アンソニーベーコン

アンソニーベーコン



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ニコラス・ベーコン卿と2番目の妻であるアン・クック・ベーコンの息子であるアンソニー・ベーコンは、1561年1月22日にロンドンのストランドにあるヨークハウスで生まれました。彼の父はエリザベス女王の下でグレートシールの主キーパーでした。彼の母親は、エドワード6世の家庭教師であるアンソニークック卿の娘でした。彼の母親の姉妹の結婚を通して、彼はウィリアム・セシル、ロード・バーグレーの甥でした。 (1)

ベーコンは子供の頃のほとんどを、セントオールバンズ近くのゴーハムベリーハウスの実家で弟のフランシスベーコンと過ごしました。ギリシャ語とラテン語、イタリア語とフランス語に堪能な彼の母親は、彼の教育において重要な役割を果たしました。彼の学校教育には、キリスト教の教えだけでなく、古典の徹底的な訓練も含まれていました。 (2)アンソニーは幼い頃から体調を崩しがちでした。1560年に危険な熱から回復しました。(3)

アンソニーとフランシス(12歳になったばかり)は1573年4月5日にトリニティカレッジに上った。兄弟は、カンタベリーの将来の大司教であるマスター、ジョンホイットギフト博士の個人的な指導の下に置かれた。 (4)ウィットギフトがベーコン兄弟の使用のために購入したアカウントによると、主要な古典的なテキストと解説が使用されています。これらには、 イリアド、プラトンとアリストテレス、シセロの修辞作品、 デモステネスの演説...と同様に、Livy、Sallust、およびXenophonの歴史」。(5)

アンソニー・ベーコンは1576年6月27日にグレイ法曹院に入院しました。当時の彼の書簡は、彼が熱心に不適合な母親から深い影響を受けたことを示しています。彼女はピューリタンの説教者であるトーマス・カートライトの支持者でした。ロジャー・ロッキャーが指摘したように、「30代半ばのカートライトは、前任者の業績を当然のことと考え、彼らが確立した立場から前進したいと望んでいた新世代のエリザベス朝のピューリタンを代表していました。カートライトイングランド国教会の構造は聖書で規定されているものとは反対であり、正しいモデルはカルバンがジュネーブで確立したものであると宣言しました。すべての会衆は最初に自分の牧師を選出する必要があり、教会の管理は大司教と司教の権威は聖書に根拠がなく、したがって受け入れられませんでした。カートライトの定義は、ピューリタン運動を細部への執着から解放し、確立された教会がおそらく無視することができなかった挑戦を投げました。」 (6)

1579年2月に父親が亡くなり、兄の異母兄弟との激しい戦いの後、ベーコンは年間360ポンド相当の財産を相続し、母親の死によりゴーハムベリーハウスが返還されました。ベーコンは叔父のウィリアム・セシルに助けを求めたが、彼は「真の優しさを示さない公正な言葉」を受け取った。 (7)

ベーコンはパリに移ることを決心し、そこでフランシス・ウォルシンガム卿に諜報報告を提供し始めました。 1583年11月、レスター伯爵のロバート・ダドリーの要請により、エリザベス女王のために商売をしました。 1586年8月、ベーコンと彼のページの1つは、資本犯罪であるソドミーで告発されました。しかし、彼が犯罪で起訴されたという証拠はありません。 (8)

イギリスに戻ると、彼はエセックス伯爵のロバート・デヴァルーと緊密な関係を築いていた兄のフランシス・ベーコンと緊密に協力しました。 (9)彼はエリザベス女王の最も重要な顧問の一人であり、ウォルシンガムの死以来、諜報機関の指揮を執っていた。 (10)

エセックスはアンソニーベーコンに感銘を受け、彼を採用することにしました。アラン・スチュワートは次のように指摘しています。 、そしてアンソニー・スタンデン。」 (11)

エセックスの伝記作家、ロバート・レイシーは次のように指摘しています。「1592年の春、エセックスとベーコンの兄弟は、真の政治権力の要塞の外にいることに気づきました。次の6年間の話は、彼らがどうやってそれを実行し、潜在的に圧倒的な力の位置を自分たちで切り開いたのかという話です。」 (12)

男性は、エリザベス女王の主治医であるロドリゴ・ロペスに対する訴訟の展開に力を合わせました。アンナ・ホワイトロックが指摘したように、「女王の医師として、ロペスには二重の任務がありました。寝室に女王の体を保存することです。エリザベスは彼を好きで信頼し、貴重な必要条件を与えました。アニスやその他を輸入するための独占です。ロンドンの薬局に欠かせないハーブ。」 (13)

エセックスはトーマス・フェリップスにロペスを調査するように頼んだ。彼はスペイン領ネーデルラントで、エステヴァンフェレイラダガマとフエンテス伯爵の間の秘密の通信を発見しました。これに続いて、ロペスの宅配便業者、ゴメス・ダビラが逮捕されました。彼が尋問されたとき、彼はロペスを巻き込んだ。フェリペスはまた、「スペイン国王は、陛下を殺すために3人のポルトガル人を、フランス国王を殺すためにさらに3人を獲得した」と述べた手紙を発見しました。 (14)

1594年1月28日、エセックスはアンソニーベーコンに手紙を書きました。「私は最も危険で絶望的な反逆罪を発見しました。陰謀のポイントは彼女の陛下の死でした。死刑執行人はロペス博士でなければなりませんでした。毒による態度。これは私が持っていますそれに続いて、正午の日と同じくらいはっきりと見えるようにします。」 (15)

エセックスはフランシス・ベーコンを雇ってロドリゴ・ロペスに対する証拠を書き上げ、これは彼の裁判で彼に対して使用されました。司法長官のエドワード・コーク卿は、ロペスと彼の仲間がイエズス会の司祭たちに誘惑され、女王を殺すという大きな報酬を与えられたと主張して裁判を開始しました。 、彼らは天国を継承し、聖人として正規化されます。」彼は、ロペスは「陛下の誓いの僕であり、多くの王子様の好意で優雅に進歩し、特別な信用の場所で使用され、しばしば彼女の人へのアクセスを許可されたので、疑われていませんでした...このロペスは、殺人の裏切り者でありユダヤ人です医者は、ユダヤ人自身よりも、中毒を引き受けました。それは、前者のすべてよりも邪悪で、危険で、忌まわしい陰謀でした。」 (16)

コークは3人の男性の秘密のユダヤ教を強調し、彼らはすべて大逆罪で有罪判決を受け、絞首刑、引き分け、四分の一の刑を宣告されました。 (17)しかし、女王は彼女の医者の罪悪感に疑いを持ち続け、死刑判決を実行するために必要な承認を与えるのを遅らせました。ウィリアム・セシルは、ロペスが可能な調査から身を守るために処刑されたことを確認したかった。 「セシルの観点から、ロペスはあまりにも多くを知っていたので、沈黙させなければなりませんでした」。 (18)ロドリゴ・ロペス、マヌエル・ルイス・ティノコ、エステヴァン・フェレイラ・ダ・ガマは、1594年6月7日にタイバーンで処刑されました。

エセックス伯爵のロバート・デヴァルー、アンソニー・ベーコンの助けを借りて、彼は庶民院でウォリンフォードを代表しました。彼は、評判の悪いビショップスゲイト通りにあるロンドンの家を購入しました。彼女は、近くのバットインの存在が「絶え間ない間奏で、そこの住民を腐敗した卑劣な性向にさえ感染させた」と不平を言った。アン・ベーコンはまた、スペインの政治家アントニオ・ペレスとの関係についても懸念していました。彼は季節外れの談話を使ってあなたの健康を妨げます。彼女はまた、彼がエセックス伯に近すぎると思っていました。1596年にアンは次のように書いています。「あなたはこれまで価値のある友人として尊敬されてきました。今、彼の追随者と見なされる…それが一種の束縛にあったようにもたらされた」。(19)

ベーコンの健康状態は着実に悪化しました。 「ほぼ絶え間ない治療を必要とする彼の失敗した目...彼は他の病気を患っていました。肝臓、脳、甘いパン、ほうれん草、ルバーブ、アスパラガスなどの食物に対する偏見が彼が苦しんでいた腎臓に固形物を蓄積した多くのエリザベス人のように「石」。堆積物が小さな結晶性の大理石に成長し、人を殺す可能性があるため、鋭い痛みが背中と側面を通り抜け、尿中の血流が流れました。痛風の発作により、彼はペンを握ることがほとんど不可能になりました。」 (20)

カディスでのスペイン海軍への襲撃に成功した後、ベーコンのパトロンである第2エセックス伯爵のロバートデヴァルーはエリザベス女王と激しい意見の不一致を示しました。彼女はカディスから彼の部下に戦利品を与えたことでエセックスに激怒した。彼女はウィリアム・セシルにエセックスのキャンペーンの実施について調査を行うように命じました。彼は最終的に無能から解放されましたが、エリザベスは彼の行動を決して許さなかったと主張されています。 (21)エセックスは、後見裁判所の名誉ある儲かる役職に任命されることを望んでいた。ロジャー・ロッキャーによれば、女王は「彼の人気を信用せず、彼が進歩を主張した傲慢な態度にも憤慨したため、彼が望むものを彼に与えることを拒否した。(22)

1597年2月、アンソニーの兄弟であるフランシスベーコンは、エセックスは危険な人物であると判断し、ウィリアムセシルに手紙を書き、エセックスに代わって過去に行った仕事について謝罪しました。謙虚な態度のように、私はあなたの主権が私の過ちを許し、他の過ちを私に負わせないように祈っています...しかし私を毎日の義務で利益を得る人であると考えてください。」 (23)

1600年2月7日、エセックスは枢密院からの代表団によって訪問され、違法な集会を開催し、彼の家を強化したとして非難されたので、これは賢明な動きでした。逮捕と処刑を恐れて、彼は代表団を彼の図書館の武装警備員の下に置き、翌日、200人の武装した友人と信者のグループと一緒に出発し、街に入った。エセックスはロンドンの人々に、女王と国を脅かす勢力に対抗して彼と一緒に参加するよう促した。これには、ロバートセシルとウォルターローリーが含まれていました。彼は、敵が彼を殺害し、「イングランドの王冠」がスペインに売却されると主張した。 (24)

ラドゲートヒルで、彼の継父であるクリストファー・ブラント卿を含む彼の部隊は、兵士の会社に会いました。彼の信者が散らばったとき、何人かの男性が殺され、Blountは重傷を負いました。エセックスと約50人の男性がなんとか逃げ出したが、彼がエセックスの家に戻ろうとしたとき、彼はそれが女王の兵士に囲まれているのを見つけた。エセックスは降伏し、ロンドン塔に投獄されました。 (25)

1601年2月19日、エセックスと彼の部下の何人かはウェストミンスターホールで裁判にかけられました。彼は、女王の王冠と命を奪うことを企てただけでなく、ロンドン市民を反乱に駆り立てたとして非難されました。エセックスは「彼は彼の主権者に危害を加えることを決して望んでいなかった」と抗議した。クーデターは、単にエセックスの女王へのアクセスを確保することを目的としたものだと彼は主張した。 (26)エリザベス女王は、アンソニー・ベーコンにエセックスの家を去ることを強制したが、健康上の理由から、彼はエセックスの陰謀に関与した疑いはなかった。(27)

アンソニーベーコンは数か月後に亡くなり、1601年5月17日に埋葬されました。

アンソニーベーコンは1576年6月27日にグレイ法曹院に入院し、リチャードバーカーに師事した。当時の彼の書簡は、彼のかつての家庭教師ウィットギフトに対するピューリタンのトマス・カートライトの著作への関心を示しています。これは、彼の熱心な非国教徒の母親によって奨励された関心です。 1579年2月に父親が亡くなり、兄の異母兄弟との激しい戦いの後、ベーコンは年間360ポンド相当の財産を相続し、母親の死によりゴーハムベリーが返還されました(彼女は彼より9年長生きしました)。彼と有利に結婚する以前の試みは失敗しました、そして今21歳で、彼が抵当に入れることができる個人資産で、彼は海外に行くことに決めました。 1579年12月、バーグレーとフランス大使のミシェイル・ド・カステルナウ、モーヴィシエール特派員からの推薦状を武器に、彼はパリに出発し、そこでバーグレーとフランシス・ウォルシンガム卿の首席秘書官に諜報報告を提供し始めました。生涯の友人であり、後者の秘書であるニコラス・ファントの特派員。

エリザベスの最後のサークルの男性の間の口調は、彼らの物質的な野心が延期または妨害された場合、激しい悲劇に相当する、情熱的な悪用の感覚によって変化した、魅力的な自己主張の1つでした。これは特にローリーとエセックスでそうであり、より慎重に表現されたのは、故キーパー卿の2人の息子、アントニーとフランシスベーコンの3番目の派閥で発見されたということです。一人は非常に有能で、もう一人は天才でしたが、結婚した叔父のバーレイ卿は彼らを前進させませんでした。主会計は、彼の父親と後弯を心から愛している賢い息子のロバート・セシルのために、彼のすべての利益を守りたいと思っていました。後者は非常に慎重で行儀が良かった。残りは女王を有名な猟犬のように見つめ、彼女が他の誰かに何かを与えると唸りました。

アンソニーはフリーランスのスパイ兼学者としてヨーロッパの裁判所を歩き回った。彼は外交の進展に関する諜報報告をロンドンのサー・フランシス・ウォルシンガムに送り返し、さまざまな言語と拡大し続ける連絡先の輪を指揮できる秘書兼顧問として追加のお金を手に入れました。

彼は弱い目、痛風、そして彼の知恵で生きた石に悩まされていましたが、フランシスと彼の母親の喜びのために1592年の初めにイギリスに戻ることを決心したとき、彼は深刻な政治的野心を持つ廷臣にとって達成された貴重な資産でした。エセックスとベーコン兄弟がすべてのキャリアの中でこの重要な時期にどのように集まったかは定かではありません。フランシスとエセックスはおそらく以前に会ったことがあります。そして、トリオ全体は、老人がさまざまな時に穏やかにしかししっかりと義務に変わることを断ったバーグレー卿とのつながりを持っていました:2人の無一文の無題でやや知的な兄弟は彼が必要とするすべての知性を授けられた男にほとんど提供しませんでした:そして、エセックス伯は明らかにレスターの時流に縛られていたので、バーグレー卿の派閥との交際の試みからの成功を期待することはできませんでした。その上、バーグレーには彼が将来のオフィスのために手入れをしていた彼自身の息子ロバートがいました。

したがって、1592年の春、エセックスとベーコンの兄弟は、真の政治権力の要塞の外にいることに気づきました。しかし、彼らの間には、参入を強制するために必要な知性、産業、連絡先、富、血統がありました。次の6年間の物語は、彼らがどのようにしてそれを実行し、潜在的に圧倒的な力の位置を自分たちで切り開いたのかという物語です。そして、その後の3年間の物語は、ロンドン塔での私的な処刑で終わりました。 -エセックス伯爵が3人が巧みに成し遂げたすべてのものをどのように捨てたかの物語です。

ヘンリー8世(回答解説)

ヘンリー7世:賢いまたは邪悪な支配者? (回答解説)

ハンス・ホルバインとヘンリー8世(回答解説)

アーサー王子とアラゴンのキャサリンの結婚(回答解説)

ヘンリー8世とアン・オブ・クレーヴズ(回答解説)

キャサリンハワード女王は反逆罪で有罪でしたか? (回答解説)

アン・ブーリン-宗教改革者(回答解説)

アン・ブーリンは右手に6本の指を持っていましたか?カトリックのプロパガンダに関する研究(回答解説)

なぜ女性はヘンリー8世のアン・ブーリンとの結婚に敵対したのですか? (回答解説)

キャサリン・パーと女性の権利(回答解説)

女性、政治、ヘンリー8世(回答解説)

トマス・クロムウェルの歴史家と小説家(回答解説)

マルティン・ルターとトマス・ミュンツァー(回答解説)

マルティン・ルターとヒトラーの反ユダヤ主義(回答解説)

マルティン・ルターと宗教改革(回答解説)

メアリーチューダーと異端者(回答解説)

Joan Bocher-アナバプテスト(回答解説)

アン・アスキュー–火刑(回答解説)

エリザベスバートンとヘンリー8世(回答解説)

マーガレット・チェイニーの処刑(回答解説)

ロバート・アスキー(回答解説)

修道院解散令(回答解説)

恩寵の巡礼(回答解説)

チューダーイングランドの貧困(回答解説)

エリザベス女王が結婚しなかったのはなぜですか? (回答解説)

フランシス・ウォルシンガム-コードと暗号解読(回答解説)

トマス・モア卿:聖人か罪人か? (回答解説)

ハンス・ホルバインの芸術と宗教的宣伝(回答解説)

1517メーデー暴動:歴史家はどうやって何が起こったのかを知るのですか? (回答解説)

(1)アラン・スチュワート、 アンソニーベーコン:英国人名事典のオックスフォード辞書 (2004-2014)

(2)リン・マグナソン、 アンベーコン:英国人名事典のオックスフォード辞書 (2004-2014)

(3)アラン・スチュワート、 アンソニーベーコン:英国人名事典のオックスフォード辞書 (2004-2014)

(4)リン・マグナソン、 アンベーコン:英国人名事典のオックスフォード辞書 (2004-2014)

(5)マルック・ペルトネン、 フランシスベーコン:英国人名事典のオックスフォード辞書 (2004-2014)

(6)ロジャー・ロッキャー、 チューダー朝とスチュアート朝 (1985)153ページ

(7)ロバート・レイシー、 エセックス伯ロバート (1971)95ページ

(8)アラン・スチュワート、 アンソニーベーコン:英国人名事典のオックスフォード辞書 (2004-2014)

(9)マルック・ペルトネン、 フランシスベーコン:英国人名事典のオックスフォード辞書 (2004-2014)

(10)ピーター・アクロイド、 チューダー (2012)447ページ

(11)アラン・スチュワート、 アンソニーベーコン:英国人名事典のオックスフォード辞書 (2004-2014)

(12)ロバート・レイシー、 エセックス伯ロバート (1971)95ページ

(13)アンナ・ホワイトロック、 エリザベスのベッドフェロー:女王の宮廷の親密な歴史 (2013)278ページ

(14)エドガー・サミュエル、 ロドリゴロペス:英国人名事典のオックスフォード辞書 (2004-2014)

(15)エセックス伯ロバート・デヴァルー、アンソニー・ベーコンへの手紙(1594年1月28日)

(16)エドワード・コーク卿、ロドリゴ・ロペスの裁判での演説(1594年2月)

(17)エドガー・サミュエル、 ロドリゴロペス:英国人名事典のオックスフォード辞書 (2004-2014)

(18)アンナ・ホワイトロック、 エリザベスのベッドフェロー:女王の宮廷の親密な歴史 (2013)281ページ

(19)アラン・スチュワート、 アンソニーベーコン:英国人名事典のオックスフォード辞書 (2004-2014)

(20)ロバート・レイシー、 エセックス伯ロバート (1971)108ページ

(21)ロジャー・ロッキャー、 チューダー朝とスチュアート朝 (1985)196ページ

(22)フィリッパ・ジョーンズ、 エリザベス:聖母女王 (2010)251ページ

(23)アンナ・ホワイトロック、 エリザベスのベッドフェロー:女王の宮廷の親密な歴史 (2013)ページ319-320

(24)Paul E. J. Hammer、 クリストファーブラント:英国人名事典のオックスフォード辞書 (2004-2014)

(25)リチャード・レックス、 エリザベス:フォーチュンのろくでなし (2007)203ページ

(26)レイシー・ボールドウィン・スミス、 チューダーイングランドの反逆罪 (2006)268ページ

(27)マルック・ペルトネン、 フランシスベーコン:英国人名事典のオックスフォード辞書 (2004-2014)


ベーコン

ベーコン は、さまざまなカット、通常は豚バラ肉または脂肪の少ないバックカットから作られた塩漬け豚肉の一種です[1]。それは、おかずとして(特に朝食で)それ自体で食べられるか、または料理に風味を付けるための微量成分として使用されます(例えば、クラブサンドイッチ)。ベーコンは、ローストのバーディングやラーディング、特に鹿肉やキジを含むゲームにも使用され、肉の上に重ねることでローストの接合部を断熱または風味付けするためにも使用できます。この言葉は古高ドイツ語に由来しています バーホ、「臀部」、「ハム」または「ベーコンの側面」を意味し、古フランス語と同族です ベーコン。 [2] [3]それはまた現代ドイツ語と遠く同族であるかもしれません バウフ、「腹部、腹」を意味します。 [4]

牛肉、子羊肉、鶏肉、山羊、七面鳥などの他の動物の肉も、ベーコンに似せてカット、硬化、またはその他の方法で準備することができ、たとえば「七面鳥ベーコン」と呼ばれることもあります。 [5]両方の宗教が豚肉の消費を禁止しているため、このような使用はユダヤ人とイスラム教徒の人口が多い地域で一般的です。 [6]「ソイベーコン」などのベジタリアンベーコンもあります。


植民地時代のアメリカにおける人種と帰属:アンソニー・ジョンソンの物語

白人至上主義者グループは、17世紀のバージニアで自由になった黒人の強制労働者であるアンソニー・ジョンソンが、合衆国になったイギリスの植民地で最初の合法的な奴隷所有者であったと主張しました。その主張は歴史的に誤りで誤解を招くものです。 ジョンソンの人生と奴隷制の始まりに関して、次のことに注意することが重要です。

  • 北米における奴隷制度の発展は複雑でした。 17世紀には、アフリカ人の奴隷化は年季奉公と共存し、両方を統治する法律は流動的でした。
  • アンソニー・ジョンソン自身、北アメリカに連れてこられたときにイギリス人入植者に奴隷にされました。
  • ジョンソンが北アメリカに連れてこられたとき、植民地時代のバージニア社会における地位と権力は、肌の色や人種の概念よりも、自分の宗教や所有物かどうかに大きく依存していました。
  • 17世紀のある期間、ジョンソンのような奴隷の一部は、自由を手に入れ、土地を所有し、使用人を雇うことができました。
  • しかし、17世紀の終わりまでに、植民地は人種のカテゴリーに基づいて法的な区別をし始め、白人のヨーロッパ系アメリカ人の権利が増加する一方で、黒人の法的地位は悪化しました。黒人に分類されたジョンソンの子孫は、彼から受け継いだ財産を剥奪されました。
  • 18世紀初頭、植民地では奴隷制が生涯にわたって遺伝し、人種のみに基づいた奴隷制が確立されました。

なぜ白人至上主義者はこれらの主張をしているのですか? 彼らは動産奴隷制の歴史の否定と、特に黒人アメリカ人へのその影響を促進することを含むいくつかの理由でこれを行っています。詳細については、次の記事を参照してください。

序章

少なくとも400年間、「人種」の理論は、多くの個人、指導者、および国家が誰が属し、誰が属さないかを決定するためのレンズでした。この理論は、人類は別個の「人種」に分けられ、これらの人種の存在は科学的証拠によって証明されているという信念に基づいています。今日、ほとんどの生物学者と遺伝学者はこの主張に強く反対しています。人種と人種差別の進化を研究した歴史家の中には、現代の「人種的思考」の多くを、現在の米国であるバージニア植民地での奴隷制の初期にまでさかのぼる人もいます。

1619年に最初のアフリカ人がバージニアに連れてこられたとき、植民地の地位と権力は、肌の色や人種の概念よりも、自分の宗教や所有物かどうかに大きく依存していました。奴隷にされたアフリカ人、奴隷にされたネイティブアメリカン、そしてヨーロッパの年季奉公はバージニアのタバコ畑で働いていました。年季奉公は、新世界への渡航と引き換えに、特定の期間プランターで働くことに同意し、その後、彼らはしばしば自由になった。奴隷にされたネイティブアメリカンかアフリカ人のどちらかが北アメリカに来ることを余儀なくされたが、時には彼らの自由を得ることができた。しかし、年季奉公が一般的でなくなり、奴隷制が生涯にわたって奴隷化され、アフリカ系の人々だけが奴隷化されたイギリスの植民地で定着したため、これはすぐに変わります。

一人の男性、アンソニー・ジョンソンの物語は、南北戦争まで繁栄した人種に基づく奴隷制の制度の基礎を築いたバージニア社会の変化を説明するのに役立ちます。ジョンソンは1622年にイギリス人入植者に奴隷にされてバージニアに連れてこられました。彼は自由を手に入れ、土地を所有し、自分の使用人を雇うことができましたが、彼の子孫はこれらのことをすることを許可されませんでした。チャールズジョンソンとパトリシアスミスがジョンソンの物語を語ります。

パート1

アントニオは、乗船の1年前にアンゴラ[アフリカ]から植民地に到着した可能性があります。 ジェームズ。タバコ畑で苦労するためにボンデージに売られた「アントニオ、ニグロ」は、1625年の国勢調査で「使用人」としてリストされています。バージニアには奴隷制の規則はありませんでした。したがって、アントニオが希望を知っていた可能性があります。おそらく彼は、贖いが可能であり、使用人としてさえ彼に機会が存在したと感じたのでしょう。 。 。


「メアリー・ア・ネグロの女性」は、 マーグレット とジョン。すぐに彼女はアントニオの妻になりました。

「AntoniotheNegro」は、地主のAnthonyJohnsonになりました。 。 。

ジョンソンがいつどのように解放されたかは正確にはわかっていませんが、1641年の裁判所の記録によると、アンソニーは黒人の召使いであるジョン・カソーの主人でした。その間、夫婦は快適でありながら控えめな土地に住み、アンソニーは家畜を飼育し始めました。 1645年、裁判所の記録に「Anthony the Negro」と特定された男性が、「今では自分の土地がわかったので、好きなときに働き、好きなときに遊ぶ」と述べています。

それらの言葉を話したのが実際にアンソニー・ジョンソンであったことを証明することはできません。しかし、彼がそれらを話さなかったならば、彼はそれらを感じ、彼が彼の足の下の土地を感じたのと同じくらい確実にそれらを感じました。言葉は彼の心の状態を反映しているほど、彼の所有権の状態を反映していませんでした。彼は土地を所有していた。彼はいつでも好きなときに土を耕し、好きなものを植え、他の誰かに土地を売り、休耕させ、その問題から立ち去ることができました。彼は自分の家、つまり自分の家に座って、土地を完全に無視することができました。アンソニーは自分を支配している男でした。

理解質問

  1. この節で説明されている国勢調査文書と裁判所の記録では、アンソニーはどのように識別されていますか?彼の説明の仕方は、彼の話の中でこれまでのところ何らかの結果をもたらしているように見えますか?
  2. アンソニーが1641年以前に解放されたことを歴史家に示唆する詳細は何ですか?
  3. 著者によると、アンソニーはそれが自由であるとはどういう意味だと思いましたか?自由の利点は何ですか?

パート2

1650年までに、ジョンソンズはバージニア州東岸のパンゴーティーグクリークに沿って広がる250エーカーの土地を所有し、ヘッドライトシステムを通じて取得しました。これにより、プランターは植民地に連れてこられた各使用人の作付面積を主張することができました。アンソニーは5つのヘッドライトを主張しました。 。 。

彼がどのように作付面積を増やしたとしても、アンソニーの「所有地」は今や手ごわいものでした。

カップルはアメリカンドリームの17世紀のバージョンを生きていました。アンソニーとメアリーは、確かに彼らのために働いているように見えるシステム、所有権と達成を同一視するシステムを信じない理由はありませんでした。彼らの肌の色がなければ、彼らは英語だったかもしれません。

契約書に署名をした人は、これらの契約の約束を受け取った人はほとんどいませんでした。奴隷状態の終わりに、多くの人々は彼らが再び彼らの生活を始めるのに必要な土地を拒否されました。アンソニー・ジョンソンは、自分の世界の一部と見なすことができる数少ない選ばれた人物の1人でした。

1653年に、消費する炎がジョンソン農園を襲いました。火事の後、裁判所の裁判官は、ジョンソンズは「バージニア州に30年以上も住人がいる」と述べ、彼らの「勤勉さと既知の奉仕」で尊敬されていた。夫婦が救済を要求したとき、裁判所はメアリーと夫婦の2人の娘を一生郡の課税から免除することに同意しました。これは、アンソニーが再建するためにお金を節約するのを助けただけでなく、すべての自由黒人の男性と女性に税金を払うことを要求する法律に直接反抗しました。

翌年、白いプランターのロバートパーカーは、アンソニージョンソンの使用人ジョンカソーの自由を確保しました。ジョンカソーは、パーカーと弟のジョージに、彼が違法に年季奉公であると確信させていました。アンソニーは後に決定と戦った。長い訴訟手続きの後、Casorは1655年にJohnson家に返還されました。

これらの2つの有利で非常に公的な決定は、ノーサンプトン郡でのアンソニーの立場について多くを語っています。ニグロであるジョンソンが法廷で証言することを許可されたという事実は、コミュニティにおける彼の立場を証明しています。火事後の地域社会の慈悲の場合、アンソニーがニグロであったという事実は、実際には絵の一部のようには見えませんでした。彼は有能なプランターであり、良き隣人であり、彼の激しい不幸の後で休憩に値する献身的な家族の人でした。カソールをめぐる法廷闘争の場合、アンソニーの財産に対するビジョンとそれに与えられた価値は、彼の白人の隣人や法廷の紳士たちのそれを反映していました。アンソニージョンソンは、システムを動作させることを学びました。それは彼のために働いているように見えたシステムでした。

理解質問

  1. 著者が示唆していることに基づいて、バージニア州の住民が英語と見なされるために何が必要でしたか?
  2. 3番目の段落のどのフレーズが、著者が「アメリカンドリームの17世紀版」によって何を意味するかを最もよく要約していますか?
  3. ジョンソンズがバージニア州の義務の宇宙の一部であったかどうかを示唆するこの箇所で、どのような証拠を見つけることができますか?

パート3

[私] 1670年の春。 。 。 「ニグロのアントニオ」は、彼自身の条件で長生きしたことで尊敬されていましたが、彼の人生の終わりを迎えました。彼をこの世界に縛り付けている束縛が解き放たれたとき、彼はまだ自由人でした。

。 。 。しかし、その年の8月、真っ白な陪審員は、バージニア州のアンソニーの元の土地は、「彼はニグロであり、結果として外国人だったため」、州によって(彼の生き残った家族から)押収される可能性があると裁定しました。そして、アンソニーが息子のリチャードに与えた50エーカーは、裕福な白人の隣人であるジョージ・パーカーの手に渡った。自由人のリチャードが妻と子供たちと一緒に5年間この土地に住んでいたことは問題ではありませんでした。

新世界で家族に非常によく役立っていた「勤勉で知られている奉仕」は、今では彼らの肌の色に次ぐものでした。地主であり自由人であるアンソニー・ジョンソンが存在しなくなったため、捕虜となった奴隷「アントニオ、ニグロ」が自信を持てるようになった世界。バージニア人はもはや労働者を彼らの農園に誘い込む必要はありませんでした。今、彼らはそれらを購入し、そこでチェーンすることができました。 1


帰り道:ベーコンの起源(西暦前1500年)

職人技の全燻製スラブベーコン。

人類のベーコンへの愛情は、以前ではなかったとしても、紀元前1500年までさかのぼることができます。これは中国人が豚バラ肉を塩漬けにして治し始めた時です。世界のほぼすべてのトレンドと同様に、この塩漬けと硬化のプロセスは進みました。それは最終的に世界の他の地域で人気を博し、さまざまな文化に組み込まれるにつれて進化しました。

ギリシャ人とローマ人はベーコンを食べました、そして、時間が経つにつれて、この完璧な豚肉製品はイギリス、フランス、ドイツ、そして最終的にはアメリカで楽しんだ。

ベーコンはよく移動し、その硬化プロセスが冷蔵を必要としないことを意味したという事実のために、大衆のためのタンパク質の供給源になりました。


&#8216ベーコンと卵&#8217がアメリカンブレックファーストになった経緯

朝食のベーコンはアップルパイと同じくらいアメリカ風のようです。そして確かに、ベーコンは植民地時代からアメリカの食事の主食でした。豚は家畜化が比較的容易であり、ベーコンを保存するブライニング/塩漬けプロセスにより、冷蔵前の数日間で肉が繁殖することができました。

近年、ベーコンは、レストラン、フェスティバル、ホームシェフがあらゆる種類のクレイジーなことをするという大衆文化の中で大きな上昇を遂げています(チキンフライドベーコン、またはオールベーコン&#8216アメリカのハンバーガーは誰ですか?)。しかし、アメリカの想像上のベーコンの場所は、主にベーコンと卵の古典的なアメリカンブレックファーストにあり、トーストやジャガイモのスライスがそれに合うかもしれません。アメリカ国外を旅行するときのアメリカンブレックファーストです。メニューには、アイリッシュ、イングリッシュ、コンチネンタルの朝食と区別するためのアメリカンブレックファーストがあります。

信じられないかもしれませんが、ベーコンとアメリカンブレックファーストとの関係はわずか1世紀前のものです。この前に、アメリカ人の大多数は、果物、穀物のお粥(オート麦、小麦、またはトウモロコシの食事)またはロール、そして通常は一杯のコーヒーを含むかもしれない、より控えめな、しばしば肉のない朝食を食べました。

では、ベーコンはどのようにしてアメリカンブレックファーストと関連するようになったのでしょうか。広報と広告の祖父、エドワード・バーネイズ氏を紹介します。

オーストリア生まれのバーネイズはジークムント・フロイトの甥であり、心理学を使って人々に製品やアイデアを買わせるのが得意でした。彼は、アメリカ歯科医師会を利用して、水の繁殖が一般の人々にとって安全で健康的であることを人々に納得させるために、Aluminum Company ofAmericaに雇われた男でした。ディキシーカップスの彼のキャンペーンは、人々が飲んでいるグラスが不衛生であり、使い捨てのカップに置き換えることができると考えるように人々を怖がらせました。バーネイズは1924年に彼の再選キャンペーンを実行するのを助けるためにクーリッジ大統領に雇われ、パンケーキをめぐる会談のために国の主要なヴォーデビル人をホワイトハウスに招待するようクーリッジを奨励した。これは、現在、大統領と評議会のメンバーの間で非常に人気のある、最初に知られている政治的なパンケーキの朝食の1つでした。

1920年代、バーネイズは、豚肉製品からノスタルジックなブナナッツ風船ガムまで、あらゆるもののブナナッツパッキングカンパニーと#8211の生産者からアプローチを受けました。ブナナッツは、ベーコンに対する消費者の需要を増やしたいと考えていました。 Bernays turned to his agency’s internal doctor and asked him whether a heavier breakfast might be more beneficial for the American public. Knowing which way his bread was buttered, the doctor confirmed Bernays suspicion and wrote to five thousand of his doctors friends asking them to confirm it as well. This ‘study’ of doctors encouraging the American public to eat a heavier breakfast – namely ‘Bacon and Eggs’ – was published in major newspapers and magazines of the time to great success. Beech-Nut’s profits rose sharply thanks to Bernays and his team of medical professionals.


Merthyr’s Ironmasters: Anthony Bacon

Anthony Bacon was born at St Bees near Whitehaven in Cumberland. His exact date of birth is not known, but records show that he was baptized at St Bees on 24 January 1717.

His father, William, and grandfather, Thomas, were ships’ captains in the coal trade between Whitehaven and Ireland, though his father also made several trading voyages to the Chesapeake. His mother died in 1725, when he was eight, and his father a few years later, and the boy was taken to Talbot county on the eastern shore of Maryland, where he was raised by his maternal uncles, Thomas and Anthony Richardson, who were merchants there. Young Anthony was trained by them as a merchant and as a mariner. He apparently made a good impression for, on coming of age, he was in 1738 made master of the ヨーク, a vessel in the Maryland tobacco trade owned by John Hanbury, the leading London tobacco importer.

After the death of his two uncles, Bacon moved to London, from where he operated as an itinerant merchant mariner during the period NS.1742–1747 and as a resident merchant thereafter. In the 1740s he traded primarily with Maryland, but in the 1750s added Virginia and the Spanish wine trade. During the Seven Years’ War he entered government contracting in collaboration with John Biggin, a native of Whitehaven and a large London coal merchant (who had been a major navy victualling contractor in the 1740s). Bacon was recognized as a specialist in shipping, and he provided vessels and carrying services to the Royal Navy. He was a major transporter of victuals in the Quebec campaign of 1759. In the later stages of the war he also branched out into army contracts, undertaking to victual and pay the troops stationed on the African coast at Fort Louis, Senegal, and at Goree.

Between 1760 and 1766, Anthony Bacon was full or partial owner of five ships that completed a total of six Atlantic slave trade voyages. In 1764, Bacon withdrew from the tobacco trade, and concentrated on trade to, and contracting in, new British colonies in the West Indies and west Africa. At the same time to aid his business in government contracts, he was elected as Member of Parliament for the borough of Aylesbury, which he represented until 1784, by which time the participation of MPs in government contracting had been prohibited.

It was in 1765 that Bacon branched out and went into partnership with William Brownrigg of Whitehaven, taking out a lease on 4,000 acres of land in the Merthyr Valley. After obtaining the mineral-rich land very cheaply, they employed Charles Wood to build Cyfarthfa Forge using his patented potting and stamping process to make pig iron into bar iron. This was followed by a blast furnace at Cyfarthfa, 50 feet high and opened in 1767. In 1766, Bacon took over the Plymouth Ironworks to supply pig iron to his forge. Brownrigg partnership was dissolved in 1777.

Cyfarthfa Works and Cyfarthfa House (Anthony Bacon’s residence) in the 1790’s from a drawing by William Pamplin. Photo courtesy of Cyfarthfa Castle Museum & Art Gallery

Bacon’s government contracts included supplying ordnance. In 1773, after the Carron Company’s guns had been withdrawn from service as dangerous, Bacon offered to provide three cannon for a trial, made respectively with charcoal, coke, and mixed fuel. He also delivered a fourth with then ‘cast solid and bored’. This gun was reported to be ‘infinitely better than those cast in the ordinary way, because it makes the ordnance more compact and consequently more durable’, despite the greater expense. This led to a contract in 1774. These guns were apparently cast by John Wilkinson until Bacon’s contract with him ended in 1776. The next year, Bacon asked for Richard Crawshay’s name to be included in his warrants, and from this time the cannon were cast at Cyfarthfa. This continued until Bacon as a member of parliament was disabled from undertaking government contracts in 1782, when the forge and some of the gun foundry business were leased to Francis Homfray.

Anthony Bacon had married Elizabeth Richardson who had borne him a son, Anthony who sadly died at the age of 12. While Elizabeth remained at Cyfarthfa House – the residence he had built in about 1770, Bacon, as a member of parliament, spent much time in the capital, where he kept a mistress, Mary Bushby, during the years NS.1770 to 1786. At his death, in Cyfarthfa on 21 January 1786, Mary was left with their daughter, Elizabeth, and four sons, Anthony, Thomas, Robert, and William, of whom only the first two reached adulthood. Bacon was buried in London, at St Bartholomew by the Exchange. He made generous provision in his will for Mary Bushby and for the education of her children. He left his ironworks to his sons, but the two survivors, Anthony and Thomas, when they came of age, first leased and then sold their inherited undertakings to Richard Crawshay.


Rebellion Fizzles Upon Bacon&aposs Death

Finally, the Crown intervened. News had taken months to travel to England, and Charles II took until late October to respond. By then, Bacon’s rebellion was falling to pieces. The day before Charles II’s proclamation about the rebellion, Bacon died of dysentery. Without their leader, the rebels floundered. Berkeley, assisted by an English naval squadron, soon defeated the remainder of the rebels, and Berkeley returned to Jamestown.

There, he exacted his final revenge against Bacon. At Berkeley’s insistence, 23 of Bacon’s supporters were hanged. “The governor would have hanged half the country, if they had let him alone,” remarked one observer.

Berkeley didn’t get the chance. Charles II’s commission clashed with the governor, whose authority had been undermined and whose 27 years of governance were now ending in disgrace. After arguing with the commissioner, who had been given authority to end Berkeley’s governorship, Berkeley went to England to beg Charles II to let him keep his post.

“Sick, and weakened by the crossing, six weeks later Berkeley landed in London a broken man,” writes historian Warren M. Billings. “Gone were his allies at court. The old governor&aposs one desire was to clear himself with the king. There was no opportunity.” Berkeley died before he ever saw the king.


Paul Anthony Bacon

Paul Bacon was the first professor of rheumatology in Birmingham UK and a great enthusiast for medicine, science, music and art. His parents were members of the Fabian Society and he always had left of centre leanings. He went to Leighton Park School, a Quaker school in Reading, where his passion for biology and botany was stimulated. This led him to break with the family actuarial tradition and choose medicine as a career. He went to Trinity Hall, Cambridge, where he read medicine, then to St Bartholomew's Hospital to do his clinical training. After graduating, he was a junior physician in the cardiology unit at Barts, where he was introduced to the value of precise measurement.

From 1964 he was a research fellow at the Kennedy Institute of Rheumatology in London. After four years he returned to Barts as a senior registrar and in 1971 he was awarded a Geigy travelling fellowship and spent a year in Carl M Pearson’s department at UCLA California working on measurement in animal models of arthritis.

He returned to the UK as a consultant rheumatologist at the Royal National Hospital for Rheumatic Diseases in Bath. He quickly took over the empty lab in the basement and continued with the work he had been doing in UCLA on cellular immunity in the synovial tissue. In theory, this was just a sideline to his clinical work at the 100-bedded hospital and also at Southmead Hospital in Bristol, although the research became increasingly more important over time. He set up specialist clinics (for example, a systemic vasculitis clinic with research fellows) and collaborations with other specialities (including with pharmacologists at Bath University).

In 1981, the Arthritis Research Campaign endowed a chair of rheumatology in Birmingham, to which Paul was appointed. His 10-year plan was to stimulate the development of rheumatology in Birmingham and the West Midlands, and to develop a first class combined clinical and laboratory unit. He achieved this and much more. Collaboration with others both nationally and internationally underpinned all his work. Continuing his focus on the importance of measurement, he set up BILAG (the British Isles Lupus Assessment Group) in 1984 with others in the UK. In 1991, this became the SLICC (Systemic Lupus International Collaborating Clinics) group, of which he was a founder member.

In 1988, he spent a sabbatical year at the National Institutes of Health in the States in the lab. This gave him renewed energy to pursue his work in Birmingham and continue with more collaborations with colleagues in Birmingham, Britain, across Europe, the USA and with India. He helped to develop BVAS (the Birmingham Vasculitis Activity Score), and set up paediatric rheumatology in Birmingham.

He stepped down from the chair in 2002 and established the Birmingham Arthritis Resource Centre, a charity run mainly by volunteers. Over his years as a clinician he identified a gap in provision of good patient education, which he wanted to redress. The charity offered help for arthritis sufferers, their families and carers, enabling them to learn about their disease and about self-management away from the hospital environment.

His other energies at this time were put into work with his Indian colleagues, helping develop research activity in India and developing a Takayasu Activity Score with them. He made many trips over there, sometimes with his wife to enjoy their passions for bird watching and temple visiting.

Over the years he was a good clinician and teacher of young doctors he loved educating juniors and since his death many have expressed the huge sense of gratitude they have for his mentoring and leadership. He opened his house and provided hospitality to lots of foreign doctors, from a single night to several months and, in one case, for years. His real love was his drive through research to improve knowledge of the vascular diseases for the benefit of patients and he was a perfectionist in his academic work, always promoting precision of thought and word.

Despite great dedication to his work, Paul continued his own self-education in other domains throughout his life. He was interested in everything and always had strong views on matters such as politics, world affairs and religion, expecting others to be the same. He loved a good debate, even if he felt in his heart he was right. He and his wife Jean (née Leech) shared a love of jazz and classical music and supported new music ventures in Birmingham. They travelled an enormous amount, enjoying nature, new landscapes and architecture. Finally, in 2014, he and Jean moved away from Birmingham to the Lancashire countryside and a different life. He joined the Rotarians and took on the chair of the management trustees of the DanceSyndrome charity. He was able to bring his skills of getting grants and promoting patient education and self-management to help bring focus and recognition to the charity. He and Jean were able to devote a bit more time to walking the dog, bird-watching, music and theatre, although the garden always retained a very strong pull (at times to Jean’s frustration).

Paul was survived by his wife, five children/stepchildren (Emma, Tim, Sarah, Alison and Lucy) and nine grandchildren, Leo the dog, a beautiful garden and many happy memories.



IX Anthony Bacon and Richard Crawshay

Far up the Taff Valley in Glamorgan, some 570 feet above sea-level, stands the town of Merthyr Tydfil, and on the western side of the river at the point where the Taff begins to cross the coal measures, there grew up one of the largest ironworks in the world. The story of Cyfarthfa, which was the name of the site and, subsequently, of the works themselves, begins with Anthony Bacon, that “energetic and influential man”, 1 who, after occupying himself for some time as a storekeeper in colonial Maryland, returned to England and by 1745 was established in London. His activities and rôles were many and varied, ranging from shipowning to the possessing of fishing rights off the coast of Cumberland and coal mines on Cape Breton Isle. In addition, he held general government contracts, such as that for supplying garrisons in Senegal with provisions, and of furnishing negroes to the government in the West Indies. 2 However, he relinquished all his contracts on the excuse that they were unprofitable to him, 3 Ibid, p 43 and although this was very probably the case, a contributory cause was, undoubtedly, the transference of his interests to the barren mountains of Wales. 4