ハーバートグラッドストーン

ハーバートグラッドストーン



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ウィリアムグラッドストンの4番目の息子であるハーバートグラッドストーンは1854年に生まれました。オックスフォードのイートンアンドユニバーシティカレッジで教育を受けた後、グラッドストーンはオックスフォード大学の歴史講師になりました。

1880年の総選挙で、グラッドストーンはリーズの自由党議員に選出されました。庶民院では、テンペランス協会の会員であるグラッドストーンが、アルコール貿易の改革と貴族院の権力の廃止を提唱しました。

庶民院に入った後、グラッドストーンは父親の無給の国会議員長官として働いた。翌年、ウィリアム・グラッドストンは息子を大蔵卿委員会に任命しました(1881-85)。その後、副長官(1885-86)、戦争省財務長官(1886)、内務省次官(1892-94)、長官(1894-95)、院内総務(1894-95)としての期間が続きました。 1899-1905)。

1910年の総選挙後にハーバート・アスキスによって形成された政府では、グラッドストーンが内務大臣になりました。 1910年12月にグラッドストーン子爵を創設した彼は、自由党政権の立法を可決することを躊躇している貴族院との闘いにおいて重要な人物になりました。

第一次世界大戦中、グラッドストーンは南アフリカ総督と戦争難民協会の会長を務めました。

ハーバートグラッドストーンは1930年3月6日に亡くなりました。


グラッドストーンの歴史家であるハーバート・ビールスが79歳で死去

オレゴンの過去と未来への深い好奇心が彼の仕事と研究を駆り立てた、グラッドストーンの長年の居住者であるハーバートK.ビールスは、11月2日に亡くなりました。彼は79歳でした。

ビールスは、歴史の研究に没頭した優秀な思想家として家族や友人に知られていました。彼の巨大な知性にもかかわらず、彼は謙虚で親切で聞き手でした、と友人のキム・ヒューイは言いました。

「彼は賞賛を浴びた最後の人物でした」と、何十年にもわたってグラッドストーン歴史協会のビールスと協力し、歴史への愛情を分かち合ったヒューイは言いました。 「彼は魅力的で、とても深い思い出がありました。」

Bealsは1934年7月にMaeAdeliaとJamesBealsに生まれました。ジェームズは大恐慌の間車で働き、後にポートランドの42番街とグラッドストーン通りの角に食料品店を所有して運営しました。ハーバートは彼らの一人っ子でした。

彼が1951年にリード大学に入学するまでに、ハーバートビールスは、ローマのコインを収集し、ポートランドに本拠を置く登山クラブであるマザマと一緒に登ることに親しみを持っていました。ちょうど2年後、ビールスはリードを離れて陸軍に加わり、フォートで無線通信を監視しました。ノースカロライナ州のブラッグ。

娘のパティ・ラフリン氏によると、3年近く勤務した後、ビールスはオレゴンに戻って喜んでいたという。 「彼が最初にしたことは、マルトノマ滝のトレイルの頂上まで走ったことでした」と彼女は言いました。

ビールスはジェファーソン高校に通っている間にバーバラブラウンに会ったが、ビールスの軍の相棒であるジャックが彼らがデートし始めた2つを紹介するまではなかった。バーバラとハーバートは1957年に結婚しました。

1年後、ビールスはポートランド州立大学で社会科学の学位を取得し、クラカマス郡、オレゴン大学政府研究サービス局、コロンビア地域政府協会などの都市計画家として20年のキャリアに乗り出しました。その他。

コミュニティの未来を計画している間、ビールスはしばしば彼らの過去についてもっと知りたいと切望していました。 「町の歴史が何よりも面白いと思ったことがありました」とビールスは1992年にオレゴニアンに語った。

1971年、ビールスはオレゴン考古学協会で活動を開始しました。そこでは、彼のマッピングと描画のスキルが、トロイの木馬の原子力発電所サイトでのネイティブアメリカンの遺物の発掘に使用されました。

「彼は見事な地図製作者でした」と、発掘中に最初にビールスに会った考古学者のハーベイ・スティールは言いました。 「彼の図面と地図は私たちの最終報告書に含まれていました。」

発掘調査により、1800年代後半に近くの缶詰工場で働いていた入植者の残骸である約12枚の中国古銭が発見されました。すでにコインに興味を持っていたビールスは、その起源を研究し始め、最終的にはこの分野のトップジャーナルの1つである歴史考古学に記事を発表しました。 Bealsは、さまざまなコイン出版物に60以上の記事を書き続けました。

1980年までに、ビールスは計画作業を完全に辞めることを決定し、PSUの新しいパブリックヒストリー修士プログラムに登録しました。ラフリン氏は、仕事のストレスと計画立案者を支援する連邦資金の制限がビールスを新しい方向に押し上げるのに役立ったと述べた。

「彼は、時々私たちは自分自身を再発明する必要があると言いました」とラフリンは言いました。

すぐに、ビールスは彼が1962年以来住んでいたグラッドストーンの包括的な歴史をまとめ始めた、とスティールは言った。 1992年、8年間の研究の後、3巻の最初の巻が出版されました。

この本は、平坦な土地と砂浜の川岸のためにこの地域を選んだグラッドストーンのネイティブアメリカンの人口についての洞察をもたらしました。ビールの調査では、著名な地主であるジェイコブリニアソン、弟のピーター、16歳の少女レベッカの間の三角関係など、町で最初の白人入植者の話も明らかになりました。

「広く知られていない何かを発見することに大きな満足があると思います」とビールスは1993年にオレゴニアンに語った。他の巻は1998年と2011年に出版された。

グラッドストーン市長のウェイド・バイヤーズ氏は、グラッドストーンの歴史に関するビールスの取り組みは、小さな町がほとんど持っていない宝物だと語った。

「彼はグラッドストーンの創設時に執筆を始めたばかりでしたが、1万年前です」と40年前にグラッドストーン計画委員会でビールスに初めて会ったバイヤーズは語った。 &quot彼は氷河期の洪水とその地域の地史について話します。それは信じられないほど徹底的です。」

その間、ビールスはオレゴン歴史協会のために働き続けました。彼は、太平洋北西部を探検した3人のスペイン人、ブルーノ・デ・ヘゼタ、フアン・ペレス、フアン・フランシスコ・デル・ラボデガ・イ・クアンドラの日記の翻訳など、他の多くのプロジェクトに着手しました。ビールスはスペイン語を知らなかったので、彼は自分で言語を学び、海事探検の歴史に没頭しました。

「彼はとても面白い心を持っていました。そして彼はそれを命じることができました。」とLoughlinは言いました。

日記が発行された後、スペイン海軍はビールスの作品に興味を持つようになりました。 1992年に、彼らはBealsをスペインに飛ばし、全国の著名な海運の町での米国北西部のスペインの探検に関する論文を発表しました。

ビールスは70年代に執筆と研究を続け、アトキンソン記念教会とグラッドストーン市政府で活動を続けました。彼は最後の数年間を自分の回想録を手で書いていました。彼は彼らが終わる前に亡くなりました。

ビールスは彼の妻バーバラ、彼の娘パティラフリンとシェリートムリンと彼の息子スティーブビールスによって生き残っています。彼に敬意を表して礼拝が11月7日にウィラメット国立墓地で開催されました。


歴史を見る

1880年代後半までに、刑務所の主な目的としての刑罰と抑止の信念と、囚人に対処するための望ましい効果的な手段としての別のシステムへの信頼が、特に デイリークロニクル[1]その結果、1894年と1895年にハーバートグラッドストーンが議長を務める部門委員会が囚人に対する態度の変化を反映した。[2]委員会は、「刑務所の治療は、その主要かつ同時の目的、抑止および改革として持つべきであるという原則から始めた」と述べた。[3]委員会は、非生産的な労働、特にクランクとトレッドホイールを廃止し、囚人サービスで長年実践されてきた共同労働の原則を地元の刑務所に拡大することを勧告した。彼らは、適切な条件下では、産業労働救済隔離のための協会はより健康的であり、刑務所での産業労働を提供する仕事を容易にし、撤回できる特権と見なされたとしても、支配を危険にさらすことはないと主張した。委員会はまた、囚人を分類するためにさらなる努力がなされるべきであり、本がより広く利用可能にされるべきであり、教育施設が拡張されるべきであると勧告した。彼らは、訪問に関する規則は、特に囚人にとって有益である状況では、厳密に適用されない裁量で行使されるべきであると主張した。囚人の場合、当初の改革目的が純粋な抑止力の1つに悪化してから長い間、独房監禁の初期期間を短縮する必要があります。 23歳までの犯罪者を1年から3年の期間、個別の治療とアフターケアのための特別な手配に重点を置いて受け入れるために、少年改革派を設立すべきである。 「常習的な犯罪者」のために、裁判所が抑止力として5年から10年の追加の刑を科すことができるように予防拘禁が導入されました。より一般的には、委員会は、釈放時に囚人が利用できる援助とアフターケアの緊急の必要性、および関係する任意団体が囚人の釈放前に囚人との接触を確立する機会を持つことの緊急の必要性を強調した。

報告書の発行時に、刑務所長官のエドモンド・デュ・ケーン卿は辞任し、「信用を失ったシステムの必然的な終焉」としてマスコミに歓迎された。[5]この報告書は、厳格な抑止アプローチと「役に立たない」労働の非難から、より「改革的な」投獄システムに基づくものへの刑事政策の転換を示すために頻繁に使用され、これにより、根本的な変化の見通し。[6]ただし、その推奨事項はゆっくりと段階的に実装されました。[7]報告書には、刑務所管理の問題に対処できなかったことや、囚人の条件と優柔不断、当初からの委員会の弱さと素人っぽい性質を反映して、重大な弱点がありました。[8]ローズベリーの自由党政権が辞任する2か月も経たないうちに報告書が発表され、総選挙で敗北したことで、その影響はさらに限定された。その結果、その推奨事項の一部は骨抜きにされ、他の推奨事項は単に無視されました。刑法の変更の勢いは消え、法律が可決されたのは1898年になってからでした。[9]

刑務所規則を組み立てて改訂する権限がすでに内務大臣に委任されていたため、グラッドストーンの勧告のいくつかは立法を必要としました。これは、1898年の刑務所法がこれほど長い発展を遂げた理由を説明するかもしれません。さらに、刑務所政策の立法見直しを求める議会の圧力はほとんどなく、法案は1896年と1897年に作成されましたが、優先事項とは見なされていませんでした。これが実行可能である場合の労働組合、クランクとトレッドホイールの段階的廃止、および最後の手段としてのみオークムピッキングを使用するため。同法はまた、裁判所が重労働なしに禁固刑を宣告されたものを3つの部門のうちの1つに分類することを規定した。この斬新な展開は、犯罪者が刑に服する条件を執行者よりも判決裁判所が決定する方が適切であるという現代の見解を反映しています。実際には、裁判所は3番目の分類を除いてほとんど使用せず、最も厳しいものでしたが、この規定は1948年まで廃止されませんでした。法律は、刑務所長官と受刑者刑務所長を統合し、訪問者委員会を通じて刑務所を監視する。

。男性のために、男性によって作られた男性の世界でした。刑務所にいる女性は、どういうわけか異常であると見なされていました。それらは提供されました 別々の宿舎と女性スタッフが謙虚で秩序のある理由でそれらすべてに対処しましたが、それ以外の点では違いはありません.[10]

女性が犯した最も一般的な犯罪は売春に関連しており、本質的には、勧誘、酩酊、酔っぱらい、無秩序、放浪などの「犠牲者のいない」犯罪であり、罰金または短期間の懲役のいずれかによって裁判所によって扱われる傾向がありました。 。ホロウェイが1903年に女性専用の刑務所になるまで、女性は混合刑務所の別々のセクションに収容されていました。しかし、主に中流階級のサフラジェットの違法な活動は、特にハンガーストライキを始めたとき、刑務所当局に大きな問題を引き起こしました。サフラジェットハンガーストライキキャンペーンを際立たせたのは、特に政府がサフラジェットを強制給餌し始めた後の報道機関の計算された使用でした。断固とした女性囚人の話を報道する際に、新聞は何百万もの有権者にとって、より従順な女性のイメージへの挑戦を提示した。

1909年6月24日、芸術家のマリオンウォレスダンロップが庶民院の壁に1689年の権利章典の抜粋を描いた後、逮捕され投獄されました。他のサフラジェット囚人と同様に、彼女は刑務所での政治的地位を拒否し、7月5日に抗議してハンガーストライキを開始した。 91時間の断食の後、彼女は解放されました。他のサフラジェットも彼女の例に従い、リリースされました。 1909年9月から、内務大臣のハーバート・グラッドストーン(1905-1910)が強制給餌を導入しました[12]。歴史家は、強制給餌の重要性について意見が分かれています。ハンガーストライキの命を救ったという理由だけで正当化する人もいます。一方、サフラジェットのプロパガンダはそれを口頭レイプとして描写し、多くのフェミニストの歴史家はこの見方に同意しました。 1000人以上の女性が耐え、ジェーン・マーカスが「自分の体の公の違反」と呼んだことと現代の医師は、「治療」という用語をマントとして使用して、実行された場合に暴行となる行為を行うと述べました普通の医者による。[13]クラスディメンションもありました。コンスタンス・リットン夫人[14]のような影響力のある女性が釈放され、労働者階級の女性は残酷に扱われた[15]。サフラジェットの囚人の数が増加し、サフラジェットのプロパガンダが強制給餌から資本を生み出し続けたため、政府は戦略を変更しました。 1913年4月、囚人の健康障害に関する一時的退院が可決されました。これにより、ハンガーストライキでの囚人の一時的な解雇と、その後の回復後の再逮捕が可能になり、すぐに「猫とマウスの法律」と呼ばれるようになりました。

1914年以前に、囚人の生活の性質と若い犯罪者の扱い方の変更を定義および改善するためのいくつかの試みがありましたが、刑務所の構造の多くは、カーナーボンとデュケーンによって定められた基盤に従い、改革者によってほとんど邪魔されませんでした。次の世紀の大部分の管理者と政治家。[16]

[1] Forsythe、W.J。、 刑事規律、改革プロジェクトおよび英国刑務所委員会、1895-1939、(Exeter University Press)、1990年およびHarding Christopher、&#8216「信用できないシステムの不可避の終焉」?刑務所に関するグラッドストーン委員会報告書の起源、1895&#8217、Historical Journal、Vol。 31、(3)、(1988)、pp.591-608およびHannum、E。Brown、&#8216 The Debate on Penal Goals:Carnarvon、Gladstone and theharness of 19th Century&#8216Truth&#8217、1865-1895&#8217 、 刑務所法に関するニューイングランドジャーナル、 巻7、(1981)、pp.97-103。

[2]&#8216刑務所に関する部門委員会からの報告&#8217、 議会文書、Vol。 lvi、1895年またはグラッドストーン委員会。

[3]グラッドストーン委員会、パラ25。

[4] 1900年、グラッドストーン改革の一環として、刑務所は運動中の囚人同士の会話を許可するように指示されたが、刑務所知事の反応はほとんど完全に不利であった。 &#8216保全、 刑務所長官の年次報告書 1900年には、「囚人が通常の方法で運動することを好んだ後、運動は求められていません」と述べられています。

[5] デイリークロニクル、1895年4月15日。

[6]たとえば、Loucks、Nancy and Haines、Kevin、&#8216Crises in British Prisons:A Critical Review Essay&#8217、を参照してください。 国際刑事司法レビュー、Vol。 3、(1993)、pp。77-78&#8216で述べたpp。77-93グラッドストーン委員会(1895)は、イングランドとウェールズでの現代の刑務所サービスの目的のための枠組みを築きました。&#8217

[7]現代の批判については、モリソン、W.D。、&#8216刑務所改革の進展&#8217、 法律雑誌とレビュー、Vol。 32、(1902-1903)、pp.32-33。

[8]マッコンビル、ショーン、 イギリスの地方刑務所、1860〜 1900年:死の隣、pp。615-696は、Gladstoneレポートとその余波について説明しています。

[9] Ibid、McConville、Sean、 英語の地方刑務所、1860〜 1900年、pp。697-757は、法案の曲がりくねった通過を調べています。

[10] Ibid、Priestley、Philip、 ビクトリア朝の刑務所生活、pp.69-70

[11]パービス、6月、&#8216サフラジェットの刑務所での経験&#8217、 女性の歴史レビュー、Vol。 4、(1)、(1995)、pp.103-133。

[12]これはレジナルド・マッケナ(内務大臣、1911年10月23日-1915年5月25日)で維持された。ウィンストン・チャーチルは1910年から1911年の停戦中、内務大臣でした。彼は女性参政権の支持者だったので、強制給餌について彼が何をしたかを推測するのは興味深いことです。 1906年から1914年までの内務省の態度については、クロフォード、エリザベス、「警察、刑務所、囚人:内務省からの眺め」を参照してください。 女性の歴史レビュー、Vol。 14、(3&amp 4)、(2005)、pp.487-505。

[13] ブリティッシュメディカルジャーナル、1915年10月5日、p。 908。

[14]かつてインドの総督を務めていたリットン伯爵の娘であるコンスタンス・リットンは、1909年にサフラジェットに加わり、過激な行動で何度か逮捕された。しかし、そのたびに、彼女は強制給餌されることなく解放されました。彼女は上流階級の経歴のために特別な扱いを受けていると信じて、彼女の理論をテストすることにしました。 1911年、彼女は労働者階級の女性に扮し、リバプールのウォルトン刑務所の外で「ジェーンウォートン」という名前で抗議して逮捕されました。彼女は大雑把な医学的検査を受け、健康に合格しました。彼女は強制的に栄養を与えられ、病気になり、脳卒中を患い、部分的に麻痺した。彼女の釈放後、彼女の話は運動に対して多くの宣伝を生み出した。 Mulvey-Roberts、Marie、&#8216過激派、マゾヒズム、それとも殉教?ジューン・パービスとサンドラ・スタンリーのホルトンにあるコンスタンス・リットンの公立および私立刑務所(編)、 女性への投票、(ラウトレッジ)、2000年、159-180ページ。

[15] Geddes、J.F。、&#8216Culpable Complicity:医療専門家とサフラジェットの強制給餌、1909-1914&#8217、 女性の歴史レビュー、Vol。 17、(1)、(2008)、pp.79-94。エドワード英国の刑務所でのサフラジェットの強制給餌は、給餌された人々に深刻な身体的および心理的影響を及ぼした虐待であり、医療専門家は、医療的に不必要で危険なものとしてその慣行を非難するための団体として失敗した。著名だが物議を醸している人物であるヴィクター・ホースリー卿は、強制給餌に反対しましたが、彼を支持する男性の同僚は比較的少なく、それはチェックされないままでした。思いがけないことに、ホーズリーは自分の職業に実践の現実を認識させ、過激派キャンペーンがエスカレートするにつれて、内務省はハンガーストライキを治療するのではなく罰するためにそれを管理する医師を使用したことを認識しました。

[16] Ibid、McConville、Sean、 英語の地方刑務所、1860〜 1900年、 NS。 549。


セックスとグラッドストーン氏

トレバー・フィッシャーは、ビクトリア朝の首相がストリートウォーカーに魅了されていることをもう一度見ています。

ビル・クリントンの最近の問題は、政治家が性的な問題に関して遭遇する可能性のある困難を浮き彫りにしました。政治家とセックススキャンダルは何世紀にもわたってヘッドラインニュースでした、それでも何人かの政治家は何とか災害を裁判にかけそして生き残ることができます。この文脈では、ビクトリア州で最も成功した首相であるウィリアムグラッドストンの物語よりも興味深い物語はほとんどありません。公の場では、尊敬の念の縮図であるにもかかわらず、美徳の高い女性との彼の関係は眉をひそめました。彼の外務大臣、グランビルはかつて、9人の首相を知っていたと話しました。そのうちの5人は姦淫を犯しました。情報を与えられたビクトリア朝の人々は、グラッドストーンが5つのうちの1つであるかどうかを個人的に推測しました。

この記事を読み続けるには、オンラインアーカイブへのアクセスを購入する必要があります。

すでにアクセスを購入している場合、または印刷物とアーカイブの購読者である場合は、 ログインしました.


チャールズウィリアムズの誕生、ジャーナリスト&従軍記者

ウィリアムズは、果樹園を育て、テンベリーとマンブルの小教区で土地を耕したウスターシャーのヨーマンから父親の側に降りてきました。彼の母親の側は、1610年にアルスターを植えたスコットランドの入植者の子孫でした。彼はベルファストのベルファストアカデミーとグリニッジ私立学校で教育を受けています。その後、彼は健康目的で米国南部に行き、ニカラグアへの議事妨害遠征に参加します。そこで彼は激しい戦いを見て、封鎖突破船の評判を得たと伝えられています。彼は彼の党から分離され、6日間森で失われます。熱狂した彼は小さなボートを発見し、なんとか最寄りのイギリス人入植地に戻ることができました。彼は軍曹の階級でロンドンアイリッシュライフルに勤めています。

ウィリアムズは1859年にイギリスに戻り、そこでボランティアになり、 ロンドンイブニングヘラルド。 1859年10月、彼はとのつながりを開始します 標準 1884年まで続きます。1860年から1863年まで、彼はの最初の編集者として働いています。 イブニングスタンダード そして1882年から1884年までの編集者として イブニングニュース.

ウィリアムズは従軍記者として最もよく知られています。にとって 標準、彼は1870年の普仏戦争中、フランス軍のロワール軍の本部にいます。彼はまた、フランス軍が敗北したストラスブールで最初の通信員の1人でもあります。 1877年の夏と秋に、彼は露土戦争(1877-78)の間にアルメニアでトルコ軍を指揮するアフメッドムタールパシャの特派員です。彼は常にトルコの最前線にとどまり、彼の手紙はイギリスに届く唯一の連続シリーズです。 1878年に、彼はこのシリーズを改訂および拡張された形式で次のように公開します。 アルメニアのキャンペーン:1877年のキャンペーンの日記、アルメニアとコルディスタン、それは親トルコ人であるにもかかわらず、戦争の大きくて正確な記録です。アルメニアから、彼はムタールパシャを追ってヨーロッパのトルコに行き、ロシア帝国陸軍に対するコンスタンティノープルの戦線の防衛について説明します。 1878年3月にサンステファノ条約が調印されたとき、彼はロシア帝国陸軍の本部でミハイルスコベレフ将軍と一緒にいます。

1878年の終わりに、ウィリアムズはアフガニスタンで戦争を報告し、1879年に 輸送に特に関連した、1878年から9年のアフガニスタン南部での作戦に関する注記.

1884年の秋、ロンドンの中央通信社を代表して、ウィリアムズはスーダンのハルツームにあるチャールズジョージゴードン少佐を救済する英国の使節団であるナイル遠征に参加します。彼はゴードンの喪失を告げる最初の派遣です。スーダンにいる間、彼はヘンリーH.S.ピアスと喧嘩します。 デイリーニュース、後で彼を訴えることに失敗した。去った後 標準 1884年に、彼は 朝の広告主、しかし後でで動作します デイリークロニクル 従軍記者として。彼は、1885年11月のセルボブルガリア戦争中にバッテンベルクのアレクサンダル王子の下でブルガリア陸軍と一緒にいた唯一の英国特派員です。1897年のギリシャトルコ戦争では、彼はテッサリのギリシャ軍に所属しています。彼の最後の戦争報告は、1898年のハーバートキッチナーのスーダンキャンペーンに関するものです。

1887年、ウィリアムズはワシントンD.C.で元帥のフィリップシェリダン将軍と会い、ヨーロッパ情勢と今後の紛争の見通しについて将軍を更新しました。

ウィリアムズは、1885年の英国総選挙中に、ウェストヨークシャーのリーズにある自治区であるリーズウェストを代表する庶民院の保守党候補として立候補しようとしました。彼は自由党候補のハーバート・グラッドストーンに対して議席を獲得することができません。彼は1893年から1894年までジャーナリスト協会のロンドン地区の会長を務めています。彼はロンドン記者クラブを設立し、1896年から1897年まで会長も務めています。

ウィリアムズは1904年2月9日にロンドンのブリクストンで亡くなり、ロンドンのナンヘッド墓地に埋葬されました。彼の葬式には、マスコミだけでなく、フィールド元帥のイブリン・ウッド卿を含む軍隊のメンバーも出席しています。

(写真:チャールズ・フレデリック・ウィリアムズの肖像、ジャーナリスト協会ロンドン会長、イラストレイテド・ロンドン・ニュース、1893年9月30日号)


XXVIIIハーバート・グラッドストーン、フォースター、アイルランド、1881–2(II)

(ページ番号74注1)12月16日:完全なレポート、 フリーマンズジャーナル、 1881年12月20日、p。 3.3。

(ページ番号74注2)これらの労働の成果のほぼ確実な部分は、ハーバートグラッドストーンMSS(BM、Add。MS46110、ff 22–32)の雑多なボリュームにあります。ここでは、非常に興味深いですが、主に非人称的な履歴書は、政府の成立以来のアイルランドでの出来事と政策について与えられており、非常に楽観的な見方で終わります。同じ巻(ff 33–99)には、強制に関するリベラルな政策が保守派のそれより悪くなかったことを示すために書かれた、日付が不確かなハーバート・グラッドストーンによるさらに非常に詳細な覚書があります。

(75ページ注1)拘禁は個人の無実ではなく公共政策の問題であるという日記作者の見解については、ハーバートからヘンリー・グラッドストーン、1882年1月5日、グリン・グラッドストンMSSを参照してください。議会が会合したときに容疑者の議員を釈放するかどうかを知る。それは国の状態に依存しなければなりません。 Cf.ホーキンス、R。、「グラッドストーン、フォースター、およびパーネルのリリース、1882年から8年」のI.HSでの主な議論。 、5、1969年9月、pp 417 –45。Google Scholar

(75ページ注2)首相はまた、彼の私的秘書への強制の問題についての彼の心の漂流を明らかにし、「通常法を補足する」方法を見つける必要性を強調した(エドワードハミルトンの日記、1882年3月26日)。

(75ページ注3)ここで首相が表明した見解は、フォースターが内閣から差し控えた覚書で1880年10月にカウパーが提唱した見解とほぼ同じでした(アールカウパー、K.G。、pp 395–7)。これは、グラッドストーンの「キルメイナム」の考え方が生まれた点を強調しています 以内に 既存の強制主義者の意見の限界。しかし、1881年から2年にかけて、カウパーは他のどの大臣よりも特定のブランドの強制に執着するようになり、フォースターが事実上彼を解任するのを止めなかったという事実は事実です。

(75ページ注4)リチャード・グローヴナー卿(1837–1912)、リベラルな院内総務、1880–85:1886年にスタルブリッジ卿を創設し、リベラルな組合員になった。

(ページ番号75注5)Cf。 Reid、T Wemyss Forster、2、p。 406、Google Scholar for Gladstoneが3月24日にForsterに宛てた、閉鎖提案に対する反対の高まりについての手紙。これを停止すると、夏の後半に強制の更新が停止する可能性があるという信念に基づいています。 3月30日に行われた閉鎖提案に関する分割は、318から279までに政府によって行われた。

(ページ番号75注6)問題のスピーチは、名目上供給に関する討論で3月28日に庶民院でフォースターによって行われたが、実際には主にアイルランドに向けられた。その中で彼は、既存の強制法は「彼らが望んでいたほどには確実に成功しなかった」と述べ、彼の説明としてアメリカのお金とアイルランドの党の活動を述べた。彼の演説の前半で彼は投獄された議員の理由を述べた。ほぼその日の早い段階でのグラッドストーンの声明に続いて、リリースされるべきではありません(Hansard 3、cclxviii、195-203)。討論に対するグラッドストーンの反応の同様の説明については、1882年3月29日のエドワードハミルトンの日記を参照してください。この日記には、追加の強制措置の可能性に関するフォースターの「時期尚早」およびおそらく「誤った」ヒントについての首相の憤慨も記録されています。

(76ページ注7)Fキャベンディッシュ卿。

(76ページ注8)アイルランド事務所の製図技師、ウィリアムF.カリナン。

(ページ番号76注9)1879年以来アイルランド地方政府委員会の副会長であるヘンリーロビンソン(1823–93):地方政府の検査官になるために第60ライフルの委員会を辞任、1848年:アイルランドの次官補およびアイルランドの公務員評議会の書記官、1876 – 9年:1891年に騎士として政府の役職から引退し、ウェストミースの彼の家族団地に住みました。弟のヘラクレスロビンソン卿は、植民地時代の著名な知事でした。息子のヘンリー、 1898年から1922年にかけて、アイルランドの地方政府委員会の最後の副大統領でした。

(ページ番号76注10)アイルランド政府に対するダイアリストの立場は、リーズでの選挙キャンペーン(1880年5月9日選挙)で、「アイルランドに議会を与えるとしたら、その議会は成功」したが、代わりに「地方自治はどこにでも拡大されるべきであり、アイルランドも含まれる」と考えた(リーズマーキュリー、1880年5月1日)。彼の自伝(グラッドストーン伯爵、 30年後、 NS。 266)彼の伝記(マレット、ハーバート・グラッドストーン、p。109)が支持したと主張しているが、Google Scholarは、1880年にアイルランドの内政自治の調査を求める支持を拒否したことを示唆している。 「私は、彼らの地方問題の完全な管理がアイルランドの人々に与えられるべきであると推薦することにおいて、リーズであまりにも自分自身をコミットしました」(ハーバートからヘンリー・グラッドストーン、1881年10月26日、グリン-グラッドストーンMSS)。党の観点からも、彼は自治に行き過ぎていた。ダービーからランカシャー南西部のリベラル協会のGHCパウエルへ、アイルランドに対する彼の不愉快な見方と議会での彼の貧弱な見せかけのために、ハーバート・グラッドストーンがリバプールの議席を代表するという考えを却下した(ダービーからパウエル、1883年7月18日、ダービーMSSボックス3 、アンドリュー・ジョーンズが引用、 改革の政治、1884年、執筆時点では未公開)。

(77ページ注11)日記作者はこの段階ではまだ一種の強制主義者であり、4月22日のオドネルとのインタビューまでその状態を維持していました。 NS。 アイルランドでの彼の直接の経験も、ヘイビアスコーパスの停止に付随する想定される信用も、噂の最初の動揺さえもありませんでした デタント パーネライトによって、彼は彼の見解を修正するように導かれました。 「犯罪はかつてないほど悪化しています。コモンローの変更と、管轄区域の治安判事に対する権限の強化が求められていました。また、農地犯罪が地区に課され、場合によっては裁判官の委員会に罰金が科せられます。延滞を解決し、ブライト条項を強化するためのいくつかの計画とともに、この方向での新しい措置がもたらされることを期待しています」(ハーバートからヘンリー・グラッドストン、1882年4月21日、グリン・グラッドストンMSS)。これはもちろん、父親がより厳しい強制を望んでいたことを反映しています(上記の3月23日を参照)。

(77ページ注12)フランク・ヒュー・オカハン・オドネル(1848–1916)、アイルランドの政治家およびジャーナリスト:M.P。 (H.R.) Dungarvan 1877–85: probably virtually unacquainted with Herbert Gladstone until this occasion, though O’Donnell claimed to have spoken at Leeds in connection with Herbert Gladstone’s election there. There is no memoir, and no entry in the D.N.B., but O’Donnell’s numerous literary remains include the acrid semi-autobiographical A history of the Irish parliamentary party (London, 1910, 2 vols).

( page no 77 note 13 ) At least seven letters had preceded this meeting. Firstly, O’Donnell had written to Herbert Gladstone an undated note asking for an interview. Secondly, Herbert Gladstone sent the note to Edward Hamilton asking him to check that it was authentic. Hamilton’s reply has not survived. However, on 9 Apr, 1882, Herbert Gladstone, then at Hawarden, wrote to O’Donnell asking what he wanted to discuss. O’Donnell definitely sent a reply, which has not survived, but which satisfied Herbert Gladstone, who on 19 Apr. said he would be glad to see O’Donnell at any time. O’Donnell replied the following day making an appointment for the 22nd at his house, 34 Craven St. (タイムズ, 16 July 1888, p. 7). For the sur-viving relevant letters, see B.M., Add. MS 46049, ff 184–5, 194.

What this analysis establishes is that (a) O’Donnell’s overtures to Herbert Gladstone significantly preceded the similar overtures from Capt. O’Shea to Chamberlain and W E. Gladstone, and (b) that they began before ParnelPs release on parole had been decided. (Herbert Gladstone’s idea that Parnell and O’Donnell had recently met, in Paris or elsewhere, is almost certainly unfounded speculation.) Parnell was released on parole on 10 Apr. O’Shea made his first approach to W E. Gladstone in a letter dated 13 Apr. and to Chamberlain in a letter dated 15 Apr. and received the following day. There had been no contact in previous months between O’Shea and either of his correspondents.

( page no 77 note 14 ) Contrary to his opinion as expressed in letters to タイムズ in the winter of 1881–2 attacking the act as ineffectual, and later in his A history of the Irish parliamentary party, ch. xix。

( page no 78 note 15 ) Though the Land Law (Ireland) Act (1881) Amendment Bill was drafted by Maurice Healy and supported by his brother Tim, it was in fact introduced by John Redmond. It embodied five major proposals: (1) rent at Griffith’s valuation for tenants while their cases were before the land court, (2) no raising of rent in consequence of improvements by tenants, (3) extension of the act to include leases made before 1870, (4) loans to tenants of 100% of purchase money, (5) arrears to be divided equally between tenant, landlord, and the Irish church fund.

( page no 78 note 16 ) For the other side of the story, see O’Donnell , FH. , Irish parliamentary party , 2 , pp 102 – 8 ,Google Scholar which gives a pompous account in very general terms of the O’Donnell-Herbert Gladstone negotiations, though it does print undated passages from O’Donnell’s letters to Herbert Gladstone, the originals of which have not survived in the Herbert Gladstone MSS. O’Donnell’s most specific point was the danger from the labourers.

( page no 78 note 17 ) See appendix below.

( page no 78 note 18 ) Chamberlain asked Capt. O’Shea on 23 Apr. whether he was aware that ‘another Irish member had made advances to the government’ O’Shea, commenting on this, remarked to Parnell that if this was so, then it was ‘without your knowledge or authority’ (O’Shea to Parnell, draft, 24 Apr., O’Shea MSS, National Library of Ireland, MS 5752, ff 74–80).

( page no 79 note 19 ) The following extracts from W E. Forster’s diary (now lost), confirm this :

Sat. Apr. 22. A letter from H.G. while at cabinet, detailing his interview with O’Donnell.

Apr. 23. H.G. to lunch, bringing absurd letter from O’Donnell. These extracts were printed in The Times, 3 Aug. 1888, p. 10, in a letter by H. O. Arnold-Forster, in reply to a letter from Herbert Gladstone claiming ’ Í showed Mr Forster all the correspondence which was at all material ’

( page no 79 note 20 ) Not extant in the Herbert Gladstone MSS : described, but not printed, in タイムズ, 16 July 1888, p. 7, as a ‘long letter setting forth in detail some supplementary facts ’ : according to the same source, Herbert Gladstone replied to it on 24 Apr., in a letter of whose contents nothing is known. O’Donnell wrote again, also on 24 Apr., in a letter, printed in extenso in The Times, 17 July 1888, p. 8, the original of which does not survive. In this letter O’Donnell spoke ‘with absolute certainty ’ of the change of heart among the Irish leaders. タイムズ (16 July 1888) refers to and cites a further letter from O’Donnell to Herbert Gladstone, dated 27 Apr. 1882, in which the ‘unmitigated brutality’ and ‘brutal blunders’ of Forster’s subordinates are denounced along with the failure to settle the arrears question. In a tactful reply (1 May 1882), printed in extensoタイムズ in 1888, Herbert Gladstone looked forward to an early improvement in the situation. The following day, O’Donnell wrote praising the release of prisoners. He wrote again on 5 May, before Cavendish’s death, repeating his previous advice at great length, and warning Herbert Gladstone that pressure was being put on Parnell by extremists to attack the government (タイムズ, 17 July 1888). He did not write again for a fortnight. Later, in May and early June, Herbert Gladstone tried to persuade O’Donnell to moderate his opposition to coercion (B.M., Add. MS 46049, ff 205–6, 228–31). After this their correspondence ended.

( page no 79 note 21 ) In fact questions on the release of suspects were answered by the premier, and in a clipped and unhelpful manner.

( page no 79 note 22 ) NS。 debate of 26 April on Redmond’s land bill.

( page no 79 note 23 ) Now lost. Herbert Gladstone probably had no further contact with the Irish party until Jan. 1883 when two M.P.s brought him word of an (imaginary) plot to murder his father in Cannes ( McCarthy , J. and Mrs Praed , Campbell Our book of memories ( London , 1912 ), pp 98 – 100 ).Google Scholar

( page no 80 note 24 ) The Land Law (Ireland) Act (1881) Amendment Bill, in the name of Redmond and others, was read a first time on 9 Feb. 1882, and its second reading was moved by Redmond on 26 Apr. 1882. See also above, n. 15。

( page no 80 note 25 ) Gladstone rejected the bill as a whole but unreservedly endorsed the clauses dealing with arrears and purchase, stressing these must be settled ’ in accordance with Irish opinion from every quarter ’ setting aside ‘former differences however sharp’ (Hansard 3, cclxviii, 1488–97).

( page no 80 note 26 ) The text from ‘Apr. 26, Wed.’ to this point is printed in Viscount Gladstone, After thirty years、 NS。 275.

( page no 81 note 27 ) In fact both events were announced at the beginning of question time on 2 May (Hansard 3, cclxviii, 1965–70). After making the announcements, Gladstone went on to state that the existing coercion act would be allowed to expire, but that the ministry were drafting ‘ a bill to strengthen the ordinary law, and to meet difficulties such as we have experienced in the administration of justice and in defending and securing private rights in Ireland’,this bill ‘to be introduced as soon as the necessary business of the house will permit’ This shows that, after Kilmainham as before, Gladstone wished to coerce Ireland, not by Forster’s method of suspending civil liberties, but by introducing strong new penal sanctions.

Gladstone’s policy in this respect was not related to the assassinations, but preceded it, as Lady F Cavendish stressed: ‘There is one point which, almost from the first, was misrepresented : it is even wrongly described in the Annual Register I mean the idea that the coercion act of’82 was brought in, in consequence of the murders in Phoenix Park. Nothing could have been more painful to me than this untruth, knowing as I did how abhorrent it would have been to Lord Frederick to have coercion introduced, when not contemplated on public grounds. I remember asking Lord Selborne, some time in the summer of ’82, if it was not true that coercion had been decided upon before May. He replied ‘Certainly’ and added emphatically ‘There were members of the cabinet who would have resigned otherwise’ (Lady F Cavendish to John Morley,31 Jan. 1902, in connexion with Morley’s biography of Gladstone, W E. Gladstone MSS, new deposit, B.M., Add. MS 56453, unfoliated.)

( page no 81 note 28 ) The Gladstones’ doctor

( page no 81 note 29 ) Andrew Marshall Porter, Q.C., (1837–1919) cr. Bt., 1902: protestant and son of a presbyterian minister: M.P (lib.) co. Londonderry 1881–3: solicitor-general for Ireland, Nov. 1881–Jan. 1883: attorney-general for Ireland, 1883: master of the rolls in Ireland, 1883–1906. In spring 1882 he was highly regarded by Gladstone (E. Hamilton’s diary, 4 Mar. 1882, B.M., Add MS 48632, f.3) and was the first person to whom Gladstone offered the chief secretaryship on Forster’s resignation. He was again considered for the post on Cavendish’s death, but no second offer was made (W E. Gladstone to Spencer, tel., 8 May 1882, B.M., Add. MS 44308, f. 225).

( page no 81 note 30 ) Gladstone said he ‘would have liked to find an Irishman’ Shaw, the home rule leader, was the person first thought of, but was put aside on the grounds of his unpopularity. ‘The only other fitting Irishman was Porter, and to Porter the offer was first made’ (Edward Hamilton’s diary, 4 May 1882, B.M., Add. MS 48632, f. 38). In saying this, the premier was in agreement with Chamberlain, who told O’Shea on 2 May : ‘At present no offer has been made to me and I sincerely hope it never will be。 I should like to see an Irishman in the post and I intend to press this view on Mr Gladstone.1 (O’Shea MSS, National Library of Ireland, MS 5752, ff 33–5).

( page no 82 note 31 ) The fact that, according to his wife, Cavendish had pressed the premier to make Hartington the new chief secretary, shows fairly clearly what Cavendish himself had in mind as the appropriate post-Kilmainham course in Irish policy ( The diary of Lady Frederick Cavendish , ed. Bailey , John ( London , 1927 ), 2 , 305 ).Google Scholar Cf. a later passage in the diary (ibid., ii, p. 328, written 23 Oct. 1884) milder in emphasis but leaving no doubt about the similarities between Cavendish’s ‘new’ policy and the old one : ‘At one time Bobby Spencer came to see me, I think it was in 1882. He told me that Lord Spencer and Freddy had set to work at the Castle as soon as ever they were sworn in . going carefully through the different provisions of the crimes bill—putting in a plea for moderating it where he could’ Other extracts make it clear in general terms that Gladstone and Cavendish had discussed plans for a new crimes bill.

( page no 83 note 32 ) Daughter of W E. Gladstone: married Rev. H. Drew, 1886.

( page no 83 note 33 ) Spencer to W E. Gladstone, 7 May 1882, B.M., Add. MS 44308, ff 217–24, ‘laying great stress on your bringing in the bill for strengthening the hands of the magistrates on the lines laid down at the cabinet committee on Thursday and Friday last week ’ Spencer also laid heavy blame on the Irish police, and turned down Forster’s offer to return to his post.

( page no 83 note 34 ) ‘Reported on the very highest authority to have been inspired by Forster ! ’ (Edward Hamilton’s diary, 9 May 1882, B.M., Add. MS 48632, f. 44).

( page no 84 note 35 ) Yet on 7 May Justin McCarthy and Parnell called on Düke and were told ’ if Gladstone offered him the post of Irish secretary, nothing that had happened lately would in the least deter him from accepting it. He went on to say that he was a Home Ruler quand même: that he would be inclined to press Home Rule on the Irish people, even if they were not wholly inclined for it, because he so fully believed in the principle. ‘On balance, however, he thought Chamberlain should take the post ‘to smash things—meaning the Dublin Castle system ’ This account was based on nothing more substantial than personal recollections dictated in 1887 by McCarthy to his literary collaborator, Mrs Praed. Nevertheless it does give a convincing picture of the immediate reaction to the murders, both on the part of the Irish and of Düke ( McCarthy , J. and Praed , Mrs Campbell Our book of memories , pp 95 –6).Google Scholar

According to McCarthy’s account, he and Parnell then visited Chamberlain who was ‘perfectly willing to go to Ireland ’ and hinted at his willingness to implement major administrative reforms. However, Chamberlain himself claims that he urged Düke to accept the chief secretaryship even without the cabinet, at the time when the offer was actually made, though this was contrary to their earlier joint opinion ( Howard , C.H.D. ed., A political memoir , p. 63 ).Google Scholar Düke described Chamberlain’s pressure on him on 8 May as ’ the first difference that had ever occurred between us ’ and made it plain he was not open to persuasion ( Gwynn , S. and Tuckwell , G. M. , The life of the rt. hon. Sir Charles Düke ( London , 1917 ), 1 , 441 –2).Google Scholar

( page no 84 note 36 ) Robert George Crookshank Hamilton (1836–95), career civil servant: junior posts in various government departments, 1855–72: assistant secretary to board of trade, 1872–8: secretary to civil service inquiry commission, 1874–5: accountant-general to navy, 1878–82 : secretary to the admiralty, (for one day), 8 May 1882: under-secretary for Ireland, 1882–6: advocated limited legislative devolution, 1885–6, and strongly supported Gladstone’s first home rule bill: governor of Tasmania, 1886–92: chairman of the board of customs, 1894–5: er. K.C.B., 1884.

( page no 84 note 37 ) Thomas Henry Burke (1829–82), under-secretary for Ireland from May 1869 to his death.

( page no 1 note 45 ) Brackenbury, one of Wolseley’s ‘ring’, had just organised the Cyprus police he was appointed assistant under-secretary for police and crime by Spencer on 25 May, remaining at Dublin Castle till July 1882, when he returned to an orthodox military career, rising to director-general of ordnance. He did not succeed Hillier, who was inspector-general of the R.I.C. In June 1882 he asked for a special grant of £20,000 (later increased to £50,000) for the purpose of breaking up the secret societies which existed throughout Ireland ‘in a terribly rampant state’ (Edward Hamilton’s diary, 9 & 2 June 1882). His request was not granted, despite the high opinion which Spencer had of his abilities.

( page no 84 note 39 ) For a stronger version of this argument, see Corfe , T. , Phoenix Park murders , pp 190 –4.Google Scholar The diarist’s version, insofar as it turns on timing, is negated by the fact that the Invincibles set out for the park at about 5, while Cavendish did not leave the Castle till 6.30. This does not dispose of the question whether the murderers could have had prior knowledge, by means other than observation of his departure, that Cavendish would be walking through the park. (This does not mean, of course, that Burke was not intentionally murdered once the opportunity accidentally arose, but simply that it was not only, and not primarily, Burke who was intentionally murdered.) For the later relevance of this difference in interpretation, cf. Rosebery’s journal, 10 Nov. 1885: ‘I said in reply to a question of Mr G that I thought Hartington had always felt strongly with regard to Irish questions since his brother’s murder. He made this curious reply “But he should not allow that to influence him, he must know perfectly well they only meant to murder Burke” ‘Confirmation of Gladstone’s view is to be found in a memorandum dictated on 6 Nov. 1889 by Robert Spence Watson, a leading figure in the National Liberal Federation, recording a remarkable monologue delivered in private by Spencer who on the occasion in question revealed his innermost thoughts on an incident which he normally preferred not to discuss. Referring to Cavendish, Spencer said : ’ I am persuaded that it was a pure accident that he was killed As for Mr Burke’s murder it was deliberately planned’ (Memorandum in the Robert Spence Watson MSS, a comparatively small, but well sorted collection in the possession of W B. Morrell Esq. at 99, South End Road, London, N.W.3).

( page no 85 note 40 ) Lt. F. J. Ross (1848–1926), extra A.D.C. to Spencer and Carnarvon 1882–5: chief commissioner of the Dublin Metropolitan Police 1901–14: member of several commissions in intervening period: K.C.B. 1903, K.C.V.O. 1911 Ross was called military secretary simply because he acted as Dublin Castle’s liaison with the army concerning the use of troops by the civil power.

( page no 85 note 41 ) Hansard 3, cclxix, 462–72. The speech was full of repetitious anatomical and medical allusions. He referred at one stage to the ‘poison that courses through the veins of the Irish social system ’ for which the only adequate remedy was ‘the surgeon ‘sknife ’

( page no 86 note 42 ) The claim here that Parnell’s release was a unilateral administrative action, corresponds by and large with W. E. Gladstone’s later interpretation of the ‘Kil-mainham treaty’, which appeared under the title of ‘Mr Forster and Ireland ’ in the 19世紀, September 1888. Gladstone may perhaps have referred to his son’s diary when writing in 1888. See Hawkins , R. op.引用。 in I.H.S , 5 , p. 417 ,Google Scholar drawing attention to Gladstone’s emphasis on a supposed (but in fact non-existent) statutory obligation binding the government to release the suspects once suspicion had passed. There were two separate elements in Gladstone’s position : the claim that the release of prisoners was a unilateral action (which in some political sense may be true) and the claim that it was a unilateral legal or administrative action (which is patently disingenuous). Gladstone held consistently to the first claim from first to last : he employed the second claim in 1882, and therefore developed rather than invented it in his article of 1888. He was therefore tolerably consistent in his disingenuousness (or ignorance of statute). As early as 2 May 1882, he claimed that the 1881 coercion act demanded ‘the release of men no longer believed to be associated with the commission of crime’ (Hansard 3, cclxviii, 1967–8). As to the denial of a bargain, Gladstone replied to Forster’s resignation speech on 4 May by saying flatly ’ There is no arrangement between the member for the city of Cork and ourselves. There is no bargain, no arrangement, no negotiations for nothing has been asked and nothing has been given’ (ibid., cclxix, 121–4). After Parnell supposedly let the cat out of the bag on 15 May 1882 by bringing up his letter to O’Shea, Gladstone again reaffirmed ‘there never was the slightest understanding between the hon. member for the city of Cork and government’ (ibid., col. 675). Herbert Gladstone’s arguments above, therefore, simply approximate to those already being used by his father.

There is nothing to be gained by running together the separate questions of Gladstone’s erroneous statements about the law of coercion and his general denial that there was a bargain. Because Gladstone produced spurious legal reasons in support of the view that there was no bargain, it does not therefore follow that there was a bargain (other than a nationalist surrender ingeniously disguised by Parnell to resemble a bargain). Gladstone, writing in 1888, had after all excellent reasons for not suggesting that he had forced his Irish allies to surrender in 1882.

( page no 87 note 43 ) See above, p. 80, for W E. Gladstone’s equivocal parliamentary statement on this subject of 26 Apr.

( page no 87 note 44 ) Forster was in fact demanding compliance with only one, and not with all three, of the above conditions (Forster to W. E. Gladstone, 29 Apr. 1882, in Wemyss Reid , T Forster , 1889 ed., p. 560 ).Google Scholar

( page no 87 note 45 ) For the diarist’s earlier view on this point, see above, p. 74, n. 1.1。

( page no 88 note 46 ) Not traced in the W E. Gladstone MSS or the Herbert Gladstone MSS, although Herbert Gladstone found the original document in September 1888 with an endorsement by himself stating it had been read to the cabinet (タイムズ, 17 Sept. 1888, p. 8, misstated in Selborne , Lord , Memorials, part II: political and personal ( London , 1910 ), 2 , p. 48 , n. 1.)Google Scholar


In 1880 Gladstone became private secretary to his father. [1] That same year, having unsuccessfully contested the Middlesex constituency, [2] he was elected Liberal Member of Parliament for Leeds, [1] [3] and in the 1885 General Election was returned to Parliament for Leeds West. [1] [3] Having been a junior Lord of the Treasury from 1881 to 1885, Gladstone became Deputy Commissioner of the Office of Works in 1885. The following year served for a brief period as Financial Secretary to the War Office in his father's third administration. In 1892, on his father's return to power, he was made Under-Secretary of State for the Home Department, [1] and two years later he became First Commissioner of Works in Lord Rosebery's government, [4] at which time he was also sworn of the Privy Council. [5] The Liberals fell from power in 1895. He became the Liberals' Chief Whip in 1899 [1] and in 1903 he negotiated on behalf of the Liberals an electoral pact with the Labour Representation Committee. [ 要出典 ]

Gladstone returned to office in 1905 when Sir Henry Campbell-Bannerman appointed him Home Secretary. [6] According to historian Professor Ian Machin, Gladstone was not among “the foremost New Liberals such as Lloyd George and Churchill,” but he nevertheless played a large part in carrying a number of the Liberal welfare reforms during his time in office, including the Workmens’ Compensation Act of 1906, the Children Act of 1908, and the Trade Boards Act of 1909. [7]

As Prince of Wales, King Edward VII had come to enjoy warm and mutually respectful relations with W.E.Gladstone, whom Queen Victoria detested. [8] These feelings did not extend to his son. In September 1908 he permitted Roman Catholic priests in vestments, led by Cardinal Vanutelli, to carry the Host in a procession through the streets of London. There were a flood of protests, and the King asked Gladstone to ban the procession to avert a breach of the peace. The Home Secretary was on holiday in Scotland at the time, and did not reply, giving rise to false rumours that the King – who was known to take an interest in Roman Catholic rituals when abroad – favoured the procession. In the end the Prime Minister H. H. Asquith had to ask Lord Ripon, the only Catholic Cabinet Minister, to ask for the Host and vestments to be cancelled. [9]

The following year the King rebuked Gladstone for appointing two ladies, Lady Frances Balfour and Mrs H.J. Tennant, to serve on a Royal Commission on reforming Divorce Law – the King thought divorce could not be discussed with "delicacy or even decency" before ladies. Philip Magnus suggests that Gladstone may have become a whipping-boy for the King's general irritation with the Liberal Government. [9]

Gladstone was sacked in the reshuffle in 1910 and the King agreed, with some reluctance, to appoint him the first Governor-General of the Union of South Africa as well as the High Commissioner there. [9] [10] He was appointed a Knight Commander of the Order of St Michael and St George and raised to the peerage as Viscount Gladstone, of the County of Lanark, the same year. [11]


Gladstone, Herbert John Gladstone, 1st Viscount

Herbert John Gladstone Gladstone, 1st Viscount (glăd´stən) , 1854�, British statesman son of William E. Gladstone. A member of Parliament from 1880 to 1910, he held various offices under his father, was chief whip of the Liberal party (1899�), and served as home secretary (1905𔃇). His influence in the advancement of welfare legislation was seen in bills providing workmen's compensation (1906) and an eight-hour day for miners (1908). Gladstone was created (1910) viscount and was the first governor-general and high commissioner for South Africa (1910󈝺). His two books about his father are W. E. Gladstone (1918)と After Thirty Years (1928).

この記事を引用する
以下のスタイルを選択し、参考文献のテキストをコピーしてください。

引用スタイル

Encyclopedia.comを使用すると、Modern Language Association(MLA)、Chicago Manual of Style、およびAmerican Psychological Association(APA)の一般的なスタイルに従って参照エントリと記事を引用できます。

「この記事を引用」ツール内でスタイルを選択して、そのスタイルに従ってフォーマットしたときに利用可能なすべての情報がどのように表示されるかを確認します。次に、テキストをコピーして、参考文献または作品の引用リストに貼り付けます。


Looking for something?

I started going to auctions to fuel my love for African American art – but at a bargain. I wanted to find works of the masters and discover others whose art may have been hiding in an attic or basement, and forgotten.

I have amassed a collection of their works but also those of unknown and little-known artists of all stripes, many of them from Philadelphia. I have also uncovered black history intertwined with American history, showing that one did not happen without the other and demonstrating that my ancestors’ history was just as powerful and significant.

Auction Finds is filled with fascinating stories – from books to photographs to documents to artifacts – on subjects that are as diverse as we are as a country. I’ve learned some things that I think will excite you as much as they excited me.


Herbert John Gladstone

Your Easy-access (EZA) account allows those in your organization to download content for the following uses:

  • テスト
  • サンプル
  • コンポジット
  • レイアウト
  • ラフカット
  • 予備編集

It overrides the standard online composite license for still images and video on the Getty Images website. The EZA account is not a license. In order to finalize your project with the material you downloaded from your EZA account, you need to secure a license. Without a license, no further use can be made, such as:

  • フォーカスグループプレゼンテーション
  • 外部プレゼンテーション
  • final materials distributed inside your organization
  • any materials distributed outside your organization
  • 一般に配布される資料(広告、マーケティングなど)

コレクションは継続的に更新されるため、ゲッティイメージズは、ライセンス供与時まで特定のアイテムが利用可能になることを保証できません。 Please carefully review any restrictions accompanying the Licensed Material on the Getty Images website, and contact your Getty Images representative if you have a question about them. EZAアカウントは1年間有効です。ゲッティイメージズの担当者が更新について話し合います。

[ダウンロード]ボタンをクリックすると、リリースされていないコンテンツを使用する責任(使用に必要な許可の取得を含む)に同意し、制限に従うことに同意したことになります。


ビデオを見る: Herbert Quinteros - Espíritu Del Árbol