コンピューターの前に計画はどのように行われましたか?

コンピューターの前に計画はどのように行われましたか?



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

特に、戦争キャンペーンのような大規模な作戦はどのように組織され、兵站はどのように追跡され、人々は時間に敏感なイベントの複雑な連鎖が正しく実行されることをどのように保証しましたか?どのようなペンと紙(または他の)方法が存在しましたか?


ガントチャートは元々、紙ベースのプロジェクト計画方法でした。グーグルの記事は言う

このタイプの最初の既知のツールは、1896年にKarol Adamieckiによって開発されました…チャートは、1910〜1915年頃にチャートを設計したHenry Gantt(1861-1919)にちなんで名付けられました。

続く

ガントチャートの最初の主要なアプリケーションの1つは、第一次世界大戦中の米国によるものでした…

ガントチャートは多くのプロジェクトに十分です(ただし、少し時代遅れです)が、最適なソリューション(時間、材料、人)を探し始めると、より強力なツールが価値のあるものになります。

2つの最も一般的な手法(多くの場合、一緒に使用されます)は、プログラム評価およびレビュー手法(PERT)とクリティカルパス法です。

PERTの開発と早期使用:

ポラリス-潜水艦兵器システムと艦隊弾道ミサイル能力の開発を担当する海軍の特別プロジェクト事務所は、研究開発プログラムの進捗状況を測定および予測するための統計的手法を開発しました。このプログラム評価およびレビュー手法(コード名PERT)は、最終目的を達成するための時間を節約するように設計された意思決定ツールとして適用され、時間が重要な要素である研究開発プログラムに従事する人々にとって特に興味深いものです。 。

クリティカルパス法の開発と早期使用:

クリティカルパスとして知られるようになったものの前身は、1940年から1943年の間にデュポンによって開発され、実践され、マンハッタン計画の成功に貢献しました。

これらのツールはそれぞれ元々手動でしたが、非常に規範的な手法であるため、ソフトウェアで簡単に実装できます。たとえば、ICLには1970年代半ばにPERT製品があったことを思い出します。


かつて女性の仕事だったコンピュータプログラミング

今日、コンピュータプログラミングの分野は男性によって支配されています。しかし、それは常にそうではありませんでした。実際、長い間、コンピュータープログラミングは女性の分野でした。 &#160ジェンダーニュースで、ブレンダD.フリンクは、&#8220コンピューターオタク&#8221がステレオタイプとして&#8220コンピューターガール&#8221をどのように追い抜いたかを説明します。彼女は書く:

関連性のあるコンテンツ

1960年代には、多くの人々がコンピュータプログラミングを知識豊富な若い女性にとって自然なキャリアの選択であると認識していました。 Cosmopolitan Magazineのトレンドスポッターでさえ、ファッショナブルな女性の読者にプログラミングのキャリアを検討するよう促しました。 「TheComputerGirls」というタイトルの記事で、この雑誌は、この分野が他の多くの専門職よりも女性に良い仕事の機会を提供していると説明しています。コンピューター科学者のグレースホッパー博士が記者に語ったように、プログラミングは夕食の計画と同じでした。必要なときに準備ができるように、事前に計画を立ててすべてをスケジュールする必要があります。女性はコンピュータプログラミングの&#8216naturals&#8217です。&#8221Association for ComputingMachineryの教育ディレクターであるJamesAdamsは、次のように同意しました。女性にとって同じくらいの機会です。&#8221

さて、昔のマネージャーが今よりも女性を尊敬しているわけではありません。彼らは単にコンピュータプログラミングを簡単な仕事と見なしていました。それは彼らにタイプしたりファイリングしたりするようなものであり、ソフトウェアの開発はハードウェアの開発ほど重要ではありませんでした。そのため、女性はソフトウェアを作成し、プログラムを作成し、男性の同僚にハードウェアを改善する方法を教えました。 (プログラミングは難しいことがわかりました。実際、女性は男性と同じくらい上手です。)

何が変わったの?男性プログラマーは、自分の仕事を「女性の仕事」のカテゴリから引き上げたいと考えていました。彼らは専門家協会を設立し、女性の雇用を思いとどまらせました。広告は、女性スタッフをエラーと非効率性で結び付け始めました。彼らは、数学の授業を受けた男性に有利な雇用目的の数学パズルテストと、理想的な&#8220プログラミングタイプを見つけることを目的とした性格テストを開始しました。&#8221フリンクは次のように書いています。

テスト開発者によると、成功したプログラマーは、他のホワイトカラーの専門家とほとんど同じ性格を持っていました。しかし、重要な違いは、プログラマーが「人々への無関心」を示し、「密接な個人的相互作用を伴う活動」を嫌っていたことでした。ソーシャルコンピュータオタク。

そして、ここに私たちは今日、男性、オタク、反社会的であることが期待されている世界のコンピュータープログラマーがいます。この奇妙で自己達成的な予言は、分野全体が築かれた女性を忘れています。

ローズ・エヴェレスについて

Rose Evelethは、スマートニュースのライターであり、ブルックリンを拠点とするプロデューサー/デザイナー/サイエンスライター/アニメーターです。彼女の作品はに登場しています ニューヨーク・タイムズ, サイエンティフィックアメリカン, ストーリーコライダー, TED-Ed地球上で.


1947-1974:財団

Intelの4004に至るまで、最初の商用マイクロプロセッサ

初期のパーソナルコンピューティングでは、熱狂者は電気部品の組み立て(主にはんだ付けの能力)と機械のコーディングの両方のスキルを持っている必要がありました。

確立された商用市場のリーダーは、入出力機能とソフトウェアの制限、標準化の欠如、高いユーザースキル要件、および想定されるアプリケーションがほとんどないため、パーソナルコンピューティングを真剣に受け止めていませんでした。 Intel自身のエンジニアは、8080が当初の予想よりもはるかに幅広い製品に実装され始めるとすぐに、同社がパーソナルコンピューティング戦略を追求するよう働きかけました。スティーブウォズニアックは彼の雇用主であるヒューレットパッカードに同じことをするように懇願するでしょう。

ジョン・バーディーン、ウィリアム・ショックレー、ウォルター・ブラッテン、ベル研究所、1948年。

愛好家がパーソナルコンピューティング現象を開始した一方で、現在の状況は主に、マイケルファラデー、ユリウスリリエンフェルド、ボリスダビドフ、ラッセルオール、カールラークホロビッツからウィリアムショックレー、ウォルターブラッテン、ジョンバーディーンまでの血統の延長です。 1947年12月にベル電話研究所で最初のトランジスタ(伝達抵抗の共役)を共同開発したロバート・ギブニーとジェラルド・ピアソン。

ベル研究所は、トランジスタの進歩(特に1959年の金属酸化物半導体トランジスタまたはMOSFET)の原動力であり続けますが、米国司法省からの反トラスト制裁を回避するために、1952年に他の企業に広範なライセンスを付与しました。したがって、ベルとその製造の親会社であるウエスタンエレクトリックは、急速に拡大している半導体事業において、ゼネラルエレクトリック、RCA、テキサスインスツルメンツを含む40社が加わりました。ショックリーはベル研究所を去り、1956年にショックリー半導体を開始しました。

1947年にベル研究所によって発明された、これまでに組み立てられた最初のトランジスタ

優秀なエンジニアであるShockleyの苛性ソーダは、従業員の管理が不十分であることに関連しており、短期間で事業を運命づけました。研究チームを結成してから1年以内に、彼は「The Traitorous Eight」の大量流出を引き起こすのに十分なメンバーを疎外しました。これには、Intelの将来の創設者であるJeanHoerniの2人であるRobertNoyceとGordonMooreが含まれます。 、およびジェイラスト。 The Eightのメンバーは、シリコンバレーの新興企業のモデルとなった会社であるFairchild Camera andInstrumentの新しいFairchildSemiconductor部門の中核を提供します。

フェアチャイルドの会社の経営陣は、北米のXB-70 Valkyrie戦略爆撃機のIBM製飛行システムで使用されているような注目度の高いトランジスタ契約からの利益に焦点を当てているため、新しい部門をますます限界に近づけるでしょう。 Minuteman ICBMシステム、CDC 6600スーパーコンピューター、およびNASAのApolloガイダンスコンピューター。

愛好家がパーソナルコンピューティング現象を開始した一方で、現在の状況は主に1940年代後半の初期の半導体の研究から始まった系統の延長です。

しかし、テキサスインスツルメンツ、ナショナルセミコンダクター、モトローラが契約のシェアを獲得したため、利益は減少しました。 1967年後半までに、フェアチャイルドセミコンダクターは、予算の削減と主要な人員の離職が定着し始めたため、以前の自己の影になりました。驚異的なR&ampDの洞察力は商業製品に変換されておらず、経営陣内の戦闘派閥は会社にとって逆効果であることが証明されました。

フェアチャイルドセミコンダクターを始めるためにショックリーを辞めた裏切り者エイト。左から:ゴードン・ムーア、シェルドン・ロバーツ、ユージーン・クライナー、ロバート・ノイス、ヴィクター・グリニッチ、ジュリアス・ブランク、ジーン・ハーニー、ジェイ・ラスト。 (写真©ウェインミラー/マグナム)

去る人々の中で最も重要なのは、ナショナルセミコンダクターを活性化させたチャールズスポークと、ゴードンムーアとロバートノイスです。 50以上の新しい会社がフェアチャイルドの労働力の崩壊から彼らの起源をたどるでしょうが、どれもそのような短いスパンで新しいインテルコーポレーションほど多くを達成しませんでした。ノイスからベンチャーキャピタリストのアーサーロックへの1回の電話で、午後に230万ドルのスタートアップ資金が調達されました。

インテルの誕生の容易さは、主にロバート・ノイスとゴードン・ムーアの身長によるものでした。ノイスは、テキサスインスツルメンツのジャックキルビーと一緒に集積回路を共同発明したことで大いに評価されていますが、ジェームズナルとジェイラスロップのチームが米陸軍のダイヤモンド兵器ヒューズ研究所(DOFL)で行った以前の研究から非常に多額の借金をしました。は、1957年から59年にフォトグラフィーと蒸着アルミニウム相互接続を使用して構築された最初のトランジスタと、ロバートノイスがプロジェクトチーフを務めたフェアチャイルドのジェイラストの集積回路チーム(新しく買収されたジェームスナルを含む)を製造しました。

最初の平面IC(写真©フェアチャイルドセミコンダクター)。

ムーアとノイスはフェアチャイルドから、イタリアのSGSとフェアチャイルド企業の合弁会社からの借用者であるフェデリコファジンによって最近開拓された集積回路の製造に適した新しい自己整合シリコンゲートMOS(金属酸化膜半導体)技術を採用しました。 。ジョン・サラスのベル研究所チームの仕事に基づいて、ファギンは彼の専門知識をインテルに持ち込み、米国の永住者になりました。

フェアチャイルドは、他の人、特にナショナルセミコンダクターの手に渡った多くの従業員の突破口と同じように、亡命に憤慨しているのは当然だろう。フェアチャイルドの最初のマイクロプロセッサであるF8は、おそらくその起源をオリンピア・ヴェルケの未実現のC3PFプロセッサプロジェクトにまでさかのぼったため、この頭脳流出は見た目ほど一方的なものではありませんでした。

特許が今日の戦略的重要性をまだ引き受けていなかった時代には、市場投入までの時間が最も重要であり、フェアチャイルドはその発展の重要性を理解するのに遅すぎることがよくありました。 R&ampD部門は製品指向ではなくなり、研究プロジェクトにかなりのリソースを費やしました。

2番目に大きな集積回路メーカーであるテキサスインスツルメンツは、マーケットリーダーとしてのフェアチャイルドの地位を急速に侵食しました。フェアチャイルドは依然として業界で卓越した地位を維持していましたが、内部的には管理構造は混沌としていました。生産品質保証(QA)は業界標準では不十分であり、20%の歩留まりが一般的でした。

50以上の新しい会社は、フェアチャイルドの労働力の崩壊からその起源をたどり、そのような短期間で新しいインテル社ほど達成されたものはありませんでした。

「フェアチャイルド」がより安定した環境に向かうにつれてエンジニアリング従業員の離職率が増加した一方で、フェアチャイルドのジェリーサンダースは航空宇宙および防衛マーケティングからマーケティングの総合ディレクターに異動し、一方的に毎週新製品「52」プランを発売することを決定しました。市場投入までの時間が短縮されると、これらの製品の多くが約1%の収率になります。製品の推定90%が予定より遅れて出荷されたか、設計仕様に欠陥があったか、またはその両方でした。フェアチャイルドの星は食されようとしていました。

ゴードン・ムーアとロバート・ノイスの身長がインテルに会社としての飛躍的なスタートを切った場合、チームに参加する3人目の男性は会社の公の顔とその原動力の両方になります。 1936年にハンガリーでAndrásGrófに生まれたAndrewGroveは、製造のバックグラウンドがほとんどないにもかかわらず、Intelのオペレーションディレクターになりました。グローブはフェアチャイルドで化学のバックグラウンドを持つR&ampD科学者であり、バークレー校で会社経営の経験がない講師だったため、選択は表面上は当惑しているように見えました。

会社の4人目の男性は、初期のマーケティング戦略を定義します。ボブ・グラハムは技術的にはインテルの3人目の従業員でしたが、雇用主に3か月前に通知する必要がありました。 Intelへの移行が遅れると、AndyGroveは当初の想定よりもはるかに大きな管理職を獲得できるようになります。


インテルの最初の100人の従業員は、1969年にカリフォルニア州マウンテンビューの本社の外でポーズをとります。
(出典:Intel / AP通信)

優秀なセールスマンであるグラハムは、インテルの経営陣の2人の優れた候補者の1人と見なされていました。もう1人のW.ジェリーサンダースIIIは、ロバートノイスの個人的な友人でした。サンダースは、C。レスターホーガンが(怒り狂ったモトローラから)CEOに任命された後も、仕事を続ける数少ないフェアチャイルドの経営幹部の1人でした。

ホーガンがサンダースの華やかさと彼のチームが小さな契約(100万ドル以下)を受け入れたがらないことに感銘を受けなくなったため、フェアチャイルドのトップマーケティングマンであり続けるというサンダースの最初の自信はすぐに消えました。ホーガンは、ジョセフ・ヴァン・ポッペレンとダグラス・J・オコナーが彼の上に次々と昇進したことで、サンダースを数週間のうちに2回効果的に降格させました。降格はホーガンが意図したことを達成しました-ジェリーサンダースは辞任し、フェアチャイルドの重要なポジションのほとんどはホーガンの元モトローラ幹部によって占められました。

数週間以内に、ジェリー・サンダースは、自分たちのビジネスを始めることに興味を持っているアナログ部門の他の4人の元フェアチャイルド従業員から連絡を受けました。フェアチャイルドの解散(またはメルトダウン)がデジタル回路の熱狂に投資しようとする膨大な数の新興企業を育成していたため、4人が最初に考案したように、同社はアナログ回路を製造していました。サンダースは、新会社がデジタル回路も追求するという理解に加わった。チームには、フェアチャイルドの最高のセールスマンの1人であるSanders、Ed Turney、John Carey、チップデザイナーのSven Simonssen、および元の4人のアナログ部門メンバーであるJack Gifford、Frank Botte、Jim Giles、LarryStengerを含む8人のメンバーが含まれます。

Advanced Micro Devicesは、会社が知られているように、困難なスタートを切りました。インテルは、エンジニアによって設立された会社に基づいて1日足らずで資金を確保しましたが、マーケティングエグゼクティブが率いる半導体ビジネスの提案に直面したとき、投資家ははるかに躊躇していました。 AMDの最初の175万ドルの資本を確保するための最初の目的は、フェアチャイルドセミコンダクターとインテルの両方に資金を提供したアーサーロックでした。ロックは、一連の可能な資金源と同様に、投資を拒否した。

最終的に、AMDの新たに任命された法定代理人であるTomSkorniaがRobertNoyceのドアに到着しました。したがって、Intelの共同創設者はAMDの創設投資家の1人になるでしょう。投資家リストに載っているNoyceの名前は、AMDがこれまで投資家の目から見て欠けていたビジネスビジョンにある程度の正当性を追加しました。その後、さらなる資金提供が行われ、1969年6月20日の営業終了直前に修正された155万ドルの目標が達成されました。

AMDは困難なスタートを切りました。しかし、インテルのロバート・ノイスが同社の創設投資家の1人になることで、投資家候補の観点から、ビジネスビジョンにある程度の正当性が加わりました。

インテルの設立はやや簡単で、資金と施設が確保されれば、会社はビジネスに直行することができました。その最初の商用製品は、半導体業界とコンピューティングの顔の両方に革命をもたらした、3年以内に達成された5つの注目すべき業界「最初」の1つでもありました。

IBMの広大な影の中に住んでいたコンピューターベンダーの1つであるHoneywellは、64ビットのスタティックRAMチップを要求して多くのチップ会社にアプローチしました。

Intelは、チップ製造のために、LesVadászが率いるMOSトランジスタチームとDickBohnが率いるバイポーラトランジスタチームの2つのグループをすでに結成していました。バイポーラチームが最初に目標を達成し、1969年4月に世界初の64ビットSRAMチップがチーフデザイナーのH.T.によってハネウェルに引き渡されました。チュア。百万ドルの契約で成功したファーストアップデザインを生み出すことができるということは、インテルの初期の業界での評判を高めるだけです。

インテルの最初の製品である、新しく開発されたショットキーバイポーラ技術に基づく64ビットSRAM。 (CPUゾーン)

当時の命名規則に従い、SRAMチップは部品番号3101で販売されていました。Intelは、当時のほぼすべてのチップメーカーとともに、製品を消費者に販売するのではなく、企業内のエンジニアに販売していました。部品番号は、特にトランジスタ数などの重要性がある場合、見込み客にとってより魅力的であると見なされました。同様に、製品に実際の名前を付けることは、その名前がエンジニアリングの欠陥または実質の欠如を覆い隠していたことを意味する可能性があります。 Intelは、数字が著作権で保護されていないことが痛々しいほど明らかになったときにのみ、数字の部分の命名から離れる傾向がありました。

バイポーラチームがIntelに最初のブレイクアウト製品を提供した一方で、MOSチームは自社のチップの故障の主な原因を特定しました。シリコンゲートMOSプロセスでは、チップの製造中に多数の加熱と冷却のサイクルが必要でした。これらのサイクルにより、シリコンと金属酸化物の間で膨張と収縮の速度にばらつきが生じ、チップ内の回路を破壊する亀裂が発生しました。 Gordon Mooreの解決策は、金属酸化物に不純物を「ドープ」して融点を下げ、周期的な加熱で酸化物が流れるようにすることでした。 1969年7月にMOSチームから到着した結果のチップ(および3708チップでフェアチャイルドで行われた作業の拡張)は、最初の商用MOSメモリチップである256ビット1101になりました。

Honeywellはすぐに3101の後継機にサインアップし、1102と名付けましたが、開発の初期段階で、Vadászが率いる1103は、Bob Abbott、John Reed、Joel Karp(1102の開発も監督)とともにかなりの可能性を示しました。 。どちらも、HoneywellのWilliam Regitzによって提案された3トランジスタメモリセルに基づいており、はるかに高いセル密度と低い製造コストを約束しました。欠点は、メモリが電源の入っていない状態で情報を保持せず、回路に2ミリ秒ごとに電圧を印加(更新)する必要があることでした。

最初のMOSメモリチップであるIntel1101、および最初のDRAMメモリチップであるIntel 1103(CPUゾーン)

当時、コンピュータのランダムアクセスメモリは磁気コアメモリチップの領域でした。このテクノロジーは、1970年10月にIntelの1103 DRAM(ダイナミックランダムアクセスメモリ)チップが登場したことでほとんど時代遅れになり、来年初めに製造上のバグが解決されるまでに、Intelは支配的で急成長している市場でかなりのリードを持っていました。 -1980年代の初めに、製造能力への大量の資本注入により、日本のメモリメーカーがメモリ価格の急激な下落を引き起こすまで、それが恩恵を受けたリード。

Intelは、磁気コアメモリユーザーをIntelに電話して、DRAMに切り替えることでシステムメモリへの支出を削減するよう呼びかける、全国的なマーケティングキャンペーンを開始しました。必然的に、歩留まりや供給が当たり前の時代に、顧客はチップの二次供給源について問い合わせるでしょう。

Andy Groveはセカンドソースに激しく反対しましたが、それは業界の需要に応じなければならない若い会社としてのIntelの地位でした。 Intelは、自社製品でIntelを支配できる、より大規模で経験豊富な企業ではなく、カナダの企業であるMicrosystems InternationalLimitedを最初の2番目のチップ供給源として選択しました。 Intelはライセンス契約から約100万ドルを獲得し、MILがウェーハサイズを(2インチから3インチに)増やしてチップを縮小することで利益を上げようとするとさらに利益を得るでしょう。カナダの会社のチップが組立ラインから外れたため、MILの顧客はIntelに目を向けました。

Intelは、磁気コアメモリユーザーをIntelに電話して、DRAMに切り替えることでシステムメモリへの支出を削減するよう呼びかける、全国的なマーケティングキャンペーンを開始しました。

インテルの最初の経験は、業界全体を示すものでも、セカンドソースに関するその後の問題を示すものでもありませんでした。 AMDの成長は、フェアチャイルドの9300シリーズTTL(トランジスタ-トランジスタロジック)チップのセカンドソースになり、テキサスインスツルメンツ(最初の請負業者)が時間どおりに製造するのが困難だったウェスティングハウスの軍事部門向けのカスタムチップを確保、設計、および提供することによって直接支援されました。

シリコンゲートプロセスを使用したIntelの初期の製造の失敗は、3番目で最もすぐに収益性の高いチップと、業界をリードする歩留まりにもつながりました。 Intelは、プロセスの問題を調査するために、別の元フェアチャイルドの卒業生である若い物理学者DovFrohmannを割り当てました。 Frohmannが推測したのは、いくつかのトランジスタのゲートが切断され、上に浮いていて、それらを電極から分離する酸化物の中に包まれていたということでした。

Frohmannはまた、Gordon Mooreに対して、これらのフローティングゲートが周囲の絶縁体(場合によっては数十年)のために電荷を保持でき、したがってプログラムできることを示しました。さらに、フローティングゲートの電荷は電離紫外線で放散される可能性があり、プログラミングが消去されます。

コンベンショナルメモリでは、プログラミングのバリエーションのために設計に組み込まれたヒューズを使用して、チップの製造時にプログラミング回路を配置する必要がありました。この方法は小規模ではコストがかかり、個々の目的に合わせて多くの異なるチップが必要であり、回路を再設計または改訂するときにチップを変更する必要があります。

EPROM(Erasable、Programmable Read-Only Memory)はテクノロジーに革命をもたらし、クライアントが特定用途向けチップの製造を待つ必要がなかったため、メモリプログラミングがはるかにアクセスしやすく、何倍も高速になりました。

この技術の欠点は、UV光がチップを消去するために、比較的高価な石英ウィンドウがROMチップの真上のチップパッケージに組み込まれ、光がアクセスできるようにしたことです。その後、クォーツウィンドウ(および消去機能)を廃止したワンタイムプログラマブル(OTP)EPROMと、電気的に消去可能なプログラマブルROM(EEPROM)を導入することで、高コストが緩和されます。

3101と同様に、初期の利回りは非常に低く、ほとんどの場合1%未満でした。 1702 EPROMは、メモリ書き込みに正確な電圧を必要としました。製造のばらつきは、一貫性のない書き込み電圧要件に変換されました。電圧が少なすぎるとプログラミングが不完全になり、チップが破壊されるリスクが高くなります。最近Philcoから引き離されたジョー・フリードリッヒと、フェアチャイルドで彼らの技術を磨いた別の人は、データを書き込む前にチップに高い負の電圧を渡すことにぶつかりました。フリードリヒ氏はこのプロセスを「ウォークアウト」と名付け、2枚のウェーハごとに1枚のチップから1枚のウェーハあたり60枚に歩留まりを向上させます。

Intel 1702、最初のEPROMチップ。 (computermuseum.li)

ウォークアウトはチップを物理的に変更しなかったため、Intelが設計したICを販売している他のメーカーは、Intelの歩留まりの飛躍の理由をすぐには発見しませんでした。これらの歩留まりの向上は、1971年から1973年の間に収益が600%増加したため、インテルの運命に直接影響を与えました。セカンドソース企業と比較して優れた歩留まりは、AMD、ナショナルセミコンダクター、シグトロニクス、MILが販売している同じ部品よりもインテルに顕著な利点をもたらしました。 。

ROMとDRAMは、パーソナルコンピューティングの開発におけるマイルストーンとなるシステムの2つの重要なコンポーネントでした。 1969年、日本計算機株式会社(NCM)は、新しいデスクトップ計算機用の12チップシステムを求めてIntelにアプローチしました。 Intelはこの段階で、SRAM、DRAM、およびEPROMチップの開発を進めており、最初のビジネス契約の獲得に熱心でした。

NCMの当初の提案では、電卓に固有の8つのチップを必要とするシステムの概要が示されていましたが、IntelのTed Hoffは、当時の大型ミニコンピューターから借りるというアイデアを思いつきました。個々のタスクを処理する個々のチップではなく、組み合わせたワークロードに取り組むチップを作成し、より大きなコンピューターのように個々のタスクをサブルーチンに変換するというアイデアでした。これは汎用チップです。ホフのアイデアは、必要なチップの数を、入出力用のシフトレジスタ、ROMチップ、RAMチップ、および新しいプロセッサチップの4つに減らすことになるでしょう。

NCMとIntelは1970年2月6日に新しいシステムの契約に署名し、Intelは3年間で最低注文数60,000キット(キットあたり最低8チップ)に対して60,000ドルの前払い金を受け取りました。プロセッサとその3つのサポートチップを実現する仕事は、不満を抱いた別のフェアチャイルドの従業員に委ねられます。

フェデリコファジンは、フェアチャイルドがライバルに悪用される前にR&ampDのブレークスルーを具体的な製品に変換できないことと、製造プロセスエンジニアとしての彼自身の継続的な地位の両方に幻滅しましたが、彼の主な関心はチップアーキテクチャにありました。 IntelのLesVadászに連絡を取り、彼は「挑戦的」との説明以上の予見を持たずに設計プロジェクトを率いるよう招待されました。ファギンは、1970年4月3日、エンジニアのスタン・メイザーから説明を受けたとき、4チップMCS-4プロジェクトが何を伴うのかを知ることでした。翌日、ファギンは最深部に投げ込まれ、NCMの代表である嶋正利と会いました。島正利は、プロジェクトに1日もかからなかった男性からの概要を聞くのではなく、プロセッサのロジック設計を見ることを期待していました。

最初の商用マイクロプロセッサであるIntel4004は、2300個のトランジスタを搭載し、740KHzのクロック速度で動作しました。 (CPUゾーン)

設計段階でShimaを含めたFagginのチームは、すぐに4つのチップの開発に着手しました。それらの中で最も単純な設計である4001は、1週間で完成し、レイアウトは1か月に1人の製図技師が完成しました。 5月までに、4002と4003が設計され、マイクロプロセッサ4004の作業が開始されました。最初の試作段階は12月に組立ラインから外れましたが、重要な埋設接触層が製造から除外されたため、機能しなくなりました。 2回目の改訂で間違いが修正され、3週間後、4つの動作中のチップすべてがテストフェーズの準備が整いました。

4004は、NCMのカスタムパーツのままだった場合、半導体の歴史の脚注だったかもしれませんが、特に競争の激しいデスクトップ電卓市場での家電製品の価格の下落により、NCMはIntelにアプローチし、合意された契約。 4004にはさらに多くの用途がある可能性があるという知識を武器に、Bob Noyceは、Intelが計算機以外の市場で4004を他の顧客に販売できることと引き換えに、値下げとNCMの60,000ドルの前払いの払い戻しを提案しました。したがって、4004は最初の商用マイクロプロセッサになりました。

当時の他の2つの設計は、システム全体に固有のものでした。ギャレットAiResearchのMP944は、グラマンF-14トムキャットのセントラルエアデータコンピューターのコンポーネントであり、戦闘機の可変翼とグローブベーンの最適化を担当し、テキサスインスツルメンツのTMS0100と1000は当初、Bowmar901Bなどのハンドヘルド計算機のコンポーネントとしてのみ利用可能でした。

4004は、NCMのカスタムパーツのままだった場合、半導体の歴史における脚注であった可能性があります。

4004とMP944には多数のサポートチップ(ROM、RAM、I / O)が必要でしたが、Texas Instrumentsチップはこれらの機能をCPUに統合しました。これは、世界初のマイクロコントローラー、つまり「コンピューターオンチップ」です。当時販売されていました。

Texas InstrumentsとIntelは、1971年(および1976年)にロジック、プロセス、マイクロプロセッサ、およびマイクロコントローラIPを含むクロスライセンスを締結し、クロスライセンス、合弁事業、および商用兵器としての特許の時代を告げました。

NCM(Busicom)MCS-4システムの完成により、リソースが解放され、4004の設計よりも前の起源を持つより野心的なプロジェクトを継続できるようになりました。 1969年後半、最初のIPOからの現金でフラッシュされ、Computer Terminal Corporation(CTC、後のDatapoint)は、8ビット端末コントローラーの要件についてIntelとTexasInstrumentsの両方に連絡しました。

Texas Instrumentsはかなり早い段階で脱落し、1970年3月に開始されたIntelの1201プロジェクト開発は、プロジェクト責任者のHal FeeneyがスタティックRAMチッププロジェクトに採用されたため、7月までに行き詰まりました。 CTCは、締め切りが近づくと、最終的にはTTLチップのより単純な個別のコレクションを選択することになります。 1201プロジェクトは、デスクトップ計算機での使用についてセイコーから関心が示され、1971年1月にファギンが4004を稼働させるまで、衰退していました。

今日の環境では、マイクロプロセッサの開発がメモリの2番目のフィドルになることはほとんど理解できないようですが、1960年代後半から1970年代初頭には、コンピューティングがメインフレームとミニコンピュータの領域でした。

今日の環境では、マイクロプロセッサの開発がメモリの2番目のフィドルになることはほとんど理解できないようですが、1960年代後半から1970年代初頭には、コンピューティングがメインフレームとミニコンピュータの領域でした。年間2万台未満のメインフレームが世界で販売され、IBMはこの比較的小さな市場を支配していました(程度は少ないですが、UNIVAC、GE、NCR、CDC、RCA、バロウズ、ハネウェル-IBMの「白雪姫」の「7人の小人」) 。一方、Digital Equipment Corporation(DEC)は、ミニコンピューター市場を効果的に所有していました。 Intelの経営陣やその他のマイクロプロセッサ企業は、チップがメインフレームやミニコンピュータを利用しているのを見ることができませんでしたが、新しいメモリチップはこれらのセクターに大量にサービスを提供できました。

1201は1972年4月に正式に到着し、4004からの続編であることを示すために名前が8008に変更されました。チップは妥当な成功を収めましたが、入出力(I / O)および外部バスオプション。 Being relatively slow and still using programming by the first assembly language and machine code, the 8008 was still a far cry from the usability of modern CPUs, although the recent launch and commercialization of IBM's 23FD eight-inch floppy disc would add impetus to the microprocessor market in the next few years.

Intellec 8 development system (computinghistory.org.uk)

Intel's push for wider adoption resulted in the 4004 and 8008 being incorporated in the company's first development systems, the Intellec 4 and Intellec 8 -- the latter of which would figure prominently into the development of the first microprocessor-orientated operating system -- a major “what if” moment in both industries as well as Intel's history. Feedback from users, potential customers, and the growing complexity of calculator-based processors resulted in the 8008 evolving into the 8080, which finally kick-started personal computer development.

This article is the first installment on a series of five. If you enjoyed this, read on as delve into the birth of the first personal computer companies. Or if you feel like reading more about the history of computing, check out our amazing series on the history of computer graphics.


“First actual case of bug being found”

The word ‘bug,’ when applied to computers, means some form of error or failure. On September 9th, Grace Hopper records what she jokingly called the first actual computer bug — in this case, a moth stuck between relay contacts of the Harvard Mark II computer.

Hopper helped program the Mark II, and the earlier Harvard Mark I computer, while working for professor Howard Aiken. She worked tirelessly on developing these computers to the fullest through inventive programming. After Harvard, she worked for computer manufacturer Remington-Rand where she developed what is often considered the first compiler, A-0. She also served on the committee to develop COBOL, a standard and widely adopted programming language that transformed the way software was developed for business applications. COBOL is still in use today. Hopper was made a Fellow of the Computer History Museum in 1987.


Computer investigation model

According to Kruse II, W.G., and Heiser, J.G. (2010), a computer investigation is to identify the evidences, preserve those evidences, extract them, document each and every process, and validate those evidences and to analyse them to find the root cause and by which to provide the recommendations or solutions.

“Computer Forensics is a new field and there is less standardization and consistency across the courts and industry” (US-CERT, 2012). Each computer forensic model is focused on a particular area such as law enforcement or electronic evidence discovery. There is no single digital forensic investigation model that has been universally accepted. However, it was generally accepted that the digital forensic model framework must be flexible, so that it can support any type of incidents and new technologies (Adam, R., 2012).

Kent, K., et.al, (2006) developed a basic digital forensic investigation model called the Four Step Forensics Process (FSFP) with the idea of Venter (2006) that digital forensics investigation can be conducted by even non-technical persons. This model gives more flexibility than any other model so that an organization can adopt the most suitable model based on the situations that occurred. These are the reasons we chose this model for this investigation. FSFP contains the following four basic processes, as shown in the figure:

Figure 1: FSFP Forensic Investigation Model

The “Preserve and Document Evidence” arrow mark indicates that we must preserve and document the all evidences during the course of investigation, as this can be submitted to the court as evidences in some cases. We will discuss each and every process or stage of the FSFP investigation model in following sections.


In January 1975, Allen read an article in ポピュラーエレクトロニクス magazine about the Altair 8800 microcomputer and showed it to Gates. Gates called MITS, makers of the Altair, and offered his and Allen's services to write a version of the new BASIC programming language for the Altair.

After eight weeks, Allen and Gates demonstrated their program to MITS, which agreed to distribute and market the product under the name Altair BASIC. The deal inspired Gates and Allen to form their own software company. Thus, Microsoft was started on April 4, 1975 in Albuquerque, New Mexico—the home of MITS—with Gates as the first CEO.


Six Ways Proper Preparation and Planning Will Pay Off

  • Make you a better teacher: A significant part of planning and preparation is conducting research. Studying educational theory and examining best practices helps define and shape your own teaching philosophy. Studying the content that you teach in depth will also help you grow and improve.
  • Boost student performance and achievement: As a teacher, you should have the content that you teach mastered. You should understand what you are teaching, why you are teaching it, and you should create a plan for how to present it to your students every single day. This ultimately benefits your students. It is your job as a teacher to not only present the information but to present in a way that resonates with the students and makes it important enough for them to want to learn it. This comes through planning, preparation, and experience.
  • Make the day go by faster: Downtime is a teacher’s worst enemy. Many teachers use the term “free time”. This is simple code for I did not take the time to plan enough. Teachers should prepare and plan enough material to last the entire class period or school day. Every second of every day should matter. When you plan enough students remain engaged, the day goes by quicker, and ultimately student learning is maximized.
  • Minimize classroom discipline issues: Boredom is the number one cause of acting out. Teachers who develop and present engaging lessons on a daily basis rarely have classroom discipline issues. Students enjoy going to these classes because learning is fun. These types of lessons do not just happen. Instead, they are created through careful planning and preparation.
  • Make you confident in what you do: Confidence is an important characteristic for a teacher to possess. If for nothing else, portraying confidence will help your students buy what you are selling. As a teacher, you never want to ask yourself if you could have done more to reach a student or group of students. You might not like how a particular lesson goes, but you should take pride in knowing that it was not because you lacked in preparation and planning.
  • Help earn the respect of your peers and administrators: Teachers know which teachers are putting in the necessary time to be an effective teacher and which teachers are not. Investing extra time in your classroom will not go unnoticed by those around you. They may not always agree with how you run your classroom, but they will have a natural respect for you when they see how hard you work at your craft.

The Process of Development of Information System: A Typical Software Development Life Cycle

The process of development of information systems in an organization may vary from case to case but ideally the stages of development can be clearly demarcated. The process of development of information system involves the following stages:

  1. Planning-planning is required as without planning the outcome will be below expectations. Planning sets the objectives of the system in clear and unambiguous terms so that the developer may conform to a well laid set of deliverables rather than a high-sounding statement that may mean little to him. Planning also enables the development process to be structured so that logical methodology is used rather than working in fits and starts. It ensures user participation and helps in greater acceptability and a better outcome from the development process. It leads to a system that is well balanced in both the managerial and technical aspects.
  2. Analysis-is an activity of technical representation of a system. Over the years many methods have been developed of which the structured analysis and object oriented analysis are most widely used. This step or activity is the first technical representation in abstract terms of the system.
  3. Design-is the stage where the model or representation of an entity or a system is done (in detail). It is based on the idea that the developer will be able to develop a working system conforming to all the specifications of the design document which would satisfy the user. ·It is a concept which has been borrowed from other branches in engineering where the blueprint of a system or entity to be built later is first created on a piece of paper or digitally to help developers in conceptualization of the system and to understand the specifications of the system.
  4. Coding-is the actual stage of writing codes to develop the application software according to the specifications as set by the design document. The programming done at this stage to build the system is dictated by the needs of the design specifications. The programmer cannot go beyond the design document.
  5. Testing-is the testing of the system to check if the application is as per the set specification and to check whether the system will be able to function under actual load of data. The testing is also done to remove any bugs or errors in the code.
  6. Implementation-is the stage when the system is deployed in the organization. This is a process which often is a difficult one as it involves some customization of the code to fit context specific information in the system.

Before commencing IS planning, one must also identify the need for new information system. The above figure gives a flow chart to find out if the existing IS is fulfilling the objectives of the organization with respect to IS. Sometimes, an existing IS can be tweaked or redesigned to align it with the changing objectives and business needs of the organization but sometimes, that become too costly or technically infeasible, in which case, one has to start the process for a new IS. The above flowchart also gives us a tool to use to understand whether our existing IS is relevant for our business operations.


A Very Short History Of EMC Corporation

Traders work near the post that handles EMC Corp. on the floor of the New York Stock Exchange, . [+] Monday, Oct. 12, 2015. Dell is buying data storage company EMC in a deal valued at approximately $67 billion. (AP Photo/Richard Drew)

EMC has been one of the best kept secrets in tech. Even in the 1990s, when it was the second most successful stock on Wall Street, just behind Dell, it has remained relatively unknown.

Still, it had a profound impact on the IT industry, for a while making 企業 data big with its exclusive focus on developing and selling data storage and data management hardware and software and convincing its customers to buy its products independent of their other IT buying decisions. In doing so, it has joined a handful of other “best-of-breed” vendors driving the restructuring during the 1990s of an IT industry previously dominated by a few vertically integrated, “one-stop-shopping” vendors.

Then data became really big and started eating the world, leading to the rise of digital natives (especially Google, Amazon and Facebook) and another restructuring of the IT industry, and another shift in the nature of IT buying decisions and the type of IT buyers. In response to these changes, EMC has agreed to be acquired by Dell in the largest-ever tech merger.

Gallery: 2016 30 Under 30: Consumer Tech

EMC was founded in August 1979 in Massachusetts and went through three distinct eras: The Dick Egan and Roger Marino era when it successfully developed and sold computer memory systems the Moshe Yanai and Mike Ruettgers era, when it developed (Yanai) and sold (Ruettgers) high-end, disk-based computer storage systems (hardware and software) and the Joe Tucci era, continuing EMC’s tradition of focused execution and sales excellence, while relying mostly on a long string of acquisitions for innovation and diversification.

August 23, 1979 43-year-old Dick Egan and 40-year-old Roger Marino quit their jobs and the former college roommates incorporate EMC in Massachusetts. Like other entrepreneurs they wanted to be their own bosses, but without an idea or a plan for a product, they initially sold office furniture.

1980 Egan and Marino become New England representatives for Intel, selling the company’s product line and renting out microprocessor development systems. They also sell computer memory for DEC’s PDP-11 and other companies’ minicomputers.

1981 On the suggestion of one of their customers, Egan, Marino and a handful of other engineers develop EMC’s first product, a Prime Computer minicomputer compatible memory, offering higher reliability and capacity at half the price of Prime’s comparable product.

1983 EMC continues on the successful path of using Intel’s standard components to develop compatible solid state memory products for DEC VAX and Wang Laboratories minicomputers. Annual revenues: $6 million. Roger Marino, who is credited with developing EMC’s assertive sales force, knew where to find motivated recent college graduates who were also good team players: “I hired guys I liked. I like smart people. I like athletes. These guys that worked for me were smart athletes, and they went out and killed” (quoted in ボストン magazine, November 2003).

April 1986 EMC goes public on Nasdaq, raising $30 million. Revenues for 1986 were $66.6 million (up from $33.3 million the year before) and income was $18.6 million (up from $7.5 million), with 400 employees.

In their letter to shareholders in EMC’s first annual report, Dick Egan and Roger Marino analyzed the shift in buying behavior and customer expectations driving EMC’s success:

…the increased competition for new business has created an attitude of user independence that heretofore did not exist. The realization that the users are Customers with all the rights to which Customers are entitled has become widespread. One way the end users are exercising their rights is by demanding performance improvements at the lowest price from the best suppliers regardless of who manufactured the original processor. By treating end users like Customers and by making optimum use of new technology to provide better performance and reliability, EMC has become a valued supplier to over 10,000 computer users.

At EMC’s 25 th anniversary celebration in 2004, Egan recounted how during a presentation to Wall Street analysts and investors before the EMC IPO, one not-too-friendly analyst asked: “As we know, all companies eventually go out of business. What is it that will cause EMC’s demise?” Said Egan (in 2004), “I confess I was not prepared for this. I had never ever really thought about it and, standing here today, I can’t see why I ever will!”

August 1987 Dick Egan hires Moshe Yanai and gives him free reign to develop a mainframe disk storage system. Dave Vellante (then at IDC): “Moshe has made a number of key technical calls which flew in the face of conventional wisdom but were spot-on. The company would not be where it is today without Moshe” (quoted in the 1999 Radical Marketing, see below).

In a 1999 interview Dick Egan explained the decision to enter the disk storage market by pointing out that the “storage pyramid” is actually a diamond. The “pyramid” was the traditional way of segmenting the data storage market, with a small market—in terms of the total bytes of data storage—at the top, represented by high-cost memory providing fast access to data, and a large market with lots of bytes at the bottom represented by relatively inexpensive, slow-access tape. But he realized that one of the segments in the middle of the pyramid, represented by disk storage with a relatively high cost per megabyte was a much larger market in terms of potential revenues than the markets at the top and bottom of the pyramid. This market anomaly was mainly due to the dominance of IBM in the mainframe disk storage market resulting in disk storage at time selling for more than $10 per megabyte. With the right product, EMC could repeat the success it had in the plug-compatible memory market where it had enjoyed the price umbrella provided by mini-computer vendors selling their proprietary (and expensive) memory products.

March 1988 EMC’s stock begins trading on the New York Stock Exchange. Egan told 逆さま in 1994: “I wanted to get on the New York Stock Exchange as soon as I could because the customers I was selling to all played on that board.”

April 1988 EMC opens a manufacturing plant in Cork, Ireland, to meet growing international demand.

1988 EMC suffers its first annual loss ($7.8 million) when its first disk-based storage product for the IBM mainframe market repeatedly failed after it was installed. It took 18 months (and another loss of $18.5 million in 1989) before the problem was traced to disk drives that were shipped to EMC with specks of face powder (the assemblers were not properly trained) that caused them to fail randomly. In response, EMC institutes company-wide quality and continuous improvement programs and becomes ISO certified.

September 1990 EMC introduces Symmetrix Integrated Cached Disk Array, a mainframe computer storage device, combining an array of PC disks with large cache memory for fast access to data and high availability in a small footprint. Previously, storage had been an afterthought for mainframe makers—a passive container that came with a “Single Large Expensive Disk (SLED).” In 1991, the product comprised 38% of EMC’s annual revenues.

1991 EMC eliminates many of its memory products, focusing on disk-based storage systems. Roger Marino to 逆さま in 1994: “At the time, I couldn’t understand why Egan would want to sell such a profitable line. But now I see it was superlative timing on Egan’s part.”

December 1991 Revenues for 1991 increase 37% to $260 million and income grows 223% to $11 million.

January 1992 Mike Ruettgers becomes President and CEO.

January 1992 Capitalizing on the server-agnostic nature of the Symmetrix product line, EMC signs an OEM agreement with Unisys to supply it with compatible storage systems. A similar agreement was signed with France-based Groupe Bull in April 1993.

September 1993 EMC acquires Magna Computer, provider of tape storage for AS/400 computers and Epoch Systems, developer of storage management software.

May 1994 EMC announces Symmetrix 5500, the world’s first terabyte-sized storage system.

May 1994 Inc. magazine publishes “Opposite Attractions,” an in-depth profile of the winners of the 1994 Master EOY award, Ely Callaway of Callaway Golf and Dick Egan of EMC. David Whitford captured well Egan’s “alley fighter” personality and drive:

"There's got to be a they before there's a we," says Egan, paraphrasing somebody, he's not sure whom. There has always been a "they" -- Cifrino [the owner of the supermarket where Egan’s father worked as a meatcutter] and his son, the classy friends on the Cape, IBM -- always someone for Egan to set himself against, someone to fight and unseat. Rich as he is, Egan now burns as hot as ever. He stokes the fire in his employees by making bets against them, by giving them big odds on meeting a product deadline or on solving an engineering riddle and then putting up his own money and demanding they do the same. He hopes like hell he'll lose, because then, of course, the company wins, and Egan gets to play the tough guy in front of the troops and pay the winners in cash…

And the "we"? That's his company and his family, which in many cases are one and the same. He has three sons and one daughter, all of whom have worked for EMC at one time or another, all of whom, he says proudly, are millionaires… All over the company—in telephone marketing, in facilities management, and among the engineers—are Egans and Fitzgeralds, no apologies necessary. ("He's a good man," Egan says as he passes a young man in the hall. "He also happens to be the father of two of my grandchildren.") And who's on the board? "Ha-ha-ha! Me, my wife, my son, and my brother-in-law." Plus four others, but they hardly count. "Let me settle the board thing with you," he says. "I want only one thing from the board: compliance. Directors can make only one of two statements. It's either 'I agree' or 'I resign."

October 1994 EMC announces Symmetrix Remote Data Facility (SRDF), its first storage-based software application. SRDF restores data from a secondary site within minutes of an outage or interruption. EMC Customers invented more uses for it, including data center consolidations and migrations. With the subsequent release of additional applications, EMC became by 1998 one of the world’s fastest-growing software companies. In 2004, software accounted for 26% of revenues.

November 1994 EMC establishes a new division, the Open Storage Group, and announces Centriplex, a newly-developed product aimed at the Unix storage market. The product will be discontinued by the end of 1995 in light of the rapid success of the Symmetrix 3000, also aimed at the Unix storage market.

December 1994 1994 revenues grew 76% to $1.37 billion and income rose 97% to $251 million. The number of employees is 3,200.

February 1995 With partners Alcatel and Pacific Bell, EMC demonstrates the “Cinema of the Future,” streaming high definition video from Symmetrix to high definition projection systems and television monitors.

June 1995 EMC announces Symmetrix 3000, an adaptation of its mainframe storage product for servers running the Unix operating system. By 1997, Symmetrix became the leading server-agnostic or Enterprise Storage system, the first to support simultaneously mainframes and Unix and NT servers. EMC’s open systems (Unix and NT) revenues that year had grown to $1.5 billion, surpassing mainframe storage sales for the first time.

October 1995 EMC acquires network switch vendor McData Corporation, positioning EMC for the emerging network storage market.

November 1995 EMC signs OEM agreement with Hewlett-Packard and ATT GIS (NCR), to market and sell Symmetrix 3000. EMC announces Symmetirx ESP, the first system to provide simultaneous storage of mainframe and open systems (Unix, etc.) data on the same device.

December 1995 EMC takes the lead in the mainframe storage market. In 1990, when EMC entered the mainframe storage market with Symmetrix, IBM held 76% of the market while EMC held 0.2%. In 1995, EMC accounted for 41% of mainframe storage terabytes shipped while IBM’s share fell to 35%.

April 1996 A new 3,000 square foot Network Storage Technology Center opens at EMC headquarters in Hopkinton, Massachusetts.

[Update] May 1996 Ethernet inventor Bob Metcalfe visits the Network Storage Technology Center in Hopkinton and writes in his Infoworld column:


EMC's vice president of engineering, Moshe Yanai, is way ahead of me. EMC's storage systems are high-capacity, already up into the terabytes (thousands of gigabytes). Yanai said that EMC's push into networking is all about economies of scale and "storage consolidation." With a twinkle in his eye, he told me that his goal is to put all the information in the world on one EMC server.

OK, now listen to this: Yanai's worry, which he explained with a graph drawn in my notebook, is whether, after the perfection of "atom-manipulation" disk technology, the demand for information storage will be able to keep up with the supply of high-capacity disks. Yes, Yanai asked me to reassure him that the Internet is going to have uses for all the storage capacity that EMC is working to make available.

A 17-square-foot terabyte EMC Media Server had already been demonstrated for the National Association of Broadcasters in Las Vegas. It's NFS that has yet to be shipped. Isn't that backward, MPEG before NFS? EMC found doing a media server "easy." 。 Extranets will require big servers. And as electronic commerce ramps, those servers will have to be reliable and fast. As millions of consumers get involved, video will be required.

So I suggest you keep your eye on EMC and that worldwide server Yanai is building in Hopkinton.

October 1996 EMC enters the file server market, calling it the Network-Attached Storage (NAS) market (and convincing all competitors and analysts to use that term), with Symmetrix Network File Storage (SNFS), later renamed Celerra.

April 1997 EMC introduces TimeFinder business continuance software, allowing customers to non-disruptively create multiple copies of their production data to be used for a variety of purposes such as backups, Year 2000 testing, Euro Currency conversion, data warehouse loading, and application development.

1999 Radical Marketing by Sam Hill and Glenn Rifkin, which includes a chapter on EMC, is published. In a section titled “let your customers be your marketing department,” Hill and Rifkin write:

For Denis O’Leary, Chase Manhattan former CIO and now executive vice president of national consumer services, EMC is not just a radical marketer but a high-tech marketing model for the next millennium. EMC’s penchant for staying close to the customer is at the root of the company’s success. “If we have a problem in storage at 3:00am, I know I can get Mike Ruettgers on the phone and he isn’t going to ask why I’m calling,” O’Leary says. He says Egan and Ruettgers epitomize a new CEO-centric selling model that has started to pervade the high-tech sector, a model that put CEOs of high-tech companies in constant touch with customers.

October 1999 EMC acquires Data General for $1.1 billion. Founded in 1968, it developed the first minicomputer based on integrated circuit technology, and, in 1992, introduced the CLARiiON disk storage system. Cnet reported: “EMC estimated the midrange [storage] push gained from Data General will increase its target market presence by almost 40 percent by 2001. ‘It's very unusual circumstances where a company can increase the size of the target market, yet stay within their core competency,’ said [CEO Mike] Ruettgers.”

November 1999 EMC enters the storage area network (SAN) market, making it easier to connect multiple storage devices to multiple servers via Fibre Channel networking technology.

December 2000 EMC opens the world’s largest interoperability lab for storage area networks.

January 2001 Joe Tucci is named President and CEO Mike Ruettgers becomes Executive Chairman and founder Dick Egan becomes Chairman Emeritus.

January 2001 The Harvard Business Review publishes “Managing for the next big thing: An interview with EMC’s Michael Ruettgers.” In response to interviewer Paul Hemp’s question whether the server vendors had an additional leverage with customers because they sold other IT components in addition to storage, Ruettgers explained the advantages of EMC’s “maniacal focus” on storage:

I think our focus on a single business actually helps us stay ahead of the curve. In some respects, this runs counter to what I learned in business school, where the prevailing wisdom was to diversify. But our single-minded focus creates a special lens through which to view and interpret customers’ current and future needs. For example, our perspective allowed us to see that the computer industry had, in some ways, lost sight of its reason for being. It had become so consumed with the “T” in IT—the creation of faster processors and more efficient networks—that it had forgotten about the “I.” Yet ultimately, it’s information that customers care about: the speed of access to it, its availability, the ability to share it across an organization. Other companies, with the distractions of their different business areas, weren’t as quick to see this.

… look at Data General, which we acquired in 1999. The company faced terrific challenges as the minicomputer business collapsed, but it moved into the open-storage business about the same time we did. It had an excellent storage product and a relatively good position in certain segments of the storage marketplace. Still, its executives were never willing to give up their other business until we acquired them, even though their minicomputer revenue was declining and they understood their opportunities were on the storage side. Acting on an opportunity, as well as merely identifying it, is to some extent easier when you’re committed to a single industry.

October 2001 Dell and EMC sign a five-year, multi-billion dollar alliance for Dell to sell EMC’s CLARiiON storage. Analyst Steve Duplessie of the Enterprise Storage Group reacted: “The move, in theory, is just stinking brilliant.”

April 2002 A year after EMC acquired Belgian software company FilePool, it introduces the concept of “content-addressed storage” and a product, Centera, the first storage solution designed specifically for fixed, or unchanging, content. Centera became EMC’s fastest-growing storage system ever.

August 2002 EMC introduces the EMC CLARiiON CX series, altering the industry’s mid-tier price-performance curve.

September 2002 EMC share price hits a low of $3.62, down from $104 in September 2000. Revenues in 2001 fell to $7 billion from $8.9 billion in 2000 and EMC lost $508 million for the year. In 2002, revenues went further down to $5.4 billion and EMC lost $119 million. Recovery came in 2003 with $6.2 billion in revenues and income of $496 million. “Companies afraid to disrupt themselves almost 100% of the time end up being disrupted,” Tucci told magazine in 2002. “We’re doing what competitors never thought we’d have the intestinal fortitude to do.”

February 2003 EMC introduces the EMC Symmetrix DMX series of storage systems.

July 2003 EMC announces an agreement to acquire Legato Systems in a stock transaction valued at $1.3 billion. The acquisition adds to EMC’s storage management portfolio backup and recovery capabilities, hierarchical storage management and e-mail and content archiving.

October 2003 EMC announces an agreement to acquire enterprise content management vendor Documentum in a stock transaction valued at for $1.7 billion.

December 2003 EMC announces an agreement to acquire virtualization software vendor VMware in a cash transaction of approximately $635 million. One financial analyst noted: “We believe that the VMware line has the potential to be EMC’s killer app.” In August 2007, EMC offered 10% of VMware stock in an IPO. At the end of the first trading day, VMware’s market cap was $19.1 billion. “I’m 59 years old and VMware is the best investment I made in my life," Joe Tucci told the ニューヨーク・タイムズ in February 2007.

August 2005 EMC announces an agreement to acquire Rainfinity, a provider of virtualization solutions for heterogeneous networked attached storage (NAS) and file system environments. The acquisition is valued at less than $100 million.

May 2006 EMC announces that it has acquired Kashya, a privately held provider of enterprise-class data replication and data protection software in a cash transaction valued at approximately $153 million.

June 2006 EMC announces an agreement to acquire RSA Security for approximately $2.1 billion.

November 2006 EMC announces an agreement to acquire privately-held Avamar Technologies, a provider of enterprise-class data protection software featuring industry-leading data de-duplication technology in a cash transaction valued at approximately $165 million.

2008 EMC is the first to integrate Flash drives into enterprise storage systems. Revenues for the year reach $14.8 billion with income of $1.3 billion.

July 2009 EMC completes its acquisition of Data Domain, a pioneer of data deduplication, for $2.4 billion.

July 2010 EMC acquires Greenplum, provider of big data analytics software.

November 2010 EMC announces an agreement to acquire Isilon Systems, a fast-growing a provider of network-attached storage systems for approximately $2.25 billion.

January 2011 EMC introduces VNX, a new family of unified storage systems combining the features of CLARiiON (mid-tier storage) and Celerra (network-attached storage).

March 2012 According to the IDC Worldwide Quarterly Disk Storage Systems Tracker, EMC has remained the top provider (in revenues) of external disk storage systems for the 15th consecutive year.

March 2012 EMC announces it has acquired Pivotal Labs, a privately-held provider of agile software development services and tools.

May 2012 EMC announces that it has acquired privately held XtremIO, a pioneer in the development of Flash storage architecture.

July 2013 EMC announces an agreement to acquire privately-held ScaleIO, a pioneer in server-side storage software.

September 2013 EMC announces availability of ViPR software-defined storage platform.

November 2013 EMC announces general availability of XtremIO all-flash array.

May 2014 EMC announces an agreement to acquire privately-held DSSD, developer of an innovative new rack-scale flash storage architecture for I/O-intensive in-memory databases and Big Data workloads.

May 2015 EMC announces an agreement to acquire privately-held Virtustream, a provider of cloud software and services.

October 12, 2015 Dell Inc. and EMC Corporation announce they have signed a definitive agreement under which Dell, together with its owners, Michael S. Dell, founder, chairman and chief executive officer of Dell, MSD Partners and Silver Lake, will acquire EMC Corporation. The transaction is valued at approximately $67 billion.

December 2015 Revenues for 2015 grew 1% to $24.7 billion and income fell 35% to $2 billion.

March 2016 According to IDC’s Quarterly Enterprise Storage System Tracker, EMC led the $24 billion external enterprise storage systems market (down 2.4% from 2014) with 29.6% share. EMC also led the all flash array market with 37.7% share.

August 30, 2016 Dell Inc. and EMC Corporation announce that they intend to close the transaction to combine Dell and EMC on September 7, 2016. Dell Technologies, the name of the new combined company, will begin operating immediately following the close of the transaction. From the announcement:

“This is an historic moment for both Dell and EMC. Combined, we will be exceptionally well-positioned for growth in the most strategic areas of next generation IT including digital transformation, software-defined data center, converged infrastructure, hybrid cloud, mobile and security,” said Michael Dell, chairman and CEO of Dell Technologies. “Our investments in R&D and innovation, along with our 140,000 team members around the world, will give us unmatched scale, strength and flexibility, deepening our relationships with customers of all sizes.”

“I am proud of everything we’ve built at EMC – from humble beginnings as a Boston-based startup to a global, world-class technology company with an unyielding dedication to our customers,” said Joe Tucci, chairman and chief executive officer of EMC. “The combination of Dell and EMC creates a new powerhouse in the industry - providing the essential technology for the next era in IT.”

Upon close of the transaction, EMC shares under the ticker symbol “EMC” will be suspended from trading on the New York Stock Exchange.


Analog Computers

Systron Donner Analog Computer

Some electronic computers used analog voltage levels instead of binary numbers. They could solve complex equations but were limited to about three digits of precision. They couldn't do most of the things computers do today.

This one was programmed by wiring the patch panel on the top. The knobs are used for input data, and the answer reads on the meter.もっと。

The collection also includes an early Heathkit analog computer.