インド・ヨーロッパ語族の家族ツリー

インド・ヨーロッパ語族の家族ツリー



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


インド・ヨーロッパ語族の家族の木-歴史

当時からの書物は存在しないため(紀元前3000年頃のシュメールにまでさかのぼることができます)、元のインド・ヨーロッパ語族がどのようなものであったかは正確にはわかりません。したがって、それに関する知識は必然的に推測に基づいています。 、仮説と再構築。ただし、「比較方法」を使用すると、現代の言語学者は、娘言語の共通要素から元の言語を部分的に再構築することができました。多くの学者は、現代のリトアニア語が古代インド・ヨーロッパ語族に最も近い(つまり、最も変化が少ない)可能性があると考えており、他のインド・ヨーロッパ語族では失われているインド・ヨーロッパ祖語の多くの特徴を保持していると考えられています。 。

インド・ヨーロッパ語族は、世界の現代語の子孫である言語族、つまり祖語の1つにすぎず、シナ・チベット語族、北コーカサス語族、アフロ・アジア語族、アルタイ語族、ニジェール・コンゴ語族、ドラビディアン語族など、他にも多くの家族がいます。 、ウラリック、アメリカインディアンなど。しかし、それは群を抜いて最大の家族であり、ヨーロッパ、南北アメリカ、オーストラリア、イラン高原、および南アジアの大部分。ヨーロッパ内では、バスク語、フィンランド語、エストニア語、ハンガリー語、トルコ語、およびいくつかの小さなロシア語のみがインド・ヨーロッパ語族の子孫ではありません。

  • ギリシャ語
  • イタリック
  • インド・イラン語
  • セルティック
  • ゲルマン語
  • アルメニア語
  • バルト・スラヴ語
  • アルバニア語

さらに、さらにいくつかのグループ(アナトリア、トカラ、フリュギア、トラキア、イリュリアなど)が完全に消滅しましたが、痕跡さえ残していない他のグループが存在した可能性があります。

これらの幅広い言語グループは、スウェーデン語からポルトガル語、ヒンディー語、ラテン語、フリジア語まで、時間の経過とともに多数の新しい言語に分割されました。したがって、驚くべきことですが、ゲーリック語、ギリシャ語、ペルシア語、シンハラ語などの多様な言語がすべて、最終的に同じ起源に由来することは事実です。これらの多様な言語の共通の祖先は、同族語(異なる言語の類似した単語)の存在で非常に明確に見られることがあり、インド・ヨーロッパ語族のこの共通の祖先の認識は、通常、1786年のアマチュア言語学者ウィリアムジョーンズ卿に起因します例は次のとおりです。

ジェイコブ・グリム(おとぎ話の名声だけでなく、尊敬されている初期の言語学者)は、時間の経過とともに、ゲルマン語族の特定の子音がインド・ヨーロッパ語族の基盤からいくらかシフトしたことを指摘しました。したがって、英語のようなゲルマン語の単語 、西フリジア語 、デンマーク語 FOD、 スウェーデンの 、などは実際にはラテン語に関連しています ped、リトアニア語 ペダー、サンスクリット語 パダ、など、「p」が「f」に、「d」が「t」にシフトしたため。他のいくつかの子音もシフトしており(「d」から「t」、「k」から「h」、「t」から「th」など)、インドの多くの娘言語の共通の祖先をある程度偽装しています。ヨーロッパ人。このプロセスは、ゲルマン語とラテン語に由来する英語の単語の多くの明らかな根本的な違いを説明しています(例: 父親父方, 10進数, ホーン宝庫, トリプル、 NS)。

初期のゲルマン語自体は、それらに先行する先住民(非インドヨーロッパ)の部族からいくつかの単語、特に自然環境のための単語を借りました(例: , 土地, ストランド, 密閉, ニシン)海上旅行に関連する技術(例: , キール, , オール)新しい社会的慣行(例: , 花嫁, 新郎)および農業または畜産慣行(例: オーツ麦, 牝馬, RAM, 子羊, , 子供, 雌犬, ハウンド, ).

ゲルマン人グループ自体も、人々がヨーロッパ大陸の他の地域に移住するにつれて、時間とともに分裂しました。

  • 北ゲルマン語は、古ノルド語に進化し、その後、スウェーデン語、デンマーク語、ノルウェー語、アイスランド語のさまざまなスカンジナビア語に進化しました(ただし、フィンランド語やエストニア語はウラル語ではなく、インド・ヨーロッパ語族ではありません)。
  • 東ゲルマン語は、東ヨーロッパと南東ヨーロッパに戻って移住した人々によって話され、その3つの構成言語の枝、ブルゴーニュ語、ヴァンダル語、ゴート語(最初の千年紀の初めに東ヨーロッパ、中央ヨーロッパ、西ヨーロッパの多くで話されていた言語)はすべて死にました時間の経過とともに
  • 古高ドイツ語、古ザクセン語、古フリジア語、古低地フランコニア語などの祖先である西ドイツ語は、現代ドイツ語、オランダ語、フラマン語、低地ドイツ語、フリジア語、イディッシュ語、そして最終的には英語を生み出しました。

したがって、英語はインド・ヨーロッパ語族の西ゲルマン語族に属していると言えます。

何でも知られているイギリスの最も初期の住民はケルト人(ギリシャ語からの名前)です ケルトイ 「野蛮人」を意味します)、ブリティッシュコロンビアとしても知られ、おそらく紀元前800年以降にこの地域に移動し始めました。紀元前300年頃までに、ケルトは鉄器時代のヨーロッパで最も普及したインドヨーロッパの支部になり、現代のスペイン、イタリア、フランス、ドイツ、オーストリア、バルカン、東ヨーロッパ、そしてイギリスの多くに住んでいました。

スコットランドの一部にもピクト人が早くから住んでいました。ピクト人のピクト語はケルト語とは完全に分離されており、おそらくインド・ヨーロッパ語族ではありませんでした。ピクト人の言語と文化は、西暦9世紀のバイキングの襲撃中に完全に一掃され、残りのピクト人はスコットランド人と合併しました。特に紀元前500年から紀元前400年の間のケルト人の英国への移民のさらなる波は、少なくともローマの占領まで続き、英国のケルト人の人口を大幅に増やし、国中に活気のあるケルト文化を確立しました。

しかし、次のセクションで見るように、ケルト人自身は後に疎外され、追放され、ケルト人は現在の英語の基礎ではありませんでした。ケルト人は、その発展の初期の形成段階で英国を支配していたにもかかわらず、実際には英語にほとんど影響を与えておらず、次のようなあまり使用されていない単語がいくつか残っています。 ブロック (アナグマの古い言葉)、および次のようないくつかの地理的用語 クーム (谷の言葉)と 岩山tor (岩だらけのピークの両方の言葉)。そうは言っても、多くの英国の地名はケルト語に由来しています。 ケント, ヨーク, ロンドン, ドーバー, テムズ川, エイボン, トレント, セバーン, コーンウォール などなど。ただし、他のゲルマン語では使用されていない連続時制(「歩く」ではなく「歩く」など)の使用など、セルティックが英語の文法的発達に何らかの影響を及ぼしたという推測があります。ケルト語は今日、スコットランドとアイルランドのゲーリック語、ウェールズのウェールズ語、ブルトン語のブルトン語でのみ存続しています。

この最初の侵略は、英国の文化、宗教、地理、建築、社会的行動に深刻な影響を及ぼしましたが、英国におけるローマ時代の言語的遺産は、ケルトのそれと同様に、驚くほど限られていました。この遺産は、ローマの商人や兵士によって造られた200未満の「外来語」の形をとります。 勝つ (ワイン)、 ブテレ (バター)、 caese (チーズ)、 パイパー (コショウ)、 キャンドル (キャンドル)、 セテル (ケトル)、 ディスク (皿)、 cycene (キッチン)、 アンコール (アンカー)、 ベルト (ベルト)、 sacc (袋)、 catte (猫)、 植物 (植物)、 ローザ (ローズ)、 cest (胸)、 パンド (ポンド)、 ムント (山)、 straet (街)、 ウィック (村)、 ミル (マイル)、 (港)、 weall (壁)など。しかし、ラテン語は後で(キリスト教とリテラシーの到来と英国ルネサンスのセクションを参照)、言語に実質的な影響を与えるようになります。

ラテン語は、ガリアで行われたように英国のケルト語に取って代わったわけではなく、ローマ統治時代のネイティブブリトン人によるラテン語の使用は、おそらく上流階級のメンバーと都市や町の住民に限定されていました。ローマ人は、西ゴート族、東ゴート族、ヴァンダル人から自宅で攻撃を受け、紀元410年にイギリスをケルト人に放棄し、紀元436年までに撤退を完了しました。この撤退後の非常に短い時間内に、英国がいわゆる暗黒時代に落ち着くにつれて、他の多くの人生の歩みと同様に、言語での英国へのローマの影響はほとんど失われました。


インド・ヨーロッパ語族のトルコ語起源

病気のマッピング方法は、言語族ツリーに地理的履歴を追加します。

英語、ロシア語、ヒンディー語などの多様な言語は、8000年以上前にアナトリアにまでさかのぼることができます。現在はトルコ語です。これは、病気の進化と広がりを研究するために通常使用される技術を使用して、103の古代および現代の言語を評価した研究1の結論です。研究者たちは、彼らの発見がインド・ヨーロッパ語族の起源についての長期にわたる議論を解決できることを望んでいます。

英語、オランダ語、スペイン語、ロシア語、ギリシャ語、ヒンディー語はすべて非常に異なって聞こえるかもしれませんが、オランダ語のmoeder、スペイン語のmadre、ロシア語のマットなど、すべて「母」を意味する多くの共通点があります。これに基づいて、研究者たちは、アイスランドからスリランカまで、ヨーロッパと中東全体で100以上の言語が共通の祖先に由来すると結論付けました。

一部の学者は、インド・ヨーロッパ語族は、8000〜9、500年前にトルコからヨーロッパとアジアに農業技術で広まったと考えています2。他の人々は、遊牧民の「クルガン」騎手が約6、000年前に中央アジアからインドヨーロッパ語族の起源をもたらしたと示唆しています3。両方の理論を裏付ける考古学的証拠がありますが、インド・ヨーロッパ人の遺伝学的研究は決定的ではなく、言語学者、人類学者、文化史家の間で手に負えない議論を引き起こしています。

2003年、ニュージーランドのオークランド大学のラッセル・グレイと当時の博士課程の学生であるクエンティン・アトキンソンは、コンピューターモデリングによって、「最も集中的に研究されたが、それでもなおアナトリア4の側に降りてきた、最も扱いにくい歴史言語学の問題」(「トルコに根ざした言語ツリー」を参照)。

グレイもアトキンソンも言語学者ではありません。しかし彼らは、進化生態学で採用されている種類のツールを使用して、言語の先史時代に関する重要な質問に答えることができると信じていました。

遺伝子と単語にはいくつかの類似点があり、言語の進化は従来、「家系図」形式を使用してマッピングされてきました。グレイとアトキンソンは、単語の進化は種の進化に類似しており、単語の「同族」(音と意味が互いにどれほど密接に関連しているか)をDNA配列のようにモデル化し、言語の測定に使用できると理論付けました。進化した。ひいては、単語が変化した、または変化した速度を使用して、インド・ヨーロッパ語族が互いに分岐した年齢を判断できます。

進化生物学の手法を使用して、デュオは「母」、「狩り」、「空」などの87のインド・ヨーロッパ語族の一般的な単語を比較し、言語の「種」が互いにどのように関連しているかを把握しました4。彼らはインド・ヨーロッパ語族の起源を7、800〜9、800年前までさかのぼり、アナトリア仮説を支持しました。

批評家は懐疑的でした。グレイとアトキンソンは、言語がいつ生まれたのかを決定しましたが、どこで発生したのかは決定していませんでした。だから、今日公開された論文では 化学、Atkinson、Grayとその同僚は、疫学者が病気の蔓延を追跡するために通常使用する地理ベースのコンピューターモデリングのタイプを使用してこれに取り組んでいます1。

現在のインド・ヨーロッパ語族の場所はよく知られており、古代ギリシャ語やサンスクリット語などの古い、絶滅した言語の地理的起源は、歴史的記録から推測できます。このようにして、研究者たちは、疫学モデルが病気の発生をその原因まで追跡するのと同じ方法で、インド・ヨーロッパ語族の動きを追跡できると信じていました。もう一度、彼らは起源がアナトリアであると結論を下します。

明確な空間画像

「ついに、私たちは明確な空間像を手に入れました」と、英国ケンブリッジ大学のコリン・レンフルーは言います。彼はもともとインド・ヨーロッパ語族の源としてアナトリアを提案しました。しかし彼は、多くの歴史言語学者が証拠を受け入れるのが遅いだろうと予測しています。 「 『印欧語学』の構造は、ロシアの草原から降りてきたクルガンの戦士の騎手が回復するのにしばらく時間がかかるという神話に基づいて長い間確立されてきました」と彼は言います。実際、多くの言語学者や考古学者まだクルガン仮説を支持します。カリフォルニア大学バークレー校の言語学者であるアンドリュー・ギャレットは、新しい方法を革新的であると考えていますが、彼はまだ確信が持てません。 「基礎となるデータには、誤った結論につながるバイアスがあり、無視されている強力な証拠がありますが、それでもクルガン仮説を強く支持しています」と彼は言います。ニューヨーク州オニオンタにあるハートウィック大学の考古学者であるデビッド・アンソニーは、このタイプのモデルは複雑な言語的および考古学的証拠と一致しないと述べています。 「この研究は、証拠をモデルに後付けする例ですが、そのようなモデルの結果は、基礎となるデータと仮定と同じくらい有用です」と彼は言います。

しかし、アトキンソン氏は、新しいモデルが徐々に現場で受け入れられるようになっていると述べています。 「10年前、この仕事への反応は非常に異なっていました。私は、歴史言語学における計算モデリングのアプローチに対する態度が、単なる奇妙なサイドショーから明確な注目の焦点へと実際に変化していることに気づきました。」


言語がどのように接続されているかを示すこの驚くべき木は、あなたが私たちの世界を見る方法を変えるでしょう

今日私たちが話すさまざまな言語のほとんどは、実際にはその起源によっていくつかのグループにしか配置できないことをご存知ですか?これは、イラストレーターのミンナ・スンドバーグが言語ツリーのエレガントなインフォグラフィックでキャプチャしたものであり、最も古い言語間のいくつかの魅力的な祖先のリンクを明らかにしています。

エスノローグの調査データを使用して、ミンナは家系図のメタファーを使用して、すべての主要なヨーロッパ語、さらには多くの東部の言語をインド・ヨーロッパ語族とウラル語族にグループ化する方法を説明しました。画像全体に言語が点在しており、大きな葉は最もネイティブスピーカーの言語を表しています。しかし、この詳細な言語族ツリーでさえ、そこにある非常に多様な言語をカバーしていません。&ldquo当然のことながら、ほとんどの小さな言語は、言語グラフの起源に到達しませんでした&rdquoアーティストはio9に説明しました。 &ldquoThere&rsquosは文字通りインド・ヨーロッパ語族だけで数百人であり、私はこのページに非常に多くしか収まらなかったので、ほとんどが100万未満でした。どこかで公式のステータスを持たない話者の言語が削減されました。&rdquo

大きな葉は、その言語を母国語として使用するより多くの人々を表しています

ヨーロッパ支部は、スラブ、ロマンス、ゲルマンの3つに分かれています。スラブ言語間のかなり複雑な関係が見えます

また、英語のゲルマン語のルーツも示しています

驚くべきことに、スカンジナビアの隣人とは異なり、フィンランド語はウラル語族に属しています

インド・イラン語派は、ヒンディー語とウルドゥー語、およびラージャスターン語のようないくつかの地域のインド言語の間のリンクを明らかにします

ほとんど終わった。サブスクリプションプロセスを完了するには、先ほど送信したメールのリンクをクリックしてください。

あなたが私たちのAndroidアプリに切り替えると退屈なパンダが最もよく機能します

Bored PandaはiPhoneアプリでうまく機能します!

秘密のオードとの戦いで。
誰もいない。誰もいないcahootsで。

誰でも退屈なパンダに書くことができます詳細

これが、私たち人類学者が白人を「インド・ヨーロッパ人」と呼ぶ理由です。すべてのインド・ヨーロッパ人は、インドやパキスタンに住んでいる人でさえ、「いわゆる」白人です。彼らはただ非常に日焼けしている、それだけです。ヨーロッパと中東全体でこの移住を引き起こした原因をまだ公式に特定していませんが、紀元前5、600年頃の黒海の突然の壊滅的な洪水がこのディアスポリアの原因であったようです。そして、最後の氷河期からの溶けた氷がボスポラス海峡でようやく溢れ始め、メッドを黒海から分離したため、洪水が起こりました。一言で言えば、それがおそらくこのすべての移行の原因であり、言語が相互にリンクされている理由です。

なぜジョンLに「投げられた犬」がいるのか、私にはわかりません。彼は正しい意見を述べました。はるか昔のインドヨーロッパ人はすべて白人の祖先を持っていました、今日でさえ彼らはその人種のDNAを持っていますが、南アフロと中国人と混ざっていました。私たちは皆、ネアンデルタール人から、アトラントからのいくつかの根を持っています!

いいえ、私たちのほんのわずかな割合が私たちのDNAに(わずかな割合の)ネアンデルタール人を持っています。

今日の証拠は、ネアンデルタール人からの私たちの派生が正しくなく、それらがサピエンスと並行して進化したそれ自体の種であったことを示唆しています-私たちが約1世紀の間誤って信じていたように、それらは連鎖のつながりではありません。

ああ、ジョン。私はあなたのコメントを本当に楽しんだ、そしてあなたのヘイトスピーチについて聞いて私は悲しい。私は現在、医療分野でも働いています。性別違和が医療委員会にとって受け入れられる診断であるだけでなく、悪名高い困難な保険会社にとっても受け入れられるのであれば、それは素人にとって十分すぎるはずです。何か建設的な貢献がない限り、脆弱な人々に関する非常にデリケートな問題について話すのはやめてください。あなたに関係のない問題について否定的なコメントをする理由は見当たらない。

土曜日、どういうわけか私はここでこの騒動をすべて逃したに違いありません。しかし、いいえ、KKやEchoがあなたに信じさせるように、私は「ヘイトスピーチ」を実践していません。私は同性愛と性転換症を政治的な問題ではなく、遺伝的および生物学的な問題と見なしています。私にとって、すべての人々は私たちの創造主と法の前で平等です。私も彼らの窮状に共感しますが、常に大声でドラムを叩き続けると、圧倒的多数に苛立ちを覚えます。まるで、みんなの喉に何かを突き刺したり、地獄や高水に来たりしようと決心している人もいます。そして、それは長期的には自己敗北です。私がしたのは、圧倒的多数のBP信者が政治的見地から彼らに押し付けたくない何かの絶え間ない鼓動についての私の批判を表明することだけでした。いいえ、私には議題がありません。「古い人種差別主義者のおじいちゃん」ではありません。または、私のようではない人々に病気を抱えています。ごめん。

それははるかに複雑です。古代DNAのおかげで、元のインド・ヨーロッパ人は実際に黒海の北に住んでいて、今日の南ヨーロッパ人のようにかなり狡猾であったことがわかりました。しかし、中央ヨーロッパでは、彼らは紀元前3000年頃にはるかに薄い地元の人々を同化し、インド・ヨーロッパの縄目文土文化をもたらしました。この文化は、少なくともゲルマンとバルト・スラヴの支部(そしておそらく他の支部)の起源であり、シンタシュタ文化を介して、明らかにインド・イランの支部でもあるようです。したがって、北欧人の薄い肌と明るい髪と目は、元のインド・ヨーロッパ人からではなく、IE拡張の前にそこにいた先住民の北欧人から来ています。しかし、インド・イラン人はアジアの地元の人々と混ざり合っており、主にアフガニスタンにいる孤立した人々を除いて、彼らがもはや北ヨーロッパに見えない理由を説明しています。したがって、肌の色が濃いのは先住民との混合によるものです。インドは人種のるつぼです。

最大の失望はこれでタミル語を示していません。トップ10の最も古い言語の1つ。


インド・ヨーロッパ人は誰で、なぜ彼らは重要なのですか?

このサイトのいくつかの記事でインド・ヨーロッパ祖語とインド・ヨーロッパ祖語を参照しているので、これらの人々が誰であるか、そしてなぜ彼らが重要であるかについて、一般的および特定の文脈の両方で簡単な概要を提供することが役立つと思いました。北欧や他のゲルマン人のキリスト教以前の神話や宗教を理解する。

名前が示すように、インド・ヨーロッパ祖語は元々のインド・ヨーロッパ祖語社会でした。彼らが最初に歴史に噴出した時期と場所の詳細の多くは物議を醸していますが、言語学的および考古学的な証拠は、青銅器時代の起源を最も説得力を持って示しています&#8211、特に約5000年前&#8211今日のウクライナ東部とロシア南西部の黒海とカスピ海。 [1](&#8220today&#8221とは、2014年5月初旬を意味します&#8211確かに、この地域の政治地図が現在どのように再描画されているかについて話し合う必要はありません。)

インド・ヨーロッパ祖語は牧畜民であり、その経済は数種の家畜の飼育を中心としていました。そのため、彼らは半遊牧民であり、動物が放牧できる新しい牧草地を見つけるために長距離を旅していました。すべてではないにしても、ほとんどの牧畜民のように、彼らは家父長制であり、彼らが頻繁に見つける必要のある新しい牧草地のように激しく好戦的であり、通常は他の人によって占領されており、新参者は征服、殺害、または追い払う必要があります彼らのフィールドを使用するために土地の初期の住民。

しかし、インド・ヨーロッパ祖語には、隣人に比べて2つの特別な軍事的利点がありました。それは、飼いならされた馬と車輪です。他のすべての条件が同じであれば、徒歩の戦士は、馬に乗ったり、戦車に乗ったりしている戦士に対抗するチャンスがありません。

このように装備されたインド・ヨーロッパ祖語は、次の世紀にユーラシア大陸の大部分に広がりました。彼らがどこへ行っても、事実上すべてのヨーロッパ、インド亜大陸、そしてその間の多くの土地で、地元の人々を征服し、同化させました。先印欧人の習慣、言語、世界観は確かにこの征服後に形成されたハイブリッド社会に影響を及ぼしましたが、これらの社会の基本的なテンプレートはしっかりとインド・ヨーロッパ語族でした。

この基礎となる構造は、言語、宗教、階級制度などに関して、さまざまな新しい環境で時間とともに変化しました。&#8211今日私たちがケルト人、ギリシャ人、ローマ人、スラブ人として認識する社会は、 (もちろん、インドの)インディアン、そしてそうです、ゲルマン人が生まれました。これらの社会はすべて、インド・ヨーロッパ祖語社会の子孫であるため、すべて「インド・ヨーロッパ祖語」と呼ばれます。

さまざまなインド・ヨーロッパ語族の関係は、次のインド・ヨーロッパ語族の家系図を検討することで、一目で最もよく理解できます。 (上部の&#8220Indo-European&#8221は、他のすべての言語の子孫であるProto-Indo-European言語を指します。Vikingsの言語であるOld Norseは、&#8211やや恣意的に&#8211に分割されています。ここに東北欧と西北欧があります。ご覧のとおり、英語&#8211現在読んでいる言語&#8211は西ドイツ語であり、インド・ヨーロッパ祖語にまでさかのぼることができます。)

なぜインド・ヨーロッパ語族が重要なのですか?

私たちはこの質問に2つの異なる角度からアプローチします。まず、インド・ヨーロッパ語族の比較研究がゲルマン神話と宗教の研究にとって重要なのはなぜですか。そして第二に、インド・ヨーロッパ語族の研究が今日の私たちの生活に関連しているのはなぜですか?

最初の質問に関しては、キリスト教以前のゲルマン人の世界観と生き方に関する私たちの現在の知識の主な情報源は、まばらで断片的であり、しばしば不可解です。情報源だけを額面で検討するだけでは、異教徒のゲルマン宗教の包括的な全体像を形成することは不可能です。さまざまな解釈および比較戦略が必要です。

インド・ヨーロッパ語族の研究の出番です。インド・ヨーロッパ語族のさまざまな部門&#8211ゲルマン語、ケルト語、ヒンズー教など&#8211はすべて、インド・ヨーロッパ祖語からの継承により、いくつかの共通のコア機能を備えていました。 。これらのコア機能が何であるかを知ることで、これらのモデルに照らして、他の方法では意味をなさないゲルマン宗教のいくつかの要素を理解することができます。確かに、「インド・ヨーロッパ祖語はXの特徴を持っていたので、後のゲルマンの宗教もXの特徴を持っていた」と自動的に推測することはできませんが、他のいくつかの中で可能な解釈レンズの1つとして利用された場合、比較インド-ヨーロッパの視点は強力な資産になる可能性があります。いくつかの例:

北欧神話の神Tyrは、古ノルド語の文学資料では比較的あいまいな人物です。しかし、言語学的証拠に基づいて、私たちは彼をインド・ヨーロッパ語族の最高神にさかのぼることができます。 *デウス、[2]これにより、神の階層内での彼の性格と役割のさまざまな側面を暫定的に再構築することができます。

神の階層について言えば、インド・ヨーロッパ祖語社会は3つの異なるクラス、つまり「機能」に分けられました。最初の機能、司祭と支配者の機能、2番目の機能、戦士と3番目の機能、農民、遊牧民、職人など&#8211&#8220庶民&#8221 [3]この3つの社会の分裂は、それ自体、インド・ヨーロッパ語族以外の社会に見られるかもしれませんが、&# 8220itは、この構造を、文化的イデオロギーと行動のすべての分野でほぼ無限の精緻化を必要とし、受け取る特別なクラスの概念として扱い、インド・ヨーロッパ人に真にユニークなものにします。&#8221 [4]

神話はそのような&#8220文化的イデオロギーと行動の領域の1つです。&#8221北欧神話では、ティルとオーディンは最初の機能の2つの異なる側面を例示しています。ティルは慈悲深い王または裁判官であり、オーディンは&魔法の力で支配する恐ろしいソブリン&#8221。アスガルドの不屈の擁護者であるトールは、2番目の機能を例示していますが、彼には3番目の機能にリンクする農業団体もありました。 (繰り返しになりますが、対応は印象的ですが、完璧にはほど遠いです。)3番目の関数は、他のどの神よりもフレイによって表されます。 [5]したがって、11世紀のドイツの歴史家ブレーメンのアダムがスウェーデンのウプサラで訪れた異教の寺院についての説明で、彼が中心的な位置を占めていると述べた「偶像」が3つだったのは偶然ではありません。オーディン、トール、フレイの印象的な描写&#8211 3つの機能すべて&#8211を並べて。 [6]

これらは多くの例の2つにすぎませんが、ゲルマン神話は、純粋にそれ自体よりも、インド・ヨーロッパ語族の文脈で考えるとはるかに理にかなっているという点を説明するのに十分なはずです。

2番目の質問&#8211に関して、インド・ヨーロッパ人の研究が今日の私たちの生活に関連しているのはなぜですか? &#82112つ答えます。

1つ目は、インド・ヨーロッパ人がいなかったら、世界は今日のようにはならないということです。この記事を読んでいる場合は、母国語がインド・ヨーロッパ語族である可能性が高く、その可能性も非常に高いです。 全て あなたが話す言語の内、インド・ヨーロッパ語族です。言語が私たちが考えることができる思考の範囲をいかに強力に形作るかを考えると、この事実は私たちの人生観、ひいては私たちの行動に小さな影響を及ぼしません。少なくとも理論的には、三機能階層の痕跡はまだ私たちの社会に存在しています。政府は警察や軍隊よりも強力であり、警察や軍隊は他の「市民」人口よりも強力です。

より具体的な例も容易に提供できます。たとえば、キリスト教は、ペルシャの預言者ゾロアスター/ザラスシュトラが最初に二元的で道徳的な善と悪の考えを明確に述べなければ存在できなかったでしょう。ゾロアスターの哲学と宗教であるゾロアスター教は、多くの点で以前からの根本的な逸脱でした。インドヨーロッパの考え方にもかかわらず、彼はインドヨーロッパの遺産を、彼自身のビジョンを作成するための非常に多くの構成要素として使用しました。 [7]

インド・ヨーロッパ語族の研究がなぜ関連するのかという質問に対する私の2番目の答えは、それが現代の社会構造と思想に影響を与えたのと同じくらい強力に、インド・ヨーロッパ語族の世界観が私たちのものと著しく異なる多くの方法もあるということです。それを研究することで、あなた自身の世界観を作成する際に、より多くの視点を引き出すことができます。

北欧神話と宗教に関するより優れた情報をお探しですか?このサイトは究極を提供しますが オンライン トピックの紹介、私の本 バイキングスピリット 北欧神話と宗教への究極の紹介を提供します 期間。また、北欧神話のベスト10の本の人気リストも作成しました。これは、おそらくあなたの追求に役立つでしょう。

[1] Anthony、David W. 2007.馬、車輪、言語:ユーラシアの草原からのブロンズ時代のライダーが現代世界をどのように形作ったか。

[2]マロリー、J.P。、およびD.Q.アダムス。 2006.インド・ヨーロッパ祖語とインド・ヨーロッパ祖語の世界へのオックスフォード入門。 NS。 408-409。

[3]ジョルジュ・デュメジル。 1988. Mitra-Varuna:主権の2つのインドヨーロッパ語族の表現に関するエッセイ。デレク・コルトマン訳。

[4]マロリー、J.P。1991。インドヨーロッパ人を求めて:言語、考古学、神話。 NS。 271。

[5]ジョルジュ・デュメジル。 1973年。古代の北欧人の神々。エイナルハウゲン編集。

[6]ブレーメンのアダム。 NS。 1080.ハンブルク-ブレーメンの大司教の歴史。フランシス・ジョセフ・ツァン訳。 NS。 207。

[7] Winn、Shan M. M. 1995. Heaven、Heroes、and Happiness:Indo-European Roots of WesternIdeology。


言語の家系図はアナトリアにルーツを持っている、と生物学者は言う

進化的家系図を描くために開発されたツールを使用している生物学者は、考古学における長年の問題、つまりインド・ヨーロッパ語族の起源を解決したと述べています。

家族には、英語と他のほとんどのヨーロッパ言語、ペルシア語、ヒンディー語、その他多くの言語が含まれます。言語の重要性にもかかわらず、専門家は長い間その起源について意見が一致していませんでした。

言語学者は、インド・ヨーロッパ祖語として知られる母国語の最初の話者は、約4、000年前に黒海の上の草原で故郷から飛び出し、ヨーロッパとアジアを征服した戦車を運転する牧師であったと信じています。反対に、最初のインド・ヨーロッパ語族の話者は、約9、000年前、現在はトルコのアナトリアで、剣ではなく鍬で言語を広めた平和な農民であったというライバルの理論があります。

討論への新規参入者は、ニュージーランドのオークランド大学の進化生物学者、クエンティン・アトキンソンです。彼と同僚は、103のインド・ヨーロッパ語族の既存の語彙と地理的範囲を取得し、統計的に最も可能性の高い起源に時間と場所を計算で戻しました。

その結果、彼らはサイエンス誌の木曜日の号で、「草原の起源よりもアナトリアの起源に対する決定的な支持を見つけた」と発表しました。インド・ヨーロッパ語族の木のタイミングと根の両方が、「8000年から9、500年前に始まったアナトリアからの農業の拡大に適合している」と彼らは報告している。

しかし、その高度な統計手法にもかかわらず、彼らの研究はすべての人を納得させるわけではありません。

研究者たちは、代名詞、身体の一部、家族関係など、言語の変化に抵抗力があることが知られている語彙アイテムのメニューから始め、それらをインド・ヨーロッパ祖語の推定祖先の単語と比較しました。同じ祖先の単語からの明確な降下線を持つ単語は、同族語として知られています。したがって、「母」、「つぶやき」(ドイツ語)、「マット」(ロシア語)、「マダール」(ペルシア語)、「マトカ」(ポーランド語)、「マター」(ラテン語)はすべて、インド・ヨーロッパ祖語に由来する同族語です。ヨーロッパ語の「mehter」。

Dr. Atkinson and his colleagues then scored each set of words on the vocabulary menu for the 103 languages. In languages where the word was a cognate, the researchers assigned it a score of 1 in those where the cognate had been replaced with an unrelated word, it was scored 0. Each language could thus be represented by a string of 1’s and 0’s, and the researchers could compute the most likely family tree showing the relationships among the 103 languages.

A computer was then supplied with known dates of language splits. Romanian and other Romance languages, for instance, started to diverge from Latin after A.D. 270, when Roman troops pulled back from the Roman province of Dacia. Applying those dates to a few branches in its tree, the computer was able to estimate dates for all the rest.

The computer was also given geographical information about the present range of each language and told to work out the likeliest pathways of distribution from an origin, given the probable family tree of descent. The calculation pointed to Anatolia, particularly a lozenge-shaped area in what is now southern Turkey, as the most plausible origin — a region that had also been proposed as the origin of Indo-European by the archaeologist Colin Renfrew, in 1987, because it was the source from which agriculture spread to Europe.

Dr. Atkinson’s work has integrated a large amount of information with a computational method that has proved successful in evolutionary studies. But his results may not sway supporters of the rival theory, who believe the Indo-European languages were spread some 5,000 years later by warlike pastoralists who conquered Europe and India from the Black Sea steppe.

A key piece of their evidence is that proto-Indo-European had a vocabulary for chariots and wagons that included words for “wheel,” “axle,” “harness-pole” and “to go or convey in a vehicle.” These words have numerous descendants in the Indo-European daughter languages. So Indo-European itself cannot have fragmented into those daughter languages, historical linguists argue, before the invention of chariots and wagons, the earliest known examples of which date to 3500 B.C. This would rule out any connection between Indo-European and the spread of agriculture from Anatolia, which occurred much earlier.

“I see the wheeled-vehicle evidence as a trump card over any evolutionary tree,” said David Anthony, an archaeologist at Hartwick College who studies Indo-European origins.

Historical linguists see other evidence in that the first Indo-European speakers had words for “horse” and “bee,” and lent many basic words to proto-Uralic, the mother tongue of Finnish and Hungarian. The best place to have found wild horses and bees and be close to speakers of proto-Uralic is the steppe region above the Black Sea and the Caspian. The Kurgan people who occupied this area from around 5000 to 3000 B.C. have long been candidates for the first Indo-European speakers.

In a recent book, “The Horse, the Wheel and Language,” Dr. Anthony describes how the steppe people developed a mobile society and social system that enabled them to push out of their homeland in several directions and spread their language east, west and south.

Dr. Anthony said he found Dr. Atkinson’s language tree of Indo-European implausible in several details. Tocharian, for instance, is a group of Indo-European languages spoken in northwest China. It is hard to see how Tocharians could have migrated there from southern Turkey, he said, whereas there is a well-known migration from the Kurgan region to the Altai Mountains of eastern Central Asia, which could be the precursor of the Tocharian-speakers who lived along the Silk Road.

Dr. Atkinson said that this was a “hand-wavy argument” and that such conjectures should be judged in a quantitative way.

Dr. Anthony, noting that neither he nor Dr. Atkinson is a linguist, said that cognates were only one ingredient for reconstructing language trees, and that grammar and sound changes should also be used. Dr. Atkinson’s reconstruction is “a one-legged stool, so it’s not surprising that the tree it produces contains language groupings that would not survive if you included morphology and sound changes,” Dr. Anthony said.

Dr. Atkinson responded that he did indeed run his computer simulation on a grammar-based tree constructed by Don Ringe, an expert on Indo-European at the University of Pennsylvania, but that the resulting origin was, again, Anatolia, not the Pontic steppe.


Indo-European language family tree - History

The Indo-European language which is the earliest known ancestor of modern English is also the ancestor of most modern Western languages. Read about how Indo-European was discovered and look at the family tree below which shows those connections. At least fourteen other families of languages have been discovered in addition to Indo-European.

From the family tree you can see that a surprising number of modern languages are related by way of a common ancestor.

This does not mean that they can be understood by each other - in fact one major test of a language is that languages should be "mutually unintelligible" - but they will have some words in common, remaining from their common heritage. The word salmon is a brief case study.

You will see that modern English does not appear in the table above. This is because modern English, uniquely amongst Indo-European languages in the last thousand years, is a blend of French and Old English (with elements of Latin and Scandinavian) making it both Italic (or Romance) and Germanic. It is this blend which gives us such a large vocabulary and a flexibility to adapt to circumstances. The "mongrel" language continues to adapt while other languages try to keep out foreign influences.


Kambiz. Looks like it comes from a paper by Gamkrelidze and Ivanov, “The Early History of Indo-European Languages” in Scientific American of March 1990. Just found a version.

This tree looks good :-) But, of course, some people would make it different … I would place Anatolian closer to Greek, also this tree topology can not describe intermixing (e.g. Romanian influenced by Slavic)

This tree is accurate enough. Perfect for schools to illustrate the origin of most of the European languages. Although, I’m slightly disappointed because I’m used to seeing the smaller finno-ugric language tree next to the indo-european tree.

And as stated by hrdonka, this tree doesn’t specify how the current languages have been mixing together. On the other, that’s not the point of the tree either. Hm, linguistics is just plain fun…

Excellent point. In their traditional forms, neither tree theory (Stammbaumtheorie) or wave theory (Wellentheorie) account for each other’s presence. The fact of the matter is that language changes over time through mechanisms expressed in both theories. Tree theory, as expressed in the illustration above, may account for sound change and analogical change. These types of linguistic change are self sufficient, and will occur over time regardless of outside contact. Wave theory accounts for borrowing, which of course, is well documented in all language areas. The problem with using tree diagrams (and language maps for that matter), is that language changes by all three mechanisms, not just one or two. I would like to see more diagrams which do not require the ommition of important and well observed phenomina.

I can’t find albanian in there

Tod, you’re right. This tree was made in the 1990’s, and while Albanian was determined to be an Indo-European language in the 1854, it seems like it wasn’t considered when making this tree. I did write in the original post that, “many languages are left out.” It should fall somewhere between the Armenian and Greek branches.

Here’s a link to some cladistic work done a few years ago:

Puts Albanian on a different branch to Armenian and Greek. Connects it more to Persian and Indian languages. However there are several other connections in their tree I have difficulty accepting and I think you’re probably correct Kambiz.

Although you start to say that there are some languages missing in the tree, i think that Portuguese shouldn’t have been left out, since it is the 5th most spoken language in the world (by number of native speakers), way more than Italian for example, that comes in 19th. Of course we don’t have pizza, or focaccia, but we are talking about languages… not food :P

Why in your indo evropian branches of the language tree isn’t albanian language?

The diagram is not only interesting to study, but it was also looks nice.

Though no diagram is going to please everyone, it has far more detail and includes far more languages than the tree posted. And, yes…. it includes both Gheg and Tosk dialects of Albanian.


How deep can we dig into the history of language? [ edit ]

Another vein of rich speculation seeks to relate Indo-European to other reconstructed protolanguages. Historical linguistics is founded on a principle called the comparative method。 A relationship between two languages cannot be established only by discovering words that seem to resemble each other they must be shown to derive from a common ancestor. There must be a consistent set of sound changes from a (partially) reconstructable protolanguage. Historical linguistics does not simply seek to demonstrate the possibility that two languages might be related it means to show specifically how, and arrange languages cladistically on a family tree.

The possibility of a relationship between the several languages of the Indo-European family was noticed early on by comparing word lists but given the possibility of borrowing, onomatopoeia, and chance resemblances, comparing lists of words is an insufficiently rigorous method of determining language classifications. The comparative method attempts to add testable hypotheses and greater certainty to the uncovering of language families. It depends on an insight from a group of late 19 th century philologists called the Neogrammarians such as Karl Brugmann, who observed that sound changes were 通常 and could be reconstructed as the application of phonetic laws on the original forms. As such, the comparative method involves:

  1. Compiling lists of cognate words
  2. Establishing lists of corresponding phonemes within the sets of cognates
  3. Discovering which sets are in "complementary distribution" — to identify whether the environment of surrounding sounds makes a difference in the operation of the phoneme correspondence rules
  4. Reconstructing the phonemes of the hypothetical source proto-language and
  5. Classifying the sound structure of the reconstructed language.

By doing this, linguists hope to establish the cladistics of the tree of descent of the current languages from the proto-language, much like biologists reconstruct the family tree of species. The take-home point in all of this is that establishing a relationship between two languages is a bit more complicated than comparing lists of words. There's a method involved, designed to exclude borrowings and coincidence, and comparing lists of words is only step one.

It should be noted that, while some languages change faster than others, these methods suggest that as you move further into the past, the likelier it becomes that family resemblances drift further eventually you reach a point where further relationships are no longer recoverable. Suppose Hannibal had won the Punic War, and founded an empire mightier than Rome's one that planted Punic everywhere from Iceland to Arkhangelsk to Bengal, and the only Indo-European languages that were left were contemporary spoken Scottish Gaelic and Sinhalese. It would probably take a while before anybody even wondered whether those two might be related. The existence of the relationship might still be recoverable, in some rudimentary way but the elaborate reconstruction of Proto-Indo-European we now have would not be possible, and many actual cognates would be missed because of lack of the ability to recover any intermediate forms. There comes a point where recovery of genuine relationships becomes impossible.

This is also why bulk comparison of vocabulary and invitations to see resemblances are, without more elaborate explanations, one of the signature features of pseudolinguistics.

Glottochronology is another discredited method, based on Morris Swadesh's theory that basic vocabulary would change at a constant rate analogous to radioactive decay. The idea was quite ingenious, but since every assumption it was based on has been shown to be false, it has few followers. ⎡]

The actual time when PIE was spoken is debated, but a tentative guess puts it at no earlier than 4.000 BC. To state the obvious, when linguists say that some languages are not related to others, they simply mean that they can not be demonstrated to be related. For all we know, human language might have evolved only once, but because of the length of time of evolution involved, evidence of relationship has simply vanished. To take an example, there have been claims that Elamite is related to the Dravidian languages. It has proved impossible to demonstrate that, and there are very few people who are qualified to form an opinion.


Feast Your Eyes on This Beautiful Linguistic Family Tree

When linguists talk about the historical relationship between languages, they use a tree metaphor. An ancient source (say, Indo-European) has various branches (e.g., Romance, Germanic), which themselves have branches (West Germanic, North Germanic), which feed into specific languages (Swedish, Danish, Norwegian). Lessons on language families are often illustrated with a simple tree diagram that has all the information but lacks imagination. There’s no reason linguistics has to be so visually uninspiring. Minna Sundberg, creator of the webcomic Stand Still. Stay Silent, a story set in a lushly imagined post-apocalyptic Nordic world, has drawn the antidote to the boring linguistic tree diagram.

Also worth checking out is the page before the tree, where she gives a comparison chart of words in the Nordic languages, and illustrates what an outlier Finnish is with the concept of “meow.”

You can order a poster version here.読んだ Stand Still. Stay Silent ここ。 Also see Sundberg’s previous work, A Redtail’s Dream, here.