エドワードチャップマン

エドワードチャップマン


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

リッチモンドの弁護士であるトーマス・チャップマン(1771–1833)の6人の息子と3人の娘の家族の9人の子供のうちの1人であるエドワード・チャップマンは、1804年に生まれました。

1830年、彼はウィリアムホールと協力して、ロンドンの186ストランドに書店と出版の事業を設立しました。ロバートL.パッテンによると、「1835年までに、彼らは毎週または毎月発行されるイラスト付きのフィクションや雑誌に拡大していました。そのような周期性により、顧客は定期的に店に戻り、会社の資本を頻繁にリサイクルするようになりました。」アーサーウォー、の著者 出版の百年:チャップマン&ホールの物語であること (1930)チャップマンを「静かで引退した男……情報に満ちていて、どんな主題についても彼の判断を聞くことは大きな特権であったことを非常に広く心に留めていた」と述べた。

1835年、チャップマンアンドホールは、当時の「最も多様で最も多作な」風刺画家と見なされていたロバートシーモアによる詩、政治、人格のスクイブアニュアルを出版しました。翌年、シーモアはウィリアムホールに、コックニーのスポーツマンのグループの悪用の記録を毎月の部分でシリングで公開するように提案しました。ホールはチャールズホワイトヘッドに言葉を提供するように近づいた。彼はフィクション図書館の編集者に任命されたばかりで、申し出を受け入れるのに忙しかった。ホワイトヘッドは、大成功を収めた作家のチャールズ・ディケンズにアプローチすべきだと提案しました。 ボズのスケッチ集、プロジェクトのライターになること。

チャップマンはディケンズに毎月のエピソードごとに14ポンドを提供し、シリーズがうまくいけば料金が上がるかもしれないと付け加えた。ジョンR.ハーベイ、の著者 ビクトリア朝の小説家とそのイラストレーター (1970)は、「しかし、ディケンズは他人の写真を書くつもりはなかった。シーモアの計画が彼に提出されたとき、彼は自分の物語を書くべきであり、シーモアはそれを説明するべきだと主張した」と主張した。ディケンズはすでに漫画のキャラクター、サミュエル・ピックウィックというアイデアを持っていました。サミュエル・ピックウィックは、おいしい料理を好み、飲みすぎる傾向がある、裕福で引退したビジネスマンです。彼は、ジャーナリストとして働いていたときにコーチを使っていたバースのコーチ経営者であるモーゼス・ピックウィックに基づいていました。の最初の数 ピックウィックペーパー 1836年3月に登場しました。32ページの印刷物と4つの彫刻が施された緑色のラッパーで提供され、価格は1シリングでした。

4月18日、チャールズ・ディケンズはロバート・シーモアと会談しました。ピーター・アクロイドによれば、「ディケンズは、シーモアが彼のイラストの1つを変更することを提案することによって、彼らのベンチャーに対する所有者の権利を主張しました。イズリントンにある彼の庭の家は、引き金にひもを付けて銃を構え、頭を撃ち抜いた。彼は、多くのイラストレーターのように、憂鬱で、ある意味で人を妨害した。ディケンズの変更要求は、イラストは彼の自殺の原因の1つでしたが、これはほとんどありそうにありません。シーモアは職業生活の義務に慣れていて、最終的に彼を殺したのは本質的に不安と過労だったようです。」

ディケンズはチャップマンアンドホールに、ハブロットナイトブラウンが新しいイラストレーターになるべきだと提案した。彼の伝記作家であるロバートL.パッテンは、次のように指摘しています。機知に富んだ、そして自尊心のある」ジョン・R・ハーベイは次のように論じています。「ハブロット・ナイト・ブラウンはディケンズより若く、あまり知られておらず、しなやかでした。コラボレーションは調和がとれていて幸せでした。」

ディケンズがサム・ウェラーのキャラクターを紹介した後、 ピックウィックペーパー、売上高は劇的に増加しました。主人公の従者であるウェラーは、「機知、シンプルさ、趣のあるユーモア、忠実さの複合体であり、ロンドンの低生活を最も快適で面白い形で具現化したものと見なすことができます」と説明されています。ディケンズはホールに次のように語った。「私が100年生きて、それぞれに3つの小説を書くとしたら、私はピックウィックのように、それらのどれも誇りに思うべきではありません。」

ブラウンのイラストもディケンズの作品の販売に役立っていました。書店の窓に飾られていたのはエッチングでした。ヘンリー・ヴィゼテリー、後に彼の自伝に記録され、 70年を振り返る (1893): "ピックウィック その後(1836年に)緑色の月間番号で表示され、貧しいファンが本屋の窓に鼻を平らにし、エッチングをよく見ることを熱望し、活版印刷のすべての行を熟読するやいなや、新しい番号が発行されました。視界にさらされる可能性があり、拍手喝采する傍観者に頻繁に声を出して読んでいます。」

1837年5月 ピックウィックペーパー 20,000部以上を売りました。チャップマンとホールは、通常の支払いを上回るボーナスとして、ディケンズに500ポンドの小切手を送ったことをとても喜んでいました。シリーズの終わりまでに、それは月に40,000部以上を売りました。ディケンズは彼の努力に対して£2,000を受け取りましたが、チャップマンとホールはベンチャーから約£14,000を稼ぎました。ディケンズの親友であるジョン・フォースターは、出版社の文学顧問になりました。

1838年1月、チャールズディケンズは、彼の3番目の小説の制作を開始しました。 ニコラス・ニクルビー。お気に入り オリバーツイスト それはプロパガンダ小説になることでした。ディケンズは後に、この作品の主な目的は「イギリスにおける教育の巨大な怠慢と、善悪の市民、そして惨めなまたは幸せな男性を形成する手段としての国家によるそれの無視」を明らかにすることであったことを想起した。ディケンズはリチャードベントレーに幻滅し、彼はこの小説がチャップマンアンドホールから出版されることを決定しました。最初のエピソードは1838年4月に公開されました。最初の数日間で50,000部以上が販売されました。

ニコラス・ニクルビー ディケンズは小説の執筆から休むことを決定し、週刊誌のマスターハンフリーズクロックを編集するためにウィリアムホールとの契約に合意しました。ホールは、各号に50ポンドと、利益の半分を支払うことに同意しました。ディケンズは、他の作家に仕事を依頼し、短編小説や時折エッセイを自分で寄稿することを計画していました。雑誌はアメリカとヨーロッパで販売されることになっていて、ディケンズはベンチャーから年間5,000ポンドのようなものを作ると予想していました。

1840年4月に初めて発行されたとき、この雑誌は7万部を売り上げました。しかし、ディケンズがたまにしか記事を寄稿しなかったという事実に顧客は失望し、売り上げは劇的に減少しました。ディケンズは友人に次のように書いています。 マスターハンフリーの時計 ニクルビーもピックウィックもオリバーも、これまでにないほどの注意を払う必要があり、私が持っているすべての自己否定を行使する必要があります。」

ディケンズは、彼が唯一の寄稿者である必要があり、次のようなフルレングスの連載を制作する必要があると判断しました。 ピックウィックペーパー, オリバーツイストニコラス・ニクルビー ジャーナルが成功するために。彼は短編小説を開発することにしました、 オールドキュリオシティショップ、初期版で登場した連載。マスターハンフリーの時計全体が物語に取り上げられるようになるまで、そう長くはかかりませんでした。雑誌の発行部数は現在10万部です。ディケンズは後に次のように説明しました。そして、彼女の歴史が最初に予見されたとき、彼女のベッドの周りにある厳しい物体としては相性が悪い。」

ハブロット・ナイト・ブラウンが描いた物語は、「天使のような純粋な性格と性向の甘さ」の小さくて繊細な子供であるネル・トレントが、彼女の祖父である老人と一人暮らしをしていることを物語っています。 オールドキュリオシティショップ。リトルネルを養うために、彼はギャンブラーになります。彼は大金を失い、金持ちの小人であるダニエル・クイルプからお金を借りて、借金の担保として自分の店と株を誓約しました。彼の運は変わらず、彼は家と仕事を失います。

リトルネルは現在、責任を負い、祖父を説得してロンドンから遠ざけ、ゲームテーブルの誘惑に駆り立てます。彼らが国をさまよっている間、彼らは心の優しい学校長であるマートン氏に会います。彼は徒歩で遠くの村に行き、そこで地元の学校の教師に任命されました。彼らの話を聞いた後、マートンはネルと彼女の祖父を彼に同行するように誘い、彼らが村で仕事を見つけるのを手伝うことを約束しました。彼はなんとかこれを行うことができ、彼らは教区教会に関連した快適な家と雇用を与えています。

の発行後 オールドキュリオシティショップ、批評家、R。シェルトンマッケンジーは次のように示唆しました。彼女の人生にふさわしい。彼女の想像上の冒険によって多くの涙が引き出された。」この時の別の批評家の執筆、ブランチャードジェロルドは、次のように主張しました。彼を正しい評論に導いた質の点で、適切な言葉、手元にある質問の核心...豊富に保存された心を支配した頭は、賢明で、迅速で、同時に警戒していました。」

ディケンズは1840年にウィリアムホールの結婚式に出席しました。彼の伝記作家によると、彼はノーウッドの彼らの家で多くの「楽しく、遊び心のある夜」を過ごしました。ディケンズはまた、トーマス・カーライルなどの友人がチャップマン・アンド・ホールから出版されるよう手配しました。さらに重要なことに、ジョン・フォースターは会社の文学顧問になりました。彼はまた、会社が1841年後半にそれを購入した後、Foreign QuarterlyReviewを編集しました。

ロバートL.パッテンは、次のように指摘しています。 –1874)、会社の法律顧問を務めたリッチモンドの勧誘者であり、1841年8月にディケンズの次の連載の条件を起草したため、ディケンズは辞めると脅した。ハートフォードシャーのヒッチンで、チャップマンは庭の壁越しに隣人の娘、厳格なクエーカー家を見て、彼女に恋をしました。彼女の両親や社会の長老たちによってコミュニケーションが禁じられたとき、チャップマンは穴をあけました。二階の壁を通って隣人の予備の部屋に行き、そこからメモとささやきを渡しました。やがて、権威に逆らうほど元気なメアリー・ホワイティングが社会から読み上げられ、ルの兄弟の家に行きました。彼女とチャップマンは1841年9月22日に結婚しました。1年後、夫婦はオールドブロンプトンロードから離れた、クレアヴィルコテージと呼ばれる広々とした家に引っ越しました。そこで彼らは幸せな結婚を楽しみました。彼らには少なくとも2人の娘、メタとフローレンスがいました。」

1841年2月13日、ディケンズの次の小説の最初のエピソード、 バーナビーラッジ、マスターハンフリーズクロックに掲載されました。それは歴史小説を書く彼の最初の試みでした。物語は1775年に始まり、ゴードンの暴動の鮮やかな描写で最高潮に達します。 1780年7月2日、カトリック解放の提案に強く反対した元海軍中尉であるジョージゴードン卿は、5万人の群衆を庶民院に導き、1778年ローマカトリック救済法の廃止を求める請願を提出しました。 、それは特定の障害を取り除きました。このデモは暴動に変わり、次の5日間、多くのカトリック礼拝堂と民家が破壊されました。攻撃され被害を受けた他の建物には、イングランド銀行、王立法廷監獄、ニューゲート監獄、フリート刑務所が含まれていました。暴動の間に18万ポンド以上の財産が破壊されたと推定されています。

ホールとチャップマンは、イラストを提供するためにハブロットナイトブラウンとジョージカッターモールを採用しました。ブラウンは主にキャラクターの約59のイラストを制作しましたが、カテモールの19のドローイングは通常設定されていました。 Jane Rabb Cohen、著者 ディケンズと彼の主なイラストレーター (1980)は次のように論じています。「物語のクライマックスで、ディケンズは組織的な暴動を説明する際に想像力を解き放ちました。ブラウンはすぐに彼の精神を捉えました。彼のデザインは、騒々しい群衆でありながら個別の参加者であり、散文の暴力的な興奮を完全に具現化しました。 「」

ジョン・フォースターは、この本の最後のセクションが最高の賞賛に値すると主張しました。暴徒の階級が最初に膨らむ怠惰ないたずらの目的のないこと;初期の過剰に許された巨大な不処罰によって引き起こされた無謀さ;貧困、無知、または無知のあらゆる出没への酔った罪悪感の突然の広がりそのような豊富な犯罪の材料が窮地に立たされている邪悪な旧市街でのいたずら。」

チャールズ・ディケンズは、それがウォルター・スコット卿の歴史小説と同じくらい人気になることを望んでいました。ディケンズの学者であるアンドリュー・サンダースは次のように論じています。 バーナビーラッジ ディケンズは、彼自身の前の世代で最も人気のある小説家、ウォルター・スコット卿の相続人であると真剣に主張しました。性格、歴史的状況、精神的および道徳的機能不全の考えを確立する遅い始まりにもかかわらず、ディケンズの物語は最初にちらつき、次に暴徒がロンドンを荒廃させる火に似た何かで燃え上がる。」

国民はその話を嫌い、マスターハンフリーズクロックの売り上げは最初のエピソードの出版後に劇的に落ちました。現在4人の子供の父親であるディケンズは、家族への支出を増やしていました。 1841年4月の彼の夕食客の一人は、「家族連れの男性にとってはあまりにも豪華な夕食であり、金持ちになり始めたばかりだ」と述べた。

1841年8月、ディケンズと彼の個人代理人であるジョンフォースターは、ウィリアムホールと、 マスターハンフリーの時計。ジャーナルは次の場合に閉鎖されることが合意されました バーナビーラッジ 最後に来ました。しかし、ディケンズはチャップマンとホールに彼の次の小説を出版できると約束しました。 マーティンChuzzlewit。契約条件は非常に寛大で、ディケンズは毎月の分割払いで支払われ、利益の4分の3を受け取り、著作権の半分を保持します。

チャールズ・ディケンズはアメリカで非常に人気がありました。 NS ニューヨークヘラルドトリビューン 彼が好きだった理由を説明した:「彼の心はアメリカ人であり、彼の魂は共和党員であり、彼の心は民主的です。」彼の小説の売り上げが高かったにもかかわらず、国が国際的な著作権規則を順守していなかったため、ディケンズは彼の作品に対する支払いを受け取りませんでした。彼は著作権改革の主張をするためにアメリカに旅行することに決めました。

チャップマンとホールは旅行の資金援助を申し出た。彼らは彼に月に150ポンドを支払い、彼が戻ったときに彼らは訪問時に本を出版することが合意されました。 アメリカンノート。ディケンズは、毎月の分割払いごとに£200を受け取ります。最初、キャサリンは夫と一緒にアメリカに行くことを拒否しました。ディケンズはウィリアム・ホールに、「ディケンズ夫人に行って子供たちを家に置いておくように説得することはできない。あるいは私を一人で行かせることはできない」と語った。リリアンネイダーによると、 他のディケンズ:キャサリン・ホガースの生涯 (2011)、彼らの友人で俳優のウィリアム・マクレディーは、「彼女は夫に最初の義務を負っていて、子供たちを置き去りにすることができ、そして残さなければならない」と彼女を説得した。

一般的な流通のためのアメリカのノート 1842年10月19日にチャップマンアンドホールによって出版されました。ディケンズを天才と見なしたトーマスバビントンマコーリーは、 エディンバラレビュー、「私はそれを賞賛することはできません...簡単で素晴らしく意味されているのは下品で派手です...ナイアガラの崩壊の説明のように、素晴らしいことを意味しているのは私には非常に細かいことです。 「」この本はさまざまなレビューを受けましたが、かなり売れ行きが良く、ディケンズのロイヤルティは1,000ポンドになりました。

チャールズ・ディケンズはチャップマン・アンド・ホールに彼の次の本は マーティンChuzzlewit。最初のエピソードは1843年1月に登場しました。それは、ハブロット・ナイト・ブラウンによって描かれ、彼の友人であるアンジェラ・バーデット・クッツに捧げられました。ディケンズは次のように書いています。「この物語の私の主な目的は、すべての悪徳の中で最も一般的なものをさまざまな側面で展示することでした。物語は、彼の金持ちの祖父と同名の人によって育てられているマーティン・チャズウィットについて語っています。マーティンの先輩もメアリー・グラハムを養子に迎え、彼女が彼の人生の後の段階で彼の世話をすることを望んでいます。この計画は、マーティンジュニアがメアリーと恋に落ちることによって損なわれます。マーティンの先輩は、夫婦が結婚するつもりであることを発見すると、孫を継承しません。

マーティンChuzzlewit と同じ魅力を持っていませんでした ピックウィックペーパー, オリバーツイスト, ニコラス・ニクルビーオールドキュリオシティショップ、それは最終的に毎月10万の売り上げに達しました。好調なスタートを切った後、売上高は2万台を下回りました。ディケンズは大衆の反応に驚いて、ジョン・フォースターに「百点で計り知れないほど私の物語の中で最高だ」と感じたと語った。 「今まで以上に自分の力を感じています...今まで以上に自信があります」と彼は付け加えた。彼は続けて、売り上げの低さを批評家(「ナイフと馬鹿」)のせいにしました。問題の一つは、国が景気後退に耐えていて、人々がフィクションを買うお金を持っていなかったということでした。

物語への関心を高めるために、ディケンズはマーティン・チャズウィットを友人のマーク・タペリーと一緒にアメリカに送ることにしました。ディケンズは、この本のアメリカの部分は、「ほとんどの場合、アメリカ人のキャラクターの滑稽な側面の展示である以外に、似顔絵ではない」と主張した。この本が国の非常に批判的な見方を提供していることを知って、彼は次のように付け加えました。米国の人々は一般的に、同じ使用法を海外に持ち込んだことで私と喧嘩する気にはなっていません。」

クレア・トマリンは、ディケンズがアメリカで物語の一部を設定する別の理由があると主張しています。 マーティンChuzzlewit、彼は自分の扱い方について嫌いなことすべてに復讐し、野蛮なユーモアで、アメリカについて嫌いなことを指摘しました:腐敗した新聞、暴力、奴隷制、唾吐き、自慢と独善、ビジネスへの執着とお金、貪欲、優雅な食事、想定される平等についての偽善、訪問者の粗野なライオン化。彼は彼らの新聞編集者、彼らの学んだ女性と彼らの議員を嘲笑しました...そして彼らのスピーチと執筆の誇張されたレトリックをパロディ化しました。」

マーティン・チャズウィットのアメリカ訪問は売上を伸ばしませんでした。チャップマンアンドホールとの彼の合意の条項により、出版社は、 マーティンChuzzlewit 彼が受け取った前払いを返済するのに十分ではありませんでした。ディケンズは、収入が減るというニュースを聞いて激怒した。彼はジョン・フォースターに、まるで「私のまぶたの最も柔らかい部分をベイソルトでこすった」ように感じたと語った。

銀行で引き抜かれたディケンズは、お金を稼ぐためのアイデアを考え出さなければならないと決めました。 1843年10月、彼はクリスマスの短い本を作ることにしました。その本は呼ばれることになっていた クリスマスキャロル。彼は後で思い出しました:私の目的は、季節の良いユーモアが正当化した気まぐれな種類の仮面劇で、キリスト教の土地で季節外れになることなく、愛情と忍耐強い考えを目覚めさせることでした。」ジョージ・クルックシャンクは彼をジョン・リーチに紹介しました、本のイラストを描くことに同意した人。

チャールズ・ディケンズは友人のコーネリアス・コンウェイ・フェルトンに、彼が「ロンドンの黒い通り、15マイルと20マイル、多くの夜、すべての地味な人々が行ったとき、泣きながら笑いながら、頭の中で物語を構成した」と語った。ベッド"。アンドリュー・サンダースは次のように示唆しています。クリスマスキャロル 健全な家族関係のように、道徳的で健康的な社会は、相互の責任と相互の対応に基づいていることを繰り返し、強化します。」

クレア・トマリン、 ディケンズ:人生 (2011)は、小説のディケンズを書くことで、フリードリヒ・エンゲルスやトーマス・カーライルなどの他の社会改革者と比較できると主張しています。教育を受けられず、病気の心配もほとんどなかった貧しい人々は、幼い子供たちが冷酷な工場の所有者のために働くことになり、半分だけ飢えていれば幸運だと考えることができました。」

ディケンズはチャップマンとホールに別のベンチャーとして本を委託して出版するように依頼し、彼は上質な色付きの製本と巻末の紙、そして表と背に金の文字を主張した。そしてそれはたった5シリングしかかからないはずだと。それは1843年12月19日に6,000部の版で出版されました。それは数日以内に売り切れました、そして高い生産コストのためにディケンズはベンチャーからたった137ポンドを作りました。第2版​​はすぐに作成されました。しかし、出版社のLeeとHaddockは、2ペンスで販売された海賊版を作成しました。ディケンズは会社を訴え、彼は彼の訴訟に勝ったが、彼らは破産したと宣言し、ディケンズは費用と法定費用で700ポンドを支払わなければならなかった。

アメリカではこの本が彼の最大の売り手となり、最終的には100万部以上を売り上げましたが、出版社との契約がなかったため、ロイヤルティは受け取りませんでした。ディケンズはから£1,000を作ることを望んでいた クリスマスキャロル しかし、1844年の終わりまでに、この本は726ポンドしか稼いでいませんでした。

チャールズ・ディケンズは、チャップマン・アンド・ホールとの関係を終わらせることにしました。の作者 ディケンズ:人生 (2011)は、次のように指摘しています。彼は、著作権の販売は間違いだったと気づきました。彼は、汗を流して苦労している間、彼のすべての努力が著作権を豊かにしていると考えて当然のことながら憤慨し、出版社を彼から利益を上げた男性と考え始めました。チャップマン&ホールは、頻繁な追加の支払いで最初に合意したものを補充することによって、主に彼と良好な関係を維持しました。」

ウィリアム・ホールは突然病気になり、1847年3月7日日曜日にロンドンの186ストランドにある会社の事務所で46歳で亡くなりました。ディケンズは、エドワードチャップマンから葬式での彼の存在が容認できることを確認した後、ハイゲート墓地での埋葬に出席した。

エドワード・チャップマンは、彼のいとこであるフレデリック・チャップマンに、会社でのより多くの責任を与えるべきであると決定しました。 1858年12月24日 書店 「チャップマン&ホール女史の会社は、数年前から経営に積極的に参加しているフレデリック・チャップマン氏の入会により強化された」と発表した。

の作者として チャールズ・ディケンズと彼の出版社 (1978)は、次のように指摘しています。 1859年、フレデリックは新しいディケンズを定期的に発行する機会を得ました。 一年中、そして新しい連載小説、そして新しいフォーマットで古いタイトルと複数の収集された版を再発行すること-それらすべては最終的に利益をもたらしました。」

1864年に引退したエドワード・チャップマンは、次の10年間をヨーロッパ中を旅して過ごしました。健康状態が悪いため、彼はロイヤルタンブリッジウェルズに建てた家に戻った。

エドワードチャップマンは1880年2月20日にヒッチンのエルムロッジで亡くなりました。


エディチャップマン

エドワードアーノルド「エディ」チャップマン (1914年11月16日– 1997年12月11日)はイギリスの犯罪者で戦時中のスパイでした。第二次世界大戦中、彼はスパイと裏切り者としてナチスドイツにサービスを提供し、その後イギリスの二重スパイになりました。彼の英国秘密情報部のハンドラーコードは、彼のかなり不安定な個人的な歴史を認めて、彼を「ジグザグ」と名付けました。彼には、エドワード・エドワーズ、アーノルド・トンプソン、エドワード・シンプソンなど、英国の警察によって知られている多くの犯罪者の別名がありました。彼のドイツ語のコードネームは フリッツ または、後で、彼のドイツの仲間に自分自身を愛した後、その小さな形の フリッツチェン .


エドワードチャップマン

Copyright&copy 2000-2021 Sports ReferenceLLC。全著作権所有。

特定のデータセットを作成するために表示および使用されるプレイバイプレイ、ゲーム結果、およびトランザクション情報の多くは、RetroSheetから無料で取得され、著作権で保護されています。

InsideTheBook.comのTomTangoと、The Book:Playing the Percentages in Baseballの共著者によって提供された、Win Expectancy、Run Expectancy、およびLeverageIndexの計算。

ショーン・スミスによって提供された、交換計算を超える勝利の合計ゾーン評価と初期フレームワーク。

Hidden GameSportsのPetePalmerとGaryGilletteによって提供された通年のメジャーリーグの過去の統計。

いくつかの防御統計Copyright&copy Baseball Info Solutions、2010-2021。

一部の高校のデータは、DavidMcWaterの好意によるものです。

多くの歴史的なプレーヤーのヘッドショットは、DavidDavisの好意によるものです。彼に感謝します。すべての画像は著作権所有者の所有物であり、情報提供のみを目的としてここに表示されています。


二股に分かれたエドワードチャップマンの所有者は、ベンチャーが125歳になると長寿の教訓を共有します

ブランドの一部としてエドワードチャップマンの名前を共有する2つのバンクーバーのファッションハウスは、それぞれ125年の創業を祝っています。

そして、時には困難な関係にあったにもかかわらず、各事業の所有者は、彼らの背後に苦い訴訟の記憶を置き、長寿の教訓を利用して、今後数十年生き残ることを計画しています。

エドワード・チャップマン・ウーマンは、拡張オーナーのジョン・レアがバンクーバーのビジネスに、彼は無借金であり、彼の3つの店舗はそれぞれ収益性があり、ウェストのグランビル・ストリート店内に新しい店舗を開くか、サプライヤーに店舗を開くことを検討していると語った。 10番街。

対照的に、Edward ChapmanLtd。の所有者であるEdwardChapmanは、BIVに、彼が1店舗の事業に変更を加える場合、ウェストペンダーストリートにある現在の6,420平方フィートの店舗からスペースの4分の1未満。

彼が「必要以上のスペース」と呼んでいる場所に今のところ滞在している唯一の理由は、彼が17,000平方フィートの建物を所有していることです。この建物には、店舗を収容し、単一のテナント向けに設計されています。

チャップマンは最近、さまざまな商業用および賃貸用不動産の所有と管理など、他のベンチャーに重点を置いています。したがって、彼の生存に関する最大の教訓は、事業の多様化です。

エドワードチャップマンウーマンとエドワードチャップマンリミテッドはどちらも、同じ名前のチャップマンの曽祖父がページポンズフォードブラザーズの衣料品店を購入し、自分の名前を変更した1890年にその起源をたどります。

その後、チャップマンは、1910年にアイルランドからカナダに移住し、ビジネスで働くために、レアの祖父であるアーネストレアを後援しました。

チャップマン家とレア家の両方の次の世代がビジネスで働いていました。

道路の分岐点は1959年に来ました。そのとき、レア家はエドワードチャップマンブランドを使用する新しい企業体を通じて婦人服の販売に集中することに同意しました。

Chapmansは、元の会社での衣料品の選択を紳士服に制限することに同意しました。

物事は何十年もうまくいきましたが、現在のエドワードチャップマンが兄弟を買収し、2002年に紳士服と婦人服の両方を販売することを決定したとき、その行動はレアに彼を訴えるよう促しました。


(John Raeは、すべての売上を追跡し、祖父のErnest Rae | Glen Korstromから受け継がれた古い元帳のいくつかのエントリを指しています)

レアは訴訟に勝ち、訴訟費用を支払われましたが、試練は彼に経済的打撃を与えました。

「あなたは訴訟費用が何であるか知っていますか?」レアは、ウェスト10thアベニューとグランビルストリートの角にある5,500平方フィートの旗艦店の地下室でのインタビュー中に尋ねました。 「それらは数式です。それはあなたが実際に費やすもののほんの一部です。」

1976年に事業を開始し、1980年に叔父からベンチャーを買収したレアは、訴訟費用の支払いを受けた後でも、訴訟費用は50万ドルと見積もっています。彼は、原則から、そして彼の叔父、そして前の所有者、デイビー・レア、そして彼の祖父への敬意から、再びそれをするだろうと彼は言った。

しかし、チャップマンは、裁判官が誤りを犯し、エドワードチャップマン社が将来的に婦人服を販売しないという合意はなかったと主張している。とにかく、チャップマンはメンズウェアの販売にこだわっています。

レアは2006年に50万ドルのヒットを飲み込み、5つの店舗を運営しました。1つはウエストバンクーバー、2つはオークリッジ、1つはウェストペンダーストリートとハウストリートの角、そしてサウスグランビルの旗艦店です。

当時、大きな変化が間近に迫っていました。

2008年に世界的な景気後退が定着し始めたとき、レアはブランド変更キャンペーンに着手しました。これは、会社のファッションを「時代を超えた現代的な」ものとして作り直すことを目的としたものです。

彼は会社名をEdwardChapman LadiesShopの現在のEdwardChapmanWomanに変更しました。

彼はまた、店舗の改装や、ロゴの変更、新しいバッグ、その他の変更など、新しいブランドの他のコンポーネントの開発に60万ドル以上を費やしました。

「私たちの全体的な方向性は、自分自身の再投資と再発明に再び焦点を合わせました」と彼は言いました。

経済が戦車に乗っており、彼の店がお金を失っていたにもかかわらず、レアはブランド変更を続けました。

「私たちがブランド変更を進めれば、経済が回復したとき、私たちのブランド認知度ははるかに認識できると信じていました」と彼は言いました。

それらの困難な時代から得られた教訓の1つは、状況に惑わされないようにすることが重要であると彼は言いました。

「自分がコントロールできないものをコントロールしようとしないでください」とレアは言いました。 「たとえば、天気のせいにしないでください。」

彼がコントロールできることの1つは、店舗を閉鎖するかどうかでした。家賃の値上げによりオークリッジの店舗は存続できなくなったため、レアは店舗を閉鎖しました。

彼はまた、ウェストペンダーストリート店を閉店しました。

彼はサウスサレーの人口統計と賃貸料が好きだったので、その地域のグランドビューコーナーズに店を開きました。

レアはまた、ウエストバンクーバーの店舗を再配置し、最大のサプライヤーの1つであるドイツ人デザイナーのゲリーウェバーのフランチャイズにしました。

他のいくつかのサプライヤーは、彼のグランビルストリート店内に店を開きたいと彼は言いました。これは、売れ残った商品をより簡単に返品または交換できることを意味する可能性があります。

「私たちは反対側に出てきました」とレアは言いました。 「私たちは無借金で収益性が高く、チャンスはそこにあります。」

一方、チャップマンはコースを継続しており、彼の不動産事業は彼の小売ベンチャーよりもはるかに収益性が高いことを認めています。

家賃の値上げにより、彼は2012年にケリスデールのエドワードチャップマンストアを閉鎖することになりました。彼はウェストペンダーストリートストアの運営を変更する予定はありません。

「私はその店をサイドベンチャーとは呼びません」と彼は言いました。 「それは私の家族の遺産と歴史の大きな部分です。それは重要ですが、独立した衣料品小売業者としてお金を稼ぐこの時代では、それは困難です。」 ••


歴史

Stentorは、オーケストラの弦楽器奏者や教師に100年以上にわたって知られています。ギリシャ神話によると、Stentorは他の100人の男性の声と音量を合わせた先駆者でした。音楽の教授でヴァイオリンの教師であるエドワードC.ドーティは、1895年にガットヴァイオリンの弦とロジンの名前を「Stentor」に登録しました。

1960年代以降、100万人を超える若いミュージシャンがラッパムシ楽器で音楽のキャリアを始めました。これらの同じヴァイオリニストや弦楽器奏者の多くは、現在、世界中の主要なオーケストラや教職に就いています。 Stentorは、他のどの会社よりも多くのオーケストラ弦楽器を国際的に販売しており、比類のない価値を提供しています。

起源

1895年、音楽の教授でマイナーな作曲家であるエドワードチャップマンドーティは、彼自身の出版社を設立することを決定しました。彼はそれを「ハーモニック・パブリッシング・カンパニー」と呼び、ロジンと音楽の弦、特にバイオリンの弦のブランド名として「Stentor」という名前を使用しました。 A range of violins was imported and sold under the Stentor name. He operated from premises in Wandsworth, South London, UK, firstly at West Hill, and then from his music shop, Doughty & Co at 354 York Road. His son, also Edward Chapman Doughty joined the publishing business in 1919. The business moved to Wallace Crescent, Carshalton in 1927 and the new Stentor rosin, made to a special formula was introduced with great success. At this time the trading name was changed to 'Stentor Music Company' and piano accordions and a range of fretted instruments were imported. Following World War II, publishing and importing ceased and in the difficult time of the 1950's the business moved to smaller premises at the Old School, Woodmansterne. The Stentor rosin and gut strings continued to be made and distributed but the emphasis moved to retailing and to the reconditioning of stringed instruments.

Stentor Music Co Ltd

Stentor Music Co. Ltd. was formed in the early 1960's by Michael Chapman Doughty and other members of his family. It has grown from very small beginnings to become the premier wholesale distributor of acoustic musical instruments in Britain. The Company has always specialised in stringed instruments of all kinds with an emphasis on educational instruments. Today the company still retains this specialisation, but our commitment to acoustic musical instruments is also extended to brass and woodwind instruments. In addition, Stentor offers the largest range and best stock of parts and accessories in Britain. Our total involvement ranges from research, manufacture and improvement of stringed instruments, to the supply of specialist woods for hand makers and the underwriting and organisation of major concerts, which enable the presentation of many international artists. Over the last thirty years, Stentor has contributed greatly to improved standards of playability in instruments for educational use.

In 1990, Stentor moved to its present freehold premises in Reigate. In December 1995, the year of the Stentor centenary, the Company opened a wholly owned subsidiary factory in Taixing, China. The factory employs local people making Stentor violins, cellos and other stringed instruments. These are exported to more than thirty countries and the Stentor trademark is registered by the Company in all major markets throughout the world.


Edward Chapman (1617 - 1678)

Born 1617 in Hull, Yorkshire, England [uncertain]

Son of [father unknown] and [mother unknown]

Husband of Mary (Symonds) Chapman — married about 1639 (to 10 Jun 1658) in Ipswich, Massachusetts

Husband of Dorothy (Swan) Woodman — married about 1659 (to after 1678) in Ipswich, Massachusetts

Father of Symon Chapman, Nathaniel Chapman, Mary Chapman, Robert Chapman, Samuel Chapman and John Chapman

Died 18 Apr 1678 in Ipswich, Essex, Massachusetts Bay Colony

Edward Chapman migrated to New England during the Puritan Great Migration (1620-1640).

This profile is part of the Chapman Name Study. A previous version of this profile claimed, without source, that Edward was the son of Robert Chapman and Ann Bliss. Until such time as a source for this claim can be found, these parents have been detached.

Marriage Bef 1643 Husband: Edward Chapman Wife: Mary Symonds Child: John Chapman Edward Chapman, a grantee of the town of Ipswich, Massachusetts, in the year 1642. The exact date of Edward's settlement in Ipswich is uncertain, as it is given as 1642, 1643, and 1644 by different authorities. According to "tradition," he came from Hull, Yorkshire, England and was supposed to be one of the original or early settlers of Rowley. ( Ezekiel Rogers, sailing from Hull with twenty families from his congregation, arrived at Boston in 1638 settled Rowley in April 1639.)[1] After settling in Ipswich he became a prosperous miller and farmer

Edward Chapman died in Ipswich 18 April 1678.[2] [3]

He left a will dated at Ipswich, 9 April 1678. In it he makes provision for his wife Dorothy, as was previously stated in their marriage contract. He leaves legacies to children Simon, Nathaniel, Mary the wife of John Barry, and Samuel, whom he names executor. He made his mark: a backwards upper case E.[4] There is a transcription of the will in "Edward Chapman of Ipswich, Mass., 1642-1678, and His Descendants"[5]

Children of Edward and Mary (Symonds) Chapman.[5]

Simon, b. Rowley about 1643 carpenter m. Mary Brewer died 1735. Mary, b 22 Sept 1648 m. John Barry Nathaniel, carpenter, m. Mary Wilborn d/o Andrew Peters. Note, There were two separate Nathaniel Chapmans in Ipswich in 1678 Samuel, b. 1655 wheelwright and farmer m. Ruth Ingalls and then Phebe ____ John m. Rebecca Smith died 10 Nov 1677. There was no son William Chapman. Nor was there a son Edward Chapman who was born, married and had children in Connecticut.

Research Notes on marriages

before Dorothy Swan his wife was Mary Symonds

Early New England Families, 1641-1700. (Original Online Database: AmericanAncestors.org, New England Historic Genealogical Society, 2013. (By Alicia Crane Williams, Lead Genealogist.) p. 1, 2. Indicates marriage of Mary Symonds and Edward Chapman.link for subscribers Torrey. "New England Marriages to 1700." (Online database. AmericanAncestors.org. New England Historic Genealogical Society, 2008.) Originally published as: New England Marriages Prior to 1700. Boston, Mass.: New England Historic Genealogical Society, 2015. indicates marriage to Dorothy (Swan) Abbott and to Mary Symonds. indicates marriage to Mary Symonds was ca 1639. 2nd Wife - Dorothy (Swann) Abbott

NS。 515 of Great Migration: Immigrants to New England, Vol. VII, T-Y Archelous Woodman married Dorothy (Swan) (Abbott) Chapman, (daughter of Richard Swan) and widow of Thomas Abbott and Edward Chapman. From Torrey: "CHAPMAN, Edward (?1612 - 1678) & 2/wf Dorothy (SWAN) ABBOTT (- 1710), w Thomas, m/3 Archelaus WOODMAN 1678 aft 10 Jun 1658, aft 1659?イプスウィッチ。 Rowley Town Records p. 124: "To Dorrity Chapman as belonging to the halfe of a two acre lot was Gorge Abbots being the right of hir former husband Thomas Abbot deceased belonging o his propriety in the north east field two gates and one quarter of a gate. 2 gates one quarter and one gate that the said Thomas purchased of Mr. Joseph Jewett. 1 Gate." Her first husb was Thomas Abbot who was buried Sept. 7, 1659, according to "Early Settlers of Rowley." Research Notes on children

His will lists children: Symon, Nathaniel, Mary the wife of John Barry, and Samuel.[6]


Person:Edward Chapman (4)


Sued in Windsor, Connecticut for a debt of £6-03-02 on March 5, 1662/3, marking his first appearance in the area. [2] A Windsor church record says “Edward Chapman married Elizabeth Fox in Ingland.” They then came to America with her mother to stay on the estate of her brother Henry, who had gone to live in Hadley, MA. Elizabeth inherited her uncle’s land just days after her husband died fighting the Indians in King Phillip’s War, lucky for her since she had 8 small children at the time. Edward’s estate came to £184, and his inventory lists his children and their ages. [3] Edward appears on the 7 Oct 1669 list of freeman at Windsor. [4]

Death recorded in Windsor records as “Here I set down the deaths of several parsons that were against the Indians and were wounded that they dyed, it was on the 19th of December 1675. Corprl Samuel Marshel, Edward Chapman, Ebenezer Dible, Nathanael Pond, Richard Saxton." [5]

Marriage record is the only one in the IGI for Edward Chapman and Elizabeth Fox. The timing would require that Edward and Elizabeth sailed for New England in late summer 1662, probably arriving before October (assuming Elizabeth did not become pregnant aboard ship with Henry, b. Jul 1663). There are two families in Leicestershire that had children named Edward in the 1630s: Henry in Skeffington had a son Edward 27 May 1632 and Edward and Joane (Branson) had a son Edward 24 May 1634 in Leicester. Both places are about 10 miles from Market Harborough. There are no other Chapmans in Market Harborough to make family links. People matching the names of Henry’s children are in a submitted IGI record as marrying in Bringhurst, but Edward, William, John and Marie are hardly uncommon names.


The Times (10/Aug/1977) - Obituary: Edward Chapman

Mr Edward Chapman, the actor, died yesterday at the age of 75. Especially redoubtable in the kind of character parts exemplified by Jess Oakroyd, the Bruddersford joiner, in "The Good Companions" – his most durable success - Edward Chapman was a staunch Yorkshireman, seldom off the London stage during the late 1920s and the 1930s. Physically commanding, he had a sharp comic instinct and an invaluable gift of timing to accompany it.

Born in Harrogate in 1901, and originally a bank clerk, he went on the stage when 22. After going into the London production of "The Farmer's Wife" during its second year, he became one of Barry Jackson's discoveries at Birmingham Repertory Theatre. In two and a half years there he had such parts as Mossop in "Hobson's Choice", a play he would get to know well the dubiously endearing Uncle Dick in "Yellow Sands", a character that remained among his favourites and the philanderer in "Dear Brutus", an occasion when the young Peggy Ashcroft came up in her first professional part as Margaret.

Chapman was in Barry Jackson's London season at the Court in 1927. After work elsewhere (in Frank Vosper's "The Combined Maze", for example) he returned to the Court (1928) as Grumio in a farcial racket of a modern -dress "The Taming of the Shrew". At His Majesty's (1931) he dominated the stage version of "The Good Companions" as Jess Oakroyd, thrusting the world of the concert party he was, lovably, the minor prophet in Bridie's "Jonah and the Whale" (1932), and among much other casting her appeared in the Globe revival of "Candida" (1937), and then for five months at the Old Vic (1938-39), in a run of Shakespeare (Bottom and Sly), Goldsmith (Hardcastle in "She Stoops to Conquer"), and Ibsen (an elderly observer Peter in "An Enemy of the People").

He spent most of the war with the RAF. Later, he never recovered his position in the London theatre his main parts were in "Breach of Marriage" (1949) and Kroll in a Rosmersholm revival (1950). In the early 1960s he was a guest player with the Harrogate repertory company he played Hobson ("Hobson's Choice") at Windsor, and toured in the part towards the end of the decade. Richly and momentarily, he was back in Birmingham (1966), as Brecht's Galileo at the Repertory.

From 1929 Chapman had a steady career in films to which, again, he brought in Northern sturdiness in roles such as Yorkshire aldermen, amiable villains and smaller parts. His films included "Rembrandt" (1937) "They Flew Alone" (1942) "The Square Peg" (1958) "School for Scandal" (1960) and "Oscar Wilde" (1960) in which he played The Marquess of Queensberry.

His relative decline in the theatre was happily compensated for by a resurgence, in television. He became a household name for his Joe Champion, in "Champion House", a serial about a family textile firm, and he played Callan in "The Onedin Line". Chapman was twice married, first to Constance Willis Spark, and then to Prudence Nesbitt.


Charles Wesley CHAPMAN &Delta (1839-1916)

112DM. Charles Wesley Chapman &Delta was born on September 17, 1839, in Green Township, Madison County, Indiana.彼は結婚した Nancy Jane Shasteen on December 30, 1858 and had five children.

112DM1. Phoebe Evline Chapman 8 Oct 1859 25 Aug 1860 (10 mos.)
112DM2. Lakin Edward Chapman 3 Nov 1861 12 Apr 1863 (17 mos.)
112DM3. Ella May Chapman 28 Sep 1866 27 May 1933 (66)
112DM4. Charles Willis Chapman &Delta 19 Nov 1869 6 Jun 1931 (61)
112DM5. Oscar Leone Chapman &Delta 21 Feb 1877 7 Aug 1957 (80)

Charles moved to Grandview Township, Louisa County, Iowa, with his parents in 1855.

Three years later, Charles and Nancy Jane Shasteen wed on December 30, 1858. They were both 19 years old and probably started their family in Grandview Township. Their first two children died as toddlers.

Charles and his next elder brother Madison both enlisted with Company F of the 19th Iowa Regiment Volunteer Infantry, probably on August 25, 1862, when the regiment mustered in. Charles was 22 years old at the time.

After the war, Charles and Nancy had three more children. The first of these was reportably born in Mahaska County, to the west, and their last two sons were born in Muscatine County, probably at Grandview Township.

By 1870, Charles' elderly parents had moved in. Charles's mother died later that year and his father died in 1876. [Cen 1870]

The Chapman s remained in Grandview until 1893 when they moved north to Muscatine, Muscatine County, and resettled at 1182 Fulliam Avenue.

Nancy Jean ( Shasteen ) Chapman died in Muscatine County, Iowa, on May 3, 1899, one month short of her 60th birthday.

Charles Wesley Chapman died 17 years later on December 24, 1916, in Muscatine County. He was 77 years old.

"Charles Wesley Chapman , veteran of the Civil War, died at the home of his son at 1182 Fulliam Avenue 1st evening at about 10 o'clock. Death was due to advanced age and general debility. He was 77 years of age. He had been failing in health for the past several years, but not until about two weeks ago was his confion considered precarious. He had been bedfast for the past week."

"Born in Indiana, September 17, 1839. In 1855 the family emigrated westward, stopping at Grandview where they made their home until 1893 when they moved to this city. When the call for volunteers was issued in '61 he enlisted in Company A in which he served until the end of the war. He was a member of Shelby Norman Post G. A. R."

"He is survived by one brother, Henry Chapman , who resides in Pennsylvania, two sons, Chas. W. of Atalissa and Oscar L. of this city and one daughter, Mrs. Ella Chesebro of Ellendale, N. D. He was preceded in death by his wife 17 years ago."


ビデオを見る: 字幕付イカサマアストロズに怒る選手達


コメント:

  1. Birkett

    なんて珍しい幸運!なんて幸​​せ!

  2. Dutch

    私の意見では、サイクリングする人がいます

  3. Voodoora

    あなたは彼に言うべきです - 間違い。



メッセージを書く