ビクトリア朝の豪華列車に乗るのはどうでしたか?

ビクトリア朝の豪華列車に乗るのはどうでしたか?



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1890年代には、快適性と乗客施設が改善され、急行列車の開発が大幅に進歩し、耐えられるのではなく、より長い鉄道の旅を楽しむことができるようになりました。

ほとんどの人は、豪華な列車の旅は20世紀の戦間期の産物であると信じています。

この時期に最も著名な豪華列車のいくつかがしっかりと定着したことは事実ですが、歴史は実際にははるかに早く展開されます。

ビクトリアの治世の終わりに向けて

豪華な鉄道旅行を取り巻くアイデアは、社会が動き始め、旧世界が何万人もの新しい海外からの訪問者を引き付けていた1880年代半ばに実際に始まりました。

英国では、いくつかの鉄道会社の実験がありました。しかし、文明化された旅行の手配の概念は、新しいアングロスコットランドの急行が原始的な4輪と6輪の非接続車両で構成されていた1862年からほとんど移行していませんでした。

高窓の運送在庫は依然として名声のあるアングロスコットランドの表現を支配していましたが、1898年までに、東海岸のルートは最初の4-4-2機関車によって動力を供給されました。 GNRのNo990は、その年の5月にサービスを開始しました(クレジット:John Scott-MorganCollection)。

これは、2台の4輪(および後に6輪)のボギーストックが普及する前の標準でした。スプリングボギーの建設は、よりスムーズな乗客の乗車を可能にするためにまだしばらく休みでした。

ミッドランドのようないくつかの鉄道会社は、「豪華な12輪車」を備えた真の先駆者でした。他の人々は、彼らがより重く、より強力な機関車を必要とし、彼らが費やすことを嫌うより大きな投資と設備投資の前提条件であったという事実を理由に、彼らが提供する利益に確信が持てないままでした。

旅行中の乗客にとって、その利点は自明でした。新しいボギー台車は、より快適で自由に動き回ることができました。

オリエント急行

1883年の最初のオリエント急行(クレジット:ユルゲンフランツケ)。

1883年10月のオリエント急行の発売は豪華列車のコンセプトの開発において極めて重要な瞬間を提供しました。

多くのヨーロッパの首都を結ぶ最初のサービスは、2台の寝台車サロンと2台の四角または荷物車の間に挟まれた食堂車で実行されました。

しかし、メディアの注目を集めたのは、豪華な宿泊施設を備えたより良い旅行体験のアイデアでした。

窮屈な状況で働く少数のシェフによる打ち上げイベントと料理の祭典は、ジャーナリズムの賞賛者、特に豪華列車の顧客の大多数を形成し続けた英国の聴衆から広く受け入れられました。

帰りの旅は11日間続きましたが、ヨーロッパの州のポケットを越えて国家機関や無数の鉄道会社が関与する複雑な旅行の手配を交渉するジョルジュナゲルマッカーズの不思議な能力を明確に示しました。

オリエント急行を宣伝する1888年のポスター(クレジット:ジュールシェレ)。

鉄道路線の拡張は、主に鉄道競争と旅行者の期待の高まりの組み合わせによって推進された一流列車の拡大に拍車をかけました。

新しい郵政博物館の壁には、5世紀にわたる物語と秘密が収められています。郵便だけでなく、切手だけでなく、ロイヤルメールを今日の姿にした注目すべき人々についても書かれています。

今見る

旅行のより良い方法

1890年代は、英国と鉄道会社が顧客をどのように見ていたかという大きな変化を示し、旅行とサービスの質を取り巻く乗客の期待が明らかに進化していることに遅れて気づきました。

科学技術が国を変革し、現代世界を生み出したのは、急速で当惑するような変化の10年でした。より大きな鉄道会社は、私たちの周りのすべてを永遠に変える産業拡大の重要な手段でした。

鉄道は変化をもたらすインフラを備えていましたが、社会全体が変革を求めてドアをノックしていました。

(大西洋の両側で)社会の専門化の恩恵を受けた、教育を受けてお金を稼いだ上層階級と中流階級は、個人的な野心、自信、そして人生のより良いものを利用する意欲を示しました。

鉄道会社と船会社は、より良い移動方法の新しい導管でした。

退廃の時代

1890年代には、快適性と乗客施設が改善され、急行列車の開発が大幅に進歩し、耐えられるのではなく、より長い鉄道の旅を楽しむことができるようになりました(クレジット:Illustrated London News Ltd / Mary Evans)。

ビクトリア朝時代の終わりは、芸術、大衆文化、そして旅行の風景や高級品やサービスの需要を変える書かれた言葉への退廃と関心の時代として認識されました。

頻繁で短い休憩が旅行の議題になりました–鉄道はあなたを速くそこに連れて行きました。国内外の旅行は都会的なライフスタイルの基礎となりました。

壮大な王家の墓から無名戦士の墓に至るまで、比類のないモニュメントの配置と、約1、000年にわたる壮大な建築物で、ダンスノーとデイヴィッドキャナディン卿が英国最大の教会を探索します。

今見る

冒険、ウォーキング、アウトドアアクティビティ、文化、遺産を取り巻く概念は、人々のレーダーにこれまで以上に目立つように登録されています。

1890年代の退廃的な滞在場所から、大西洋横断ライナーの豪華な浮かぶ宮殿とそれに付随するボートトレインを取り巻くレストラン、飲食店、新しいコンセプトは、建築家やデザイナーの製図板にありましたが、社会で認められている階級の分離を反映して建設されました。

英国のプルマン会社

鉄道グループの初期の頃、プルマン自動車会社は、1924年の「鉄道年鑑」(クレジット)からのこの広告に示されているように、「最小のコストで最大の贅沢」のタグラインでプロモーションイメージを強化しようとしていました。 :ジェームズS.ボールドウィン)。

では、これらのアイデアはすべて、どのようにして鉄道で移動するためのより良い方法に変わったのでしょうか。長くて広々としたボギー台車の使用が確実に増えたことで、乗客の快適性と設備が向上しました。

コンパートメントと洗面所を備えたギャングウェイ/コリドー接続ストックが標準になりました。一部の鉄道会社は、より自然な光を提供する高窓の屋根付きコーチに投資しました。楕円形の屋根は、新しい電灯技術の助けを借りて、エドワード時代から標準になりました。

これは、ダイナモが台車の車輪に取り付けられた1894年に起こりました。プレミアサービスの薄暗いコーチは過去に委託されました。

最初の恩恵を受けたのは、ロンドン、ブライトン、サウスコースト鉄道(LBSCR)のブライトンプルマンズとニューヘブンのボートトレインでした。

英国のプルマン社が新しい所有権を取得したのと同じ息吹でささやいた「プルマンとデラックスの列車旅行」の始まりでした。

電車旅行の黄金時代

サザンベルの広告(クレジット:パブリックドメイン)。

改良されたガス技術はまた、照明、食品加工、料理、および食堂車のためのより安全な環境を提供しましたが、衝突や脱線の場合、ガスの浸透は常に木造のコーチで潜在的な火災の危険性がありました。

高品質の食堂車は、ファーストクラスとサードクラスの両方の乗客に洗練された「移動中の食べ物」の鉄道旅行を提供しました。

大陸では、二流の旅行がまだ存在していたため、より複雑でしたが、英国のフードサービスの開発は革新的でした。新しいサードクラスのダイナーは、他の鉄道会社のファーストクラスに似ていました。

タトラーは、鉄道振興のもう1つの重要な出版物でした。 1907年12月のタイトルの社説は、GNRの「LuxuriousHotels on Wheels」イニシアチブと一致しました(クレジット:Illustrated London News Ltd / Mary Evans)。

同様に、長距離を走る一流の寝台車サービスは、特にコンソーシアム主導のアングロスコットランドエクスプレスでは、これまで以上に快適な場所でした。 「車輪付きホテル」の視点が日常の言葉になりました。

英国での困難なスタートの後、プルマン社は徐々にLBSCRとサウスイースタンアンドチャタムレイルウェイ(SECR)サービスに足場を築き、最初に名付けられた豪華列車のいくつかを提供しました。

エドワード時代までに、裕福な一流の乗客は大幅に増加しました。新しいサザンベルプルマンは、1908年に発売されたとき、「世界で最も豪華な列車」と呼ばれていました。

新世界からの訪問者

1885年のシカゴ&アルトン鉄道の時刻表からのイラスト(クレジット:パブリックドメイン)。

時代の旅行者が楽しんだ豪華な施設の拡張の主な推進力の1つは、英国に来る新世界の観光客の価値と数でした。

この国の豪華な旅行アジェンダの形成における米国のソース市場の影響は、時代の重要な特徴でした。

大西洋横断ライナーの新しいクラスが見つかりました。一流の「水上宮殿」は、アメリカの訪問者経済の価値を反映しており、関係者全員が高い支出の可能性を認識していたため、大きな影響力を行使しました。

旅行会社(鉄道会社、船会社、ホテル経営者)は、単に最高のものを提供するために邪魔をしませんでした。

Martyn Pringは現在、料理の観光、目的地のマーケティング、高級ブランドのセクター、旅行の歴史に関心を持つ著者であり、独立した研究者です。彼は幼い頃から自称鉄道、海事、航空の愛好家です。彼は、Pen andSwordが発行したLuxuryRailway Travel:A Social and BusinessHistoryの著者です。


大陸横断鉄道に乗るのはどうでしたか?

ベルベットのクッションと金枠の鏡。アンテロープ、マス、ベリー、シャンパンの饗宴。 1869年、 ニューヨーク・タイムズ 記者は究極の贅沢を体験しました。彼は金ぴか時代の大物のパーラーではなく、ネブラスカ州オマハからカリフォルニア州サンフランシスコに向かう電車の中で体験しました。

ほんの数年前、著者は数ヶ月かかった旅に取り組むためにでこぼこの駅馬車か幌馬車に頼らなければならなかったでしょう。今、彼はレールに沿って滑走し、食事をしたり、寝たり、リラックスしたりしながら、アメリカ西部のさまざまな風景を通り過ぎていました。

乗り心地は「耐えられるだけでなく快適で、快適であるだけでなく、永遠の喜びでした」と彼は書いています。 &#x201CAt私たちの旅の終わり[私たち]は、完全に倦怠感がないだけでなく、体と精神が完全にリハビリされていることに気づきました。パシフィック鉄道の成功に投票した場合、私たちは間違いではありませんでしたか?&#x201D

著者は、1869年から大陸横断鉄道に群がった数千人のうちの1人にすぎませんでした。アイオワ、ネブラスカ、カリフォルニアの間を2,000マイル近く伸びた鉄道は、西部を横断する移動時間をワゴンで約6か月または25日から短縮しました。駅馬車でわずか4日。そして、新しい輸送ルートを試した旅行者にとって、大陸横断鉄道は、現代の技術の高さと無制限の旅行の魅力的な可能性の両方を表しています。


数週間前、私は初めてヨークの素晴らしい国立鉄道博物館を訪れました。行ったことがない場合は、旅行する価値があります。電車に夢中になる必要はありません。ビクトリア朝時代、英国の鉄道の拡張、そして乗客の体験がどのように変化したかに関するいくつかの魅力的な展示があります。

ビクトリア朝の鉄道はビクトリア朝の社会構造を強化し、ファーストクラスとセカンドクラスの車両を選択しました。サードクラスは1838年後半まで提供されませんでした。国立鉄道博物館では、ボドミン&ウェイドブリッジ鉄道のためにこの時代からいくつかの初期の生き残った車両を見ることができました。もともとはファーストクラスだけだったであろう複合ファーストクラスとセカンドクラスのキャリッジがあります。ファーストクラスの乗客は布張りの座席を持っていましたが、セカンドクラスの乗客は木製の座席で済まさなければなりませんでした。複合キャリッジのセカンドクラスのセクションに座ることができます。これにより、ボリュームのあるペチコートやクリノリンの問題がなくても、過去と足元のスペースがどれほど少ないかを驚くほど感じることができます。

複合ファーストクラスおよびセカンドクラスの鉄道車両、英国国立鉄道博物館、ヨーク(クレジット:Hugh Llewelyn [CC BY-SA 2.0(https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0)%5D

これは、ドアに窓があるだけの通常の2等車の外観です。

ヨークの国立鉄道博物館での二等馬車(クレジット:Hugh Llewelyn [CC BY-SA 2.0(https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0)%5D

複合馬車の隣には、馬車よりも牛のトラックを彷彿とさせるサードクラスの宿泊施設があります。

ヨークの国立鉄道博物館での三等客車(クレジット:Hugh Llewelyn [CC BY-SA 2.0(https://creativecommons.org/licenses/by-sa/2.0)%5D

1896年にさかのぼるこの画像には、「50年間使用されている、ロンドンと南西部の鉄道のボドミンとウェイドブリッジの支店からのイギリスで最も古い車両」というキャプションが付いています。 :

から 機関車工学&#8211鉄道の動力と車両の実用的なジャーナル (1896)(ウィキメディアコモンズ/インターネットアーカイブブック画像)

1830年代と1840年代に電車で旅行する乗客は、大変なことでした。これらの裕福な乗客のためにフットウォーマーがありましたが、コンパートメントはファーストクラスでも加熱されていませんでした。の 自宅での初期のビクトリア朝、エリザベス・バートンは、これらの馬車が「屋根に固定された悪臭と滴る石油ランプによって」照らされていたため、夜にどれほど有害であったかを説明しています。一流の馬車のクッションも、蒸気機関からのほこりを捕らえる傾向がありました。

二等車には屋根がありましたが、側面は開いていました。傘と同様に、敷物、帽子、マントで暖かく包むことが不可欠でした。 「コンスタントトラベラー」は レスタークロニクル 1843年に「悲惨なほど寒くて惨めに考案された馬車」について。彼は次のようにコメントしています。「その日は風が強くて濡れていました。雨が激しく降り注いだため、1インチ以上の深さの水たまりが床を汚し、…ほとんどの乗客は…濡れていて、保護服は提供されていませんでした。」

&#8216Second Class:The Parting&#8217 by Abraham Solomon、1854。(クレジット:Abraham Solomon [パブリックドメイン])

初期の第3級馬車は、屋根がなく、硬い木製の座席が付いた牛のトラックにすぎませんでした。これは、駅馬車の上にいる3級の乗客の経験を反映していますが、鉄道の旅行者も煙、すす、燃えがらの危険性に対処しなければなりませんでした。

グランドジャンクション線でバーミンガムを経由してロンドンからリバプールに旅行する乗客は、 リーズマーキュリー 1841年、第3級の宿泊施設に不満を漏らしました。クルミが私たちの真ん中に沈殿し、真っ赤になります。実際、バーミンガムに到着したときに、私が乗った馬車のその部分の座席と床が掃除されていたとしたら、半パイント以上の燃えがらが集まっていたかもしれません。」

標準以下の宿泊施設にもかかわらず、鉄道旅行は非常に人気がありました。による 鉄道タイムズ、1839年の最初の6か月で、ロンドンからバーミンガムまでの鉄道は267,527人を運びました。 8か月で、シェフィールドとロザラムの間の路線は33万人の乗客を引き付けました。 NS モーニングクロニクル (1844)報告: '先週、ヨークシャーの鉄道のいくつかは、ウェストライディングの一般市民にリバプールへの旅行を提供し、数シリングの場所に戻ったが、馬車の宿泊施設は牛に与えられたものよりも優れていなかったリバプールとマンチェスターの路線では、それでも5000人以上がリバプールと海を訪れるこの機会を利用しました!」

1844年以降、鉄道会社は新しい法律の下ですべての第3級車両に屋根を提供することを余儀なくされました。三等兵曹のために、平日少なくとも1本の列車が走らなければならず、路線沿いのすべての駅に停車しました。この時から、各ファーストクラスの車両に複数あるのに対し、キャリッジごとに1つのオイルランプしかありませんでしたが、サードクラスの車両にも照明が提供されました。

&#8216First Class:The Meeting&#8217 by Abraham Solomon、1855、別名&#8216The Return&#8217。 (クレジット:イェールブリティッシュアートセンター[パブリックドメイン])

1868年以前は、問題が発生した場合に乗客が警備員と連絡を取ることはできませんでした。また、廊下に沿ってある区画から別の区画に移動できるようになったのは1890年代になってからでした。廊下の通路は、1900年代初頭にトイレが電車に導入され始めた後、より一般的になりました。 1875年、ミッドランド鉄道は二等兵曹の旅行を完全に廃止し、三等兵曹の乗客を二等兵曹の基準にアップグレードし、一等兵曹の運賃も引き下げました。他の鉄道も競争に追いつくために追随した。同じ頃、裕福な乗客のために食堂車が導入されました。 19世紀後半、長距離列車は裕福でない人々のために軽食バスケットを提供し始めました。

注意:この投稿には、英国新聞アーカイブのアフィリエイトリンクが含まれています。


ノースカロライナでの列車の乗り物

ノースカロライナで最高の景色の見落としは何ですか?

ノースカロライナには、訪問者がカロライナの典型的な景色をすべて見ることができる、真剣に美しい見落としがいくつかあります。ミッチェル山は、ミシシッピ川の東の最高峰であり、晴れた日には何マイルも見ることができます。ハンギングロック州立公園も特に美しいですが、高さに注意する場合は、この見落としの急なドロップオフにより、大きなめまいを感じる可能性があります。

ノースカロライナの美しいロードトリップは何ですか?

すべてのノースカロライナ州民は、ブルーリッジパークウェイを&#8216the&#8217がカロライナをドライブすることを知っています。山頂にまたがるところから、州が提供する最高の自然の風景を織り成すところまで、ブルーリッジパークウェイは州で最高の景色のいくつかを提供します。チェロハラスカイウェイ沿いのドライブも大好きです。このドライブ全体はそれ自体が風光明媚な体験ですが、アパラチア山脈で最も古い山のいくつかでもあるリトルハックルベリーノブ、フーパーズボールド、ローレルトップ、ジョンズノブなどの目的地に立ち寄る必要があります。もちろん、ロビンズビルの外で旅を始めるときは、ジョイスキルマー記念の森の上の見落としに立ち寄ってください。

ノースカロライナには鉄道博物館がありますか?

あらゆる年齢の機関車愛好家は、ノースカロライナ交通博物館で完全にオタクになります。これは、ポイントAからポイントBまでのすべての実践的な歴史レッスンです。歴史愛好家は、アンティークディーゼルエンジンの体験を気に入るはずです。年間を通して、特別な列車の乗り物(人気のきかんしゃトーマスなど)や博物館を訪れる列車もあります。ソーシャルメディアで最新情報を入手して、乗車券を確実に入手してください!


3.パレスオンホイールズ

インドの王立ラジャスタン州を巡る豪華豪華列車 パレスオンホイールズは、インドの豪華列車の中で最も重要なものの1つでした。。列車は、最先端の設備、24時間体制の執事とアテンダントサービス、各停車場でのガイド付きツアーと観光ツアー、おいしい料理、豪華な専用バスルーム付きの温度管理された客室を備えた王様に適しています。

列車は、王や王子とのラジャスタンの過去の過ぎ去った時代から借りたインスピレーションで設計されました。王族はしばしば豪華な狩猟遠征に出かけ、大規模な狩猟隊が同行していました。 列車の各コーチは、伝説的な支配者の支配下にある、過ぎ去った各州または王立ラジャスタン州の地元の芸術と工芸品を念頭に置いて設計されています。

列車は最も人気のある要塞や宮殿を探索します 豪華さと豪華さでいっぱいの7日間のラジャスタンの自然保護区を含みます。キャビンの内部は、 ラジャスタンの王宮 王室のラージプートであるという感覚をあなたに与えるために。 列車はまた、アグラの世界の七不思議の1つであるタージマハルに乗客を連れて行きます。

パレスオンホイールズについてもっと知る

  • 歴史
  • コーチ
  • レストラン
  • 設備
  • キャビン

ビクトリア朝時代の鉄道

ビクトリア朝時代の鉄道は、現在の英国の現在の風景を形作っています。この時期の革新と進歩は、経済的繁栄を改善し、生活の質を大幅に改善しました。

バックグラウンド

ビクトリア朝時代は、英国における大きな進歩の1つでした。この間、英国はナポレオン戦争で勝利を収めたばかりであり、世界中で英国の前向きな見方が高まっていました。それは国の産業革命の始まりを示し、人々の世界的な生活様式を変えました。産業革命に加えて、イギリス帝国主義は19世紀から20世紀初頭にかけて流行し、世界中のさまざまな領土を占領しました。さらに、英国に帰国すると、英国の農業と鉄鋼業は繁栄し始めていました。このように、鉄道は経済とライフスタイルの両方の進歩に大きな役割を果たしました。

産業革命の間に、多くの新しい産業が全国で発生し始め、さらに、繊維や石炭などの既存の産業が成長し、繁栄し始めました。この産業の台頭により、当時の運河や輸送ルートよりも迅速かつ効率的に商品を輸送する必要が生じました。さらに、作物やその他の商品を出荷するために、国の農村部や遠隔地に到達する必要があることが一般的でした。最近の発明と蒸気機関車の試験により、多くの勤勉なエンジニアが実行可能な解決策として鉄道を提案しました。

クリスチャンローランド

蒸気機関の開発は、国を産業革命へと駆り立てた道具でした。これにより、商品の製造がより効率的になり、これまでになく迅速に製品が生産され、中産階級がさまざまな事業、特に鉄道に投資するための富を得ることができました。しかし、業界はまだ揺籃期にあったため、規制はまばらで、多くの投資家が破産を申請することになりました。この問題は、規制が実施されるまで、長年にわたって初期の産業時代を悩ませてきました。

おそらく、この時期のこの国の最大の成果は、鉄道の発明でしょう。世界初の鉄道であるビクトリア朝時代に、ストックトンとダーリントンは形になり始め、まもなく2つの町の間やその先で貨物を運び始めました。ビクトリア朝時代には、多くの著名な鉄道技術者が現れ、輸送の未来にその足跡を残しました。 Stephenson、Brunel、Goochなどの名前はすべて、初期の鉄道工学でよく知られています。鉄道輸送、特にストックトンとダーリントンの時代まで、主要な輸送手段は、運河を経由する馬と馬車またはボートのいずれかでした。多くの場合、これらの旅は数週間かかり、非常に危険であることが判明しました。

したがって、ビクトリア鉄道の最も重要な側面は、短期間で全国に商品を迅速に出荷できることでした。これらの農村地域の農民の作物が市場に出荷される可能性があるため、これは経済ブームを促進しました。さらに、生鮮食品は目的地に到着する前に腐敗することなく全国に輸送することができます。鉄道は、英国、そして世界全体の将来において重要な役割を果たすことになっていました。

世界初の鉄道

ストックトン&ダーリントン鉄道が建設される前は、運河はタインサイド全体のさまざまな炭鉱から石炭を輸送および受け取るための主要な輸送手段でした。しかし、サウスウェールズのペンイダレン路面電車でのリチャードトレビシックの機関車試験の後、関心は鉄道に移りました。ストックトン・アンド・ダーリントン鉄道は、ジョージ・スチーブンソンが製造した蒸気機関車で運行することが決定されました。機関車の仕組みの例外は、ビショップオークランドの近くのいくつかの急な丘で、丘の上に荷馬車を運ぶために2つの定置式エンジンが両側に配置されていました。これらの定置式エンジンは、急勾配を征服するためだけでなく、ライン全体で使用されるべきであると多くの人が信じていたため、多くの議論の対象となりました。

1825年に開通したストックトンとダーリントンは、実際、蒸気機関車の牽引力を動力源とする世界初の鉄道であり、路線沿いの住民を驚かせ、懸念を抱かせていました。多くの著名な地主は、これらの巨獣が彼らの財産を横断することを想像せず、鉄道を多くの法廷闘争に連れて行きました。進歩を妨げるこれらの熱狂的な試みにもかかわらず、スティーブンソンはさらなる鉄道の願望を開発し続けました。

鉄道の完成は、エンジニアと投資家に、鉄道旅行は、炭鉱への石炭輸送のコストを大幅に削減したため、投資する価値があることを示しました。ストックトン・アンド・ダーリントン鉄道が最初に機関車運搬を使用したが、定置式エンジンの存在はそれを完全に機関車運搬鉄道にしたわけではなかった。さらに、それはコリーの貨物のみを運び、したがって乗客を輸送しませんでした。

しかし、スティーブンソンの次のベンチャーであるリバプールとマンチェスター鉄道は、完全に機関車で乗客を運ぶ最初の鉄道でした。リバプールとマンチェスターは、繊維産業の大部分を網羅するマンチェスターと、国内で最も忙しい港であるリバプールを結ぶため、重要でした。しかし、この間、多くの著名な技術者、主に運河建設業者は、証明されておらず、多くが馬の運搬に賛成していたため、機関車の働きと戦いました。しかし、機関車の支持者の多くは急速に蒸気牽引を促進していたため、馬と機関車のどちらの動力を使用するかを決定するための試験が行われました。

レインヒルトライアルと呼ばれるこれらのトライアルは、機関車の牽引力がその優位性を証明するために行われました。ジョージ・スチーブンソンの息子であるロバートは、競技会に機関車に乗り込みました。父親のジョージに運転されたロバートスティーブンソンは、彼の有名な「ロケット」で他の著名な初期の機関車エンジニアとの競争に勝ちました。スティーブンソンの競争相手には、ティモシーハックワースと彼の サンスパレイユ、ティモシーバーストールの 忍耐力、ジョンエリクソンとジョンブレイスウェイトの ノベルティ、およびトーマスショーブランドレスの サイクロップ。ブランドレスの機関車は、ベルトに乗った馬にすぎなかったため、車輪に動力を供給していました。それにもかかわらず、スティーブンソンは勝利を収め、鉄道用のいくつかの機関車の建設契約を勝ち取り、野党の馬の運搬を導入する試みを終わらせました。

鉄道は非常に成功し、著名なエンジニアが鉄道の建設と運営に投資することを奨励し、「鉄道マニア」を引き起こしました。したがって、1850年までに、イギリスの最も遠隔地でさえ鉄道で接続されたように、熱狂的な鉄道ブームが始まりました。

したがって、スティーブンソンと彼の息子のロバートは、鉄道用の機関車を製造するために、有名なロバートスティーブンソン&アンプカンパニー(後のイングリッシュエレクトリック)を設立しました。最初に製造された機関車の1つは、 ノーサンブリア。 ノーサンブリアはロケットに似ていて、鉄道のグランドオープン時に利用されました。その後のロケット型機関車の多くは工場で製造され、海外に出荷されるものもありました。その結果、グレートウエスタン鉄道の建設により、有名なスウィンドンワークスを含むさまざまなショップがオープンしたため、同様の機関車メーカーが全国に数多く出現しました。

鉄道狂時代

鉄道が大きな収入を生み出すという認識が高まるにつれ、さまざまな著名なビジネスマンがこのアイデアを利用し、1840年代までに鉄道は全国に広まりました。金銭的に呼ばれるこの「バブル」は、西海岸や東海岸の本線などのさまざまな幹線を含む、現代の英国の鉄道の多くを生み出しました。これは英国の大繁栄の時期でしたが、多くの投資会社が違法な商慣行を収穫しており、「バブル」が発生すると投資家に悪影響を及ぼしました。この時期には規制がほとんどまたはまったくなかったため、これは約束が果たされなかった結果です。

ブームの最も顕著な原因の1つは、産業と製造業の増加でした。その中で、鉄道は、効率的かつ低料金で、全国に商品を輸送することができました。によると ビクトリア朝のウェブ、 この時期の多くの損失は不正取引によるものでしたが、多くは標準以下の商慣行、不十分な計画、そして投資家が手元に十分な資本を持っていないことで非難されました。したがって、商取引は約束された鉄道が建設されることはなく、投資家は巨額の借金を抱えることになりました。これらの巨額の債務と資本不足の結果として、英国の経済は下向きに転じました。

多くの場合、これは1720年から施行されていた「泡沫法」の廃止によるものでした。この法律が廃止されると、貯蓄が豊富な人、特に町に住む人々は新しい鉄道会社に投資できるようになりました。鉄道は通過することが約束されていたので、帰りの欠如は多くの人々に苦労して稼いだ貯蓄を残しました。これらのライサズフェアの経済政策は、銀行が金利を10%に引き下げるまで、英国の経済を崩壊させました。そのため、鉄道への関心は低下しました。これらの経済政策により、鉄道路線は収益性の証明なしに議会の承認を受けることができ、したがって、多くは建設または放棄されることはありませんでした。

その結果、Great Western Railway(GWR)などのさまざまな大型鉄道が、放棄された、または未完成の鉄道路線の多くに到達し、収益性の高い企業になりました。しかし、鉄道マニアは多くの人々を不幸に悩ませましたが、鉄道路線の迅速な建設は、19世紀半ばに国の経済の急速な成長につながりました。

鉄道マニアが過去に衰退するにつれて、規制措置が実施されたため、鉄道は利益を上げました。鉄道マニアは、ほとんどのネガティブな経済問題とは異なりましたが、この出来事が鉄道への関心を呼び起こし、全国で急速な建設が始まったためです。 1844年から1846年のわずか2年間で、6,220マイルの鉄道が建設されたため、これは重要です。

ビクトリア朝の電車での旅行

ビクトリア朝の電車での旅行はしばしばロマンチックですが、これは真実から遠く離れることはできませんでした。事故の脅威が潜在的な乗客を怖がらせたので、多くは鉄道に乗ることを恐れました。すべての新しい進歩と同様に、初期の鉄道での脱線と事故が蔓延しており、新進産業についてはほとんど知られていませんでした。

さらに、この時期、電車に乗ると狂気を引き起こす可能性があるというビクトリア朝の信念が広まりました。したがって、これらの個人からの攻撃の脅威は一般的な恐怖でした。 It is believed that the motion and sounds of the train could cause a sane person to become insane once the train was in motion. It is recalled from numerous passengers that these individuals seemed calm when the train came to a station stop, however, threw tantrums once the train was in motion. It was also believed that the vibrations of the trains could cause nerve damage, and even more peculiar, cause a person to disintegrate at high speeds, usually in excess of 50 mph.

As these issues became commonplace, separate berths with locked doors became available. However, in some instances, this could put passengers in greater danger,as now they would be trapped in the berth until help arrived. Although many were fearful of the implications of traveling on Victorian trains, the newspaper and media enjoyed publishing elaborate stories about the trials and tribulations of the rails.

In addition to the conditions aboard the train, infrastructure proved to be an issue as well, as Victorian trains often had derailments and other accidents. Additionally, because many of the carriages were open in the early Victorian era, travelers would suffer from smoke inhalation from the locomotive, as well as ear piercing noises. In addition to these shortcomings, the carriages were often rough-riders, as the early running gear did not implement any kind of shock absorption. It was not until the later Victorian era when the railway bogey was implemented.

Cargo transport also proved challenging, as much of the cargo transported had to be loaded onto another railcar, due to gauge differences between the various railways, most notably, the GWR. Gauge is the length between the rails, as most of the Victorian network was 4ft 8 1/2in, the GWR was 7ft, called the “Broad Gauge”. The engineer of the GWR, Isambard Kingdom Brunel ,believed the broad gauge was superior for his high speed locomotives operating on the railway. Although the difference in gauge hindered the speed of the transport of goods, it remained much quicker than the horse and carriage or canal alternative.

Although early Victorian trains were plagued with issues, it opened an abundance of possibilities. The early railways proved that there was an esteemed interest in rail travel, and that with time and experience, will become a viable form of transport that could heighten the economy, and promote growth not only in Britain, but throughout the world.

Railway Gauges

Throughout the years of the early railways, the various engineers all had their own beliefs on how the ideal railway should look and operate. Thus, a differentiation in track gauge was prominent throughout the country, increasing the difficulty of early railway travel. Therefore, Stephenson believed that a gauge of 4ft 81/2 in should be implemented, as that was the gauge that the various collieries throughout Tyneside used, and the gauge of his famous “Rocket”, and saw no reason for change. Meanwhile, Brunel believed that Stephenson’s gauge was not capable of handling the speeds of his locomotives. Brunel’s locomotive engineer, Daniel Gooch, had developed his broad gauge locomotives to reach speeds of 67 mph, speeds not yet seen on Stephenson’s rails. Thus, whenever a passenger or goods train entered the GWR territory, passengers had to de-train, and freight unloaded, in order to transfer them to a carriage or wagon of correct gauge.

Therefore, a gauge battle ensued, as John Ellis of the Midland Railway had leased the Bristol & Birmingham Railway, one of Brunel’s satellite companies, and laid Stephenson’s gauge(Called narrow gauge during this time), with Brunel’s broad gauge already in place. This was the first break of gauge railway in the world, and although was a defeat for Brunel, proved easier on the transshipment of goods and travelers alike. Moreover, if the gauge battle had not occurred, London Paddington station may have never been built. Brunel’s reasoning for constructing the beautiful example of Victorian architecture, was that his broad gauge trains could not fit in Euston station, due to the London & Birmingham railway using the narrow gauge.

Due to the complexities of steam power and locomotive haulage, especially on steep grades, atmospheric railways were proposed as a solution. This technology seemed revolutionary to many engineers and railway investors, as a locomotive was not required. The atmospheric railway operated by way of a series of pipes laid along the track, and in most cases, the entire train acted as a piston as the air was forced into the cylinder located underneath the train. This type of railway was successful, however, was not cost effective due to a pumping station needed to be erected every three miles. Thus, Brunel and the rest of the early railway magnates remained faithful to the steam locomotive, and continued to develop its capabilities to create the ideal machine for transport throughout the country.

The Importance of Victorian Railways

Victorian railways, although somewhat treacherous, introduced railway construction throughout the country. Victorian railways attracted passengers and goods customers due to the speed and efficiency at which they operated. It signaled to potential investors that the railways were profitable enterprises if financed and operated correctly. It allowed news to travel faster than ever before, as newspapers and other mail could be transported throughout the country in a matter of hours.

In addition to British railways, railway construction sparked interest throughout the world due to the Victorian’s ingenuity. In fact, many British locomotive manufacturers exported locomotives to the United States for various 19th century railroads, many built by Robert Stephenson & Co. Because of the Victorian’s innovations, the world was forever changed, quality of life improved, and economic prosperity loomed for all.


7 Best Luxury Trains In India

While you’re looking for an exclusive luxury experience, these best trains in India will take you on a whole different level. Each train will certainly provide you with some of the best experiences that you will simply cherish throughout your journey. Here is a list which has all the essential details like luxury trains in India fare and more!信じられませんか? Scroll down to know more!

  • Maharajas’ Express
  • Palace On Wheels
  • The Deccan Odyssey
  • Golden Chariot
  • Royal Orient Train
  • Fairy Queen Express
  • Heritage On Wheels

1. Maharajas’ Express

Best among all Indian luxury trains, Maharajas’ Express is also one of the 5 most luxurious trains in the world. This half-a-mile long train boasts of professionals prepared to meet the highest quality of hospitality, fully stocked bars, lavish suites, butler services and what not, and is one of the most expensive trains in India!

Tourists on board get to experience the richness of the country in the most distinguished way possible. Just for the record, it was voted ‘World’s Leading Luxury Train’ for the years 2012, 2013 and 2014, consecutively.

  • The Heritage of India (Mumbai – Ajanta – Udaipur – Jodhpur – Bikaner – Jaipur – Ranthambore – Agra – Delhi)
  • Gems of India (Delhi – Agra – Ranthambore – Jaipur – Delhi)
  • The Indian Panorama (Delhi – Jaipur – Ranthambore – Fatehpur – Sikri – Agra – Gwalior – Orchha – Khajuraho – Varanasi – Lucknow – Delhi)
  • Indian Splendour (Delhi – Agra – Ranthambore – Jaipur – Bikaner – Jodhpur – Udaipur – Balasinor – Mumbai)
  • Treasures of India (Delhi – Agra – Ranthambore – Jaipur – Delhi)

Maharajas’ Express is operational from October to April and plies on 5 different routes as mentioned above. The duration and ticket costs for these routes are as follows:

Gems of India & Treasures of India – 4-day journeys for INR 2,57,950 (approx) each

Indian Splendour & The Indian Panorama – 8 days journey for INR 4,00,660 (approx) each

Heritage of India – 8 days journey for INR 4,58,280 approx

食べ物 – Vegetarian food and eggs are served here

2. Palace On Wheels

‘Palace on Wheels’ is another in the list of luxury train ride in India that was refurbished and re-launched in 2009 to promote tourism. Luxurious cabins, exquisite wallpapers, well-stocked bar, gracious hospitality and local culture displayed by artistic use of paintings and handicrafts – it is very much like a palace on wheels that recreates the bygone era of kings and their royal palaces! No wonder why it was voted as 4th best luxurious train in the world. This is one of the best royal trains in India.

If you are planning a luxurious trip to Rajasthan, this is the best bet!

ルート: Delhi – Jaipur – Sawai Madhopur – Chittorgarh – Udaipur – Jaisalmer – Jodhpur – Bharatpur – Agra – Delhi

Months of operation for Palace on Wheels are from September to April. The 7 nights, 8 days journey includes 7 stoppages, where tourist are taken for city tours. Key attractions covered by this train are:

  • Delhi – India Gate, Lotus Temple, Qutab Minar, Humayun’s Tomb
  • Jaipur – Hawa Mahal, Amber Fort, Rajasthali, City Palace, Jantar Mantar
  • Sawai Madhopur & Chittorgarh – Ranthambore National Park, Chittorgarh Fort
  • Udaipur – Jag Niwas, Lake Pichhola
  • Jaisalmer – Yellow Sandstone Fort, ancient mansions
  • Jodhpur – Mehrangarh Fort, grand palaces, shopping tour in Jodhpur
  • Bharatpur – Keoladeo Ghana National Park
  • Agra – Fatehpur-Sikri, the Taj Mahal

Starting fares:
For international travelers: US$3500 + 4.5% Service tax
For Indian travelers: INR 2,10,000 + 4.5% Service tax

食べ物 – Vegetarian and non-vegetarian options are available in Chinese, Continental, and Indian cuisines

3. The Deccan Odyssey

Inspired by the traveling style of the kings and rulers during different royal eras of ancient India, Deccan Odyssey is a 5-star hotel on wheels that takes you to some fascinating destinations of India. Royal treatment for passengers, palace-like interiors of the cabins, multi-cuisine restaurants, lounges, a conference car, an onboard spa and other state-of-the-art amenities make it one of the most luxurious trains in India and in the world as well.

  • Maharashtra Splendor (Mumbai – Nasik – Ellora Cave – Ajanta Caves – Kolhapur – Goa – Ratnagiri – Mumbai)
  • Indian Odyssey (Delhi – Sawai Madhopur – Agra – Jaipur – Udaipur – Vadodara – Ellora Caves – Mumbai)
  • Hidden Treasures of Gujarat (Mumbai – Vadodara – Palitana – Sasan Gir – Somnath – Little Rann of Kutch – Modhera – Patan – Nashik – Mumbai)
  • Indian Sojourn (Mumbai – Vadodara – Udaipur – Jodhpur – Agra – Sawai Madhopur – Jaipur – Delhi)
  • Jewels of the Deccan (Mumbai – Bijapur – Aihole – Pattadakal – Hampi – Hyderabad – Ellora Caves – Ajanta Caves – Mumbai)
  • Maharashtra Wild Trail (Mumbai – Aurangabad – Ramtek – Tadoba – Ajanta – Nashik – Mumbai)

The Deccan Odyssey operates from October to April and the duration for all 6 routes is 7 nights, 8 days.

Starting fares:
For international travelers: US$5,810 + 4.5% Service tax
For Indian travelers: INR 3,71,900 + 4.5% Service tax

食べ物 – Vegetarian and non-vegetarian options are available in Indian and continental cuisines

4. Golden Chariot

The Golden Chariot is one of the superb luxury trains in India that takes you to some of the most famous tourist places in South India. Launched in 2008, the Golden Chariot is well known for its impeccable hospitality. The train has AC chambers with royal interiors, bars, restaurants serving multi-variety cuisines, mini gym, ayurveda spa and other 5-star facilities.luxury trains

Regarded by tourists as one of the best luxury trains of India, it was also awarded as ‘Asia’s Leading Luxury Train’ in the year 2013.

  • Pride of the South (Bangalore – Kabini – Mysore – Hassan – Hampi – Badami – Goa – Bangalore)
  • Southern Splendour (Bangalore – Chennai – Mahabalipuram – Pondicherry – Thanjavur – Madurai – Thiruvananthapuram – Alleppey – Kochi – Bangalore)

The Golden Chariot runs from October to March, and duration for both the routes is 7 nights, 8 days.

The Golden Chariot train price in India per cabin on twin sharing basis for Pride of the South:
For international travelers- US$8,260 + 4.5% Service tax
For Indian travelers- INR 3,08,000 + 4.5% Service tax

Starting fares per cabin on twin sharing basis for Southern Splendour:
For international travelers- US$9,130 + 4.5% Service tax
For Indian travelers- INR 3,50,000 + 4.5% Service tax

食べ物 – Vegetarian and non-vegetarian options are available

Planning your holiday but confused about where to go? These travel stories help you find your best trip ever!

Nikhil Recites A Tale Of 11 Friends Who Went From Bengaluru To Ladakh

Bengaluru - Delhi - Leh - Ladakh - Leh - Delhi - Amristsar - Chandigarh - Bengaluru

Pranav Took A Solo Trip To Andaman & It Was Truly Wonderful

A backpacker's guide to the predominant Honeymoon destination!

Shivani Talks Of Her Trip To Mcleodganj & Dalhousie With Her Husband And Friends

Sunset views. Monasteries. Bhagsunath falls. And amazing street food.

Kanika Proves That Traveling With An Infant To Kerala Is Totally Safe & Wonderful

Beaches, Backwaters, Spas, & More. Take me there now, please!

Here's Why Aakanksha's Trip To Manali Changed Her Idea About Group Tours

Ideal long weekend getaway from Delhi!そうですね。

Isha Elaborates On How She Went Solo To Kasol & Returned With Lots Of Friends

And tales of her exciting Kheerganga & Chalal trek.

Prasham's Account Of A Goa Tour Proves That Goa Is More Than A Party Destination

Adventure, sightseeing, laid-back beach tours, and it doesn't stop there!

Bhavya Gives An Extensive Account Of His Jaisalmer Trip With Friends

Desert safari, haunted Kuldhara village, & Gadisar Lake. There's more.

Ashish Tells Why Kashmir Turned Out To Be A Winter Wonderland For His Family

For Gondolas, Shikaras, and plenty of snow!

Arunav Can't Stop Praising His Adventurous Trip To Sikkim & Darjeeling With Friends

For adventure in Air, on Land, and in Water!

Avneet Describes Her Trip To Spiti With A Group Of Strangers That Became Friends

Sightseeing. Monasteries. Trekking. And beauty all along

See more at TRAVELTRIANGLE.COM

5. Royal Orient Train

Embark on a royal journey by the Royal Orient Train and enjoy a delightful experience of traveling to famous tourist destinations onboard one of the best luxury trains in India。 Journey by luxury train in India is a combination of absolute chivalry and unimaginable opulence. It is definitely one of the royal trains in India.

The palatial-style comfortable cabins, well-trained hospitality professionals, multi cuisine restaurant with the “Watering Hole” Bar, spacious baths, a library and almost all facilities that come to your mind while imagining yourself in a 5-star hotel – Royal Orient Train has them.

ルート: Delhi – Chittorgarh/Udaipur -Junagarh/Veraval- Sasan Gir/Dilwara – Palitana- Sarkhej- Ahmedabad- Jaipur- Delhi

The Royal Orient Train runs all year round, and the duration is 7 nights, 8 days. City attractions one can see en route are:

  • Delhi – Qutub Minar, Red Fort, Jama Masjid, India Gate
  • Chittorgarh/Udaipur – Chittorgarh Fort, City Palace, boating in Lake Pichhola, Shilpgram and Royal Gardens
  • Junagarh/Veraval – Ashokan Rock EDICT of 3rd Century BC, Darbar Hall Museum, Mausoleum of Nawab
  • Mahabat Khanji, Somnath Temple on the shore of the Arabian Sea
  • Sasan Gir National Park – Lion Sanctuary
  • Dilwara – St. Paul’s church and Mandir Beach
  • Palitana – Jain Temple atop Shatrunjaya Hills
  • Ahmedabad – Gandhi Ashram, Calico Museum of Textiles, Sidi Aayyad’s Mosque
  • Jaipur – Amar Fort and elephant ride, Hawa Mahal, City palace, Jantar Mantar (observatory)

Starting fares per cabin per person for one night on twin sharing basis from October-March:
For international travelers: US$200 + 4.5% Service tax
For Indian travelers: INR 7,480 + 4.5% Service tax

Starting fares per cabin per person for one night on twin sharing basis from April-September:
For international travelers: US$150 + 4.5% Service tax
For Indian travelers: NA

6. Fairy Queen Express

Last but not the least, the Fairy Queen Express is one of the oldest trains providing luxury train journeys in India. Powered by the oldest serving steam locomotive built in around 1855, Fairy Queen has its own charm as it rambles through to Alwar in Rajasthan. With a mention in the Guinness Book of World Records and a recipient of National Tourism Award, Fairy Queen easily makes it to the list of most luxurious trains in India.

ルート: Delhi – Alwar – Sariska- Alwar – Delhi

Runs from October to March on 2nd and 4th Saturdays of the month. Duration of the journey is 1 night, 2 days. Attractions at its two stoppages – Sariska and Alwar – are:

Starting fares for full package
(Two-way train journey + sightseeing / stay at Sariska for an adult)
INR 8,600 + Government taxes/Service taxes

食べ物 – Many options are available

ノート: Routes, schedules, boarding and deboarding points, and tariffs for the luxury train tours in India mentioned in this article are subject to change in accordance with directives of Government of India with prior information.

7. Heritage On Wheels

One of the oldest luxury trains in India, the Heritage on Wheels showcases the traditions and culture of Rajasthan that have been passed from one generation to another in the finest manner possible. Adorning interiors that never fails to teleport a traveler to the golden days of the state, the Heritage on Wheels is one of the most expensive trains in India.
With the floors of this train being covered by local restaurant that serves authentic and continental cuisine, and the rooms that never fail to reek of the Royal vibes, this is one of those trains that one should definitely experience at least once in their lifetime. Making travelers feel like a queen or a king, this luxury train in India will surely offer a memorable experience.

ルート: Jaipur – Bikaner – Tal Chhapar and Shekhawati – Jaipur – Depart

Some of the popular attractions that one see when traveling on the Heritage on Wheels for 3 nights and 4 days are:

  • Bikaner: Junagarh Fort, Haat, Camel Safari, Lalgarh Palace, National Research Centre
  • Tal Chhapar & Shekhawati: Laxmangarh Fort, Goenka Haveli, Sikar, Churu, Mandawa, Nawalgarh
  • Jaipur: Hawa Mahal, Amber Palace, City Palace, Jantar Mantar

Starting fares:
For single occupancy: $300 per person, per night
For double occupancy: $200 per person, per night
For triple occupancy: $150 per person, per night

食べ物 – Many options are available in Indian, Continental, and Chinese cuisines

So next time you plan to travel, make sure you take a journey in these luxury trains of India to know what’s so surreal about it. After all, experiences have best answers. So, go through this luxury trains in India list and plan a trip to India for an amazing luxurious experience in these trains and have the time of your life with the journeys stored herein!

免責事項: TravelTriangle claims no credit for images featured on our blog site unless otherwise noted. All visual content is copyrighted to its respectful owners. We try to link back to original sources whenever possible. If you own the rights to any of the images, and do not wish them to appear on TravelTriangle, please contact us and they will be promptly removed. We believe in providing proper attribution to the original author, artist or photographer.


12 Luxury Train Rides That You'll Want to Add to Your Bucket List

Editor's Note: Those who choose to travel are strongly encouraged to check local government restrictions, rules, and safety measures related to COVID-19 and take personal comfort levels and health conditions into consideration before departure. Images may depict pre-pandemic travel conditions.

In the 1970s, American travel writer Paul Theroux set himself an impressive goal: to travel from England to Asia entirely by rail. He catalogued his experience in the book &ldquoThe Great Railway Bazaar,&rdquo which is regarded as one of the most romantic pieces of writing about train travel.

&ldquoIf a train is large and comfortable you don&rsquot even need a destination,&rdquo Theroux wrote. &ldquoA corner seat is enough, and you can be one of those travelers who stay in motion, straddling the tracks, and never arrive or feel they ought to.&rdquo

In an era when time is a luxury, take a hint from the glamour of yore and indulge in slow-moving, on-the-ground transport. Whether you&rsquore exploring the Andes or dashing through a Japanese island, luxury train travel proves that fly-by country is much more interesting when seen on the ground.

Take it slow on these luxurious train rides through some of the world&rsquos most glamorous destinations. Note that some offerings and schedules may change due to the pandemic.


How Fast Did Early Trains Go?

How fast did early trains go? In the early days of British railways, trains ran up to 78 mph by the year 1850. However, they ran at just 30mph in 1830. As railway technology and infrastructure progressed, train speed increased accordingly. In the U.S., trains ran much slower, reaching speeds of just 25 mph in the west until the late 19th century.

Prior to the railways, canals and horse-drawn carriages were a way of life. These journeys were often long-winded, traveled at walking pace, and were fraught with dangerous conditions. Railways took hold of the public’s interest due to their speed, efficiency, and potential for expansion. It was also more economical to build a railway in lieu of a canal, as the railway could be constructed on the surface of the land, instead of having to excavate a path. These traits made railways very attractive to potential investors, therefore, railways expanded exponentially in a short number of years.

During its infancy, the new railway technology was largely uncharted territory, therefore, many did not know for sure the true potential of the new technology. For the most part, train speed varied within different countries. For example, trains traveled much slower in the United States, especially in the west, as compared to trains in Britain. Unsurprisingly, this was mainly due to the quality of the infrastructure, rather than the relative mechanical operations of the train.

1892 GWR Broad Gauge/break of gauge

Many locomotives in the 1800s were capable of much quicker speeds under a full head of steam, however, various bridges, tunnels, and bends prohibited such speeds. However, trains in both the U.S. and Britain ran quicker on long stretches of straight trackage, and it should be noted that the average speeds were much lower due to station stops and slow orders. Additionally, during this time, British trains oftentimes stopped for dinner, as their were no dining facilities within the train.

For example, many early railroads in the U.S. used poorly constructed roadbeds and oftentimes, used tree trunks as ties. In fact, it is not until the latter half of the nineteenth century when roadbed and track infrastructure in the U.S. was re-engineered, allowing for faster trains. Many early trains in the U.S., especially in the west, traveled no faster than 25 mph, and although accidents were prevalent, little damage was done at such low speeds. In fact, one of the very first American locomotives, the Tom Thumb, built by Peter Cooper, lost a race to a horse after the locomotive suffered mechanical issues. It is important to note that many express trains in the northeastern portion of the country oftentimes ran 40-50mph on short stretches.

Similar to the west, the lack of solid infrastructure plagued rail travel in the south. Ballast technology was not as prevalent as it was in the north, and rail gauges lacked standardization. Most rail used was called strap rail, and would allow trains to travel at only 10-12mph. Strap rail was oftentimes, wooden rails, which strips of cast iron laid upon them. However, these straps would often become dislodged, striking the wheels and underside of the train. Additionally, due to most of the railroad projects being financed by private investors, much of the southern railroads differed in gauge. Therefore, it is believed that trains in the south traveled slower to avoid wear and tear on both the rolling stock and track infrastructure.

Across the pond in Britain, trains reached much quicker speeds, and had some degree of standardization. Passengers and freight could travel between London and cities in Scotland in a matter of hours. The routes between these two destinations was so competitive, trains would oftentimes race each other. This speed is due to advanced roadbed and track infrastructure, which was much more standardized throughout the country. Although broad gauge was utilized on much of the Great Western Railway, standard gauge was prevalent throughout the remainder of the country. Additionally, the introduction of the railway commenced the end of the canal age, as railways were much more economical to construct.

Evolution of Rail Travel

The evolution of rail travel, especially in its infancy, is surprisingly very well documented. Railways fueled the industrial revolution throughout the world, and helped shape the modern day. Rail transport around the globe changed the way people lived, traveled, and shipped goods.

The earliest railways consisted of small coal wagons being hauled by horses, and were located in England in the 17th century, which served the purpose of hauling coal from the collieries to the canals. These early railways only traveled as fast as the horses would take them, however, were efficient during the time.

During the 19th century, railways began to evolve throughout the world. Beginning in England, locomotive pioneers developed and perfected the design, which then spread throughout the world. The earliest locomotives in Britain went no quicker than a horse’s pace, however, with various innovations in steam technology, faster speeds were soon achieved. Throughout the 19th century, rail networks throughout the world began to materialize. As technology and infrastructure improved, speeds and reliability increased.

Syd Young

Types of Rail and Running Gear

In the early days of rail travel, much debate centered around which type of rail infrastructure would be used. Deciding which type of rail to be used greatly affected train speeds. Initially, railways were nothing more than iron plate ways with flanges on either side, with a smooth gauge in the center to allow for the horses passage. Running gear on these early wagons consisted of flat, un-flanged, metal wheels.

As railways evolved and speeds increased, cast iron rails began to be utilized, however, these rails were weak,and prone to cracking under the immense weight of a steam locomotive. While using cast iron rails, speeds were generally no quicker than 20mph, however, it is difficult to determine exact speeds. These cast iron rails usually used the fish belly design, in which the bottom of the rail was bowed out. Cast iron rails were used until the 1820’s, until George Stephenson utilized wrought iron rails on his Stockton & Darlington. Speeds then increased to an average of 30 mph. It was not until the steel rail was implemented in 1857, that trains began traveling at speeds of up to 60 mph in both the U.S. and Britain. The steel rails were much more durable and capable of high speeds, and is what is used today across the globe.

Prior to the invention of the truck or bogey, running gear on trains was nothing more than an axle mounted directly to the frame of a piece of rolling stock. This limited speeds, as the rough ride and wear on the wheels and rails was prevalent. Derailments were also inevitable under these circumstances, as the wheels had no room to maneuver around curves and switch points. Once the bogey was implemented around the mid 19th century, train speeds and ride quality increased. The bogie included shocks, bolsters, and various types of brake equipment. These factors contributed immensely to the increase of speeds.


LuxuryTrainTickets.com are pleased to offer a wide range of luxury train journeys across almost every luxury train in the world. Choose from a generous range of journeys throughout the year on board one of the most famous trains ever to exist and experience what life was like during the Golden Age of Travel.

As well as the original Orient Express route, we offer many other journeys across Europe. These journeys offer exceptional value and guarantee to create memories you will cherish for a lifetime. Booking through LuxuryTrainTickets.com also entitles you to our complimentary concierge service as well as regular discounts and promotions off your journey as standard.

Should Europe be out of reach, we are also pleased to offer luxury train journeys across England, Scotland, Ireland, Asia and South America. Each offer a unique taste of luxury on the rails, but follow the same high levels of standard set by the original Orient Express. Each of these luxury sleeper trains includes a choice of exceptional cabins and all meals and any exclusive visits mentioned in your itinerary are all included in the ticket price.

As well as sleeper trains, LuxuryTrainTickets.com also offer a wealth of luxury day trip journeys across England. These day trips offer all the exceptional qualities of sleeper journeys, simply in a day-trip format without the sleeper carriages.

Should you require any additional information, have any questions about the Orient Express or any routes, or wish to book your luxury train journey, please do not hesitate to get in touch either by phone or by using the form below. We endeavour to get back to you within one working day, often sooner.


ビデオを見る: 新幹線の最高級座席 グランクラスのサービスを紹介