ベイルート爆撃

ベイルート爆撃

ベイルート爆撃は1983年10月23日に発生しました。この行為は、レバノン内戦中の米国海洋本部に対するテロ攻撃でした。ロビーに入ると、笑顔の運転手であるシーア派イスラム教徒の自爆テロ犯が非武装の海兵隊員に遭遇し、12,000ポンドのTNTでトラックを爆発させ、FBIがこれまでに見た中で最大の非核爆発を引き起こしました。爆弾の力により、4階建てのコンクリートブロックの建物が水平になり、300人近くが死亡しました。数ヶ月後、ロナルド・レーガン大統領は、イスラム教徒とキリスト教徒の間の内戦中に安定を提供するためにレバノンに駐留していた米軍の撤退を命じました。


1983年ベイルート兵舎爆撃:「BLTビルはなくなった!」

1983年10月23日日曜日、ベイルートの海兵舎への爆撃から数時間後、救助隊は負傷者と死者のために残骸を梳きました。

日曜日の朝6時22分 1983年10月23日、19トンの黄色いメルセデスステークベッドトラックがベイルート国際空港の中心部にある公共駐車場に入りました。この区画は、米国第8海兵連隊の第1大隊の本部に隣接しており、進行中のレバノン内戦でさまざまな戦闘員が次々と占領していた4階建てのコンクリート航空管理棟に約350人のアメリカ兵が眠っていました。大隊上陸チーム1/8は、フランス、イタリア、イギリスの軍隊で構成される多国籍平和維持軍の一部として1年前にレバノンに配備された1,800人の第24海兵遠征部隊(MAU)の地上部隊でした。その使命は、レバノンからの外国人戦闘員の撤退を促進し、宗派間の暴力が地中海国家を襲ったときに政府の主権を回復するのを助けることでした。

部隊は中立で安定した存在を表しており、レバノンの人々はその到着を歓迎した。しかし、それはすぐに急成長する紛争に巻き込まれ、平和維持軍が良性の環境と表現したものは明らかに敵対的になりました。実際、1983年4月18日、自爆テロ犯がベイルートの米国大使館の外で爆発物を積んだ配達用バンを爆発させ、17人のアメリカ人を含む63人を殺害しました。その後の数週間で、ドルーズ派とシーア派の民兵は、ベイルート空港基地またはその近くの海兵隊で、散発的に砲弾、迫撃砲弾、ロケット弾を発射しました。それでも、空港はほとんど開いたままであり、驚くべきことに、米国の司令官は基地の安全を強化するためにほとんど何もしなかったようです。

致命的な結果をもたらすのは見落としでした。

海兵隊の歩哨 当初、メルセデスのトラックにはほとんど注意を払っていませんでした。空港では大型車がよく見られ、実際、BLTはその日に水を配達することを期待していました。トラックは駐車場を一周し、マリンコンパウンドの南端を保護する蛇腹形鉄条網と平行に移動するときに速度を上げました。突然、車両は左に曲がり、高さ5フィートのワイヤーバリアを通り抜け、2つのガードポストの間を転がりました。

その時までに、トラックの運転手(黒髪のひげを生やした男)が敵意を持っていたのは明らかでしたが、彼を止める方法はありませんでした。海兵隊は平時の交戦規則の下で活動しており、彼らの武器は搭載されていませんでした。トラックの運転席側に歩哨ポストを配置しているランス伍長のエディ・ディフランコは、すぐに運転手の恐ろしい目的を推測しました。 「彼は私を直視しました…微笑んだ、それだけです」とディフランコは後に思い出しました。 「ここで[トラック]を見るとすぐに、何が起こるかがわかりました。」彼がなんとかマガジンをM16に叩き込み、チャンバーを一周するまでに、トラックは開いた車両のゲートを吠え、長い鋼管の障壁を通り過ぎ、他の2つの管の間に通され、BLT兵舎で閉じていました。

警備員のスティーブン・ラッセル軍曹は、建物の正面にある土嚢と合板の支柱に一人でいたが、内側を向いていた。回転するエンジンを聞いて、彼はメルセデスのトラックがまっすぐ彼に向かってバレルしているのを見た。彼は本能的にロビーを通って建物の裏口に向かってボルトで固定し、繰り返し叫びました。デッキを叩きなさい!」ほぼ全員がまだ眠っていたことを考えると、それは無駄なジェスチャーでした。ラッセルが後部の入り口を飛び出したとき、彼は肩越しに見て、トラックが彼のポストを叩き、入り口を打ち破り、ロビーの真ん中で止まるのを見ました。 1、2秒の不吉な一時停止の後、トラックは大爆発で爆発しました。非常に強力なため、建物を空中に持ち上げ、鉄筋コンクリートの支柱(それぞれ円周15フィート)を切り落とし、構造を崩壊させました。結果として生じた瓦礫の山の中で押しつぶされて死んだのは、241人の米軍要員、220人の海兵隊員、18人の海軍水兵、3人の陸軍兵士でした。 100人以上が負傷した。第二次世界大戦の硫黄島の戦い以来、海兵隊にとって最悪の1日死亡者数でした。

&#8216体と体のかけらがいたるところにありました。怪我をしたり閉じ込められたりした人々の悲鳴は、最初はほとんど聞こえませんでした。私たちの心は私たちの前で現実と格闘するのに苦労していました。

爆風の音で、第24MAUの指揮官であるティムゲラティ大佐は彼の戦闘作戦センターの外を走りました。 「(私は)自分自身が濃い灰色の灰の霧に包まれていた」と彼は回想した。その後、彼の兵站担当官であるボブ・メルトン少佐は、ゲラティに動いて、「私の神よ、BLTの建物はなくなった!」とあえぎました。爆発が起こったとき、米国第6艦隊の副牧師であるRabbi Arnold Resnicoffは近くの建物にいて、後に恐ろしい光景を語りました。私たちの心が私たちの前の現実に取り組むのに苦労したので、負傷したり閉じ込められたりした人々の悲鳴は最初はほとんど聞こえませんでした。」トラックが爆発するのを見ていたラッセル軍曹は、空中を吹き飛ばされ、意識を失い、負傷しましたが、ガスで強化された爆発の専門家は、後に6トンのTNTの破壊的収量を推定しました。 FBI研究所は後に、これを「最大の従来型爆発」と表現しました。

攻撃から10分以内、爆発物を詰め込んだピックアップトラックの自爆テロ犯が、フランスの第1猟兵落下傘連隊の第3中隊の兵士を収容する、9階建ての建物を標的にしました。警備員が運転手を撃ち殺し、建物から15ヤード離れた場所でトラックを止めましたが、テロリストはそれでもなんとか彼の装置を作動させました。海洋施設を平準化した爆弾の半分の強力さでしたが、2回目の爆風でフランスの兵舎が破壊され、58人の空挺部隊が死亡しました。その多くは屋外のバルコニーに立っていて、すぐ下の米軍基地で何が起こったのかを見極めようとしました。海岸。

イスラーム聖戦と名乗る未知のグループが爆撃の責任を主張した。捜査官は後に、ヒズボラ(イランとシリアが後援する代理軍)が、恐ろしい死者数を超えて、2つの点で重要な攻撃を組織したと結論付けました。一つには、彼らは過去30年間で着実に悪化しているテロリズムの上昇を示しました。攻撃はまた、過激派が彼らの戦術を変えたことを明らかにしました。何年もの間、イスラム過激派は主に誘拐で西側を襲った。1979年にテヘランで60人以上の米国大使館職員が拉致されたことが最も顕著な例である。ベイルートの爆撃で、そのようなテロリストは賭け金を上げ、できるだけ多くの西洋人を虐殺することを目的とした攻撃で自殺する意欲を示しました。

海洋施設の安全が不十分であるとの批判に直面したゲラティ大佐は、後にベイルートの爆撃が対テロ戦争の真の始まりを示したと示唆した。彼はレバノンから2001年9月11日のアルカイダ攻撃を経てイラクとアフガニスタンで進行中の戦争に至るまで線を引いた。 「誰が考えたでしょう」と彼は言いました。「数年後、私たちは本質的に同じ群衆と[戦っています]?」

国防総省が委託し、元海軍提督ロバートLJロングが議長を務める海兵舎爆撃の独立した調査によると、「主権国家または組織化された政治団体が後援し、政治的目的を達成するためのテロ戦争は、米国にとって脅威です。それは驚くべき速度で増加しています。大惨事は…米国、特に国防総省がこの脅威に対処する準備が不十分であることを示しています。」

ロナルド・レーガン大統領、ナンシー・レーガン女史、海兵隊総司令官P.X.ケリーは、1983年11月5日、ノースカロライナ州キャンプレジューヌでの追悼式でベイルートで殺害された人々を称えます(AP写真/スコットスチュワート)

ロナルド・レーガン大統領が 1982年の秋に米軍にレバノンへの命令を下したとき、以前は「アラブのオアシス」と呼ばれていた国は、10年の終わりまで続いた悪質な内戦の真っ只中に沸騰していました。

シリアとイスラエルの間に挟まれた小さな地中海の国は、第一次世界大戦後の国際連盟の委任統治下で創設されて以来、宗派間の緊張に満ちていました。古代のレバノンは、本質的に長さ110マイルの南北の山であるレバノン山で構成されていました。千年以上の間、孤立したマロナイトのクリスチャンが住んでいた範囲。フランスの支配下で、オスマン帝国の単一の行政区域であったものは、シリアとレバノンの2つの別々の国になりました。新しいレバノンでマロナイト派と一緒に投げられたのは、スンニ派とシーア派のイスラム教徒、そしてシーア派の分派であるドゥルーズ派でした。控えめに言っても、それは揮発性のミックスでした。イスラム教徒はマロナイト派に支配されることを望まず、マロナイト派がその概念に断固として反対した一方で、より大きなシリアの一部であるという希望を楽しませました。

1943年の書かれていない全国協定は、異常な権力共有の取り決めを確立しました。その条件の下で、レバノンの大統領は、マロナイト派のクリスチャン首相、スンニ派イスラム教徒の議会議長、シア・ムスリム副首相兼議会の副議長、ギリシャ正教会のクリスチャン総長、マロナイト派である。陸軍スタッフのチーフ、ドルーズ。イスラム教徒の5人のメンバーごとに6人のキリスト教の国会議員がいることになります。国は西洋ではなくアラブの方向性を持っているが、シリアとの団結を目指していないだろう。その後のイスラム教徒の数の増加にもかかわらず、この協定はキリスト教徒を政府、軍隊、議会の不釣り合いな支配下に置き、不満を助長した。

レバノンは世俗国家となることを定めた協定でしたが、宗派間の対立はますます激しくなり、権力闘争につながりました。国はすぐに宗派の領地のパッチワークに移りました、それらのどれも他のグループまたは弱い中央政府との協力にあまり興味がありませんでした。ロングコミッションレポートが述べているように、「すべてのレバノン人、あるいは大多数の市民さえも団結させる国民的アイデンティティの感覚はありません。レバノン人であることの意味は、たとえば、トリポリに住むスンニ派イスラム教徒、ブルマナのマロナイト派クリスチャン、ベイルートのギリシャ正教クリスチャンによって、根本的に異なる方法で解釈されることがよくあります。レバノンとは いいえ。それはヨーロッパの延長ではなく、汎アラブ国家の一部でもありませんでした。それはレバノンが何であるかを前向きに確立しませんでした だった。」著名なレバノンのジャーナリストがかつて言ったように、「2つの否定は国を作りません」。

1948年の設立 イスラエル国の状況は、この地域をさらに不安定化させました。それから1967年の第三次中東戦争までの間に、10万人以上のパレスチナ人が南レバノンに逃げました。 1970年、ヨルダン軍がヤーセルアラファトとパレスチナ解放機構を強制的に追放したとき、その戦闘機の多くもレバノン南部に逃亡しました。そこから、PLOゲリラがイスラエル北部に襲撃を仕掛け、血なまぐさい報復攻撃を引き起こした。イスラエルとパレスチナの紛争は、レバノンの残り火を刺激しました。レバノンのイスラム教徒(シリアと共に)はパレスチナ人を支持し、レバノンのキリスト教徒(イスラエルと同盟)は彼らに反対した。派閥民兵間の戦闘が続き、1976年にシリアのバース党政権は、左翼民兵と戦うために軍隊をレバノンに派遣しました。ロングコミッションの報告によると、「レバノンは事実上の仕切りとシリアによる部分的占領の重みで不自由になっていた」-ほぼ30年続く占領。

その後、別の大きな混乱が起こりました。 1982年6月6日、イスラエルはレバノン南部に侵入し、PLO過激派を彼らの飛び地から追い出しました。これは、長い委員会の報告書が、継ぎ目でバラバラになっている国にとって「致命的な過負荷」と説明した出来事です。数日のうちに、イスラエル国防軍(IDF)はベイルートの郊外にいました。米国主導の外交努力は、最終的に、PLOとイスラエルの間の停戦と、パレスチナ軍とシリア軍が首都を避難させるという合意を仲介した。 8月、多国籍軍の監視の下で、彼らはそうしました—そして西側の軍隊はすぐに地中海の彼らの船に戻りました。

しかし、レバノンはまだ見ています。 9月14日、未知の暗殺者がキリスト教民主党の指骨の本部を爆撃し、マロナイト派のバシール・ジェマイエル大統領を含む20人以上の役人を殺害した。 2日後、右翼のファランギスト民兵がサブラとシャティーラの難民キャンプに入り、表面上はPLO細胞を根絶し、IDFが待機している間に数百人のパレスチナ人を虐殺した。月末までに、多国籍軍が国に再入国し、1983年初頭まで不安な静けさを主宰しました。その後、米国大使館爆破事件が発生しました。 1か月後、イスラエルとレバノンは、シリア軍の撤退を条件として、イスラエルの兵士がレバノンから撤退するという合意に署名しました。シリア人がした間 いいえ 去って、イスラエルは一方的にその軍隊を撤退させました。その動きは、競合する民兵の間でより多くの戦いを引き起こしただけでした。

多国籍軍のアメリカの要素は中立であると公言しましたが、そうではなく、おそらくそうではありませんでした。 1982年後半に到着してから2か月以内に、米軍はレバノン軍(LAF)の要員を訓練し、1983年の秋までに、LAFとドルーズ派およびシーア派の民兵との戦いが激しくなると、アメリカ人は政府軍の支援を急いで上げました。 、部分的に彼ら自身の安全に対する懸念から。その時までに、脅威レベルは西側の軍隊にとって著しく増加していました。司令官は、空港の数マイル東にあり、空港を見下ろすスカルガルブ近くの丘にあるドゥルーズ派の大砲の位置を、多国籍軍に対する脅威として具体的に特定しました。 9月7日、米海軍のF-14トムキャットが戦術偵察任務を遂行し、翌日、沖合駆逐艦がドルーズ派の陣地を砲撃しました。 11日後、米国の駆逐艦はSuq-al-GharbでLAFの直接砲撃支援を提供しました。シーア派とシリアの立場を攻撃するという決定は明らかに重要でした。その時までに、調査官は次のように結論付けました。「派閥民兵の目から見た[多国籍軍]のイメージは、親イスラエル、親ファランジ、反イスラム教徒になりました。…レバノン国民のかなりの部分はもはや考慮されていません。それ]中立的な力。」

しかし、テロリストは、スカルガルブでの海軍の砲撃に反応して、アメリカとフランスの化合物を攻撃しましたか?捜査官は直接のつながりを見つけることができなかったが、米国欧州軍内で一般的な見解は「2つの出来事の間には何らかのつながりがあった」というものだった。彼の回想録の中で、ゲラティは、テロリストがベイルートの兵舎を「西側と私たちが代表するものに対する執拗な憎悪」から標的にしたと書いています。しかし彼は後に、「(レバノン政府に対する)アメリカの支援は私たちの中立性についての長引く疑念を取り除き、私はその時の私のスタッフにこの決定のために血を払うつもりだと述べた」と主張した。ロングコミッション前のインタビューで、他の民間および軍当局者は、特定の派閥が西側の軍隊をレバノンから追い出すことを望んでおり、「BLT本部ビルの爆撃はその目的を達成するための選択の戦術であった」と主張した。

彼の回想録で、第24回MAU司令官のティム・ゲラティ大佐は、テロリストがベイルートの兵舎を「西側への執拗な憎悪と私たちが代表するもの」から標的にしたと書いています。

2年間の調査の後 米国の諜報機関は、彼のいとこで義理の兄弟であるムスタファ・バドレディンが実際に爆弾を製造している間に、悪名高いヒズボラのテロリストになったイマド・ムグニヤという名前のレバノンのシーア派に対するベイルート爆撃の計画を固定しました。 「Badreddineは商標技術を開発しました」と説明しました ワシントンポスト レポーターのロビン・ライトは、「ガス[圧縮ブタン]を使用して、すでに洗練された爆薬の威力を強化している」と述べています。捜査官によると、このペアは以前の米国大使館への攻撃を組織し、1984年にベイルートの路上で西洋人、主にアメリカ人を誘拐し、一部を殺し、他の人を何年も人質にしたとのことです。 1996年のサウジアラビアでのホバルタワー爆破事件にも関与したムグニヤは、専門家から現代のテロリストの原型であると言われました。ブルッキングス研究所のヒズボラ専門家であるビラル・サーブは、「オサマ・ビンラーディンのずっと前に、イマド・ムグニヤがいた」とライトに語った。 「彼は、壊滅的な自殺テロや、現在この地域の多くのグループで広く使用されている他の多くの戦術を紹介しました。」

レバノンの作家ハラ・ジェイバーは、1997年のヒズボラに関する本の中で、イランのシリア大使であるアリ・アクバル・モタシェミ(ヒズボラの創設者)が、シリアの諜報機関と協議してベイルート爆撃の組織化を支援したと主張しています。彼女は、海洋兵舎爆弾がレバノン東部のベカー渓谷で準備され、その後シリアの支配下にあったと主張している。ヒズボラとシリアおよびイラン政府は爆撃におけるいかなる役割も否定したが、2004年にイランは攻撃とその「殉教者」のためにテヘランに記念碑を建てたと伝えられている。

海洋兵舎の爆撃から2年後、米国の大陪審は、攻撃やその他のテロ活動における彼の役割についてムグニヤを起訴しました。彼はFBIの最も求められているテロリストのリストの上位にいました。それでも、彼はダマスカスで自動車爆弾によって殺された2008年にふさわしい運命に遭遇する前に、25年間捕獲を回避しました。報告によると、おそらくCIAの助けを借りて、イスラエルのモサド諜報機関が責任を負っていた。

一方、テロを後援する州に対する米国の裁判所での民事訴訟を許可する1976年の外国主権免責法の1996年の例外に基づいて、コロンビア特別区の裁判所は、爆撃の犠牲者とその家族に100億ドル以上の補償的判決を下しました。イラン。バージニア州アレクサンドリアの原告弁護士ジョセフ・P・ドレンナン氏は、「これは、国家支援テロリズムの惨劇に対処するための代替方法です」と語った。 ニューズウィーク しかし、さまざまな国でイランの銀行口座を押収する努力にもかかわらず、犠牲者のために実際のお金を集めることは困難であることが証明されました。しかし、2015年に、議会は、連邦裁判所の決定を受け取るとすぐに利用できる、国家支援テロリズムの犠牲者のために10億ドルの基金を設立しました。この資金は、イラン、スーダン、キューバに対する西側の制裁に違反したとしてフランスの多国籍銀行BNPパリバが支払った89億ドルの罰金から引き出されました。

1983年の爆撃の余波で、正体不明の海兵隊員が旗を掲げ、ベイルートの海兵隊兵舎の場所を空を見つめています。 (AP Photo / Jim Bourdier)

ロングコミッション 海洋兵舎の爆撃について多くの結論に達しましたが、どれも楽観的ではありませんでした。 「レバノンでの政治生活の事実」とその報告書は、「部外者が無党派に見えるように試みることは事実上不可能である」と述べた。それは、平和維持ミッションの実際の目的とベイルート空港の安全に誰が責任を負うべきかについての混乱を引用しました。委員会の報告書は、セキュリティ対策についてMAUとBLTの司令官を非難し、「[多国籍軍]が直面する脅威のレベルの増加に見合ったものでも、1983年10月23日の朝に被ったような壊滅的な損失を排除するのに十分でもない」。それは、「壊滅的な人命の損失に貢献した」単一の構造で約350人の男性(部隊の約4分の1)をビレットしたことでBLT司令官を責めました。また、「規定された警告手順を[変更]し、化合物のセキュリティを低下させた」として彼を責めました。報告書は、MAUの司令官、そして事実上、米国欧州軍本部の全員が、「歩哨を指揮する際の安全よりも安全を強調した…武器を搭載しない」という手続きを容認したことを非難した。 4月の大使館爆撃の後、欧州軍はその施設での交戦規則を修正し、「許可されていない入国の試みに対する迅速で強力な行動」を承認したが、MAU司令官は、平時の交戦規則が海兵隊施設で引き続き有効であると想定していた。報告書は、多国籍軍は「レバノンでのテロの脅威に効果的に対処するための訓練、組織、人員配置、支援を受けていなかった…[そして]米軍がテロに対処する準備をするために多くのことを行う必要がある」と結論付けた。

1984年初頭、レーガン大統領も同じ結論に達したようです。その時までに、レバノンの治安状況はさらに悪化していました。レバノンのシーア派イスラム教徒を代表する政党であるアマル運動の指導者は、イスラムのジハードが新たな脅威を与えている間、アメリカ人、フランス人、イギリス人、イタリア人に去るように求めました。ベイルート爆撃からわずか3か月後の1984年2月7日、レーガンは海兵隊にレバノンからの撤退を開始するよう命じました。翌日、あたかもアメリカの欲求不満を発散するかのように、戦艦 ニュージャージー ドルーズ派とシリアの砲兵とミサイルの位置で約300発の16インチ砲弾を発射しました。これは、海軍によれば「朝鮮戦争以来最も重い陸上爆撃」であった9時間の砲撃でした。月の終わりまでに、多国籍軍のほとんどがベイルートから撤退し、7月下旬に第24MAUの最後の残りの軍隊がレバノンを去った。米国は中東に多数の基地を維持していましたが、戦闘部隊が再びこの地域の地面にブーツを履くまでに数年が経過しました。 MH

リチャード・エルンスバーガー・ジュニアは、 アメリカの歴史 ニューズウィーク 雑誌。さらに読むために彼はお勧めします ルート:ベイルートの海兵隊員、エリック・ハンメル、および 戦争での平和維持軍、ティモシーJ.ゲラティによる。


1983年米国大使館爆破事件

私たちの編集者はあなたが提出したものをレビューし、記事を改訂するかどうかを決定します。

1983年米国大使館爆破事件、1983年4月18日、レバノンのベイルートにある米国大使館へのテロ攻撃により、63人が死亡した。攻撃は自殺車爆弾として行われ、約2,000ポンドの爆薬が詰め込まれたシボレーのピックアップトラックがベイルート西部の米国大使館の門を通り抜けて建物を襲った。結果として生じた爆発により、32人のレバノン人労働者、17人のアメリカ人、および14人の他の個人が死亡した。殺害されたアメリカ人の中には、ジャーナリストと中央情報局(CIA)の8人のメンバーがいました。他に約120人が負傷した。イランが支援するシーア派のイスラム教徒民兵グループ、ヒズボラと関係のあるグループであるイスラム聖戦は、攻撃の責任を主張した。

アメリカ軍は、フランス、イタリア、イギリスの要員を含む多国籍平和維持軍の一部として、1982年8月に戦争で荒廃したレバノンに最初に入った。平和維持軍は、2か月前に国を侵略したレバノンとイスラエルの間で停戦を交渉することを意図していた。攻撃の責任を負った親イランのグループは、レバノンでの国際部隊の存在に反対した。


ヒズボラの起源

30年前、ベイルートでの致命的な爆撃は、強力な新しい過激派グループを作り上げました。

30年前、18か月間のベイルートでの3回の壮大な攻撃は、レバノンでの強力な新軍、シーア派ヒズボラ民兵のデビューを発表し、今後数年間の米国との関係を定義しました。 1983年10月の多国籍軍基地の爆撃は、241人のアメリカ人と58人のフランス人の命を奪った。

戦争で荒廃した都市ベイルートは、1983年の秋に比較的穏やかな時期を経験していました。米国の外交官と兵士は、4月に米国大使館を襲った自爆テロにまだ同意しており、米海兵隊はどこに行っても戦闘服を着ていました。 —社会的なイベントや外交機能にも。しかし、現場の米海兵隊司令官にとって、脅威環境は幾分緩和されたように見えた。大使館の爆撃は異常値の出来事と見なされていました。海兵隊員は街を自由に歩き回り、待ち伏せを恐れることなく公の場でレバノンの子供たちと交流していました。ベイルートは停戦状態にあり、シリアの和解交渉への期待は高かった。嵐の前は静かだった。

1983年10月23日の早い時間に、シーア派の家族の若いレバノン人が目を覚まし、朝の祈りを述べ、お茶を飲みました。海兵舎を見下ろす郊外で、彼の上司は彼といくつかの最終的な考えを共有しました。その後、彼が黄色いメルセデストラックで運転する前に、上級聖職者が彼を祝福しました。午前6時22分、彼はベイルートの米海兵隊本部ビルの入り口にある警備員のポストに爆発物を積んだトラックを突っ込んだ。爆風により、当時レバノンで最も強力な建物の1つと見なされていた、4階建て、コンクリート、鉄筋コンクリートの構造物が破壊されました。緊急車両が現場に駆けつけたとき、濃い灰色の火山灰の雲がその地域を飲み込んだ。深刻な怪我から逃れることができた幸運な兵士たちは、すぐに動員されて仲間の海兵隊員を救出し、「ほこりで覆われた体の部分、負傷した、ぼんやりした生存者のうめき声」をふるいにかけました。数秒後、ほぼ同じ攻撃が、4マイル以内にあるフランスの多国籍軍(MNF)の建物を標的にしました。

1975年から1990年まで続いたレバノンの壊滅的な内戦は、国のさまざまな宗派コミュニティ間の分裂を強化しました。このような背景の中で、1982年のイスラエルの侵略とその後の南レバノンの占領は、イランの外交官とエージェントがシーア派の民兵とグループの雑多な乗組員から統一された実体ヒズボラを作るのを助けることができるスペースを作りました。 1980年代のもう一つのターニングポイントは、レバノン人だけでなく、戦争で荒廃した国に安全対策を提供するために平和維持軍として派遣された国際部隊を標的とする過激派を巻き込んだ。時が経つにつれて、ヒズボラとイランのレバノンからの外国軍の追放への関心は、レバノンの西側の利益を標的とした攻撃から、海外の西側の利益への攻撃へと拡大するでしょう。

CIAが計算した1985年の9か月間で、イランのレバノン代理グループは少なくとも24件の国際テロ事件の責任を負っていました。そのような標的は、イスラム共和国に対する進行中の費用のかかる戦争でイラクを武装させ支援することから国を思いとどまらせるイランの努力を考えると人気がありました。ヒズボラは、レバノンの国境を越えて攻撃を実行するというイランの呼びかけに耳を傾け、中東全域で計画を立てました。 1985年2月までに、CIAは、「イランが後援するテロリズム」がこの地域の米国の人員と施設に最大の脅威をもたらしたことを警告するでしょう。必然的に、クウェートのような場所で攻撃を行うために送られたヒズボラの工作員の一部が捕らえられ、投獄された仲間の解放を確保するために、ドイツやコンゴ共和国などの多様な場所で爆撃、ハイジャック、およびその他の作戦を計画するようにヒズボラを導きました。

レバノンでは、18か月間に米国の利益を狙った3つの壮大な攻撃が、今後数年間のグループの米国との関係を定義しました。米国大使館は1983年4月18日に爆撃され、17人のアメリカ人を含む63人が死亡した。爆発物で満たされたバンの運転手が大使館の敷地に入り、ゆっくりと左に曲がって石畳の小道を進み、加速して大使館の前壁に衝突しました。 7階建ての大使館は、爆風で引き裂かれたレバノンの警備員とアメリカの公務員の遺体を隠す黒い煙の雲に包まれました。死者の中には、CIAの中東のチーフアナリストであるロバートC.エイムズを含むレバノンに駐留しているアメリカの最高の諜報当局者がいました。

その後、1983年10月23日、米国海兵隊とフランス軍の兵舎を標的としたほぼ同時の攻撃が発生しました。どちらも、パレスチナ解放機構(PLO)の避難を監督するために平和維持者としてレバノンに派遣されたベイルートを拠点とする多国籍軍の支援を受けています。ベイルートから。これらの攻撃により、241人のアメリカ人と58人のフランス人が死亡した。 1年も経たない1984年9月20日、米国大使館の別館が爆撃され、24人が死亡した。

米国政府は、犯罪現場の分析と機密情報源の報告が流入し始める前でさえ、1984年の攻撃の背後に誰がいるのかについてほとんど疑いを持っていませんでした。ヒズボラに、イスラムジハードのカバー名でイランの支援を受けて活動している。」一つには、採用された自殺車両爆弾はグループの商標になりました。そして、CIAは当時、「シーア派の原理主義者は、そのような攻撃で彼らの命を喜んで犠牲にする可能性が高いレバノンで唯一の組織化されたテロリストである」と付け加えた。爆撃の後、2人の発信者がヒズボラのイスラム聖戦機構(IJO)の名の下に責任を主張しました。翌年に数回、CIAは、ベイルートの匿名の発信者は、IJOが米国の利益を攻撃し続けることを計画していると警告したと述べた。 FBIの法医学捜査官は、海兵舎の爆撃は、当時アメリカ人を標的にした最も致命的なテロ攻撃であるだけでなく、第二次世界大戦以来、地球上で最大の非核爆発でもあると判断しました。爆弾は少なくとも18,000ポンドの爆薬(6トンのダイナマイトに相当)で構成され、ベイルート空港キャンパスの端にある4階建ての建物を破壊し、少なくとも深さ13フィート、幅30フィートの火口を残しました。その日、非常に多くの海兵隊員、船員、兵士が亡くなり、基地はボディバッグを使い果たしました。 At the French MNF building, the deaths of 58 French paratroopers marked the French military’s highest death toll since the Algerian war ended in 1962. The eight-story building where the paratroopers were staying was literally upended by the blast.

Imad Mughniyeh, the Hezbollah operational leader and terrorist mastermind, and his brother-in-law and cousin, Mustapha Badreddine, reportedly not only watched the marine barracks bombing through binoculars from a perch atop a nearby building overlooking their neighborhood but also coordinated it. In February 1998, Lebanon’s highest court announced plans to try Hezbollah’s first secretary-general, Subhi al-Tufayli, for his role in the marine barracks bombing, among other crimes. At the time, the CIA assessed that Iran, Syria, and Hezbollah would likely help Tufayli escape so he could not “implicate them in a variety of illegal activities, including terrorist operations against U.S. citizens.” He was never tried. Another suspect was Mohammad Hussein Fadlallah, a leader of the Lebanese Shi’a community often described as one of Hezbollah’s founding spiritual figures.

In 1986, the CIA reported that Fadlallah “has long been recognized as the spiritual leader of and political spokesman for Lebanon’s Shia Hezbollah.” Fadlallah’s stature, the CIA added, grew “along with Hizballah’s political and military influence.” Fadlallah “benefited from and contributed to the growing extremism in the Shia community by his bold sermons attacking Israel and, later, the presence of the Multinational Force in Lebanon.” Lebanese Shi’a were inspired by the Iranian revolution to seek an Islamic state in Lebanon, and Fadlallah valued his ties to Iran, in large part because of the significant military, financial, and political assistance Tehran provided to Hezbollah. This assistance helped forge a powerful and potent militant Shi’a group out of several smaller groups.


Beirut Bombing - History

(Click on small brochure icon to get enlargement)

In the summer of 1982, at the request of the Lebanese government, the United States agreed to establish a U.S. military presence in that country to serve as a peacekeeping force in the conflict between warring Moslem and Christian factions. On March 24, 1983, the 24th Marine Amphibious Unit, stationed at Camp Lejeune, North Carolina, received orders to Beirut, Lebanon in support of that commitment.

Initially, the U.S. Forces, along with French and Italian Forces provided a measure of stability however, as diplomatic efforts failed to achieve a basis for a lasting settlement, the Moslem factions came to perceive the Marines as enemies. This led to artillery, mortar, and small arms fires being directed at the Marine Corps positions - with appropriate, measured response being taken against identified targets.

In the early morning of October 23, 1983, the First Battalion, 8th Marines Headquarters building was destroyed by a non-Lebanese, terrorist-driven truck, laden with compressed gas-enhanced explosives. This truck, like many others, had become a familiar sight at the airport and so did not raise any alarm on this morning. The resulting explosion and the collapse of the building killed 241 Marines, Sailors, and Soldiers.

Many of the victims of this atrocity were residents of Jacksonville North Carolina. They were known as fathers neighbors fellow church members, and little league baseball and soccer coaches. The community was stunned over the loss of these fine men. The City of Jacksonville Beautification and Appearance Commission had previously established a memorial tree program to plant trees as a living memorial to deceased friends and family members. On the afternoon of this tragic bombing. the Commission met and decided to seek permission to plant memorial trees on Lejeune Boulevard, the main traffic artery joining Jacksonville and Camp Lejeune to honor our fallen neighbors. This action resulted in an immediate response from the general pubic. locally and nationally as funds began coming in to support this project. This became the "birth" of the Beirut Memorial.

At the Northwoods Park Middle School, a group of classes, taught by Mrs. Martha Warren, initiated a support project to write the families of the men who had lost their lives. These students also helped to raise funds for the memorial trees and became a focal point in this effort. A ninth grader auctioned her Cabbage patch doll and raised $1500 for the project. One tree was planted for each lost serviceman along Lejeune Boulevard and the completed tree project was dedicated on March 24, 1984.

Following the tree dedication, contributions continued to come in. The Commission began seeking a means to erect a simple marker to depict the history and significance of the trees. Camp Lejeune offered the Commission 4.5 acres of highly visible and publicly accessible land at the corner of LejeuneBoulevard and Montford Landing Road. This gift expanded the commission's vision of the final form of the Memorial and serious fund raising was launched. The selected design was the result of a design competition among the graduate students of the School of Design at North Carolina State University.

The Commission faced a number of funding challenges, but with the assistance of some tremendous people and organizations, sufficient funds were finally received to begin the construction in May, 1986. The general contractor was Onslow Construction and Utility Company under the direction of Mr. Woody Myers and Mr. Ron Ellen. The electrical work was performed by Mr. John Baysden of Big John's Electric Company. Mr. Ray Brown of McDonalds donated the flag poles. The brick are from North Carolina and the Georgia granite was engraved by Joyner Memorials of Wilson, North Carolina. The completed Memorial was dedicated on October 23, 1986 with approximately 2000 people in attendance.

In the niche between the two broken walls, which depict the crumbled walls of the bombed headquarters building there was a pedestal to support a statue. With the completion of the memorial plaza and funds still remaining, the Commission began to explore ways to commission the statue and achieve the ultimate long-range completion of the Memorial. After a year-long study of sculpture and artists, the Commission agreed that Abbé Godwin, creator of North Carolina's Vietnam Memorial in Raleigh, should be their sculptor. Abbé agreed to meet with the Commission to discuss the statue concept and the financial aspects. She insisted on visiting the site for about two hours prior to the scheduled meeting. Upon meeting with the Commission, she expressed her intense desire to create the sculpture, and agreed to perform the work for the available funds - $60,000. This final phase would bring the total cost of the Memorial to $271,000.

Almost a year later, Abbé was in Long Island, New York to personally oversee the casting of an exquisite bronze statue. The statue was dedicated on October 22, 1988, some five years after that tragic day in Beirut, Lebanon. A full-size epoxy replica of the statue now stands in the National Fleet Reserve Association Headquarters in Alexandria, Virginia. Miniatures of the statue have been created for the Marine Corps Scholarship Foundation to fund scholarships for military dependents.

In 1991, the Beirut families added the poem, The Other Wall , written by Robert A. Gannon of Derry, New Hampshire. The poem was cast in bronze and was dedicated at a 1991 observance ceremony.

There are 273 names and the words "THEY CAME IN PEACE" engraved on the walls of the Memorial. In addition to the inscribed names of those who died in Beirut and those who have died since of injuries from that blast, there are the names of three Marine pilots from our community who were killed in Grenada.

The full impact of the project is far beyond the beautiful memorial that now occupies the wooded site between Camp Lejeune and Jacksonville. The fund raising efforts, the cooperation of the entire community, the construction of the Memorial, and the commissioning of the statue have brought our civilian and military communities together so that we are virtually one. Annually, an observance is held that includes the families of the deceased, military personnel and the civilian community, further cementing that relationship. Never before has a civilian community constructed a memorial of this dimension, honoring their military neighbors. Forty-three years of proximity had not accomplished the unity that this one project has. This unity is the true impact of the Beirut Memorial.

For more information on other military honorariums
and area accommodations contact:

hamman/bmol/history/brochure.html
This site is under constant ongoing evolutionary change.
Created 09/09/96 | Last Modified 05/26/97

Please relay any questions, comments, discrepencies, or inquiries about this web site via E-mail to :
Jeffrey A. Hamman


History of the U.S. and Lebanon

The United States first established a diplomatic presence in Beirut in 1833 with the appointment of a consular agent. Throughout the nineteenth century, American activity in Lebanon was focused on religious, educational and literary pursuits, with the founding of what became Lebanese American University in 1835 and American University of Beirut in 1866. American officials were evacuated from Lebanon in 1917 when U.S. relations with the Ottoman Empire were severed. The Consulate General was re-established after World War I.

In 1944, the U.S. diplomatic agent and Consul General for Lebanon and Syria, George Wadsworth, was upgraded to the rank of minister, following official recognition of the Republic of Lebanon’s independence. He was put in charge of two legations for Syria and Lebanon, but was headquartered in Beirut with a staff of six diplomats. The legation was given Embassy status in 1952, and Minister Harold Minor became the first U.S. Ambassador to Lebanon. This step reflected burgeoning U.S. commercial and strategic interests in Lebanon. By the late 1960s, Embassy Beirut was one of the largest in the Middle East, serving as a regional headquarters for a range of U.S. agencies, including the Federal Aviation Administration (FAA), AID, and DEA. The U.S. Information Service maintained the John F. Kennedy Cultural Center and Library, which had branches in Zahleh and Tripoli, as well as extensive English teaching and Arabic publications programs.

Deteriorating security conditions during Lebanon’s 1975-1990 civil war resulted in a gradual reduction of Embassy functions and the departure of dependents and many staff. Ambassador Meloy was assassinated in 1976.

In the early hours of October 23, 1983, a suicide bomber attacked members of the Multinational Force, peacekeepers at the U.S. Marine barracks and the French paratrooper barracks. 241 American marines, sailors and soldiers died, and 128 were wounded.

Following an April 1983 suicide bomb attack on the Embassy in Beirut, in which 49 Embassy staff were killed and 34 were injured, the Embassy relocated to Awkar, north of the capital. A second bombing there, in September 1984, killed 11 and injured 58. In September 1989, the Embassy closed and all American staff were evacuated, due to security threats. The Embassy re-opened in November 1990.


Marine History 101: Beirut and Grenada

October 1983 is a significant month in the history of the United States Marine Corps. It tells a story of loss, victory, and brotherhood. It is a month whose story is written over the course of almost two years not by one, or two, but five of the Corps’ infantry units.

If you came into the Marine Corps in the late 1980s or early 1990s- you knew of a small group of battle tested Marines and, if you were lucky, they were among the ranks of your leaders. These were the Marines and Sailors who served in Beirut, Lebanon, and Grenada. At the time, they were the few (other than the very senior leaders who served in Vietnam) that wore a combat action ribbon and, in some cases, a Purple Heart.

The Long History of Marines in Beirut

US Marines arrive in Beirut by direction of President Dwight D. Eisenhower

From the 1950s through the 1980s, just about every infantry battalion from the 2 nd Marine Division, as well as their supporting elements, had deployed to Beirut. By 1982 the violence and complexity of Beirut had reached a boiling point. The city had become a hub for terrorist groups, kidnappings, assassinations, a brutal civil war between Lebanese Christians and Muslims, and the interference of rogue states, such as Iran and Syria. It had also become a front line in the conflict between Israel and the PLO (Palestinian Liberation Organization).The only rule of law and order came from the Multinational Force (MNF), comprised of US Marines and ground combat forces from Britain, France , and Italy.

By early 1983, 2 nd Bn 6 th Marines (2/6) had come on station as part of the 22 nd MAU (Marine Amphibious Unit). They had just relieved 3 rd Bn 8 th Marines (3/8). The next 90 days would prove progressively more violent, including the bombing of the US Embassy in April 1983, killing 63 people. This was just the beginning of the escalation of events in October 1983.

In May 1983, the 24 th MAU (comprised mainly of 1 st Bn 8 th Marines (1/8)) relieved 2/6 and the 22 nd MAU. 1/8 took position for what would become a hot and deadly summer.

The Unlikely Arrival from Hawaii

By September 1983, Beirut had seen a new high of death and destruction. The Marines of 1/8 were counting the days and weeks before their brothers from 2 nd Bn 8 th Marines (2/8) would arrive to relieve them. With 2/8 not fully ready to deploy, a unique decision was made.

Hawaii based 3 rd Bn. 3 rd Marines (3/3) was afloat in the Red Sea with the 31 st MAU when they were ordered to transit the Suez Canal and reinforce 1/8 in Beirut. The elements of 3/3 that went ashore were significant participants in ground operations alongside 1/8. It was much needed reinforcement. With tensions leveling off and a brewing crisis in the Strait of Hormuz, 3/3 returned to ship and the 31 st MAU was redirected to their original area of operations. This happened just days before October 23, 1983.

1/8 on patrol in Beirut, 1983

Grenada Erupts

In late October 1983, 2/8 departed as part the 22 nd MAU from Camp Lejeune, bound for Lebanon. Days into their deployment, the decision was made for them to make a hard right and head south to Grenada. This was not an easy decision as the Marines of 1/8 needed 2/8 to arrive on station in Beirut.

But Grenada had just been subject to a violent Marxist coup with the presence of Cuban forces and Soviet support, and the Marines were needed there, too. Unknowingly, 2/8 would become part of one the most lethal Joint Task Forces- which included elements of the Army’s 82 nd Airborne, Rangers, Delta Force, and US Navy SEALS. “Operation Urgent Fury,” as it became known, would validate the United States’ Rapid Deployment doctrine.

October 23 rd , 1983

As 2/8 steamed towards Grenada, news broke of one of the deadliest days in Marine Corps history.

On the morning of October 23, terrorists sent an explosive-packed truck, driven by a suicide bomber, directly into the Marine barracks- where members of 1/8 lived. The “Beirut Barracks bombing” (as it is known), killed 307 people. 241 of those were military members of the MNF, 220 were US Marines part of 1/8, and the rest were mainly US Navy members and French Paratroopers. Americans had not seen such a death toll of American troops since the Vietnam War.

The Aftermath on October 23rd, 1983

Staying on Mission

Sadness and rage were the mood among 2/8 as news came of the murder of their brothers in Beirut, but 2/8 had clear orders to continue towards Grenada. 1/8 did, however, receive some immediate assistance. Members of 2/6, which was the 2 nd Marine Division’s Air Contingency Battalion at the time, immediately deployed several elements by air to reinforce 1/8 on the ground in Beirut. Most of the 1/8 casualties impacted the Headquarters and Service Company, so 2/6 augmented this for 1/8. As 2/6 had just been there several months ago, they were able to make an immediate impact.

Operation Urgent Fury

Marines from 2/8 at Pearls Airport, Grenada

Within 48 hours of the tragedy in Beirut, Operation Urgent Fury started. Members of 2/8 conducted a series of missions in Grenada alongside their Airborne counterparts. 2/8 initially came in via helicopters from the USS Guam and then seized control of Pearls Airport. They also assisted in the release of American students at St. George University.

In addition, Navy SEALS found themselves trapped during an attempt to evacuate Grenada’s Governor General. Golf Company 2/8 came ashore through an amphibious landing and, supported by the BLT’s (Battalion Landing Team) tank element, they successfully liberated the SEAL’s and the Governor General allowing the SEAL team to complete it’s evacuation.

Less than a week later, 2/8 returned to it’s ships and continued course for Beirut.

President Reagan and First Lady Nancy Reagan meet survivors of the bombing.

The Changing of the Guard

By mid-November 1983, 2/8 arrived on station in Beirut. 1/8 was back at sea homeward bound, and the elements of 2/6 had flown back to North Carolina. The next several months, however, would continue to see an escalation of violence.

2/8 had a series of key objectives- one of which was guarding the British Embassy. As 2/8 continued its mission on the ground, the political endurance for Beirut was fading fast in Washington DC. In late February 1984, 2/8 was relieved by 3/8 and began their journey home. Most of 3/8 remained afloat, with only a few key elements going ashore in Beirut. During the course of 3/8’s deployment in the region, President Ronald Reagan officially withdrew the Marines and other American forces from the MNF.

After the MNF

Beirut continued to be highly contested for the next several years. In the summer of 1989, 2/8 found themselves poised to conduct raid operations in Beirut and rescue hostages, which included Marine Lt. Col. William Higgins. Higgins was driving back from a UN meeting when he was captured and subsequently tortured. Once the UN Security Council found out about it, they pleaded for his release. Unfortunately, the order was not given in time and Higgins’ hanging body was shown on the worldwide news.

Beirut would eventually see a new beginning, and by the early 2000s, was on the rebound. A new civil war in 2006 would impede Beirut’s rebirth, but never to the extent of the early 1980’s.During Lebanon’s new troubles in 2006, it was 1/8 who went ashore and carried out a successful evacuation of US citizens, without incident.

The Beirut Memorial at Camp Johnson, part of Camp Lejuene, NC

The Impact to Future Operations

Grenada and Beirut leaves no doubt the Marine Corps was, and continues to be, the nation’s most agile and effective rapid deployment option. Any number of operations in the 1990s and throughout the Global War on Terror constantly validates the doctrine of the Corps.

The veterans of these two conflicts have raised the standard within infantry units especially during follow on missions like Operation Desert Storm and the liberation of Kuwait. These were the Marines who would become the leaders to harden their units and prepare them to storm Kuwait as well as operations in Panama, Liberia and Somalia.

The Marine Corps has no shortage of significant battles and dates in its history. The years spent in Beirut and the quick draw mission in Grenada must be seen for their important impact. The fallen from these conflicts must never be forgotten while the living veterans deserve our utmost gratitude.


Beirut Bombing - History

LINKS & RESOURCES
Hezbollah, the Region and U.S. Policy

Although U.S. officials vowed no change in U.S. policy as a result of the attack, the next strike proved harder to shrug off. Less than a month later, on April 18, 1983, a suicide bomber drove a truck loaded with high explosives into the U.S. embassy in Beirut. The blast killed 60 people, including 17 Americans. Hours later, an organization called Islamic Jihad claimed responsibility.

U.S. intelligence sources began suggesting that Islamic Jihad was simply a cover used by Hezbollah for carrying out its terrorist attacks. This charge was repeatedly denied by Hezbollah's spiritual leader, Sheikh Muhammad Hussein Fadlallah, who insisted that Hezbollah stood for moderation and restraint. When asked by Western reporters to clarify Hezbollah's objectives, he responded in vague terms: "It is a mass movement that concentrates on facing political problems. Maybe it is closer to the Islamic revolution in Iran than others due to its religious commitment."

Debate Over U.S. Policy

The arrival in Lebanon of more American soldiers was met with swift and devastating force. On October 23, 1983, a truck bomb destroyed the U.S. Marine barracks at the Beirut airport, killing 241 American soldiers. Until September 11, 2001, this was considered the greatest loss in U.S. history of American lives in a terrorist attack. Islamic Jihad once again claimed responsibility.

While the Reagan administration considered a military response to the truck bombing, Islamic Jihad continued its campaign against American targets. In January 1984, Islamic Jihad gunmen killed Malcolm Kerr, the president of the American University of Beirut. Months later, William Buckley, chief of the CIA's Beirut station, became Islamic Jihad's first American kidnap victim. Buckley was eventually smuggled to Teheran via Damascus aboard an Iranian plane. He died in Iran after being tortured.

Privacy Policy • © 2002-2011 WGBH Educational Foundation.全著作権所有。


The Reagan Administration and Lebanon, 1981–1984

From 1981 onward, the Reagan administration feared that conflict between Lebanese factions backed by Syria and Israel, along with clashes between Israel and the Palestine Liberation Organization (PLO), could escalate into an Arab-Israeli war. Yet American policymakers differed over how to prevent such a conflict, especially over whether to commit troops for that purpose. Following Israel’s 1982 invasion of Lebanon, the advocates of military intervention won out. But by 1984, terrorist attacks, a lack of diplomatic progress, and congressional opposition led President Ronald Reagan to withdraw U.S. forces from Lebanon.

In April 1981, the Israeli Air Force attacked Syrian forces in Lebanon to prevent them from seizing the strategic Sannin ridge. Syria responded by deploying surface-to-air missiles into the Biqa‘ Valley, threatening Israel’s ability to monitor PLO forces in Lebanon. To avert war, Reagan sent emissary Philip Habib to the Middle East, but he failed to persuade the Syrians to withdraw the missiles. When fighting escalated between Israel and the PLO that July, the Reagan administration feared that Israel would invade Lebanon. Ultimately, Habib managed to negotiate a de facto ceasefire between Israel and the PLO.

The ceasefire, however, merely postponed a larger crisis. The Lebanese remained at odds, Syria refused to withdraw its missiles, and Israel chafed under the restrictions of the ceasefire, which allowed the PLO to strengthen itself and did not prevent terrorist attacks from the West Bank and Gaza Strip or against Israeli and Jewish targets in Europe. In London on June 3, 1982, Palestinian assailants shot Shlomo Argov, Israel’s ambassador to the United Kingdom. The Israel Defense Forces (IDF) invaded Lebanon on June 6.

The Reagan administration was divided over how to respond to Israel’s invasion. Secretary of State Alexander Haig argued that the United States should not pressure Israel to withdraw without demanding that the PLO and Syria do likewise. Secretary of Defense Caspar Weinberger , Vice President George Bush , and National Security Advisor William Clark wanted the IDF to withdraw immediately and to sanction Israel if they did not. The debate sharpened when the IDF destroyed Syria’s missiles in the Biqa‘ on June 9, raising the specter of a wider war. President Reagan sent Habib to Israel to demand a ceasefire. The IDF halted its advance into the Biqa‘ but continued to the outskirts of PLO-controlled West Beirut.

With the Israeli-Syrian confrontation defused, Reagan adopted Haig’s strategy of helping the Lebanese Government take over West Beirut, then negotiating Israeli and Syrian withdrawal. By July, the PLO informed Habib that they would leave Beirut if an international force deployed to protect Palestinian civilians. Against Weinberger’s advice, Reagan agreed to contribute Marines to a multinational force (MNF), alongside French and Italian troops. However, the Palestinian withdrawal did not begin until August 21. The United States could not convince any Arab country to receive all PLO fighters from Beirut they were ultimately dispersed to several states. Initially, the Israelis refused to let the MNF deploy until the PLO left, instead intensifying their attacks on Beirut. The PLO completed its withdrawal by September 1. Though the MNF was supposed to remain for thirty days, Weinberger announced that the Marines would leave on September 10.

On September 14, Lebanese President-elect Bashir Gemayel , whose election had been backed by the Israelis, was assassinated. Citing a need to prevent civil disorder, the IDF entered West Beirut. By September 18, it became clear that the Israelis had allowed Maronite militiamen to enter the Sabra and Shatilla camps and massacre Palestinian civilians. An international outcry ensued, and Reagan decided to commit Marines to a new MNF. On October 28, Reagan signed National Security Decision Directive (NSDD) 64, calling for the United States to work toward the withdrawal of foreign forces from Lebanon, help rebuild the Lebanese Army, and contribute to an expanded MNF if necessary. In April–May 1983, Secretary of State George Shultz helped Israel and Lebanon negotiate an agreement that ended the hostilities between the two countries and provided a basis for normal relations once Israel withdrew. For Israel to withdraw, however, Syrian and Palestinian forces would also need to leave Lebanon.

The Israeli-Lebanese agreement was opposed by Syrian President Hafiz al-Asad , who claimed that it would enable Israel to dominate Lebanon. Asad refused to remove his troops and encouraged Lebanese opposition to President Amin Gemayel . Meanwhile, the Israelis, facing guerilla attacks in the Shuf, decided that they would unilaterally withdraw from the area.

The Reagan administration feared that an Israeli pullback could lead to the partition of Lebanon and expose the MNF to shelling from the Shuf. New emissary Robert McFarlane attempted to soften Syria’s position, delay Israeli withdrawal, and help Gemayel and his opponents reconcile, but without success. The IDF pulled back on September 3, and fighting erupted between Maronite Lebanese Forces and pro-Syrian militias led by Walid Jumblatt’s Popular Socialist Party. To prevent Lebanese troops from intervening, Jumblatt and his allies attacked them as well, leading McFarlane to warn that they might reach Beirut and topple Gemayel’s government.


Bombing in Beirut

On October 23, 1983, Over 241 marines were killed when a truck loaded with explosives crashed into the US Marine compound at Beirut Airport. The Marines, who had been in Beirut as part of a multi-national force to promote peace in Lebanon, soon withdrew.

The United States initially committed 800 Marines as part of a multi-national force to oversee the evacuation of the PLO from Beirut. This took place on August 23, 1982. The Marines stayed in Beirut for only a short while, withdrawing on September 10. Fifteen days later, the Lebanese President-elect, Bashir Gemayel, was assassinated. In the resulting chaos, Israeli forces moved into West Beirut, and Christians murdered approximately 400 Palestinians at the Shatila and Sabra refugee camps. As a result, American Marines were recommitted to Beirut.
In the succeeding weeks and months, the Americans began to ally themselves with the government of Lebanon. Muslim fundamentalists, with the support of Syria, began to actively harass American forces, engaging them with sniper fire and occasional artillery fire. On April 18, a massive bomb went off at the American embassy in Beirut, killing 61 people, including 17 Americans.
As the Israelis withdrew from much of Lebanon, the inter- Lebanese attacks, as well as the attacks against American forces, worsened.
On October 23, a suicide truck containing 12,000 pounds of explosives was driven into the American Marine compound at the Beirut Airport, killing 241 Marines. A second truck struck the Drakkar building where French peacekeepers were located. 58 French peacekeepers were killed in that bombing. Most reports claimed that the Syrians were behind the attack, driven by their desire to force the Americans out of Beirut. That goal was achieved and, on February 26, 1984, when the last American Marines left Beirut.


(October 23, 1983)

U.S. Marines help survivors of the Beirut Marine Barracks Bombing

President Reagan sent the U.S. Marines to Lebanon to act as peacekeepers in the war between Israel and the Palestine Liberation Organization . Over time, the mission changed, and the United States ended up taking sides in the ongoing Lebanese Civil War . For nearly two years, the U.S. was in a de facto state of war with Syria and its allies among the Lebanese Muslim militias, including Amal, and Hezbollah.

On the morning of October 23, 1983, a Hezbollah suicide bomber drove a truck into the Marine barracks at Beirut airport, setting off an explosion which killed nearly 250 Marines.

PREDECESSOR: (Related conflicts and events that occurred before)

Lebanese Civil War (1958) U.S. Intervention in Lebanese Civil War (1958)

Lebanese Civil War (1975-1991)

CONCURRENT: (Related conflicts occurring at the same time)

SUCCESSOR: (Related conflicts that occur later)

Beirut Memorial On Line --Dedicated to U.S. servicemen who served in Lebanon from 1982-84. Includes those that died from the truck bombing on Oct 23, 1983.

1983 Beirut barracks bombing - Wikipedia, the free encyclopedia

Israel Charged With Systematic Harassment of U.S. Marines --Examines events leading up to the October 1983 terrorist attack on U.S. marines in Beirut. By Donald Neff, March 1995.

Proud Marines --Dedicated to the Marines who died in Beirut, Lebanon 1982-1984.

On This Day: October 23, 1983 --Reproduces the full text of The New York Times coverage on the day of the attack on U.S. marines in Beirut.

The United States in Lebanon: A Case for Disengagement --Analysis by Sheldon L. Richman. From Policy Analysis, April 1984.


ビデオを見る: 原発監視カメラに作業員が謎の訴え 福島第一110829