動物

動物

明日人間が姿を消したとしたら、動物界はどうなるのでしょうか。このビデオクリップは、動物の個体数に対する人間の不在の影響を見て、人間が生態系から突然取り除かれた場合に生じるダーウィンの戦いについて推測しています。


ペニスの頭を持つ魚

魚といえば、これは…奇妙な解剖学を持っています。ベトナムのメ​​コンデルタの研究者は、2012年8月に頭にペニスが付いた魚が発見されたと報告しました。

うん、ペニス。そして、それはペニスだけではありません-臓器には、セックス中に女性をつかむためのギザギザのフックが含まれています。 (雌の魚の生殖器は彼女の喉にあります。)

種の名前は Phallostethus cuulong そして、女性の体の外側ではなく内側で卵子を受精させる数少ない魚の1つです。厄介なフック付属肢は、男性の精子が正しい場所に確実に到達するように進化したようです。 [精子についての7つのセクシーな事実]


子供たちが動物について学ぶことができる8つのトップウェブサイト

ほとんどの子供たちが学ぶことを楽しむ1つの主題は動物です。動物のキャラクターが描かれた絵本は若い人たちに人気があり、動物に関するノンフィクションの本は好奇心旺盛な年長の子供たちに人気があります。子供たちはまた、動物園への実際の訪問で、または利用可能ないくつかのよくできたドキュメンタリーを介して、動物を観察するのが大好きです。コンパニオンアニマルにアクセスできる子供たちは、そのような動物が私たちの生活にもたらす特別な喜びについて多くを学びます。

私たちが動物について学ぶのを助けることに専念している多くの魅力的なウェブサイトがあります。ここにあなたがあなたの子供と一緒に探検したいと思うかもしれないいくつかがあります。

本を探してアイデアを読んでいますか? サインアップ 私たちのScholasticParentsニュースレターのために。

ZooBorns
子供も大人も、動物の赤ちゃんを見て喜んでニヤリと笑うのは仕方がありません。世界の認定された動物園や水族館からの最新のかわいい動物の赤ちゃんに捧げられたこのウェブサイトを子供たちが探索するのを手伝ってください。一番かわいいものを選んだり、ファンタジーペットを決めたりするような会話ゲームをプレイするのに最適な場所です。それはまた、動物の研究や学校のプロジェクトのための良い出発点になるかもしれません。あなたの子供が動物の赤ちゃんを十分に得ることができない場合は、 私の動物の百科事典、周りの最も愛らしい動物への鳴き声に値するガイド。

ナショナル・ジオグラフィックナショナルジオグラフィックキッズ
どちらのサイトも、ビデオを含む動物に関するリソースのスタックを提供しています。幼い子供たちは、より重い読書のいくつかであなたの助けから利益を得るでしょう、そしてあなたがあなたが学んだことを議論するためのたくさんの機会があります。子供たちも野生動物に魅了されます 101動物の秘密レゴノンフィクション:動物のビッグブック、 ゴージャスな写真でいっぱいになりました。

オーストラリアのABCスプラッシュ
これは私たちが簡単に時間を忘れることができるウェブサイトのうさぎの穴です!ビデオ、インタラクティブゲーム、デジブックなど、多くの一般的な教育リソースに加えて、Remarkable Animal and Plant LifeCyclesのこのような動物に関する役立つ資料を提供しています。オーストラリアの広大な大陸に自生する動物を発見してください 真の本:オーストラリアとオセアニア。

恐竜と一緒に歩く
年長の子供に適しているにもかかわらず、若い恐竜ファンは、このBBCサイトで恐竜に関する画像やビデオを見るのが大好きです。ママとパパは、若者が画像をクリックして見た魅力的なファクトシートのいくつかを読むのを手伝うことができます。もっとお腹が空いた?若い読者は、フルブリードの写真と楽しい事実をむさぼり食うでしょう フライガイプレゼンツ:恐竜、年配の読者(3年生以上)は、空、陸、海を支配した巨大な爬虫類について明らかにされた「恐ろしい真実」を楽しみます。 恐竜の科学 シリーズ。

世界自然保護基金
このウェブサイトには、絶滅危惧種やWWFが行っている重要な活動について詳しく知るだけでなく、動物に関する優れた教材がたくさんあります。種のようなタブをチェックし、優れたクローズアップ画像を閲覧し、ナマケモノが遅い理由などの質問への回答を見つけてください。 WWFによって保護されている貴重な動物の詳細については、 真の本:最も絶滅の危機に瀕している ゴリラ、大型ネコ、ホッキョクグマなどの教育書を特集したシリーズ。

ARKive
私は2010年にARKiveについて書きましたが、それは今でも私のお気に入りのWebスペースの1つです。繰り返しになりますが、両親が時間をかけて話し合ったり共有したりすれば、子供たちはこのサイトからより多くのものを得ることができます。トピック、種、生息地などで閲覧できますが、教育セクションを確認してください。 5〜7歳にも適した素材で、動物のマスク作りなどの活動を通して子供たちに学んでもらいたいです。よりクリエイティブなアクティビティについては、動物関連のKlutzキットをお試しください。クリエイティブな子供は、動物の提灯やミニチュアの動物のぬいぐるみを作ることができます。

キッズプラネット
上記のウェブサイトのいくつかがあなたの子供にとって少し深刻すぎると思われる場合は、子供たちがキッズプラネットにアクセスするのを手伝ってください。いくつかの優れたファクトシートを見つけるだけでなく、ここでは、動物の音を識別する必要がある、Who AmIのような動物をテーマにしたゲームをプレイできます。動物について学ぶための別の気楽なアプローチについては、 あなたが動物を持っていたらどうしますか。 サメの歯やヤマアラシのクイルを持っているとどうなるかを想像しながら、子供たちに動物についての楽しい事実を教えるシリーズ。

SwitchZoo
Switch Zooは、学習が楽しみによって少し偽装されているもう1つのサイトです。子供たちは動物のゲームをしたり、自分の奇抜な新しい動物を作ったり、ジグソーパズルを解いたりすることができます。子供たちがユニークな動物を作り、その食事、生息地、そしてその特別な機能を想像する楽しみを想像することはできませんか?さらに教育的な楽しみを得るには、恐竜サイエンスキットを使ってマジックスクールバスバックインタイムを試してみてください。お子様は、学習しながら化石を成形したり、恐竜のレプリカを作成したりできます。

このようなウェブサイトを子供たちと共有することは、安全なオンライン行動を示すための素晴らしい方法であり、私たち自身の学習への熱意でもあります。体験を拡張するためにあなたの地元の図書館や動物園への訪問でフォローアップしてください。出版社のウェブサイトを検索すると、動物をテーマにした本っぽい良さが驚くほどたくさんあり、子供にぴったりのリソースを見つけることができます。


動物

働きバチが自分自身のクローンを作る能力は、他の種の巣箱に対しても、自分自身の巣箱に対しても不安定になる可能性があります。

7000万年前に北極圏で孵化した赤ちゃん恐竜

アラスカ北極圏での小さな赤ちゃん恐竜の骨と歯の発見は、恐竜が7000万年前にそこで卵を入れ子にして孵化させたことを明らかにしています。

タスマニアデビルは、大規模な自然保護の裏目に出て、小さなペンギンのコロニーを一掃します

自分たちの保護のためにマリア島に紹介されたタスマニアデビルは、小さなペンギンの全個体群を一掃することによって、新しい家に生態学的災害を引き起こしました。

ツキノワグマ:北米で最も一般的なクマ

アメリカクロクマは北米で最も小さく、最も一般的なクマです。それらは、蜂蜜とムースを含む食事で、非常に適応性があります。

世界中の恐竜を見つけて、AR地球儀でプライムデーを18%節約しましょう

プライムデーに子供向けのこのディノスARグローブが18%オフになります。

これらのクモはヘビをそのサイズの数百倍も倒します

毒蜘蛛はそのサイズの何倍ものヘビを捕食します、新しい研究は発見します—そしてしばしば彼らがそうであるのと同じくらい毒のあるヘビに対して勝利を収めます。

写真:クモは致命的なヘビをごちそう

ルブロンオオツグモから黒い未亡人まで、クモは致命的なヘビの周りで恥ずかしがらず、しばしば少年を倒し、肉の体を何日も食べます。

すべての蜘蛛の巣はユニークですか?

蜘蛛の巣の構造は蜘蛛によってどのくらい異なりますか?

古代の巨大なサイは、地球を歩く史上最大の哺乳類の1つでした

中国の古生物学者は、これまでに生きた中で最大の陸生哺乳類の1つに属する頭蓋骨、顎、およびいくつかの椎骨を発見しました。

この「古代の」モンスターの魚は100年間生きることができます

シーラカンスの鱗を詳しく見ると、この古代の魚の系統は100歳まで生きている可能性があることがわかります。

世界初のバイオニックハゲタカが作成されました

救命手術は珍しい鳥に足を上げます。

マウスで発見されたこれまでにない脳細胞。彼らはゴルディータと呼ばれています。

研究者たちは、マウスの脳の幹細胞のスイッチを入れた後、新しい細胞を発見しました。

「バルーニング」クモはオーストラリアで洪水が発生した後、絹の海を後にします

専門家によると、この現象は洪水後の「驚くほど一般的」です。

琥珀色の「奇妙な獣」は非常に奇妙なトカゲです

鳥のように見える小さな琥珀色の頭蓋骨は、実際にはトカゲのものであり、新しい化石の証拠が示しています。

金鉱夫は3つのマンモスの巨大な骨格を発見します

金鉱夫は、同じ家族の一部であったかもしれない3つの羊毛マンモスの3つの部分的な骨格を発見しました。

有毒な毛虫がメイン州に侵入

小さな毛虫は細い有毒な毛を持っており、毒アイビーのような発疹や呼吸障害を引き起こす可能性があります。

ヌママムシのヘビ:水モカシンについての事実

Jessie Szalay、Patrick Pester

アメリカマムシ、または水モカシンは、脅かされたときに白い口を表示する北アメリカの毒ヘビです。

科学者たちはハリモグラの奇妙な4頭のペニスの謎を解き明かします

科学者たちは、CTスキャンを使用して、ハリモグラの奇妙な4頭のペニスを取り巻く長年の謎をついに解決しました。

カラスは「ゼロの概念」を理解しています(鳥の頭脳にもかかわらず)

研究者は、行動テストと鳥の脳活動の記録でこれを決定しました。

人間はクジラを話すことを学ぶことがありますか?

最先端の技術は、研究者がクジラのコミュニケーションを収集して分析するのに役立ちます。

Essentialsニュースレターに登録して、最新の科学ニュースを入手してください。

LiveScienceにご登録いただきありがとうございます。間もなく確認メールが届きます。


ナチスが動物を絶滅から取り戻そうとしたとき

ベルリン動物園のディレクターに生まれたルーツ・ヘックは、野生生物の世界に運命づけられているようでした。しかし、ヘックは単に動物を保護するのではなく、動物との関係を暗くしました。彼は動物を狩り、実験しました。

新しい映画で 動物園の飼育係の妻 (ダイアン・アッカーマンによる同名のノンフィクション本に基づく)、ヘックはワルシャワの動物園の飼育係アントニーナとヤン・ザビンスキの宿敵であり、かつて動物を飼っていた檻の中にユダヤ人を隠すために命を危険にさらしている。結局のところ、夫婦は動物園を通じて約300人のユダヤ人を密輸しました。ヘックは、ドイツに送ることができる動物のためにワルシャワ動物園を略奪する任務を負っただけでなく、ナチスが権力を握る前に始まったプロジェクト、つまり絶滅した種を生き返らせることによって自然を再発明することにも取り組んでいました。

ルッツと弟のハインツは、ウサギのような小さな生き物から始めて、動物に囲まれて育ち、動物の繁殖に没頭しました。少年たちがこれらの慣行についてさらに学ぶと同時に、ヨーロッパ中の動物学者は、絶滅を防ぎ、新しい種を作り出すことにおける人間の役割についての議論に従事していました。

&#8220それは、私たちが非常に奇妙な実験と見なすあらゆる種類の実験によって開始されました。人々はライガーやタイゴンを繁殖させようとしていました」と、オランダのワーヘニンゲン大学とリサーチの文化地理学の研究者であるクレメンス・ドリセンは言います。

ブリーダーの想像力は、新しい種を作成することを考えて暴れまわっていましたが、家の近くでは、ワイソンとして知られるヨーロッパバイソンが野生で絶滅していました。科学者たちは、動物園が種を生かし続けるために果たすことができる役割を検討し始め、ドイツでは、それらの答えを、昔の風景の想定される「純度」に関する理論と組み合わせました。

アメリカバイソンを繁殖用の家畜として使用して、賢明な人を活性化する必要がありますか?結果として生じる子孫はまだ適切なバイソンと見なされますか?彼らが年をとるにつれて、ヘック兄弟はこれらの同じ質問に没頭しました。

Driessenと共著者のJamieLorimerが書いた記事によると、ハインツは賢者の絶滅を遊牧民の乱獲の結果の自然な進行と見なしていました。一方、彼の兄弟は、彼が「原始ドイツのゲーム」と見なすものにますます興味を持ち、人種的な不純物のない神話的なドイツの過去への復帰を求めたナチスによってますます共有される興味になりました。

彼の自伝で 動物:私の冒険 ルッツは、彼がその神話上の過去に関連付けた動物、特に賢明で手ごわいオーロックスに魅了されていると説明しています。

鱗状のアリクイとルーツ・ヘック、1940年(Sueddeutsche Zeitung Photo / Alamy Stock Photo)

オーロックスは大きな角のある牛で、1627年に過度の狩猟と飼いならされた牛との競争により絶滅しました。兄弟たちは、バックブリーディングによって動物を再現できると信じていました。正しい角の形、色、行動のために既存の牛の種を選び、元の動物に近いものができるまで繁殖させました。これは、DNAの二重らせんが発見される前のことでした。そのため、兄弟がオーロックスに関する情報を探すのは、考古学的な発見と記録からのものでした。彼らは、現代の牛はオーロックスの子孫であるため、さまざまな牛の品種に、より古い血統の痕跡が含まれていると信じていました。

&#8220兄と私が今やらなければならなかったのは、野生動物のすべての特徴を1つの繁殖用ストックにまとめることでしたが、現在は個々の動物に別々にしか見られません。&#8221ヘックは彼の本に書いています。彼らの計画は、特定の特性を念頭に置いて前方に繁殖するのではなく、「家畜化されたキツネを品種改良によって作成する」というロシアの実験の逆でした。 (同様の実験が、オーロックスをもう一度作成することを望んでいる現代の科学者や、絶滅したクアッガを再現しようとしている科学者によって取り上げられました。研究者は、このタイプの絶滅が可能かどうかについて意見が分かれています。)

兄弟たちは大陸を旅し、スペインでの戦いの牛からハンガリーの草原の牛まで、あらゆるものを選んでオーロックスを作りました。彼らは頭蓋骨と洞窟壁画を研究してオーロックスがどのように見えるかを決定し、どちらも1930年代半ばまでにオーロックスを復活させることに成功したと主張しました。彼らの牛は背が高く、大きな角と攻撃的な性格を持ち、限られた人間の世話で生き残ることができ、現代ではヘック牛と呼ばれるようになりました。動物は全国に広がり、ミュンヘン動物園から現代のポーランドとロシアの国境にある森までいたるところに生息していました。

しかし、動物学と畜産への共通の関心にもかかわらず、ナチスが権力を握るにつれて、兄弟の道は大きく分岐しました。 1930年代初頭、ハインツは共産党への加盟の疑いとユダヤ人女性との短い結婚のために政治犯としてダッハウに収容された最初の人々の1人でした。ハインツは釈放されたが、彼がナチスの支配の大きな受益者になることは決してないことは明らかであり、自然と環境の純粋さに焦点を当てた彼らのイデオロギーを支持しているようにも見えなかった。

ルッツはその治世の早い段階でナチ党に加わり、強力な同盟国を獲得しました。ヘルマンG&#246リング、アドルフヒルター&#8217の副司令官です。二人の男は、先祖代々のドイツの風景を狩り、再現することに共通の関心を持って結束しました。 G&#246ring&#160はトレーディングカードのような政治的称号を獲得し、一度に多くの役職に就きました。彼はプロイセンの首相、ドイツ空軍の最高司令官、そしてライヒハントマスターとフォレストマスターになりました。彼が1938年に親友のルッツに自然保護局の称号を授けたのはこの最後の立場でした。

ヘルマンG&#246ring(ウィキメディアコモンズ)

&#8220G&#246ringは、自然保護を彼の政治帝国の一部にする機会を見ました」と、環境史家のフランク・ウエコッターは言います。 &#8220彼はまた、[1935年の自然保護法からの]資金を彼の財産に使用しました。&#8221自然保護区を作成し、自然記念碑の指定を許可し、私有財産権の保護を削除した法律は、ナチスが権力を握る前に、何年もの間検討のために上がっていました。ナチスが彼らを阻止するための民主的プロセスの束縛をもはや持っていなかった後、G&#246ringは彼の名声を高め、狩猟への彼の個人的な興味を促進するためにすぐに法律を押し進めました。

ルッツはG&#246ringの支援を受けてバックブリーディングの実験を続け、ターパン(Heckが作成した子孫が現在も存在する野生の馬)と賢明な実験を行いました。ルッツの作品はさまざまな森や狩猟保護区でリリースされ、G&#246ringはドイツの叙事詩から神話のシーンを再現したいという彼の願いを叶えることができました。ニーベルンゲンの歌&#160(ドイツ語版の&#160を考えてくださいベオウルフ)、チュートンの英雄ジークフリートがドラゴンや森の他の生き物を殺します。

&#8220G&#246ringは、槍を持って独特のドレスを着るという一種のファンタジーを生きることに非常に独特の興味を持っていました」とDriessenは言います。 &#8220彼は幼稚な魅力とその背後にある殺人国の力のこの不気味な組み合わせを持っていました。&#8221実際には、これはポーランド、特にビアの広大な荒野から土地を奪うことを意味しました&#322owie&#380aフォレスト、それから彼自身の狩猟保護区を作成するためにそれを使用します。これは、&#160のより大きなナチスのイデオロギーに適合します生存圏、または生活空間、そして英雄的な過去への回帰。

&#8220一方で、国家社会主義は、工学、優生学、実験物理学、応用数学に重点を置いたナチスに見られる現代性と道具的合理性を受け入れました。&#8221&#160地理学者のトレバーバーンズとクラウディオミンカを書きます。 &#8220一方、ナチズムの他の抱擁は、暗い反現代性、反啓蒙主義でした。勝利を収めたのは、伝統、神話の過去、不合理な感情と感情、神秘主義、そして簡単に教義、偏見、そしてはるかに悪いことに変わった文化的本質主義でした。&#8221

1941年、ルッツはワルシャワ動物園に行き、ドイツの手への移行を監督しました。ドイツの動物園にとって最も価値のある種を選択した後、彼は残りの動物と一緒に派遣するためにプライベートハンティングパーティーを組織しました。 &#8220これらの動物は意味のある理由で回復することができず、ヘックは仲間と一緒にそれらを殺すことを楽しんだ、&#8221&#160はユダヤ学者のキティミレットを書いている。

ミレットは、人種の純粋さというナチスのイデオロギーとの不吉なつながりを見ています。 &#8220ナチスはアーリア人の回復への移行状態であるという仮定がありました&#8221ミレットは電子メールで書いています。その人種の純粋さを取り戻すために、ミレットは言います、「自然は汚染された空間からナチスの空間に変えられなければなりませんでした。」

Driessenは、Lutzがこれらのアイデアに関与しているという直接的な証拠をほとんど見ていませんが、少なくとも彼の公開された研究では、Lutzはナチスの優生学の建築家の1人であるEugenFischerと対応していました。

しかし、オーロックスを作成し、G&#246ringのために賢明な彼の仕事は、他のナチスプロジェクトと同じ結論を共有しました。連合軍は、戦争の終わりにドイツ人に接近したときに野生動物を殺しました。動物園での終戦を生き延びた牛の子孫であるヘック牛の中には、まだ存在しているものもあり、ヨーロッパ中の彼らの動きは、毎年更新される論争の源となっています。それらはまた、オランダの自然保護論者グループであるStichtingTaurusによって構想されたものなどのより大きなヨーロッパの再野生化プログラムの可能なコンポーネントとしてタグ付けされています。

オランダなどの科学者が、絶滅した野生生物の復活を検討して、混乱した環境を回復するのを助けているので、ウエコッターは、ナチ党におけるヘックの役割が警告の物語として役立つことができると考えています。 &#8220環境について話すとき、価値に中立な立場はありません。あなたにはパートナーが必要であり、[民主主義で起こる窮地に比べて]物事は突然非常に単純であるという権威主義体制の誘惑があります」とUekotterは言います。 &#8220ナチスの経験は、あなたがこれに素朴な方法で落ちた場合にあなたが最終的に何をすることができるかを示しています。&#8221


どうしてこうなりました?

少なくとも15、000年のパートナーである飼い犬を除いて、動物の飼いならしプロセスは約12、000年前に始まりました。その間、人間は野生の祖先の行動や性質を変えることによって、動物の食物やその他の生活必需品へのアクセスを制御することを学びました。犬、猫、牛、羊、ラクダ、ガチョウ、馬、豚など、私たちが今日私たちと生活を共有しているすべての動物は、野生動物として始まりましたが、数百、数千年の間に、より甘いものに変わりました-農業における自然で扱いやすいパートナー。

そして、それは家畜化プロセス中に行われた行動の変化だけではありません-私たちの新しい家畜化されたパートナーは、家畜化プロセス中に直接的または間接的にそれをもたらした一連の物理的変化を共有します。サイズの縮小、白いコート、そしてフロッピーの耳はすべて、私たちの家畜パートナーのいくつかにもたらされた哺乳類症候群の特徴です。


半分人間、半分動物のキメラの誕生

H.G.ウェルズで モロー博士の島、難破した英雄エドワード・ペンドリックは、倒れた木の周りにしゃがんでいる2人の男性と女性のグループに偶然出会ったとき、森の空き地を歩いています。彼らは腰の周りに結ばれたいくつかのぼろきれを除いて裸であり、「太くて重い、あごのない顔、後退する額、そして額にわずかな剛毛」があります。ペンドリックは、「こんなに獣のような生き物を見たことがない」と述べています。

ペンドリックが近づくと、彼らは彼に話しかけようとしますが、彼らのスピーチは「太くてずさんな」ものであり、彼らが話すときに頭が揺れ、「複雑なジブリッシュを暗唱します」。彼らの服装と外見にもかかわらず、彼は彼らのやり方で「豚の魅力的な提案、豚のような汚れ」を知覚します。彼らは、「男性のグロテスクな悲劇」であると彼は結論付けています。

ある夜、モロー博士の手術室に迷い込んだペンドリックは、最終的に真実を明らかにしました。彼のホストは、獣を人間に変え、彼らの体と脳を彼自身のイメージに彫刻しました。しかし、彼の最善の努力にもかかわらず、彼は彼らの最も基本的な本能を決して排除することはできず、脆弱な社会はすぐに危険な無政府状態に戻り、モローの死に至りました。

ウェルズが彼の小説を最初に出版してから120年になります。最近のいくつかの見出しを読むと、私たちは彼の異所性のビジョンに危険なほど近づいていると思うでしょう。 「一部人間の一部動物のキメラを開発しているフランケンシュタインの科学者」は、2016年5月に英国のデイリーミラーを叫んだ。世界に解き放たれます。

動物の胚にヒト幹細胞を移植して、特定のヒトの臓器を成長させることが期待されています。このアプローチは、理論的には、病気の心臓や肝臓の既製の代替品を提供し、人間のドナーを待つことを排除し、臓器拒絶反応のリスクを減らすことができます。

それは生物学の新しい理解を開くでしょう

これらの大胆で物議を醸す計画は、30年以上の研究の集大成です。これらの実験は、私たちが生命の最大の謎のいくつかを理解し、種間の境界を描き、子宮内の細胞のぼろぼろの束がどのように合体して生きている呼吸する存在に成長するかを探求するのに役立ちました。

プロジェクトに資金を提供する新しい計画により、私たちは現在、この研究の重要なポイントに到達しています。 「今日、この分野では物事が非常に速く動いています」と、トロントの病気の子供のための病院のジャネット・ロサントは言い、キメラ研究の初期の先駆者の一人です。 「それは生物学の新しい理解を開くでしょう。」

つまり、人間であることが何を意味するのかについての理解を恒久的に変える可能性のある、いくつかの厄介な倫理的問題を最初に解決できるという条件で。

何千年もの間、キメラは文字通り伝説のものでした。この用語はギリシャ神話に由来し、ホーマーは「人間ではなく、ライオンの前と後ろのヘビ、真ん中のヤギの不滅のハイブリッド」を説明しています。小アジアのリュキアを歩き回ったとき、火を噴くと言われていました。

同一でない双子の少なくとも8%が兄弟または姉妹から細胞を吸収しました

実際には、科学におけるキメラはそれほど印象的ではありません。この言葉は、遺伝的に異なる組織の融合を含むあらゆる生き物を表しています。双子の胚が受胎直後に融合した場合、これは自然に発生する可能性があり、印象的な結果が得られます。

体の片側が男性で、もう一方が女性である「両側雌雄モザイク」を考えてみましょう。これらの動物は本質的に、中央で結合された2つの同一ではない双子です。多くの鳥や昆虫の場合のように、2つの性別のマーキングが大きく異なる場合、これは、体の半分に真っ赤な羽毛が生え、残りは灰色である北部の枢機卿など、奇妙な外観につながる可能性があります。

しかし、ほとんどの場合、細胞は混合して全身に微妙なモザイクを形成し、キメラは種内の他の個体のように見え、行動します。あなたが自分自身である可能性さえあります。研究によると、同一ではない双子の少なくとも8%が兄弟または姉妹から細胞を吸収していることが示唆されています。

ギリシャの伝説からの動物の混合バッグは確かに自然の中で見つけることができません。しかし、これは科学者が研究室で独自のハイブリッドキメラを作成しようとするのを止めませんでした。

当時カナダのブロック大学にいたジャネット・ロサントは、最初に成功した人の1人でした。 1980年に、彼女はジャーナルに論文を発表しました 化学 2つのマウス種を組み合わせたキメラを発表:アルビノ実験用マウス(ハツカネズミ)と琉球マウス(ムスカロリ)、東アジアからの野生種。

ハイブリッドの「種間」キメラを作製する以前の試みは、しばしば失望に終わった。胚は単に子宮に埋め込まれず、埋め込まれた胚は変形して発育不全になり、通常は満期に達する前に流産しました。

本当に種の境界を越えることができることを示しました

ロサントの技術は、妊娠の臨界点、交配後約4日での繊細な手術を伴いました。この時点で、受精卵は胚盤胞として知られる細胞の小さな束に分かれています。これには、栄養膜と呼ばれる保護外層に囲まれた内部細胞塊が含まれ、胎盤を形成します。

ウィリアム・フレルズと協力して、ロサントは M. musculus 他の種の内部細胞塊を注入し、 M.カロリ。次に、この混合された細胞のバッグを M. musculus 母親の。確実にすることによって M. musculus 栄養膜は無傷のままで、結果として生じる胎盤が母親のDNAと一致することを保証しました。これは、胚が子宮に埋め込まれるのを助けました。次に彼らは腰を下ろし、妊娠が始まるのを18日間待ちました。

それは48の結果として生じた子孫の大成功であり、38は両方の種からの組織のブレンドでした。 「私たちはあなたが本当に種の境界を越えることができることを示しました」とロサントは言います。ブレンドはマウスのコートで明らかであり、アルビノホワイトのパッチが交互になっています。 M. musculus と黄褐色の縞模様 M.カロリ.

彼らの気質でさえ、彼らの両親とは著しく異なっていました。 「それは明らかに奇妙な混合物でした」とロサントは言います。 「」M.カロリ 非常にびくびくしています。ゴミ箱の底に置いて、飛び出さないようにする必要があります。鉗子と革手袋で処理します。」 M. musculus ずっと落ち着いていた。 「キメラはやや中間にありました。」

今日の神経科学の理解により、ロサントは、これが、異なる種が彼らのように行動する理由を探求するのに役立つと考えています。 「2つの種が占めていた脳のさまざまな領域に対する行動の違いをマッピングすることができます」と彼女は言います。 「それを調べるのは非常に興味深いと思います。」

タイム誌は、このギープを「動物園の飼育係のいたずら:アンゴラのセーターを着たヤギ」と説明しました。

彼女の初期の仕事で、ロサントはこれらのキメラを使用して私たちの基本的な生物学を調べました。遺伝子スクリーニングが始まったばかりの頃、2つの種の顕著な違いは、体内の細胞の広がりを特定するのに役立ち、生物学者は初期胚のどの要素が異なる器官を作り出すのかを調べることができました。

2つの系統は、科学者が特定の遺伝子の役割を調査するのに役立つ可能性さえあります。それらは、元の胚の1つに突然変異を引き起こす可能性がありますが、他の胚には突然変異を引き起こしません。結果として生じるキメラへの影響を観察することは、体のさまざまな部分にわたる遺伝子の多くの機能を引き離すのに役立つ可能性があります。

ロサントの技術を使用して、他のいくつかのハイブリッドキメラがすぐに世界中の実験室で蹴ったり鳴いたりして現れました。それらには、ギープと呼ばれるヤギ羊のキメラが含まれていました。動物は羊毛と粗い髪のパッチワークを見て印象的でした。 時間 それを「飼育係のいたずら:アンゴラのセーターを着たヤギ」と表現した。

ロサントはまた、絶滅危惧種の胚を家畜の子宮に着床させるために彼女の技術を使用することを望んでいたさまざまな保護プロジェクトに助言しました。 「それが完全に機能したかどうかはわかりませんが、コンセプトはまだそこにあります。」

現在の目的は、「再生医療」の新時代を告げる可能性のあるプロジェクトで、人間をミックスに加えることです。

20年間、医師はあらゆる種類の組織を形成する可能性のある幹細胞を採取する方法を見つけ、ペトリ皿で新しい臓器を再生するようにそれらを動かそうとしました。この戦略は、病気の臓器を置き換えるための大きな可能性を秘めています。

目的は、注文に応じて臓器を成長させることができるキメラ動物を作成することです

「唯一の問題は、これらは胚の細胞と非常に似ているが、同一ではないということです」と、カリフォルニア州ラホヤのソーク生物研究所のフアン・カルロス・イズピスア・ベルモンテは言います。これまでのところ、移植に適したものはありません。

Izpisua Belmonteと彼のような他の少数の人々は、答えは農場に潜んでいると考えています。目的は、注文に応じて臓器を成長させることができるキメラ動物を作成することです。 「胚発生は毎日起こり、99%の確率で胚が完全に出てきます」とIzpisuaBelmonteは言います。 「これを行う方法がわかりません 試験管内で、でも動物はとても上手くやってくれるので、自然に手間をかけてもらいませんか?」

人間と動物のキメラを構築する今日の計画は論争を引き起こしたかもしれませんが、それらは「レッドフランケンシュタイン」としても知られているイリアイワノフのスキャンダラスな実験と比較して何もありません。イワノフは、他の霊長類との密接な進化的つながりを完全に証明することを望んで、人間と類人猿の雑種を繁殖させるためのクラックポット計画を孵化しました。

1920年代半ばから、彼はチンパンジーに人間の精子を授精させようとし、さらに女性の卵巣をノラと呼ばれるチンパンジーに移植しようとしましたが、彼女は妊娠する前に亡くなりました。

他のすべてが失敗したとき、彼はハイブリッドを運ぶことをいとわない5人のソビエト女性を集めました。しかし、ターザンと呼ばれる将来の父親は、計画を実行する前に脳出血で亡くなりました。イワノフは、彼のグロテスクな実験とは何の関係もない犯罪「国際ブルジョアジー」を支持したとして、最終的に逮捕され、1930年にカザフスタンに追放されました。

Unlike the "geep", which showed a mosaic of tissue across its body, the foreign tissue in these chimeras would be limited to a specific organ. By manipulating certain genes, the researchers hope they could knock out the target organ in the host, creating a void for the human cells to colonise and grow to the required size and shape. "The animal is an incubator," says Pablo Juan Ross at the University of California-Davis, who is also investigating the possibility.

We already know that it is theoretically possible. In 2010 Hiromitsu Nakauchi of Stanford University School of Medicine and his colleagues created a rat pancreas in a mouse body using a similar technique. Pigs are currently the preferred host, as they are anatomically remarkably similar to humans.

If it succeeds, the strategy would solve many of the problems with organ donation today.

"The average waiting time for a kidney is three years," explains Ross. In contrast, a custom-made organ grown in a pig would be ready in as little as five months. "That's another advantage of using pigs. They grow very quickly."

In 2015, the US National Institutes of Health announced a moratorium on funding for human-animal chimera

Beyond transplantation, a human-animal chimera could also transform the way we hunt for drugs.

Currently, many new treatments may appear to be effective in animal trials, but have unexpected effects in humans. "All that money and time gets lost," says Izpisua Belmonte.

Consider a new drug for liver disease, say. "If we were able to put human cells inside a pig's liver, then within the first year of developing the compound, we could see if it was toxic for humans," he says.

Rossant agrees that the approach has great potential, although these are the first steps on a very long road. "I have to admire their bravery in taking this on," she says. "It's doable but I must say there are very serious challenges."

Many of these difficulties are technical.

The evolutionary gap between humans and pigs is far greater than the distance between a rat and a mouse, and scientists know from experience that this makes it harder for the donor cells to take root. "You need to create the conditions so that the human cells can survive and thrive," says Izpisua Belmonte. This will involve finding the pristine source of human stem cells capable of transforming into any tissue, and perhaps genetically modifying the host to make it more hospitable.

It would be truly horrific to create a human mind trapped in an animal's body

But it is the ethical concerns that have so far stalled research. In 2015, the US National Institutes of Health announced a moratorium on funding for human-animal chimera. It has since announced plans to lift that ban, provided that each experiment undergoes an extra review before funding is approved. In the meantime, Izpisua Belmonte has been offered a $2.5m (£2m) grant on the condition that he uses monkey, rather than human, stem cells to create the chimera.

A particularly emotive concern is that the stem cells will reach the pig's brain, creating an animal that shares some of our behaviours and abilities. "I do think that has to be something that is taken into account and discussed extensively," says Rossant. After all, she found that her chimeras shared the temperaments of both species. It would be truly horrific to create a human mind trapped in an animal's body, a nightmare fit for Wells.

The researchers point to some possible precautions. "By injecting the cells in a particular stage of embryo development, we might be able to avoid that happening," says Izpisua Belmonte. Another option may be to program the stem cells with "suicide genes" that would cause them to self-destruct in certain conditions, to prevent them from embedding in neural tissue.

Even so, these solutions have not convinced Stuart Newman, a cell biologist at New York Medical College, US. He says he has been worried about the direction of this research ever since the creation of the geep in the 1980s. His concern is not so much about the plans today, but a future where the chimera steadily take on more human characteristics.

"These things become more interesting, scientifically and medically, the more human they are," says Newman. "So you might say now that 'I would never make something mostly human', but there is an impulse to do it. There's a kind of momentum to the whole enterprise that makes you want to go further and further."

How we talk about humans during this debate may inadvertently change how we look at ourselves

Suppose that scientists created a chimera to study a new treatment for Alzheimer's. A team of researchers may start out with permission to create a chimera that has a 20% human brain, say, only to decide that 30% or 40% would be necessary to properly understand the effects of a new drug. Scientific funding bodies often require more and more ambitious targets, Newman says. "It's not that people are aspiring to create abominations&hellip but things just keep going, there's no natural stopping point."

Just as importantly, he thinks that it will numb our sense of our own humanity. "There's the transformation of our culture that allows us to cross these boundaries. It plays on the idea of the human as just another material object," he says. For instance, if human chimera exist, we may not be so worried about manipulating our own genes to create designer babies.

Newman is not alone in these views.

John Evans, a sociologist at the University of California San Diego, US, points out that the very discussion of human-animal chimera focusses on their cognitive capacities.

For instance, we might decide that it is okay to treat them in one way as long as they lack human rationality or language, but that train of logic could lead us down a slippery slope when considering other people within our own species. "If the public thinks that a human is a compilation of capacities, those existing humans with fewer of these valued capacities will be considered to be of lesser value," Evans writes.

Our gut reactions should not shape the moral discussion

For his part, Izpisua Belmonte thinks that many of these concerns &ndash particularly the more sensational headlines &ndash are premature. "The media and the regulators think that we are going to get important human organs growing inside a pig tomorrow," he says. "That's science fiction. We are at the earliest stage."

And as an editorial in the journal 自然 argued, perhaps our gut reactions should not shape the moral discussion. The idea of a chimera may be disgusting to some, but the suffering of people with untreatable illnesses is equally horrendous. Our decisions need to be based on more than just our initial reactions.

Whatever conclusions we reach, we need to be aware that the repercussions could stretch far beyond the science at hand. "How we talk about humans during this debate may inadvertently change how we look at ourselves," writes Evans.

The question of what defines our humanity was, after all, at the heart of Wells' classic novel. Once Pendrick has escaped the island of Doctor Moreau, he returns to a life of solitude in the English countryside, preferring to spend the lonely nights watching the heavens.

Having witnessed the boundary between species broken so violently, he cannot meet another human being without seeing the beast inside us all. "It seemed that I too was not a reasonable creature, but only an animal tormented with some strange disorder in its brain which sent it to wander alone, like a sheep stricken with gid."

David Robson is BBC Future&rsquos feature writer. He is @d_a_robson on Twitter.


75 Animal Facts That Will Change the Way You View the Animal Kingdom

Impress your friends with mind-blowing trivia about dolphins, koalas, bats, and more.

Shutterstock

With an estimated 7.77 million species of animals on the planet, the animal kingdom is an undeniably diverse place. But while the breadth of earthly biodiversity may be well known, the incredible things our animal counterparts can do are often hidden to humans. From furry creatures you never realized kissed to those who enjoy getting tipsy, these amazing animal facts are sure to wow even the biggest animal lovers out there.

Shutterstock

Koalas might not seem to have a lot in common with us, but if you were to take a closer look at their hands, you'd see that they have fingerprints that are just like humans'. In fact, they're so similar when it comes to the distinctive loops and arches, that in Australia, "police feared that criminal investigations may have been hampered by koala prints," according to Ripley's Believe It or Not. Any koalas who want to commit crimes would be wise to do so wearing gloves.

Shutterstock

Parrots may be associated with pirates, but it turns out African grey parrots are nothing like the infamously greedy, treasure-seeking criminals. Instead, researchers have discovered that the colorful birds will "voluntarily help each other obtain food rewards" and perform "selfless" acts, according to a 2020 study published in Current Biology。 Study co-author Auguste von Bayern noted, "African grey parrots were intrinsically motivated to help others, even if the other individual was not their friend, so they behaved very 'prosocially.'"

Shutterstock

Prairie dogs are quirky creatures for a number of reasons: They're giant rodents, they dig massive interconnected underground homes, and they kiss. While they're actually touching their front teeth in order to identify each other when they seem to be sweetly sharing a smooch, the BBC explains that scientists believe prairie dogs "'kiss and cuddle' more when they are being watched by zoo visitors," because they "appeared to enjoy the attention."

Shutterstock

Crabs may be able to intimidate other creatures with their claws, but if that's not enough, ghost crabs will growl at their enemies like a dog. However, unlike our canine friends, crabs make these fearsome noises using teeth located in their stomachs. "There are three main teeth—a medial tooth and two lateral teeth—that are essentially elongated, hard (calcified) structures. They are part of the gastric mill apparatus in the stomach, where they rub against each other to grind up food," Jennifer Taylor, from the University of California, San Diego, told ニューズウィーク。 She and her colleagues were able to nail down the source of the noise after noticing that "the crabs [were] 'growling' at" them.

Shutterstock

You might think that boxers have the most impressive jabs, hooks, and uppercuts on the planet, but it's the mantis shrimp that boasts the world's fastest punch. Traveling at about 50 mph, when a shrimp punches, its little fist of fury (which, of course, isn't a fist at all) is "accelerating faster than a .22-caliber bullet," according to 化学. ナショナル・ジオグラフィック shared the tale of one such small smasher, explaining that "in April 1998, an aggressive creature named Tyson smashed through the quarter-inch-thick glass wall of his cell. He was soon subdued by nervous attendants and moved to a more secure facility in Great Yarmouth. Unlike his heavyweight namesake [former professional boxer マイクタイソン], Tyson was only four inches long. But scientists have recently found that Tyson, like all his kin, can throw one of the fastest and most powerful punches in nature."

Shutterstock

While male lions attract their fair share of attention thanks to their impressive manes, it's the female lions who do the bulk of the work when it comes to feeding their families. "Lionesses, not male lions, do the majority of hunting for their pride," according to CBS News. "Lionesses hunt around 90 percent of the time, while the males protect their pride."

Shutterstock

Narwhals are unlike most other whales because they have what appears to be a giant tusk. But that's not actually a tusk at all—what you're seeing is a tooth. Harvard University's Martin Nweeia told the BBC that the "tooth is almost like a piece of skin in the sense that it has all these sensory nerve endings," adding that it's "essentially built inside out."

Shutterstock

Dogs are well known for being man's best friend, and it turns out that's a relationship that goes back longer than you might expect. According to Guinness World Records, the oldest known breed of domesticated dog goes all the way back to 329 BC. "Saluki dogs were revered in ancient Egypt, being kept as royal pets and being mummified after death," they note. "There are carvings found in Sumer (present-day southern Iraq) which represent a dog, closely resembling a saluki, which date back to 7000 BC."

Cats have also been hanging around humans for thousands of years. Guinness World Records reports that we've been domesticating cats for 9,500 years. Proof of this came in 2004 when the "bones of a cat were discovered in the neolithic village of Shillourokambos on Cyprus. The position of the cat in the ground was next to the bones of a human, whose similar state of preservation strongly suggests they were buried together."

Shutterstock

Puffins surely have enough to be proud of with their beautiful beaks, but the seabirds also happen to be quite clever. According to a 2019 study published in 国立科学アカデミーの議事録 (PNAS), Atlantic puffins in both Wales and Iceland were observed "spontaneously using a small wooden stick to scratch their bodies." Indeed, in a video shared by 化学, a little puffin can be seen picking up a tiny twig before using it to scratch an itchy spot on its belly.

Shutterstock

"Most humans (say 70 percent to 95 percent) are right-handed, a minority (say 5 percent to 30 percent) are left-handed," according to Scientific American。 And the same holds true for bottlenose dolphins. In fact, the savvy swimmers are even もっと right-handed than we are. A team led by Florida's Dolphin Communication Project took a look at the feeding behavior of bottlenose dolphins and found that the animals were turning to their left side 99.44 percent of the time, which "actually suggests a right-side bias," according to IFL Science. "It places the dolphin's right side and right eye close to the ocean floor as it hunts."

If you're ever in the area of "the Broadway medians at 63rd and 76th streets" in New York City, keep an eye on the ground for crawling critters and you might spot something rare. That's where the "ManhattAnt" can be found, an ant that only lives in the one small area of the city. "It's a relative of the cornfield ant, and it looks like it's from Europe, but we can't match it up with any of the European species," Rob Dunn, a biology professor at North Carolina State University, told the ニューヨークポスト。 Dunn and his team discovered the isolated ant variety in 2012.

Shutterstock

Cows have to deal with pesky flies that are beyond annoying for the docile creatures. Luckily, farmers can now protect their animals by painting them with zebra-like stripes. According to a 2019 study published in PLOS One, "the numbers of biting flies on Japanese Black cows painted with black-and-white stripes were significantly lower than those on non-painted cows and cows painted only with black stripes." IFL Science suggests this might work because "the stripes may cause a kind of motion camouflage targeted at the insects' vision, confusing them much in the way that optical illusions … confuse us."

Shutterstock

Monkeys are undeniably cute. They can also be pretty darn gross. Capuchin monkeys, for example, urinate on their hands and feet when they're feeling "randy." "We think the alpha males might use urine-washing to convey warm, fuzzy feelings to females, that their solicitation is working and that there's no need to run away," primatologist Kimran Miller told NBC News. "Or they could be doing it because they're excited." Either way, ew!

Shutterstock

People who come from different areas around the world tend to speak with inflections, fluctuations, and patterns that are specific to their home regions. Apparently, the same can be said for whales. Researchers from Dalhousie University in Canada and the University of St. Andrews in the UK have found evidence that seems to show whales in the Caribbean have a different "accent" than whales in other oceans.

Shutterstock

In Nanning, the capital of China's Guangxi province, a man named Pang Cong has a rather remarkable animal living on his farm: a 1,102-pound pig. That's roughly the same size as a full-grown adult male polar bear. According to Bloomberg, massive swine of that size "can sell for more than 10,000 yuan ($1,399), over three times higher than the average monthly disposable income" in the area.

National Geographic via YouTube

Sharks boast some enviable—and terrifying—features, like their sleek design and razor-sharp teeth. And while glow-in-the-dark sharks sound like something you'd see in a sci-fi film, they're totally real, as noted in a 2019 study published in iScience。 Researchers were already aware that some shark species produce a glow that only other sharks can see, but now scientists have discovered that "previously unknown small-molecule metabolites are the cause of the green glow," according to CNN. This glow "helps sharks identify each other and even fight against infection on a microbial level."

Shutterstock

While it's not a secret that snails have shells, you probably didn't know that some actually have hairy shells. These hairs are rather handy to have, as they help a snail stick to wet surfaces like leaves.

Shutterstock

Cowbirds lay their eggs in other bird species' nests, which means that the little ones eventually need to reconnect with their own kind when the time is right. And when that time comes, the young birds have a trick for figuring out who to reach out to. "Juvenile cowbirds readily recognize and affiliate with other cowbirds. That's because they have a secret handshake or password," according to Science Daily. To put it more simply, they use "a specific chatter call" to beckon each other.

Shutterstock

If you have best friends who have been around since you were a child, then you have something in common with Tasmanian devils. Research has shown that Tasmanian devils form bonds when they're young that last for the rest of their lives. As Zoos Victoria's Marissa Parrott told IFL Science, "In the wild, when baby devils leave their mums, we believe they all socialize together." As the website notes, "young devils have their own dens," "engage in friendly sleep-overs," and when given the chance, they prefer "to share with their … original friends."

Shutterstock

Those who find themselves in the presence of a grizzly bear will surely want to stay out of reach of this animal's super sharp claws. But they'll certainly also want to keep out of the grizzly's mouth, because these creatures "have a bite-force of over 8,000,000 pascals," according to National Geographic. That means grizzly bears can literally crush a bowling ball between their jaws.うわぁ!

Shutterstock

You might think that a whale's massive size is the only edge they'd need when it comes to hunting in the open waters. But humpback whales actually team up to use a "bubble-net" technique in order to catch their prey. "Sometimes, the whales will swim in an upward spiral and blow bubbles underwater, creating a circular 'net' of bubbles that makes it harder for fish to escape," 科学ニュース レポート。

Shutterstock

When you hear a housefly buzzing around your home, you might be annoyed by the persistent sound. However, the next time it happens, try to soothe yourself by noting that the airborne pest is actually buzzing in an F key. How melodious!

Shutterstock

If you already thought that eels were kind of creepy, then this fact isn't going to make you feel any better about them. Moray eels have what's called pharyngeal jaws, which are a second pair of "エイリアン-style" jaws that are located in the throat and emerge to grasp prey before pulling the unfortunate meal down into the eel's gullet.

Over in New Zealand, surfers have noticed the same thing that those who ride the waves in California have witnessed: ducks can surf. The birds do so in order to catch food or simply to move through the water quickly. Sports reporter Francis Malley spotted a female duck and her babies catching a wave and told the ニュージーランドヘラルド, "The mother was surfing on her belly on the whitewash. I've never surfed with ducks before so this was a first."

Shutterstock

They may be cute, but their bite can kill.によると ポピュラーサイエンス, these adorable animals secrete toxins from a gland in the crook of their inner arms. Their bites have caused anaphylactic shock and even death in humans. Better watch out!

Shutterstock

You might think of pigeons as… not that smart. But it turns out, they're actually quite intelligent. In fact, one 2011 study published in the journal 化学 found that the birds are capable of doing math at the same level as monkeys. During the study, the pigeons were asked to compare nine images, each containing a different number of objects. The researchers found that the birds were able to rank the images in order of how many objects they contained. Put simply, they learned that the birds could count!

Shutterstock

Cows may benefit from artificial stripes, but zebras have the real deal. One 2012 report published in the 実験生物学ジャーナル suggests that zebras' black and white stripes may be an evolutionary feature to fend off harmful horsefly bites. "A zebra-striped horse model attracts far fewer horseflies than either homogeneous black, brown, grey or white equivalents," the researchers wrote.

Shutterstock

Humans aren't the only animals who enjoy a drink or two. A 2015 study published in the journal Royal Society Open Science reveals that chimpanzees in Guinea had a fondness for imbibing fermented palm sap and getting tipsy in the process.

Jiri Prochazka / Shutterstock

While many scientists believe that tool use among dolphins is a relatively new phenomenon, a 2017 study published in Biology Letters suggests that otters may have been using tools for millions of years. Sea otters frequently use rocks to break open well-armored prey, such as snails.

Shutterstock

Why tolerate the cold when you could just freeze yourself solid?によると Kenneth Storey, a professor at Carleton University in Ottawa, frogs undergo repeated freeze-thaw cycles. "We have false springs here all the time where it gets really warm and all the snow melts and then suddenly—bam—the wind comes from the north and it's back down to minus 10, minus 15 [Celsius], and they're fine," Storey told ナショナル・ジオグラフィック.

Shutterstock

Male horses have 40 to 42 permanent teeth, while females have just 36 to 40. According to the VCA Animal Hospital, the original purpose of these extra teeth was as fighting weaponry.

Shutterstock

If you thought your cat was sleepy, just wait until you hear about koalas. According to the Australian Koala Foundation, these cuties sleep between 18 and 22 hours a day. The koalas' diets require a lot of energy to digest, which is why they've got to nap so much.

Shutterstock

No, it's not because they're so professional—it's a modernized form of "busyness," the word originally used to describe a group of these weasel-related mammals.

Shutterstock

And yes, they それは called arms, not tentacles. According to the Library of Congress, the animals can taste and grab with the suckers on their arms. Even more impressive? Octopuses are capable of moving at speeds of up to 25 miles per hour.

Shutterstock

You already know that dolphins are smart. But did you know that they even have their own names? One 2013 study published in PNAS found that bottlenose dolphins develop specific whistles for one another.

Shutterstock

Reindeers have beautiful baby blues—but only in the winter! According to the Biotechnology and Biological Sciences Research Council, "the eyes of Arctic reindeer change color through the seasons from gold to blue, adapting to extreme changes of light levels in their environment." The change in color impacts how light is reflected through the animals' retina, and improves their vision.

Shutterstock

Scientists believe that it's so they don't get sunburns while they eat. The animals' tongues are also around 20 inches long.

Shutterstock

In busy waters, manatees will nudge alligators to get in front, and alligators generally oblige.

Shutterstock

Everything about life is slow for these sleepy mammals. Most sloths will only have a bowel movement once a week, and it can take them up to 30 days to completely digest a single leaf. For comparison, it takes the average human 12 to 48 hours to ingest, digest, and eliminate waste from food.

Shutterstock

You probably know that cats love to talk to their humans. But did you know you're unlikely to see your feline friend interact the same way with another cat? That's because other than kittens meowing at their mothers, cats don't meow at other cats.

Shutterstock

Elephant calves will suck their trunks to comfort themselves. The babies do it for the same reason humans do (it mimics the action of suckling their mothers).

Shutterstock

According to Bat Conservation International, bats give birth to babies—known as pups—that can weigh as much as one-third of the mother's weight. If that doesn't sound like a lot, imagine a person giving birth to a baby that weighed 40 pounds.

Shutterstock

Not all creatures head to warmer climates when it gets cold out, and that means they need to learn to survive in chilly conditions. Painted turtles need to adapt to frozen ponds, which restrict their access to the air above the water. They do that by breathing through their butts—specifically, the all-purpose orifice called the cloaca. Thanks to a process called cloacal respiration, the turtles are able to get oxygen directly from the water around them.

Shutterstock

While you may think that Fido has the same dinnertime experience as you do, he's actually got a much different taste bud arrangement. Humans have about 9,000 taste buds, while dogs have only around 1,700. And while they can identify the same four taste sensations as people, dogs are not fond of salt.

Shutterstock

They're thought to have up to one million hairs per square inch. Their fur consists of two layers and is designed to trap a layer of air next to their skin so their skin doesn't get wet.

Shutterstock

According to a 2018 study published in Copeia, alligators often haven't hit their full size until 33.

Shutterstock

Their legislative powers, however, are still up for debate.

Shutterstock

Snow leopards have less-developed vocal cords than their fellow large cats, meaning that they can't roar, but make a purr-like sound called a chuff instead. For a 2010 study published in the Biological Journal of the Linnean Society, scientists researched why some cats have a higher-pitched meow than others. They found that it's not size that determines a kitty's call, but habitat.

Shutterstock

The salamanders are the only vertebrates that can replace their skin, limbs, tail, jaws, and spines at any age. On the flip side, humans can regenerate lost limb buds as embryos and fingertips as young children.

Shutterstock

The Incredible History of Stuffed Animals

Just about every one out there can think of a favorite stuffed animal that they have or that they had at one time. These soft toys are often very special to use and can help us to get through the rough times that come our way in life. Since we see stuffed animals all over the place, it is easy to assume they have always been available. Learning about the history of stuffed animals though can help you to appreciate them more.

It is believed they actually originated centuries ago in the Egyptian culture. While the remains of the actual stuffed animals haven't been found, paintings of them around the tombs of the Egyptians have given researchers the impression that they did have them. In other cultures it is believed they were used for ceremonies to take the place of real animals.

The first stuffed animals were introduced in the 1830's. There weren't well made like today though in factories with various types of stuffing. Instead these were homemade. The materials used were cloth and straw. As time progressed new materials were used. How many of you remember sock puppets as toys? Most children today don't but older generations loved to play with them.

It may surprise you to learn that stuffed animals actually came from the idea of stuffing real animals that had been killed. That is still a process that hunters engage in today as a way to preserve the beauty of those animals. It is also a way to display them as a trophy. However, that process can be both time consuming and expensive.

The idea of stuffed animals as we know them today took place in 1880. These were the first commercialized types. They were manufactured in Germany. There are now brand names out there made all over the world.

As materials including cotton and various types of synthetic fibers were introduced, they became the main types of items used to stuff these delightful toys. They could be produced quickly and very inexpensively. The idea of using beans to stuff them also added appeal down the road in this market.

In the United States the attention for stuffed animals occurred when President Roosevelt was shown with a picture of a cuddly icon. A manufacturer approached the President to ask to use his name with the production of them in 1902. Today there are thousands of different types including the teddy bear out there for you to choose from.

Even though kids today seem to be more interested in electronic gadgets than using their imaginations to play, stuffed animals are still hot selling items. You will find many classics out there including Raggedy Anne and Andy, teddy bears, and Disney characters. Some of the older stuffed animals are considered collector's items and are worth a great deal of money if they are in good shape. You may have some of them around your home or packed away that are more valuable than you ever imagined.


Siau Island Tarsier

WIRED is where tomorrow is realized. It is the essential source of information and ideas that make sense of a world in constant transformation. The WIRED conversation illuminates how technology is changing every aspect of our lives—from culture to business, science to design. The breakthroughs and innovations that we uncover lead to new ways of thinking, new connections, and new industries.

© 2021 Condé Nast.全著作権所有。 Use of this site constitutes acceptance of our User Agreement and Privacy Policy and Cookie Statement and Your California Privacy Rights. 有線 may earn a portion of sales from products that are purchased through our site as part of our Affiliate Partnerships with retailers. The material on this site may not be reproduced, distributed, transmitted, cached or otherwise used, except with the prior written permission of Condé Nast. Ad Choices