stores are located. There is a distinct threat that workers in some of our most critical war plants may join the strike in support of the Montgomery Ward employees if the Government fails to act. We are not going to let this happen. Strikes in wartime cannot be condoned, whether they are strikes by workers against their employers or strikes by employers against their Government. All of our energies are engrossed in fighting a war on the military battle fronts. We have none to spare for a war on the industrial battle fronts. It is up to us to uphold and strengthen our machinery for settling disputes without interruptions of production. We cannot do this in a total war if we permit defiance to go unchallenged.

We cannot allow Montgomery Ward & Co. to set aside the wartime policies of the United States Government just because Mr. Sewell Avery does not approve of the Government’s procedure for handling labor disputes. Montgomery Ward & Co., like every other corporation and every labor union in this country, has a responsibility to our fighting men. That responsibility is to see that nothing interferes with the continuity of our war production. It is because Montgomery Ward & Co. has failed to assume this obligation that I have been forced to sign an Executive Order directing the Secretary of War to take over and operate certain properties of Montgomery Ward & Co.

The seizure was upheld by a United States Court of Appeals, but the takeover was ultimately terminated by President Harry S. Truman in 1945.


70 years later: How WWII changed America

Photographer Alfred Eisenstaedt's famous "sailor kissing the nurse" image from Times Square celebration of V-J Day and the end of World War II. (Photo: Alfred Eisenstaedt, Time Inc., via Getty Images)

Even as World War II was ending 70 years ago, Americans already knew it had transformed their country. What they didn’t know was just how much or for how long.

In that last wartime summer of 1945, the seeds of a new America had been sown. Not just postwar America — the Baby Boom, the Cold War, the Affluent Society, the sprawling suburbs — but the one in which we live today.

Look closely at the war years, and you can see those seeds.

•Two brothers who had opened a drive-in restaurant in San Bernardino, Calif., were struck by working families’ desire for cheap meals served fast — faster than their carhops could serve them. Their name was McDonald.

•While building homes for federal war workers, a family-owned Long Island construction company had learned how to lay dozens of concrete foundations in a single day, and preassemble uniform walls and roofs. The firm’s name was Levitt & Sons.

•A young, black Army lieutenant was court-martialed in 1944 after he refused to sit in the back of a military bus at Camp Hood, Texas. The trial prevented him from serving overseas, but he was acquitted. His name was Jackie Robinson.

•In 1944, an Army Air Forces photographer discovered a beautiful young woman working on an aircraft assembly line in Burbank, Calif. One of his photos helped land her a modeling job. Her name was Norma Jean Baker. Later she would change it to Marilyn Monroe.

Baseball legend Jackie Robinson as a member of the Kansas City Monarchs in 1945. (Photo: AFP/Getty Images)

•In 1945, engineers were finishing a sort of “electronic brain” for the Army. Equipped with 18,000 vacuum tubes instead of the usual electrical switches, it could do about 5,000 computations per second — 4,996 more than the best electric calculator. They called it an Electronic Numerical Integrator and Computer. Only the last word stuck.

In the next decade, the Levitts would build Levittown, N.Y., the most famous postwar suburb. McDonald’s, focusing on assembly line hamburgers, would begin its ascent to global fast-food dominance. Robinson would integrate Major League Baseball.

And Monroe would become the first “Playmate of the Month” in a new magazine called Playboy, whose editor got his start in media during the war at a military newspaper. His name was Hugh Hefner.

World War II also marked the beginning of trends that took decades to fully develop, including technological disruption, global economic integration and digital communication.

More broadly, the wartime home front put a premium on something that’s even more crucial today: innovation.

A replica of Ray Kroc's first McDonald's franchise in Des Plaines, Ill. (Photo: Jeff Haynes, AFP/Getty Images)

It helped explain America’s production miracle. A nation that in 1938 was making almost no weapons was, by 1943, making more than twice as many as of all its enemies combined.

“Never before had war demanded such technological experimentation and business organization,” historian Allen Nevins later wrote. “The genius of the country of Whitney, Morse, and Edison precisely fitted such a war.”

America not only made more weapons than its enemies, it kept making new and better ones. By the end of the war, it was said that no major battle was won with the same weapons as the battle that preceded it innovation had become a constant.

The Office of Scientific Research and Development, directed by mathematician Vannevar Bush, organized the scientists and engineers who developed many valuable weapons.

Radar, improved depth charges and long-range bombers turned the tide against German submarines the long range Mustang fighter protected Allied bombers over Europe after 1943 the B-29 Superfortress allowed the Air Force to pulverize Japan with virtual impunity by 1945.

&ldquoNever before had war demanded such technological experimentation and business organization. The genius of the country of Whitney, Morse, and Edison precisely fitted such a war.&rdquo

The nation’s science labs were mobilized. Annual federal spending on research and development increased more than 20-fold during the war.

Medical researchers produced a class of pharmaceuticals whose nickname — “wonder drugs” — pretty much summed them up. Streptomycin, the first drug effective against the cause of tuberculosis, was the best known in a series of new antibiotics.

Penicillin, which had been discovered in 1928, was mass produced during the war to treat blood poisoning and battle wounds. A new process to produce dried blood plasma allowed battlefield transfusions.

Other developments included quinine substitutes to fight malaria, and numerous repellants and insecticides (including, unfortunately, DDT) used against pests causing epidemics of typhus and malaria.

Government scientists refined products (television, air conditioning) and developed new ones. The computer introduced at MIT in 1942 weighed 100 tons and had 2,000 electronic tubes, 150 electric motors and 200 miles of wire.

In Palo Alto, Calif., a company started in a garage by electrical engineers William Hewlett and David Packard was making radio, sonar, and radar devices, as well as artillery shell fuses. Packard ran the company while Hewlett served in the Army Signal Corps, unaware that they were founders of what would become Silicon Valley.

Wartime shortages gave rise to products whose greatest days were ahead, including plastics (used to replace scarce metals), frozen foods (which saved trips to the store) and microfilm (for shipping civilian-military “V-mail” overseas).

The war also raised issues that would become even more pressing in years to come.

The war was witness to the greatest single violation of civil rights in U.S. history — the internment of about 120,000 Japanese-Americans (two-thirds of them U.S. citizens) living in Pacific Coast states. Supposedly designed to fight espionage and sabotage, the move in fact was motivated by war hysteria, racism and political expediency.

For years, this outrage was all but forgotten. In 1988, however, President Ronald Reagan signed a law that provided financial redress of $20,000 for each surviving detainee. But the Supreme Court’s expansive interpretation of government powers in wartime in the Korematsu case, which upheld the internment, has never been overturned.

The internment was the result of an executive order, a presidential prerogative that has become increasingly controversial. But during the war the executive branch also banned pleasure drives and sliced bread, and seized control of the strike-bound retail giant Montgomery Ward under the legal justification that it was “useful” to the war effort. When Ward’s president refused to leave his office, government agents carried him out in his chair.

Decades before Edward Snowden’s revelations about government spying, military censors on the home front had authority to open and read every piece of mail that entered or left the country to scan every cable and to screen every phone call. A letter from a soldier overseas often arrived with a few words, a sentence or an entire paragraph snipped out, and the envelope resealed with a bit of tape bearing the label “Opened by Censor.”

Problems developed during the war that would bedevil the nation for years. Los Angeles had its first smog attack in 1943. In New York City, there were more and more reports of an old crime with a new name: mugging.

And anyone who thinks red-baiting was a postwar innovation should listen to Thomas Dewey, the 1944 GOP presidential candidate, who called President Franklin D. Roosevelt “indispensable to Earl Browder” the head of the American Communist Party.

A communist, Dewey told an audience, is “anyone who supports (Roosevelt’s) fourth term so our form of government may more easily be changed.”

Income inequality? Although Rosie the Riveter was the patriotic, symbolic personification of the 5 million U.S. women who went to work during the war, their pay on average was 60% of men’s — despite government rules banning such discrimination in war plants.

By war’s end, Americans were used to looking to Washington for solutions. But the war also reinforced an attitude that remains resonant today: skepticism about government.

For instance, after Pearl Harbor the government tried to discourage the practice of planting home “victory gardens,” which were popular in World War I. The nation already had an agricultural surplus, and more production would hurt farm prices.

Undeterred, within a few months Americans had planted victory gardens on Ellis Island and Alcatraz and everywhere in between — about 10 million in all. Within two years, 20 million victory gardens were producing 8 million tons of food.

By then, the victory gardeners’ instincts had been vindicated snarled transportation and farm labor shortages produced spot fruit and vegetable shortages. The amateurs, the secretary of Agriculture admitted, “surprised a lot of people.”

All the war’s changes, apparent and embryonic, contributed to a rich irony: Although Americans away in the military lived on memories of the land they’d left behind, by war’s end that America was already disappearing.

The demands of winning a war would transform the home front into something almost as exotic as the places where the soldiers fought — a land more affluent and more just, more open and more mobile, more polluted and more violent than the one of which they’d dreamed.