ヘレナIICW-50-歴史

ヘレナIICW-50-歴史

ヘレナII

(CW-50:dp。10,000、1、608'4 ";b。61'8";dr。19'10 ";
NS。 33 k。; cpl。 888; NS。 15 6 "; 8 5"、8.50車。)

2番目のヘレナ(CL-50)は、1939年8月27日にニューヨーク海軍工廠によって打ち上げられました。モンタナ州上院議員トーマス・J・ウェルチの孫娘、ミス・エリノール・カーライル・ガジャーが後援。 1939年9月18日に就役したマックスB.デモット大尉が指揮を執りました。太平洋艦隊に配属されたヘレナは、1941年12月7日、日本人が攻撃したときに真珠湾にいました。彼女は港の東側にある1010ドックネイビーヤードに係留されていました。船外機はマインスイーパのオグララ族でした。偶然にも、ヘレナは通常ペンシルベニアに割り当てられた停泊地にいました。そしてこれが日本の飛行機の主要な標的になりました。

攻撃の最初の爆弾がフォード島に落ちてから3分以内に、1機の魚雷機がオグララ族の下を通過する魚雷を発射し、乗組員が戦闘ステーションに向かって競争したように、ほぼ真ん中の右舷側でヘレナを攻撃しました。 1つのエンジンルームと1つのボイラールームが浸水しました。メインバッテリーと5インチバッテリーへの配線は切断されましたが、迅速な対応により2分以内に前方ディーゼル発電機が起動し、すべてのマウントで電力を利用できるようになりました。すぐに、彼らは彼女をそれ以上のダメージから守るために大火を放ちました。卓越した損傷制御作業と、船全体のドアとハッチを閉じることで水密性が即座に保証されたという事実により、ヘレナは浮かんでいました。何度も後に、彼女は戦争の最初の日に彼女を沈めなかったことを後悔するために日本の機会を与えました。

真珠湾での予備的なオーバーホールの後、ヘレナは恒久的な修理のために〜Iare Island NavyYardに蒸気を送りました。 1942年、彼女は行動に移すために出航し、シービーの分遣隊と空母が南太平洋に飛行機を急いで護衛しました。彼女はエスピリトゥサントからガダルカナルまで2回の素早いダッシュを行い、島をめぐる長く血なまぐさい戦いが始まり、これらの任務を完了した後、ワスプ周辺に結成された機動部隊(AV-7)に加わりました。

この機動部隊は、ガダルカナル島に海兵隊の援軍を運ぶ6つの輸送機関の遠方の支援で蒸気を発しました。 1942年9月15日、午後半ば、ワスプは突然3隻の日本の魚雷に襲われました。ほとんどすぐに、彼女は地獄になりました。彼女の銃が燃えているヘレナは、彼女がエスピリトゥサントに連れて行ったワスプの将校と男性の400人近くを救助するために待機しました。

ヘレナの次の行動は、再びガダルカナル島への輸送の移動を支援するために、レンネル島の近くでした。ヘンダーソン飛行場からの空襲は減速しました

東京エクスプレスは数日間、1942年10月11日、日本軍は飛行場に対して提供できるすべてのものを注ぎ込み、夜間に強力な部隊の援軍をもたらすのに十分な時間、航空作戦を無力化することを望んでいました。日本艦隊は閉鎖され、1810年までにサボ島から100マイル未満でした。

優れたレーダーを装備したヘレナは、2346年に最初に敵と接触し、最初に発砲しました。このアイアンボトムサウンドでのケープエスペランスの戦いで発砲が停止したとき、ヘレナは巡洋艦古鷹と駆逐艦古鷹を沈めました。

ヘレナは次に1942年10月20日の夜、エスピリトゥサントとサンクリストバルの間を巡視しているときに攻撃を受けました。いくつかの魚雷が彼女の近くで爆​​発しましたが、彼女は殴られませんでした。

ヘレナは、エスピリトゥサントからガダルカナルへの補給部隊を護衛する仕事を割り当てられたとき、最初から気候のガダルカナル海戦を見ました。船は1942年11月11日、サンクリストバル沖の輸送船団と合流し、無事にガダルカナル島に運ばれました。 11月12日の午後、沿岸監視員から「敵機が近づいています」という言葉が届きました。荷降ろし、運用を直ちに中断し、すべての船が対空配置を形成するために際立っていました。攻撃が来たとき、部隊の見事な機動とそれ自身の対空砲火が最初の攻撃を打ち破ったが、2番目は2隻の船に損害を与えた。ヘレナはスクラッチなしで通過し、タスクグループは8分間のアクションで8機の敵機を倒しました。

荷降ろしが再開されると、哨戒機からの報告が増えていきました。不吉なことに、目撃された日本軍は輸送手段を含んでいなかったので、彼らの意図は純粋な犯罪であると読まれました。ヘレナは、ダニエル・キャラハン少将のサポートグループと一緒に蒸気を発し、ガダルカナル島からの輸送手段の羊飼いを手伝い、運命的な「アイアンボトムサウンド」へと進路を逆転させました。 11月13日金曜日の夜、ヘレナのレーダーが最初に敵を発見しました。その後の行動で、熱帯の夜は彼女の大きな銃の閃光によって何度も何度も照らされました。彼女は行動中に上部構造にわずかな損傷しか受けませんでした。日光は、ぞっとするようなスロットで悲劇的なシーンを見つけました。弱いアメリカ艦隊は多額の費用で目標を達成しました。大きな勇気が敵を引き返し、陸上の海兵隊に壊滅的な打撃を与えるであろう激しい攻撃を防いだ。

ヘレナは1943年1月にニュージョージアでの日本の陣地への数回の砲撃に割り当てられたときに復讐の手段を見つけました。彼女の銃はムンダとヴィラスタンモアで敵を揺さぶり、重要な供給集中と銃の据え付けを平準化しました。 2月までガダルカナル島の苦い作戦を支援するためにパトロールと護衛を続け、1943年2月11日に日本の潜水艦RO-102の沈没を共有した彼女の浮き飛行機の1つ。間もなく侵略されるニュージョージアの爆撃に参加する。ニュージョージア本土の最初の目標はライスアンカレッジでした。最初の上陸部隊を運ぶ輸送部隊を護衛する部隊で、ヘレナは7月4日の真夜中直前にクラ湾に移動し、5日の真夜中の直後に彼女の大きな銃が彼女の最後の海岸爆撃で開いた。

軍隊の着陸は夜明けまでに無事に完了したが、1943年7月5日の午後、東京急行が再び咆哮する準備ができているとの知らせがあり、護衛隊はそれに会うために北に向かった。 7月5日深夜までに、ヘレナのグループはニュージョージアの北西の角を離れ、3隻の巡洋艦と4隻の駆逐艦がグループを構成しました。彼らと対峙するために競争したのは、日本の駆逐艦の3つのグループ、合計10隻の敵艦でした。それらのうちの4つは上陸軍の彼らの任務を達成するために剥がれました。 0157年までに、ヘレナは非常に急速で激しい火事で爆破し始めたので、日本人は後に6インチの機関銃で武装したに違いないと厳粛に発表しました。皮肉なことに、ヘレナは自分の銃の閃光に照らされたときに完璧なターゲットを作りました。彼女が火を所有してから7分後。彼女は次の3分以内に魚雷に襲われ、さらに2発に襲われました。ほとんどすぐに彼女はジャックナイフを始めました。下では、彼女は別れる前から急速に洪水に見舞われていました。よく訓練された方法で、ヘレナの部下は側を越えました。

ヘレナの歴史は、その後の数時間と数日で彼女の部下に何が起こったのかというほとんど信じられないほどの話で終わります。沈没後、彼女の船首が空中に浮かび上がったとき、彼らの多くはその周りに集まり、そこで発砲されただけでした。彼女が沈没してから約30分後、2隻のアメリカ駆逐艦が救助に来ました。

日中、敵は再び射程内にあり、駆逐艦ニコラス(DD 449)とラドフォード(DD 446)は、彼らの救助作戦を中断して追跡しました。空襲を予期して、駆逐艦はツラギのために撤退し、約275人の生存者を除いて全員を運びました。残った人々には、駆逐艦の乗組員からの志願兵が配属された4隻のボートを残しました。ヘレナの指揮官であるC.P.セシル大尉は、3隻のモーターホエールボートの小さな艦隊を編成し、それぞれが救命艇を曳航し、88人の兵士をライスアンカレッジから約7マイルの小さな島に運びました。このグループは翌朝、グウィン(DD〜433)とウッドワース(DD-460)によって救助されました。

200近くの2番目のグループでは、ヘレナの弓が彼らのライフクラフトでしたが、ゆっくりと沈んでいきました。救命胴衣と4隻のゴム製救命ボートを投下した海軍解放者によって災害は食い止められました。負傷者は救命ボートに乗せられ、健常者はボートを取り囲み、コロンバンガラ島の近くに向かって前進するために最善を尽くしました。しかし、風と流れが彼らを敵の海にさらに運びました。その後の苦しい日を通して、負傷者の多くが亡くなりました。アメリカの捜索機は悲劇的な小さな艦隊を逃し、コロンバランガは徐々に風下に消えていきました。別の夜が過ぎ、朝、ベララベラ島が迫ってきました。それはヘレナの部下にとって最後のチャンスのようだったので、彼らはそれに向かった。夜明けまでに、残りの3隻のボートすべての生存者は、1マイル離れた着陸を観察し、残されたすべての人は無事に着陸しました。 2人の海岸監視員と忠実な原住民が可能な限り生存者の世話をし、彼らのニュースをガダルカナルに無線で送りました。その後、166人の船員が日本のパトロールを回避するためにジャングルに向かいました。

最終救助のために水上艦が選ばれ、ジェンキンス(DD 447)とオバノン(DD-460)によって増強されたニコラスとラドフォードが出発しました:1943年7月15日、これまで以上にスロットを航行し、2隻の動きをスクリーニングしました駆逐艦-輸送艦と他の4隻の駆逐艦。 7月16日の夜、救助隊は島に隠れていた16人の中国人と一緒に165人のヘレナの男性を連れ出しました。ヘレナの900人近くの男性のうち、168人が亡くなりました。

ヘレナは海軍称賛部隊を受賞した最初の船でした。エスペランス岬ガダルカナル島とクラ湾夜戦での彼女の行動は、引用に名前が付けられました。ヘレナはまた、7つ星のアジア太平洋地域従軍記章を獲得しました。

ヘレナという名前はCL-113に割り当てられましたが、その船体の建設は1944年10月5日にキャンセルされました。


司法制度の人種格差を抑えるために最高裁判所を導いた黒人の小作人の虐殺

1919年9月30日の深夜、アーカンソー州エレインの小さな教会に集まった小作人たちは、自分たちがとっているリスクを知っていました。不当な低賃金に腹を立てた彼らは、リトルロックの著名な白人弁護士、ユリシーズ・ブラットンの助けを借りて、労働の利益のより公平な分配を求めるためにエレインに来ました。毎シーズン、地主は、小作人に詳細な会計を提示したり、想定される債務で彼らを罠にかけたりすることなく、利益のわいせつな割合を要求するようになりました。

&#8220アフリカ系アメリカ人の小作人がこの搾取に反対することはほとんどありませんでした。代わりに、借金が返済されるまでアフリカ系アメリカ人が去ることができないという書面のない法律がありました。 公民権と現代アメリカ国家の形成。主催者は、ブラットンの存在が法廷を通過するためのより多くの圧力をもたらすことを望んでいた。危険に気づいて&#8211地域で人種的に動機付けられた暴力の後、雰囲気は緊張しました&#8211一部の農民はラ​​イフルで武装していました.

午後11時頃その夜、地元の白人男性のグループが、地元の法執行機関に所属している可能性があり、教会に発砲しました。ショットが返され、混乱の中で、1人の白人が殺されました。死についての言葉は急速に広まった。プログレッシブファーマーズアンドハウスホールドユニオンオブアメリカ(PFHUA)として知られる組合に正式に加入した小作人が、フィリップス郡の白人居住者に対して組織化された「暴動」を主導していたという噂が流れた。

チャールズ・ブロー知事は、近くのキャンプパイクから500人の兵士を呼びかけました。 アーカンソーデモクラット 10月2日に報告された&#8220切り上げ&#8221&#8220重武装のニグロ&#8221軍隊は&#8220すぐに降伏することを拒否したニグロを殺すために撃つ命令を受けていた。&#8221彼らはそれをはるかに超えて、バンディングした。地元の自警団と一緒に、少なくとも200人のアフリカ系アメリカ人を殺害しました(推定値ははるかに高くなりますが、完全な説明はありませんでした)。そして殺害は無差別でした&#8212男性、女性と子供たちは近くにいるのに十分不幸なことに虐殺されました。暴力の中で5人の白人が亡くなりましたが、それらの死については、誰かが責任を問われる必要があります。

エレイン人種暴動として知られるこの悲劇とその後の起訴から、アフリカ系アメリカ人に対する長年の法廷で認められた不当を覆し、不可能な状況に置かれた被告の適正手続きの権利を確保する最高裁判所の決定が下されるでしょう。

ユリシーズシンプソンブラットン、弁護士、リトルロック、アーク、ca。 1890年(アーカンソー研究のためのバトラーセンター、アーカンソー歴史芸術のボビーL.ロバーツ図書館、中央アーカンソー図書館システム)

その影響にもかかわらず、1919年の夏の間、エレインの大虐殺についてはほとんどユニークではありませんでした。それは第一次世界大戦から帰国したアフリカ系アメリカ人の退役軍人に対する悪質な報復の期間の一部でした。 PFHUAを共同設立した人)は、自宅での自分たちの権利に対する認識が高まったと主張し、脅威をもたらしました。彼らは多数の奉仕をしましたが、黒人兵士は戦争の過程と直後に、彼らの功績と成功が、完全に失敗した場合よりも実際に怒りとビトリオールを引き起こしたことに気づきました」とエイドリアン・レンツは言います。 -デューク大学の歴史の准教授であり、 自由闘争:アフリカ系アメリカ人と第一次世界大戦.

虐殺の最中、フランスの塹壕で負傷した病院で9か月間回復したアーカンソー州のリロイ・ジョンストンは、帰国後すぐに電車から引き離され、3人の兄弟と一緒に射殺されました。経済が小作の略奪システムに直接依存していたフィリップス郡のような場所では、白人の住民はヒルや他の人々の活動を一連の危険な動揺の最新のものと見なす傾向がありました。

エレインの流血後の数日間、地元メディアの報道は毎日炎を煽り続け、白人に対する組織化された陰謀のセンセーショナルな物語を報道しました。殺害を調査するために7人の委員会が結成された。彼らの結論はあまりにも予測可能です:翌週、彼らは声明を発表しました アーカンソーデモクラット エレインでの集会を、創設者が金銭的利益のために子供たちの種族の無知と迷信を使用したPFHUAが率いる白人に対するニグロの場合、意図的に計画された反乱を宣言する。

紙は、参加したすべての個人が「最終的には白人を殺すように求められる」という理解の下にあると主張しました。1週間後、彼らはエピソード全体と秩序を回復する能力を祝福し、自信を持ってそうではないと主張しました殺害されたアフリカ系アメリカ人の一人は無実でした。 &#8220フィリップス郡の成功の本当の秘密&#8230&#8221新聞が自慢したのは、&#8220南部人は数世代の経験を通してニグロを知っているということです。」

この受け入れられた物語に対抗するために、NAACPのメンバーであるウォルターホワイトは、彼が白人の居住者と溶け込むことを可能にした外観で、レポーターを装ってフィリップス郡に忍び込みました。その後の記事で、彼は、「慎重な調査」では、起訴された「卑劣な」陰謀は明らかにされておらず、実際、PFHUAには蜂起に関する設計がなかったと主張した。彼は、死者数の格差だけが、受け入れられたバージョンの出来事を信じていたと指摘した。アフリカ系アメリカ人が地元住民の大多数を占めているため、「ニグロの間によく計画された殺人計画が存在した場合、死者の割合は異なっていたようです」と彼は書いています。 国家。 NAACPはまた彼らの出版物で指摘しました 危機 未チェックのリンチとアフリカ系アメリカ人に対する暴徒の暴力という一般的な気候では、「そうするのに十分な馬鹿者はいないだろう」と。ブラックプレスはその話を取り上げ、他の論文はホワイトの反論を彼らのアカウントに統合し始め、被告への支持を刺激した。

裁判所はまったく別の問題でした。数十人のアフリカ系アメリカ人が、拷問によって強要された有罪の証言を使用した急いで召集された殺人裁判で被告となり、12人の男性が死刑を宣告された。陪審員の審議はほんの一瞬続きました。判決は当然の結論であり、裁判所による執行が予定されていなかったとしたら、暴徒はもっと早く執行したであろうことは明らかでした。

&#8220当時完全に腐敗したシステムで明らかに殺人罪で起訴された12人の黒人男性がいた&#8211暴徒の影響を受け、改ざんを目撃し、真っ白な陪審員がいた、ほぼ確実に司法の偏見、あなたはこの場合あなたが陪審員であるならばあなたがその町に住むことがほぼ確実にできないであろうということを知っているというプレッシャーを持っていました。有罪判決以外のことを決定した場合は、NAACPアドボカシーおよびポリシー委員会の弁護士兼委員長であるマイケルカリーは言います。白人居住者は犯罪で裁判にかけられませんでした。

結果は、少なくとも最初は、多くの暴徒のリンチによって示されたゆるぎない傾向を反映していました。アフリカ系アメリカ人の被告にとって、告発と有罪判決は交換可能でした。

それにもかかわらず、NAACPは、次の3年間、アーカンソー州裁判所、次に連邦裁判所を通過する一連の控訴と異議申し立てを開始しました。これは、黒人の法的救済の以前の試みを反映した、困難な一連の激しい勝利と落胆の後退です。市民。 &#8220It&#8217sはNAACPの学習プロセスです&#8221はLentz-Smith氏は言います。 &#8220 [そこには]それをどのように行うか、誰を利用するか、そしてどのような議論をするべきかという感覚があります。指名された原告フランク・ムーアを含む被告&#8211は、合衆国最高裁判所で訴訟を起こした。 NAACPの法的戦略は、適正手続きによる被告の第14修正権が侵害されたという主張に基づいていました。

1923年2月、6対2の差で、裁判所は同意した。オリバー・ウェンデル・ホームズ判事は、真っ白な陪審員、証言する機会の欠如、拷問を受けた自白、裁判地の変更の拒否、暴徒の圧力を引用して、大多数の人に次のように書いています。弁護士、陪審員、裁判官が国民の情熱の抵抗できない波によって致命的な終わりに押し流されたマスク&#8221そして、州が申立人の憲法上の権利の保証人として介入することは最高裁判所の義務でしたアーカンザスのは失敗していた。

この判決は、エレインのような場所で起こっている不正に対する裁判所の長年の実践的なアプローチからの劇的な逸脱を示しました。 &#8220これは、最高裁判所がアフリカ系アメリカ人の権利を認める方法の大きな変化でした」とカリーは言います。法廷でほとんど頼ることができなかった長い歴史の後、 ムーア対デンプシー (被告はアーカンソー州刑務所の看守でした)連邦裁判所が黒人被告を含む注目を集める適正手続き訴訟を検討するさらなる法的利益に先行しました。 パウエル対アラバマ 真っ白な陪審員を対象とした1932年、 ブラウン対ミシシッピ 1936年、拷問の下で抽出された自白を支配した。

ムーア対デンプシー 初期の公民権弁護士に勢いを与え、&#821750sと&#821760sの後の勝利への道を開いた。レンツによれば、&#8220 20世紀の黒人の自由の闘いを語るとき、私たちは実際にタイムラインとタイムラインに配置したピンを、重要な突破口と成果の瞬間にシフトする必要があります。&#8221にもかかわらず ムーア対デンプシー 比較的あいまいであり、「米国の公民権運動が市民権の完全な社会的、政治的、および法的権利を確保するための努力として理解されている場合、1923年は重要な出来事を示します」とフランシスは書いています。

エレイン被告:S.A。ジョーンズ、エドヒックス、フランクヒックス、フランクムーア、J。C。ノックス、エドコールマン、ポールホール、スキピオジョーンズ、州刑務所、リトルロック、プラスキー郡、アーク1925年(アーカンソー研究のためのバトラーセンター、アーカンソー歴史芸術のボビーL.ロバーツ図書館、中央アーカンソー図書館システム)

判決はまた、争われた刑事事件への連邦政府の介入に関して、すべての市民に幅広い影響を及ぼした。 &#8220州が手続き上の適正手続きに違反したという認識、および実際にそれを検討している連邦裁判所は巨大でした」とカリーは言います。 &#8220州の刑事手続に支払われていた差額があり、その後、この種のことは、州に存在していたその保護を破りました。&#8221

エレインに集まった小作人は、彼らの仕事から得られた利益のシェアを確保するという単純な目標を持っていました。しかし、その夜の一連の不正が解き放たれると、数年間の粘り強い努力によって、国の最高裁判所に持ち込まれ、憲法上の保証がないことでアフリカ系アメリカ人を有罪と宣言するという長年の伝統がもはや挑戦されないことを示します。


セントヘレンズ山が噴火

太平洋夏時間の午前8時32分、ワシントン州南西部の火山の頂上であるセントヘレンズ山は大規模な噴火に見舞われ、57人が死亡し、約210平方マイルの荒野が壊滅的な打撃を受けました。

と呼ばれる Louwala-Clough、 または&#x201Cthe Smoking Mountain、&#x201D by Native Americans、Mount St. Helensはカスケード山脈にあり、噴火の前に9,680フィート立っていました。火山は過去4、500年間定期的に噴火し、最後の活動期間は1831年から1857年の間でした。1980年3月20日、山の北側のすぐ下の地面を中心とした一連の地震活動から顕著な火山活動が始まりました。 。これらの地震はエスカレートし、3月27日に小さな噴火が発生し、セントヘレンズ山はそのクレーターと通気口から蒸気と灰を放出し始めました。

小さな噴火が毎日続き、4月に山に詳しい人々はその北面の構造の変化に気づきました。科学的研究により、直径1マイルを超える膨らみが、北の高い斜面を1日あたり6フィートも上向きおよび外向きに移動していることが確認されました。膨らみは地表下のマグマの侵入によって引き起こされ、当局は山の近くのまばらに定住した地域から何百人もの人々を避難させ始めました。何人かの人々は去ることを拒否した。

5月18日の朝、セントヘレンズ山はマグニチュード5.0の地震で揺れ、山頂の北側全体が山を滑り落ち始めました。歴史上最大の記録の1つである岩と氷の巨大な地滑りに続いて、蒸気と火山ガスの巨大な爆発が発生し、それが地面に沿って高速で北上しました。側火山は、火山から6マイル以内のほとんどの丘の斜面から木を剥ぎ取り、12マイル離れたところまでほぼすべての植生を平らにしました。爆風により約1,000万本の木が伐採されました。

激しい爆発によって液化した地すべりの破片は、時速100マイルを超える速度で山を急降下しました。雪崩はスピリット湖に氾濫し、トゥートル川の谷を13マイルの距離で吠え、川を平均150フィートの深さまで埋めました。泥流、火砕流、洪水が破壊に加わり、道路、橋、公園、さらに数千エーカーの森林が破壊されました。雪崩と同時に、ガスと火山灰の垂直噴火が、12マイル以上の高さの火山の上にきのこ柱を形成しました。噴火による灰は、北西部の都市や町に雪のように降り注ぎ、2週間にわたって世界中を漂流しました。セントヘレンズ山の噴火により、57人、数千匹の動物、数百万匹の魚が殺されました。

5月18日の午後遅くまでに噴火はおさまり、翌日の早朝までに噴火は本質的に止まりました。セントヘレンズ山の火山円錐丘は完全に吹き飛ばされ、馬蹄形の火口に置き換えられました。山は噴火から1,700フィートを失いました。火山は1980年の夏と秋に5つの小さな爆発的噴火を引き起こし、今日も活動を続けています。 1982年、議会はセントヘレンズ山を保護された研究地域にしました。

セントヘレンズ山は2004年に再び活動を開始しました。2005年3月8日、36,000フィートの蒸気と灰の噴煙が、小さな地震を伴って山から排出されました。 2008年には、別の小さな噴火が発生しました。新しいドームがピークの頂上近くで着実に成長しており、小さな地震が頻繁に発生していますが、科学者は1980年の大惨事がすぐに繰り返されるとは予想していません。


第二次世界大戦データベース


ww2dbase USSヘレナは、1930年代に米国ニューヨーク州ブルックリンのニューヨーク海軍工廠に建設され、1939年9月に就役しました。1939年後半から1940年初頭にかけて、アルゼンチンのキューバを訪れ、南米への航海を行いました。 、ウルグアイ、およびブラジル。彼女は後に太平洋艦隊に配属され、日本の攻撃中に真珠湾にいた。通常は戦艦USSペンシルベニアに割り当てられているバースに係留されていた彼女の位置は、攻撃開始からわずか3分後に右舷側で魚雷が撃たれ、特に日本人の標的になりました。米国を第二次世界大戦に導いたこの攻撃の間に、34人が殺され、69人が負傷した。彼女は翌日乾ドックに移され、1942年6月まで米国カリフォルニア州のメアアイランド海軍造船所で恒久的な修理と対空兵器のアップグレードを受けました。完了後、彼女は南太平洋に船を護衛しました。この立場で、1942年9月15日、ソロモン諸島で日本の潜水艦I-19からの魚雷に襲われたとき、彼女はUSSワスプと一緒に船団にいました。ヘレナは、ワスプから400人近くの生存者を救出し、ニューヘブリデスのエスピリトゥサントに連れて行きました。 1942年10月11日、ヘレナは米国のタスクフォースの一部であり、その日の終わりの真夜中直前の夜の暗闇の中で、入ってくる日本艦隊を待ち伏せしました。その後のエスペランス岬の戦いは、双方にとって非常に混乱していましたが、アメリカ人は重巡洋艦古鷹と駆逐艦吹雪を沈めた後、小さな勝利を収めるでしょう。ヘレナの尉官は後に、「ケープエスペランスはチャンスが主な勝者であった三面戦闘でした」と書いています。1942年11月の第1次ソロモン海戦で、彼女は最初に日本の軍艦の存在を発見しました。暗闇の中でレーダーを持っていたが、後部ダニエル・キャラハンと機動部隊はこの情報に基づいて適切な行動をとることができず、双方がお互いを目撃するまで戦闘に参加しなかった。さらに別の混乱した夜明け前の戦いで、ヘレナは駆逐艦暁と深刻な被害を受けた駆逐艦天津風の沈没を支援しました。 USSヘレナの指揮官であり、生き残った米国の上級将校であるギルバート・フーバー大尉は、ヘレナと駆逐艦のUSSフレッチャーだけがまだ完全な戦闘状態にあったため、40分の戦闘後にすべてのアメリカ人に戦闘からの離脱を命じました。フーバーは機動部隊をニューヘブリデスのエスピリトゥサントに導き、途中で指揮官代理を務め、USSジュノーは日本の潜水艦に魚雷を撃ち込まれ、フーバーはジュノーの生存者を助けるために最小限の救助活動を提供するという彼の決定の義務から解放されました。 。キャプテンチャールズセシルは次の指揮官に任命されるでしょう。 1943年1月、そして再び1943年7月に、彼女はニュージョージアでの日本の陣地を砲撃しました。 1943年7月6日の早い時間にクラ湾夜戦で、彼女は&#34Tokyo Express&#34日本の駆逐艦を待ち伏せしましたが、多くの砲撃が彼女を日本の砲手にとって魅力的な標的にしました。彼女は0203時間に第1砲塔の下の左舷で日本の93型魚雷に襲われ、船首を折った。 0205時間に、彼女は再び左舷で2回の魚雷攻撃を受けました。船の主要部分は0225時間に沈没し、船首は翌日沈没しました。生存者の中には駆逐艦USSニコラスとUSSラドフォードに拾われた人もいれば、近くの島に到着した人もいましたが、魚雷の爆発で負傷した人もいれば、安全に到達する前に死亡する人もいました。合計で、888人の乗組員のうち、168人が沈没で死亡しました。キャプテンセシルは沈没を生き延びた。

ww2dbase 2006年6月、ニュージョージア島の西にあるソロモン諸島のラノングガ島で米海軍の軍人の遺体が発見されました。 9月、USSヘレナの水兵一等将軍プレストンダグラスの遺体であると決定されました。彼の遺体は、2008年1月26日にテネシー州ハンコック郡スニードビルのゴリホン墓地に埋葬されました。

ww2dbase 出典:ウィキペディア

最終メジャーリビジョン:2015年1月

軽巡洋艦ヘレナ(セントルイス級)(CL-50)インタラクティブマップ

ヘレナ(セントルイス級)運用タイムライン

1936年12月9日 ヘレナのキールは、アメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリンのニューヨーク海軍工廠に置かれました。
1939年8月27日 ヘレナは、アメリカ合衆国モンタナ州上院議員トーマス・J・ウォルシュの孫娘であるエリノール・カーライル・ガジャー氏が後援し、アメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリンのニューヨーク海軍造船所で立ち上げられました。
1939年9月18日 マックス・バーク・デモット大尉は、USSヘレナの指揮官に任命され、ドナルド・ヘンドリー・ジョンストン少佐を救援しました。
1939年9月18日 USSヘレナは、キャプテンマックスB.デモットを指揮して就役を任されました。
1939年10月14日 USSヘレナは、海上公試と慣らし航海のために、米国ニューヨーク州ブルックリンのニューヨーク海軍工廠を出発しました。
1939年12月22日 USSヘレナは米国メリーランド州アナポリスに到着しました。
1939年12月27日 USSヘレナは、米国メリーランド州アナポリスを南米に向けて出発し、同日遅くに米国バージニア州ノーフォークに到着しました。
1940年1月3日 USSヘレナは米国バージニア州ノーフォークを出発しました。
1940年1月6日 USSヘレナがキューバのグアンタナモ湾に到着しました。
1940年1月7日 USSヘレナはキューバのグアンタナモ湾を出発しました。
1940年1月13日 USSヘレナは初めて赤道を越えました。
1940年1月22日 USSヘレナがアルゼンチンのブエノスアイレスに到着しました。
1940年1月28日 USSヘレナはアルゼンチンのブエノスアイレスを出発しました。
1940年1月29日 USSヘレナがウルグアイのモンテビデオに到着しました。
1940年2月3日 USSヘレナはウルグアイのモンテビデオを出発しました。
1940年2月5日 USSヘレナがブラジルのサントスに到着しました。
1940年2月10日 USSヘレナはブラジルのサントスを出発しました。
1940年2月12日 USSヘレナがキューバのグアンタナモ湾に到着しました。
1940年2月24日 USSヘレナはキューバのグアンタナモ湾を出発しました。
1940年2月27日 USSヘレナは米国バージニア州ノーフォークに到着しました。
1940年3月1日 USSヘレナはアメリカ合衆国バージニア州ノーフォークを出発しました。
1940年3月2日 USSヘレナは、アメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリンのニューヨーク海軍工廠に到着しました。
1941年7月14日 キャプテンロバートヘンリーイングリッシュジュニアは、キャプテンマックスバークデモットを救済し、USSヘレナの指揮官に任命されました。
1941年12月7日 USSヘレナは、ハワイ準州ホノルルでの真珠湾攻撃中に魚雷攻撃を受けました。
1941年12月8日 USSヘレナは、ハワイ準州ホノルルの乾ドックに入りました。
1942年3月6日 司令官ジェラルドD.リンケは、USSヘレナの指揮官に任命され、ロバートヘンリーイングリッシュジュニア大尉を救援しました。
1942年3月29日 司令官オリバーミドルトンリードは、司令官ジェラルドD.リンケを救済し、USSヘレナの指揮官に任命されました。
1942年9月15日 USSヘレナは、ソロモン諸島で沈没したUSSハチの400人近くの生存者を救出しました。
1942年9月25日 Captain Gilbert Corwin Hoover was named the commanding officer of USS Helena, relieving Commander Oliver Middleton.
11 Oct 1942 USS Helena assumed position west of Savo Island, Solomon Islands in darkness, awaiting an incoming Japanese task force.
12 Oct 1942 USS Helena assisted in the sinking of Japanese heavy cruiser Furutaka and destroyer Fubuki.
20 Oct 1942 USS Helena observed incoming Japanese torpedoes while on patrol between Espiritu Santo of New Hebrides and San Cristobal island in the Solomon Islands all torpedoes missed.
11 Nov 1942 USS Helena made rendezvous with a convoy of transports off San Cristobal, Solomon Islands and escorted the convoy to Guadalcanal.
12 Nov 1942 USS Helena fired on attacking Japanese aircraft at Guadalcanal, Solomon Islands.
12 Nov 1942 Cruiser USS Helena (St. Louis-class) and destroyers USS Shaw and Barton arrived off Guadalcanal and began a shore bombardment near the mouth of the Kokumbona River. The US ships then were subjected to an aerial attack from about 21 Japanese airplanes. Shaw claimed to have shot down two of them.
13 Nov 1942 USS Helena detected Japanese warships with her radar off Guadalcanal, Solomon Islands at 0124 hours, but poor communications and general confusion caused a lack of proper action from the task force. The First Naval Battle of Guadalcanal was joined after the two sides sighted each other. USS Helena assisted in the sinking of destroyer Akatsuki and seriously damaged destroyer Amatsukaze. Captain Gilbert Hoover, commanding officer of USS Helena and the senior surviving US officer, gave the order for all Americans to disengage from battle after 40 minutes of fighting.
23 Nov 1942 Captain Charles Purcell Cecil was named the commanding officer of USS Helena, relieving Captain Gilbert Corwin Hoover.
5 Jan 1943 Lieutenant "Red" Cochrane and his crew of the aft 5-inch battery of USS Helena shot down a Japanese D3A dive bomber off Guadalcanal, Solomon Islands. This was the first use of proximity-fuse shells in combat.
1943年7月4日 USS Helena escorted invasion transports to Kula Gulf west of New Georgia.
5 Jul 1943 Before dawn, USS Helena commenced pre-invasion bombardment of New Georgia from Kula Gulf. In the afternoon, she received the order to intercept a Japanese troop convoy would arrive some time after dark.
6 Jul 1943 During Battle of Kula Gulf northwest of New Georgia, USS Helena ambushed an incoming Japanese convoy at 0157 hours, but the many gun flashes in turn made her an attractive target for Japanese gunners. She was struck by a Japanese Type 93 torpedo at 0203 hours, followed by two more at 0205 hours. She would sink at 0225 hours.
7 Jul 1943 The broken-off bow of USS Helena sank in Kula Gulf northwest of New Georgia. A US Navy PB4Y-1 Liberator aircraft dropped lifejackets and four rubber lifeboats to survivors in the area of the bow.
26 Jan 2008 The remains of Seaman 1st Class General Preston Douglas of USS Helena, which were discovered on Ranongga Island in the Solomon Islands in Jun 2006, were buried at Gollihon Cemetery in Sneedville, Hancock County, Tennessee on 26 Jan 2008.

この記事を楽しんだり、この記事が役に立ったと思いましたか?もしそうなら、Patreonで私たちをサポートすることを検討してください。月額1ドルでも大いに役立ちます!ありがとうございました。


Kozy Heat: Making Your Home Beautiful And Efficient With Fireplaces

Dudley Hussong, Chairman of the Board, established Kozy Heat® during 1976 in his father’s millwork shop in southern Minnesota. The first Kozy Heat product was a wood-burning fireplace that was created as a more efficient way to heat the shop during the fuel embargo.

The word spread around town and a local contractor later persuaded Hussong to build another, and then another for local homes. Kozy Heat soon became known as a high-quality, energy-efficient home heating supplement. Within two years, Kozy Heat was selling fireplaces throughout Minnesota.

Jim Hussong, President, joined his father full time in 1984. The two became a team with Jim concentrating on expanding the sales and marketing division, whereas Dudley remained focused researching and developing new products. Together they have created distribution and representation nationwide with a full product line of both wood and gas fireplaces.

Heather and Hannah Hussong joined their father full time in 2014. Kozy Heat is a three-generational business that is family owned and operated. Throughout the expansion of the company and changes in products, the commitment to quality and efficiency remained constant as nationally recognized wood and gas fireplace manufacturers.

Kozy Heat is proud to offer this product from our family to yours as we continue to add to our line of wood and gas fireplaces.


Carroll Shelby Children

When Carroll Shelby married his first wife, Jeanne Fields, he had with her three children. Carroll Shelby children include one daughter and two sons. The eldest daughter was Sharon Anne Shelby, born on September 27, 1944. The second child was Michael Hall Shelby, born on November 2, 1946, and the youngest son was Patrick Bert Shelby who was born on October 23, 1947. When they divorced each other, Shelby came to six more marriages but he didn’t have any child anymore.


コンテンツ

In mid-1943, in the wake of the Guadalcanal campaign, the Allies launched their next offensive in the Solomon Islands, landing troops on the island of Rendova on 30 June as a preliminary step to seizing the major Japanese airstrip at Munda on New Georgia Island. The US landing on Rendova took place to set up an initial beachhead from which to move troops across Blanche Channel to New Georgia. After Rendova had been secured, the move to Zanana on the mainland took place on 2 July, after which US forces began the westward advance on Munda. In order to support this effort, and cut off Japanese reinforcements from moving down the Munda trail from Bairoko, the Allies decided to land a force on the north shore of New Georgia on 5 July. Meanwhile, the Japanese sought to reinforce the Munda area, moving troops and supplies via barge from the Shortlands, via Kolombangara. [4] [5]

The night before the battle in the Kula Gulf, Rear Admiral Walden L. Ainsworth's United States Navy Task Group 36.1 (TG 36.1) conducted a cruiser bombardment of Vila on Kolombangara Island and Bairoko. This operation was undertaken to support a landing at Rice Anchorage on the northern shore of New Georgia, by U.S. Marine and United States Army troops tasked with capturing Enogai and Bairoko. [6]

At the same time as the Marines were landing at Rice Anchorage two US Navy destroyers, USS StrongChevalier, entered Bairoko Harbor to provide naval gunfire support. In the early hours of the morning a torpedo was spotted closing which hit Strong on her port side aft, resulting in the loss of the destroyer. A total of 241 survivors were rescued by Chevalier その間 オバノン attempted to return fire [7] 46 US sailors lost their lives during the attack. [8] The fatal Type 93 torpedo was a ロングランス。 It came from a salvo of 14 torpedoes fired by a group of four Japanese destroyers, led by Niizuki。 The torpedo traveled a distance of 11 nautical miles (20 km) [8] and is believed to be longest successful torpedo attack of the war. After firing their torpedoes the Japanese destroyers departed the area without being detected. Such was the distance of the shot, the US commander believed that his force had been attacked by a Japanese submarine. [9]

Ainsworth's task group consisted of the light cruisers USS ホノルル (CL-48) , USS セントルイス (CL-49) , and USS Helena (CL-50) , plus four destroyers, ニコラス, オバノン, ラドフォードジェンキンス。 On the afternoon of 5 July, they were returning to the Coral Sea to resupply, when Admiral William Halsey was informed of another "Tokyo Express" mission down "the Slot" in the Solomon Islands, from Buin, on Bougainville. [10] [11] Ordered to intercept the Japanese, Ainsworth changed course, and proceeded northwest past New Georgia Island. Chevalier had been damaged picking up survivors from Strong, and left the area they were replaced by ラドフォードジェンキンス, who left Tulagi at 16:47 hours and 18:37 hours on 5 July respectively, after replenishing. [12]

The American ships passed Visu Visu Point, on the northwest coast of New Georgia, just after midnight on 6 July. About an hour later, Ainsworth's task force was off the east coast of Kolombangara, about half a mile from Visu Visu Point, and roughly northeast of Waugh Rock, [13] when they came into contact with a Japanese naval reinforcement group consisting of two transport units carrying troops, escorted by a support unit, under Admiral Teruo Akiyama. The Japanese force consisted of ten ships in total, all of which were destroyers. The support unit was made up of three ships from the 3rd Destroyer Squadron, while the first transport unit (designated the 30th Transport Division) was made up of three destroyers, and the second transport unit (designated the 11th Transport Division) consisted of four destroyers. [14] [15]

The Japanese ships were carrying 2,600 ground troops and were bound for Vila, which was being used as a staging point for moving reinforcements to Munda. When the battle began, Akiyama's force was divided into two parts: the three escorts of the support unit (Niizuki, SuzukazeTanikaze) trailing the main column consisting of the four ships from the second transport unit (Amagiri, Hatsuyuki, NagatsukiSatsuki)。 [16] [17] Meanwhile, the three ships of the first transport unit, Mochizuki, MikazukiHamakaze, were unloading at Vila, about 8.5 miles (13.7 km) away. [18] [15]

The escorts of the Japanese support unit were the first to be engaged. The U.S. ships, having tracked their opponents with radar, opened fire at 01:57 hours, firing 612 shells in 21 minutes and six seconds, quickly sinking the destroyer Niizuki and killing Admiral Akiyama. [19] [20] However, Helena had expended all of her flashless powder the previous night, and she was forced to use smokeless powder, thus illuminating herself to the Japanese ships with every salvo. Two of the Japanese destroyers launched their Long Lance torpedoes and hit Helena, fatally damaging her. [16] After heading away from Vila following first contact, the main Japanese force broke away behind a smokescreen. [16] In the process, Nagatsuki was hit by a single 6-inch shell, and ran aground near Bambari Harbor, on Kolombangara, 5 miles (8.0 km) north of Vila, while Hatsuyuki was damaged slightly by two shells, which failed to explode. [21] [22]

Around 03:30 hours, Ainsworth began retiring towards Tulagi, while the Japanese headed for Buin. Two American destroyers, ラドフォードオバノン, remained behind to rescue survivors, as did the Japanese destroyer, Amagiri。 At about 05:00, Amagiriニコラス exchanged torpedoes and gunfire [23] hit four times, Amagiri withdrew. The beached Nagatsuki was abandoned by her crew in the morning, and was later bombed and destroyed by American aircraft. [21] MikazukiHamakaze completed unloading, and departed through the Blackett Strait, while Mochizuki lingered for another hour before leaving through the Kula Gulf along the coast of Kolombangara, clashing briefly with ニコラス, around 06:15 before withdrawing behind a smoke screen. [3]

US losses during the battle amounted to one light cruiser sunk and 168 killed, all of whom were from Helena, [1] while the Japanese lost two destroyers sunk and two destroyers damaged, with 324 men killed. The breakdown of casualties for the Japanese by ship was as follows: Niizuki (300 killed), Amagiri (10 killed), Nagatsuki (eight killed and 13 wounded), and Hatsuyuki (six killed). [2] [3] The Japanese succeeded in landing 1,600 troops at Vila, as well as 90 tons of supplies. [21] For his actions leading the column of cruisers at Kula Gulf and earlier in the campaign, Captain Robert W. Hayler of the ホノルル received his second Navy Cross. [24]

駆逐艦 ラドフォードニコラス returned to rescue survivors from Helena。 While rescuing over 750 men, ラドフォードニコラス had to reengage the Japanese three times they were awarded the Presidential Unit Citation for their rescue. Amagiri escaped and later rammed and cut in half the motor torpedo boat USS PT-109, captained by future President of the United States John F. Kennedy (1917–1963), in the Blackett Strait, southwest of Kolombangara on 2 August. [25] HatsuyukiSatsuki returned to Buin via the Blackett Strait. [22]

Following the engagement in the Kula Gulf, the Japanese continued to move reinforcements south to New Georgia. On 9 July, 1,200 troops were moved to Kolombangara successfully without opposition. Another effort on 12/13 July, however, resulted in the Battle of Kolombangara. [26] Meanwhile, ashore, US troops had secured Enogai on the northwestern coast on 10–11 July, while around Munda the Japanese stubbornly resisted US efforts to advance towards the airfield, which stalled and was eventually halted by a Japanese counterattack on 17 July. [27]


Auschwitz Love Story Between Nazi Guard & Jewish Prisoner Which Saved Her Life

NS Auschwitz love story has emerged more than 70 years on from the depths of a Nazi concentration camp, where a Jewish prisoner fell in love with one of the SS guards at the camp, saving her and her family’s lives.

Helena Citronova was imprisoned at Auschwitz along with her sister, Rozinka. It was SS Guard Franz Wunsch who Helena had an affair with. She admits that she slept with him, and as time went on she even admits to having deeper feelings for him. She even says there were times when they were together when she forgot where they were and who he was.

The relationship was formed as Helena wanted to try anyway possible to keep herself and her sister alive in the death camp.

Originally from Slovakia, Helena was forced to work at the camp where she had to help sort all of the incoming prisoners’ belongings. The moment that saved her life was when Helena had to sing during Wunsch’s birthday celebrations and he first noticed her. Earlier that very day she had been sentenced to death, but after singing for him, he stopped that from happening. Later, he dropped a note into the warehouse where she was working saying ‘I fell in love with you’.

Helena thought that she would rather die than be involved with a Nazi, and for a long time after their affair started she couldn’t bring herself to look him in the face. But over time she came to terms with the romance.

Wunsch would provide Helena with food and when she learned that her sister and her sister’s children were due to be sent to the gas chamber, he stepped in and got Rozinka out after telling guards she worked for him in the warehouse. But there was no way he could save her children as children did not live at the camp.

The love story was brought to life in a television programme broadcast by PBS in America, as well as an Israeli programme in 2003. During the making of the programmes she said that she felt there was a stain on her for having a relationship with a Nazi soldier, but at the end of the day he saved her life, the Mail Online reports.

After the war in the early 1970s, Wunsch was put on trial in Vienna and was accused of being violent to prisoners and had worked at the gas chambers to insert the lethal gas. His relationship with Helena was raised and she even testified for him. He claimed that his relationship with Helena changed his perspective on life because of her. There was more than enough evidence for a guilty verdict in the participation of mass murder, but Wunsch was acquitted due to war crimes having a limited timeframe from which they can be prosecuted in Austria.


Princess Margaret's marriage started to fall apart within a few years

On May 6, 1960, Princess Margaret and Antony Armstrong-Jones, who then became known as Lord Snowden, married. But, unfortunately, the princess didn't get her happily ever after.

"The first few years were wonderful," Anne de Courcy, author of Snowden: A Biography, confirmed to Town & Country。 "They had a lot in common, there was banter between them — he would help her with her speeches." The couple was perhaps それも similar in some ways. "They were both pretty strong-willed and accustomed to having their own way, so there were bound to be collisions," de Courcy explained. And then work started to get in the way.

In 1962, Margaret's husband took a job as the artistic advisor for The Sunday Times。 "She expected her husband to be with her more, but one of Tony's strongest motivations was work," the author revealed. "He had a workshop in the basement of Kensington Palace, and while she was understanding of his work commitments, Margaret didn't realize it would take him away from her so much."


Sleeping with the enemy: The Collaborator Girls of WWII in images

On June 25 th , 1940, the Battle of France was over. The country had fallen to the German invader in a matter of six weeks. What ensued was a four-year-long period of occupation, a formation of a puppet state in the southern part of the country, and an army in exile, struggling to once again see the shores of its homeland.

Despite the fact that there was a foreign occupying force present, however, life in France continued – or at least tried to continue – as usual. The famous Parisian cafés and cinémas were now open to German soldiers that were taking leave from the frontline, as well as those stationed in France. The notorious nightlife of which they had heard so much about before the war, with its brothels and clubs running all night, now seemed to be within their conquering grasp.

But what interested the young German soldiers and officers the most were the beautiful and glamorous French girls. Since many of them seemed to show as much affection for the dashing Hugo-Boss-uniform-wearing invaders as any other man, a number of relationships developed all over the occupied area of the country, as well as in Vichy France, which was under de facto German control.

After all, it was all quiet on the Western Front until the Allies invaded Normandy in June 1944, and plenty of young women saw the Germans as charming. On the other hand, many of them saw the officers as means of acquiring goods that were hard to come by in wartime conditions. Regular foodstuffs such as bread and meat all reached a much higher price as rationing took hold.

But when the war ended, all the masks fell. While the members of the resistance struggled to liberate the country, the women who had intimately enjoyed the company of Germans were deemed to be traitors to the cause and downright collaborators.

The punishment for them included brutal public humiliation as their heads were shaven as a mark of collaboration. In addition to this, tar and feathers were also used to further humiliate the women who participated in the so-called Collaboration horizontale.

The term itself pretty much describes the crime, but since this justice was delivered by an angry mob, rather than a court, among the 20,000 women whose heads were shaven, there were also a great number of false accusations.

However, from these forbidden love affairs an estimated 200,000 babies were born. While growing up, these children had to face discrimination, as the wounds of war still ran deep within the French people.

Occupying Germans could do a lot that local men couldn’t.

Moulin Rouge, Paris.

In times of military occupation, there were willing women to be found.

Several women from the highest reaches of the aristocracy were sheared for consorting with German officers.

French women who befriended the Nazis, through coerced, forced, or voluntary relationships, were singled out for shameful retribution following the liberation of France.

Many single French women, widows, or whose husbands had been wounded or captured, were forced into prostitution.

Like soldiers of every army of every period of history, as soon as the Germans got comfortable, they started scouting around for women.

Some 200,000+ babies were born to German fathers during the French occupation.

Clearly taken in the summer – note her swimsuit underneath.

ガールフレンドと服を交換するドイツ兵。

The SS was the terror of Europe.

Everyone in the Wehrmacht knew that Paris was the place to be.

Conquering soldiers have a lot to offer a girl, especially a soldier who has rank and can most likely offer all sorts of inducements.

Everyone in the Wehrmacht knew that Paris was the place to be.

Many women became prostitutes.

In Norway, more than 10,000 babies were born to German fathers.

It could be a defensible act of survival, a way to get food or some measure of protection from occupiers.


ビデオを見る: The Untold Truth Of Huntress