防護巡洋艦アルバニー-歴史

防護巡洋艦アルバニー-歴史

アルバニー

III

(防護巡洋艦:dp。3,340、1。354'9 1/2 ";b。43'9"、dr。17'6 "(後方);s。20.52k。;cpl。353、a。66" 、4 4.7 "、106-pars。41-pars。、4 mg。、2フィールドピース、3 tt。)

3番目のAlbanv(イギリスのニューカッスルオンタインに、ブラジル海軍のAl-AbreuとしてArmstrong、Whitworth&Co。によって敷設された保護された巡洋艦)は、1898年3月16日に米国海軍によって未だに購入されました。彼女はスペイン海軍に買収され、1899年2月に打ち上げられたアルバニーと改名されました。ジョンC.コルウェイル夫人が後援し、ロンドンのアメリカ海軍のアタッチメントの妻であり、1900年5月29日にイギリスのタイン川で就役しました。クレイグが指揮を執る。

1900年6月26日、アルバニーはフィリピンでの就役のために海に出ました。ジブラルタル、地中海、スエズ運河、インド洋を経由して蒸気を発し、巡洋艦は11月22日にフィリピンのカビテに到着しました。彼女は次の7か月間、フィリピンのアジア艦隊に所属していました。その任務のツアー中に、防護巡洋艦は1900年12月28日から1901年2月17日まで乾ドックの修理のために香港を訪れました。

1901年7月3日、彼女はカビテを出発してヨーロッパの駅に戻りました。処女航海の道をたどって、アルバニーは9月初めにスエズ運河を通過し、9月15日に地中海に再び入りました。

次の9か月間、軍艦はギリシャ、フランス、イタリア、スペイン、エジプトの港を訪れる地中海の暖かい海域を巡航しました。彼女は1902年6月18日に大西洋に入り、フランスのシェルブールとイギリスのサウサンプトンに立ち寄った後、イリノイ(戦艦第7号)、防護巡洋艦シカゴ、サンフランシスコ(巡洋艦第5号)とギャロパー軽船から合流しました。 7月12日。彼女は7月20日までこれらの船で運動し、その時点でバルト海への進路を設定しました。北ヨーロッパの海域に滞在中、彼女はスウェーデンのストックホルムを訪れました。クロンシュタット、ロシア;とコペンハーゲンデンマーク。 9月初旬、彼女はバルト海を出て、イギリスのプリマスを訪れた後、12日に地中海に再び入りました。 「中海」でのほぼ2か月の任務の後、アルバニーは11月初旬に西半球への進路を設定しました。彼女はその月の後半に西インド諸島に到着し、1903年1月初旬に終了した艦隊の戦術演習で年を終えました。5日、船はマサチューセッツ州ボストンに向けて進路を設定しました。

ボストンとニューヨーク海軍工廠での修理の後、1903年2月15日にアルバニーがユーロに戻るために着手しました。

ピーンウォーターズ。地中海での短い任務のツアーの終わりに、彼女は5月末にスエズ運河を通過し、極東へのコースを設定しました。彼女は香港で石炭を求めて立ち寄った後、中国北部の煙台でアジア艦隊に加わった。彼女は1903年の残りのほとんどを、中国北部、韓国、日本の海域でその艦隊と一緒に運用して過ごしました。 11月中旬のある時、彼女は米国の大臣を日本の神戸から韓国のケムルポに運んだ。神戸に戻って横浜に行くと、保護されたクルーザーは12月3日にハワイへの航海に乗り出しました。彼女は16日にホノルルに到着し、29日までそこに留まり、29日には西太平洋に戻りました。彼女は1904年1月20日にフィリピンのカビテに到着する前にラドローネ(現在のマリアナ)諸島のグアムに立ち寄った。彼女は約1か月間フィリピンで活動し、2月19日に中国の海岸に向かった。軍艦は4日後に上海に到着し、3月22日にフィリピンに向けて出発する前に1か月間近くに留まりました。彼女は3月26日から4月18日までカビテで横になりました。巡洋艦は4月18日から30日の間に、上海とフィリピンへの短い航海を行いました。カビテで1週間過ごした後、彼女は海に出て、米国に向かった。彼女は途中でグアムとホノルルに立ち寄り、6月16日にワシントン州ブレマートンの港に到着しました。その後まもなく、アルバニーはピュージェットサウンドネイビーヤードで任務から外されました。

防護巡洋艦は、ほぼ3年間活動を停止していました。 1907年6月10日、彼女は完全な任務に就きました、Comdr。ヘンリー・T・メイヨーが指揮を執る。太平洋艦隊に配属されたアルバニーは、次の3年間、北アメリカと中央アメリカの西海岸を巡航しました。北米の西海岸での彼女の任務は、主に進化の訓練で構成されていましたが、中央アメリカの海岸に沿った監視任務も含まれ、米国市民とそこでの永続的に不安定な共和国への彼らの利益を保護しました。彼女はメキシコ、ホンジュラス、エルサルバドル、ニカラグアの港を訪れました。後者の国は、1910年の前半、キンボール少将のニカラグア遠征軍に所属していたときに、彼女の主要な作戦地域であることが証明されました。彼女は5月に北にピュージェットサウンド海軍造船所に戻り、アジア艦隊にもう一度配備する準備を始めました。 8月4日、彼女は中国海域に向かう途中で海軍造船所を出港しました。ハワイのホノルルと日本の横浜に立ち寄った後、アルバニーは9月15日に中国のウーソンに到着しました。ほぼ3年間、防護巡洋艦はフィリピンから中国、そして日本への港を訪れる極東海域を航行しました。

1913年10月20日、軍艦は横浜を出て帰国しました。彼女は10月31日から11月5日までホノルルに立ち寄り、11月12日にサンフランシスコに到着しました。彼女は月の半ばに北にピュージェット湾に移動し、12月23日にそこで予備に置かれました。修理の後、彼女は1914年4月17日に再就役しました。その夏と秋、彼女はタンピコでの事件とその結果としてのベラクルスへの着陸をきっかけにメキシコ海域を巡航しました。彼女は、11月下旬に任務を遂行し、1914年12月4日に、一般的なオーバーホールのためにブレマートンワシントンで任務から外されたと結論付けました。 1915年の春の終わりにこれらの修理が終了すると、アルバニーはワシントンとオレゴンの州海軍民兵との訓練任務を割り当てられました。 1916年5月12日、彼女は全任務に復帰しました。オーリン・G・マーフィンが指揮を執る。現役に戻ると、彼女は再びメキシコ海域に向かった。今回は、パンチョビリャと彼の略奪者集団によるニューメキシコ州コロンバスでのアメリカ市民の虐殺に対する米国の対応の一環として。

1917年初頭までに、アルバニーはバージニア沖の大西洋艦隊と共に活動していました。この任務の変更は、後者の国の無制限潜水艦戦キャンペーンをめぐって米国とドイツ帝国の間の関係が悪化した結果としてもたらされた。 2月と3月には、関係が急速に悪化しました。そして、4月の初めに、米国は連合国側で戦争に参加しました。

7月5日、アルバニーは護送船団の任務のためにニューヨークに報告するよう命令を受けました。彼女は戦隊6パトロールフォースアトランティックフリートの旗艦としての任務を割り当てられました。そのようなものとして、彼女はリアアドミライウィリアムC.ワッツのフレアを運びました。第一次世界大戦中、巡洋艦は商船、貨物船、軍隊の輸送船団をアトランブを往復して護衛しました。 1917年7月から1918年11月11日の終戦までの間に、彼女は11のそのような護送船団を合衆国とヨーロッパの間で安全に羊飼いにした。

1919年、アルバニーは再びアジア艦隊に配属されました。当時、ボルシェビキと非ボルシェビキ(ボルシェビキに反対することだけが共通の根拠であった人々で構成された多様なグループ)派閥間のロシア内戦。さまざまな連合軍の現在の人々が軍の派遣団をいくつかのロシアの港に送った。米国はシベリアのウラジオストクに軍隊を上陸させ、おそらくその地域での日本のふりをチェックし、チェコ軍団の出口としてその港を確保し、シベリア横断鉄道を通過させた。 1919年と1920年の初めに、アルバニーはウラジオストクで数回の任務のツアーを行い、上陸したアメリカ軍を支援しました。彼女はまた、これらの軍隊をさらに支援し、病人や負傷者を避難させるために、武装した上陸部隊を何度か上陸させた。

アメリカ軍は1920年の春に撤退し、アルバニーはアジア艦隊との通常の平時の任務を再開した。そのサービスには、中国海域での通常の夏とフィリピンでの冬が交互に含まれていました。 1921年8月8日、彼女は軽巡洋艦に再分類され、CL-23に指定されました。 1922年7月、彼女は最後に中国海域を出港し、帰国しました。彼女は8月6日にマーレ島ナビヤードに到着し、1922年10月10日に任務から外されました。彼女の名前が海軍リストから削除された1929年11月3日までマーレ島に停泊しました。 1930年2月11日、彼女はスクラップとして売却されました。

1940年12月28日、フランクリンD.ルーズベルト大統領はボルチモア級重巡洋艦CA-72のアルバニーという名前の推薦を承認しました。しかし、船の建造が始まる前に、戦時中の出来事が介入しました。重巡洋艦ピッツバーグ(CA-70)は1942年10月12日にキャンベラに改名され、サボ島の悲惨な戦いで失われたオーストラリアの重巡洋艦に敬意を表して、アルバニーは1942年11月26日にピッツォーグ(qv)に改名されました。 1943年2月3日に行われたキール敷設。


NavWeapsフォーラム

Googleブックスにアクセスでき、興味のある人のために、Journal of American Naval Engineersの1900年版の281ページに、USSアルバニーの契約証跡に関する記事があります。船の全体的な説明とエンジニアリングの詳細が記載されています。 。これらの船が多くの点でいかに単純であったかは驚くべきことです。たとえば、30台のKW発電機と1台の配電盤しかありません。

2012年7月2日#13 2012-07-02T21:55

2012年7月2日#14 2012-07-02T23:31

キツネは次のように書いています。私が理解しているのであれば、彼女の船体は軟鋼ですが、外側はチークとコールタールで覆われ、銅で覆われていますか?
それはまだ一般的な習慣でしたか?

防汚塗料の信頼性が向上した1900年頃には衰退していたと思います。イギリスのダイアデム級巡洋艦には外装がありましたが、クレッシー級にはありませんでした。

以前のすべての船に外装が付いていたわけではありませんが、1800年代後半を通して、費用と余分な重量の価値があるかどうかについて大きな議論がありました。

2012年7月3日#15 2012-07-03T02:05

2012年7月3日#16 2012-07-03T03:31

IIRC、「Elswick Cruisers」は、RNの外でほぼ独占的に購入および使用されました。したがって、このトピックは実際にはRNフォーラムにあるべきではありませんが、FightingShips以外に適切な場所はありません。

「エルズウィック巡洋艦」は、MiGおよびT-72戦車の「輸出」モデルのように、RN要件を満たすには一般的に不十分であると考えられていました。しかし、彼らの主任設計者であるフィリップ・ワッツ卿(1846–1926)は、RNの最も強力な船のいくつかを建設および設計しましたhttp://www.history.inport。 h.co.uk/people/watts.htm

2012年7月3日#17 2012-07-03T18:28

2012年7月3日#18 2012-07-03T22:45

北洋艦隊http://en.wikipedia.org/wiki/Beiyang_Fleetのような大国への輸出販売のために船を建造する場合、最良の選択肢のように思えます。

これは当時のエルズウィック(アームストロング)の巡洋艦の販売チラシです。



http://www.cityofart.net/bship/royal-revue.htm


アームストロングだけがそのような方法で宣伝したわけではありませんが。



そして、弾薬と機械の広告があります。

2012年7月7日#19 2012-07-07T06:36

はい。ただし、このリストが完全であるか完全に正確であるかはわかりませんので、更新または修正をお気軽に提供してください。


モジュール

発射速度
(ショット/分)
180°回転時間
(秒)
最大分散
(NS)
HEシェルの最大ダメージ
(HP)
HEシェルによって引き起こされたターゲットへの火災の可能性
(%)
最大徹甲弾ダメージ
(HP)
研究価格
(exp)
購入金額
(  )
152 mm / 50 Mk67.522.5832,10073,000 00
ヒットポイント
(HP)

(んん)

(んん)
メインタレット
(個)
二次砲塔
(個)
AAマウント
(個)
魚雷発射管
(個)
格納庫容量
(個)
研究価格
(exp)
購入金額
(  )
アルバニー16,500676644 0 00

防護巡洋艦アルバニー-歴史

アルバニーヘリテージエリアビジターセンター
アルバニーのブロードウェイとクリントンアベニューの角
518-434-0405 www.albany.org

ビジターセンターは、アルバニーのダウンタウンにあるブロードウェイとクリントンアベニューの交差点にあり、クリントンアベニュー出口のI-787ランプのすぐそばにあります。出口ランプの下部で、右折してブロードウェイに入ります。ビジターセンターはすぐ右側にあります。

バス: 乗客はビジターセンターの前のブロードウェイで降ろすことができます。二重ガラスのドアからセンターに入ります。バスは、リヴィングストン通りとコロニー通りの間のブロードウェイに停車できます。バスパーキングのために、この場所にパーキングメーターを供給する必要はありません。

  • 月曜日から金曜日の午前8時から午後5時まで1時間あたり1ドル
  • 月曜日から金曜日の午後5時以降は無料(パレスシアターでイベントがある場合は5ドルの夜)
  • 土曜日と日曜日の無料駐車場
  • 支払いは、クォーター、ダイム、ニッケル、Visa、MasterCard、CDTASwiperカードで行うことができます

駐車場から建物に入るには、歩道橋を進み、二重ガラスのドアまで進みます。

一般的な運転指示

I-90の東と西から: I-90からI-787South、4B出口(クリントンアベニュー)へ。出口ランプの下部で、右折してブロードウェイに入ります。ビジターセンターはすぐ右側にあります。

北から: ノースウェイ(I-87)南からI-90東へI-787南から出口4B(クリントンアベニュー)へ。出口ランプの下部で、右折してブロードウェイに入ります。ビジターセンターはすぐ右側にあります。

西/スルーウェイ出口24から: I-90東からI-787南へ4B出口(クリントンアベニュー)へ。出口ランプの下部で、右折してブロードウェイに入ります。ビジターセンターはすぐ右側にあります。

南/スルーウェイ23番出口から: I-787 Northを出口4(ダウンタウンアルバニー)まで進みます。出口ランプの下部で、クリントンアベニューの標識に従います。クリントンアベニューの出口ランプの下部で、右折してブロードウェイに入ります。ビジターセンターはすぐ右側にあります。


防護巡洋艦アルバニー-歴史

米国海軍の1920年の船体番号システムの前身には、保護された(およびいくつかの「保護されていない」)巡洋艦の番号シリーズがあり、1880年代半ばから1900年代初頭にかけて20隻以上が建造または取得されました。これらの軍艦のうち22隻は、「巡洋艦番号」を受け取りました。これらの番号は、非公式に「C-1」から「C-22」と省略されています。ただし、この短縮形は非公式の便宜の問題であり、海軍の正式な船体番号システムの一部ではありませんでした。 1920-21年、グループの生き残ったメンバーは、装甲巡洋艦(CA)、軽巡洋艦(CL)、砲艦(PG)シリーズで新しい指定と番号を受け取りました。その後、古い巡洋艦(&quotC-&quot)の番号は消滅しました。

「巡洋艦」シリーズで番号が付けられた22隻の船に加えて、別の5隻の防護巡洋艦は、以前に建造されたか、海外で購入され、海軍の造船プログラムの一環として建造されなかったため、当初は番号を受け取りませんでした。完全を期すために、これらの5隻の軍艦を適切な年代順に以下に示します。


教義&#038操作

1898年の米西戦争

「新しい海軍」巡洋艦の最初の本格的なテストは、1898年の米西戦争の際に行われました。紙面では、巡洋艦と首都船の両方で、USNはアルマダより劣っていました。しかし、海軍本部は大都市ではなく、スペインの植民地の所有物を攻撃することを計画しました。この紛争の間、海軍の2隻の主力艦、USSテキサス(USSメインがハバナで爆破し、必要な開戦事由を与えた)、インディアナ級戦艦USSオレゴン、および試運転から新鮮なユニークなUSSアイオワだけが存在しました。しかし、作戦に必要な速度と距離のために、大西洋を通る大都市アルマダの攻撃を防ぐために多くの人が西側の費用にとどまったものの、巡洋艦は砲艦で大部分の作戦を行いました。


1898年のUSSニューヨーク

おそらく参加した最も有名な船は USSニューヨーク、最初のUSN装甲巡洋艦であり、サンティアゴデクーバのサンプソン少将の旗艦であり、USSブルックリン(シュリー提督の旗艦)およびUSSオリンピア(マニラのデューイ提督の旗艦)と共に。後者は防護巡洋艦でした。最初の戦いはキューバではなく、キューバで攻撃する前に太平洋でスペイン海軍を誘惑しようとする迂回攻撃の試みでした。スペイン帝国のもう1つの大きな植民地であるフィリピンのマニラでのUSN攻撃は、1898年5月1日に行われました。地元の軍隊が準備が整っておらず、沿岸砲兵の保護下にとどまっていたため、攻撃は驚きでした。彼らの乗組員は襲撃の猛威にふさわしくありませんでした。


USSペトレル。 USN砲艦は、1898年の戦闘で大きな役割を果たし、サイズと兵装はほぼ2級の巡洋艦と見なされていました。たとえば、1888年のヨークタウン級は約2000トンを移動させ、6門の6インチ砲を搭載していました。

マニラでの&#8220戦線演習&#8221

これは、マニラ湾に停泊しているスペイン太平洋艦隊に対するUSN戦隊の日中の襲撃でした。デューイの計画は大胆で危険で危険でしたが、期待を超えて成功しました。デューイはテディ・ルーズベルトによって太平洋戦隊に昇進したとき香港にいました。彼の雑多な艦隊は、防護巡洋艦であるUSSオリンピアとUSSボストン、砲艦USSペトレルと非常に古い蒸気パドルUSSモノカシーで構成されていました。この小さな力で、彼はフィリピンのスペイン海軍を破壊することになっていた。彼の頭痛の種の1つは、石炭の供給でした。彼の小さな艦隊は小さな力の石炭船で距離を横切り、別の巡洋艦USSローリー、小型カスタムボートUSS McCulloghおよび砲艦USSコンコードとの戦闘前に強化されました。

マニラでは、ドン・パトリシオ・イ・モントジョ・パサロン提督が率いる部隊と、巡洋艦のドン・アントニオ・デ・ウロア、ドン・ファン・デ・オーストリア、レイナ・クリスティーナ、カスティーリャ、イスラ・デ・キューバ、イスラ・デ・ルゾン、砲艦マルケス・デル・ドゥエロと対峙しました。紙面では、これは6隻の巡洋艦でしたが、デューイの巡洋艦は4隻しかありませんでしたが、ほとんどのスペインの巡洋艦は時代遅れで小型で、ほぼ砲艦サイズでした。その後、2人が捕らえられ、USNサービスでプレスされました。さらに、ドンアントニオ、レゾ将軍、巡洋艦ベラスコから銃を撤去し、要塞に設置することが決定されました。モントジョは、すでに途中で発見されていたアメリカ人を待っていましたが、時間を知りませんでした。彼は最終的に、海上で艦隊を危険にさらさないことを決定し、要塞化されたサングリーポイントのすぐ下にあるポンプとカビテのウロアの砲台を使用して艦隊を半分沈めました。


ラインをリードするUSSオリンピア

デューイはスービック湾に入る前にルソン島に軍隊を集めて準備しました。彼のラインは、USSオリンピア、USSナンシャン(輸送スチーマー)、ザフィロ(捕獲されたスチーマー)、マッカロック、ペトレルで構成され、USSローリー、コンコード、ボストンはラインを閉鎖しました。 。基本的に彼の戦線はスペインの船の前で大いに一掃しましたが、ザフィロ、ナンシャン、マッカロックは武装しておらず、後ろに留まりませんでした。彼の戦線はカビテに入り、スペインの戦線を発見し、夜明け(午前5時)に発砲しました。最初はスペインの砲台で、後で船の弾薬を節約しました。彼は約30分で船に発砲した。その後、彼のラインをループに操作し、午前7時30分に昼食のために引退しました。作戦全体を通して、デューイのラインは遅く、約3ノットであり、完璧な照準のために時間をかけるように砲手に命じられました。


マニラ(スービック湾)の戦いの芸術的で劇的な演出。アーティストは、戦いが至近距離であるように見せましたが、実際には距離は約2000ヤード(1.8 km)であり、当時の基準ではまだ近かったです。 4年前のヤルでは、距離は同程度でした。シェルの2%のみが実際にヒットするため、これは精度に関するボリュームのピークになります。

彼は2回目の急降下に戻り、同じ操作を行ってスペインの船を「終了」させ、モントジョは後に船を自沈させて乗組員を避難させることにしました。彼の軍隊は後で降伏します。 USN側では、USSボルチモアだけが、爆発しなかった跳ね返りシェルによる軽傷を負い、火花と破片の結果として8人の軽傷を負いました。デューイは&#8216doctrine&#8217と言えば、教科書の戦線戦術を適用し、モントジョの戦隊を拡大して各船を順番に移動させる前に、最初の沿岸砲を使用することを好みました。彼はほとんどスペイン人を軽蔑し、平時の運動のように振る舞った。彼らの側では、後者は、海上行動に適さない形の船を部分的に武装解除し、ホントリアの銃が使い古され、部分的に欠陥のある弾薬の供給が限られ、メンテナンスが不足し、そして決定的に、乗組員の訓練が不足していました。長時間の発砲演習。


USSデンバーが進行中です。6隻の&#8220ガンボートクルーザー&#8221の1隻が、戦後にキューバとフィリピンの&#8216保護区&#8217を監視するように命じました。

射程は短かったが、スペイン軍はほとんどヒットを記録しなかったが、USN戦隊は2%のヒットしかなく、ほとんどの船を無力化するのに十分だった。デューイはスペインの船と砦の前で前に並んで揺れ、左舷銃を発射し、次に右舷銃で向きを変えて戻り、このプロセスは5,000ヤードから2,000ヤードまでの範囲で5回繰り返されました。スペイン側の砦や船が2時間半の間、大きな打撃を受けなかったことは、今でも驚くべきことです。いずれにせよ、内戦以来のこの最初の海軍の関与は、米海軍に途方もない自信を与えました。


デューイのUSSオリンピアは現在も保存されており、1890年代の装甲巡洋艦の最良かつ唯一の例です(著者のイラスト)。

サンティアゴでの封鎖&#8220七面鳥のシュート&#8221(1898年7月3日)

自宅に近いサンティアゴデクーバでスペイン艦隊を封鎖したUSN戦隊は、デューイの太平洋戦隊よりもはるかに大きかった。サンプソンの封鎖艦隊は、4隻の戦艦(テキサス、オレゴン、アイオワ、インディアナ)、2隻の装甲巡洋艦(ブルックリン、ニューヨーク)、2隻の武装ヨットで構成されていました。彼に対抗して、セルベラ提督はスペインから来て、キューバの小さな力を和らげるために送られた装甲巡洋艦ヴィスカヤ、インファンタマリアテレサ、クリストバルコロン、駆逐艦フロール、テラー、プルートからなるカーボベルデ諸島の戦隊を編成しました。フラッグシップのアルミランテオッケンド)。紙面では、スペインの巡洋艦は比較的近代的で価値のある敵でした。しかし、それは別の話だったUSN戦艦に対して。ただし、その場合、USN戦艦は速度が遅いためほとんど役割を果たしませんでした。これは、「艦隊のブルドッグ」であるUSSオレゴンでさえ、本質的に追跡活動でした。これはサンチャゴデクーバの戦いでした。

彼がマドリッドに提案したセルベラの当初の計画は、カナリア諸島のカルタヘナからの別の戦隊と連携し、前進する米海軍の艦隊をはさみで捕まえることでした。しかし、彼は敵との対峙のためにできるだけ早くキューバに航海するように命じられました。確かに彼の艦隊は問題を抱えていました、彼らは砲弾の供給不足、銃の後装式の問題、メンテナンスの一般的な欠如、特にだまされていない、ビスカヤ(最大12ノット)のような船を遅くしました、または逃した新鮮なクリストバルコロン彼女の主砲。港には沿岸の要塞が惜しみなく点在していたので、彼の艦隊をサンティアゴに集めることは彼の目には賢明でした。スペイン艦隊の実際の場所について、シュリーとサンプソンの間で最初の混乱がありました。前者は断固としてセルベラはシエンフエゴスにいました。しかし、最終的にセルベラの艦隊はキューバの武装勢力によって発見され、通信はシュリーに行きました。シュリーは出発する前に合体しました。


クリストバルコロン、おそらくガリバルディ級の船の1つであるセルベラの最高の装甲巡洋艦。

セルベラは7月3日の9:00にサンティアゴ湾を離れるように命じられ、USSブルックリンの監視員によって最初に発見されました。驚くべきことに、USNは関与の結果に非常に自信を持っていたため、多くの民間のヨットやスクーナーもピクニックをするために周りを待っていて、イベントを待っていました。しかし、USSニューヨーク(サンプソン)はもはや見えず、情報を見逃していました。その間、USSアイオワは予想通りひどく損傷したマリアテレサと交戦した。サンプソンは少なくともセルベラの戦隊がオフになっていることに気づき、封鎖を実行しようとしました。彼は船を戻すように命令し、スペインの船に到着するたびにブロードサイドで無効にする古典的な操作であるT&#8221を閉じようとしました。セルベラは、体当たり攻撃について巡洋艦USSブルックリンに突撃し、残りの艦隊が真東に逃げることができるように、迂回することを決定しました。ブルックリンは操縦を余儀なくされ、USSテキサスとほぼ衝突しました。

不自由なマリア・テレサの後、アルミランテ・オッケンドは確かに次でした。不自由になり、彼女は最終的に座礁し、Furor、Terrorを爆発させ、続いてPlutoが艦隊に追われ、最初の(彼の発明者であるVillaamilを乗せて)そのルーダーが詰まり、急速に沈んだ。次に、USSブルックリン、テキサス、オレゴンが装甲巡洋艦Vizcayaを追跡しました。後者には2門の11インチ(280 mm)砲があり、脅威であることが証明されました。しかし、USSブルックリンでの唯一の幸運なヒットは不発弾でした。ビスカヤは海岸で燃える残骸として終わるでしょう。最後のスペインの巡洋艦、コロンは、ブルックリンとオレゴンに追われました。彼女は最新であり、したがって最速であり、距離を置いているように見えたが、海岸は方向転換を余儀なくされ、石炭が少なくなるにつれて、ストーカーは低品質の石炭を使用しなければならなかった。煙が多く、速度が遅いため、船はより目立ちました。最終的に、彼女はUSSオレゴンに捕まり、終了しました。 USSニューヨークは遠すぎてダメージを与えることができませんでした。結局、USSブルックリンだけが彼女の金属を証明する機会がありました。戦闘は、巡洋艦にとって有用な機動計画よりも、戦艦による追跡の実行でした。

第一次世界大戦の米国巡洋艦

第一次世界大戦が勃発したとき、米海軍は、常により大きく、より武装した、より多くの弩級戦艦のための進行中のプログラムに巻き込まれましたが、巡洋艦はありませんでした。 1915年に、C&#038Rによって、艦隊駆逐艦を補完するものとして、しかしより長い射程を持つように&#8220scouts&#8221を設計するプログラムがありました。 1904年以降の欠員により、米海軍は10〜15歳以上の巡洋艦隊で戦争に参加しました。実際、その戦艦艦隊と比較して、巡洋艦艦隊は確かに任務を遂行できませんでした。
1880〜1890年代の米国海軍の初期の&#8220新海軍&#8221マスト巡洋艦のコレクションは二次的な任務に追いやられ、主に速度に基づいて艦隊に選択肢を残しました。 2000〜3000トンの防護巡洋艦はシンシナティとモンゴメリーであり、デンバーのクラスは16〜19ノットの「最近の」サービス可能な巡洋艦の大部分を形成していました。シンシナティとローリーは南北アメリカの海岸に沿って活動していました。モンゴメリー、デトロイト、マーブルヘッドは沿岸パトロールと訓練任務を行いました。彼らは、特にその射程、港と本拠地の水域、そして西部大西洋を保護しているため、家にとどまりました。遅いデンバー(16ノット)は「ピースクルーザー」とも呼ばれ、砲艦として効果的に使用されました。 USSデンバーは、同じく1917年の夏から、ガルベストンとタコマとして、デモイン、チャタヌーガとして、海嶺まで8隻の護送船団を護衛しました。後者は、モンブランの爆発中にハリファックスでひどく損傷した。


USSニューヨーク、Irootokojrによって着色されました。カリブ海の典型的な平時のカラーリング、上部構造の白い船体、キャンバスベージュに注目してください。船首は、米国の公式の紋章の図を示しました。 1916年から、またはそれ以前は、ミディアムネイビーグレーで塗装されていました。実際、USNは1898年にすでにライトグレーとミディアムグレーの塗装スキームを試しました。アーティストのアボットハンダーソンセイヤーはカウンターシェーディングの配色を調査しましたが、海軍は1900年代に有名な「偉大な白い艦隊」のためにグレーから白に切り替わり、ミディアムに戻りました。 1908年に戻った後、再び灰色になります。

コロンビアとニューオーリンズのクラスは20〜21ノットの能力があり、確かにより活発でした。コロンビアとミネアポリスの両方が護送船団の護衛船として機能し、戦争が終わった後、太平洋に行きました。ニューオーリンズはイギリス製の典型的なエルウィック巡洋艦で、ブラジル人への販売中止から購入しました。 USSアルバニーは、大西洋艦隊の第6戦隊、パトロールフォースの旗艦であり、戦争中に護送隊を護衛し、1919年にロシア内戦中に白人を支援するために移動しました。 USSニューオーリンズはまた、ニューヨーク市からイギリス諸島沖の駆逐艦護衛艦との海上ランデブーまで、護衛艦を護衛し、1918年1月16日までフランス沿岸と連絡を取りました。その後、彼女は太平洋に派遣されました。


うわー-Whatif-USSフェニックスのレンディション&#8211オマハ級軽巡洋艦の偵察艦の初期の提案とされています。それは本当でしたか?名前は完全に偽物であり、次の一連の都市に触発され、1917年のチェスター級の後継設計に触発されたと言われています。彼らは間違いなくスカウトであり、艦隊の「目」および艦隊の指導者としての役割を果たしました。これは&#8220scout 1917プログラム&#8221でした。議会はその費用と完了時に廃止されることを恐れて投票を拒否しました。議会は翌年、オマハ級に投票したときに意見を修正し、実際には1916年の海軍計画に戻った。 Conway&#8217sによると、これは1917年にC&#038Rによって提案された代替の5,000トンの設計である可能性があります。重火器がこの排気量の造船の現実と一致せず、最高速度35ノットを組み合わせたため、プロジェクトは中止されました。

貴重なUSN20ノット以上の装甲巡洋艦艦隊もありました。排気量が8,500〜14,500トンの範囲の16隻の重武装の軍艦です。彼らは古いキューバのベテラン、USSニューヨークとブルックリン、6つのペンシルベニア級、3つのセントルイス級と5つのテネシー級でした。後者は十分に保護されており、大規模で、2000トンの石炭容量が必要でした。彼らは護送船団を中部大西洋岸とそれをはるかに超えて護衛することができました。
USSニューヨークは1917年12月1日にUSSロチェスターになり、大西洋艦隊の護衛艦隊の一部であり、3回の旅行を行い、その後、軍隊を本国に送還しました。 USSブルックリンは、戦争が勃発したとき、ボストンNyDの新兵収容艦でした。大西洋予備艦隊。中立パトロールの後、彼女は太平洋に派遣されました。
USSセントルイスは、海岸から海岸への護衛任務のためにグループ4、アメリカ遠征軍の護衛にいました。ミルウォーキーは1917年に立ち往生し、取り消されました。その間、USSチャールストンはアメリカ遠征軍を運び、フランスNYCからサンナゼール(5つの任務)に護衛し、退役軍人を本国に送還しました。
ペンシルベニア級は、戦争が勃発する前に、1912年から1916年まで、USSサウスダコタでは1920年まで、すべて名前が変更されました。これらの大型巡洋艦は、北大西洋の護衛任務に移されました。 USSピッツバーグは太平洋にいて、ドイツの仮装巡洋艦を(成功せずに)追いかけていました。 USSハンティントンは観測気球を操作して水中のUボートを見つけようとしました。 USSサンディエゴは、戦時中の作戦のために沈没した唯一の米国装甲巡洋艦になりました。彼女は、おそらくU-156または魚雷(コンウェイズ)によって敷設されたニューヨーク州ファイアーアイランド沖の鉱山を攻撃しました。
テネシークラスも1916年から1920年に改名され、これらの短い戦時中の作戦でも同様の経歴を持っていました。 USSテネシーは、津波の後、1916年8月に大破し、回復することはありませんでした。その他、メンフィス、シアトル、シャーロット、ミズーラ。 USS Seattle experimented with observation seaplanes, having four of these and two catapults. She also served as flagship of the Destroyer Force and escort for the first American convoy to European waters. USS North Carolina (later Charlotte) became the first ship ever to launch an aircraft by catapult, on 5 September 1915.

Perhaps the “best card” of the USN in 1917 were the Chester class scouts. The 24-knots cruisers were the only true “scouts” of the navy and had quite an active career in 1917-18. All these cruisers were doomed by the signature of the Washington naval treaty. The tonnage ban concerning cruisers forced most of theme to be retired, sold in 1930 after a long reserve period, altough the carrier of a few went on until WW2 under various roles or simply were still extant after 50-60 years. Such was the case for:
-USS Despatch (ex-Atlanta), the doyen of USN cruisers, receiving ship at Yerba Buena until 1946.
-USS Baltimore was decomm. since 1922 and rested in Pearl Harbor. She was sold in 1942 as scrap metal.
-USS Olympia, preserved as a veteran of the Philippines in 1898 to this day, museum ship in Philadelphia.
-USS Yosemite (ex-San Francisco) decomm. 1921, was stricken since 1930 but sold in 1939 in Philadelphia.
-USS Rochester (ex-Saratoga, ex-New York), decomm. since 1933, receiving ship at Olomgapo, Philippines, scuttled to avoid capture by the Japanese in December 1941.
-USS Seattle, receiving ship in NyC until 1941, renamed IX39 as a misc. auxiliary and sold in 1946.

Of course, none of the Omaha class scout cruisers, laid down in December 1918 for the first two, seen anything of WW1. But they fully participated in WW2 in active roles and all survived, to be striken in 1945-46.


(GNB) Buyers Beware: Albany

Normally I wouldn't do one of these literally a day after the Tachibana one, but considering GNB ends in three or four days and people might be on the fence (katori says ''NOT FUCKING LIKELY''), I wanted to do another pros/cons list - I think it's a pretty concise, to the point format, and I hope you all enjoy it.

Specifically these 'ɻuyers Bewares'' aren't meant as full blown ship reviews or guides (like LWM's or any of the guides WoWS video makers do), but as a handy dandy reference to a ship - mainly whether it's good or bad and if it's for you or not. As a disclaimer, I am a strikingly average player - I have a firm grasp on the game mechanics (duh), but I'm nothing special skillwise. I've played these ships enough to have an idea of how good/bad they are, though.

So without further ado, we're doing the bad shit first as usual.

Albany is as far as I know the oldest ship in the game going by date of commissioning (two years earlier than even Mikasa). This has several in-game implications, both pros and cons.

The first implication is that she hails from an era of naval warfare where the prevailing opinion on speed was ''NO WE NEED MORE GUN'' (and also turbines weren't used on warships yet). This basically means she's really fucking slow. Now this is a theme among low tier shitcans, but Albany just takes it to the next level, with a top speed of a whopping TWENTY (20) KNOTS. For comparison, the next slowest tier 2 cruisers (Dresden and Chester) both make 24 knots. At her tier, Albany is only exceeded in slowness by Mikasa, and she's. uh, yeah.

Range. While it's not as bad as it used to be (I got Albany back when they gave them away last summer, and back then she had 6.7km base range - she has 8.5km now), she's still outranged by literally every tier 2 cruiser ever. Hell she's fucking outranged by the tier 1 gunboats that's how absolutely fucking terrible her range is. Combine this with her slow speed and she'll often struggle to bring her guns to bear. If you have a slow HDD, don't bother with this ship.

Poorly armoured citadel but it's a fucking protected cruiser this surprises absolutely nobody.

Tied with Chester for lightest broadside in its tier, barrel count-wise, being capable of bringing a maximum of four guns to bear on a target. Dresden and Emden have lighter guns, but at least they can constantly rain fury (fun-sized fury) all over someone's face. Albany has 6'' guns, which means RELOAD TIMESSSSSSSSSSS

The light broadside hurts even more when you consider the piss fucking poor HE shell alpha and fire chance. Even Novik's 120mm guns have better base fire chance. Like all low tier shells, Albany's shells aspire to be rainbows, too, and perpetually lament the fact the only colour they'll ever flash is orange (or blue if you're a DIRTY MODDER).

Pretty mehsome HP pool at 16.5k, only exceeded by Novik in sheer shittiness.

Her base concealment range is 8.6km. Her gun range is 8.5km. Like a mini Pensacola syndrome kinda thing.

Tier 2 cruiser with tier 2 cruiser woes. AP is an endangered species at this tier and Albany's piss poor citadel armour means you'll spend most of your time on fire and lose engines a lot. Cruiser kit means your DCP cooldown is about two years. Even with her premium status, she earns fuck all in terms of silver.

Okay but it's honestly not all bad.私を信じてください。

Albany is as far as I know the oldest ship in the game. This means she has that stupid protected cruiser armour layout that makes tier 2 cruisers fucking irritating as hell to citadel. Not an advantage specific to Albany, but it's something.

The shells actually aren't all bad. The HE alpha is trash, yeah, but it also has 1150 krupp (compare this to Chikuma's HE shells - 500 more alpha, but a krupp value of 320). Given the fact tier 2 ships lose engines and what have you like it's nobody's business, this makes Albany irritating as shit.

Her AP shells are great. In the sense of they're not as shit as everybody else's AP shells. Relatively high alpha (3k), high penetration, and 8 degrees of normalisation (kind of bog standard at this tier, but it's a pretty good value - better than some high tier CAs get) means flinging AP at shorter ranges is pretty viable.

If Albany's hull shape was like a weiner, itɽ be like /u/horsememes' - relatively short and narrow. Is this joke getting old yet? What this means in practice is that she can be sorta difficult to hit sometimes, but far more importantly she has an absolutely godly turning circle of only 350 meters. She has an awkwardly long rudder shift time of 7 seconds to balance it out, but once Albany gets turning, SHE GETS TURNING. In car terms, it's like going round a corner in a tiny hatchback without power steering - turns tight as hell, but requires a bit of effort.

She has secondary guns. They're 120mm and have next to no range but they make pretty fireworks.

She has good AA. For a tier 2 cruiser. Essentially this means ''she has AA''.

And now the big one - the main advantage Albany has, the thing that makes it worth enduring the shitty speed and range and the fact it's a tier 2 cruiser - she looks pimp as fuck。 She has one of those big pimpin' golden bow crests that add nothing to her combat performance and just make her heavier but are just there to look stupidly cool. She has a stern crest of similar pimpness too. She has this gorgeous coat of white point (GREAT WHITE FLEET) and a superstructure consisting largely of pretty dark wood and brass everywhere. Albany is the absolute gaudiest ship in the game - it's like a shitty old car that handles like an aircraft carrier and makes about 40mph on a good day with the wind at its back, but that you drive anyway because you feel like the raddest dude in the known universe when you're driving it.

This needs a second bullet point. Albany is gorgeous.

So yeah. To sum it up: painfully mediocre tier 2 cruiser with decent AP shells that looks like a bit like if the national treasury was a ship. If you don't give a shit about combat performance/retraining/silver grinding and just want to shoot your kind of stupid AP at seals in your gaudy pimpboat, there is simply nothing like Albany. You'll spend most of your time on fire, but if you're the kind of player who plays tier 2 for laughs, Albany's a great boat to pick up, though I figure most people will go for either Smith or Katori instead.

For returning players, her range and view range have been buffed since last summer.

ps: if the reception to this ''guide'' is similar to the Tachibana one's, I might start writing these weekly - I enjoy writing them a ton, they take an hour to write at most and it's a pretty great bonus if they actually help someone decide whether they should get a boat or not.

This one ended up longer than I thought. I just have a lot to say about Albaeny, I suppose.


コンテンツ

NS オレゴンシティ-class cruisers were a modified version of the previous ボルチモア-class design the main difference was a more compact pyramidal superstructure with single trunked funnel, intended to improve the arcs of fire of the anti-aircraft (AA) guns. The same type of modification also differentiated the クリーブランドFargo classes of light cruisers. [1]

Ten ships were authorized for the class with three being completed and the fourth suspended during construction. The final six ships were cancelled, five after being laid down. [2] Construction on the incomplete fourth ship was resumed in 1948 and the ship served as a command ship Northampton (CLC-1) . All three completed cruisers were commissioned in 1946. オレゴンシティ was decommissioned after only 22 months of service, one of the shortest active careers of any World War II-era cruiser. Albany was later converted into a guided missile ship, becoming the lead ship of the Albany class and served until 1980. A similar conversion was planned for ロチェスター but was cancelled.


The Later Years of the USS Albany

During her foreign cruises, the USS Albany participated in many naval exercises with friendly foreign naval units. She was again decommissioned from March 1, 1967, until November 9, 1968, as she underwent another series of modifications. The cruiser spent a third period of decommissioning from 1973 until May 1974 during a major overhaul at Philadelphia Naval Shipyard. Upon her recommissioning, she operated out of her homeport in Norfolk, soon becoming the flagship of the Second Fleet.

After the honor of serving as the flagship of the Second Fleet, the USS Albany had her homeport shifted to Gaeta, Italy, where she served as the flagship of the Sixth Fleet from 1976 until 1980. The cruiser was decommissioned for the last time on August 29, 1980. She was struck from the Naval Vessel Register on June 30, 1985 and sold for scrap in 1990. Part of the cruiser’s bow is kept at the Albany County Fairgrounds in Altamont, NY.


Protected Cruiser Albany - History

W 海での最初の戦争1

ゴードン・スミス、海軍-History.Net

海戦の概要
アメリカ海軍の船名
軍艦の数と損失、1914年から18年
年ごとの損失
US魚雷や銃口径などの主な特徴の鍵
主な船の種類-ドレッドノートから潜水艦

アメリカ海軍はドイツ海軍にほとんど損失を与えませんでした。スコットランドとノルウェーの間にアメリカ海軍が部分的に敷設した巨大な北海の弾幕で、1隻の明確なUボートと他のボートが採掘された可能性があります。また、敵の行動によって失われた主要な船はほとんどありませんでした。1隻の装甲巡洋艦と2隻の駆逐艦です。しかし、1917年4月の宣戦布告後、大西洋と西ヨーロッパの海域、および地中海で、大きくてまだ拡大している米海軍が重要な役割を果たすようになりました。

イギリスでは燃料油が不足していたため、ほとんどの戦艦隊はアメリカ海域に留まりましたが、5隻の石炭燃焼弩級戦艦が第6戦艦戦隊(米国戦艦第9戦艦隊)としてイギリス大艦隊に仕え、ドイツ高等艦隊との力のバランスを崩しました。海艦隊はさらに連合軍を支持します。彼らはドイツ艦隊の降伏にも出席していました。他の弩級戦艦(戦艦第6師団)は、アイルランド南西部のバントリー湾のベレヘブンに拠点を置き、ドイツの巡洋戦艦が米軍の船団を攻撃することに対抗しました。前弩級戦艦、装甲巡洋艦、防護巡洋艦の一部は、1917年から18年にかけて、南北アメリカの海岸沿いと大西洋の両方で護送船団の護衛として採用されました。

「チェスター」級の3隻の偵察巡洋艦はすべて、古い砲艦と駆逐艦とともに、1917年から18年にかけて、大西洋のアプローチでの護送船団の護衛任務にジブラルタルを拠点として過ごしました。駆逐艦は、1917年から18年にヨーロッパ海域に到達した少なくとも36隻の米国駆逐艦の一部であり、その多くはアイルランドのクイーンズタウンとフランスのサンナゼールとブレストに拠点を置いていました。彼らの主な任務は、パトロールと護送船団の護衛、特に米軍の護送船団の保護でした。


1919年の米国潜水艦K.5

'K'クラスの一部 (上記のK.5) 潜水艦は、1917年から18年にかけて、アイルランドのバントリー湾にあるベレヘブンのアゾレス諸島と「L」級に基づいていました。

1917年、大型船の建造プログラムは中断され、駆逐艦(1940年に50隻がイギリス海軍に到着した大型の「フラッシュデッカー」クラスを含む)、駆潜艇、潜水艦、商人に集中して、途方もないものに取って代わりました。無制限のUボート攻撃による損失。駆逐艦の一部、特に潜水艦は最終的に地中海に到着し、ドイツとオーストリアのUボートをアドリア海に閉じ込めておくために設計されたオトラント海峡を巡視しました。


ビデオを見る: חנות דקטלון חדשה בתל אביב