ラヨシュコシュート

ラヨシュコシュート



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

Lajos Kossuthは、1802年にハンガリーのモノクで生まれました。急進的な政治的見解を持った弁護士であり、当局と常に問題を抱えており、1837年に政府への攻撃を公表したために投獄されました。

1840年にリリースされた後、KossuthはPestiHirlapの編集者になりました。ハンガリー国会に選出されたコッスースは、極端なリベラル派の指導者となり、1848年のフランス革命後、ハンガリーに独立した政府を要求しました。

1848年の終わりにオーストリアとハンガリーが戦争に出たとき、コッスースは国の暫定知事になりました。翌年、コスースはハンガリーの独立を大統領として宣言した。ハンガリーはなんとかオーストリア軍を撃退したが、ロシアが戦争に加わったとき、政権は崩壊した。

コッスースはトルコに逃亡し、1851年9月に釈放されるまで捕虜になりました。その年の後半、彼は米国に移り、アイオワ州ディケーター郡にニューブダのコミュニティを設立したハンガリーの政治難民のグループに加わりました。次の数年間、コッスースはイギリスとイタリアにも住んでいました。

彼の精力的な努力にもかかわらず、コッスースはハンガリーで権力を取り戻すことができませんでした。彼の引退で彼は彼の3巻の仕事を完了しました、 私の亡命者の思い出.

ラヨシュコシュートは1894年に亡くなりました。


コシュート・ラヨシュ

コシュート・ラヨシュ (1802–1894)、ハンガリーの政治家および政治家。

Lajos(Louis)Kossuthは、おそらくハンガリーの歴史の中で最も尊敬されているリーダーであり、ヨーロッパの近隣諸国で最も尊敬されていないリーダーの1人です。これは、彼がリベラルで改革派のプログラムと活動家のナショナリズムを組み合わせようとしたためです。

コッスースは1802年9月19日、1918年以降の北東の隅にあるゼンプレン郡のモノクでルター派に生まれ、ハンガリーを滅亡させました。彼の古代の、しかし決して裕福ではない高貴な家族は、現代のスロバキア北部のトゥリエツ郡から生まれました。すべての貴族のように、コシュートは排他的なものに属していました Natio Hungarica、 これは国籍よりも地位と特権を表しています。 Kossuthは後に、国の残りの住民、つまり総人口の約90%を、 ナシオハンガリカ。 彼はまた、彼らをハンガリーの愛国者、そして可能であればハンガリーのスピーカーに変えることを望んでいました。それでも彼自身の母親でさえ、隣のジッパードイツ人入植地からのドイツ語話者でした。

ハンガリーの大地主の家族の1人に仕える弁護士であるコッスースの父親は貧しくなり、失業しましたが、ラホスは貴族の一員にふさわしい教育を受けました。ラテン語、それでもハンガリーの行政、政治、教育の言語—法律は、とりわけ、50の貴族が運営する郡政権の職に就く資格を与えました。 Kossuthは、1827年に生まれ故郷のゼンプレーン郡で最初の公式の役割を引き受け、とりわけコレラの流行と効率的に戦いましたが、1832年に、資金の不正流用を含むスキャンダルのために職を辞めなければなりませんでした。皮肉なことに、彼が国会の不在者投票者を代表するために彼を送ったのは、彼を国政に駆り立てたのはこの事件であり、彼は少なくとも過失で有罪だったようです。そこに着くと、コッスースは彼自身の食事または議会の報告書を書くことによって検閲に逆らいました。そして、それは学生が手でコピーして、広く配布されました。このようにして、彼はジャーナリストとして生計を立てた最初の貴族の一人となり、彼の才能と国の政治的発酵によって可能になった努力をしました。


歴史:コッスース通りの珍しい起源

踏切のすぐ近くのフロントストリートのすぐそばに、小さなコッスースストリートがあります。通りは長さが小さいだけでなく、町で最も狭い通りの1つであり、車の幅よりも少し広いです。特に冬にコッスース通りを運転するには、少し事前の計画が必要です。何年にもわたって、それを広げる提案がなされてきましたが、それは狭いままであり、一般的にそこに住む住民によってのみ使用されます。その奇妙なサイズに加えて、通りの他の奇妙な特徴はその名前です。私たちの元歴史協会の学芸員であるナンシー・メリルはかつて、「それについて考えるのをやめると、コス+ウス通りは平均的なヤンキー通りの名前のようには聞こえない」とコメントしました。彼女はそれが英語の名前ではないことについて正しいです。 「Kossuth」は間違いなくハンガリー語の名前ですが、ニューイングランドの町でどのように発見されたのでしょうか。

踏切のすぐ近くのフロントストリートのすぐそばに、小さなコッスースストリートがあります。通りは長さが小さいだけでなく、町で最も狭い通りの1つであり、車の幅よりも少し広いです。特に冬にコッスース通りを運転するには、少し事前の計画が必要です。何年にもわたって、それを広げる提案がなされてきましたが、それは狭いままであり、一般的にそこに住む住民によってのみ使用されます。その奇妙なサイズに加えて、通りの他の奇妙な特徴はその名前です。私たちの元歴史協会の学芸員であるナンシー・メリルはかつて、「それについて考えるのをやめると、コス+ウス通りは平均的なヤンキー通りの名前のようには聞こえない」とコメントしました。彼女はそれが英語の名前ではないことについて正しいです。 「Kossuth」は間違いなくハンガリー語の名前ですが、ニューイングランドの町でどのように発見されたのでしょうか。

それを証明する書面による声明はありませんが、この通りはハンガリーの民族主義者であるラヨシュコシュートにちなんで名付けられた可能性があります。コッスースは1848年にハンガリー人がオーストリアの君主、フランツフェルディナンドに反対して立ち上がったときに有名になりました。一時的に成功したものの、ロシアがオーストリアの援助に来たとき、革命は数年以内に押しつぶされました。ハンガリーの独立はオーストリア・ハンガリー帝国に飲み込まれました。コッスースは、革命的支配の短い期間中に知事大統領になりました。ヨーロッパは1848年に革命に満ち、フランス、イタリア、ドイツの州、デンマークで蜂起が起こりました。大陸のいくつかの地域は手つかずのままでした。ラヨシュ・コシュートは、民主主義の愛国者としての評判を得ました。革命政府の崩壊後、コッスースはトルコに逃亡し、1851年にヨーロッパを離れることを許可されました。

ここで、ストーリーはエクセターのつながりを獲得します。米国はミシシッピと呼ばれる蒸気フリゲートを送って、ハンガリーのジョージ・ワシントンと多くの人に見られていたコッスース&#8212を迎えに行きました。船の船長はニューハンプシャー州ポーツマスのジョンC.ロング(後のコモドールロング)でした。ロングはエクセターのメアリーO.ギルマンと結婚しました。歴史家のチャールズ・ベルは、ニューハンプシャー州エクセターの歴史の中で、ロング大尉のラヨシュ・コシュートとの経験を次のように要約しています。ハンガリーの亡命者は、国の船での輸送を提供するという私たちの政府の目的を完全に誤解したため、彼は船からマルセイユ港の赤い共和党員への炎症的な演説をすることを主張しました。船長は非常に確実な行動を固く禁じました友好的な力で私たちを巻き込むために。その結果、コシュートは船から撤退した。」

キャプテンロングの経験にもかかわらず、コスースはイギリスとアメリカで英雄として迎えられました。彼は彼の政治的キャリアの後、彼がその間よりも人気があったそれらの珍しい人物の一人です。彼のスピーチはよく出席され、マスコミで広く報道されました。彼はアメリカ人を感動させた英語の習得を持っていて、自由民主主義の理想への彼の献身(当時、これらには自治、言論の自由、経済的独立が含まれていました)は彼を非常に人気のある講演者にしました。彼は、とりわけダニエル・ウェブスターによって祝福されました。コッスースは米国ツアーに続いて、同様に勝利を収めた英国ツアーを行いました。彼の晩年はイギリスとイタリアで亡命しましたが、「Kossuth」という名前の自治体が散在している米国では決して忘れられませんでした(通常、エクセターが「KO-suth」または「Ko-SUTH」と誤って発音したように、 「KO-shoot」の正しいハンガリー語の発音にもかかわらず)。アイオワ州コシュート郡は、1852年にラヨシュコシュートにちなんで名付けられました。

エクセターはどのようにしてコスースストリートを買収したのですか?どの民主的な熱意が町を追い抜いたのか、あるいは実際、通りがいつ名前を取得したのかは完全にはわかりません。しかし、1845年のエクセターの地図にはその場所に通りがなく、1857年の地図ではコッスース通りがその狭い栄光の中に現れています。この短い期間は、米国でのラヨシュコシュートの人気の高さに対応しているため、この通りが他の人にちなんで名付けられたと考える理由はありません。エクセターにハンガリー人が住んでいなかったことは注目に値します。また、1857年の地図では、ハンガリー出身の家族が通りに住んでいることもありません。 Exeter News-Letterは彼の米国ツアーのほぼすべての動きをカバーしていたので、おそらく通りは純粋に男の有名人に基づいてその名前を取得しました。

長い海軍のキャリアの終わりに、ジョン・ロング提督と彼の妻、メアリー・ギルマン・ロングは1861年にエクセターに定住しました。すべての説明で、ロングは大げさな革命家ラヨシュ・コシュートとは非常に愛想の良い男でした。彼と彼の妻は、1865年に亡くなるまで、コートストリートの家に静かに住んでいました。彼の家からわずか4分の1マイルのところにあるコッスースストリートについての彼の意見については、彼が船から投げ出した男にちなんで名付けられました。 1851年にマルセイユで。


ラヨシュ(ルイ)コシュート

この家は専用です
自由を愛するハンガリー系アメリカ人の兄弟的および文化的努力と
の生きた記憶
ラヨシュ(ルイ)コシュート

自由、平等、平等の擁護者、ハンガリーの独立のための戦いの間のハンガリーの知事。
[キャプション:]
-&#8220すべての人々のために、そしてすべての人々によって。人々なしでは、人々については何もありません。それが民主主義です。&#8221
1852年2月6日にオハイオ州議会に話しかけられました。-

アメリカのハンガリー改革連盟によって建てられました。

トピック。この歴史的標識は、このトピックリストにリストされています:戦争、米国以外。

位置。 38&deg 54.63&#8242 N、77&deg 2.703&#8242 W.マーカーは、コロンビア特別区ワシントンのデュポンサークルにあります。マーカーは、マサチューセッツアベニューノースウエストの北にある20thストリートノースウエストにあり、北に進むと左側にあります。タッチして地図を表示します。マーカーは、次の住所またはその近くにあります:1520 20th Street Northwest、Washington DC 20036、United States ofAmerica。道順をタッチします。

他の近くのマーカー。少なくとも8つの他のマーカーがこのマーカーの徒歩圏内にあります。セオドア・ルーズベルト(ここ、このマーカーの隣)ハンガリー退役軍人記念館(ここ、このマーカーの隣)ラヨシュ(ルイ)コシュート(このマーカーから数歩)という名前の別のマーカー

(このマーカーの叫びの距離内)ジェームズG.ブレインマンション(このマーカーの叫びの距離内)ウォルトホイットマンの「ドレッサー」(1865年版)とE.エテルベルトミラーの「私たちの抱擁」(このマーカーの叫びの距離内)からの抜粋) デウィサラスワティ (このマーカーの叫びの距離内)インドネシア大使館/ウォルシュ-マクリーンマンション(約300フィート離れており、直線で測定)。タッチすると、デュポンサークルのすべてのマーカーのリストと地図が表示されます。

も参照してください。 。 。 LajosKossuth-ウィキペディア。 (2018年2月12日に、メリーランド州ベルエアのBill Pfingstenによって提出されました。)

Si Deus Pro Nobis Quis ContraNosの画像。フルサイズをクリックしてください。」 title = 'コッスースハウス
AMRE-HRFA


革命的なラヨシュコシュート

多くの事実とフィクションが混ざり合ったハンガリーの偉大な英雄の一人であるコスースは、1802年に生まれました。彼の家族は貧しかったが高貴でした。彼はスロバキア人の一部であり、ドイツ人の一部でした。十分な教育を受けた彼は、プレスバーグの国会(議会)の副官として政治に入る前に、しばらくの間、弁護士として働いていました。

彼はまた、法律では発行できないパンフレットを発行したので、それらを転写して広く配布してもらいました。当時、彼が従うことを選んだ活動で彼を止めるのは難しいと言われていましたが、パンフレットは彼を刑務所に入れました。 1840年に自由が訪れた後、彼は週2回発行される政治ジャーナルの編集者に任命されました。 ペスティ・ハーラップ– おそらくショーヴィニズム的なアプローチが多すぎる、非常にリベラルな論文。

1847年に彼は野党の指導者になり、その見解と政策はこれ以上急進的ではありませんでしたが、1848年3月までに、フランスで頻繁に起こった革命の1つに続いて、コスースは 独立 ハンガリー政府。 9月までに、彼は仲間の貴族(より裕福な貴族を含む)のほとんどを脇に置き、国防委員会を率いていました。翌年の4月、彼はデブレツェン国会を説得してハプスブルク家の支配を無効と宣言し、王朝が王位に対する権利を失ったと主張した。

その後、彼はハンガリー全土の臨時知事になり、この立場で西側諸国の介入を確保しようと試みたが無駄だったが、起こったのは彼と彼を独裁者と見なした将軍との間の意見の相違だけだった。彼はアルトゥール・ゲルゲイを支持して辞任し、トルコに逃げました。トルコ人は彼を投獄しましたが、身柄引き渡しを許可しませんでした。

1851年9月、アメリカとイギリスの影響で彼は解放され、私たちは最初にイギリスに行き、次にアメリカに行きました。これらの国は両方とも同情と尊敬を示しましたが、それ以上はありませんでした。 1852年の終わりまでに彼はイギリスに戻ったが、オーストリアとのフランコ/イタリア戦争が勃発したとき(1859)、彼はナポレオン3世にハンガリーをオーストリアに対して上昇させることを提案したが、1861年と1866年に再試行したが、それは良くなかった。 1867年、デアクはハンガリーとハプスブルクを和解させ、コスースは失望して欲求不満の65歳の男性を公の生活から引退させた。彼はトリノに住みに行き、恩赦を申し出られたとき、それを拒否した。彼は1894年に亡くなるまで、苦々しく生き続けました。彼は92歳でした。おそらく空想的な報告によると、彼は人生で彼の理想を放棄したり、彼の原則を変更したりしたことはありません。


ラヨシュ(ルイ)コシュート

コシュート郡の同名。コッスースはハンガリーの自由の闘士であり、ハンガリー独立のための1848年から1849年の革命のリーダーでした。彼は19世紀半ばの最も偉大な政治家および雄弁家の一人として知られていました。彼は著名な人物であり、1851年1月15日にコシュート郡が設立されたときに米国でよく知られていました。

2001年7月13日専用

トピック。この歴史的な標識は、このトピックリストにリストされています:愛国者と愛国心。このエントリの重要な履歴日は1851年1月15日です。

位置。 43&deg 4.149&#8242 N、94&deg 14.324&#8242 W.マーカーは、アイオワ州コシュート郡のアルゴナにあります。マーカーは、ノースホールストリートのすぐ東、西に進むと右側にあるウェストステートストリートからアクセスできます。モニュメントとマーカーは、コシュート郡庁舎の南入口の真正面の中庭にあります。タッチして地図を表示します。マーカーは、次の住所またはその近くにあります:114 West State Street、Algona IA 50511、United States ofAmerica。道順をタッチします。

他の近くのマーカー。カラスが飛ぶように測定すると、少なくとも1つの他のマーカーがこのマーカーから15マイル以内にあります。リバモアフリーダムロック退役軍人記念館(約14.1マイル離れたところ)。

も参照してください。 。 。
1.ラヨシュコシュート。 Lajos Kossuthは、おそらくハンガリーの歴史の中で最も尊敬されているリーダーであり、最も少ないリーダーの1人です。

ヨーロッパの近隣諸国で尊敬されています。これは、彼がリベラルで改革派のプログラムと活動家のナショナリズムを組み合わせようとしたためです。 1851年と1852年の彼の米国訪問は、勝利の行進に似ていましたが、将来の大統領エイブラハムリンカーンを含む演説者は、彼をハンガリーのジョージワシントンと呼びました。 (2020年12月5日に、フロリダ州ケープカナベラルのコスモスマリナーによって提出されました。)

2.ラヨシュコシュート(ウィキペディア)。コッスースの力強い英語とアメリカのスピーチは、有名な現代アメリカの雄弁家ダニエル・ウェブスターにとても感銘を与え、感動させたので、彼はコッスースの人生についての本を書きました。彼は、イギリスやアメリカを含め、生涯を通じて自由の闘士として、そしてヨーロッパの民主主義の鐘として広く名誉を与えられました。 Kossuthのブロンズの胸像は、アメリカ合衆国議会議事堂にあります。 (2020年12月5日に、フロリダ州ケープカナベラルのコスモスマリナーによって提出されました。)

3. 3月15日は、1848年の独立戦争を記念するハンガリー建国記念日です。 Kossuthは、ハンガリー王国で、平等や議会代表などの基本的な民主主義の原則に基づいて、すべての国籍が活気に満ちた民主主義システムに参加する連邦を構想しました。血なまぐさい紛争は、最終的に「オーストリア・ハンガリー帝国」として知られる大きな妥協につながりました。


ラヨシュコシュート-歴史

ブライアン・ドーソン -「私たちの時代の精神は民主主義です。すべての人々のためにそしてすべての人々によって。人々なしでは、人々については何もありません。それが民主主義であり、それが私たちの時代の精神の支配的な傾向です。」-ルイ・コシュートは、1852年2月16日、オハイオ州議会の前で、リンカーンのゲティスバーグ演説の10年以上前に話されました。

当時の米国の人口の半分と話し、国中の英雄的な歓迎を目撃したルイ・コシュートの米国への影響は、歴史的なものに他なりませんでした。コッスースは、ラファイエット侯爵以来、議会合同会議で演説した最初の外国の政治家でした。

米国の人々とハンガリー系の人々の間の友情と共有された価値観を祝い、記念するために、アメリカのハンガリー連邦はラヨシュ・コシュートのブロンズの胸像を委託し、それを米国議会に提供しました。下院の同時決議251(トム・ラントス下院議員によって導入され、ウィリアム・ブルームフィールド下院議員とペル上院議員による上院支持運動が共催)は、米国議会議事堂に銅像を配置することを求めた。 1990年2月27日(ハウス)と3月1日(上院)に採択されました。

奉献式は、1990年3月15日、ハンガリー建国記念日、国会議事堂ロタンダの壮大なドームの下で行われました。バストは、国会議事堂で非アメリカ人を称える2人のうちの1人です。ベースには、「ハンガリー民主主義の父、ルイ・コッスース」と書かれています。

歓迎のテキストは、記念本の前書きを書いた名誉あるトム・ラントス(D-CA)によって配信されました。彼は次のように述べています。「このハンガリー民主主義の父の胸像を米国議会議事堂に置くことは、コスースと一世紀以上前の私たちの国の歴史。同時に、それはまた、中央および東部における自由と民主主義の歴史的な勝利を示すタイムリーで最も適切なジェスチャーでもあります ここ数ヶ月で目撃したヨーロッパ。」記念本は右上からダウンロードできます。ロバート・ドール上院議員は聴衆に向けて演説し、共産主義政権の崩壊と進行中の中央および東ヨーロッパの劇的な変化について、ルイ・コシュートを引用して振り返りました。

アメリカハンガリー連邦の会長であるティボール・ドモーター司教牧師は、コスースバストをアメリカの人々に紹介しました。彼は聴衆を歓迎し、 両国間の歴史的なつながりとハンガリーの自由と民主主義のための繰り返しの戦いを強調し、「[コシュート]は憲法とアメリカ合衆国の共和国政府の形態に大きく影響された」と述べた。アメリカハンガリー連邦、私は1848-49年の自由の戦闘機、英雄、殉教者を記念して、このラヨシュコスースの胸像をアメリカ合衆国憲法に引き渡します。同じで 時が経つにつれ、ラヨシュ・コシュートが定めた目標のために戦って死んだ1956年の自由の闘士、英雄、殉教者を思い出したいと思います。私たちは、自由と民主主義へのコミットメントについてアメリカの人々に感謝します。」

この彫刻は、2009年10月21日(1956年のハンガリー動乱の記念日の2日前)に亡くなった、有名な彫刻家でありAHF理事会のメンバーであるオハイオ州ヤングスタウンのCsabaKurによって発表されました。 「ルーマニア革命の父」、ルーマニアの反Ceaucescu革命のリーダーであるトランシルヴァニアのトークス牧師も聴衆に演説した。 AHF名誉会長のImreBertalan牧師が閉会の祝祷を行いました。

式典の後、HRFA、ウィリアムペン協会、米国議会議事堂の彫像ホールで議会人権財団によるレセプションが行われ、続いて米国ハンガリー連邦の夕食会が開かれ、献身を記念する宣言が行われました。宣言は次のように述べています。

「私たちアメリカのハンガリー人は、この偉大な米国の国と、現在貧しく、苦しんでいるハンガリー人の国、かつての祖国の国が、お互いに、そして他のすべての人々との調和のとれた友情と協力を維持することを永遠に見るだろうと信じています。自由を愛する、民主的な地球の国々。

そして、この日から、米国議会議事堂の彫像ホールへの米国ハンガリー連盟の贈り物として受け入れられたルイ・コシュートの肖像は、ルイ・コシュートの素晴らしいアイデアとそれらに対する確固たる信念を永遠に象徴するでしょう。」

ペンシルベニア州議会議員のドン・リッターは、ハンガリーの遺産であり、トム・ラントス議員の義理の息子であり、AHFディナーの基調講演者でした。

コシュート・ラヨシュは、ハンガリー王国の摂政大統領であり、1848年の反ハプスブルク家の指導者でした。民主主義革命は、最終的にはオーストリアとロシアの合同王立軍によってのみ崩壊しました。 Kossuth、自由の闘士、先見の明、そして「ハンガリーのジョージワシントン」は、ハンガリーの国家の独立と民主主義の価値の卓越した象徴です。

Kossuthは、ハンガリー王国で「ダヌビア連邦」を構想しました。この連邦では、平等や議会代表などの基本的な民主主義の原則に基づいて、すべての国籍が活気に満ちた民主主義システムに参加しました。血なまぐさい紛争は、最終的に「オーストリア・ハンガリー帝国」として知られる「大きな妥協」につながり、ハンガリーはある程度の自治権を獲得しましたが、コッスースは死ぬまで完全な独立を要求することはできませんでした。彼は支援を求めて米国に来て、国中の熱狂的な熱意で迎えられました。

ラルフ・ワルド・エマーソンが書いたように、彼の反奴隷制の姿勢は議会で一部を不快にさせたが、アメリカ人はその男を見聞きするために群がった。 米国郵政公社は、1958年に、AHFの最高の栄誉であるMichael Kovats Medal ofFreedomの受賞者であるAHFの有名なアーティストGabriellaKoszorusVarsaがデザインした「ChampionofLiberty」シリーズの一環として、ルイコシュートスタンプを発行しました。 Kossuthの詳細については、右の列をご覧ください。

Kossuth Bustは、1848年の独立戦争を毎年記念する主要な目的地になりました。 2006年3月15日、ブッシュ大統領は1848年と「ハンガリーの民主主義への貢献」を称えました。ブッシュ大統領は次のように述べています。「ハンガリーの例は、自由が普遍的であることを証明していると思います。誰もが自由に生きることを望んでいると私は信じている」とブッシュ大統領は述べた。 &#8220これは、専制政治が自由への欲求を打ち消すことは決してできないという例です。&#8221

同じくワシントンでの記念式典で講演したハンガリー駐在米国大使ジョージ・ウォーカーは、「独立、より民主的な政治システム、人権のために戦った1848年と1956年の自由の闘士」に敬意を表した。 1989年、「ハンガリー人は、自国から逃げる東ドイツ市民に門戸を開き、同時に、かなりの危険を冒して、オーストリアと自由への扉を開き、それによってワルシャワ条約に反対しました。」

祝賀会の議長は、下院外交委員会の民主党員であるカリフォルニア州のハンガリー生まれの米国下院議員トム・ラントスでした。 ブッシュ大統領は、ラントスを「自由と専制政治の違いを理解している人」と称賛し、ラントスとその妻に、自由が私たちの世界で貴重で必要であることを誰にも忘れさせないことを感謝しました。&#8221AHF共同代表Jules(Gyula)Baloghは、2006年の記念にここで見られます。


[&ltすべてのAHF履歴に戻る]
ラヨシュ(ルイ)コシュートの胸像の米国議会による献身:米国議会議事堂ロタンダでの議事録 - トム・ラントス議員によるフォワード [4.5Mbをダウンロード]

AHF100年表示
2007年のAHF議会レセプションで
(画像をクリックすると拡大します)


AHFとコスース
米国議会議事堂でバスト

関連記事:

3/16/2010 - 米国議会議事堂でのコスースバストの奉献の20周年。 米国の人々とハンガリー系の人々の間の友情と共有された価値観を祝い、記念するために、アメリカのハンガリー連邦はブロンズを委託しました Lajos Kossuthの胸像であり、1990年に米国議会に提供されました。AHFの指導者とコミュニティのメンバーは、米国議会議事堂での発表20周年を記念して、議会、ハンガリー大使館、LantosFoundationに参加しました。 [続きを読む]

  • ダウンロード用のAHF記事
  • 有名な引用
  • Louis Kossuth Speakを聞いてください! 1890年のルイコシュートスピーチの録音とテキスト
  • Kossuth Anthem、「Kossuth LajosaztUzente」の音声とテキスト
  • 外部リンクダウンロード
  • &#8220コッスースと民主主義の意味&#8221
    Frank Koszorus、Jr著Frank Koszorus、Jr著:2007年1848年の意味に関する基調講演(ハンガリー語/ magyarul)
  • Frank Koszorus、Jr。による「KossuthinAmerica」
  • Louis Segesvaryによる「Kossuth」
  • &Eacuten ahhoz a gener&aacuteci&oacutehoztartozom。 2006年の米国議会議事堂でのブッシュ大統領の演説を記念したアンドラス・フェレンツ・ボドール(ハンガリー語/マジャルル語)による2006年の基調講演

「神と人間の目の前で偽証されたハプスブルク=ロレーヌの家は、ハンガリーの王位を失いました。」
ハンガリー、1849年4月

&quotすべての人々のためにそしてすべての人々によって。人のいない人については何もありません。それが民主主義であり、それが私たちの時代の精神の支配的な傾向です。」
オハイオ州議会の前で話され、
1852年2月16日

LouisKossuthの詳細

コシュート・ラヨシュ(b。1802、d。1894、発音された共同撮影luh-y&ocircsh) 1848年から1849年の独立と民主主義のための解放戦争の間、ハンガリーの知事でしたが、最終的には王族のオーストリアのハプスブルク家とロシアの皇帝軍の連合によって敗北しました(1848年から1849年)。 Kossuthは、ハンガリー王国で、平等や議会代表などの基本的な民主主義の原則に基づいて、すべての国民が活気に満ちた民主主義システムに参加する連邦を構想しました。血なまぐさい紛争は、最終的に「オーストリア・ハンガリー帝国」として知られる大きな妥協につながり、ハンガリーはある程度の自治権を獲得しました。コッスースはそれに関与せず、彼の死まで完全な独立を要求したが。

上記の抜粋が引用された彼の「人民のための」スピーチは、リンカーンの有名な「人民のための」スピーチの10年以上前に、1863年にゲティスバーグで行われた「人民のための」スピーチによって与えられました。ラファイエット。アメリカ合衆国議会での彼の次の演説は、すべての男性の平等に関する彼の民主的な見解のために、南北戦争前の合同住宅を緊張させました。コッスースは刑務所と亡命中に英語を学び、彼の話を聞くために熱心に挨拶し、群がった米国の人口の半分に話しかけました。ハンガリーの壮大な闘争とコッスースの勇敢で高貴な努力にもかかわらず、米国の「民主主義の要塞」は彼を手ぶらで引き返した。ハンガリーは1956年に民主主義のための戦いで再び一人であり、1989年まで自由を取り戻しませんでした。

今日、コッスースがアメリカと世界に与えた影響について多くの思い出があります。北米では、アイオワ州にコシュート郡があり、インディアナ州、オハイオ州、ミシシッピ州に彼の名前の町があり、ペンシルベニア州にコシュート郵便局との和解があります。さらに、ニューヨーク、クリーブランド、アクロン、ニューオーリンズ、ワシントン、およびカナダのオンタリオにコッスースの彫像と斑点があります。ワシントンDCのデュポンサークルにあるハンガリー改革連盟の建物は、民主主義に関する彼の演説を記念する記念の盾が付いたコスースハウスと呼ばれています。北米のルイコシュートの写真ギャラリーと記念碑をご覧ください。

有名なラルフ・ワルド・エマーソンは、1852年5月11日にマサチューセッツ州コンコードに到着したコスースに挨拶して次のように述べました。

「その並外れた雄弁さが彼の行動の素晴らしさと堅実さによって支えられている男を見て、私たちは空腹でした。」

Kossuthは、全国で熱狂的に迎えられました。彼は議会合同会議で演説した2番目の外国人指導者(ラファイエットに次ぐ)でした。

オーディオリソース

Louis Kossuth Speakを聞いてください! [ここをクリック]そして以下のトランスクリプトに従ってください-これは、1849年10月6日にハンガリーのアラドで処刑された13人のハンガリーの将軍のための像の献身のために彼が与えたルイコシュートのスピーチです(アラドはルマニアにいます1920年のトリアノン条約による併合後の今日)。ルイ・コシュートは1848年のハンガリー解放戦の崩壊後に追放され、イタリアのトリノ(トリノ)に恒久的な家を建てました。 彼は逮捕の危険を冒さずにアラドの記念碑の献堂式に出席することができなかったので、彼はトリノで彼のスピーチを録音し、録音の新しい技術を使用してアラドにそれを送りました 蓄音機.

録音は、コッスースが88歳だった1890年9月20日に行われました。コスースがスピーチを送った記念碑が、第一次世界大戦後の1920年に、アラドとともにトランシルヴァニアを併合したときに、ルーマニア政府によって取り壊されたのは悲しい事実です。

エジソン蓄音機の2つのワックスシリンダーでの元の録音は今日まで残っていますが、過剰な再生と初期の復元の試みの失敗のためにほとんど聞こえません。 Lajos Kossuthは、彼の声が保存されている世界で最も早く生まれた人です。音声の品質が非常に悪いため、ハンガリー語で転写され、英語に翻訳されています(北米のLouis Kossuthに特に感謝します)

&quotA vil&aacuteg b&iacuter&aacuteja a t&oumlrt&eacutenelem fog e k&eacuterd&eac​​utesrefelelni。 Legyenek A szenteml&eacutek&ucirc V&eacutertan&uacutek MEG&aacuteldottak poraikban、szellemeikben Aほんszabads&aacuteg Isten&eacutenek legjobb&aacuteld&aacutesaival AZ&oumlr&oumlkk&eacuteval&oacutes&aacutegon kereszt&uumll engem KI NEM borulhatokルAマジャールGolgota POR&aacuteba、engem OKT&6-T&eacuterdeimre borulva霧hontalans&aacutegom remete LAK&aacuteban L&aacutetniミントAZ engem kitagadottハザFEL&eacute NY&uacutejtva AGG karjaimat A oacuteber H&aacutela H&ucirc&eacuterzelmeivel&aacuteldom A V&eacutertan&uacutekのSzent EML&eacutek&eacutet H&ucircs&eacuteg&uumlk&eacutert AハザIR&aacutent、 'SA magasztos P&eacuteld&aacute&eacutert、melyet AZ UT&oacutedoknak adtanakのbuzg&oacute IM&aacuteval K&eacuterem A magyarok Isten&eacutet、hogy tegye diadalmass&aacute VEL&otildekig帽子&oacute SZ&oacutezatot、melyホン&aacuteria ajkair&oacutel AマジャールNemzethez曽。 &Uacutegy legyen&Aacutemen!

トリノ
1890年9月20日
コシュート・ラヨシュ

"The judge of the universe, history, will decide over this question. Should the saintly remembered martyrs be hallowed in their ashes, in their spirit with the highest blessings of the Lord of Liberty and through eternity I can not pay my sympathies to the ashes of the Hungarian Golgotha, but October 6 will find me on my knees in this reclusive home of exile, as I open my arms to my disowning homeland. With gratitude's faithful sentiments, I bless the martyrs' sacred memory for their faith in their homeland and for the sublime example they left to their heirs: with ardent prayer I beg the God of Hungarians to make their appeal which echoes from the lips of Hungaria to the Hungarian Nation. So be it, Amen!

Turin
September 20 1890
Louis Kossuth

  • AHF commemorating 1848:
    2009, 2007, 2006 and Hungary's Contributions to Democracy
  • Kossuth in America [visit]
  • Select Speeches of Kossuth, Condensed and Abridged, with Kossuth's Express Sanction [visit]
  • Louis Kossuth, Mason And Apostle Of World Democracy [visit]
  • Count Apponyi's Oration on the Death of Louis Kossuth [visit]
  • Wikipedia - [visit] and add your thoughts!
  • Louis Kossuth in North America [visit]
  • Kossuth County, Iowa [visit]
  • Kossuth County, Iowa statue dedication
    [visit]
  • Dedication of statue to replace one destroyed by Rumanian occupation forces in 1921: Gyergyócsomafalva, Transylvania [visit]

Sign up for the AHF mailing list.
Your information is not shared!


Born Sept. 19: Lajos Kossuth

Lajos Kossuth, the 19th-century political reformer who sought freedom for Hungary from the Austrian Empire, was born Sept. 19, 1802, in Monok, Hungary.

Kossuth is commemorated on two stamps in the United States Champion of Liberty series, both issued Sept. 19, 1958, on the 156th anniversary of Kossuth’s birth: a 4¢ green (Scott 1117), and an 8¢ stamp printed in carmine, ultramarine and ocher (1118). Each stamp shows a portrait of Kossuth on a medal that includes the wording, “Lajos Kossuth, Governor of Hungary,” and the dates 1848-1849.

In the 1830s, Kossuth participated in the Hungarian parliament — the Diet — and advocated for political reform. He was known as an effective orator, and his detailed writings about the political sessions made him a popular figure, but also brought him under the scrutiny of the government.

He was imprisoned for three years, but continued his efforts for change following his release. He led the 1848 Hungarian rebellion and served briefly as president, but was forced to resign when Russian forces joined with Austria to end the revolution.

Kossuth was widely admired in the United States as a proponent of democratic ideals, and he traveled throughout America in 1851 and 1852, giving speeches to large crowds, addressing the Congress of the United States, and meeting with President Millard Fillmore and Abraham Lincoln.


Hungarian leader valued US democracy

Though lawmakers and visitors might not notice it at first, a tribute to a late Hungarian leader stands proud at the Capitol. Tucked into an arch-shaped alcove right outside the first-floor area known as the Crypt, the bust of Hungary’s first president towers at more than 6 feet tall, watching over the bustle of the first-floor corridor.

Lajos Kossuth’s bronze torso sits atop a rectangular marble base, etched with the words “Lajos Kossuth, Father of Hungarian Democracy, Hungarian Statesman, Freedom Fighter.” With no arms or lower body, Kossuth wears a saggy suit jacket fluttered open to reveal a dress shirt and bowtie underneath. His face is impenetrable, cloaked by a moustache and thick beard that reveals only his bottom lip and chin. His nose is strong and his eyes are stern, fixed on something either in the distance or in the recesses of his mind.

The American Hungarian Federation (AHF) commissioned this statue to recognize the relationship between Hungary and the United States, according to the organization’s website. Created by noted sculptor and Hungarian immigrant Csaba Kur, Kossuth’s statue was dedicated in Congress on March 15, 1990, in honor of Hungarian National Day. Following tradition, the statue was initially placed in the Capitol Rotunda and installed in its current location a month later, Architect of the Capitol (AoC) spokeswoman Eva Malecki said. Today, the statue serves as the site of annual commemorations of Hungary’s 1848 War of Independence.

This Hungarian statesman’s presence in the U.S. Capitol might seem arbitrary, but in fact Kossuth’s life was intertwined with the life — and values — of American democracy.

Born in 1802, Kossuth was a writer, editor and practicing lawyer, known and often punished for his radical political views and advocacy of a democratic government. During the 1848 war of liberation, Kossuth declared himself provisional governor of Hungary, leading his country in fighting Austria for independence.

When Russia and Austria crushed Kossuth’s government, the Hungarian president went into exile in Turkey. The U.S. assisted him in traveling to America, where he ultimately spent one year. Kossuth became one of the first foreign statesmen to address a joint session of Congress, speaking to the body in 1852 about democracy — what he called “the ruling tendency of the spirit of our age,” according to the AHF website.

Moreover, throughout his year in the U.S., Kossuth made more than 300 speeches to thousands of American citizens. It is estimated that more than half of the nation’s population at the time heard him speak, Malecki said.

The official program for the bust’s 1990 dedication ceremony noted Kossuth’s embodiment of American values, reading “his political activity before and during the Revolution was inspired by the principles of American democracy,” according to information provided by the AoC.

At the ceremony, the late Rep. Tom Lantos (D-Calif.) also remarked on Kossuth’s significance in American and international politics, according to the AHF website.

“Placing a bust of this father of Hungarian democracy in the United States Capitol is an appropriate recognition of Kossuth’s association with the history of our nation more than a century ago,” said Lantos, who was born in Hungary. “At the same time, it is also a timely and most fitting gesture marking the historic victory of freedom and democracy in Central and Eastern Europe, which we have witnessed in recent months.”

Other tributes to Kossuth have emerged around the country. Kossuth County in Iowa pays homage to the “Father of Hungarian democracy,” and towns in Mississippi, Ohio and Indiana also bear his name.


Lajos Kossuth - History

3/26/2018 - On Wednesday, March 21, 2018, the American Hungarian Federation and the Victims of Communism Memorial Foundation hosted a Congressional Reception commemorating Hungarian National Day, Lajos Kossuth and the 1848 Hungarian War of Independence, and honoring Representatives Andy Harris (R-MD) and Marcy Kaptur (D-OH), Co-Chairs of the Congressional Hungarian Caucus who were presented with AHF's Lajos Kossuth Award in recognition of their support in strengthening U.S. relations with Hungary and of democracy and human and minority rights in Central and Eastern Europe. [Read more]

3/17/2017 - The American Hungarian Federation's annual commemoration of Hungarian National Day and the anniversary of its historic 1848 democratic revolution led by Louis Kossuth for 2017 was held at the Hungarian Embassy in Washington, DC and coincided with a meeting of the Regional Hungarian Diaspora Council. The keynote addresses were provided by Deputy State Secretary Dr. Péter Szilágyi and AHF Chairman Frank Koszorus, Jr. [read more]

3/15/2014 - AHF commemorates Hungarian National Day and the 1848 War of Independence. The 1848 Hungarian Revolution and Freedom Fight sought to throw off the Austrian Yoke. It was quelled under the combined forces of Imperial Austria and Russia, but its impact is felt even today.

Each year, speakers focus on the significance of the 1848 revolution and how its ideals and goals relate to today's Hungary, including the need for unity, honest political debate, the political and human rights situation in Central and Eastern Europe and relations with the United States. This year's keynote address was delivered by Tamas Fellegi former Hungarian Minister of National Development and President of the Hungarian Initiatives Foundation. Other remarks given by Hungarian Ambassador Gyorgy Szapary. [read more]

3/09/2013 - AHF commemorates Hungarian National Day and the 1848 War of Independence. The annual commemoration emphasized the relevance of Kossuth and the historic fight for democracy to today, Hungary's revered history of standing up for freedom and liberty against great odds, and the serious human and minority rights challenges facing ethnic-Hungarian communities throughout the Carpathian basin.

3/11/2012 - AHF commemorates Hungarian National Day and the 1848 War of Independence. The commemoration emphasized Hungary's revered history of standing up for freedom and liberty against great odds, including in 1848 &ndash 1849, and urged that this history not defamed through political expediency. [read more]

3/15/2011 - The American Hungarian Federation of Metropolitan Washington, D.C., holds annual commemoration of the 1848 War of Liberation. Hungarian Ambassador George Szapary's Keynote Address was a welcome paradigm shift in Hungarian official policy toward Hungarians in the diaspora. AHF President Frank Koszorus reflected on what Kossuth's legacy means to us today: "Let us reach out and find all who want to participate [to] ensure democracy for all Hungarians and advance the foreign policy interests of our great American homeland. [read more]

3/15/2010 - Hungarian Americans commemorate Hungarian National Day. President Obama sends congratulations。 The 1848 Hungarian Revolution, under its leader Louis Kossuth, sought to throw off the Austrian Yoke. It failed after Russian intervention, but its impact on the United States is felt even today . This year's commemoration was organized by the American Hungarian Federation of Metropolitan Washington, DC, and held on March 14, 2:30 p.m., at the Kay Spiritual Center of the American University. [read more]

3/15/2009 - AHF of Washington, DC's Commemorates the 1848 Hungarian Revolution and War of Liberation.The Chapel at Wesley Theological Seminary at American University in Washington, D.C., was once again the setting for AHFDC's annual commemoration of the 1848 Hungarian Revolution and War of Liberation in which Hungary sought to establish a democratic republic and split with Austria under its leader Louis Kossuth. This year, speakers focused on the significance of the 1848 revolution and how its ideals and goals relate to the political climate in today's Hungary.

This years keynote speaker, the Rev. Judit Mayer, commented that today's politicians could learn from the heroes of 1848 who put the nation ahead of their own personal political agenda: "A politikai önzetlenség példáját jellemzi, hogy március 15-én a később "márciusi ifjaknak" nevezett fiatalok átengedték a vezetést a mérsékelt liberálisok vezéregyéniségeinek, akik ismertebbek és elfogadhatóbbak voltak a polgárok számára. Nem a saját politikai vágyaik kielégitése volt a mérvadó, hanem az, hogy mi jó a nemzetnek. A mai politikusok közül sokaknak talán róluk kellene példát venni." [read more]

3/18/2007 - Washington-area Hungarians commemorate the 1848 Revolution. Hungarians in the Washington Metropolitan area gathered Sunday, March 18, 2007 at the Wesley Theological Seminary, to commemorate March 15 and the 1848 Hungarian Revolution. The American Hungarian Federation of Metropolitan Washington, D.C., organized the event, andmembers of the Bathori Jozsef Hungarian Scout Troup of Washington provided a good part of the program.

AHF Co-President (and President of AHFDC) Frank Koszorus, Jr.'s address, "Kossuth and the Meaning of Democracy," focused attention on the dangers of "illberal democracy" and the "tyranny of the majority" in Central and Eastern Europe. [read more]

3/26/2006 - AHF of Washington, DC's annual 1848 commemoration.The Chapel at Wesley Theological Seminary at American University in Washington, D.C., was the setting for this year's commemoration which featured speeches on Louis Kossuth and the implications of 1848 on recent Hungarian politics and ethnic relations in the Carpathian Basin.

The keynote speaker was Andras Ferenc Bodor who remarked, "Én ahhoz a generációhoz tartozom, amelyik a márciusi ifjak forradalmi attitudjét 1988-89-ben vitték a budapesti utcákra a kommunista diktatúra hatalmi gépezetével szemben. Ezzel a generációval szebben bánt a sors, nekünk nem kellett az életünket áldoznunk a harcunk sikeréért, és nem kellett a hazánkat elhagynunk egy elbukott - mondhatnánk, hogy csak a hosszútávú hatásában gyoztes - harc után." [download his speech here]. The event was closed by a stirring speech Rev. Gábor Nagy. [read more]

March 15th marks Hungary's National Day and the anniversary of its historic 1848 democratic revolution led by Louis Kossuth against Hapsburg domination. “I believe the example of Hungary proves that freedom is universal. I believe everybody desires to live in freedom,” President Bush said. “It's an example that tyranny can never stamp out the desire to be free.” Numerous AHF members joined the event chair, Congressman Tom Lantos and distiguished speakers and guests that included Congressmen Pelosi, Hastert, Reid, Frist, and Hyde, Defense Secretary Rumsfeld, Hungarian Ambassador Simonyi, Washington, D.C. Mayor Anthony Williams, and US Ambassador to Hungary Walker in the US Capitol.

3/14/2004 - AHF Celebrating Hungary's National Day in Washington, D.C. The American Hungarian Federation celebrated March 15th, Hungary's National Day commemorating the 1848 democratic revolution headed by Louis Kossuth. AHF's 1st Vice President Frank Koszorus and Louis Segesvary delivered poignant speeches on the life and impact of Kossuth, only the second foreign leader to address a joint session of Congress. Click to [download the full article] by AHF's Dr. Louis Segesvary.

4/6/2002 - Louisiana Hungarians unveil Kossuth Plaque in New Orleans. The plaque was placed in Lafayette Park in front of Gallier Hall in the old New Orleans city center, near to where Kossuth addressed a large audience in 1852. While thousands came to greet him, the welcome was not unanimous due to Kossuth's democratic and anti-slavery viewpoints. The bronze relief casting was done by AHF's Gyuri Hollósy.

The inscription reads, "Kossuth 1802-1894. Here on March 30, 1852 Louis Kossuth Governor of Hungary Leader of the 1848 revolution addressed the Citizens of New Orleans. Hungarians of Louisiana, Árpádhon And Hungarians Worldwide" The project initiators were Dr. Istvan Gergátz and wife Julianna Bika. [read more]

7/13//2001 - Laszlo and Agnes Fulop and the Minnesota Hungarians participate in unveiling of Kossuth Statue in Kossuth County, Iowa. The County was founded on January 15, 1851, honoring Hungary's increasingly popular hero, Kossuth. Iowa governor Hampstead had invited Kossuth to visit the State in early 1852.

Conveying his regrets, Kossuth instead suggested that associations be formed to provide Hungary with "material aid" Several communities within the County have named streets after Kossuth as well. The County's population and leadership had not lost track of its history. Culmination was the 150th anniversary of its founding in 2001 with its observances. [read more]

5/2/1961 - Mrs. Bela Bachkai of the American Hungarian Federation of Washington DC presented the County with a stylized Hungarian coat of arms,since displayed in the third floor hallway of the County Courthouse in Algona.

AHF and Kossuth in the US Capitol [read more]

    : "Novus Scotus Viator: the Case for a Kossuth-style Worldview in 2012"
  • Frank Koszorus, Jr., "Reflections" address of 2011
  • “Kossuth and the Meaning of Democracy,”- Frank Koszorus, Jr - Frank Koszorus, Jr : 2007 Keynote Address on Meaning of 1848 (in Hungarian / magyarul)
  • "Kossuth in America" by Frank Koszorus, Jr.
  • "Kossuth" by Louis Segesvary
  • Én ahhoz a generációhoz tartozom. 2006 Keynote address by Andras Ferenc Bodor (in Hungarian / magyarul) commemorating 1848 the President Bush's speech at the 2006 commemoration in the US Capitol

有名な名言

"the house of Habsburg-Lorraine, perjured in the sight of God and man, had forfeited the Hungarian throne."
Hungary, April 1849

"All for the people and all by the people. Nothing about the people without the people. That is Democracy, and that is the ruling tendency of the spirit of our age."
Spoken before the Ohio State Legislature,
February 16, 1852

About Louis Kossuth

Kossuth Lajos (b. 1802, d. 1894, pronounced co-shoot luh-yôsh) was Governor of Hungary during fight for independence and democracy which was eventually defeated by the union of the royalist Austrian Habsburg and Russian Czarist Armies (1848 - 1849). Kossuth envisioned a federation in the Kingdom of Hungary in which all nationalties participated in a vibrant democratic system based on fundamental democratic principles such as equality and parliamentary representation. The bloody conflict eventually led to a great compromise known as the "Austro-Hungarian Empire," in which Hungary gained some autonomy. although Kossuth would have no part in it and demanded full indepependence until his death.

The speech from which the above excerpt is taken was given over a decade before Lincoln's famed "for the people, by the people" speech given at Gettysburg in 1863. Kossuth was the first foreign Statesman officially invited to the US since the Marquis de Lafayette. His upcoming speech in the Congress of the United States made the pre-civil war joint house nervous due to his democratic views on equality of all men. Kossuth learned English while in prison and exile and spoke to half the population of the US who enthusiastically greeted and flocked to hear him. Despite Hungary's epic struggle and Kossuth's brave and noble efforts, the US, the "Bastion of Democracy" turned him away, empty handed. Hungary was alone again in its fight for democracy in 1956, and didn't gain freedom until 1989 and would soon join NATO.

Today, there are many reminders of Kossuth's impact on America and the world. In North America, there is a Kossuth County in the state of Iowa, a town with his name in Indiana, Ohio and Mississippi, a settlement with a Kossuth Post Office is in Pennsylvania. In addition, there are Kossuth statues and plaques in New York, Cleveland, Akron, New Orleans, Washington, and Ontario, Canada. The Hungarian Reformed Federation's building on Dupont Circle, in Washington, DC is called Kossuth House with a memorial plaque commemorating his speech on democracy. See the picture gallery and memorials on Louis Kossuth in North America.

The renowned Ralph Waldo Emerson said in greeting Kossuth on his arrival at Concord, MA, May 11, 1852:

"[we] have been hungry to see the man whose extraordinary eloquence is seconded by the splendor and the solidity of his actions."

Kossuth was greeted with wild enthusiasm across the country. He was only the second foreign leader (second to Lafayette) to address a joint session of Congress. The American Hungarian Federation dedicated a bust that now sits proudly in the US Capitol - it reads, "Louis Kossuth, Father of Hungarian Democracy" [read more]

Audio Resources

Hear Louis Kossuth Speak! [Click Here] - This is the speech of Louis Kossuth which he gave for the dedication of the statue for the 13 Hungarian generals, who were executed at Arad, Hungary, on October 6, 1849 (Arad is in Rumania today after annexation due to the Treaty of Trianon in 1920 ). Louis Kossuth was exiled after the fall of the Hungarian Liberation Fight of 1848 and made his permanent home in Torino (Turin), Italy. He could not attend the dedication of the monument at Arad, without risking arrest, so he recorded his speech inTurin, and sent it to Arad using the new technology of sound recording, called the phonograph.
The recording was made on September 20, 1890, when Kossuth was 88 years old. It is a sad fact that the monument Kossuth sent his speech for was torn down by the Rumanian government when they annexed Transylvania, along with Arad, in 1920, after World War I.

The original recording on two wax cylinders for the Edison phonograph survives to this day, although barely audible due to excess playback and unsuccessful early restoration attempts. Lajos Kossuth is the earliest born person in the world who has his voice preserved.Since the audio is of such poor quality, here is it is transcribed in Hungarian and translated to English (special thanks to Louis Kossuth in North America)

"A világ bírája a történelem fog e kérdésre felelni. Legyenek a szentemlékû vértanúk megáldottak poraikban, szellemeikben a hon szabadság Istenének legjobb áldásaival az örökkévalóságon keresztül engem ki nem borulhatok le a Magyar Golgota porába, engem október 6-a térdeimre borulva fog hontalanságom remete lakában látni a mint az engem kitagadott Haza felé nyújtva agg karjaimat a hála hû érzelmeivel áldom a vértanúk szent emlékét hûségükért a Haza iránt, 's a magasztos példáért, melyet az utódoknak adtanak 's buzgó imával kérem a magyarok Istenét, hogy tegye diadalmassá a velõkig ható szózatot, mely Hungária ajkairól a Magyar Nemzethez zeng. Úgy legyen Ámen!

Turin
September 20 1890
Kossuth Lajos

"The judge of the universe, history, will decide over this question. Should the saintly remembered martyrs be hallowed in their ashes, in their spirit with the highest blessings of the Lord of Liberty and through eternity I can not pay my sympathies to the ashes of the Hungarian Golgotha, but October 6 will find me on my knees in this reclusive home of exile, as I open my arms to my disowning homeland. With gratitude's faithful sentiments, I bless the martyrs' sacred memory for their faith in their homeland and for the sublime example they left to their heirs: with ardent prayer I beg the God of Hungarians to make their appeal which echoes from the lips of Hungaria to the Hungarian Nation. So be it, Amen!