エジプトの7000万匹のミイラ化された動物が古代ミイラ産業の暗い秘密を明らかにする

エジプトの7000万匹のミイラ化された動物が古代ミイラ産業の暗い秘密を明らかにする



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

エジプトの「ダークシークレット」と呼ばれるものでは、猫、鳥、齧歯動物、さらにはワニなど、エジプト全土の地下カタコンベで驚異的な7000万匹のミイラ化した動物が発見されています。しかし、研究チームが動物の形をしたミイラをスキャンし、それらの多くが空であることに気付いたとき、驚きが待っていました!

マンチェスター大学の放射線技師とエジプト学者のチームは、最新の医用画像技術を使用して、19年の間にエジプト全土の30以上の場所から収集された何百もの精巧に準備された動物のミイラをスキャンしました。 NS および20 NS 何世紀にもわたって、BBCニュースが報じています。

この種の史上最大の調査は、今週(5月11日月曜日)に放送される「7000万匹の動物のミイラ:エジプトの暗い秘密」と題されたホライゾンによるBBCプログラムで取り上げられます。このドキュメンタリーでは、古代エジプトでの動物のミイラ化の慣行と、カタコンベに縛られて埋葬された生き物の数を調べます。

マンチェスター大学のプログラムでは、CTスキャンとX線を使用して、紀元前1000年の800体のミイラを調べました。西暦400年

古代エジプトのさまざまな動物のミイラ。クレジット:マンチェスター大学。

このプログラムでは、古代エジプトの巨大な動物のミイラ産業と、慎重に準備され、精巧に包まれたミイラの多くが内部に体を持たないことが判明した理由を調査します。

マンチェスター大学のプレスリリースで、研究リーダーのLidija Mcknight博士は、次のように述べています。そのため、骨格は残りません。」

  • 鉄器時代の英国における犠牲の実践
  • 5,300歳のアイスマンが最も古い既知の人間の血を産む
  • 古代エジプトのミイラ化の実践の現代版が利用可能になりました

動物の形をした多くの神々が古代エジプト人によって崇拝されていました。ミイラ化した動物は神聖な贈り物と見なされ、供物として使用されました。これは非常に人気のある宗教的慣習であり、需要が非常に高かったため、一部の動物は局所的にほぼまたは完全に絶滅したと考えられています。

動物と動物の部分は保存され、古代エジプトで供物として使用するために包まれました。ウィキメディア コモンズ

マクナイトはワシントンポスト紙に次のように語った。「あなたはこれらのミイラの1つを手に入れ、あなたに代わって神々にメッセージを送り、神々が何かをするのを待つように頼むでしょう。それが古代エジプトの宗教的信念体系における彼らの位置のようなものであり、それが彼らが非常に多くいたと私たちが考える理由です。当時、1、000年以上続いた産業のようなものでした。」

研究中に、渉禽類、猫、ハヤブサ、トガリネズミ、5フィートの長さのワニなど、さまざまな動物のミイラが調べられました。スキャンの結果、ミイラ化したワニには、注意深く準備されて結合され、母親と一緒に1つの大きなワニの形をしたミイラに包まれた8匹の赤ちゃんワニが含まれていることが明らかになりました。

ミイラ化したワニ。クレジット:マンチェスター大学

猫の形をしたミイラの1つには猫の骨が数個しかなく、一部の遺物には動物の部分がまったく含まれていませんでしたが、代わりに泥、棒、葦、卵の殻などのフィラーが含まれていました。フィラーアイテムは、動物とのつながりがあり、象徴的な遺物として機能したと考えられているため、特別なものと見なされました。

大英博物館にあるエジプトの動物のミイラ。ウィキメディア コモンズ

カタコンベの1つには、約200万羽のミイラ化したトキの鳥だけが含まれ、墓のネットワークには最大800万羽のミイラ化した犬が収容されていました。

これらの信じられないほどの数と遺体が保存された驚くべき方法は、古代エジプトの動物のミイラ化産業が巨大であったことを示唆しています。

BBCの報告によると、「一部の専門家は、動物のミイラがエジプトの巡礼者に販売されるように作られているため、古代の防腐剤は「偽の」ミイラを販売することでより多くの利益を上げることができると示唆しています。神聖な動物は、正しくミイラ化するために同じくらいの努力をしました。」

  • 新しい発見は、エジプト人が6、500年前にミイラ化を実験したことを示しています
  • なぜ古代スコットランド人は「フランケンシュタイン」のミイラを準備したのですか?
  • イスラエルで発見された5、000年前のヒョウの罠

サッカラの寺院群には、今日まで何百万もの動物のミイラがいますが、専門家によって発掘され、カタログ化されていません。オーストラリアのグリフィス大学の分子生物学者SallyWasefは、これらのミイラのDNAを分析し、それらが「養殖」されたのか、それとも激しく飼育されたのかを判断するために、これらのミイラから骨のサンプルを収集しました。 「国民の執着」と呼ばれるこのような大規模な産業には、何百万もの動物が必要だったと考えられています。

エジプトの古代カタコンベで見つかったミイラ化した猫の芸術的に彫られた顔。クレジット:マンチェスター大学

2011年、スミソニアンの学芸員メリンダゼダーは、BBCに驚異的な大型動物提供産業について語り、次のように述べています。そして、ミイラ化の準備のために彼らがしたことはすべて、死後の世界と永遠に自分を永続させる方法を見ていました。」

「司祭はあなたのために動物を犠牲にし、それをミイラ化し、そしてあなたの名前のカタコンベにそれを置きます。ですから、これはどんな神の目にも良い地位を得る方法でした」と彼女は述べました。

マンチェスター大学の研究はミイラ化産業について多くの疑問を投げかけていますが、マックナイトは、保存された供物は小さなタイムカプセルとして機能し、現代科学が宗教、生と死に関連する古代の技術と儀式を覗き見できるようにすると言います。

BBCプログラム7000万の動物のミイラ:エジプトのダークシークレットは、5月11日月曜日の2100にBBC2で放映される予定です。

注目の画像:ミイラ化した猫の木製の棺[左]とCTスキャンで内部の古代の猫の骨格が明らかになりました。クレジット:マンチェスター大学

リズ・リーフフロア


に類似したコンテンツを閲覧する 7000万匹の動物のミイラ:エジプトの暗い秘密。同じカテゴリなどのエピソードやシリーズについては、以下を確認してください。

ドキュメンタリー

事実

科学と自然

科学と技術

2014-2015

地平線

暗闇の中で踊る-物理学の終わり?

大量飲酒は本当に悪いですか?


マイケルジャクソンのように見える3000年前のエジプトの像があります

古代エジプトのマイケルジャクソンそっくり。女性の像の頭、エジプト、新王国、石灰岩、フィールド自然史博物館、シカゴ

すべての米国の博物館が、シカゴのフィールド自然史博物館ほど本物の古代エジプトの描写を提供できるわけではありません。

博物館には、アメリカ全土で見られる最も重要なミイラの集まりが豊富な工芸品のコレクションに加えて、エジプトの神バステトを描いたブロンズ彫刻のような繊細な作品が収められています。

考古学者が言うように、この彫刻はミイラ化した猫を中に入れることができます。他の多くの本物のアーティファクトの中には女性の胸像があります。

目が目立ち、頬が骨があり、鼻が欠けている石灰岩の姿です。この数字は故マイケル・ジャクソンを思い起こさせるものであり、真のマイケル・ジャクソンファンの巡礼地になっていると言われています。

キングオブポップが2009年に亡くなったとき、ファンはこの特定の作品を見るためだけに美術館に群衆で集まり始めたと伝えられています、デイリーテレグラフは当時書いています。

バストは、ジャクソンが亡くなる前の少なくとも20年間、博物館の隅に何年も立っていましたが、音楽アイコンが死ぬまではそれほど注目されていませんでした。

博物館の職員はそのような主張を確認しました。 「人々は彫像を見て、その肖像をポップの王と比較するために全国からやって来ています」と、博物館のゲストリレーションズディレクターであるダーネルウィリアムズは2009年8月にコメントしました。 ゴーストミュージックビデオプレミアのための1997年カンヌ映画祭でのジャクソン。

奇妙に見える遺物は、19世紀の終わりにカイロから購入されて持ち込まれました。しかし、シカゴ博物館に展示されたのは1988年のことでした。

バストの起源に関する詳細はほとんどありませんが、考古学者は、バストが紀元前1550年からの古代エジプトの新王国時代に生産されたことに同意しています。紀元前1050年まで

それは、エジプトがツタンカーメン王の下にあったとき、またはおそらくラムセス2世が統治したときに胸像が作成されたことを意味する可能性があります。しかし、私たちは決して確信することはできません。

バストの人気はマイケルジャクソンの死後も続いており、訪問者は主にこの特定の工芸品を見るために美術館に来る可能性がありますが、触れることはできません。

高さ約10インチ、幅約13.7インチのバストは、ガラススクリーンの後ろで保護されたままです。

人々は、バストの鼻がキングオブポップの鼻と似ていることに特に目がくらんでいます。それにもかかわらず、考古学者は、女性の鼻に何がうまくいかなかったのかについて、いくつかの合理的な説明を提供しました。

他の多くのエジプトの彫刻、さらには古代ギリシャやローマの彫刻でさえ、鼻や体の他の突き出た部分が欠落しているか、損傷しています。

多くの論評は、これが故意にそして宗教的な理由のために古典的な彫像に行われたと説明しています。

キリスト教やイスラム教を含むさまざまな宗教の初期の崇拝者は、彫像を汚して、不敬を少なくしました。

そのようなアーティファクトは何世紀にもわたって存在しており、今日のように常に適切に扱われ、貴重で、希少で、かけがえのないものとして数えられているわけではありません。また、非常に多くの遺物や彫像が、大量の砂、泥、またはその他の堆積物の下から発掘されています。

鼻のほかに、腕や脚など、他の身体の部分が欠けている部分もあります。原因がこれらのどれでもなかった場合、それは考古学者のせいであったかもしれません。

考古学がまだ枝として発展した初期の頃、現場で働くときに誰もが用心深いわけではありませんでした。

使用するのに適した楽器もあまり多くありませんでした。確かにこのように骨董品にもダメージがありました。誰かがマイケルジャクソンを思い出させるシカゴのバストを故意に汚したか、それが何か他のものであったかどうかにかかわらず、私たちは100%確信することはできません。

おそらく、ポップ王自身が古代エジプトから彼のほぼ2倍を見たことがない可能性があります。

それでも、マイケルジャクソンが、1993年のヒット曲「RemembertheTime」の古代エジプトの設定ビデオに登場したことを誰もが覚えています。ファンがシカゴのバストを特に印象的なものと感じる理由はなおさらです。


スウェーデンの古代バイキングの森の言語、エルフダーレン語が復活する

エルフダーレン語の古代バイキング語はほぼ完全に消去されており、スウェーデンの小さな森林コミュニティでは現在2,500人しか生きていません。今、人々は歴史的な舌が完全に消える前にそれを学校に戻すことによって歴史的な舌を復活させるために戦っています。

カンバセーションは、エルヴダーレン語の古代方言(エルヴダーレン語 スウェーデン語と övdalsk 言語自体で)は、20世紀に入るまで活発な言語でした。ファンタジー叙事詩のエルフ人種によって話されているように美しく複雑な言語のようにリスナーに聞こえるエルフダーレン語は、実際にはバイキングの言語である古ノルド語から派生しています。しかし、それはスウェーデン語とは根本的に異なり、コペンハーゲン大学の言語学者であるGuusKroonen博士は書いています。

彼は、「遠く離れたスウェーデンの森ではなく、トールキンの指輪物語で遭遇する可能性が高いもののように聞こえる」と説明しています。下のビデオで聞くことができます。

エルヴダーレン語は北ゲルマン語の中でも独特で、さまざまな音色と音で表現されています。文法や語彙でさえスウェーデン語とは異なります。したがって、スウェーデン語、ノルウェー語、デンマーク語の話者は簡単な会話をすることができ、お互いを理解することができますが、エルフダーレン語ではそうではありません。これまでのところスウェーデン語から削除されていますが(同じ地域から発信されている場合でも)、地元以外のスウェーデン人にはまったく理解できません。

バイキング柄の木工品。ハンス・スプリンター/Flickr

この言語は、スウェーデンのエルブダーレンの森林地帯で生まれ、何世紀にもわたって堅固なままでした。エルブダーレン語は、貿易と経済のネットワークがほとんどローカルであり、他の言語は必要なかったため、エルブダーレンの人々に奉仕しました。

しかし、前世紀にはダイナミックが変化しました。モビリティ、マスコミ、さらにはマスメディアが増えるにつれ、スウェーデン語はより広まり、エルフダーレン語が混雑しました。すぐにそれは積極的に抑制されました。

「この言語の話者は汚名を着せられ、子供たちは学校でそれを使用することを積極的に思いとどまらせました。その結果、特に過去数十年の間に、エルフダーレン語の話者は大勢でスウェーデン語にシフトしました。現在、エルブダーレンの住民の半分だけがそれを話します」とKroonen博士は書いています。

急速に消滅する言語を救うために、活動家は意識と保護のキャンペーンを開始しました。と呼ばれる言語活動家のグループ ウルムダルスカ (「私たちはエルフダーレン語を話す必要があります」)は、言語を活性化する試みである程度の成功を収めています。いくつかの児童書がエルヴダーレン語に翻訳され、言語の学習を奨励および奨励するプログラムが学校に導入された、とニュースサイトThe NewDailyが報じています。

エルフダーレン語は9月から町の学校で教えられるようになり、今月はコペンハーゲンで言語に関する国際会議が開催され、歴史への窓となる言語の認識が高まりました。クルーネン博士と他のエルフダーレンの支持者は、欧州評議会を通じて地域または少数民族の言語の地位を与えるための道を模索しています。

古代言語の保存は、遺産を失うリスクのあるエルブダーレンの地元の人々だけでなく、古い言語が提供する豊富な歴史的情報から恩恵を受けるグローバルコミュニティにとっても重要です。

コペンハーゲン大学会議の共催者である言語史家のBjarneSimmelkjærSandsgaardHansenは、次のように述べています。これは、言語のディープフリーズのように機能し、他の北ゲルマン語で長い間消えていた古ノルド語の特徴を垣間見ることができます。&#8221はTheLocalを書いています。

「エルフダーレン語がなかったら、存在すら知らなかったかもしれない多くの古い機能が保存されています」と彼は付け加えました。

注目の画像:スウェーデンの森。活動家たちは、エルフダーレン語の古代の森の言語を守るために戦います。 ダニエル・シェストレム/Flickr


アンラップ:ミイラの不思議な世界

それぞれのミイラは百科事典です。歯は彼らがいつ病気になったのか、髪の毛は何を食べたのか、X線は彼らがどのように死んだのかを教えてくれます。CATスキャンは私たちが詳細に使用するものです。時々彼らは防腐剤が常に非常に注意深いとは限らなかったことを明らかにします。しかし、ある程度、彼らはすべて時間をだましているので、秘密は彼らがささやくものです。彼らがささやくことができれば。現在のエジプト学の2つの優れた人気のあるプレゼンテーションの著名な著者であるボブ・ブライヤーは、彼の愛情の対象であるアジア、ヨーロッパ、南アメリカのミイラに巧みに声をかけています。ブライアーはまた、ミイラがいつでもどこでも人々を魅了し、医学的、科学的、宗教的歴史の比類のない資料となっていることを示しています。ブライアーは、古病理学、つまり古代の人間の遺体の研究に真の才能と熱意を持っているので、確かにこのショーを発表するのにふさわしい人物です。彼自身の研究は、シリーズで見られるように、現代の人間のミイラ化で最高潮に達しました。ブライアーは、古代エジプト、古代ペルー、そしてソビエト連邦でのミイラ作りについての洞察を提供しています。ボルシェビキ革命の指導者であるレーニンはミイラ化され、国民的象徴となった。エジプトでのミイラの準備に関する知識のゼロ点は、エジプトを訪れたギリシャの歴史家ヘロドトスです。西暦前450年に、さまざまな価格帯で利用できる3つのミイラ化方法について詳しく説明しました。ハリウッドのミイラの描写にもかかわらず、それらを古代の土地からのストーカーと考える必要はありません、ブライアーは私たちに保証します。はい、確かに生き埋めにされ、殺害され、犠牲にされた人もいますが、私たちの時代の誰に対しても復讐のために出かけているわけではありません。リラックスして、数人のミイラと知り合うと、おなじみの人物を確実に見つけ、友達を作ることさえできます。

ピーター・スプライ・レバートン監督・プロデューサー
ボブ・ブライヤーによるナレーション
TobyLangton-Gilks​​による音楽
ジョナサン・クック編集
パートあたり50分、英語と北京語のデュアルオーディオ
2000年12月3日初放送

[編集]明らかにされたミイラ

エジプト人は彼らの死者をミイラ化した最初の人ではありませんでした。南アメリカ人が紀元前5000年以来、どのように彼らの死者をミイラ化してきたかを見るために、時間を遡って世界の反対側に戻ってください。今世紀、最も有名な歴史上の人物の1人がどのようにしてミイラになったかを学びましょう。

[編集]ミイラの秘密

このエピソードでは、人身御供の暗い世界と、ミイラが彼らが住んでいた世界と彼らがどのように死んだかについて私たちにどのように伝えることができるかを探ります。ミイラの科学者たちは、ほぼすべての古代エジプト人が体内に持っていた寄生虫について話すだけでなく、二分脊椎のような現代の病気についても大きな発見をしています。

[編集]ミイラの力

この最後のエピソードでは、最後のタブーである死について見ていきます。ボブ・ブライヤーは、ミイラやホラー映画に対する私たちの果てしない魅力が、私たち自身の死に直接立ち向かうことができないことに起因していることを示しています。しかし、これは最近の現象に過ぎず、ボブは過去数世紀の多くの「グロテスクのギャラリー」を案内してくれます。


古代エジプトの墓はミイラ化した猫と這うことが判明

古代エジプト人が猫を愛し続けていたことは周知の事実です。多くの神々は間違いなく猫の特徴で描かれていました。そして、厳格な法律は、誰もが猫に危害を加えることを禁じています。

しかし、猫をミイラに変えるための法的な抜け穴が少しあったようです。

確かに、猫のミイラ(人間が行ったのと同じ実証済みのプロセスを経た動物)は、エジプトの墓で一般的に見られ、飼い主の側に意欲的または不本意な頑固者がいます。彼らは、渉禽類、トガリネズミ、ワニなど、推定7000万頭の動物の中にあり、古代エジプト人は彼らと一緒に来世に引きずり込むことを主張しました。

しかし、カイロのすぐ南にあるサッカラのコルクのない新鮮なネクロポリスは、他に類を見ない猫の執着を明らかにしました。そこで考古学者は、人間の遺体ではなく、数十匹の猫の遺体で溢れかえっているいくつかの石棺を発掘しました。これらのミイラと並んで、墓には少なくとも100の金色の猫の像と、猫の女神バステトに捧げられたブロンズの模型がありました。

しかし、この場所は7つの墓で構成されており、そのうちの4つは紀元前2、686年にさかのぼります。紀元前2、181年—猫(ミイラ)愛好家だけのものではありません。

科学者たちはまた、いくつかの小さなカブトムシの中で、珍しく良好な状態の大きなミイラ化したコガネムシのペアを発見しました。

「(ミイラ化された)スカラベは本当にユニークなものです。エジプトの考古最高評議会の事務局長であるモスタファ・ワジリ氏はロイター通信に語った。

「数日前、私たちがそれらの棺を発見したとき、それらはスカラベの絵で封印された棺でした。今まで聞いたことがありません。」

そして、ほこりが落ち着くと、さらに光沢のある宝石が考古学者を待っています。

チームは、ネクロポリスにある別の墓への扉を見つけました。この墓は封印されており、中身が無傷のままであることを示唆しています。考古学者は、数週間以内にそれをこじ開ける予定です。

エジプト政府は、この古代の陰謀のすべてが、国の観光産業にとって切望されていた衝撃につながることを望んでいます。ホスニームバラク大統領が2011年に転覆して以来、観光業は大部分が枯渇し、本質的に外国人観光客に長い間依存してきた産業のミイラとなっています。

「これは、2018年末までに発表される、エジプトの他の県での3つの新しい発見の最初のものです」と考古省のKhaledEl-Enany大臣は述べています。

今のところ、その古代の、一見手つかずの墓に潜んでいるものは、少なくとも猫の鳴き声であると想定することしかできません。


2、500年前のミイラ化したワニは驚きをもたらす


古代エジプト人は人々だけでなく彼らの動物もミイラ化しました。巨大なワニでさえ、このプロセスの一部になりました。そのうちの1つは、最近オランダ国立古代博物館(Rijksmuseum van Oudheden)で調査され、科学者たちは彼らが見たものに驚いていました。
Rijksmuseum van Oudhedenのプレスリリースによると、長さ3メートル(9.84フィート)のミイラが新しい3DCTスキャナーで検査されました。 1996年に古いタイプのCTスキャナーで最初に検査され、この初期のスキャンにより、1つのワニに属すると考えられていたミイラが、実際には2つの大きなワニが一緒に包まれていることが明らかになりました。しかし、新しい3D CTスキャンの結果は、別の驚きを示しました。これは、以前にラッピングの内側に見つかった2匹のワニの他に、ミイラには数十匹の個別に包まれた赤ちゃんワニも含まれていることです。

青で示されている赤ちゃんワニでスキャンします。
青で示されている赤ちゃんワニでスキャンします。 (インタビュー)
特にこれらのミイラはワニのミイラ化の習得の非常にまれな例であるため、この発見は博物館にとって大きな驚きです。さらに、スキャンはリネンのラッピングの内側に配置されたお守りを示し、研究者がミイラ化した動物について、身体的特徴、年齢、体を乾燥させてリネンで覆うプロセスなどについて理解するのに役立ちました。最新の3DCTスキャナーにより、研究者はミイラの細部をすべて調べることができました。
儀式と埋葬:
人間が来世のために動物を準備した奇妙で手の込んだ方法
エジプトの7000万匹のミイラ化された動物が古代ミイラ産業の暗い秘密を明らかにする
博物館はこの発見を利用することを決定し、2016年11月18日から、訪問者はワニのミイラと古代エジプトの司祭のインタラクティブな仮想剖検を体験できるようになりました。キュレーターが博物館のプレスリリースで述べたように:
&ldquo博物館の訪問者向けのツールとして意図されていたものは、まだ新しい科学的洞察を生み出しています。このプロジェクトに取り組み始めたとき、私たちは新しい発見を本当に期待していませんでした。結局のところ、ミイラはすでにスキャンされていました。ハイテク3Dスキャンとこのインタラクティブな視覚化で非常に多くの赤ちゃんワニを検出できたことは大きな驚きでした。

2015年にワニのミイラをスキャンします。(Mike Bink)
博物館で働くエジプト学者は、若返りと死後の世界に関連する古代エジプトの宗教的伝統のために、ワニが一緒にミイラ化されたと考えています。別の考えられる説明は、古代エジプト人がソベク神に捧げ物をする必要があったとき、利用できる巨大なワニがなかったので、2匹の動物、木片、植物、ロープ、およびリネンの束を使用して期待される形を作成することにしました。
ナイル川、軍隊、ワニ、そして豊饒の神であるソベクのカルトは、古王国時代から人気がありました。彼は、エジプトでは&ldquoShedet&rdquoとして知られるクロコダイロポリス市の守護神でした。ソベクは攻撃的で暴力的な神であり、その性格は古代の最大のナイル川のワニのようでした。彼のカルトの最も壮大な中心地の1つは、エジプト南部のコムオンボにありました。寺院はプトレマイオス朝時代に建てられ、ローマ時代の終わりまで活動を続けました。
悲鳴を上げるミイラの謎
数百万人をミイラ化する:古代エジプトの犬のカタコンベと動物栽培産業

古代エジプトのワニの神、ソベクの描写の詳細。出典:ブルックリン美術館
動物のミイラは古代エジプトの歴史の魅力的な部分です。 2015年、研究者のチームが信じられないほど大きな動物の墓地を発見しました。 LizLeafloorが2015年5月にAncientOriginsについて報告したように:
&ldquoエジプト&rsquos&ldquodark secret&rdquoと呼ばれるものでは、猫、鳥、齧歯動物、さらにはワニなど、エジプト全土の地下カタコンベで驚異的な7000万匹のミイラ化した動物が発見されています。しかし、研究チームが動物の形をしたミイラをスキャンし、それらの多くが空であることがわかったとき、驚きが待っていました!&rdquo
Leafloorは、マンチェスター大学の放射線技師とエジプト学者のチームが使用したと書いています
&ldquoは、19世紀から20世紀にかけて、エジプト全土の30以上の場所から収集された、精巧に準備された何百もの動物のミイラをスキャンする最新の医用画像技術です。
マンチェスター大学のプログラムでは、CTスキャンとX線を使用して、紀元前1000年の800体のミイラを調べました。西暦400年&rdquo

ワニのミイラ
(リバプール国立美術館)
この調査は、ホライゾンの「&ldquo7000万の動物のミイラ:エジプトの暗い秘密」というタイトルのBBCプログラムで取り上げられました。&rdquoLeafloorは、ドキュメンタリーが調査していると説明しました。
&ldquo古代エジプトでの動物のミイラ化の慣行、およびカタコンベに縛られて埋葬された生き物の数。&rdquo
上の画像:コムオンボ神殿のワニのミイラ。
(マイケル・ビレル/ B.C.考古学)
ナタリア・クリムザック

2500عامامحنطالتماسيحغلالمفاجآت

وكانقدماءالمصريينبتحنيطالناسليسفقط、ولكنأيضاحيواناتهم。 أصبحتحتىالتماسيحالضخمةجزءامنهذهالعملية。 تمفحصواحدمنهممؤخرافيالمتحفالوطنيالهولنديللآثار
وفوجئالعلماءبماشاهدوه。
ووفقالبيانصحفيريجكسفانOudheden、تمفحصثلاثةأمتارلمدة(9.84 ft)。 3DCTالجديد。 تمفحصلأولمرةفيعام1996معنوعأقدممنCTالماسحالضوئيوكشفتهذاالمسحفيوقتسابقانالمومياءالتيكانيعتقدأنهمينتمونإلىتمساحواحد、كانفيالواقعاثنينمنالتماسيحكبيرةملفوفةمعا。 ومعذلك、أظهرتالنتائجالجديدةالمسحالضوئي3D CTمفاجأةأخرى、أنهبغضالنظرعن「اثنينمنالتماسيحرصدتسابقاداخلالأغلفة、يحتويعلىمومياءأيضاالعشراتمنالتماسيحطفلملفوفةبشكلفردي

مسحمعالتماسيحالطفلهومبينفيالزرقاء
وهذاالاكتشافهومفاجأةكبيرةللمتحف、وخاصةلأنهذهالمومياواتهيأمثلةنادرةجدامنالتمكنمن وعلاوةعلىذلك、أظهرتعملياتالمسحالتمائموضعتداخلالأكفانالكتانيةوساعدتالباحثينعلىفهمالمزيدعنالحيواناتالمحنطة - مثلخصائصهاالفيزيائيةوالأعمار、وعمليةتجفيفأجسامهموتغطيتهافيالكتان。 3D CTالماسحالضوئييسمحللباحثينلدراسةكلالتفاصيلواحدةمنالمومياوات
طقوسالدفن:
والغريبوبلورةطرقالبشرالحيواناتمحضرةللالآخرة
70مليونحيواناتمحنطةفيمصرتكشفعنسرالظلامالصناعةالمومياءالقديمة
قررمتحفللاستفادةمنهذاالاكتشاف、ومن18نوفمبر2016? كماذكرأمينفيبيانصحفيصادرعنالمتحف:
「ماكانيقصدبهأنيكونأداةلزوارالمتحف、وقدأنتجحتىرؤىعلميةجديدة。عندمابدأناالعملفيهذاالمشروع、ونحنلمنكننتوقعأياكتشافاتجديدةحقا、وبعدكلشيء、أنمومياءتممسحهابالفعل。وكانكبيرمفاجأةيمكنأنيتمプロジェクトの3Dは、3Dのプロジェクトを作成します。

مسحالمومياواتتمساحفيعام2015
(مايكبينك)
علماءالمصرياتالذينيعملونفيالمتحفلنفترضأنالتماسيحكانتمومياءاتمحنطةمعابسببالتقاليدالدين تفسيرمحتملآخريمكنأنيكونذلكعندالحاجةالمصريونالقدماءلإعطاءقرباناللإلهسوبككانهناكتمساحعملاقالمتاحة、لذلكقررواإنشاءالنموذجالمتوقعباستخداماثنينمنالحيوانات、وقطعمنالخشبوالنباتات、والحبل、والحشواتمنالكتان。
وكانتعبادةسوبك、إلهالنيل、الجيش、التماسيح、والخصوبة、شعبيةمنذفترةالدولةالقديمة。 وكانراعيCrocodilopolisالمدينة、والمعروفةفيمصرباسم「シェデット」 وقدوصفتسوبكباعتبارهالإلهالعدوانيةوالعنيفة、التيكانمثلأكبرتماسيحالنيلخلالالعصورالقديمةشخ واحدةمنأكثرالمراكزرائعةمنعبادةلهكانتتقعفيكومامبوفيجنوبمصر。 تمبناءالمعبدخلالالعصرالبطلميوبقينشطةحتىنهايةالفترةالرومانية。
سرالمومياءصراخ
تحنيطهالملايين:والنابسراديبوالحيوانعبادةالصناعةفيمصرالقديمة

エジプトの神々は、神々の神々です。博物館:博物館
エジプトの歴史は、エジプトの歴史にあります。 فيعام2015、قامفريقمنالباحثيناكتشفوامقبرةالحيواناتالكبيرةبشكللايصدق。 كماذكرتليزLeafloorمايو2015للأصولالقديمة:
"فيمايوصففيمصر" سراعظيما、「تمالعثورعلىمذهل70مليونحيواناتمحنطةفيسراديبتحتالأرضفيجميعأنحاءمصر、بمافيذلكالقططوالطيوروالقوارض、وحتىالتماسيح、ولكنالمفاجآتينتظرفريقمنالباحثينعندماتفحصالحيوانيشكلالمومياواتوجدت كثيرمنهمفارغة!」
Leafloor يكتب أن فريق الأشعة وعلماء المصريات من جامعة مانشستر تستخدم
"أحدث تكنولوجيا التصوير الطبي لفحص المئات من المومياوات الحيوانية أعدت بشكل متقن والتي تم جمعها من أكثر من ثلاثين موقعا في مختلف أنحاء مصر خلال القرنين ال19 وال20
برنامج جامعة مانشستر تستخدم الأشعة المقطعية والأشعة السينية للنظر في 800 المومياوات، حيث تعود إلى 1000 قبل الميلاد و 400 بعد الميلاد

مومياء التمساح
(متاحف ليفربول الوطنية)
كانت واردة المسح في برنامج بي بي سي من قبل الأفق بعنوان "70 مليون حيوان المومياوات: مصر سرا عظيما." وأوضح Leafloor أن ثائقي يتناول
"ممارسات التحنيط الحيوانية في مصر القديمة، وكيف ذلك انتهت العديد من المخلوقات حتى مقيدة ودفن في سراديب الموتى."
الصورة: مومياوات التماسيح في كوم امبو معبد.
(مايكل Birrell / BC علم الآثار)
ناتاليا كليمكزاك
khaledgamelyan
[email protected].com


Did a friend forward this to you?

On Tuesday, George Stone covers travel. If you’re not a subscriber,

Advice from Rosie the Riveter: These elders worked in World War II in factories (above in Tennessee in 1943) while the men were shipped off to fight. Lionized in American history for their resilience, they also proved how limited the idea of “women’s work” was. We asked several surviving WWII “Rosies” what they would counsel Americans living through tough times today. Here are three things they said: 1) Use you own brain 2) Check on your neighbors 3) Know you have something to offer. Readers, as the 75th anniversary of V-E day approaches, do you have stories of resilience you could share, family tales of gumption and adaptability during wartime or from more contemporary challenges? Email us or share you words or images on social media with the hashtag #StoriesofResilience.


Ancient Egypt’s Animal Mummy ‘Scandal’

Scientists at Manchester Museum, in collaboration with the University of Manchester, studied mummified objects and found some to be lacking in content. Using scanners to look inside the wrapped mummified cloth bundles, they found on average, most to be empty of the animal content they were representing. The largest scanning project of its kind revealed a third of the bundles of cloths examined, to be empty inside.

It shows that the ancients were also scoundrels when it came to selling dodgy goods, without any consumer legislation protection. The researchers found the mummified bundles instead contained general fillings found laying around ancient workshops, as the crafty embalmers were probably running out of supplies.

The research team has been conducting the largest scanning project of its kind. More than 800 mummies, ranging from cats and birds to crocodiles, have so far been analysed using X-rays and CT scans.
About a third of those scanned contain complete animals, which have been remarkably well preserved.
Another third contain partial remains – but the rest have been empty.

Dr Lidija McKnight, an Egyptologist from the University of Manchester, said: “There have been some surprises. “We always knew that not all animal mummies contained what we expected them to contain, but we found around a third don’t contain any animal material at all – so no skeletal remains.”
Instead, she explained, the linen was padded out with other items. “Basically, organic material such as mud, sticks and reeds, that would have been lying around the embalmers workshops, and also things like eggshells and feathers, which were associated with the animals, but aren’t the animals themselves.”

Unlike human mummies, which were created to preserve the body for the afterlife, animal mummies were a religious offering.
“We know the Egyptians worshipped gods in animal forms, and an animal mummy allowed you some connection with the world of the gods, ” explained Dr Campbell Price, curator of Egypt and Sudan, at Manchester Museum, which will have an exhibition on animal mummies in October.
“Animal mummies were votive gifts. Today you’d have a candle in a cathedral in Egyptian times you would have an animal mummy.
“You would go to a special site, buy an animal mummy, using a system of barter. You’d then give it to a priest, who would collect a group of animal mummies and bury them.”
Excavations have revealed that demand for these sacred gifts was high.About 30 vast catacombs have been discovered in Egypt, packed from floor to ceiling with millions of mummies. Each tomb is dedicated to a single creature, such as dogs, cats, crocodiles, ibis and monkeys.

Scientists estimate that up 70 million animals may have been mummified by the Egyptians. “The scale of animal mummification between about 800 BC and into the Roman period was huge,” said Dr Price.
“In terms of how many animals were reared and killed, it would have been on an industrial scale. The animals were young and killed when they were quite small. To achieve those numbers you had to have a very specific breeding programme.”

The researchers believe that despite the fact that animals were mass-bred, the mummy makers probably struggled to keep up with the demand.
However, they do not think that the partial or empty mummies were a scam, and the pilgrims may have known they were not burying a complete creature.


Animal mummies unwrapped with hi-res 3D X-rays

Three mummified animals from ancient Egypt have been digitally unwrapped and dissected by researchers, using high-resolution 3D scans that give unprecedented detail about the animals' lives -- and deaths -- over 2000 years ago.

The three animals -- a snake, a bird and a cat -- are from the collection held by the Egypt Centre at Swansea University. Previous investigations had identified which animals they were, but very little else was known about what lay inside the mummies.

Now, thanks to X-ray micro CT scanning, which generates 3D images with a resolution 100 times greater than a medical CT scan, the animals' remains can be analysed in extraordinary detail, right down to their smallest bones and teeth.

The team, led by Professor Richard Johnston of Swansea University, included experts from the Egypt Centre and from Cardiff and Leicester universities.

The ancient Egyptians mummified animals as well as humans, including cats, ibis, hawks, snakes, crocodiles and dogs. Sometimes they were buried with their owner or as a food supply for the afterlife.

But the most common animal mummies were votive offerings, bought by visitors to temples to offer to the gods, to act as a means of communication with them. Animals were bred or captured by keepers and then killed and embalmed by temple priests. It is believed that as many as 70 million animal mummies were created in this way.

Although other methods of scanning ancient artefacts without damaging them are available, they have limitations. Standard X-rays only give 2-dimensional images. Medical CT scans give 3D images, but the resolution is low.

Micro CT, in contrast, gives researchers high resolution 3D images. Used extensively within materials science to image internal structures on the micro-scale, the method involves building a 3D volume (or 'tomogram') from many individual projections or radiographs. The 3D shape can then be 3D printed or placed into virtual reality, allowing further analysis.

The team, using micro CT equipment at the Advanced Imaging of Materials (AIM) facility, Swansea University College of Engineering, found:

  • The cat was a kitten of less than 5 months, according to evidence of unerupted teeth hidden within the jaw bone.
  • Separation of vertebrae indicate that it had possibly been strangled
  • The bird most closely resembles a Eurasian kestrel micro CT scanning enables virtual bone measurement, making accurate species identification possible
  • The snake was identified as a mummified juvenile Egyptian Cobra (Naja haje).
  • Evidence of kidney damage showed it was probably deprived of water during its life, developing a form of gout.
  • Analysis of bone fractures shows it was ultimately killed by a whipping action, prior to possibly undergoing an 'opening of the mouth' procedure during mummification if true this demonstrates the first evidence for complex ritualistic behaviour applied to a snake.

Professor Richard Johnston of Swansea University College of Engineering, who led the research, said:

"Using micro CT we can effectively carry out a post-mortem on these animals, more than 2000 years after they died in ancient Egypt.

With a resolution up to 100 times higher than a medical CT scan, we were able to piece together new evidence of how they lived and died, revealing the conditions they were kept in, and possible causes of death.

These are the very latest scientific imaging techniques. Our work shows how the hi-tech tools of today can shed new light on the distant past."

Dr Carolyn Graves-Brown from the Egypt Centre at Swansea University said:

"This collaboration between engineers, archaeologists, biologists, and Egyptologists shows the value of researchers from different subjects working together.

Our findings have uncovered new insights into animal mummification, religion and human-animal relationships in ancient Egypt."

The research was published in 科学レポート.

The authors respectfully acknowledge the people of ancient Egypt who created these artefacts.


ビデオを見る: הרגעים הטובים ביותר של מצעד הזהב של פרעונים - 18 פרעונים ו -4 מומיות מלכות הועברו למוזיאון החדש