USSテネシーAC-10-歴史

USSテネシーAC-10-歴史



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

USSテネシーAC-10

テネシーIV

(装甲巡洋艦No. 10:dp。13,712(f);l。504'6 ";b。72'10Y2"、dr。25'0 "(平均)、s。22.16k。、cpl。887、a。 4 10 "、16 6"、22 3 "、4 3-pdrs。、4 21" tt。;cl。Montana)

4番目のテネシー(装甲巡洋艦第10号)は、1903年6月20日にペンシルベニア州フィラデルフィアのクランプ造船会社によって敷設され、1904年12月3日に進水しました。テネシー州知事ジェームズ・B・フレイジャーの娘であり、その後米国海軍スポンサー協会の創設者であるミス・アニー・K・フレイジャーが後援し、1906年7月17日にフィラデルフィア海軍造船所に就役した。コマンドで。

新しい装甲巡洋艦は、1906年11月8日にバージニア州ハンプトンローズを出発し、セオドア・ルーズベルト大統領がパナマ運河建設の進捗状況を確認するためにパナマへの巡航に乗り出したルイジアナ(戦艦第19号)の護衛として出発しました。帰りの航海でプエルトリコを短時間訪問した後、軍艦は11月26日にハンプトンローズに戻ってきました。テネシー州は、1907年6月7日から11日まで開催されたジェームズタウン博覧会に出席し、アメリカで最初のイギリス人入植地が設立されてから300周年を記念しました。

6月14日、テネシーはヨーロッパに向けて出航し、23日、スペシャルサービス戦隊の任務のためにフランスのロワイヤンに到着しました。彼女は8月に帰国しましたが、10月12日にハンプトンローズを出発して太平洋に向かいました。

その後、テネシーは1908年8月24日までカリフォルニア沖をパトロールし、サモアに向けて航海し、9月23日にパゴパゴに到着して太平洋艦隊への就役を再開しました。 1910年5月15日、彼女はアルゼンチンの独立100周年を祝うために米国を代表するためにバイアブランカに到着しました。 11月8日、装甲巡洋艦はニューハンプシャー州ポーツマスを出発し、サウスカロライナ州チャールストンに向かい、ウィリアムハワードタフト大統領をパナマへの往復航海に乗せて、当時建設されていた経交連管の進捗状況を検査しました。彼女は11月22日にハンプトンローズに戻り、1911年2月にバージニア海岸沖で戦闘練習を行いました。マルディグラがニューオーリンズを訪問し、3月初めにニューヨークを訪問した後、船はキューバ海域に2か月間蒸気を送りました。グアンタナモ湾からの作戦。

1911年6月15日にポーツマス(ニューハンプシャー)海軍造船所に予備として配置された彼女は、1912年11月12日に地中海に向けてフィラデルフィアを出発する前に1年半東海岸に留まりました。 12月1日にトルコのスマーナ(現在のイズミル)から到着した彼女は、第一次バルカン戦争中、1913年5月3日に帰国するまでアメリカ市民と財産を保護し続けました。テネシー州は23日にハンプトンローズに到着した後、10月23日にフィラデルフィアの大西洋予備艦隊に入るまで東海岸で活動しました。 1914年5月2日、彼女はニューヨーク海軍工廠で新兵収容艦になりました。

8月6日、テネシーは1915年の前半まで、アメリカの救援遠征を支援するためにニューヨークからヨーロッパでの任務のために出航しました。 8月、彼女は第1連隊、海兵遠征軍、および海兵隊大隊をハイチに輸送しました。 1916年1月28日から2月24日まで、巡洋艦はハイチのポルトープランス沖の巡洋艦戦隊の旗艦として活躍しました。 3月、彼女はハンプトンローズで高官のグループを乗船させ、ウルグアイのモンテビデオへの2か月間の往復クルーズを行いました。

5月25日、テネシーはメンフィスに改名され、テネシーの都市に敬意を表して、テネシーの名前を新しい軍艦、戦艦No. 43に再割り当てできるようになりました。反乱で荒廃したドミニカ共和国からの平和維持パトロールのために。 8月29日の午後、サンドミンゴの港に停泊している間、メンフィスは予期せぬ高潮によって上陸し、完全に破壊されました。海岸休暇から戻ってきたメンフィスの船員の船積みを含む死傷者は、約40人の男性が死亡または行方不明になり、204人が重傷を負った。

メンフィスは1917年12月17日に海軍名簿から削除され、1922年1月17日にコロラド州デンバーのA. H. Radetsky Iron and MetalCo。に廃棄のために売却されました。


USS ネレウス (AC-10)

USS ネレウス (AC-10) 4つのうちの1つでした プロテウス第一次世界大戦前に米国海軍のために建造されたクラスのコリアー。ギリシャ神話の水生神であるネレウスにちなんで名付けられた彼女は、その名前を冠した2番目の米国海軍艦艇でした。 ネレウス 1911年12月4日に起工され、1913年4月26日にバージニア州ニューポートニューズのニューポートニューズ造船所およびドライドック会社によって打ち上げられ、1913年9月10日に就役しました。

1919年9月12日に海軍海外輸送サービスから切り離されました。 ネレウス 1922年6月30日にノーフォークで退役するまで大西洋艦隊に仕えた。彼女は1940年12月5日に海軍名簿から削除されるまでそこに横たえられた。1941年2月27日にカナダのアルミニウム会社に売却された。 ネレウス カリブ海から米国とカナダのアルミニウム工場にボーキサイトを運ぶモントリオールから運営されています。彼女の主人(指揮官)はカナダ商船団のジョン・トーマス・ベネットでした。

損失編集

ネレウス 1941年12月10日以降、バージン諸島のセントトーマス島から蒸気を発しているときに海で失われました(姉妹船と同じルートに沿って) サイクロプス 連合軍の航空機用のアルミニウムを製造する運命にある鉱石で)消えていた。 ネレウス ドイツのUボートに魚雷を撃ち込まれた後、沈没したと推定されました。ただし、この船に対するドイツのUボートの主張はありません。 [1]ネレウスとサイクロップスの両方がUボートで失われた可能性があり、後に連合国の行動や海での嵐で失われた可能性があります。

残骸は発見されておらず、彼女の失踪の実際の原因も特定されていません。 [2]彼女の乗組員の記念碑は、CWGCハリファックス記念碑にあります。 [3]


USSテネシー(BB-43)

USSテネシー(BB-43)は、米国海軍(USN)に就役するテネシー級戦艦のリードシップを形成しました。クラスは量的に小さく、2つだけ強いことが証明され、USSテネシーと彼女の姉妹であるUSSカリフォルニア(BB-44)が含まれていました。船は1917年のニューメキシコ級を継承し、1921年のコロラド級に先行しました。USSテネシーは1915年12月28日に命令されました-米国が第一次世界大戦(1914-1918)に入る前に-彼女のキールが置かれたのを見ました1917年5月14日、ニューヨーク海軍造船所で、1919年4月30日に海上に打ち上げられましたが、これはヨーロッパでの敵対行為が終わった後のことです。彼女は1920年6月3日に正式に就役しました。

テネシーの設計は、中央集権化された上部構造を利用した当時の戦艦とほぼ一致し、すべての主砲は上部構造の前部と後部にある3つの砲塔に集中していました。完全な舷側砲は、小口径の大砲の砲台が起動するのを助けながら、12門すべての大砲を支えることができます。この時点より前の以前のUSN軍艦とは異なり、テネシーはユトランド沖海戦(戦争の最大の海戦)の結果から恩恵を受けました。 。この行動から、アメリカ人は固有の保護を改善することを目的としたテネシーのための新しい船体アプローチを設計しました。さらに、彼女の一次および二次砲台の両方が射撃統制システム(FCS)によって支援され、射程での精度が向上し、交戦範囲自体も増加しました-テネシーの主砲には30度の高度が与えられ、15から大幅に増加しました-以前のアメリカの戦艦で見られた高度の制限。彼女の標準的な乗組員の補数は57人の将校を含む1,083人で、完成すると33,190トンで避難しました。彼女の構造は、624フィートの長さ、97フィートのビーム、および31フィートの喫水を示しました。搭載された機械には、26,800馬力で4本のシャフトを駆動するターボエレクトリックトランスミッションが含まれていました。理想的な状態での最高速度は21ノットでした。

彼女のオリジナルの兵装フィッティングは12x 14 "(360mm)/ 50口径の主砲で構成されていました。これは14x 5"(130mm)/ 51口径の主砲と4x 3 "(76mm)/ 50口径の主砲で支えられていました。 2 x 21 "(530mm)トーピードチューブ-当時の水上艦に通例でした。装甲はベルトでの厚さ13.5mmからバーベットでの13 "までの範囲でした。司令塔が11.5"の装甲で覆われている間、主砲塔の面は18 "の保護を引き受けました。デッキは3.5"の保護レベルを保持しました。当時の他の軍艦と一致して、USSテネシーは偵察/砲撃任務のために2機の回収可能なフロート水上機を搭載しました。

第一次世界大戦を完全に逃したテネシー州は、1920年10月に試験期間を開始しました。その同じ月、船に搭載された発電機が爆発し、2人が負傷し、修理を余儀なくされました。彼女は1921年2月にニューヨーク海域を離れ、カリブ海(キューバ)でさらに試験を受け、3月にハンプトンローズ沖で銃を校正してからメイン州近くに到着しました。彼女の5インチ砲のペアはこの時点で彼女の設計から削除され、12門が稼働したままになりました。

太平洋の西部海域に向かう多くのUSN船の場合と同様に、テネシー州はパナマ運河を横断するように特別に設計されました。アフリカを東に航海します。テネシー州は運河を横断した後、1921年6月にカリフォルニア州サンペドロに到着しました。この駅は母港として機能する予定でした。

USSテネシーは、かなり静かな戦間期を通じて定期的な訓練と保守計画に参加していました。彼女は太平洋での将来の日本の行動の抑止力としてハワイのパールハーバーに移されました、そしてこの決定は彼女の将来のキャリアのかなりの部分を正すでしょう。テネシー州ピュージェットサウンドネイビーヤードに送られたテネシー州は、1940年にオーバーホールされました。

テネシーは、1941年12月7日の日本の奇襲攻撃(アメリカの宣戦布告につながった)の間に真珠湾に停泊したUSN船の1つでした。彼女は、一方の側がフォード島の海岸、もう一方の側がUSSウェストバージニアに囲まれた「バトルシップ・ロウ」の一環として、襲撃中に係留場所に縛られて横たわっていました。テネシーは暴行の流れを食い止めるためにほとんど何もすることができませんでしたが、彼女の対空(AA)銃を低空飛行の敵に耐えさせることができました。彼女は攻撃中に徹甲爆弾のペアからダメージを受けました。1つは砲塔2を攻撃し、もう1つは砲塔3を攻撃しました。その日ウェストバージニア州の指揮下にあったマーヴィン・S・ベニオン大尉の命を終わらせたのはテネシーからの戦闘ダメージでした。近くの不自由なUSSアリゾナからの石油の燃焼は、テネシー州の火事の状況をさらに複雑にし、テネシー州の船尾部に広がっていました。攻撃後、テネシーは1週間以上その場にとどまり、その後回収されて海に放出されました。彼女は必死に必要な修理のためにアメリカ西海岸に送られました。

日本にとって戦術的な勝利であったが、パールへの攻撃はアメリカの空母艦隊をノックアウトするという意図された目標に到達しなかった。それはさらに米国を戦争に巻き込み、その産業能力と愛国心は前例のないレベルにまで上昇し、それは太平洋領域全体での将来の日本の拡大を脅かすだけでした。

ピュージェットサウンドネイビーヤードで修理を行っている間に、テネシーにレーダーを設置することが決定され、彼女の対空砲ネットワークが強化されました。その後、彼女は訓練のためにサンフランシスコに移り、ガダルカナル島への着陸を支援するために派遣された部隊の一部を形成しました。しかし、彼女の30基のエンジンは、彼女がパールまでしか行かなかったことを意味しました。これは、これらの古いUSN軍艦の一般的な制限です。その後、テネシー州は抜本的な修理期間を経て、強力なサウスダコタ級の基準に達しました。魚雷攻撃に対する生存性、対空砲の発射アークを改善するための上部構造の再加工、および以前のペアに代わる単一の煙漏斗を中心とした変更。ビームは、元の108フィートの設計から114フィートに拡大されました(アメリカ東海岸にアクセスしたい場合、パナマ運河を横断することはできませんでした)。じょうごは上部構造にも統合されました。新しいFCSが設置され、兵装は12 x 14 "主砲、16 x 5" / 38 cal Mk 12砲、40 x 40mmボフォース対空砲、41 x 20mmエリコン対空砲(21 "魚雷管)で構成されていました。再建には目立った不在があり、戦艦の教義の変化を示していました)。

日本軍が米国が保有するアラスカのアリューシャン列島に上陸したとき、これはテネシーが敵の土地の位置に対して彼女の銃を使用することができたというアメリカの対応を余儀なくされました。テネシー州は、1943年5月から1943年8月までこのキャンペーンに取り組み、その後別の訓練サイクルに着手しました。 11月20日から23日まで、テネシーはタラワの敵の位置に対して銃を使用し、IJN潜水艦であるI-35の沈没に貢献しました。 12月、彼女は、マーシャル諸島のキャンペーン期間中の同じサービスに備えて、サンクレメンテ島での沖合砲撃で乗組員を訓練しました。

彼女の銃はマーシャル諸島への攻撃(1944年6月から11月)で使用され、水陸両用の要素が致命的な海岸堡からさらに致命的な位置へと進んだため、内陸の敵の位置を揺さぶった。その後、彼女の銃はビスマルクで敵を征服するために使用された。地上部隊としての群島は彼らの追求を続けました。そこから、テネシーは、内陸の位置への沖合砲撃によって、そして付随する艦隊の防御的な護衛として、マリアナ諸島キャンペーンに参加するように呼ばれました。彼女は、暴行の際に陸上の大砲の火からの3回の直撃による被害を受け、火事を引き起こし、8人が死亡、26人が負傷した。テネシーはそれにもかかわらず戦いを続けるために近接を生き残った。テネシー州の次の行動の呼びかけは、オフショア砲撃が再びその日の呼びかけであったペレイウで行われた。その後、レイテ湾の海岸を爆撃し(1944年10月23〜26日)、その後、対空砲ネットワークで空域を防御しました。 USSウォーホークとの煙の下での偶発的な衝突は、テネシーの任務を終わらせました。

スリガオ海峡の戦い(1944年10月25日)は、レイテ島での米国の攻撃を打ち砕くための日本の反撃であり、テネシーの次の参加段階でした。彼女のシステムは、入ってくる敵軍に対応するのにうまく利用され、アメリカ艦隊のより近代的なFCSは、射程内で敵と交戦するために必要な利点を防御側に与えました。 IJNの損失は、作戦において悲惨な結果をもたらしました。テネシーはその後、より優れたレーダーと銃のディレクターを装備するためにピュージェット湾に向けて出航し、新しい塗装スキームが適用されました。

1945年2月初旬、テネシーは仕事に戻りました。彼女は硫黄島を占領する艦隊と合流し、彼女の銃は要塞化された敵の頭に乗せられました。テネシー州が5インチ砲塔の1つで沿岸大砲から直撃したとき、1人の船員が殺され、3人が負傷しました。その後、彼女は沖縄への攻撃に備えてウリシ島に向けて出航しました。

沖縄戦は1945年4月1日から6月22日まで続き、テネシーのような船は地上部隊を支援し、敵の攻撃機と自殺神風特攻隊を守るためにすべての銃を投入しました。戦いは双方にとって血なまぐさいものであることが証明されたが、最終的な勝利は終わりにアメリカ人とイギリス人に落ちた(アメリカ人は1972年まで島を占領するだろう)。ある神風はテネシーの信号橋を直撃し、他の多くの神風は船の対空砲によって撃墜されました。航空機はテネシーの甲板の下に滑り落ちて爆発した爆弾を運び、22人を殺し、177人を負傷させた。火事は鎮火され、負傷者と死者が出動し、戦闘後に緊急修理が実施されました。テネシーは被害を受けたものの、米海兵隊が入隊する前に、駅に留まり、八重竹山の敵の位置で銃を使用しました。残りの日本の要素を出します。

6月下旬から8月上旬にかけて、テネシーはさまざまなパトロールと作戦で戦時中のキャリアを締めくくりました。 1945年8月14日に終戦記念日が開催されたとき、テネシーは中国沿岸を離れ、日本帝国の無条件降伏により、計画されていた日本本土への侵攻はキャンセルされました。降伏後の期間は、軍艦が敵の港に横たわり、空中火力が頭上を通過したため、連合国の「力のショー」の一部としてUSSテネシーを見ました。テネシーは日本から南アフリカの海岸を一周し、アメリカ東部とフィラデルフィア海軍造船所に到着しました。彼女は1946年に一時停止され、1947年2月14日に廃止され、非アクティブ状態に設定されました。彼女は1959年3月1日、海軍船籍簿から名前が削除されるまでこの状態を維持しました。 7月10日、戦時中の従軍星章を10個受け取ったUSSテネシーは、スクラップとして不用意に売却されました。

第二次世界大戦の非常に多くの主要なアメリカの作戦への彼女のコミットメントにもかかわらず、テネシーの死傷者は彼女の在職期間中に219人に制限されました(これらは殺され、負傷し、行方不明になりました)。彼女と彼女の乗組員は海軍称賛部隊の受領者でした-第二次世界大戦での戦時中の奉仕のために与えられたのは合計4つだけでした。いくつかの戦いでは、友好的な人々が彼らの代わりに移動したときに何百人もの敵が死にました-テネシーの大きな銃の犠牲者。テネシー州は、在職中に5回の別々の機会に、8回の個別の直撃(航空爆弾または沿岸火災のいずれかによる)によって被害を受けました。彼のAA乗組員は、16機の敵機の撃墜に貢献し、少なくとも3機に損害を与えました。彼女のデッキガンは8隻の敵船を沈めました。


工事

1917年5月14日にニューヨーク海軍造船所に配置され、 テネシー 米国が第一次世界大戦に従事している間、前進しました。1919年4月30日、新しい戦艦はテネシー州知事アルバートH.ロバーツの娘であるヘレンロバーツを後援して道を滑り降りました。前進すると、ヤードは船を完成させ、1920年6月3日にリチャードH.リー大尉を指揮して就役しました。艤装を終えた戦艦は、その10月にロングアイランド湾で試験を実施しました。このプロセスの一環として、船の電気タービンの1つが爆発し、乗組員の2人が負傷しました。


世界大戦の写真

最終構成のUSSテネシー 1934年のUSSテネシー 1920年代のUSSテネシー USSテネシー1943年5月
真珠湾のUSSテネシー アンカーでのUSSテネシーの俯瞰図 USSテネシーニューヨーク1922年10月 乾ドックボストン1920年のUSSテネシー
1945年12月7日、船員がフィラデルフィアのドックでUSSテネシーを群集 1934年ニューヨーク沖の戦艦USSテネシー ブルックリン海軍工廠1920年のUSSテネシー USSテネシーボウビュー
レイテ沖のUSSテネシー近郊でのLVT操縦 USSテネシー1945 1936年の機動中の海上での戦艦USSテネシー USSテネシー20mm大砲
戦艦USSテネシーが硫黄島の敵の陣地に砲弾の舷側砲を注ぐ1945年

彼女のクラスの戦艦のリードシップであるUSSテネシー(BB-43)は、16番目の州にちなんで名付けられたアメリカ海軍の3番目の船でした。
彼女のキールは1917年5月14日にニューヨーク海軍工廠に置かれました。彼女は1919年4月30日にテネシー州知事の娘であるヘレン・レノア・ロバーツ嬢が後援して進水し、1920年6月3日にリチャード・H・リー大尉の指揮下に就役した。

サイト統計:
第二次世界大戦の写真:31500以上
航空機モデル:184
タンクモデル:95
車両モデル:92
銃のモデル:5
単位:2
船:49

世界大戦の写真2013-2021、連絡先:info(at)worldwarphotos.info

誇らしげにWordPressを搭載|テーマ:AutomatticによるQuintus。プライバシーとCookieのポリシー

プライバシーの概要

ウェブサイトが正しく機能するためには、必要なクッキーが絶対に必要です。このカテゴリには、Webサイトの基本的な機能とセキュリティ機能を保証するCookieのみが含まれます。これらのCookieには個人情報は保存されません。

ウェブサイトが機能するために特に必要ではない可能性があり、分析、広告、その他の埋め込みコンテンツを介してユーザーの個人データを収集するために特に使用されるCookieは、不要なCookieと呼ばれます。これらのCookieをWebサイトで実行する前に、ユーザーの同意を取得する必要があります。


USSテネシー(BB-43)

作成者:Dan Alex |最終編集日:2016年9月11日|コンテンツ&copywww.MilitaryFactory.com |以下のテキストはこのサイト専用です。

USSテネシー(BB-43)は、米国海軍(USN)に就役するテネシー級戦艦のリードシップを形成しました。クラスは量的に小さく、2つだけ強いことが証明され、USSテネシーと彼女の姉妹であるUSSカリフォルニア(BB-44)が含まれていました。船は1917年のニューメキシコ級を継承し、1921年のコロラド級に先行しました。USSテネシーは1915年12月28日に命令されました-米国が第一次世界大戦(1914-1918)に入る前に-彼女のキールが置かれたのを見ました1917年5月14日、ニューヨーク海軍造船所で、1919年4月30日に海上に打ち上げられましたが、これはヨーロッパでの敵対行為が終わった後のことです。彼女は1920年6月3日に正式に就役しました。

テネシーの設計は、中央集権化された上部構造を利用した当時の戦艦とほぼ一致し、すべての主砲は上部構造の前部と後部にある3つの砲塔に集中していました。完全な舷側砲は、小口径の大砲の砲台が起動するのを助けながら、12門すべての大砲を支えることができます。この時点より前の以前のUSN軍艦とは異なり、テネシーはユトランド沖海戦(戦争の最大の海戦)の結果から恩恵を受けました。 。この行動から、アメリカ人は固有の保護を改善することを目的としたテネシーのための新しい船体アプローチを設計しました。さらに、彼女の一次および二次砲台の両方が射撃統制システム(FCS)によって支援され、射程での精度が向上し、交戦範囲自体も増加しました-テネシーの主砲には30度の高度が与えられ、15から大幅に増加しました-以前のアメリカの戦艦で見られた高度の制限。彼女の標準的な乗組員の補数は57人の将校を含む1,083人で、完成すると33,190トンで避難しました。彼女の構造は、624フィートの長さ、97フィートのビーム、および31フィートの喫水を示しました。搭載された機械には、26,800馬力で4本のシャフトを駆動するターボエレクトリックトランスミッションが含まれていました。理想的な状態での最高速度は21ノットでした。

彼女のオリジナルの兵装フィッティングは12x 14 "(360mm)/ 50口径の主砲で構成されていました。これは14x 5"(130mm)/ 51口径の主砲と4x 3 "(76mm)/ 50口径の主砲で支えられていました。 2 x 21 "(530mm)トーピードチューブ-当時の水上艦に通例でした。装甲はベルトでの厚さ13.5mmからバーベットでの13 "までの範囲でした。司令塔が11.5"の装甲で覆われている間、主砲塔の面は18 "の保護を引き受けました。デッキは3.5"の保護レベルを保持しました。当時の他の軍艦と一致して、USSテネシーは偵察/砲撃任務のために2機の回収可能なフロート水上機を搭載しました。

第一次世界大戦を完全に逃したテネシー州は、1920年10月に試験期間を開始しました。その同じ月、船に搭載された発電機が爆発し、2人が負傷し、修理を余儀なくされました。彼女は1921年2月にニューヨーク海域を離れ、カリブ海(キューバ)でさらに試験を受け、3月にハンプトンローズ沖で銃を校正してからメイン州近くに到着しました。彼女の5インチ砲のペアはこの時点で彼女の設計から削除され、12門が稼働したままになりました。

太平洋の西部海域に向かう多くのUSN船の場合と同様に、テネシー州はパナマ運河を横断するように特別に設計されました。アフリカを東に航海します。テネシー州は運河を横断した後、1921年6月にカリフォルニア州サンペドロに到着しました。この駅は母港として機能する予定でした。

USSテネシーは、かなり静かな戦間期を通じて定期的な訓練と保守計画に参加していました。彼女は太平洋での将来の日本の行動の抑止力としてハワイのパールハーバーに移されました、そしてこの決定は彼女の将来のキャリアのかなりの部分を正すでしょう。テネシー州ピュージェットサウンドネイビーヤードに送られたテネシー州は、1940年にオーバーホールされました。

テネシーは、1941年12月7日の日本の奇襲攻撃(アメリカの宣戦布告につながった)の間に真珠湾に停泊したUSN船の1つでした。彼女は、一方の側がフォード島の海岸、もう一方の側がUSSウェストバージニアに囲まれた「バトルシップ・ロウ」の一環として、襲撃中に係留場所に縛られて横たわっていました。テネシーは暴行の流れを食い止めるためにほとんど何もすることができませんでしたが、彼女の対空(AA)銃を低空飛行の敵に耐えさせることができました。彼女は攻撃中に徹甲爆弾のペアからダメージを受けました。1つは砲塔2を攻撃し、もう1つは砲塔3を攻撃しました。その日ウェストバージニア州の指揮下にあったマーヴィン・S・ベニオン大尉の命を終わらせたのはテネシーからの戦闘ダメージでした。近くの不自由なUSSアリゾナからの石油の燃焼は、テネシー州の火事の状況をさらに複雑にし、テネシー州の船尾部に広がっていました。攻撃後、テネシーは1週間以上その場にとどまり、その後回収されて海に放出されました。彼女は必死に必要な修理のためにアメリカ西海岸に送られました。

日本にとって戦術的な勝利であったが、パールへの攻撃はアメリカの空母艦隊をノックアウトするという意図された目標に到達しなかった。それはさらに米国を戦争に巻き込み、その産業能力と愛国心は前例のないレベルにまで上昇し、それは太平洋領域全体での将来の日本の拡大を脅かすだけでした。

ピュージェットサウンドネイビーヤードで修理を行っている間に、テネシーにレーダーを設置することが決定され、彼女の対空砲ネットワークが強化されました。その後、彼女は訓練のためにサンフランシスコに移り、ガダルカナル島への着陸を支援するために派遣された部隊の一部を形成しました。しかし、彼女の30基のエンジンは、彼女がパールまでしか行かなかったことを意味しました。これは、これらの古いUSN軍艦の一般的な制限です。その後、テネシー州は抜本的な修理期間を経て、強力なサウスダコタ級の基準に達しました。魚雷攻撃に対する生存性、対空砲の発射アークを改善するための上部構造の再加工、および以前のペアに代わる単一の煙漏斗を中心とした変更。ビームは、元の108フィートの設計から114フィートに拡大されました(アメリカ東海岸にアクセスしたい場合、パナマ運河を横断することはできませんでした)。じょうごは上部構造にも統合されました。新しいFCSが設置され、兵装は12 x 14 "主砲、16 x 5" / 38 cal Mk 12砲、40 x 40mmボフォース対空砲、41 x 20mmエリコン対空砲(21 "魚雷管)で構成されていました。再建には目立った不在があり、戦艦の教義の変化を示していました)。

日本軍が米国が保有するアラスカのアリューシャン列島に上陸したとき、これはテネシーが敵の土地の位置に対して彼女の銃を使用することができたというアメリカの対応を余儀なくされました。テネシー州は、1943年5月から1943年8月までこのキャンペーンに取り組み、その後別の訓練サイクルに着手しました。 11月20日から23日まで、テネシーはタラワの敵の位置に対して銃を使用し、IJN潜水艦であるI-35の沈没に貢献しました。 12月、彼女は、マーシャル諸島のキャンペーン期間中の同じサービスに備えて、サンクレメンテ島での沖合砲撃で乗組員を訓練しました。

彼女の銃はマーシャル諸島への攻撃(1944年6月から11月)で使用され、水陸両用の要素が致命的な海岸堡からさらに致命的な位置へと進んだため、内陸の敵の位置を揺さぶった。その後、彼女の銃はビスマルクで敵を征服するために使用された。地上部隊としての群島は彼らの追求を続けました。そこから、テネシーは、内陸の位置への沖合砲撃によって、そして付随する艦隊の防御的な護衛として、マリアナ諸島キャンペーンに参加するように呼ばれました。彼女は、暴行の際に陸上の大砲の火からの3回の直撃による被害を受け、火事を引き起こし、8人が死亡、26人が負傷した。テネシーはそれにもかかわらず戦いを続けるために近接を生き残った。テネシー州の次の行動の呼びかけは、オフショア砲撃が再びその日の呼びかけであったペレイウで行われた。その後、レイテ湾の海岸を爆撃し(1944年10月23〜26日)、その後、対空砲ネットワークで空域を防御しました。 USSウォーホークとの煙の下での偶発的な衝突は、テネシーの任務を終わらせました。

スリガオ海峡の戦い(1944年10月25日)は、レイテ島での米国の攻撃を打ち砕くための日本の反撃であり、テネシーの次の参加段階でした。彼女のシステムは、入ってくる敵軍に対応するのにうまく利用され、アメリカ艦隊のより近代的なFCSは、射程内で敵と交戦するために必要な利点を防御側に与えました。 IJNの損失は、作戦において悲惨な結果をもたらしました。テネシーはその後、より優れたレーダーと銃のディレクターを装備するためにピュージェット湾に向けて出航し、新しい塗装スキームが適用されました。

1945年2月初旬、テネシーは仕事に戻りました。彼女は硫黄島を占領する艦隊と合流し、彼女の銃は要塞化された敵の頭に乗せられました。テネシー州が5インチ砲塔の1つで沿岸大砲から直撃したとき、1人の船員が殺され、3人が負傷しました。その後、彼女は沖縄への攻撃に備えてウリシ島に向けて出航しました。

沖縄戦は1945年4月1日から6月22日まで続き、テネシーのような船は地上部隊を支援し、敵の攻撃機と自殺神風特攻隊を守るためにすべての銃を投入しました。戦いは双方にとって血なまぐさいものであることが証明されたが、最終的な勝利は終わりにアメリカ人とイギリス人に落ちた(アメリカ人は1972年まで島を占領するだろう)。ある神風はテネシーの信号橋を直撃し、他の多くの神風は船の対空砲によって撃墜されました。航空機はテネシーの甲板の下に滑り落ちて爆発した爆弾を運び、22人を殺し、177人を負傷させた。火事は鎮火され、負傷者と死者が出動し、戦闘後に緊急修理が実施されました。テネシーは被害を受けたものの、駐屯地に留まり、米海兵隊が入居する前に八重武山の敵陣地で銃を使用した。その後、テネシーは5月上旬から中旬にかけてウリシで修理され、その後沖縄に対して追加のストライキを行って雑草を刈った。残りの日本の要素を出します。

6月下旬から8月上旬にかけて、テネシーはさまざまなパトロールと作戦で戦時中のキャリアを締めくくりました。 When VJ Day (Victory Over Japan) rang out on August 14, 1945, Tennessee was off of the Chinese coast and the planned invasion of the Japanese mainland was cancelled with the unconditional surrender of the Empire of Japan. The period following the surrender saw USS Tennessee as part of the Allied "show of strength" as warships lay in the enemy's ports and airborne firepower passed overhead. From Japan, Tennessee rounded the South African coast to reach the American East and the Philadelphia Naval Shipyard. She was mothballed in 1946 and decommissioned on February 14, 1947, set to inactive status. She remained in this state until March 1, 1959 when her name was struck from the Naval Register. On July 10th, USS Tennessee - recipient of 10 Service Stars for her wartime service - was unceremoniously sold for scrapping.

Despite her commitment to so many of the major American operations of World War 2, Tennessee's casualties were limited to 219 (these being killed, wounded or missing) during her service tenure. She and her crews were the recipient of a Navy Unit Citation - notable for only four total were given for wartime service in World War 2. Her offshore bombardment accuracy was repeatedly commended by land force commanders charged with overtaking well-defended enemy positions. In some battles, hundreds of enemies lay dead as friendlies moved in to take their place - victims of the big guns of the Tennessee. Tennessee was damaged on five separate occasions during her service tenure through eight individual direct hits (either by aviation bombs or coastal fire). He AA crews contributed to the downing of sixteen enemy aircraft and damaged at least three. Her deck guns sank eight enemy ships.


コンテンツ

In 1971, the US Navy began studies of an advanced Undersea Long-range Missile System (ULMS). A Decision Coordinating Paper (DCP) for the ULMS was approved on 14 September 1971. ULMS program outlined a long-term modernization plan, which proposed the development of a longer-range missile termed ULMS II, which was to achieve twice the range of the existing Poseidon (ULMS I) missile. In addition to a longer-range missile, a larger submarine was proposed to replace the Lafayette, James MadisonBenjamin Franklin-class SSBNs in 1978. The ULMS II missile system was designed to be retrofitted to the existing SSBNs, while also being fitted to the proposed Ohio-class submarine.

In May 1972, the term ULMS II was replaced with Trident. The Trident was to be a larger, higher-performance missile with a range capacity greater than 6000 mi.

Trident I (designated as C4) was deployed in 1979 and retired in 2005. [2] Its objective was to achieve performance similar to Poseidon (C3) but at extended range. Trident II (designated D5) had the objective of improved circular error probable (CEP), or accuracy, and was first deployed in 1990, and was planned to be in service for the thirty-year life of the submarines, until 2027.

Trident missiles are provided to the United Kingdom under the terms of the 1963 Polaris Sales Agreement which was modified in 1982 for Trident. [3] British Prime Minister Margaret Thatcher wrote to President Carter on 10 July 1980, to request that he approve supply of Trident I missiles. However, in 1982 Thatcher wrote to President Reagan to request the United Kingdom be allowed to procure the Trident II system, the procurement of which had been accelerated by the US Navy. This was agreed upon in March 1982. [4] Under the agreement, the United Kingdom paid an additional 5% of their total procurement cost of $2.5 billion to the US government as a research and development contribution. [5]

The total cost of the Trident program thus far came to $39.546 billion in 2011, with a cost of $70 million per missile. [6]

In 2009, the United States upgraded the D5 missiles with an arming, fuzing and firing (AF&F) system [7] [8] that allows them to target hardened silos and bunkers more accurately.

The launch from the submarine occurs below the sea surface. The missiles are ejected from their tubes by igniting an explosive charge in a separate container which is separated by seventeen titanium alloy pinnacles activated by a double alloy steam system. The energy from the blast is directed to a water tank, where the water is flash-vaporized to steam. The subsequent pressure spike is strong enough to eject the missile out of the tube and give it enough momentum to reach and clear the surface of the water. The missile is pressurized with nitrogen to prevent the intrusion of water into any internal spaces, which could damage the missile or add weight, destabilizing the missile. Should the missile fail to breach the surface of the water, there are several safety mechanisms that can either deactivate the missile before launch or guide the missile through an additional phase of launch. Inertial motion sensors are activated upon launch, and when the sensors detect downward acceleration after being blown out of the water, the first-stage motor ignites. The aerospike, a telescoping outward extension that halves aerodynamic drag, is then deployed, and the boost phase begins. When the third-stage motor fires, within two minutes of launch, the missile is traveling faster than 20,000 ft/s (6,000 m/s), or 13,600 mph (21,600 km/h) Mach 18.

Minutes after launch, the missile is outside the atmosphere and on a sub-orbital trajectory. The Guidance System for the missile was developed by the Charles Stark Draper Laboratory and is maintained by a joint Draper/General Dynamics Mission Systems facility. It is an Inertial Guidance System with an additional Star-Sighting system (this combination is known as astro-inertial guidance), which is used to correct small position and velocity errors that result from launch condition uncertainties due to errors in the submarine navigation system and errors that may have accumulated in the guidance system during the flight due to imperfect instrument calibration. GPS has been used on some test flights but is assumed not to be available for a real mission. The fire control system was designed and continues to be maintained by General Dynamics Mission Systems.

Once the star-sighting has been completed, the "bus" section of the missile maneuvers to achieve the various velocity vectors that will send the deployed multiple independent reentry vehicles to their individual targets. The downrange and crossrange dispersion of the targets remains classified.

The Trident was built in two variants: the I (C4) UGM-96A and II (D5) UGM-133A however, these two missiles have little in common. While the C4, formerly known as EXPO (Extended Range Poseidon), is just an improved version of the Poseidon C-3 missile, the Trident II D-5 has a completely new design (although with some technologies adopted from the C-4). The C4 and D5 designations put the missiles within the "family" that started in 1960 with Polaris (A1, A2 and A3) and continued with the 1971 Poseidon (C3). Both Trident versions are three-stage, solid-propellant, inertially guided missiles, and both guidance systems use a star sighting to improve overall weapons system accuracy.

Trident I (C4) UGM-96A Edit

The first eight Ohio-class submarines were built with the Trident I missiles.

Trident II (D5) UGM-133A Edit

The second variant of the Trident is more sophisticated and can carry a heavier payload. It is accurate enough to be a first strike, counterforce, or second strike weapon. All three stages of the Trident II are made of graphite epoxy, making the missile much lighter. The Trident II was the original missile on the British Vanguard-class and American Ohio-class SSBNs from テネシー オン。 The D5 missile is currently carried by fourteen Ohio-class and four Vanguard-class SSBNs. There have been 172 successful test flights of the D5 missile since design completion in 1989, the most recent being from USS Rhode Island in May 2019. [9] There have been fewer than 10 test flights that were failures, [10] the most recent being from HMS Vengeance, one of Britain's four nuclear-armed submarines, off the coast of Florida in June 2016. [11]

The Royal Navy operates their missiles from a shared pool, together with the Atlantic squadron of the U.S. Navy Ohio-class SSBNs at King's Bay, Georgia. The pool is 'co-mingled' and missiles are selected at random for loading on to either nation's submarines. [12]

D5LE (D5 Life Extension Program) Edit

In 2002, the United States Navy announced plans to extend the life of the submarines and the D5 missiles to the year 2040. [13] This requires a D5 Life Extension Program (D5LEP), which is currently underway. The main aim is to replace obsolete components at minimal cost [ 要出典 ] by using commercial off the shelf (COTS) hardware all the while maintaining the demonstrated performance of the existing Trident II missiles. In 2007, Lockheed Martin was awarded a total of $848 million in contracts to perform this and related work, which also includes upgrading the missiles' reentry systems. [14] On the same day, Draper Labs was awarded $318 million for upgrade of the guidance system. [14] Then-British Prime Minister Tony Blair outlined plans in Parliament on 4 December 2006 to build a new generation of submarines (Dreadnought-class) to carry existing Trident missiles, and join the D5LE project to refurbish them. [15]

The first flight test of a D-5 LE subsystem, the MK 6 Mod 1 guidance system, in Demonstration and Shakedown Operation (DASO)-23, [16] took place on USS テネシー on 22 February 2012. [17] This was almost exactly 22 years after the first Trident II missile was launched from テネシー in February 1990.

D5LE2 (D5 Life Extension Program 2) Edit

The Pentagon proposed the Conventional Trident Modification program in 2006 to diversify its strategic options, [19] as part of a broader long-term strategy to develop worldwide rapid strike capabilities, dubbed "Prompt Global Strike".

The US$503 million program would have converted existing Trident II missiles (presumably two missiles per submarine) into conventional weapons, by fitting them with modified Mk4 reentry vehicles equipped with GPS for navigation update and a reentry guidance and control (trajectory correction) segment to perform 10 m class impact accuracy. No explosive is said to be used since the reentry vehicle's mass and hypersonic impact velocity provide sufficient mechanical energy and "effect". The second conventional warhead version is a fragmentation version that would disperse thousands of tungsten rods which could obliterate an area of 3000 square feet. (approximately 280 square meters). [20] It offered the promise of accurate conventional strikes with little warning and flight time.

The primary drawback of using conventionally armed ballistic missiles is that they are virtually impossible for radar warning systems to distinguish from nuclear armed missiles. This leaves open the likelihood that other nuclear-armed countries might mistake it for a nuclear launch which could provoke a counterattack. For that reason among others, this project raised a substantial debate before US Congress for the FY07 Defense budget, but also internationally. [21] Russian President Vladimir Putin, among others, warned that the project would increase the danger of accidental nuclear war. "The launch of such a missile could . provoke a full-scale counterattack using strategic nuclear forces," Putin said in May 2006. [22]


10 Unforgettable Stories History Forgot

This list is inspired by an excellent book I recently bought called &ldquoLost to Time&ldquo. I strongly recommend you buy it if you want to read much more detail about the stories, people and places in this list.

Cahokia Mounds State Historic Site is the area of an ancient indigenous city (c. 600&ndash1400 AD) near Collinsville, Illinois. It is the largest archaeological site related to the Mississippian culture, which developed advanced societies in central and eastern North America, beginning more than five centuries before the arrival of Europeans. It is a National Historic Landmark and designated site for state protection. In addition, it is one of only twenty World Heritage Sites in the territory of the United States. It is the largest prehistoric earthen construction in the Americas north of Mexico. It is also home to a wooden structure which appears identical in function to Stonehenge.

At the high point of its development, Cahokia was the largest urban center north of the great Mesoamerican cities in Mexico. Although it was home to only about 1,000 people before c. 1050, its population grew explosively after that date. Archaeologists estimate the city&rsquos population at between 8,000 and 40,000 at its peak, with more people living in outlying farming villages that supplied the main urban center. In 1250, its population was larger than that of London, England.

If the highest population estimates are correct, Cahokia was larger than any subsequent city in the United States, until about 1800, when Philadelphia&rsquos population grew beyond 40,000.

The steamboat Sultana was a Mississippi River paddlewheeler, destroyed in an explosion on 27 April, 1865. This resulted in the greatest maritime disaster in United States history. An estimated 1,800 of the 2,400 passengers were killed when one of the ship&rsquos four boilers exploded, and the Sultana sank not far from Memphis, Tennessee. The reason that this disaster was mostly forgotten by history is because it took place soon after the assassination of President Abraham Lincoln, and during the closing weeks of the Civil War. Most of the new passengers were Union soldiers, chiefly from Ohio and just released from Confederate prison camps such as Cahawba and Andersonville. The US government had contracted with the Sultana to transport these former prisoners of war back to their homes. The cause of the explosion was a leaky and poorly repaired steam boiler. The boiler (or &ldquoboilers&rdquo) gave way when the steamer was about 7 to 9 miles north of Memphis at 2:00 A.M. in a terrific explosion that sent some of the passengers on deck into the water and destroyed a good portion of the ship. Hot coals scattered by the explosion soon turned the remaining superstructure into an inferno, the glare of which could be seen in Memphis.

Ziryab (789-857 AD) was a Persian polymath: a poet, musician, singer, cosmetologist, fashion designer, celebrity, trendsetter, strategist, astronomer, botanis, geographer and former slave. Most people have never heard of Ziryab, yet at least two of his innovations remain to this day: he introduced the idea of a three course meal (soup, main course, pudding) and he introduced the use of crystal for drinking glasses (previously metal was the primary material). He introduced asparagus and other vegetables into society, and made significant changes and additions to the music world. He had numerous children, all of whom became musicians, and spread his legacy throughout Europe. He could perhaps be considered an ancient Bach.

The list of societal changes Ziryab made is immense &ndash he popularized short hair and shaving for men, and wore different clothes based on the seasons. He created a pleasant tasting toothpaste which helped personal hygeine (and longevity) in the region, and also invented an underarm deodorant. He also promoted bathing twice daily.

Most people reading this will be familiar with the Great Chicago Fire that killed hundreds and destroyed 4 square miles of Chicago, Illinois. However, most people don&rsquot know that on the very same day a far worse fire occurred, in Peshtigo, Wisconsin. The October 8, 1871, Peshtigo Fire in Peshtigo, Wisconsin, is the conflagration that caused the most deaths by fire in United States history. On the same day as the Peshtigo and Chicago fires, the cities of Holland and Manistee, Michigan, across Lake Michigan, also burned, and the same fate befell Port Huron at the southern end of Lake Huron. By the time it was over, 1,875 square miles of forest had been consumed and twelve communities were destroyed. Between 1,200 and 2,500 people are thought to have lost their lives.

The fire was so intense it jumped several miles over the waters of Green Bay, and burned parts of the Door Peninsula, as well as jumping the Peshtigo River itself to burn on both sides of the inlet town. Surviving witnesses reported that the firestorm generated a tornado that threw rail cars and houses into the air. Many of the survivors of the firestorm escaped the flames by immersing themselves in the Peshtigo River, wells, or other nearby bodies of water. Some drowned while others succumbed to hypothermia in the frigid river.

The name of Gil Eannes is hardly a household word nor is that of the place associated with the Portuguese explorer, Cape Bojador. Nor indeed did Eannes discover the cape: the place had been known for many years. To journeyers of Eannes&rsquos time, Bojador represented an unbreachable barrier, a point of no return, and it was the achievement of this reluctant hero to pass that invisible boundary, in 1434. In so doing, he opened new territory, not only on land but in the mind, and thus made possible the golden age of Portuguese exploration, with all its glories and horrors.

At that time conventional wisdom maintained that the Sun was boiling hot at the Equator. Thus, even if a ship could get past Cape Bojador, the equatorial Sun would eventually burn it to powder. Furthermore, should a vessel somehow make it past all other hazards, its crew would most surely meet unspeakable monsters in the sub-equatorial region known as the Antipodes. By having the courage to risk his life (consequently opening up new worlds,) Eanes was effectively behind the European age of discoveries to come. He was, however, also in part to blame for what would become a thriving trade in slaves for centuries after.

Joseph Warren (1741-1775 AD) was regarded by many in his time as the true architect of the American Revolution. He was the key figure in one of history&rsquos most famous tea parties. He wrote a set of Resolves that served as the blueprint for the first autonomous American government. He delivered a speech that sparked the first battles of the Revolutionary War. He sent Paul Revere out on one of history&rsquos most famous rides. He was the only Patriot leader, prior to the Declaration of Independence, to risk his life against the British on the Battlefield (Sandler 55). And, remarkably, he has been largely lost to history. He was surrounded by names we are all familiar with, and yet his own name is barely ever heard these days. Interestingly, his brother went on to found Harvard Medical School, and fourteen US States have a Warren County named after him.

Georges de La Tour (March 13, 1593, Vic-sur-Seille, Moselle &ndash January 30, 1652, Lunéville) was a painter, who spent most of his working life in the Duchy of Lorraine, (which was absorbed into France between 1641 and 1648,) during his lifetime. He painted mostly religious scenes lit by candlelight. After centuries of posthumous obscurity, during the 20th century, he became one of the most highly regarded of French 17th-century Baroque artists. In his lifetime he was known as the Painter to the King (of France), and was regarded as one of the greatest artists. Very little of his work survives and the reason for his obscurity is unknown, but thanks to the efforts of Hermann Voss, a German scholar, in 1915 his work was rediscovered.

Exercise Tiger, or Operation Tiger, were the code names for a full-scale rehearsal in 1944 for the D-Day invasion of Normandy. During the exercise, an Allied convoy was attacked, resulting in the deaths of 749 American servicemen. The lack of widespread knowledge of this exercise was due to intentional efforts (unlike most others on this list). As a result of official embarrassment and concerns over possible leaks just prior to the real invasion, all survivors were sworn to secrecy by their superiors. Ten missing officers involved in the exercise had Bigot&ndashlevel clearance for D-Day, meaning that they knew the invasion plans and could have compromised the invasion should they have been captured alive. As a result, the invasion was nearly called off until the bodies of all ten victims were found.

With little or no support, from the American or British armed forces, for any venture to recover remains or dedicate a memorial to the incident, Devon resident and civilian Ken Small took on the task of seeking to commemorate the event, after discovering evidence of the aftermath washed up on the shore while beachcombing in the early 1970s.

In 1904, New York&rsquos modern subway system was officially opened &ndash changing the city forever. But what most people don&rsquot know is that it was not the first subway. Because of terrible congestion on Broadway, Alfred Ely Beach (the young owner of the fledgling magazine Scientific American) conceived of an idea &ndash to build an underground railway, which used a giant fan to propel and suck a railcar back and forth through a tunnel. Because of the corruption of the commissioner of public works, William Tweed, Beach had to get consent to build his tunnel by pretending it was to be a mail delivery system. Tweed (whose income was derived largely from city transportation) did not veto the request.

Beach and a small group of men began digging a tunnel under Broadway in the dark of night. The entire enterprise was kept secret, as dirt was hidden in the basement of a building Beach bought for that purpose. The work went well, but just before they could complete their first line the press got wind and it became public. Beach&rsquos team worked extra hard to finish the subway, and in grand style they opened to the public on March 1, 1870. He charged twenty-five cents per passenger to travel from Warren Street to Murray Street. It was a huge success &ndash carrying over 400,000 passengers in its first year of operation.

Unfortunately Tweed was outraged and vetoed future extensions to the subway. Tweed was eventually imprisoned for his corruption, and permission was given for Beach to resume work extending the subway, but unfortunately his private investors were fast disappearing, due to the beginnings of an economic crisis. The subway was not completed and remained hidden under the city completely sealed up (complete with the luxury car and machinery) until it was subsumed into the present City Hall Station. Here is the route of the subway on Google Maps.

The House of Wisdom was a library and translation institute in Abbassid-era Baghdad, Iraq. It was a key institution in the Translation Movement, and considered to have been a major intellectual center of the Islamic Golden Age. The House was an unrivaled center for the study of humanities and for Islamic science, including Islamic mathematics, Islamic astronomy, Islamic medicine, Islamic alchemy and chemistry, zoology and Islamic geography. Drawing on Persian, Indian and Greek texts&mdashincluding those of Pythagoras, Plato, Aristotle, Hippocrates, Euclid, Plotinus, Galen, Sushruta, Charaka, Aryabhata and Brahmagupta&mdashthe scholars accumulated a great collection of world knowledge, and built on it through their own discoveries.

Along with all other libraries in Baghdad, the House of Wisdom was destroyed during the Mongol invasion of Baghdad, in 1258. It was said that the waters of the Tigris ran black for six months with ink from the enormous quantities of books flung into the river. The amount of knowledge lost that year is indescribable. It is even more surprising that while most people are familiar with the destruction of the library of Alexandria, few know about the loss of the House of Wisdom.

Works Cited
Sandler, Martin. Lost to Time. New York: Sterling Publishing Co, 2010. 55. Print


U.S.S. TENNESSEE

December 11, 1941. ENCLOSURE "B" REPORT OF DAMAGES SUSTAINED 7 DECEMBER, 1941:

    A bomb, apparently converted 15" or 16" shell about 1500 lbs. of low order detonation and small flame, struck the center gun outside the turret on the chase of the gun adjacent to the gun port. Upper right hand surface of the chase about 45° from vertical center line of barrel.

A bomb, the same type as that described in paragraph (A), struck the top of the turret and pierced 5" armor of the after key plate. As it entered the turret it exploded with a low order detonation and broke up, pieces flying into the booth and left gun chamber. Flames from the blast shot into the booth and into all three gun chambers. The turret crew had just manned their stations and were in the process of closing all flame-proof doors and hatches when the bomb struck. In its descent it sheared off the starboard after yardarm of the mainmast giving the bomb an angle of fall of about 75°.


After Pearl Harbor: The Race to Save the U.S. Fleet

Within the first 30 minutes of their surprise aerial assault on the U.S. naval base at Pearl Harbor, the Japanese had inflicted significant damage to the fleet of massive American battleships anchored there. By the end of the attack, USS Arizona was completely destroyed and USS Oklahoma had capsized, while the heavily damaged USS West Virginia, USS California and USS Nevada had sunk in shallow water.

In addition to the five battleships sunk outright, three other battleships, three cruisers, three destroyers and other smaller vessels were damaged in the attack, which also claimed 180 U.S. airplanes and inflicted some 3,400 casualties, including more than 2,300 killed. Yet nearly as soon as the devastating attack ended, efforts began to salvage the U.S. fleet and return the damaged ships to the water to fight against Japan and the other Axis powers.

Fortunately for the U.S. Navy, the fleet’s flagship, USS Pennsylvania, had been in dry dock on December 7, and sustained only superficial damage. USS Tennessee and USS Maryland had been moored inboard of the West Virginia and Oklahoma, respectively, and were also largely sheltered from the torpedo assault.

American battleship USS Maryland, relatively unscathed in the surprise attack on Pearl Harbor. 

Time Life Pictures/Getty Images

Once Pearl Harbor Navy Yard personnel, assisted by tenders and ships’ crewmen, began recovery work on the damaged ships, it proceeded swiftly. Within just three months, by February 1942, USS Pennsylvania, USS Maryland and USS Tennessee, along with the cruisers Honolulu, Helena and Raleigh the destroyers Helm and Shaw the seaplane tender Curtiss the repair ship Vestal and the floating drydock YFD-2 were back in service or had been refloated and transported by steam to the mainland United States for final repairs. The most heavily damaged of the small ships, the Raleigh and Shaw, were returned to active duty by mid-1942.

As for the rest of the fleet, it was clear that the five other battleships, two destroyers, a target ship and a minelayer suffered more severe damage, and would require extensive work just to get them to the point where repairs could be made. A week after the raid, a salvage organization was formally established to work on these more heavily damaged vessels. Led by Captain Homer N. Wallin, previously a member of the Battle Force Staff, the Salvage Division scored one of its greatest triumphs when it refloated the USS Nevada in February 1942.

With one large and many small holes blown into its hull, USS Nevada had sunk in shallow water, which made salvage work possible but not easy. Navy and civilian divers made some 400 dives and spent around 1,500 hours working on the Nevada alone, and two men lost their lives after inhaling the toxic gases accumulated in the ship’s interior. After being refloated, repaired and steamed to Puget Sound Navy Yard in Washington State for more permanent repairs, the Nevada rejoined the active U.S. fleet in late 1942.

The salvage workers also refloated USS California in March 1942, USS West Virginia in June and minelayer Oglala by July. After extensive repairs, these vessels also rejoined the fleet. The three other heavily damaged ships— Oklahoma, Arizona and the capsized target ship Utah—would not return to service. USS Arizona, which was destroyed after the explosion of an armor-piercing bomb caused a fire in its forward main magazines, remains on the floor of the harbor even today, serving as a memorial to those lost on December 7, 1941. The hull of USS Utah also remains in the harbor. A massive effort raised the Oklahoma, but the ship was ultimately too damaged to return to service.

A naval survey concluded that USS Oklahoma and USS Nevada appeared to have been lost because of design defects, while USS West Virginia had lacked the proper defenses to withstand such an attack. In the case of USS California, later investigation revealed that a number of manhole covers were left off or loose at the time of the attack, and there were not enough pumps onboard the ship to prevent the flooding from spreading and sinking the vessel.

According to the Naval History and Heritage Command account, Navy and civilian divers spent a total of some 20,000 hours underwater during the salvage operations, making around 5,000 dives. Most of the time, the divers had to wear gas masks to avoid toxic fumes from the oil-fouled ships. In addition to ship cleaning, salvage and repair, their work included recovering human remains, documents and ammunition.