イエナの戦い、1806年10月14日

イエナの戦い、1806年10月14日



We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

イエナの戦い、1806年10月14日

序章
戦場
10月13-14日の夜の軍隊
戦い
余波と結論

序章

イエナの戦い(1806年10月14日)は、同じ日にフランス軍が勝利した2つの同時戦闘の1つであり、ナポレオンはほとんどの戦闘で勝利しました。 大陸軍 イエナでプロイセンの側面警備隊を打ち負かし、ダヴウト元帥はアウエルシュタットでさらに北にあるプロイセンの主要部隊を打ち負かした。

第四次対仏大同盟(1806-07)の開始時に、ナポレオンはプロイセン、ロシア、イギリス、スウェーデンの同盟に直面しました。彼の驚いたことに、プロイセン人はロシアの同盟国が到着するのを待たずに攻撃することを決心し、1806年9月にザクセンを占領した。この時点で、ほとんどの 大陸軍 主にドイツに拠点を置き、オーステルリッツでの大勝利が第三次対仏大同盟の戦争を終結させた後に採用した立場にありました。ナポレオンはこれを利用して、彼の軍隊をバンベルクに集中させ、ランドグラフェンベルクの樹木が茂った丘を越えて北に攻撃することに決めました。これにより、彼はライプツィヒとベルリンに向かって前進し、プロイセン人に戦いを強いることができます。

ナポレオンは3列で丘を越えました。左側はランヌ(第5軍団)とオージュロー(第7軍団)でした。中央にはベルナドット(第1軍団)とダヴウト(第3軍団)がいた。右側には、ソウルト(IV軍団)、ネイ(VI軍団)、バイエルンの派遣団がいた。これらの柱はそれぞれ、丘から出てくるまで独立して動作する必要がありました。ナポレオンは、プロイセン人が強い力で3つのパスすべてをブロックすることはできないと想定し、ブロックされた場合、彼の列の少なくとも1つが他の列のサポートに来ることを許可しました。実際、プロイセン人はどの峠も封鎖しておらず、フランス人は丘の北側に無事に現れました。

10月9日、フランス軍はシュライツで小さなプロイセン軍を追い払い、10月10日、ザールフェルトでより大きな勝利を収め、プロイセンの司令官ルイフェルディナンド王子を殺害しました。ナポレオンはまだプロイセン人がどこにいるのか知りませんでした、そして10月10日の終わりに彼は彼らがライプツィヒへの道を封鎖しようと試みるために東に移動すると信じていました。この時点で、プロイセン人は実際には西に離れていて、ホーエンローエはイエナに集中し、ブランズウィックはさらに西のワイマールに集中していました。 10月11日、ナポレオンはプロイセン人が自分の北にいないことに気づきましたが、それでも彼らがどこにいるかわからず、おそらくワイマールの西にあるエアフルトに集中することを決定しました。

10月12日、ナポレオンは軍隊に左に旋回するように命じました。ダヴォートとベルナドットは、ザーレのナウムブルクとコーセンで右翼を形成することになっていた。さらに南のランヌとオージュローは、ザーレのさらに2つの交差点であるイエナとカーラに向かうことになっていました。ネイとソウルトは少し東に配置され、その方向へのプロイセンの動きを監視しました。

10月13日の朝、プロイセン人はフランス人がナウムブルクにいることを知りました。王は2つの行動方針が検討された戦争評議会を召喚しました。最初はイエナに集中してフランス軍を攻撃することでした。もしプロイセン人が実際に翌日にイエナで団結していたなら、彼らはナポレオンの分割された軍隊を詳細に打ち負かすことができたかもしれません。 。 2つ目は、ワイマールからアウエルシュタットまで北に後退し、コーセンの峠を通ってフライブルクに向かって北上することでした。ホーエンローエの側面警備隊はイエナのすぐ北に留まり、そこでフランス軍を遅らせ、本体に脱出する時間を与えました。プロイセン人は2番目の選択肢を取ることに決めました。

10月13日のナポレオンの最初の命令は、ベルナドットがダヴォートに加わり、ネイがランヌに向かって移動することでした。その朝早く、彼はプロイセン人がライプツィヒに北東ではなくマクデブルクに向かって北に後退することを計画していることを彼に確信させる一連の報告を受け取りました。ナポレオンは、この可能性のある動きに応じて彼の命令を変更しました。ダヴォートはまだ右側のナウムブルクにいた。 BernadotteとMuratの騎兵隊は、Saaleのさらに南にあるDornburgに移動するように命じられました。これは、ランヌとダヴォートの間に開いていたギャップを埋めるでしょう。ソウルトは、ライプツィヒでの移動を防ぐために残りの軍団が北西に移動する間、1つの師団をイエナに送るように命じられました。オージュローはイエナに、ネイはロダに(ちょうど南東に)命じられ、ナポレオンはイエナでランヌに加わるように移動しました。

ナポレオンがイエナに向かって移動したとき、彼はランヌからのメッセンジャーに会い、イエナの北に10,000〜15,000人のプロイセンを発見し、さらに20,000〜25,000人がイエナとワイマールの間の西にいると信じていたと報告しました。ナポレオンは今、彼がプロイセン軍の本体を見つけたと信じており、プロイセン人はおそらくランヌを攻撃するつもりだったと信じていた。彼は3番目の注文セットを送信しました。ベルナドットがそうであったように、ムラトはまだドルンブルクに向かっていた。この段階で、ベルナドットは激しい戦闘の音を聞いた場合、ランヌを支援するように命じられました。ソウルトとネイは、彼らの軍隊全体をイエナに連れて行くように命じられました。ダヴーはナウムブルクから西に進み、北からイエナでプロイセンを攻撃することになっていた。

ナポレオンがイエナに到着したとき、彼はランヌが町の上に迫った急な丘であるランドグラフェンベルクで彼の軍団の一部を動かしたことに気づきました。北の斜面はより穏やかで、プロイセン人がどんな強さでも高さを占領していたなら、フランス人はそれらを奪うか、またはそれらをつかむのに苦労したでしょう。ナポレオンは、この重要な立場を維持しようと決心しました。ランヌの残りの部隊は、護衛兵の支援を受けて丘の上に命じられました。一晩中、フランス軍は高台に通じる単一の進路を改良し、なんとか彼らの砲兵を丘の頂上に乗せました。ナポレオンの大きな恐怖は、彼の援軍が到着する前にプロイセン人が攻撃することでしたが、夜は静かに過ぎました。夜明けまでに、ソウルトの第4軍団、ネイの第6軍団、オージュローの第7軍団の主要部隊がイエナ周辺に到着しました。ナポレオンは1日を始め、約5万人の男性が自由に使えるようになり、正午までに9万人以上になりました。

10月13日の終わりまでに、プロイセン人はナポレオンが彼らを信じていた場所ではありませんでした。ホーエンローエの側面警備隊はイエナの北と西にいた。彼はすぐに自由に使える約38,000人の男性を持っていた。左側では、フォン・ホルツェンドルフ将軍が5,000人の兵士と共にザーレに駐屯していた。約6,000人の男性を擁するタウエンツィエンは、ランヌのすぐ北に配置されました。残りの軍隊は彼の西に配置されました。フォンリュッヘルの下にいる別の15,000人の男性が、10月13〜14日の夜をさらに西のワイマールで過ごしました。この部隊は、戦いが敗北し、敗北に巻き込まれるまでイエナに到着しませんでした。

戦場

イエナの戦いは、イエナの町の北にある高原を越えて戦いました。東はザーレ川に隣接していた。サーレとイエナから高原にかけて急な斜面があり、その中で最も有名なのはランドグラフェンベルクです。この丘はイエナから500フィート上昇しましたが、その北側の斜面ははるかに低く、非常に緩やかでした。戦場の南端は、南に曲がる前にイエナから西に流れるミュールバッハ川の谷によって特徴づけられました。 「シュネッケ」または「カタツムリ」の峠は、川の曲がり角から西に続いていました。イエナからワイマールへの道はミュールバッハに沿って走り、それから「シュネッケ」峠を上った。高原の東側は、ザーレに通じる他の一連の谷によって破壊されました。

一連の村が高原に点在していました。 Landgrafenbergに最も近いのは、村の三角形の最南端にあるCospedaで、北東にClosewitz、北西にLützerodaがありました。村の2番目の列は北西にさらに1マイル半のところにありました。これは「カタツムリ」峠のイッサーシュテットで始まり、北東に走ってヴィエルツェンハイリゲン、クリッペンドルフ、ネルケヴィッツに向かいました。ネルケヴィッツのすぐ南にはレーディンゲンの村がありました。さらに西には3番目の村があり、「カタツムリ」峠にケッシャウがあり、北東にグロスロムシュテットとクラインロムシュテットがあります。

10月13-14日の夜の軍隊

6月13日から14日の夜、ホーエンローエの部隊の大部分(約28,000人)は戦場の西側、グロスレムシュテット、コッシャウ、イッサーシュテット周辺にいた。タウエンツィエン将軍の6,000人の師団はナポレオンに最も近く、クローゼヴィッツとリュッツェローダ周辺に陣取っていました。ホルツェンドルフ将軍は、右翼から5,000人の兵士を擁し、北東4マイル(プロイセンの左側)にキャンプし、ドルンブルクのサールに架かる橋を見守っていた。ホーエンローエには、イエナの戦いのほとんどで約39,000人の兵士がいました。

ついにルーチェル将軍は戦場の西に15,000人の兵士を抱えていた。彼の当初の命令は彼が北方陸軍の本体に従うことでしたが、これらは変更され、彼はホーエンローエの処分に置かれました。彼の部隊はその日の遅くまで到着せず、その時までに戦闘は敗北した。したがって、合同プロイセン軍は54,000人の強さでしたが、リュッヘルは主戦に参加するのに間に合わず、主戦が終わった後、追跡中のフランス軍に流されました。

フランス側では、ダヴーとベルナドットが北に向かっており、アウエルシュタットでの栄光と2つの戦いの間の道路での無知の準備ができていました。ランヌはランドグラフェンベルクにキャンプしました。 IV軍団(Soult)、VI Corps(Ney)、VII Corps(Augereau)の主要部隊がイエナに到着し、戦闘に参加する準備が整いました。戦闘開始時、ナポレオンには約46,000人の兵士がいましたが、戦闘中に援軍が現場に到着したため、それは2倍になりました。

戦い

ナポレオンの当初の計画は、ランヌがクローゼヴィッツを占領して、彼の援軍のためにより多くのスペースを作ることでした。ネイはランヌの右側に配備することになっていた(ただし、後でわかるように、彼は左側に配置された)。オージュローは道路に沿ってワイマールに向かって進み、北に曲がってランヌの左側に形成されました。ソウルトはザーレに沿ってさらに北に向かい、次に西に曲がり、フランス軍の右側面を形成することになっていました。

ランヌは、クローゼヴィッツとリュッツェローダの間に配備されたタウエンツィエンの6,000〜8,000人の兵士と対峙することになった。戦闘は午前6時過ぎに始まり、右側がスシェットの師団、左側がガザンの師団が前進した。この前進は霧の中で行われ、スーシェの部隊は結局左に曲がり、クローゼヴィッツとリュッツェローダの間のプロシア線にぶつかった。午前9時頃までに、スーシェはクローゼヴィッツと道路の一部を占領しました。ガザンはさらに南のコスペダで拘束されていた。プロイセン人は反撃を開始したが、それは撃退された。 2つの師団による攻撃に直面し、弾薬が不足したため、タウエンツィエンは村の三角形から撤退し、ヴィエルツェンハイリゲン周辺の保護区に戻ることにしました。

ランヌはその村まで進んだが、それは一時的に彼の手に渡った。 9.30頃、タウエンツィエンは反撃を開始し、ランヌの軍隊を半分に分割し、ヴィエルツェンハイリゲン、リュッツェローダ、クローゼヴィッツを奪還した。ランヌの指揮の一部はヴィエルツェンハイリゲンの北東で遮断され、残りはイッサーシュテットの森(イッサーシュテット村の東)の南であった。ランヌは状況を回復し、リュッツェローダとクローゼヴィッツを奪還した。彼の反撃の成功にもかかわらず、タウエンツィエンはフランス軍が両方の側面で前進することをますます懸念していました-ソウルトの主要な軍隊は彼の左を見つけ、オージュローは彼の右を脅かしていました。このことを念頭に置いて、タウエンツィエンはヴィエルツェンハイリゲンからグロス・ロムシュテットとプロイセン軍の本体に向かって撤退した。戦闘のこの部分は午前10時頃に終わりました。

午前10時ごろ、戦場の中央部と西部で戦闘が終了しましたが、ほぼ同時に東部で新たな戦闘が発生しました。プロイセン軍の左端に駐屯していたフォンホルツェンドルフは銃の音に向かって行進していたが、彼の前進線は彼がソウルトの軍団に遭遇したことを意味し、最近フランスの右に到着した。ソウルトの軍隊は、村の三角形の北東にあるクローゼヴィッツを占領した。サンティレールの師団が北西に進んだとき、彼らはフォンホルツェンドルフによって彼らの右側で攻撃されたことに驚いた。プロイセン軍は右翼を先導して前進し、左翼は拒否し、ソウルト軍の右翼に向かった。サンティレールは素晴らしいスキルで応えました。彼の軽歩兵はプロイセンの視界から隠されていました、そして彼は今それを使ってプロイセンの左翼を攻撃しました。プロイセン人は、フォン・ホルツェンドルフが集結することを望んでいたネルケヴィッツに戻ることを余儀なくされた。サンティレールは圧力をかけ続け、プロイセン人は改革する時間を与えられませんでした。フォンホルツェンドルフの歩兵は北に後退し、戦闘ではそれ以上の役割を果たしませんでした。彼の騎兵隊のいくつかはなんとか主力に到達したが、違いを生むには十分ではなかった。

ホーエンローエは当初、フランス軍のごく一部にしか直面していないと信じていましたが、そうではないことが明らかになりました。メッセンジャーがリュッヘルを召喚するために送られた。ワイマールへの道を開いたままにするために、3個のサクソン旅団が南に送られた(オージュローは同じ道のさらに東にあった)。利用可能なプロイセン歩兵のほとんどと1個のサクソン旅団を備えたグラヴェルト将軍は、ヴィエルツェンハイリゲン周辺のフランス軍と対峙するために東に送られた。

プロイセン人は攻撃の準備をしていましたが、実際に戦闘の第3段階を引き起こしたのはネイ元帥でした。イエナに行進するよう命令を受けた彼は、歩兵を離れて野原に向かうために歩兵を残し、騎兵隊を率いて前進した。彼は9.30頃にイエナに到着したが、その後彼の軍隊が到着するのを待たなければならなかった。彼はついに高台に進み、ランヌの右側に立つように命じられました。彼が高原に到着したとき、ネイはランヌがすでに彼の右側のソウルトと接触していることに気づき、代わりに彼の左側の位置を取ることに決めました。この段階で、ネイには騎兵と歩兵が混在する約3,000人の兵士がいました。

午前11時ごろ、ランヌに面してプロイセンの援軍が結成されたのと同じように、ネイは争いに突入することを決心しました。彼はVierzehnheiligenの南にあるPrussianラインを攻撃しました。彼はプロイセンの砲台を占領し、彼らの新しい路線の権利を破壊し、村を奪還した。ネイの勢いは、彼の攻撃が勢いを失う前に、彼をヴィエルツェンハイリゲンをはるかに超えさせました。これはまた、彼が他のフランス軍よりもはるかに進んでいたことを意味し、彼の勢いが尽きたとき、ネイは孤立していることに気づきました。彼は四角を形成することを余儀なくされ、主要なプロイセン攻勢の邪魔をしていることに気づきました。プロイセン人は攻撃のために45個の騎兵隊と11個のプロイセン歩兵大隊を集めました。彼らはネイの孤立した部隊を一掃し、フランス軍の境界線を越えて前進すると脅した。

ナポレオンはすぐに反応しました。ランヌはヴィエルツェンハイリゲンを介して攻撃するように命じられ、オージュローはイッサーシュテットを連れてネイの後ろにセカンドラインを形成するように命じられました。この時点で、ナポレオンはフィールドにほとんど予備を持っていませんでした。護衛兵はまだコミットされていませんでしたが、ナポレオンは戦闘の早い段階でそれらが使用されることを望んでいませんでした。主な騎兵予備隊はまだ途中だったので、彼が持っていたのは騎兵連隊と警備砲の2個連隊だけでした。フランスの動きは限られた成功を収めました。ランヌの軍隊からのガザンの師団は、なんとかヴィエルツェンハイリゲンを奪い、ネイに向かって前進したが、その後、プロイセンの主要な歩兵部隊にぶつかり、強制的に戻された。オージュローはもっと運が良かったので、ネイと連絡を取り、彼の孤立した指揮を救うことができました。

この時点で、プロイセンは戦場の中央の強力な位置に約20,000歩兵を配置し、フランスの延長線を攻撃する準備ができていましたが、戦いの最も有名な事件の1つで、ホーエンローエは前進を停止し、リュッヘルがワイマールから到着。このゆっくりとした堂々とした戦争スタイルは、下級司令官に対しては効果があったかもしれませんが、ナポレオンに対しては、プロイセンが主導権を放棄したことを意味していました。現在、2つの戦線の間で長引く火の戦いが行われ、フランス軍はその行動を最大限に活用しました。ランヌはまた、ヴィエルツェンハイリゲン周辺で別の攻撃を開始しましたが、撃退されました。フランス軍は左側でより多くの成功を収め、ワイマール道路のサクソン軍はネイの最初の歩兵師団とオージュローの軍団の一部によって遮断されました。 Hohenlohnは残りの準備金をすべて最前線に移し、Tauenzienの師団だけを最前線から外しました。

12.30までに、さらに42,000人のフランス軍がフィールドに到着しました。ソウルトとネイの主要な歩兵部隊とムラトの騎兵隊です。フランス軍は今や96,000人の兵士を戦場に集中させることができました。ナポレオンは今や彼自身の大規模な攻撃を計画することができました。左側のオージュローは、「カタツムリ」峠でサクソン人を攻撃することでした。右側のサンティレールは、IV軍団の2つの師団に支えられて、戦いの北端に潜んでいるホルツェンドルフの歩兵を攻撃することになっていました。 2つの側面攻撃が順調に進んだら、ランヌ(V軍団)とネイ(VI軍団)が中央で攻撃することになりました。ギャップが作成されると、ムラトの騎兵隊は攻撃してプロシアの後方に侵入することでした。

オージュローはすでにフランスの左翼に従事しており、聖ヒレールは午前1時までに従事していた。その後、主な攻撃が始まりました。いくつかの抵抗の後、ホーエンローエは彼のラインにグロス・ロムシュテットとクライン・ロムシュテットに向かって後退するように命じることを余儀なくされました。これはフランス人が待ち望んでいた瞬間でした。ランヌはなんとか砲兵を立ち上げ、後退するプロイセンを砲撃した。ムラトの騎兵隊が攻撃したとき、プロイセンの戦線は解散し始め、プロイセンはすぐに野原から逃げ出した。軍隊の一部は西にワイマールに向かい、他の軍隊は北に逃げようとしました。どちらの場合も、フランスの追跡は彼らが望んでいたほど効果的ではありませんでした。西部では、ウィンケル大佐の下にある単一のサクソン擲弾兵大隊が正方形を形成し、順調に後退し、フランス軍の速度を低下させた。北部では、初期の戦闘で主要な役割を果たした後に休息していたタウエンツィエンの師団も、しばらくの間フランス軍を阻止することができました。午後2時30分までに、戦闘の主要部分は終了しました。

西に逃げた軍隊はすぐにリュッヘルの軍隊にぶつかり、ワイマールから東に進んだ。彼は午前9時にホーエンホールに入社するよう命令を受け、実際にはまともなペースで進んでいました。 1時間行進した後、彼は行進隊から戦闘隊に移動するのをやめました。この移動にはさらに1時間かかりました。この期間中、彼はホーエンホールから、イエナですべてが順調に進んでいることを知らせるメッセージを受け取りました。彼は午前11時に前進を再開し、正午までに戦場に3マイル近づきました。この時点で、彼はホーエンホールが問題を抱えているという最初の兆候を受け取りました。彼は午後1時に戦場のすぐ西にあるカペレンドルフに到着し、午後1時30分までに戦闘に参加する準備ができていました。この直後、サクソン人と共に退却していたホーエンホールはリュッヘルに到着し、彼の軍隊を指揮した。それから彼は15,000人のこの新鮮な部隊を東のグロス・ロムシュテットに向けて導いた。

これらのプロイセンの援軍がその村に近づくと、ランヌがフランスの騎兵隊を追跡しているところに出くわしました。ランヌは立ち止まって援軍を待つことを余儀なくされたが、遅れは長くは続かなかった。サンティレールの師団は彼の右翼に到着し、プロシア人の左に曲がり、リュッヘルの命令を撤回させた。午後3時頃までに、リュッヘルの部隊はすべての結束を失い、一般的なプロシアの撤退に加わった。

余波と結論

ムラトの騎兵隊は午後4時までに本格的な追跡を開始することができませんでした。彼は1時間後にワイマールに到着しましたが、それまでに暗闇が近づき、即座の追跡は停止しました。同じことが北部でも起こりました。それでも、プロイセン軍は壊滅的な敗北を喫し、11,000人の死者と負傷者、15,000人の囚人を失いました。これは、イエナで従事していたプロイセン軍全体のほぼ半分です。フランス人は5,000人を失った。

その夜、ナポレオンは、結局、彼が主要なプロイセン軍と戦っていなかったことを発見してショックを受けました。ダヴォットのスタッフからのキャプテン・トブリアントは、彼の主人がちょうど北に15マイル離れたアウエルシュタットでプロイセンの主要軍と戦い、敗北したというニュースを持ってナポレオンの収容所に到着しました。

次の数週間にわたって、ナポレオンは撤退するプロイセン軍に嫌がらせをし、再編成を止めることは決してありませんでした。ベルナドットは、追跡中に彼の評判を回復するために何らかの方法で行きました。彼は10月17日にハレでプロイセン予備軍を破り、10月22日の朝までにエルベ川を渡った3つの軍団の1つでした。他の場所では、多数のプロイセン人が捕らえられ、要塞は抵抗がほとんどまたはまったくなかった後に降伏しました(マクデブルクは11月11日まで持ちこたえました)。ダヴーは10月25日にベルリンへの勝利のエントリーを主導しました。 10月28日、ホーエンローエは残りの主力と共にムラトに降伏した。ブリューチャーは、リューベックで安全を見つけることができなかった後、11月6日に降伏した最後の主要な指揮官でした。

ナポレオンは1か月余りでプロイセンの軍事力を破壊しましたが、戦争は終わっていませんでした。フリードリヒ・ヴィルヘルム王はポーランドのプロイセン占領地域に逃げ込み、皇帝との安全を見つけました。ナポレオンは、ポーランドへの最初の侵攻と1807年まで続く2つの費用のかかるキャンペーンのために東に曲がる準備をしました。


イエナの戦い

ナポレオンの下のフランス軍は、イエナの戦いでチャールズウィリアムフェルディナンドが率いる時代遅れのプロイセン軍を粉砕しました。

イエナ・アウエルシュテットの戦いとも呼ばれるイエナの戦い(1806年10月14日)は、ナポレオン戦争の軍事的関与であり、ザクセン州(現代ドイツ)のイエナとアウエルシュテットで、122,000人のフランス軍と114,000人のプロシア人とサクソン人の間で戦いました。 。戦いでは、ナポレオンはフリードリヒ2世から受け継いだ時代遅れのプロイセン軍を粉砕し、その結果、1807年7月のティルジットの和約でプロイセンは以前の半分のサイズに縮小されました。

戦いは、ナポレオンの主力の要素がイエナの近くでホーエンローエの軍隊に遭遇したときに始まりました。当初はわずか48,000人でしたが、皇帝は慎重に計画された柔軟な性向を利用して、96,000人の優れた部隊を急速に構築しました。プロイセン人は状況を把握するのが遅く、反応するのもさらに遅かった。ルーチェルの15,000人の兵士がワイマールから到着する前に、ホーエンローエの38,000人の部隊がルーティングされ、10,000人が死亡または負傷し、15,000人が捕らえられました。それにもかかわらず、それは5,000のフランスの敗北を伴う激しい戦いであり、ナポレオンは彼がプロイセン軍の本体に直面したと誤って信じていました。

アウエルシュテットのさらに北では、ダヴーとベルナドットの両方がナポレオンの援助に来るように命令を受けました。ダヴーはエッカーツベルガ経由で、ベルナドットはドルンブルク経由で従おうとした。しかし、ダヴーの南へのルートは、プロイセンの王、ブランズウィック公爵、メレンドルフ陸軍元帥、カルクロイス元帥を含む60,500人のプロイセンの主力によって封鎖されました。野蛮な戦いが続いた。ダヴーは2対1で数を上回っていましたが、見事に訓練され訓練された第3軍団は、最終的に攻撃を開始してプロイセンを飛行させる前に、繰り返しの攻撃に耐えました。両方の戦いの耳に届く範囲内でしたが、ベルナドット元帥は物議を醸すようにダヴーの援助に来るための措置を講じず、主導権を握ることを拒否し、代わりにナポレオンの最後に書かれた一連の命令を順守しました。

余波

イエナの戦いの後、捕獲されたプロイセンの基準をナポレオンに提示するフランス軍。

ナポレオンは当初、ダヴーの単一隊がプロイセンの本体を支援なしで打ち負かしたとは信じておらず、最初の報告に「元帥は二重に見えているに違いない!」と答えた。しかし、事態が明らかになるにつれ、天皇は褒め言葉を惜しみませんでした。ダヴーはアウエルシュテット公爵になりました。イエナの英雄であるランヌはそれほど光栄ではありませんでした。

ベルナドットの行動の欠如は、双子の戦いから1週間以内に物議を醸した。ベルナドッテは、戦闘の前日に、ダヴーの第3軍団とともに、プロイセンの計画された後退線にまたがって横たわるという前向きな書面による命令を最後に受け取った。彼は10月13日の夜に更新された書面による命令を受け取らなかった唯一の元帥でした。 10月14日の早い時間に、ダヴーはベルティエから宅配便を受け取り、次のように書いています。ドルンブルクで示された位置。&#8221ダヴウトは、次の朝の0400に会ったときに、この命令をベルナドッテに伝えた。ベルナドッテは後に、ナポレオンの裁量と従順がダヴーに同行する代わりにドルンブルクにいることを望んでいるので、口頭の秩序の不十分に書かれた、曖昧な性質を引用しました。さらに、ダヴーの困難について話されたとき、ナポレオンが本体がイエナにあると主張したので、ベルナドッテはプロイセンの主力が第3軍団の前にあるとは信じていませんでした。その結果、彼はダヴーを支援することができず、代わりにアポルダの高さでプロイセンの後方に第1軍団を配置するという皇帝の命令を実行しました。軍隊は彼らの退却線を占めています。

ダヴーとベルナドットは後に、ベルナドットが仲間の元帥の運命に無関心であると認識した結果、苦い敵になりました。ナポレオンは後にセントヘレナで、ベルナドッテの行動(ナポレオンの命令を順守していたが)は恥ずべきことであり、ベルナドッテの妻であるナポレオンの元婚約者であるデジレクラリーへの愛着のために述べた。 、彼はベルナドットを撃ったでしょう。しかし、現代の証拠は、ダヴウトと彼の副官が戦いの夜にベルナドットに対して主張した非難と侮辱の場面から遠く離れて、ナポレオンは、私軍団がそれに割り当てられた役割を果たしていた限り、何かが間違っていることに気づいていなかったことを示しています皇帝、数日後まで。ナポレオンは後に厳しい言葉で叱責をベルナドッテに送ったが、それ以上の行動はとらなかった。

アーティスト:Charles Meynier
タイトル:EntréedeNapoléonàBerlin。 1806年10月27日(1806年10月27日、ナポレオンIのベルリンへの入国)

プロイセン側では、ブランズウィックはアウエルシュテットで致命傷を負い、次の数日間、残りの部隊はムラットの冷酷な騎兵隊の追跡に深刻な抵抗をかけることができませんでした。 10月16日のエアフルトの降伏では、プロイセン軍の大部分が捕虜になり、発砲はほとんどありませんでした。ベルナドットは、ハレの戦いで17日、ヴュルテンベルク公爵のユージーンフレデリックヘンリーを粉砕し、ナポレオンの目に部分的に贖いました。ナポレオンは、アウエルシュタットでの輝かしい勝利を認めて、ダヴウトに最初にベルリンに入るという名誉を与えました。ダヴーは10月25日、疲れ果てた第3軍団を勝利に導いてベルリンに向かった。プレンツラウの戦いの後、10月28日にホーエンローエの部隊が降伏し、その直後にパーゼヴァルク陥落が続いた。フランス軍は駆け下り、10月30日にボルデコウ、11月1日にアンクラム、11月3日にヴォルガスト、11月5日にウィスマールでいくつかの小さなプロイセンの列を占領した。

11月がゲプハルトブリュッヒャーの指揮下で始まったとき、21,000人のプロイセン野戦軍がオーデルの西側にとどまった。フランス軍の前進により、彼の軍団はオーデル川を渡ったり、東プロイセンへの水上輸送を求めるためにシュチェチンに向かって移動したりすることができませんでした。ベルナドッテはブリュッヒャーの執拗な追跡を開始し、2つの部隊がいくつかの保持行動に従事し、その後、「3人の元帥の追跡」でムラットとソウルトが加わりました。デンマークは、国境を越えようとするあらゆる部隊を攻撃する目的で、国境に軍隊を配置しました。その後、プロイセン人はハンザ同盟都市リューベックの中立性に違反し、帰路にある同盟のスウェーデンの派遣団と力を合わせ、安全な港に到達することを期待して船を指揮する意図でそれを強化しました。しかし、11月6日と7日にリューベックの戦いとなったブリュッヒャーとウィニングの軍団は、皇帝の非難からまだ賢く、要塞化された城門を襲撃し、通りに注がれた後、包囲され破壊されました。四角は抵抗を急いで試み、ブリュッヒャーの指揮所(および彼の参謀長ゲルハルトフォンシャルンホルスト)を捕らえ、ソウルトの軍団がすべての脱出ルートを封鎖した。プロイセン人は3000人の死傷者を失った。 11月7日の朝、逃亡の望みがすべて消えたため、ブリュッヒャーはベルナドットに個人的に降伏し、他の9,000人のプロシア人捕虜と一緒に捕虜になりました。マクデブルクの包囲戦は11月11日に終了し、ネイが要塞を占領しました。孤立したプロイセンの抵抗は残ったが、ナポレオンの主な敵は今やロシアであり、アイラウの戦いとフリートラントの戦いが待っていた。


Мынепростоторговаяплощадкадлянеобычныхвещей、мысообществолюдей、которыезаботятся

Мынепростоторговаяплощадкадлянеобычныхвещей、мысообществолюдей、которыезаботятся

Этооригинальнаяантикварнаякарта、анерепродукцияилисовременнаякопия。

Источник:АтласисторииЕвропыЭлисон、опубликованныйв1875году

Состояние:Оченьхорошодлясвоеговозраста。 Любаяразметкавсегдабудетвиднанафотографии、ностраницаоченьчистая。

Этакартапоставляетсяустановлен、спутаныевантикварныйбелыйиличерный、атакжедоступнав Мыиспользуемархивныеметодыматирования、чтобывашакартабылапроведенанаместесфотоугламиинебудетзакрепленанинаковрике、нинабэк-доске。

Измерения、включаяковрик10х12дюймов

Выберитеодиниз9красивыхвариантовдеревяннойрамы。 ВсенаширамысделанывВеликобританииизтвердогодерева(обычнососны)иимеютлакиликраск Смотрите список фотографий для получения подробной информации о вариантах кадров и пример того, как ваш отпечаток будет выглядеть в рамке. Стоимость оформленных опционов включает в себя увеличение стоимости доставки.

Если вы не хотите, чтобы карта была оформлена, выберите "Matted Map Only" в списках опций кадра.

Размеры рамы:
Кросс-Brushed эффект отделки - Золото и шампанское Серебро - 22 мм в ширину и 13 мм в глубину
Черный, белый и красный розовый отделка - 20 мм в ширину и 15 мм в глубину
Темная отделка Rosewood - 35 мм в ширину и 15 мм в глубину
Орех Золотая отделка - 28 мм в ширину и 14 мм в глубину
Богато золотые и серебряные рамы - 57 мм в ширину и 36 мм в глубину

Обратите внимание, что, поскольку древесина является натуральным материалом, цвет отделки и зерна может незначительно отличаться от фотографий.

Он будет поставляться в защитном пластиковом рукаве и картонной конверте.

«СДЕЛАТЬ ЭКОНОМИЮ С НЕСКОЛЬКИМИ ЗАКАЗАМИ»

-Купить 3 пункта из нашего магазина и использовать код купона BUY3DISCOUNT при выезде на 20% скидку!!

-Купить 2 пункта и использовать код BUY2DISCOUNT для 10% скидки!!

Пожалуйста, не стесняйтесь связаться с нами с любыми вопросами, которые вы можете иметь о любом из наших списков. Ваше удовлетворение, как наш клиент означает все для нас, поэтому, пожалуйста, не забудьте написать нам отзыв, или если вы не довольны чем-нибудь связаться, и мы постараемся сделать все возможное, чтобы сделать это правильно.


Battle of Jena, October 14th, 1806

Pushed by the violent anti-French party which was dominating the Prussian court under the impulse of Queen Louise of Mecklenburg-Strelitz, King Frederick William III transmitted to France, October 1, 1806 (Napoleon will only get to know about it on the 7th), an ultimatum enjoining him to withdraw his troops from the right bank of the Rhine before the 8th.

The response is immediate and rapid. Napoleon, who was then in Bamberg, opened the hostilities on October 8 and took the road to the Frankenwald with the Grande Armée, of about 180,000 men. The army went north through Thuringia, heading towards Leipzig in three parallel columns, ready to response in any direction, depending on where the danger is coming from. On October 10, in Saalfeld, a first engagement saw the victory of Jean Lannes against the Prussian vanguard commanded by Prince Louis-Ferdinand of Prussia, who died on the battlefield.

The speed of the maneuver totally surprised the Prussians while en route to the Rhine. Their army, about 130,000 strong, was still living in the memory of its past glory, the illusion of its superiority and the contempt of its future adversary. It is however commanded by a man who has already experienced defeat against the French, the defeated Valmy Karl Wilhelm Ferdinand von Braunschweig-Wolfenbüttel (known in France under the name of Duke of Brunswick).

Once the enemy’s left got overwhelmed, Napoleon tried to exploit this advantage by sending the bodies of Jean-Baptiste Jules Bernadotte and Louis-Nicolas Davout toward the west, in the hope of cutting the enemy from his capital, Berlin. With the rest of his troops, the Emperor marched on Jena .

Realizing the danger, the Prussian commanded changes his plans and the direction of his troops. Brunswick, with about 70,000 men, headed north-east, leaving Prince Hohenlohe to protect his retirement with 50,000 soldiers.

Position of the troops

Prussians

On the night of 13th to 14th of October, the various detachments under Hohenlohe's orders were organized as follows:

The whole represented about 55,000 men, equipped with 120 guns.

フランス語

All the forces at the disposal of the Emperor were totaling about 65,000 men, armed with 173 guns, but a good part of them were not going to be available during all or some part of the battle. The different French corps were placed as follow:

had a division at Jena, the other two were en route and were going to reach the battlefield the next day around noon.

and his vanguard (Auguste François-Marie's cavalry of Colbert-Chabanais, two elite battalions and six guns) were also in Jena.

The rest of the army was not going to take part in the fighting.

Prelude to the battle.

On October 13th, various information confirmed to Napoleon that the Prussian army was in retreat towards Weimar, before turning to Berlin. His own troops were following a north-north-east line at that time, he made them slightly deviate on their left in order to attack the flank of the enemy. His plan called for a main battle on October 16th because he did not know that Brunswick, in withdrawing, left Hohenlohe behind him in Jena . By clashing with the latter, it was therefore with the whole Prussian army that the Emperor thought he was dealing with.

On the night from the 13th to the 14th, Napoleon made the 20,000 men in Lannes corps, climb the slopes of the Landgrafenberg , which the Prussians deemed to be impracticable and left unguarded for this reason. The 5th corps then advanced on the Windknollen plateau and its windmill. Behind him came the artillery and the 5,000 men of the Imperial Guard. The latter settled around the headquarters, built on the heights, in a place known today as the Napoleonstein .

On the morning of the 14th, Napoleon did not intend to make a decisive blow to his opponents. The orders he gave then were only intended to deploy his troops in the plain, waiting to make the appropriate decisions according to how the enemy would react. The narrowness of the space in which his soldiers were then confined exposed them to complete destruction if an attack was meant to surprise them. The limited commitment initially envisaged, however, was going to gradually evolve into a pitched battle.

The fights

First hours: the fight against Tauentzien

The heavy fog that was drowning the site delayed the start of operations until six in the morning. At this moment, in spite of the darkness which was still reigning, the Emperor gave the order to advance. Lannes took the the lead. His 5th Corps took the direction of Closewitz : first the various brigades of the division of Louis-Gabriel Suchet - that of Michel Marie Claparede in two lines separated by two guns, followed by that of Honoré Charles Reille, finally that of Dominique Honoré Antoine Vedel who served as a reserve - then, on the left and slightly behind, the division of Honoré Théodore Maxime Gazan.

Unable to distinguish their targets, the troops relied on the slope to advance and arrived without realizing it on the enemy outposts established at the edge of the wood of Closewitz. A sustained shooting ensued for more than an hour before Suchet managed to seize the wood once the fog was up. The Prussians retreated to the village, of which they were soon also chased from. Around eight o'clock, Suchet, who was then marching towards Krippendorf , suffered an attack on his left flank by the Saxon grenadiers of the Cerrini brigade. Supported by troops from Gazan's division, he threw them back beyond Lützeroda and the Krippendorf ravine, taking their twenty-two guns.

General Tauentzien, having somewhat neglected the defense of the villages of Closewitz and Lützeroda, was determined to defend the Dornberg . But, while concentrating his troops there, an order from Hohenlohe commanded him to retreat to Kleinromstedt (four kilometers to the northwest). He then withdrew from his position &ndash which fell immediately to the hands of Lannes &ndash and settled north of Vierzehnheiligen, with the exception of some detachments left in the village and the mill of Krippendorf . Four battalions of Saxons who had just joined him and a battery were positioned by his care on the slopes to the south of this village. It was about 9:30.

The French battle line strengthened.

Meanwhile, the rest of the French lines started moving. As soon as Lannes' offensive left him the opportunity, Ney, accompanied only by his vanguard, crossed the Landgrafenberg to tumble between Krippendorf and the wood of Isserstedt at around 9:15 am. Ney was then along Lannes’ left side and soon saw Augereau coming to his and to part of his 7th body. At about 10 o'clock, after leaving their bivouacs at Lichtenhain with the sound of the cannon, it was difficult to cross the crowded Mühlthal and cross the Cospedaer Grund &ndash or bypass it when the roads were too difficult &ndash the divisions of Jacques Desjardins then Étienne Heudelet of Bierre, and finally the cavalry of Antoine Jean Auguste Durosnel were going to begin settling their lines facing the wood of Isserstedt .

Soult chased Holtzendorff

Soult, with the available troops from the 4th corps, the division of Louis Vincent the Blond of Saint-Hilaire and the two brigades of light cavalry of Etienne Guyot and Pierre Margaron, had just started attacking the extreme left of Tauentzien. Bypassing the Landgrafenberg from the east, he pushed back to Krippendorf the Saxons settled in the woods of Zwätzen and Closewitz and then took up a position on a height in front of Lehesten .

He clashed with General Holtzendorff, who had left Naumburg at the sound of the cannon and was preparing to repel the French, whom he suddenly saw ahead of him, around Rödigen . The Prussian general succeeded at first but then underwent the assault on Saint-Hilaire which forced him to retrograde. Holtzendorff's cavalry, supposed to cover this retreat, surrendered way too quickly to the charges of Guyot's hussars and Margaron's hunters, and disbanded. His disorderly flight led to confusion in the Prussian infantry. Holtzendorff got reduced to hastily retreat to Nerkewitz - where Soult stopped pursuing him - and then to Stobra and Apolda when he saw Bernadotte's vanguard emerging before him. The 4th corps, for its part, having the order to always stand at the right of the army, left to to Altengönna .

The front changed his direction.

At that time, and without any order commanding it, the orientation of the front swung from north to west - and thus the French left - in favor of the pursuit of Tauentzien's troops. In this new position, the imperial army was facing the village and mill of Krippendorf to its right, Vierzehnheiligen in front of his center, the wood of Isserstedt and the village of the same name in front of his left and extreme left.

Once again, the Suchet division took the first offensive. Claparède quickly seized the mill and the village of Krippendorf and began climbed the plateau behind it. Napoleon, who had just been brought to the front line, sent the artillery of the Guards and one of the regiments of the Reille Brigade to the assault on Vierzehnheiligen . The four Saxon battalions, initially repressed, clanged valiantly to the village itself and managed to repel the assault. Tauentzien took the opportunity to counterattack and take over Krippendorf and his mill.

As he was lacking information on the fighting that was happening in his back, Soult against Holtzendorff, a fight from which he only heard the sound of the gun without knowing if the marshal had the upper hand, Napoleon took the decision to stop Lannes who was preparing an assault on Vierzehnheiligen. He also sent the Vedel Brigade into observation in the direction of Lehesten and ordered the Desjardins Division, of the 7th Corps, to accelerate its movement. It was approximately 10 :30.

Hohenlohe’s intervention

Shortly before, Hohenlohe, the Prussian general-in-chief, perfectly inert since the beginning of the fighting despite the rumbling of the artillery fire which reached him in his Kapellendorf headquarters and the requests for orders of his generals, had finally decided to take action. Long convinced that the day would not see any major fight, to the point of suspending the movements ordered by his subordinates, he ended up going against this by listening to the report of General Grawert. He then wrote to General Rüchel, who was encamped near Weimar, to ask him for reinforcements, ordered Tauentzien to retreat to Kleinromstedt, and advanced himself to Vierzehnheiligen. He arrived within range of the gun at the very moment when Napoleon interrupted his offensive while awaiting news of Soult. Hohenlohe, likewise, stopped. As Tauentzien, seeing his chief arriving, evacuated the village as he had been ordered, the village is suddenly empty. In a rather incomprehensible way, Hohenlohe neglected to occupy it and preferred to frame it with two large masses of cavalry, one of them equipped with light artillery. For a few moments, the battle was reduced to exchanges of shots and bullets around Vierzehnheiligen.

An inspiration from Ney was going to revive it. It was beyond Lützeroda. Although he still had only two elite battalions with him and the light cavalry of Colbert-Chabanais, he decided on his own initiative to occupy the land between Vierzehnheiligen and the little wood of Holschen . He clashed violently with the masses of cavalry brought by Hohenlohe. Prussian dragons and cuirassiers cut the French hussars into pieces and pushed them back to the elite battalions. But the firm countenance of these, formed in squares, dissuaded the enemy from confronting them.

On the contrary, Ney attempted a second attack to prevent any offensive return from the enemy. This new movement, carried out without the order of the Emperor, probably irritated this one, who thought it had to support him. The cavalry brigade of Anne-François-Charles Treilhard, of the 5th Corps, got sent to Ney’s rescue while two regiments of Divisions Suchet and Gazan were launched to attack Vierzehnheiligen.

Hohenlohe's inertia, which kept his troops several hundred meters behind the objectives of this offensive, offered, at first, easy success to the French. Ney, supported by the regiments of the 5th Corps, seized Vierzehnheiligen without a fight, then mastered the surrounding woods , crossed the Isserstedt and set up a detachment in the village of the same name.

Prussian counter-attack

The Prussian general-in-chief then decided to take back what he had done nothing to protect. He advanced, with 22 battalions of infantry and 38 squadrons of cavalry, on a front stretching from Vierzehnheiligen on the left to Isserstedt on the right. The progress was made with the regularity and coolness that made the reputation of the Prussian infantry in the previous century. Isserstedt got taken again, then the woods. The Prussian right overflew Vierzehnheiligen in the north while the center approached the village. The Prussian command began to dream of victory but failed to emancipate itself from its old habits. Instead of suddenly throwing all its forces, infantrymen and cavalrymen, at a specific point of the enemy apparatus and thus to make a decisive blow to it, he stopped his battalions within a rifle distance of the village and made them methodically execute a platoon fire that the reinforcement of a gun battery made noisier but hardly more effective. The French skirmishers, well hidden behind the hedges and fences, suffered without great losses the shots of an enemy who, on the contrary, exposed himself to their fire. The artillery, which the Emperor had brought from the Dornberg, aggravated the ordeal of the Prussian troops. The losses were such that one of their regiments, forgetting the discipline, abandonned its position and had to be brought back by force by its officers.

While the Prussian infantry was exposed to gunshots, the French troops continued to arrive on the battlefield, without the slightest suspicion from the enemy command. A new attempt by Lannes north of Vierzehnheiligen was repulsed by their cavalry, Hohenlohe and his staff, who only saw Frenchmen in retreat or, for those entrenched in the village, beginning to slow down the rate of their shots, already believing themselves victorious. But, again, the lack of audacity of the German generals hampered their movements. A bayonet charged on Vierzehnheiligen, which was a strategy considered for a moment, got judged by their leader, General Grawert, too demanding for troops that a long station under enemy fire had demoralized and weakened. Contrary to the recommendations of his chief of staff Christian Karl August Ludwig von Massenbach, Hohenlohe agreed and decided to wait for the arrival of Rüchel's men to launch a larger attack.

Napoleon, too, was waiting. He had only about thirty thousand operational men (the 5th Lannes corps, the brigades of Pierre Belon Lapisse and Nicolas Conroux of the 7th, the elite battalions of Ney, and the Guard on foot) and still thought he had the bulk of the Prussian army in front of him. Moreover, he knew that the concentration of his troops was in progress. The time had not yet come to fully engage.

Therefore, until early afternoon, the two opponents only engaged their first lines in the battle, while delaying the decisive commitment while waiting for their backings.

French offensive

But those of the French were much closer. About an hour and a quarter, Soult, after having repulsed Holtzendorff's corps beyond Nerkewitz, came to the north of Krippendorf, in the prolongation of the right of the imperial army. His arrival provoked a general and spontaneous movement towards the front of the whole first French line, from Krippendorf to Isserstedt. Napoleon, who had also just got informed of the arrival of the division of Jean Gabriel Marchand and Gaspard Amédée Gardanne of the 4th Corps, the Heudelet division of the 7th, the heavy cavalry of Klein (dragons) and Hautpoul (cuirassiers), commanded the charge. Joachim Murat took command of the riders. The infantry columns set out, supported by the artillery and light cavalry of the different corps.

The Prussian line, somewhat discouraged by almost two hours of exposure to the French fire, surrendered. The Desjardins Division and the Vedel Brigade took Isserstedt and pushed the Saxon-Prussian troops opposite to the northwest and west. Hohenlohe tried to resist Lannes around Vierzehnheiligen but some of his troops flanked. Cut off from his right, threatened to be overwhelmed on his left by Soult, he managed to retreat in good order on Kleinromstedt where Tauentzien was collecting the remains of his army corps.

Once there, the Prussian general-in-chief also encountered the Cerrini brigade and tried, with all these forces together, to hold this new position. But his troops were no longer able to suffer the simultaneous attacks of Lannes, a division of Soult, and the cavalry of Murat. The Grawert division was the first to flex and then to disband. His escape was initially protected by the resistance of Cerrini and Tauentzien but they yielded in turn and the Prussian army was soon a crowd of fugitives who were hurrying towards Obensdorf and Grossromstedt .

Ruchel arrival and rout

The French troops hunted them without encountering resistance beyond Grossromstedt, in the valley of Kapellendorf, where they collided, on the Sperlingsberg , with a new Prussian contingent which had not yet been engaged in battle. This was the body of Rüchel who finally arrived to the rescue. However, the latter, with its 26 battalions and 28 squadrons (about 15,000 men) opted for the offensive rather than taking a defensive position and offer the remains of his army a shelter behind which to rally. He left a quarter of his force in reserve and, at about 14 hours, walked forward with the remainder, the infantry in the center, the cavalry on both wings. The maneuver seemed at first successful. The Prussian infantry, advancing in perfect order, repulsed the tirailleurs of Lannes beyond Grossromstedt and even took some guns the cavalry, on the left wing, obtained the same success against the imperial cavalry (reserve dragons, hussars and chasseurs Soult) before colliding with the division Saint-Hilaire who managed to break his impulse.

But Rüchel's corps then found itself facing all the French forces. Lannes and a part of Ney's body were facing him Soult was on his right, reinforced by a brigade of Klein's dragons on his left stood the rest of Ney's forces, those of Augereau, and Murat commanding all the cavalry (light cavalry of the corps of Lannes, Ney and Augereau, 2nd brigade of the Klein dragons, and cuirassiers of Hautpoul). The fight went down the line. Half an hour later, the Prussian resistance was finally broken and the fugitives were rejected in the ravine of Kapellendorf.

Operation

The unrelenting pursuit was conducted by the Saint-Hilaire, Marchand, Desjardins, Heudelet and Vedel Brigades divisions, supported by light cavalry, Klein's dragons and Hautpoul's cuirassiers, and five artillery pieces on horseback from Lannes corps.

Of all the Prussian army, only the Saxon corps commanded by Hans Gottlob von Zezschwitz, strong of 10,000 men, was still able to fight. Positioned in the morning on a hill at the exit of Muhlthal, at a place called Schnecke, it had not moved since. Circumstances had kept him out of the fighting and no order to retreat had come down to him. He was therefore cut off from the Prussians. Napoleon, on learning of his existence, sent against him the divisions Marchand and Heudelet, not wishing to let a troop in such good condition, free, behind his left wing. The attack occured around 15 hours. Overwhelmed by the number of their adversaries, assaulted on all sides, the Saxons, after a good resistance, disbanded and joined the great wave of fugitives that was flowing to the Ilm.

Arrived near Weimar, Prince Hohenlohe rallied a few thousand men with whom he hoped to protect the retreat from the rest. But this thin cordon of troops only resisted for a moment the charge of the French. The prince was wounded, and his men were running in the streets of the city. At 4 pm, the battle was over.

In the evening , Lannes was in Umpferstedt, Soult a little further north, Ulrichshalben, Murat and Ney in Weimar, Augereau beyond this city.

The French lost between 4,000 and 7,500 men, the Prussians 12,000, including General Rüchel wounded and fleeing, plus 15,000 prisoners, 30 to 40 flags and almost all their artillery.

Consequences of the battle

The consequences of the battle cannot be dissociated from those of the battle of Auerstaedt, which took place on the same day, and which saw the corps of Davout destroy that of Brunswick, and by the same the rest of the Prussian army. These two defeats combined caused total discouragement of what remained of Prussian troops. In the following days we saw fortresses being taken by a regiment of hussars. On October 27, three weeks after the start of the campaign, Napoleon entered Berlin. On the 28th, Hohenlohe and the survivors of his army met the Marshal Murat. On November 7, Blücher's capitulation offered Lübeck to the French. On the 8th, Ney obtained that of the Magdeburg garrison (which was going to evacuate the city only on the 11th), recovering 20,000 prisoners and several hundred guns.

An armistice was signed on November 30, which did not end the war. King Frederick William III, who then hoped for his salvation from the intervention of the Russians, was going to have to wait for their own defeat to know the consequences of his own. It was going to be the loss of half of its territory, 5 million inhabitants and almost all of its strongholds, with the payment of compensation of 120 million francs, colossal for the time. All conditions that he was going to be forced to accept by treaty to Tilsitt, July 9, 1807. In the longer term, the shock of this terrible defeat was going to be one of the distant causes of German unification. The humiliation felt, triggered both a wave of nationalism and the awareness of the need to unify and reform the country to prevent it from being renewed.

The Emperor wrote the following official proclamation to announce in France the brilliant results of the campaign:

"One of the first military powers in Europe, who once dared to offer us a shameful capitulation, is annihilated. "

"The forests, the defiles of Franconia, the Saale, the Elbe, we have passed through them in seven days, and in the meantime have fought four battles and a great battle we have made sixty thousand prisoners, taken sixty-five flags among which those of the guards of the King of Prussia, six hundred pieces of cannon, three fortresses, more than twenty generals: but more than half of you regret not having drawn a gun shot. All the provinces of the Prussian monarchy up to the Oder are in our power. "

For his part, the philosopher Georg Wilhelm Friedrich Hegel (1770-1831), then Privat-docent at the University of Jena, far from sharing the anti-French fanaticism of some, wrote this as the Emperor entered his city : "Jena. Monday, October 13, 1806, the day when Jena was occupied by the French and where the Emperor Napoleon entered its walls. " "[. ] I saw the Emperor - this soul of the world - come out of the city to go in gratitude it is indeed a wonderful feeling to see such an individual who, concentrated here on one point, seated on a horse, spreads over the world and dominates [. ] All this progress was only possible thanks to this extraordinary man, whom it is impossible not to admire [. ] As I already did earlier, all wish good luck to the French army. "


Napoleon’s greatest victory

The Battle of Jena is sometimes called Napoleon’s greatest victory. The German philosopher Georg Wilhelm Friedrich Hegel, a professor at the University of Jena, saw Napoleon riding out to inspect the French positions the day before the battle and wrote to a friend:

It is indeed a wonderful sensation to see such an individual, who, concentrated here at a single point, astride a horse, reaches out over the world and masters it. (3)

Austrian foreign minister Clemens von Metternich thought that Napoleon reached the peak of his power at Jena.

If, instead of the destruction of Prussia, he had limited his ambition to the weakening of that power, and had then annexed it to the Confederation of the Rhine, the enormous edifice which he had succeeded in erecting would have gained a foundation of strength and solidity which the Peace of Tilsit did not gain for it. (4)


Bibliography

Chandler, David G. Jena, 1806: Napoleon Destroys Prussia. London, 1993.

Gates, David. The Napoleonic Wars, 1803–1815. London, 1997.

Lettow-Vorbeck, Oscar von. Der Krieg von 1806 und 1807. 巻1: Jena und Auerstedt. Berlin, 1899.

Maude, F. N. The Jena Campaign, 1806. 1909. Reprint, London, 1998.

Paret, Peter. "Jena and Auerstedt."彼の中で Understanding War: Essays on Clausewitz and the History of Military Power, 85–92. Princeton, N.J., 1992.

Petre, F. Loraine. Napoleon's Conquest of Prussia, 1806. 1907. Reprint, London, 1993.

Showalter, Dennis E. "Hubertusberg to Auerstädt: The Prussian Army in Decline." German History 12、いいえ。 3 (1994): 308–333.


2 thoughts on &ldquo Battle of Auerstadt, October 1806 &rdquo

Great job! This is a really important battle, but at the same time I understand it is a real challenge to design a good scenario for it. (Or maybe the challenge comes when you try to fit Jena and Auerstaedt on the same table.) Anyway – well done for turning it into such a terrific game. Your scenario evidently brought out the different characters of the opposing armies very well. Thanks for the AAR!

Auerstadt by itself makes a good game, Jena is problematic! It’s all in managing the march entry for the Prussians and the fog I guess. My buddy set it up and did a good job.


Battle of Jena, October 14Th, 1806. Napoleon before His Troops

Why settle for blank walls, when you can transform them into stunning vista points. Explore from imaginative scenic abstracts to sublime beach landscapes captured on camera. The possibilities are endless. The painterly quality of our canvas creates an almost life-like panorama, so you can enjoy your favorite scenery without leaving home.

Vincent Van Gogh’s Starry Night is one of the most renowned scenic masterpieces. Other famous landscape artists and photographers include Georgia O'Keeffe, Ansel Adams, and Claude Monet.

Figurative Art

Think reality delights? You bet your walls do too. So, why not introduce them to our collection of figurative art. Make acquaintance with inspiring muses of famous masters or get a glimpse of pop culture icons caught on camera. Any masterpieces you choose will give your space a unique story to share in our handcrafted frames.

This genre of art involves a realistic depiction of living as well as inanimate objects. Artists like Jean Michel Basquiat, Norman Rockwell, and Banksy are renowned for giving a platform to cultural commentary and human experiences through their art.


概要

The battles began when elements of Napoleon's main force encountered Hohenlohe's troops near Jena. Initially only 48,000 strong, the Emperor took advantage of his carefully planned and flexible dispositions to rapidly build up a crushing superiority. The Prussians were slow to grasp the situation, and slower still to react. Before Ruchel's 15,000 men could arrive from Weimar, Hohenlohe's force was routed. Nevertheless, it was a fierce battle, and Napoleon mistakenly believed that he had faced the main body of the Prussian army.

Further north at Auerstedt, both Davout and Bernadotte received orders to come to Napoleon's aid. Davout attempted to comply via Ekartsberg Bernadotte, via Dornburg. Davout's route south, however, was blocked by the Prussian main force of 55,000 men, including the Prussian King, the Duke of Brunswick and Field Marshals von Möllendorf and von Kalckreuth. A savage battle ensued. Although outnumbered two to one, Davout's superbly trained and disciplined III Corps endured repeated attacks before eventually taking the offensive and putting the Prussians to flight. Though in sight of the battle, Bernadotte took no steps to come to Davout's aid, for which he was later censured by Napoleon.


Battle of Jena, 14 October 1806 - History

After Napoleon crowned himself Emperor in 1804 the wars continued, and in 1805 Napoleon smashed a combined Austrian and Russian army at Austerlitz, bringing much of Europe under the domination of France. Napoleon's reorganization of the German states into the Confederation of the Rhine rankled Prussia as well as Britain, whose monarch had also been elector of Hanover. Prussia coveted Hanover, but France wanted it as a bargaining chip with Britain. A coalition was formed to fight Napoleon, the fourth such combination of powers. Prussia was joined by Britain, Russia, Sweden, and Saxony - with Saxony strong-armed into the alliance by Prussia.

The Prussians planned an advance into Germany, but Napoleon predictably beat them to the punch and gained the initiative. Napoleon's army advanced through the Thuringian Forest, a risky proposition as the rugged area was easily defensible if occupied by the enemy. Emerging from the forest with his corps in a diamond formation, the army could improvise and easily react to the enemy in any direction. Lack of good intelligence on Napoleon's part was not a major constraint due to the flexibility of his battalion carre formation and the organization of the army into all arms corps. After pushing back a Prussian force at Saalfeld, Napoleon continued forward, but he remained unaware of the exact location of the Prussian army, suspecting that it may be at Gera.

Becoming aware that the enemy was to his west, Napoleon ordered his army across the River Saal at two points, Jena to the south where the majority of the army would concentrate against the Prussian army, and at Kosen near Naumburg to the north where Davout's III Corps would move to cut off the Prussia retreat.

As Napoleon's advance had been headed in the direction of Dresden, the capital of Saxony, then to Berlin, the Prussian and Saxon force was withdrawing in that direction with only a rear guard at Jena. So while Napoleon would engage only a portion of the Prussian army under Hohenlohe at Jena, further north Davout would fight the majority of the enemy army alone, vastly outnumbered with a river to his back, near Auerstadt. Meanwhile Bernadotte's I Corps was in limbo between his corps and Napoleon's army, participating in neither battle. It was not an ideal situation for Napoleon. He had ignored intelligence that he was facing a rear guard, but as it turned out, the superiority and flexibility of his system proved more important.


The the fight at Saalfeld, Napoleon had two Corps, those of Lannes and Augereau, already west of the Saale. On the night and morning of October 13-14, he concentrated his army at Jena, climbing to the Landgrafberg, then making his headquarters on what became known as the Napoleonstein. Some of his artillery got stuck ascending the Cospeda Grund, the chokepoint the army was passing through, and the officers then decided that it was time to eat. Napoleon pitched in, using his skills as an artillery officer to clear up the jam and get the guns to the summit.


Napoleon's understanding of the situation was flawed. He believed that he faced up to 100,000 Prussians. While it was true that roughly that number of men were within marching distance, the main Prussian army under Brunswick, around 63,000 men, was withdrawing north. This left Hohenlohe's 35,000 men to cover the retreat.

Of these 35,000 men, Napoleon faced only the 8,000 man division under Tauentzien directly to his front. Another force of 13,000 Prussians under Ruchel was within marching distance at nearby Wiemar.



The 17th Legere, or Light Infantry, attacked through the open ground, or saddle, near here. To their right, the elite battalion attacked Closewitz itself through the woods.


After Suchet's attack developed on the right side of the panorama, Gazan's division started their attack from Cospeda itself, descending a slight valley and capturing a small wood to the front of Lutzeroda.


Tauentzien's right faced a valley with the Ziskauer Thal flowing along the bottom. After the battle had developed on the east side of the Dornberg, Gazan's division attacked across this valley with the 21st Line in front. The 21st's attack was on on the left side of the road here approaching the Dornberg on the far left of the panorama. On the right side of the panorama, on the other side of the road, Tauentzien's line was composed of artillery and cavalry.


This road between Lutzeroda and Closewitz along the side of the Dornberg did not exist during the war. Tauentzien's line was roughly parallel to this road a little further down the slope toward the Windknollen. The Prussian line of roughly 8,000 men was 1,300 meters long. Only a single regiment was in reserve, and when one of the front line regiments needed rest and resupply, the reserve regiment was rotated into the line. After a long fight, the Prussians began to wear down, and Tauentzien ordered a retreat. The right of Tauentzien's division fell back to Isserstedt Woods while the left fell back to a windmill north of Krippendorf.


At Hohenlohe's headquarters at Kappellendorf Castle, the noise of battle had been heard, but no orders were given to the troops nearby to march to the sound of the guns. Nevertheless, a Saxon division commander marched his men to Isserstedt, and later, just before 8am, Grawert ordered his division forward along with some cavalry and other troops. Hohenlohe countermanded the orders until a personal appeal by Grawert changed his mind.


The map above represents 11am. By then, Tauentzien's retreat allowed Napoleon to break out into open country. A Prussian force under Holtzendorf fell back from the town of Dornburg, opening up the Saale to an unopposed crossing by Bernadotte. Bernadotte's 20,000 men nevertheless arrived too late to be a factor in the battle. Holtzendorf was unable to seal off Napoleon's breakout as he was intercepted by St. Hilaire's division and was pushed away from the main Prussian force. Augereau's VII Corps was arriving on Napoleon's left opposite Isserstedt. Ney's VI Corps had crossed the Saale and was nearing Jena, but Ney himself had gone ahead with his advance guard and was arriving on the field between Lannes and Augereau. Lannes' V Corps had crossed the Dornberg and pursued Tauentzien until it ran into Prussian cavalry, then Grawert's division which had arrived at Vierzehnheligen. Now, we go back to just after 10am to see the fighting near there.


H)Vierzehnheiligen From the East


I) Vierzehnheiligen From the South

J) From South of Krippendorf Windmill

The Prussian infantry in front of Vierzehnheiligen engaged in a prolonged and one sided firefight with the French light infantry in the fields and the French infantry in the village. Prussian artillery caught the village on fire.

K) 1 pm - North of Isserstedt

On the left of Napoleon's line the 7th Chasseurs attacked. French infantry also joined the attack, and soon the whole Prussian line was falling back.


L) From Tree Plantation Toward Isserstedt

Grawert's line extended through this field nearly extending to the west side of Isserstedt. As the line collapsed, the Prussians fell back through or around the tree plantation and established another line on the reverse slope of the ridge.


The previous panorama looking toward Isserstedt was from other side of the street on the extreme left of this panorama.

The Prussian infantry, deployed in the field to the right of the road to Vierzehnheiligen facing Isserstedt Woods, also fell back through the tree plantation to the reverse slope of the ridge.


N) St. Hilaire Attacks Prussian Left

Meanwhile north of the Krippendorf windmill St. ヒレールの師団は、パノラマの左端と右側、つまり道路の反対側のフィールドを進んでいきました。プロイセン線の左側面(新鮮な騎兵隊より少ない)は、写真の左中央のフィールドにあり、頂上を越えてVierzehnheiligenに向かって伸びていました。プロイセン人は逃げ出し、クラインロムシュテットに戻った。



O)イッサーシュテットの南の尾根

この位置へのフランスの攻撃は、主にショッピングセンターとして最近開発された地域のGrosschwabhausenへの道の向こう側にありました。

新しいプロシア線の左中央は、クラインロムシュテットの南端のこの近くにありました。ここの北では、ソウルトのIV軍団が圧力をかけました。クラインロムシュテットの南にあるランヌの第5軍団は、大砲を前にしてプロイセン軍を飛行させました。上のパノラマでは、これは右端の隠された領域にありました。

ムラトは騎兵隊をプロイセン線の中央に進軍させ、歩兵方陣を飛行させた。

イエナでは、勝利は完全なものになるでしょう。ナポレオンはイエナで約7,500人を失いましたが、プロシア人の死傷者は合計で約20,000人でした。さらに重要なことに、数え切れないほどのプロイセン軍が飛行しました-ドレスデンとベルリンから離れて西に押し出され、アウエルシュタットでのダヴーの勝利は北への後退を断ち切り、冷酷な追跡が勝利を完了しました、追跡はすべての武器によって可能になりました軍団。要塞はほとんどプロンプトなしで降伏しました。戦争は1807年まで続き、現在のポーランドとベラルーシにまで拡大しましたが、プロイセンは破壊され、従属国になりました。

プロイセンは、1812年のナポレオンのロシア侵攻に参加することを余儀なくされました。 1812年の侵略の失敗だけが、プロイセンが解放戦争でナポレオンと戦うことを可能にしました。リュッツェン、バウツェン、ライプツィヒなどでの戦いの後、フランス人はついにドイツから追放され、ナポレオンが1814年に、そしてウォータールーの後の1815年に再び棄権するまで、フランス自体が侵略されました。しかし、1806年には、プロイセンの状況は暗いように見えました。

著名な哲学者ヘーゲルは戦いの間イエナにいて、彼の主な作品を書いていました。ヘーゲルは、個人は国家よりも重要ではないと信じていました-国家は崇拝されるべきであると。彼はイエナの戦いを「歴史の終わり」であり、「普遍的な均質国家」という彼の夢の終わりであると解釈しました。したがって、ヘーゲルは全体主義者の傾向があると見なされることがよくあります。奇妙なことに、一時的なヘーゲルの「終わり」は、典型的なファシストと呼ばれることもあるリベラルな独裁者であるナポレオンによって達成されました。

1806年のプロイセンの決定的な敗北は、いくつかの問題によって引き起こされました。プロイセンの供給システムは制約でしたが、ナポレオンの供給システムは300台の車両でしか機能しませんでしたが、プロイセンのシステムには数千台の車両がありました。諸兵科連合の戦術は貧弱であり、軽歩兵はしばしば戦線を支援するのではなく、自力で戦った。砲兵は重すぎて組織が不十分でした。すべての軍団は存在しましたが、ナポレオンがすべての軍団を習得している間、軍はその可能性を理解していませんでした。スタッフは小さすぎ、遅く、非効率的であり、コマンドシステムは厳格すぎました。平時の訓練は、現実的ではなく衒学的であり、イニシアチブと柔軟性を抑制していました。過度に集中化されたコマンドは、詳細志向の司令官が細かく管理しようとする場合の問題でもありました。プロイセン軍の改革の一環として、「訓令戦術」と呼ばれるより分散化された指揮システムが採用され、効率的な参謀が開発されました。フリードリヒ大王は部下に重要な決定を自分で行うように促しました。現在、プロイセン軍はこの哲学に戻り、このシステムは19世紀のモルトケと20世紀のドイツ軍によって大成功を収めて使用されました。今日、米陸軍もこのシステムをエミュレートし、適応して変化できる軍隊を作る努力をしています。


ビデオを見る: Napoleons Masterpiece: Austerlitz 1805